質問「スライスを打っている自分には
 スイングの溜め はあまり良くない…ですか❓」


店長「基本はそうなります。

 しかし、卵が先か、鶏が先か、 で
〇ヘッドを返す為に 開いて上げているのか、
〇開いて上げちゃうから ヘッドを返す、

 まあ手先で ヘッド、クラブをボールの方に出しちゃうコト
 を指す訳ですけれど
 その人なりの スイングの溜め(ヘッドの遅れ)を造って
 それを取り戻す(もとに戻す) が
 スイングそのもの になっている人も少なくない です。」
202252_Moment
質問「その口…ですね。」

店長「スイングの溜め 〜ヘッドの遅れ を
 フェースやロフトの開き にしないようにする には
 右打ちの場合…ですが、
 ダウンスイングで からだの回転に対し、
 先行する 左腕を伴わせる、
 左腕を動かす為に からだは回す、
 と考えるのが良いのです。
 
〇左腕が遅れる
〇左腕がからだの回転に伴わない
〇左腕が下がらない 
 …ければ
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ はフェース・ロフトの開き
 になりますから
 そこから 時間をさかのぼって考えて
△左腕先行
△左腕だけが上がる
△からだの右向きが無い
 は
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ で
 フェース・ロフトを開くために テークアウェイ取っている、
 と言えます。
 
 テークアウェイ、もしくはスイングの初動 の時点で
 ヘッドを返すコト、ヘッドをボールの方に出すコト、
 究極には 手でクラブを振ってしまうコト を
 余儀なくされている と言って良いかも知れません。」

質問「どう治したら良いでしょうか❓」

店長「まずは 自分のスイングの動画 とかを
 一度見てみて下さい。
((((((((_Moment
 テークアウェイで からだの向きに対して
 左腕がたくさん動いている、たくさん上がっている、
 左腕だけでテークアウェイを取っている、

 であれば そのタイプです。

 徐々に✋で良いと思いますが、
 左腕を上げるのを辞める ではなく
 左腕『だけで』上げるのを辞める に行くのが
 良いでしょう。

 左腕が、特に左ひじの移動量に合わせて
 右ひじも移動していれば、動いていれば
 クラブ・フェースは開かない、開き難くなりますから
 まずは 右ひじを外めに張ってみる(クランチ)、とか
 右ひじをやや高くしてみる、とか
 左ひじが移動した分、動いた分、
 動かすコトから トライしてみて下さい。


 そして 出来れば
 右ひじ、右サイド主体で テークアウェイを取る。
 右サイドを動かさず、それを基準に
 左サイド〜左肩を入れる というケースも
 少なくないかと思いますので
 右サイド・右ひじを主体にテークアウェイする。

✋その際、ですけれど
 テークアウェイを取る方向は
 アドレス時の右 ではなく
 アドレス時の背後、
 ゴールとなるのは トップの位置の方向ですので
 右サイドは背後方向に動かす感じです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 右サイドを背後に動かすのと
 左肩を アドレス時の右に動かすのは
 似ているようで 方向が90度違います。
 スイングが 回転と馴染まないのは
 その可能性があるのかな、と思います。

 左肩を入れる と考えている人は
 その『方向』を間違ているので
 手振り・振り遅れ になり可能性があります。

質問「あああああ」

店長「あと最後にですけど
 技術的な部分の問題よりも 勘違いや思い違い
 自分本位な勝手な解釈によって スイングは造られることが
 少なくありません。
 技術的なミスは 思い込み によって造られています。

 まずは 頭で理解するコト、
 思い込みから解放されるコト、
 クラブの円を描くのは
 からだの向きで十分✊
 クラブ、もしくはヘッドターン は
 からだの回転でコト足りる✊
 表面的な知識ではなくて
 頭の奥の 芯の深い部分まで
 ちゃんと認識できないと その初歩的な部分が
 変わってこないのではないか
と思います。