質問「ボールが上がらない原因は
 あおり打ちというか、
 ヘッド軌道の問題なのですね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
店長「そうですね。

 ボールの上がり、スピン量共に
 ヘッドスピードと…比例とまでは言いませんが、
 関係しています。
 確かに ドライバーヘッド、
 最近のモノは かなりスピン抑制傾向が強い ですが、
 一般的なロフト 10〜10.5〜11度辺りであれば
 ヘッドスピードが 33msを下回らない限り、
 問題は無いと思います。


 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか、
 左右の軌道ではなく(関係はしていますが…)
 入射角度・アタックアングル などの
 上下の軌道が問題です。


 ちょっと前置きになっちゃいますが…、
 これは 決して あおって、上に振れ と言う意味で無く
 単なる知識、あくまでも知識として知っておいて欲しいのですが、
 ドライバーに限らず、特殊なショットを除く
 ほとんどの普通のショットは
 ヘッドの軌道ではなく
 『グリップの軌道』ですが、
 上り際👆、グリップが高くなり始めたトコロ
 で
 左を向き始めたトコロで インパクトを迎えます。」
flat-spot-hand-path2 (1)
質問「え?! そうなんですか?!
 グリップも、ヘッドも 下がり軌道なんだと思っていました。」

店長「ですよね。
 決して 上に向かって あおって振れ
 と言う意味ではありませんが、
 普通のショットであれば
 ヘッドは下がっている が
 グリップは上がっている、
 動作としての上げている ではなく
 高くなり始めている箇所 が 👉インパクトポイント
 です。
 からだの向きが左を向き始めたトコロ と言う意味ですね。

 ドライバーショットは 地面からボールを打ちませんから
 やや特殊なケースと考えて良いのですが、
 ティーアップした 空中に浮いたボールを
 ティーアップした分、通常のショットよりも やや左、
 ほんの一瞬の違いですが、ほんの少し遅いタイミングで
 インパクトします。
 
 故にグリップも 高くなり始めていますが、
 ヘッドも高くなり始めています。

 あくまでも『結果として、ですが』
 アッパー軌道になります。

 逆に 通常のショット、
 これはフェアウェイウッドも含まれます。
 クラブの長さによって その度合いは違いますが、
 ヘッドは下がり過程、
 グリップは上がり過程、
 この時期、この区間がインパクトです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)
 順序で言うと
 トップの位置、切り返してから
.哀螢奪廖Σ爾り過程〜ヘッド・下がり過程
▲哀螢奪廖上がり過程〜ヘッド・下がり過程
➂グリップ・上がり過程〜ヘッド・上がり過程

 と言った具合です。
 通常のショットでは △龍茣屐時間がインパクト
 ティーアップしたドライバーショットでは
 ➂の はいりクチ 辺りがインパクトになります。

✅からだの向きと傾き(前傾姿勢)によるモノで
 決して、手で下に振れ、上に振れ と言う意味ではありません。
✅ヘッドだ✊ グリップだ✊ と言う話になると
 手をどう動かす、手でどう動かす、
 って意識が強くなってしまいますから注意が必要です。


 ちょっと長い前置きになっちゃいましたね🤒🤒」