店長「ヘッドがインパクトの形 のまま
 高さが高くなる(上がる)、のと
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていく、
 のでは 全く球質が異なります。

 これはアプローチに限らず
 ドライバーショットも含めた通常のショット
 にも適用されます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
 まあ からだの向きが変わりますから
 いんぱくとのそのまんま って訳には行きませんが、
 写真で見ると シャフトの残像
 ヘッドの方がたくさん動いている(写真‐上)
 シャフトの運動角度が大きい方が
 フェースが上を向いている量が大きくなります。

 写真-上 と 写真‐下 の違い(比較)は
 紊和任曾个軍囘戮凌値は大きい(高い)ですが
 回転・スピンの量は少ない、
 腓和任曾个靴粒囘戮歪磴い任垢、スピン量は多い、
 紊郎嚢眦達点に早く行きつきますが、浮力が続かない、
 腓郎嚢眦達点に行き着くのは ずっと奥になります。

 先日の記事 でも書きましたが、
 アプローチの場合ですが、
 紊涼篤擦蓮|綯討垢觝櫃粒囘戮緩く、
 ボールの回転数も少ないですから 止まりません。
 だら〜 っと転がる感じです。
 腓涼篤擦蓮|鰐未肪綯導囘戮キツイ(垂直により近い)のと
 ボールの回転数も多いですから 止まり易い。
〇からだの回転〜ク
 アプローチショット に限りませんが、
 ボールが止まらない〜止めたい、スピンを効かせたい、
 と言う場合、ロフトを開いて
 ヘッドを緩く入れる そんなショットをされている方が
 多く見られますが、基本、逆効果です。

 これは ドライバーショットも含めた通常のショットでも同じで
 打った後に ヘッドの高さが上がる のは
 問題ないですが、そのあがり方 と言えば良いのか、
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていくように上げると
 ボールは『ちゃんと』上がりません。
 出球は高いですが、それに気づかず
 上がらない…上がらない…と思って
 より一層 ヘッドを上げる、フェースを上に向ける と
 逆にどんどん浮力を失ってしまいます。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 インパクト後のヘッドの抜き方、と言う点では
 ヘッドを返すような、フェースローテーションをして
 ヘッドを走らせるような抜き方では このような症状に陥り易く
 ボールが上がらない とか、 ボールが止まらない に
 なり易いのです。

 ですので 地面を引き摺って来て
 ボールをどかせた後、ヘッドをどう抜くか と言うドリルは
 アプローチやパッティングだけでなく
 ショット全般にも有効だと思います。」