そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





支部長「 切り返し時 グリップエンドを上へ  で動いた方が
 インパクト時 ヘッドが来るのを待たなくて良い 感じです。

 そして この方が ヘッドも インからアタックしています。

 中々 上手く出来ませんが…。」

店長「そうですね。。。

 多分 ですが、スイングタイプとしては

 右のスイングの方が安心感は高いような、

 違和感は少ないような気がしてはいるのですが…。


 スライスが出にくい振り感なのでは、と。

〇グリップエンドを向きを

 一方、

 グリップエンドを上に向けて抜く、あくまでもイメージですが

 そちらの方がグリップの下がりも良く、

 そのせいで 気になる部分である

 インパクト付近のグリップの浮き、

 からだからの離れ も改善され

 かなり良い状態だと思います。」

支部長「
左の方がグリップの下がりも早いです。」

〇グリップエンドを向きをどこへ - f
支部長「ご所見のとおり 右が違和感ありません。
 左は 練習場では出来ても コースは まだまだ だと思います。

 

 ただ 左で打てた時の 当たりは とても良く
 特に 距離・方向の精度が要求される アプローチでは 抜群な感じです。

 色々と やってみます。」

店長「茲離好ぅ鵐阿蓮▲ぅ鵐僖トまでの時間が微妙に短い、
 早いタイミングでのインパクトになるので
 慣れが必要になるかと思います。


 ダウンスイング時での手の下がり
 手(グリップ)の降ろしではなく、『下がり』ですね、
 奇妙なモノで ダウンスイング初っ端から
 降ろす、下げる、のではなく その真反対の
 グリップエンドを上に向けて…
 どちらかと言うと 下げず、降ろさず、 👉上げる
 に近い意識 の方が  グリップの下がりが良い😊 のです。

 それによって インパクト時の手の浮き、が改善され
 からだに近いトコロ を 通っています。
 当然、なのですが、からだに近いトコロを手が通ってますので
 ヘッド軌道もコンパクト、小さめな軌道、
 短いクラブ で インパクトに入れますので
 今までよりも アタックアングルが確保出来る。
 それが弾道の良さ、アプローチの精度につながっているのだと思います。


 また、よく見ないと判別が難しいですが
 インパクト時の伸び上がりも かなり改善され
 とても良いスイングの方向性(弾道も、ですが)、改善点だと思います。

 スイングの改良は
 今回のように 切り返し時から
 グリップエンドを上に向けて✋ のような意識で
 よりグリップ、手が下がるようになったり、
 それに伴って インパクト周辺の手の浮き や
 グリップのからだに近いトコロを通過出来るようになったり、
 インパクト前後の 伸び上がり が改善されたり と
 まったく意識していなかったポイントが
 だいたいの場合ですが、同時に複数、改善されます。

 正直、な感想ですけれど、
 なになにがダメ、何々を治したい、
 特に からだの動きを直接修正したい場合、
 その時、その箇所を治すのは有効でない場合が多いです。

 なんと言えば良いのか、ちょっと例えは悪いですが、
 背中が痛いのが胃炎だったり、
 心臓が悪かったりする のと似ています。」

店長「そして 今回、一番 変化したのは…ですね…。」

 続く・・・👋👋