店長「さて ココで ポスチャアの話しは一旦、中断して
 グリップの話しに移ります。

 グリップとポスチャア、アドレスの取り方は
 相互に関連していて どれが先、どれが後 と言うより
 三位一体の関係ですので
 相手の方が 本格的に! となった場合、
 ボールを目の前だともどかしい…かも知れませんが、
 そのつながりは大切と『時間をかけて』お知らせください。
 練習場デートは楽しいですが、そればかりだと
 嫌われてしまうかも知れませんので ご注意を!

IMG_1065IMG_1064







SGさん「練習所で無くても良さそうですね。」

店長「そう思います。
 もしくは 行く前の話しでも良いかも知れません。
 …蛇足ですが…彼女の手を握るチャンスです😊
IMG_0772

 グリップは 出来るだけ 手のひらで無く
 指側、指と手のひらの間位で握るようにして
 げんこつは出来るだけ造らないようなイメージ、
hand_kansetu
 指だけが曲がっていて 手の「平」が残る、
 あくまでもイメージですけれど、
 『手の平が残る』握りが『理想』です。

 握り方 として インターロッキング、オーバーラッピング、
 インターメッシュ、などが有りますが、
 手の大きさにもよりますが、
 インターロッキングだと やや深めに握る(パーム)になり易いので
 サイズ的に余程小さく無ければ(指輪のサイズ確認?
 オーバーラッピングが良いかも知れません。
dc9819c0
 フック、スクエア、ウィークは ウィークはないでしょうから
 左の手首が折れない程度のごくごく軽いフック。
 握り方 とともに 重要な部分は
〇左右が出来るだけ密着しているコトです。
 程度はありますが、ココは抑えたい です。
IMG_0148_Moment
 また アドレス時、
 クラブと腕の角度が一直線にならない、
 よく言う ディッシュアングルは
 手首の角度で作るモノ ではなく、
 グリップする時の 手のひらとクラブの角度で作ります。

 手の中の角度で言えば
 右打ちの場合の左手基準で言うと
 小指の付け根から 人差し指の第一関節に向けての
 斜めのラインが接触線
(お寿司のアングル)とイメージして下さい。
IMG_1304IMG_1303









 実際には不可能ですが、
 クラブと手の関係は 真っ直ぐな関係で
 直角な関係ではありません。
 ですので ニュアンスとして 真っ直ぐに近くなるような
 斜めの、ディッシュアングルの関係が欲しい、です。
IMG_1296
 手首の角度では ディッシュアングルを維持するのに
 手首周りの筋力が必要になりますが、
 握りであれば スイング中、意識する必要はありません。

👐この時点での 握り は アドレス姿勢では無く
 立ったまま 直立の状態、腕は適度に前に出し、
 グリップ・握り(お寿司のアングル)の分、
 若干 ヘッドは上げ目、高め。

 
 アドレスとの融合はもう少し先、です。



 握る部分のグリップは 部位としては 指が握り(グリップ)ます。
 手のひらは握る(グラブ)コトの手伝いはしても 主には使わない
 と考えて良いと思います。
IMG_0534

 あくまでも 教科書的…男性を基本にご案内していますので
 こんな感じ と思ってくれればOKです。
 のちに 何を優先、どの部分を抑えれば良いか
 ご案内します。

グリップをする際、
 各指は出来るだけ開いて、指同士離れている パー状態で
 小指から 人差し指第一関節への 接触線にクラブを当てます。
 (お寿司のアングル と呼びます)
IMG_0531

菴道悗鮟く 人差し指から小指までの指で
 クラブを握ります。
 この際、それぞれの指の付け根 にクラブを押し付ける感じです。
IMG_0772

菴道悗楼らず 開いたまま←ココPoint 右手を入れます。
 手のひらと グリップの接触線(お寿司のアングル)も同じ
 茲汎韻犬茲Δ法´蘓道悗鮟く、人差し指から小指まで
 で 指の付け根にクラブを押し付けます。

両方の親指を 握るのではなく、軽〜くグリップに押し付け気味にします。
 グリップ(握る部分)を 
 左右両方の第一関節と第二関節の間に
 ごくごく軽〜く押し付ける感じににします。
IMG_0772
感覚として ですが、グリップは円形ですが、
 片手、特に左手で 全周囲を握るのではなく
 円の半分ずつ 左側を左手、右側を右手で握る感じです
IMG_0529
IMG_0528