店長「右打ちの場合ですけれど
 テークアウェイ、トップの右向きって
 結構、利き目が影響あるんですね。」

質問「利き目❓」


店長「ええ。双眼鏡じゃなくて、
 単眼鏡、望遠鏡を覗く側の目ですね。
dominant-eye-1200x630
 両方の手の指で枠を作って
 何かの対象をその枠に入れた時、
 普通(両目)に見ている時と 片目ずつ閉じた時、 
 両目と同じ見え方のする側の目 が利き目です。」

質問「右…ですね。」

店長「日本人の場合、右が利き目の人が多いです。
 割合で言うと 6割〜7割は右の利き目じゃないですかね。」

質問「それと何か関係が❓」

店長「右が利き目ですと
 右を向いてしまうと 視線が切れてしまうというか
 ボールが視界から消えてしまう というのも
 右向き不足になる原因のひとつと言われています。」
(回転とフットワーク_Moment(3)
質問「ああ 確かに…。」

店長「視界の中にボールをとらえておく のは良いとしても
 真ん中では無く 左に移す、
 場合によっては 左めで見る意識を持っても良いかも知れません。
(回転とフットワーク_Moment
 まあ 正直、ボールなんて『見てなくても』打てますし
 見ていたから 素晴らしく良い結果が出ていれば
 世界中のゴルファーはスイングやショットに悩んでいないですよ。
素振りのイメージが造り出すスイング_Moment
 あとは歳を取ってくると
 肩を廻す 〜胴体をひねる って言うのが
 無意識ですが恐くなります。
 ゴルフに限らず、誰しもが痛めた経験ありますからね。

 ですので 肩では無く 骨盤、
 男性で言うと 秀二(隠語)を右に向ける意識も有効と思います。」

質問「骨盤ではなくて❓」

店長「女性の場合、生理的なモノなのか分からないですけれど
 骨盤 って意識が割とはっきりあるみたいなんですが、
 男性にはそれが薄いように思えます。
 秀二であれば 非常に意識が強い😵 でしょうから
 しっかり 秀二を右に向ける周り方に
 徐々にシフトしていった方が良いと思います。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment
 肩を廻そうとすると
 上半身の中だけでの処理になりますから
 どうしても 腕やクラブの重さ、運動の勢いで
 したくなってしまいますが、
 胴体丸ごと、骨盤から上を右に向ける場合では
 主に足の運動になりますから 勢いが要りません。
(_Moment
 背中の張り を右向きの目安にするのではなく
 向き差が出来る、骨盤と大腿骨の辺り、
 お尻から太もも、主に裏側になると思いますけれど
 ソコの張り を 右向きの目安にすると良いと思います。」