店長「で 肩を廻せ、左肩を入れろ の話しに戻りますが
 ハミングバードでは 肩を廻せでは無く、
 骨盤、腰、お尻を廻すことを推奨しています。
 からだを廻すことは肩を廻すコト という
 考え自体は間違っているとは思っていませんが

 私は 二つの理由 から 
 『肩を廻せ』アマチュアゴルファーに奨めるのには反対です。


質問「ええええ それは何故ですか❓」 

店長「まず 第一に、
 肩を廻す、
 からだの回転は肩を廻すコト だと思っていると

 間違いを引き起こし易
のです。
 非常に簡単に。
 そして その間違いは色々な問題、悩みを引き起こします。
 ゴルフショットの悩みのかなりの部分は
 それが引き起こしていると言っても過言ではありません。

 また スタートとして 間違っていなくとも
 肩を『もっと』回そうとする過程の中で
 気付かない内に 間違ってしまい易い
のです。」

〇肩を廻せ_Moment
質問「えええええええええええええええええ」

店長「具体的に言うと 推奨はしませんが、
 
 肩を廻す と言うのは

 クラブを持った腕は動かさず、両腕の長さを変えず
 その腕の付け根である 肩まわりの胸
 胴体の上の部分を動かす〜胴体を捻って
 テークアウェイであれば
 右(右打ち)を向けるコト であって
 腕を右に振る・ずらすコト ではありません。

〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ_Moment2









 その間違ってしまっている人は

 両腕を横に振るコトによって
 肩を廻したら 行くであろう辺りに
 クラブやグリップを持って行っているだけで
 ほとんど 肩は廻っていません。
 
 動いているのは 肩甲骨は含めた腕だけで

 胸はそれに引っ張られた分だけで
 ほぼ 正面を向いたまま です。

 見た目、肩が回って見える、右を向いて見えるのは
 そう言う腕の関係になったら 少し肩が動いて見えるだけ。
 
〇肩を廻せ_Moment2

 肩甲骨が動いているだけで
 肩の位置している 胸廻り
 胴体が捩じられていない…。
 つまり 
からだは廻っていない。」

⁑ボールをよく見ろ あたまを動かすな
 というのも その要因であるかもしれません。

簡単な チェック方法があります。

 二つの目の問題があるので
 その出来具合はその方の運動性能次第ですが、
 本当に肩を廻す、クラブを持った腕の付け根帯 を
 右に向けていたら 両方の腕は何もしていない ですから
 自分でトップの位置と思われる位置に到達しても
 両方の腕の長さはほぼ同じ、
 どちらかの腕を・・・この場合は 右打ちの右腕ですが
 短くしないと 左腕、左手が届かなくなるコトあり得ません

 よく言われる 両腕で作る三角形を維持してテークアウェイを
 と言うのは…これも勘違いしている人が多いですが、
 手順として そうやってから 今度はクラブを上げる ではなく
 両方の腕の長さがほとんど変わらない状態、
 つまり 腕でテークアウェイを取らず、
 ちゃんと肩を含む胸帯を廻しなさい と言っているだけです。

 肩を廻している『つもり』で 腕だけを横に振っている人は
 必ず 左腕を伸ばして、右腕は短くしています。
 右腕を短くしないと 左腕が届かないから…ですが。
👉この『上げ方』では 必ず クラブは開きます
 ですので 後々 閉じなければならない という
 これも別な意味の アマチュアの永遠のテーマ がやってきます。
〇肩を廻せ

 そして「閉じる」は高速、加速状態での動作なので
 修正の難易度はさらに高く、

 また 閉じなければ当たらない、打てない、飛ばない、
 前提条件の 開いている を無視して 別なポイントで
 問題を解決するコトになります。」

質問「うううう 耳が痛い…。」