結構、こういう質問を頂くので
参考になるかと思い、記事にしてみます。



前提とした あるお客様(仮称 大谷翔平さん-60歳)
セットのオーダーを頂いています。

重いヘッド、柔らかいシャフトを通して
中高年でも体に負担なく、楽に飛ぶよう
スイングも変えたい、変わって欲しい と希望しています。

オーダーですので、長さ〜ロフトなどから
ヘッドの重量・仕上げなど 個別設定ですので
完成まで、お渡しするまでに、時間がかかります。
 😵お待たせしている方…申し訳ありません😵
IMG_0361
スイングも変えたい、レッスンもしたい というコトなので
練習用に お創りするであろうスペックに近い
試打クラブ(今回は 6IとSW 2本です)を
完成まで 貸し出し しています。

個別な悩み もありますが、
大概のケース、手でクラブを振ってしまっている、
からだのターンが活用されていない で
そう言う場合、
〇開いたロフト
〇緩い入射
〇疲労による筋力、握力の影響

 が問題になる訳ですが、
一般に ドライバーなどの長物 は
開いてしまっているロフト〜フェースを 返して
使いますので なんとか誤魔化せますが、
返して使わない ウエッジ などは
重いヘッド+柔らかいシャフト が
より よりヘッドを遅れ ロフトやフェースを開かせ
最下点が手前になる、ロフトがものすごく開く、
ダフリ、トップ、シャンク、くぐり抜け など
今の状態では上手く行きません。

フェースを返さない としても
ヘッドを出してしまう、
ボールの方に、下に、手でクラブを出してしまう場合、
重さが増している、開きが増している、為
より ヘッドを出さなければならず
よりダフリ、開き、
また ヘッドを出した時の重さの増し の影響で
本能的に からだを逃がす〜開いてしまったり
伸び上がったりも増えたりします。
〇クラブ扱いの良し悪しが一番表に出るのは
 ロフトの大きな ウエッジ です✊

アプローチショット 現場にて_Moment
その試打クラブをコースで使えば
その前後には 全く感じの違う
軽いヘッド・硬いシャフトを使っているから余計です。

弊社のゴルフクラブの最大の特徴は
重いヘッド〜柔らかいシャフトであることは確かですが、
もう一つの特徴は
クラブが ドライバーからパターまで
似た流れ、似た感じ、似たタイミングで使うコトの出来る

『セットの流れ』を持っているコトにもあります。

ですので その試打クラブ(この場合はSW)で
現状のクラブ扱いで上手く行かない…からと
(気持ちは理解出来るのですが…)
👉ウエッジはセットから外す は
セットソノモノの効果を薄めてしまう では無く
セットソノモノをより難しいモノにしてしまいます。

もしも ウエッジだけ 市販品の
軽いヘッド 硬いシャフト を使うとなると
ヘッド重量では   290 VS 380g
シャフトの硬さでは 330 VS 160cpm です。
まったく違う、別のスポーツの道具と言っても良い程離れています。

ウエッジ以外のクラブは 380g/160cpm
     ウエッジだけ 290g/330cpm
これをランダムの交互交互に使う訳です。

今、自分のクラブ扱いで 試打の悶絶ウエッジが上手く行かない
というのは予想の範疇ですが、
ウエッジ以外悶絶クラブ、ウエッジだけ市販品、
これも 試打クラブ以上に上手く行かないのは保証します。
そして 今よりも 悩みは複雑化し、
年齢からすると どこかを傷める可能性も非常に高いでしょう。



また、クラブ扱いの鏡 である ウエッジ(ロフトの大きなモノ)
今の扱いで上手く行かない・・・
✅スイング・クラブ扱いを変えたい❓ のか
✅今のクラブ扱いを続けていくのか❓❓
 (スイングは変えたくない と言う意味になります)
曖昧な未来になる可能性があります。

弊社の持論(コンセプト)ですが
『スイングはクラブでしか変わりません』
👉その際たる例が ウエッジ(ロフトの大きなモノ)です。

重いヘッドの、シャフトの柔らかいウエッジ は
クラブをちゃんと扱えるようになると
スピン効果も高いですし、
ラフやバンカーにも飛び切り強いです。
また ヘッドの慣性モーメントも非常に高いので
小さなミスが ミスになり難く、
非常に似たような球、弾道を打ち続けるのが
軽いヘッド・硬いシャフトのモノに比べると容易です。
【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1
クラブで、スイングで悩んでいる限り、
最後までお付き合いしますので
目先の結果ではなく、もう少し長い未来のコトを想像、
妄想しながら 悶絶クラブを楽しんで頂けると幸いです。
                     店長