(エイプリルフールなので😊)
内容は真面目だよ

店長「まず ですね、
 これはアプローチに限らないんですけど
 ボールをとらえる、
 ゴルフクラブヘッドという『構造体』を使って
 球体であるボールをどうとらえるか
 ってトコロに思い違いがあると思うんですよ。

 アプローチだけでなく
 ショットでも クラブを出しちゃう人、
 結果、手で振っちゃう人 の場合、
 シャフトを軸として ヘッドを横に回転させて
 ボールをとらえる って思ってるコトが多いです。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m1s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m4s






 まあ ヘッドを横に回転させて って
 思ってるから ヘッドが出ちゃうんですけどね。

 これだと シャフトの軸線に打点の無い
 重心距離・重心位置があるコトが不利に働くんです。
 一番加速したいトコロで 重心位置 が
 重さ・負荷・ブレーキとして働いちゃう。
 つまり ゴルフクラブでボールを打つのには
 不適切ってコトですね。

 よくハミングバードのブログや動画などでは
 フェースローテーションはダメだよ、辞めた方が良いよ、
 …あ、勿論、悩んでいるのなら ですけど
 って言っているのは
 フェースローテーションをするのには
 ヘッドをボールの方に出さなくちゃならない、
 クラブの長さが急激に増す(長くなる)、
 ミスの原因に、主原因にもなるし、
 重くなる、長くなる だから
 チカラの無い人向きの打撃じゃないですよ、って
 コトなんですよ。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)






 アプローチの場合だと
 長くなるから 手前をダふったり、
 その逆のトップにもなり易い、
 ロフト、ヘッドの入射角度がマチマチになり易いから
 距離感も掴めない上に、
 からだの向き と言う回転の他に
 腕周りで クラブを、ヘッドを回転させる という
 二重の回転が入るので
 運動のスピード感、距離感が掴みにくい という
 正直、良いトコロが何にも無いんですね。


 で、ですよ。
 ヘッドは 横じゃなくて
 縦に回転… 回転する訳じゃないですけど
 縦に動いて ボールをとらえるんだ、って
 感覚が掴めると グッと楽になるし、
 かなり進展すると思うんです。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m10s






 まあ 概念というか、思い込みの問題なので
 それが 直ぐに行動・動作になるか ってのは別ですが
 頭の中の ブレインウオッシュって言えば良いのか
 発想の転換は
 出来る人は瞬時に変更出来ちゃうけど
 出来ない人は かなり時間を要しちゃう。
 凄く簡単なんだけど、故に すごく難しいですね。
 ね JMさん🙄🙄🙄

 でも コレ アプローチだけで無くて
 ショット全般を かなり革命的に変化させる
 発想の転換なんです。

 あきひこ先生の
 このドリルはとっても参考になると思います。」