質問「クラブヘッドには重心位置ってあるじゃないですか❓
 これの機能、効能などを教えて下さい。」


店長「はい。
 ゴルフクラブは 他の打撃、ボールを打つスポーツの用具としては
 少々 異質で 打撃点が握る棒の延長線上に無い
 ズレた構造、L型の形をしています。
445TL-3
 重心位置とは ヘッドの重量の中心点 で
 ウッドの箱型形状であっても
 アイアンの板型形状であっても
 この重心位置が 各機種の個性、特徴とも言えます。」

質問「ズレた位置にある、そのL型形状だから
 ボールを打つ 他のスポーツ用品と使い方は異なるんでしょうか❓」


店長「微妙です。
 
 シャフトの硬さ(柔らかさ)、そして使い方にもよりますけれど
 適切な柔らかさのシャフト、適度なヘッド重量がありますから
 いざ ボールを当てる時には それが揃う、
 つまり 握っている棒の延長線上で打つコトも可能です。
Image20201006185024 (002)
 要は 打つ方、使う方がどう考えているか によると思います。

 一般的な用語で言いますと
 重心位置 の中でも
 『重心距離』とはフェース面上での計測になりますが、
 シャフトの軸、シャフトから重心位置がどれだけ離れているか、
 を数値で表し、平均的ではありますが、
 ウッドですと40弌4センチ位
 アイアンですと35弌3.5センチ位離れています。」

質問「ウッドの方が長いんですか❓」
IMG_NEW
店長「理想と言えば、クラブが長く重く感じ易いウッドの方が
 アイアンの重心距離よりも 若干短い 位が使い易いです。
 ドライバーは販売の回転・サイクルが良いけれど、
 アイアンは売れない が引き起こした
 売る側の都合による問題 と言えるでしょうね。
 
 とは言え、人間の感覚的な問題でもあるので
 ヘッドの重量、クラブの重量、シャフトの重量、シャフトの硬さ
 などで 調整は可能と思います。 

 一般的な総評ですけれど、
 重心距離が長い方が ヘッドの廻りが緩やか、距離は出る、
 安定性が高い、
 重心距離が短い方が ヘッドを回し易い、コントロールできる、
 と言われていますが… そう概ねどこのメーカーのカタログ にも
 書かれていますけれど、 半分嘘で、半分本当です。

 重心距離に関して 根本的に ヘッドは回して使うモノ
 みたいな示唆が内包されているのですが、
 実際には 廻さずに使う人も居れば、廻して使う人も居ます。

 
 重心位置が長い、数値の大きいモノの方が距離が出るのは
 実質のクラブが長くなる、ヘッド重量が重くなるのと同じ、
 というコトです。

 ヘッドは回転させて、フェースターンをさせて使うモノ
 だと限定すれば 重心距離の長いモノ の方が
 フェースターンは緩やか、遅くなりますから
 飛距離は出難くなると思うんですが
 ソコに疑問を感じる人は少ないようです。」

質問「そう言われれば そうですねぇ…。」

店長「私としては、ハミングバードとしては
 ゴルフショットに、ゴルフスイングに
 クラブターンはあっても、フェースターンは要らない、
 ほぼ一切必要ない と思っていますが、
 そうでない方へのアドバイスですが…。

002
 👉勘違いしがちな部分が多いですけれど
 ヘッドを廻して使いたい人は 廻し易い重心距離の短いモノ、
 ヘッドを廻さずに使いたい人は 廻し難い重心距離の長いモノ、
 と使った方が良い⁈ と思っていると思いますが、
 実際には反対、逆です。

 ヘッドを廻して使う人 にとって 小回りの利き易い重心距離は
 微妙なズレが生まれ易く 同じ球が打ちにくくなります。
 小回りの利かない、ヘッドターンの融通が利かない 重心距離の方が
 一定したヘッドターンになり易いです。

 一方、ヘッドターンをしないで打つ人は
 シャフトの硬さ にもよりますけれど
 握る棒の延長線上に重心位置が来る、
 握る棒と打撃点が揃うので
 重心距離の差が 球筋に出にくい傾向にあります。
 重心距離が長い は ヘッドが若干ですが重い と同じですので
 シャフトの運動量が若干増える程度です。

 重心距離の短い、小回りの利き易いモノ でも
 ヘッドを廻さないので 関係ありません。
 どちらでも問題ないと言えます。

 そう言った傾向から ヘッドターンをしない人は
 硬くないシャフト、垂れるシャフト、
 ちゃんと 棒と打撃点が揃うような 柔らかさのシャフトを
 使い傾向が強いとも言えます。」