質問「ほかには テークアウェイ、右向きが出来るようになる
 なにか ヒントはありませんか❓」


店長「長崎支部長から ヒントを提供して頂いたので
 見てみましょう。😊」

 コチラが添付されていた 支部長のメモ です。

オリジナル

ダウンに入ったら 右向いているうちに勝負

トップで 視界の左端にボールが来る様に バックスイング

スクリーンショット 2023-03-12 213847

37

38

 

これほど 変わるのですねぇー!

 

は 「支部長を真似て」と言いながら
やりにくそうにトライした その時から これまでとは 違う 当たり。

音が 違っていました。

 

本人に見せると 「支部長では無い」と()

スクリーンショット 2023-03-12 213807

コソ練会場では出来ても
コースで実現するのは 時間を要しますネ

 

しかし 「恐るべし 視界のコントロール


店長「多分、視界も含めた 右向き 以外のアドバイスは
 してないと思うんですね。

 にもかかわらず 3日目?では
 スイング軌道、ヘッドの入り まで変わっています。
 無意識だと思いますけど。
 その位 右向きの質と量は重要、効果大です✋

 ゴルフのスイングでのお約束で
 ✊ボールをよく見ろ とか
 ✊頭を動かすな などありますけれど
 スイング動作の中で 頭は
 軸に匹敵する背骨の延長線上 👉後頭部辺り なんですね。

 顔って 頭の厚みがありますから
 20〜30儷瓩 その頭よりも前に出ています。

 もしも ボールを打たない、見ない で
 右を向く・左を向くを動作の主眼としていれば
 どちらも 顔はボールから離れていく のが
 普通なんです。

06ad7076-s (1)
 ボールをよく見ろ では
 間違ってはいないですけれど、
 あまりに凝視してしまうと 習慣的なのか、本能的なのか、
 ボールと目との距離を保とうとしてしまう場合も
 少なくないと思うんですね。

 スイングの種類は色々と有ったとしても
 『十分な右向きは七難隠す』と言われますので
 ボールをよく見ろ や
 頭だと思っている『』を動かさないコトで
 右向きが犠牲になってしまっている人が結構、いるんじゃないかな。」

質問「だと思いますね。」

店長「素振りや練習では 顔ごと
 クラブの移動に伴って 顔も右向ける。

 でも 実際に打つのには
 直ぐには馴染みません。 怖いでしょうし。

 ですので 視界 をコントロールする。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 アドレス時、視界の真ん中にあったボールを
 右打ちであれば 視界の左に、
 左打ちであれば 視界の右に

 テークアウェイからトップにかけて移してあげる。

 右向きの質は兎も角、
 量が増える、
 また 顔を動かす、視界を考えれば
 あわてて テークアウェイ入れなくなるので
 一定なリズムを造るのにも役立つと思います。

 からだを雑巾のように捻じって・しぼって
 『右を向け右✋』なんて訓練(拷問❓)よりも
 遥かに効果のあるドリル・トライだと思いますよ😊😊😊」