ショット・アプローチの原点・始点はココから : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
…続き

質問「インパクト後、フォロー側で
 ヘッドが空中に上がってしまうのですが…。」 

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
店長「からだの傾きがあって
 左を向けば 自然なコト だと思いますので
 無理にヘッドを地面に押さえつけておく必要は
 ありません。」

店長「家の中で打てる距離、
 まあ この場合は転がせる距離ですが、
 1mなり、3ⅿなり、
 その距離感は からだの回す速度、
 それによって 移動するグリップの移動速度 です。

 ボールに当てる「強さ」とは
 ちょっとニュアンスは異なります。
 それは 物理的に ボールに✊ とってのモノで
 打ち手にとっての 『距離感』は動作速度 です。

 コレって 小さいコトですが、
 大きな違い だと思います。」

質問「この感覚は意外に新鮮ですね。」

店長「そうだと思います。
 今回は 転がしで ごく短い距離 ですが、
 コレは寄せ だけでなく
 パッティングであっても
 通常のショットであっても 同じ です。

 パターを使ってのパッティングの感覚
 (イコール からだの回転にはなりませんが…)
 にはとても良いかも知れません。


✋インパクトでどんとクラブを止めて
 ヘッドをボールにぶつけてしまったり
✋グリップをとめて ヘッドだけ送ってしまったり
〇からだの回転〜ク
 地面をひきずって ボールに当てるには
 ゴツンとヘッドをボールにぶつけるコトが出来ません。
 距離感って教えにくい、掴み取り難いモノですので
 具体的なトレーニングとしてとても良いのでは、と思います。」

店長「また 薄いマットの上や絨毯、フローリング で
 勿論 強く打つのは危ないですから、ダメですが、
 3ⅿ位の距離で ボールを転がす、移動させるのに
 『ヘッドの抜き方』を覚えるのに とても良いと思います。

 冒頭に仰られた通り、
 インパクト以降 フォロー側でヘッドは浮きますが、
 それは からだの回転と前傾があるから であって
 インパクト直前〜インパクト時の
 ヘッド姿勢のまま 高くなります。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 ロフトが増えていくような
 フェースが上を向いていくような
 そう言う抜き方 をしてしまうと ソール・バンスが
 薄いマット、フローリングなどに弾かれてしまいます。
 特に ウエッジを使った場合ですね。
 バンスを跳ねさせない振り方(…普通の振り方) です。
20231180m220231180m420231180m8






 まあ この逆がバンカーで使ったりするんですが…。

 通常、その抜き方がミスの元になります。

 非常に地味で 強く打つコトの出来ないドリル・体験ですが、
 距離感、そして ウエッジヘッドの動かし方 としても
 とても役に立つドリルになると思いますよ。
 距離感がピンと来ない初心者とか、女性には
 良い初期体験になると思います。」