店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」