店長「切り返し、ダウンスイング以降では
 運動による加算も含め 重みがかかりますから
 右打ちの場合 前にある腕 左腕は単独では動かせない、
 ですので 左腕のリード とは 
 からだの向きで左腕を動かせ、先導せよ 
 と言う意味合い ですが…。」

Yさん「ですが…。」

店長「からだの向きを変えるけれど
 左腕をソコ、この場合はトップの位置ですね、
 ソコに残してしまったら
 向きを変える意味は薄れてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの向きは 横への動きですので
 それに従い 左腕を横に振ってしまうと
 ボールに対して がぶってくるような
 俗に言う アウトから入ってくるような形に
 なってしまうので

 よく言われる『脇を締める』
 ココで登場するんだと思います。

 引かれる車の方が カーブの内側を通るように
 腕もクラブも自分からだの巻きつけるようにする。
 腕もクラブも引きずるように動かす感じですね。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
 その時、左腕にはかなりの重さが掛かります。
 その重さを支えるのはシンドイですから
〆枯咾鮨聞圈憤榮亜砲鳳茲辰董_爾欧
 というのが良いと思います。

 ここまでは 多くの人が実行可能です。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21s
 でも このままだと
 フェースは空を向いている、
 ロフトも、フェースもだだ開き の状態です。

 アウトサイドインを封じても まだスライス。
 スライスの度合いは コチラの方が強い位。

 で 右手で返すことを覚えるんですね。」

Yさん「確かに。」

店長「本来、左腕は概ねイコールカラダ なんですが、
 からだ(左腕)、次に右腕
 という 動かす順序が刷り込まれます。

 からだの回転で クラブを直に動かす は
 両腕が同時に動いて、作業していないと
 行けないので
 その からだの向きを変えて クラブを引き摺る、
 体に巻き付けるような動きをした時、
 フェースが下向きになるようにするのが
 右手、利き手の仕事で
 同時に動いていないと からだの進行から外れてしまいます。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21s







 からだを廻したら 同時に
 右手も使っておかないと
 からだの回転で打てるタイミングを逸してしまいます

 手で振っている人は
 手で打っている、クラブを振っている というよりも
 からだで打てるタイミングを逸しているから
 それを のちに 手で補う、行わざるを得ない というのが
 大半のケースなんだと思います


 まあ トーナメントで言う
 『からだが止まりましたね〜』がそれに該当します。

 総じて…ですが、
 手で振っては、手で打ってはいけないから
 利き手である 右手を使うのを差し控えるから
 結局、手打ちになる というパラドックスです。

 右手はからだの向きの変化に沿って
 同時に
👉フェースを下向きにしておくコト に使っておかないと 結局は

 右手『だけ』で打つコトになっちゃいます。」