店長「あらかじめ言っておきますが、
 フェースターン、手の返し、ローテーションを
 推奨するつもりはありません

 一時を除けば 長いゴルフ人生で苦労が多くなりますから。
BAUoIFgCcAA1GTf

 とは言うモノの、今の今までそう打ってきたのに
 はい 今日変わりましょう✋って訳には行かないので
 知恵として知っておいて貰いたい だけです。

 スライスに悩む、困っている人の多くが
 『フェースターン』『ヘッドの返し』の仕損じ です。」

YSさん「そうですね…。」

店長「以前も説明しましたが、
 ゴルフクラブは その構造上、
 フェースターン 開いた・右を向いたフェースを
 閉じよう・左に向けようとするほど
 …その フェースターンを主に ハンドターンにする場合ですが…
 ヘッドの軌跡は 内側に切れようとします。

 軌跡が内側に入り込めば、想定より
 フェースの閉じは強くしなければならない、
 という 追いかけっこ
 になります。
IMG_0491
 スライスが出てしまう…と
 もっとフェースターンを… と思いがちですが、
 始めの発想に戻って
 フェースを閉じたい 『開いている』フェースを
 閉じなければならない から始まっている
のですから
 閉じるコト を 考えるのではなく
 開かないコト、開かないは無理であっても
 開く量を抑えるコト、に意識を持って行くのが良いでしょう。」

YSさん「なるほど。」

店長「閉じなければならない量は
 必ず 開いている量に応じています。
((((((((_Moment

 ラウンド中、疲労してくると
 クラブに近いトコロ・からだの部位、
 特に 左腕だけでテークアウェイを取ろう、
 クラブを動かそうとすることが増えます。

 そうなると フェースの開く量は増え
 閉じきれない、と言う状態になり易いです。
 
 ダウンスイング〜インパクトは 高速ですし、
 やらなければいけないコトが一杯ですから
 『閉じるコト』で解決するのではなく
 『開く量』を抑制、少なくする方が
 とりあえずの解決方法としては 良いと思います。」

YSさん「何処を気にすれば良いのですか❓」
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment

店長「ラウンドで✋ は難しいですが、
 普段の練習で クラブを(右打ち)右に倒す量を減らす、
 からだの幅の中 と言う意識は少々オーバーですが、
 背後にヘッドを行かせる量、
 クラブも倒す量を出来るだけ抑える、

 というのが有効だと思います。」