店長「ものすごく基本的なコト、なんですが、
 スイングを考える、造る、治そうとする理由って どんなコトです❓」

質問「やっぱり 飛距離が出ないとか、スライスを治したいとか、
 安定しない、再現性が低い、スコアが伸びない
 なんてところだと思いますが…。」

e968a0ac

店長「となると・・・
〇今の基礎体力、運動量がちゃんと ヘッドスピードに反映するコト
〇そのヘッドスピードが ちゃんと 距離に反映されるコト
〇同じクラブ、番手で 似たような距離、似たような方向、
 似たような弾道の距離の再現性が低くないコト、
〇繰り返すことが難しくないコト

 これらを満たせる クラブ扱いにしないとイケナイですね。」

質問「そう思います。
 やはり 手で振る「手打ち」は良くないのですか❓」


店長「一概には言い切れませんが、
 手で振る、フェースターン、ヘッドの返し は
 それソノモノも からだの回転で行うよりは
 小さな円弧 が急激な加速で行われますし、
 気付いていない人が多いですが、
 ヘッドを振る、シャフトを振る、クラブの角度運動が大きい
 は からだ、もしくは からだの一部が止まっていて
 クラブを振る 作用反作用によって
 『姿勢』もかなり大きく影響を受けるので
 上の三つの条件を同時に満たしていく、
 上の三つの条件を並行して進化させていくコト
 やさしくない、ので『そうですね』と言わざるを得ません。」

質問「それは分かっているんですが、
 どうしてもうまく移行出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「移行出来た方や移行しつつ有る方 と
 その壁にずっと突っかかっている方の違い は
 体力や年齢とは全く関係なく、
 また、スイングの技術的側面 とも関係が無い
 と言っても良いですね。」

質問「スイングの技術面では無いんですか。」

店長「はい、移行する壁 を乗り越えるのは
 発想の転換
 間違っていた思い込みに気付く など
 それも技術の一部 だとすると
 足らなかった技術を足し増す よりは
 束縛していた余計な思い込み』を捨てる、減らす
 の方が正解の場合が とても多いです。」

質問「例えば どんなコト ですか❓」

店長「基礎的なコトでも 幾つか あります。
 例えば…ですけれど
 グリップ、左右のグリップなんですが、
 左右のグリップって どちらが上だと思います❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
質問「右打ちの場合ですが、茵茱哀螢奪廖 ですか…。」

店長「アドレスに入ってしまうと そう思い易いですが、
 からだの目の前で クラブを握り、
 シャフト(クラブ)を立てた時 は 右が上 です。
 アドレスをする、かがんだ状態で ヘッドを地面に降ろすと
 言葉遊びのようですが、高さの位置関係では 右の方が下ですが、
 左右のグリップの関係は 変わらず 右の方が上なんです。
 単に 腕を降ろした、 もしくは
 スイングの場合、傾きのある状態で向きを変えた、
 からに過ぎません。」
IMG_0378

質問「たしかに…。」

店長「ですので 右打ちの場合 ですが、
 アドレス時  左が上、右が下、
 トップの位置 右が上、左が下、
 インパクト時 左が上、右が下、
 と なんだか左右のグリップが 上下に反転
 位置を入れ替えて、それを戻したように考えガチ ですが、
 実際には 二の腕が上がった、下がった、
 もしくは スイング動作において
 グリップの位置が高くなった、低くなった から
 『見た目』の高さがひっくり返った だけ で
 左右のグリップの関係は変わっていない のです。」
IMG_0799

質問「! なるほど。」

店長「左右のグリップの 高さ関係と言う話ですが、
 コレは クラブの 『グリップとヘッド』の関係と同じで

 アドレス〜テークアウェイ〜トップで
 ヘッドが低い/グリップが高い が反転して
 ヘッドが高い/グリップが低い
 トップからダウンスイング〜インパクトで
 ヘッドが高い/グリップが低い が反転して
 ヘッドが低い/グリップが高い と
 グリップとヘッドの上下反転が 2回行われる『のではなく
IMG_0838_Moment

 単に 二の腕 が少し上がって、下がった だけに過ぎません。
 そして その量も ほんの少し です。
 場合によっては 腕の上げ下げ が無くても
 傾きのある 向きの変更だけでも 同じことが行えます。」