店長「ドライバーもそうなんですけれど
IMG_0524アイアンのライ角度調整の依頼って結構あるんですね。」

質問「はい。」

店長「シャフトの硬さ〜柔らかさが適切で
 ヘッドの重量もある程度しっかりしている、

 そして、フェースローテーションせずに
 インパクト時、ちゃんと 重心の位置が
 棒、シャフトの延長線上に垂れ込む
 ように使っている人の場合、
 ソールの傷跡の箇所、トゥ〜ヒール方向 と
 フェース面上の打痕、トゥ〜ヒール方向 が
 合うんですね。
 揃っているというか…。
IMG_3232
 ソールの傷跡が トゥ側に寄っている、集まっている時、
 フェース面のボールの跡も トゥ側に多い、
 ですので コト当たりや方向性に関しては
 ライ角度の調整が有効なんです。
IMG_3235
 ところが フェースを回転させて使う、
 意識はしていないとは思いますけれど、
 重心位置が棒・シャフトの延長線上に来ない、
 重心距離〜重心位置のズレをそのままで
 ボールを打つ人の場合、
 ソールの傷跡とフェース面上のボールの跡が
 全然揃っていないんですね。
 多いのは真逆な跡、
 ソールはヒールに傷跡が集まっているのに
 フェースはトゥ寄りにボールの跡が多い、
 または その反対か。

001この場合だと 当たりや方向性を
ライ調整ではどうにも出来ないんです。

そう言うタイプの方は総じて ヘッドが垂れてくれない、
硬いシャフトを使っているので
そうなり易いのも確か、なんですけれど…。


 今のクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いですから
 フェース面上のどこに当たっても
 方向性や距離の増減の差は少ないですけれど、
 その慣性モーメントも 重心位置が
 棒・シャフトの延長線上に揃った時、
 ミスに対する寛容性を発揮します

 数値として 3000g/2 などと表記されますけれど
 この数値が大きい程 ミスに対する寛容性が高い
 ヘッドの推進力が強い なんですけど
 その数値は 重量点が揃った時 のモノで
 ヘッドを回転させて、重量点をずらして使う場合、
 ヘッドの動かし難さ、回転し難さ、使い辛さ
に変わってしまいます。

 この50年の ゴルフクラブ・クラブヘッドの進化は
 その慣性モーメント と ボールの上げ易さ 
です。
 ボールの上げ易さ は どこかの記事 で書いていますけど
 ヘッドの大型化、重心の低さ、深さによって
 入射角度を緩くして 打ち出しを取らさせる、
 (打ち出し角度が取れる ではなく 取らさせてる)
 重心の低さ、深さが ボールを上げているのではなく、
 重心が低い、深いと ボールに対する
 ヘッドの入射角度を緩くさせている、
 ある意味 疑似的な『長尺化』しているコトが
 一番のポイントなんですけれど、
 フェースローテーションをする、
 重量点を揃えない人は元々 入射が緩いんですね。
016
 入射って緩くなり過ぎちゃうと
 ボールの飛び出る角度が増えますけど
 スピンはどんどん減って来ちゃいます。
 若くて ボールスピード、ヘッドスピードがある内はいいですけど
 怪しい領域に入って来ちゃうと
 飛び出る角度は良いんだけど
 スピンが少ないから 浮力が維持出来なくて
 失速って言えば良いのか、
 理想的な最高到達点まで行き切らなくなっちゃいます。

 それ、ある年齢、50歳を越えてくると
 ボールスピード、ヘッドスピードが怪しい領域に
 遅かれ早かれ 必ず入ります。

 ボールが上がり難くなる、上がらない、
 ショートアイアンだけでなく
 ウエッジ、アプローチショットでも ボールが止まらない、
 そうなる日が来ます。
      ……来ないといいですけど🙄

 本来、クラブのスペック、その向上、進化は
 私たちのお助けスペック である筈なんですけど
 それが『正しく』使われていないと
 身体能力でカバー出来なくなった時、
 その向上、進化が逆に働いちゃうんです。

 重心位置にしても然り、
 慣性モーメントにしても然り、
 典型的…象徴的なんですけれど
 シャフトの柔らかさにしても然り です。
 しなったシャフトが しなり戻って ボールを弾く…
 シャフトが『仕事』してくれる と思ってる。
 そうじゃないです。
 シャフトが柔らかいと 自分が『起こす』『しちゃう』
 『なっちゃう』コトが 変化を生んでるんです。
 対ボールに対しては 重心位置は何もしてくれません。
 重心位置は 打つ人に働きかけているんです。
 自分の動きや動かし方の『変化』を誘発してるんです。
 クラブの機能の殆どが ボールにではなく
 打ち手・自分に作用しているんです。
classic_club_display_pic5
 技術的な部分よりも
 おぼろげに思っている クラブの使い方、
 クラブの機能の『間違った思い込み』から始まっている
 可能性が非常に高いんです。」