店長「多くの方 百人以上のアマチュアのスイングを、
 特に テークアウェイを見ていると
 幾つかパターン がありまして…。

 右打ちの場合、ですけれど
 からだを廻す、右を向く というのは
 多くの方が意識しているので
 まず 肩なり、腰なり、股関節なり で
 右を向きます。
((((((((_Moment

 その動きは ヘッドをたくさん動かす事になるので、
 無意識ではあるんでしょうけれど、
 グリップの移動が抑制されてるんですね。 

 ですので テークアウェイの最後に
 グリップを高くする。

 勧めている訳では無いですけど
 グリップを先に高くする人は非常に稀です。」

質問「オーバースイング気味の人のパターンな気がしますが…。」

店長「全員じゃないでしょうけど、そうですね。
 必ず グリップの移動、グリップの動かし、
 人によって 上だったり、横だったりしますけど
 グリップは最後に動かすコトになります。

 ものすごく 速いリズム、クイックにテークアウェイを
 取る方も そのパターンが多いような気がします。」

質問「クラブが立っていても、寝ていても、
 クラブを縦に動かしていても、横に動かしていても
 トゥアップを誘うような動き では
 必ず グリップの移動が少なくなる、抑制される というコト
 ですよね❓」


店長「そうです。(テークアウェイ時の話しですが)
 繰り返しますが、トゥアップは グリップとヘッドの動き、
 移動量が釣り合わない、ヘッドの方が多い時に起こるモノ で
 それは インパクト、ボールをさばく時の 手振り
 につながって来ます。

 また 理屈上で言うと
 右打ちですが、フェースを左に向ける、
 フェースが右を向いている、開いていると スライス、
 フェースを左に向けなくちゃ✋ と思う方は
 ヘッドの移動量の方が多くないと それは実現出来ません。
 ですので それを誘因する トゥアップさせるテークアウェイを
 取りがちになるのだと思います。

 逆に フェースの下向き を造ろうとすると
 ヘッドの方が多く動いたら フェースの上向きは造れても
 フェースの下向きを造るのは物理的にかなり無理があります。
 そこは 技術の問題では無く、
 ボールをどう打つ、どうさばく、クラブをどう使う の思い込み
 の間違いから始まっている可能性もあるでしょう。」
(手打ちになっちゃうヨ_Moment(2)
質問「スイングが円であるから
 外周、外にある ヘッドの方がたくさん動く
 速く振りたい から よりたくさん動かしたい、
 と言う気持ちから生まれている可能性も❓」

店長「大いにあると思います。
 円に対する 移動角度、角角度運動が同じ、
 でも、外周にあるから 多く動いて見える だけ です。
 5度角度分 ヘッドが動いたら
 5度角度分以上 グリップを動かしておかないと
 安定した軌道と規則性のあるヘッド姿勢は造り難い。

 ですので L字型のクラブの構造、重さの配分上、
 トゥダウンを誘発する、下振り、手振りを誘発する、
 トゥアップを出来るだけ発生させないよう
 ヘッドとの追いかけっこ の為 グリップを動かす
 と考えて良いと思います。」

質問「あああ だから プロとかの、良さげに見えるスイングは
 ヘッドとグリップが同時に、同じ分だけ動いている、
 いわゆる ゆったりと振っているように見えて、
 アマチュアは ヘッドばっかり動かしているから
 なんだか  あわてて振っているように見えるんですね。」


店長「そう思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 からだの向き 腕、グリップ、クラブ、ヘッドが
 同じ分だけ 同時に移動している、
 どこかが止まって どこかが動く と言う瞬間が少ない
 は 動作として 美しく見えますが、
 どこかが止まって どこかが動くは やっぱり所作として
 美しくは見えないでしょうね。

 テークアウェイのリズム、ゆったりして「見える
 は 速度の問題では無く……というコトはなんだと思います。」