YSさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜、お久しぶりです😄」

YSさん「今日はご相談が。。。
店長「あ、はい。
 まずは 打ってみましょう。

 なるほどー。

 スイング自体を 無機質 に解説すると
  切り返し から まずは からだが廻り、
 この場合は 脚、フットワークですね。
 まずは 踏み込んで
 そこから クラブを「丸く」振っている のですが、
 丸く振るコト によって
 本来の ヘッドの入ってくる軌道よりも
 見た目で言うと ボールの真後ろからやや外目
 から 入ってきているので
 ボールには右回転が入り易い と言えますね。
((スライスにさよならしよう_Moment

 一般論 ですけど
 ボールの横回転は そのヘッドの進入経路 に対し
 どの位 フェースが閉じているか、開いているか、
 その度合いで 量が決まります。」

YSさん「アウトサイドイン ってコトですか❓」

店長「まあ そうなんですけれど、
 ソコを気にしても 仕方ないんです。

 軌道とフェースの開閉具合 って
 追いかけっこのようなモノ なので
 追えば追うほど 逃げてしまいます。


 今のスイングを大きく変えず、
 イメージですが、軌道を同じのまま
 フェースの閉じを強くしようとすると
 インパクト、impact以降が
 今の軌道よりも もっと 内に切り込んでしまうので
 もっと フェースの閉じが必要になってしまう。

 かと言って 軌道をもっとインから‼ にしようとすると
 スイング中の フェースの開閉が大きい ので
 開いたまま 当たってしまう。

 前者は 左の引っかけ か 左へ出てのスライス
 後者は プッシュスライス になってしまいます。」

YSさん「ですよねぇ…。」

店長「軌道・・・の問題ですが

 今、通っている軌道自体は 特に問題が無いケースが
 非常に多いんです。
 単に クラブが長くなり過ぎる、長くなるのが速すぎる、
 円弧が大きくなり過ぎている のが原因で
 クラブ全体としての軌道は問題が無いんです。

 インサイドにする と言う意味は
 クラブの長さを抑える、
 円弧のもう少し内側、小さな円で入れる、
 と言う意味合いが強く、
 クラブ全体をもっと インから 内側から入れる、
 と言う意味では無いんです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)
 インサイドアウト、アウトサイドイン の問題の多くが、
 クラブ全体の移動経路、軌道では無く
 円弧の大きさの配分、タイミングによって
 造られてしまうことが非常に多いんです


 ソコを間違ってしまうと
 クラブ全体の軌道を変えるため
(もっとインから入れる)
 もっとフェースを開いて入れたり と
 問題が別なモノにすり替わる だけ で
 スライスの問題がより解決し辛い、複雑なモノ に
 なってしまうケースが非常に多いのです。



店長「どこまで突っ込んで考えるか、やるか によるんですけど
 幾つか 頭の中を整理… ほぐしていきましょう

 幸いにも YSさんは年齢の割(正確な年齢は分かりませんが…)
 腕を振る、腕を動かす筋力、能力は強い と思いますので
 ソコを主体に考えてみたいと思います。」

YSさん「はい…。」

店長「今の時点か、過去のどこか で
 ですけれど、手を使う、手で振る、特に、右腕を伸ばす
 そういうのを 遠慮している というか、
 ちょっと 躊躇しているように見えるんですね。
 理由までは分からないんですけど…。

 が故に ダウンスイング〜インパクト が
 スムースに加速しておらず 物切れ状態
 のように見えます。
 スピードが上手く乗ってない感じ です。」

YSさん「おっかなびっくり ってトコロです。」
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)((スライスにさよならしよう_Moment(5)








店長「ボールを打つ手順を少し入れ替えてみましょう。」