質問「フックを打ったり、スライスを打ったり は
 ヘッドの回転で管理するモノ と思ってました。」


店長「ヘッドの回転不足がスライス、
 外から入ってくるのがスライス、
 ヘッドの回転過多がフック、
 内から入ってくるのがフック、
 それって いつもと違うコトをする や
 ヘッドは回転させて使うモノ
 と言う前提がありますよね。

 いつも通り、出来るだけ似た球、
 それを繰り返すのでも大変なのに
 現場で いつもと違うコトや
 微妙な加減を 動きが始まってからする なんて
 ギャンブルだと思うんですけど…。

 ま それはそれで楽しい😊かも知れませんけれど
 推奨する訳には行きませんよね。

 それもこれも クラブってこういう風に使う、
 ヘッドの重心位置、機種による違いは
 こういう仕組み、こういう理屈 って
 大前提を勘違いしているトコロから始まっている
 可能性が非常に高いと思うのです。」

質問「はい。」

店長「尋常じゃない練習量やラウンド量で
 それを乗り越えてしまう人は いますけれど
 上手になり易い人 と そうでない人の差は
 ヘッドの回転、クラブの仕組みを含め
 横回転、ヘッド・クラブの横の動き ばかり気になって
 肝心要な 縦回転、ヘッドやクラブの縦の動き を
 軽視しているような気がしてなりません。
((つかまえのイメージ_Moment

 多くのゴルファーが気にしている
 アウトサイドイン・インサイドアウト の問題よりも
 ヘッドの安定した入射、理想的な入射
 俗に言う 上から打つ ですけれど
 そちらの方が 重要 と言っても良いと思います。

 ボールの曲がり よりも
 ボールをこすらない、
 そのクラブの長さなりの入射角度(アタックアングル)
 ヘッドを入れて来るコトの方が
 ショットの肝 としては大切だと思います。
((((ハンドポジション_Moment

㊟クラブの長さなり は 構えた時の長さ ではなく
 ヘッドが遅れてくる分、短くなる長さ(半径・直径)です。

 その上で 見た目、アウトサイドインであろうが
 インサイドアウト であろうが、
 繰り返し 同じ球が打てるのであれば
 それはどちらでも良いと思うんですね。

 スライスが忌み嫌われていますけれど
 スライス・右回転が入るのが問題なんじゃなくて
 ちゃんとした その長さ也の入射角度が取れず
 上から入れて来れないコトの方が問題で、
 クラブは構造上、しゃくったり、こすったり
 そういう入れ方をすると フェースの開き が
 『おまけ』でくっついて来ちゃう…、
 その『おまけ』の方ばかり 気にしている、
 そんな風に見えます。

 若い時はスライスだったのが
 歳を取ってくると 全然、別の  ボールが上がらない
 高さが取れない、高さが維持できない、
 と言う問題が 多くの人にやって来ます。
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s
 特に現代のクラブ、現代のボールは
 飛距離増強のために 過度なロースピン傾向にあり、
 それは 低重心や深重心などの 入射角度が取り難い、
 緩い入射角度を誘発するヘッドスペックになっているからで
 その時が来るまでに
 ちゃんと 上から、アタックアングルを取って
 (そのクラブの長さ也のアタックアングル)
 ヘッドを入れて来ないと苦労するコトになります。」