店長「女性や力の無い人に
 いきなりクラブを振れ って言っても
 ボールを当てるコト、打つコトよりも
 その 先端に重さのついた長い棒 が
 すっ飛んでいかないだろうか とか
 自分を叩いてしまったりしないだろうか のような
 恐れを抱くことが有るのだと思います。」

SGさん「でしょうねー。」

店長「それと同時に 何が正しくて とか
 良いスイングを✋ なんてコトは思ってもいない、
 意識対象外だと思うので
 とりあえず そのか弱い腕でもクラブを振るコトが出来て
 番手にもよりますけれど 100y位を
 ぽこんと上がって 前に飛べば
 練習場デートは続く可能性がある訳ですよね❓」

SGさん「と望みますけれど…。」

店長「手で振るとか、からだの回転でとか
 そう言うの抜きにして であっても
 手順があるんです。で無いと 腕力の無さが
 クラブを勢いよく振れない になっちゃいますから…。

 スイング手順で
 良い悪いは別にして クラブを手で、腕で振る、動かす は
 からだが回っている、向きを変えている最中は出来ません。
 からだが回る時は腕は固定されちゃうんです。

 腕を動かすのは からだが止まった時『だけ』
 と考えて良いです。

 ですので 放っておくと、腕を止め、からだを廻し、
 腕でクラブを振って 当たる位置、ポジションに行き着くと
 今度は からだの回転を止め、
 腕を振るって手順になります。
 女性に限らず、クラブを振る、円を描く、
 そう言う風に考えるゴルファーの殆どが
 この手順です。
 典型的な アマチュアの出世街道です。」

SGさん「手打ち街道ですよね❓」

店長「それはそうなんですが、
 振って 当たって 飛ばない と
 面白い ってなれませんから、デートが継続しません。
 それが最優先課題ですので そこは無視します。

 からだと腕の関係はそう言う手順になるのですが、
 腕力の無い人だと それも難しかったりするので
 その手順をひっくり返します。

 画像、写真では からだの全体、靴までの向きを
 変えていますが、骨盤、上半身、お尻 で良いと思います。
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(2)









 ̄Δ鮓いて グリップを少し高くします。
 スイングで言うトコロの トップの位置 ですね。
右を向きっ放しのまま グリップを下げ始めます。
 回転はまだ です。
➂ある段階 どこら辺とは具体的には言えませんが、
 ある段階に来た時に 向きを変えます。
ず犬鮓いて 動いてきたクラブをキャッチするような
 そんな感じになります。

貴方にはどう見える❓_Moment(3)貴方にはどう見える❓_Moment(4)








👉ポイントは 先に腕を動かし始めるコト です。 
 これであれば 腕力が無くとも
 クラブをかなり勢いよく振るコトが出来ます。
 
 どんな方向に グリップを下げると…
 どのタイミングで 向きを変え始めると…

 ここら辺は打ちながら 当てながら
 掴んでもらう他ありませんが…。
 空振りもシャンクも出るとは思いますが、
 この感じが掴めると
 先に 腕を動かしているので 手で振っているような感じが
 しますが、最終的には からだの向きと同調しますので
 腕力は重要で無く、結構なスピードでも
 クラブを振るコトが可能です。」