回転する椅子 さえあれば
雨の日でも お家で出来るドリル です。



これが そのままショットになる! とは言いませんが、
少なからず 自分がスイングの円弧を手で作っているのか
それとも からだの回転で作っているのか
からだの回転が断続せず、スムースなのか
途中でからだの回転を止めているのか
感じ取れるドリルとも言えますし、
「飛ばしたい」から
「スイングの弧が大きい方が
 ヘッドが遠いところを通った方が
 速く振れる、飛ばせる」
 という勘違いが
 クラブを持つ腕、クラブ、からだを分断してしまっている
 と感じられるのではないかと思います。

一般的に考えられている
 フェースローテーション・ヘッドターンの右手使い
曲がった・短くなった右手を伸ばそうとすることで
🔴ヘッド・クラブを回転させる
🔴ヘッドでグリップを追い抜く行為が
 腕の振りとからだの回転を分離してしまう
🔴クラブを振ろうとすると からだが止まる
という
「気付き」が得られるだけでも十分かも?!


クラブの長さ処理 と言う意味も含まれているので
長さの有る ほうき とか
その手のモノでも代用可能だと思います。
基本、クラブ〜ヘッドは振りません。
ぶらぶらさせる訳ではありませんが、
 ヘッドは放置、
シャフトでつながってる分、
 グリップの移動に伴い、移動するだけ です。

✋棒は振らない予定…の筈ですが 振ってしまって
ガラスを割ったり、照明器具を叩いてしまわないように。
…椅子に座って低くなってるから 平気かも?
 と言って 棒は振ってはイケマセン。。。ドリルにならん。

回転イスに座る場合、
あまり深く腰掛けず、
イスの回転軸が 背骨につながる位の浅め
に座る方が良いかと思います。
(✋落ちたり、こけたり ケガしないでね)




POINTは二点
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)




1.
シャフトの縦抜き とでも言えば良いのか
あくまでもイメージではありますが、
⇒アドレスに相当する向き の
仮想のボールと自分の空間
その空間、✖グリップエンドを自分
ヘッドをボールに向けた
横抜きするのではなく
🔴グリップエンドを飛球線方向
(もしくは やや右気味〜シャンク方向)
ヘッドは飛球線後方に抜ける
縦抜きをしてみて下さい。



2.その縦抜きをする際
 フェースは地面の方、下を向けていないと
 ボール(仮想)を打つコトが出来ません。
 (完全に下向きには仕切れません)
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)




映像を見て頂くと分かりますが、
からだの回転と腕の振り の融合 は
左腕 右腕 ともに
 からだの向きの変更 〜その時間進行とともに
滑らかに、断続的に
 傾きの傾斜に沿って
 低くなったり、高くなったりします。
左腕、右腕の移動も 傾きの傾斜の中 にある
 ⇒からだの向きの変更の中にある というコトになります。

腕の動き 俗に言う腕の振り と
からだの向きの変更 俗に言う からだの回転
その融合は
回転することによって
クラブの縦移動
主にグリップの上下の高さ変更
クラブの回転 クラブの縦回転でない
縦の移動 が変わるコト によって
移動するが良いと思います。

基本、グリップは回転による移動
 ヘッドはシャフトでつながっていますから
 その移動に伴って 移動するだけ です。
🔴どこかの時点で ヘッドを動かそう、シャフトを振ろう 
ダウンスイングに相当する場面で
 ヘッドを下に振ろう、シャフトを縦に回転さえよう、とすると
その腕の動き と 回転は遮断、分断され
回転の同軸線上から、腕とクラブは外れてしまい
回転を止めなくてはならなくなります。

円弧を描くのと 回転でする方が良いのか、
それとも回転を止め 腕でクラブを振る方が良いのか
 決断の時 です。


もう一つ
自分とボールの空間
 この空間を横抜き ヘッドをボールに向ける
この状態を作ろうとすると
 回転の時間進行 に対し
ヘッドの軌道が大きすぎる、遠回り過ぎる ので
 やはり 回転の時間進行に乗れなくなり
回転が止まります。
👉コレ ものすごく多いパターン
 手で振ろう と思っていなくとも
 ヘッドの軌道が遠回り 大きすぎれば
 回転で移動できる分では足りなくなり
 どこかで 回転を止め、
 腕で移動を補助する必要が生まれます。
それもある意味、体験できる、かも?