店長「打つ前の『イメージ』として
 ボールを打つ、インパクトって
 どこら辺で、クラブはどんな感じ だと思います❓」

Yさん「アドレスの再現ですか❓」
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
店長「とすると ここら辺ですか❓」

Yさん「ですかねぇ…。」

店長「結果、としては悪くないんですけど
 事前のイメージとしては 中過ぎます。
IMG_1632_Moment
 これは 右打ちの場合ですが、
 もっと 左でも良いかも知れません。
 イメージですけどね。

 グリップエンドや左グリップでは無く
 右グリップがはっきりと ボールを追い越した辺り、
 そこら辺が インパクトの箇所 です。」

Yさん「滅茶苦茶 前…、左ですねー。」

店長「はい。 このイメージで やっと
 かすかに ハンドファーストになる感じ
 と言えば良いでしょうか。
snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(5)
 ですので 切り返しで
 からだが回転、向きを変えた時、
 左腕を置いてくる暇はないんです。
 どんどん 進んでくれないと困ります。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 また、縦であっても、横であっても
 クラブ自体に円を描かせると グリップの進行が滞ります。
 逆に言うと、左腕を遅らせるのって
 円を描くことが前提の可能性も否めません。

 両手を離して クラブを持って
 シャドースイングすると良いかも知れません。
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
 イメージですけれど
 トップの位置から、切り返しから
 右の手のひらは ボールよりも50儖盟亜
 右打ちの 左足よりも前辺りをゴールにするイメージです。

 右の手のひらは 地面に向けるのですが。。。

 この場合、離して握っている 左グリップを
 どんどん先に送るコトが主目的
で✋
 その結果、右の手のひらは地面を向いている
 と言う感じです。

 左腕は 腕単体では動かせない、動かし切れない、
 意識としては動かす意識を持っても良いかも知れませんが、
 からだの向きでしか 大きくは動けません。
 それでも クラブや腕の重さは重いですから
 それを助けてあげるのが 右手の役割 です。
 フェースを上に向けてしまっては 右手も死んでしまいます。
 ヘッドの重さも シャフトの動きも死んじゃいます。

at 0m8s
手作業としては 多くは無いのですが、
手でフルスイングに比べると
非常に 近回り、からだの近くを移動させるので
 時間がありません。
右の手のひらは どんどん下を向いて行かないと…、
横を向いて、よく有る
スイング軌道を撫でて来るような暇はないんです。」
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)