◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年12月


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
0f978f79
質問「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

質問「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

質問「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

質問「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォロー側の問題だけでなく
 右打ちの人の右向きも左向きも
 向く方の腕の上腕
✅右向きの時の右上腕
✅左向きの時の左上腕

  を上げて廻るドリルで
 十分な 右向き・左向きを感じて頂きたい。」

質問「はい。」

店長「ドリルとして、アプローチとして
 ゆっくりした動きや短い距離であれば
 右向きの方はそう難しくありませんが、
 左向きはかなり習慣付けて上げないと✋ですね。
0f978f79
 前述の通り、
 多くの方は 左サイドの止まり、左腋の締まり、
 これらを『インパクト』として掴んでしまっています。
 その大事だった『インパクト』を壊すことになりますので
 左向き、それを誘発する左上腕の開き、上がりは
 ものすごく忌避感が高い と思います。

 ボールから目を離さない
 ボールをよく見る意識

 自然と 左サイドの止まり に繋がり易いので
 ドリルや素振りであれば
 顔や視線を左に向ける というのも有効かもしれません。」

質問「なるほど😌」

店長「この左向き、左上腕の上がり は
 弾道の安定にもつながりますし、
 引っかけの多い方、フック癖の強い方の処方箋にもなります。

 フォローを大きく、
 フォローでは両手を伸ばす

 を強く意識している方は
 結果として、からだの止まりや左ひじの抜け などを
 誘発している可能性もあり、フォローが小さくなり、
 両手が伸びる瞬間が無くなってしまいます。
2023-12-28_23-05-1
 画像を比較して頂くと分かるかと思いますが、
 左向きがあり
 左上腕が上がる方が
 グリップの位置が体から遠くなり、
 より飛球線側になります。
2023-12-28_23-05-51
 遠心力などによって どちらも
 クラブ・シャフトが飛球線を向く「瞬間」は
 存在するのですが、
 おそらく、ですが 左向きがあり、左上腕が上がった方が
 より遅いタイミングでそれが訪れるので
 結果、としては より大きなフォローになるのだと思います。

 遠心力と言う言葉に沿うと
 からだ(左サイド)を止めて 左腋を締める のは
 遠心力に逆らう動きになります。

 ヘッドも含めた、ゴルフクラブの重さが
 遠心力で外にはらんでいく力を利用し
 ボールを打つ、ボールを打つ方向に
 そのエネルギーを無駄にしないのは
 しっかり 左向きの有る、左上腕の上がる、
 左腋の締まらない方法 ナノだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「万歳ドリルでは フォロー側はどうするんです❓」

店長「良い質問ですね。
スクリーンショット 2023-05-22 201012
 ゆっくりの練習、短めの距離で行って頂きたいんですが、
 テークアウェイの『右向きと右上腕』と同じように
 フォロー側の『左向きと左上腕』を意識して頂けると
 良いと思います。」

質問「左向きと左上腕ですね。」

店長「はい。

 かなり多くの方が インパクトからフォローに掛けて
 左脇なのか、左腋なのか わかりませんが
 締(し)める意識がとても強い
ように思えます。
0f978f79
 その結果、ちゃんと 左が向けない、
 からだが回せなくなってしまいますし、
 それによって クラブが急激にターンしてしまいます。
 まあ 急激にクラブターンさせるのが目的なんでしょうけど…。

 その 左サイドの締め が 左サイドの壁 であったり
 クラブターン、フェースターン、手の返し をする為の
 筋肉の記憶 で有ったりすると思うんですが、
 クラブターンは からだのターンに任せた方が楽ですし、
 ハンドターンに比べると そのターンも穏やかになりますので
 弾道の安定につながると思います。

 そもそも ボールをこする は ロフトの開きであったり、
 入射の緩さ であったり で
 フェースの開き 👉フェースの右向き ではないです。
 フェースの下向きは姿勢で作るモノであって
 それが 維持されるのは ヘッドが遅れるから で
 左サイドを締め ヘッドでグリップを追い越す は
 その正反対の作法 というコトになります。

 フェース、手を返す 〜ヘッドを回転させる の場合の
 つかまり❓ スライス防止効果 は
 それに伴う ロフトの閉じ に拠(よ)るのですが
 クラブのターンをカラダの向きに預けて置けば
 どの場面でもロフトの変化が圧倒的に少ない ですから
 格段に安定度は増します。
2021-12-06_22-21-54_Moment(5)2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 テークアウェイでの右上腕・右ひじを高くする と同じく
✅左上腕が上げる
✅左腋はあける

 左ひじは外、左手は中 と言う感じになると思います。


 お薦め出来ないスイングのイメージ って
 テークアウェイで 右打ちで 右にハンドル切って
 フォロー側で左にハンドルを切る
 両腕をロールさせるというか、回転させるイメージがある、
 と思うのですが、
R (1)
 この万歳ドリルでは
 実際に腕は多く作業しないので
 あくまでもイメージだと思いますけど
 テークアウェイでは 左にハンドルを切る、
 フォロー側では 右にハンドルを切るような
 感じになるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「例えば…ですけれど
 アドレスから テークアウェイ、トップ、
 ダウンスイング無しに ボールを打つ、
 打つというほど強くはないですけど
 3m転がすとしたら どうします❓
南雲20230319 - frame at 0m14s
 こうやって ヘッドを送ろうとしますよね❓」

Nさん「え? 違うんです❓」

店長「ヘッドの移動は からだの向きが『変わる』から で
 アドレスから ヘッドを出す って
 腕を伸ばす 手さばきソノモノ になっちゃいますよね⁈」

Nさん「…そう言われれば…。」
スクリーンショット 2023-05-22 200858
店長「インパクトから先、フォロー、フィニッシュにいくのは
 アドレスのその状態で、ヘッドやクラブはソコに置いておく「つもり」で
 からだを左に向ける。
 お腹や胸を飛球線の方に向ける。

 ココでの注意点は
 左グリップ、左腕、
 意識としては 特に左上腕、左ひじの
 高さをしっかり取るコト。
 あたかも 万歳するように です。

 からだを止めて 手で振る、
 意図的に フォローで両手、もしくは右手を飛球線の方に
 伸ばして行こうとすると
 左グリップの移動、左右の横移動だけでなく
 左グリップの縦移動、上下移動も止まります。
 😶😶ヘッドを出そうとするから当然言えば当然ですが。

 グリップの高さが下がって来たのに
 その流れで 上がっていくのが自然なのですが、
 ソコで止まってしまうと
 ヘッドは 跳ね上がります。
 フェースの回転も入りますから
 フェースの左右の向き、フェースの上下の向きロフト、
 ヘッドの高さ の変化も激しくなります。

 ヘッド姿勢、フェースターンのタイミング、その強さ
 によって 最下点もズレやすくなりますから
 トップやダフリ、シャンクなどの大きな要因になると思います。

 動いているモノを 強くない腕、左腕で止めて支えますから
 腕そのものや肘や手首の負担大きくなります。
 最近では 首を傷める人も少なくありません。

 インパクトから左を向いて 左上腕を上げる、
 意識としてはヘッドは送らない。
 あきひこ先生がやっているように
 前の壁やネットにクラブを振れさせず、
 壁に沿って 上昇させる感じ します。
 やってみないと実感は出来ないかも知れませんが、
 自分がそれをする。
 スピードが乗れば 遠心力などの不可抗力がかかるので
 自分の意志の有る動作にプラスアルファで
 フォローで両腕が伸びる とか
 クラブやヘッドが飛球線の方向に出るのと
 自分のコントロールで そうするのと全然違う というか、
 もしかすると それがからだの回転と手打ちの
 一番大きな違いなのかも知れません。

 動作としての『つかまえる』は
 その左向きと左上腕の上げ とも言われています😌😌
スクリーンショット 2023-05-22 201012
その左腕の逃げ がないと
右腕を使いたくても 前がツカエマス。

その左向きと左腕の上げ/逃げ は
ダウンスイングの動きwを作りますし、
テークアウェイの元になると思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 〇マレットにしては かなり小振りな感じ です。
 〇すごく テークアウェイ取り易い と思います。

IMG_1224
IMG_1228
IMG_1226
IMG_1222
IMG_1225
IMG_1219
IMG_1220
IMG_1208
IMG_1218
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフ練習場で 長くたくさんボールを打ってくると
 ボールを強く叩く感じと
 右打ちの人で言うと 右腕、利き腕の曲げ伸ばし
 右手で叩く感じって つながって来ちゃうと思うんですね。」
スクリーンショット 2023-12-24 225456
質問「ですねぇ…。」

店長「やり過ぎると リキミ になっちゃいますけど
 力む一歩手前 みたいな ところに
 スイングの落としどころを造るコトが少なくない😌
 と思うんですね。

 強く振る は イコール 速く振る ではないんですが、
 ボールを打つ、ボールに当てますから
 先端部の ヘッドを速く動かすのは
 右腕の曲げ伸ばしとリンクし易いんですが、
 それによって 腕も含めたクラブの長さ変化が
 激しくなっちゃうんですね。

 テークアウェイで クラブを強く反転しちゃうと
 フェースが開いたり…
 逆に 伸ばしていくと 腕もクラブも一気に
 長くなっちゃいますから
 より開いたりすることになります。

(0m22当然、フェースターンが絡んできちゃうんですが、
フェースターンが絡むと
短くなる時は 掛け算で短くなって
長くなる時、リリースする時は
 掛け算で長くなっちゃいますから
 そのさまが 一定に成り辛い、 弾道が安定し辛い。

 実はコレって アマチュアの球が安定しない
 大きな要素だと思うんですね。」

質問「はい。」

店長「腕も曲げず、クラブも短くせず
 長いまんま 振るのは クラブが重くなり過ぎて
 辛いですけれど  クラブの長さ は
 トップの位置で出来る長さが基準になる、
 と考えて良いと思います。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 意識は藺Δ痢,芭匹い隼廚Δ鵑任垢韻
 本当に 藺Δらスタートしちゃうと
 ボールのところまでたどり着くまでに
 ヘッドが落っこちちゃう。
 クラブの重さも利用して グリップを進行させる、
 からだを廻すのに 腕やクラブが付いていき易くする、
 そういう位置で良いと思うんですね。

 腕やクラブは 回転による遠心力に
 自然な形で伸ばされる、
 伸ばされることは拒否しないんだけど
 その原動力はからだの向き としておくと
 腕の動きとからだの回転がリンクし易いですから
 腕やクラブの長さはトップの状態のまま
 みたいな意識で良いと思います。

 強く振る 👉速く振る は 速く周るコトなので
 からだの回転とつながりを切ってしまい易い
 腕の作業、手作業は出来るだけ省く方がベターです。

 ボールをつかまえるのは
 姿勢による 手さばきでは無い フェースの下向きで十分。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 軌道が安定し易く、
 フェースの操作が無い、
 飛ばすと安定を両立させる方法 だと思いますね。
 実は スライス防止の手立て にもなるんじゃないかな。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ライ角度を 71度から 70.5度  0.5度フラットに
〇スタンダード仕上げ を クロムサテン(銀)
  従来のアイアンなどのサテンよりも目の細かいサテン仕上げで
  今までよりも ちょっと 青白っぽい感じです。
IMG_0524IMG_0526IMG_0529

















◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 テフロンブラック(墨黒)
 カッパー(ピンク)
 ダークカッパー(チョコレート)は オプションになります。
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度⇒ 70.5度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「万歳ドリル の目的は
 手で振るコトを出来るだけからだの回転、
 結果、として 円が描かれるスイングの
 その動力源を 出来るだけからだの向きに任せよう、
 というコトなのですが。。。

 手で振るスイングのデメリットは
 円弧が小さくなる。。。のとは微妙にニュアンスが違うのですが、
 腕を使って円弧を描く場合、
 右打ちの人で言えば
 右腕(肘)が曲がる、たたまれる、短くなる ので
 クラブを反転させ、

 右腕(肘)を伸ばす、長くなる によって
 逆方向にクラブを反転(返し)させますから
 腕も含めたクラブの長さ変化が
 非常に急激になります。
Q2023918Q20239180




 特に問題なのは、加速や遠心力の加わった
 フォロー側 でして…。
 
 ヘッドが急上昇したり、急にインに切り込んだり
 これが 縦も、横も 回転数を増やしてしまい
 飛距離アップの妨げ になっています。

 縦の回転ほど 劇的ではないですが、
 横の回転も
〇500回転減らせば 5ヤード
〇1000回転減らせられれば 10ヤード

 そのエネルギーは距離になると考えて良いと思います。

 
 クラブを腕で反転させるスイングは
 1回の円で良いゴルフスイングに
 円を2回造っているのと同じですから
 理想的な状態で インパクトを迎えるのも難しいですし
 同じ球を繰り返すことも当然、難しくなります。

 ですので 今のヘッドスピードよりも
 5〜10% 数値として低くなったとしても
 回転数を抑えられれば 以前より飛ぶようになりますし、
 万歳ドリルで からだを廻すコトを掴めれば
 いずれ その方法でもヘッドスピードは上がります。

 クラブの反転が無くなる とは言い切れませんが、
 少なくなりますから ショットは安定し易い ですし、
 ドライバーであれば ボールが曲がり難くなる、
 曲がりの幅が抑えられる、
 逆球が出ない は より安心して振れるようになるので
 以前より ヘッドスピードが出せるようになる可能性があります。」

質問「!!!!!

店長「一般的な 『よ〜〜し 飛ばしてやる
 と腕まくりして ヘッドスピードを上げる
 ドラコントライ は
 単に 回転数を増やして 空回り するような
 縦の回転が 1000回転増えれば 20ヤード減。
 横回転が 1000回転増えれば 10ヤード減、

 両方、同時に起こったら 30ヤードも損するんです。
スクリーンショット 2023-04-23 202457
 ですので わざと 飛ばさないようにしているトライ、
 エンジン全開🚀 でも パラシュートも開きます、
 アクセルは踏むけど サイドブレーキも引く、

 と言っているのと同じ なんですね。

 ここが ゴルフの面白いトコロで
 脳筋で解決せずに 知識で闘える部分です。
 大人の飛ばし方 って奴ですね。

 故に 万歳ドリル で なんだか チカラ入れられない
 チカラで解決出来ない っていうのは
 もうそろそろ卒業してもいいんじゃないか
 という お年頃ってことなんですね😌」


 今、ちまたで シャロースイング というのが
 流行っているんですけれど
〇シャロー  〜緩やかな   その反意語で
〇スティープ  〜急激な
 立体的な円弧を緩やかにしてあげるコト によって
 飛距離を伸ばせるようになる だけでなく
 急激な 軌道変化やヘッド姿勢変化を防ぐコト
 によって 飛んで、曲がらないスイングを というコト、
 それを てさばき(手の返し)〜ローテーションスイング に
 組み込もうとしているから こんがらがっちゃうんですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「飛距離アップにつながるんですか❓ これが❓」


店長「はい。
 勿論、全員!ってわけじゃあないですけど
 かなり 効果的な方法になると思います。 
 話は少々長いですから 今日はそこまで辿り着かない…とは思いますが。

スクリーンショット 2023-05-08 003101
 お遊び感覚で よし!✊ドライバーの飛距離対決🌞
 って なったら どうします❓」

質問「一般的かもしれませんけれど
 速く振ろう🚀🚀 とすると思います。」・・・


店長「ですよね😌

 と同時に すごくよく飛んだ時の記憶 って
 意外と 軽く振っている
 七分とか、八分 みたいな思い出ってありません❓❓」

質問「あるある です。
 思いっきり✊ 速く振ろうとして
 ちゃんと飛んだ と言う記憶は殆どない😵ですね。」


店長「そうなりますよね。

 それは結構、科学的に証明されているんです。」

質問「😧 😧 😧」

店長「現在のドライバー、まあフェアウェイウッドとか
 アイアンなんかもそうなんですけれど
    (ボールの性能もあるとは思いますが…。)
 20年前、30年前のそれらと比べると
 非常に 少ない回転数でも「飛翔」するようになりました。

 一昔前 のドライバーであれば
 1000回転台の回転数では 失速してしまって
 飛ばなかったんですけれど
 今のドライバーとボールであれば
 1000回転はちょっと低すぎですが
 1500回転以上であれば 十分、ボールは空を飛びます。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
 昔は 2500回転位が理想 と言っていましたが、
 今では 2500回転では ちょっと多めに属する。。。
 可能性が高くなりました。」

質問「そうなんです❓」

店長「ですね。
 ドライバーの 回転数を2500回転 が良い、
 と言われていた(過去形)理由は
 ボールの曲がりは 縦の回転が分母、横の回転が分子 での
 実数によって決まってくるので
 あまりに 縦の回転を減らすと
 ボールの曲がりが出易い、隠せない というコトだと思います。

 でも、現代のドライバーとボールであれば
 昔ほど ボールに横回転が入らなくなったので
 もっと 縦回転を減らしても大丈夫 というコトなんだと思います。 


 なんだか ドライバーの飛びの話しになると
 多くの方が余りに関心が高い話題なので
 話が飛んでしまいそうですが、、、
 続けます。

 ヘッドスピード 36㎳以上 あれば
 回転数2000でも十分 ボールは浮かせられます。
中村2022612_Moment
 元々の球質にもよりますから
 全員に該当する訳じゃあ ないですけれど…

✋少し大雑把な数値になりますが、
 現在 2500回転を超すようなドライバーショットであれば
 余計な回転、特に縦回転の場合、
500回転 減らすことが出来れば 10ヤード
1000回転 減らすことが出来れば 20ヤード
 トータルの距離を増やすことも可能
です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「ヘッドスピードで換算すると
 10ヤード伸ばすのには 2㎳以上
 20ヤード伸ばすのには 5ms前後
 増やさないとイケナイ。

 遊びや練習場でやっている時は良いけれど
 疲労の伴うラウンドで ソレにトライするのは
 かなり無理があります。

 しかし、逆に 回転数を減らす のは
 体力としては 決して難しくない😌😌

 だから 例えば、ですが ヘッドスピードの数値を
 5〜10%落としたとしても  だいたいの場合、
 ヘッドスピードと回転は比例な関係にあるので
 回転数が 5〜10%落ちる、低くなる、
 より飛距離になり易い 数値におさまる ので
 飛距離は その方が伸びる と言う現象が発生します。

 まあ 勿論 回転数が多い、少し多い人 にのみ
 有効な話し なのですが、
 これには ものすごく多くの人が該当すると思います。
 ドライバーの平均回転数が 2500回転以下
 と言うゴルファーは 全体の15%以下じゃないですかね…。



 で、万歳ドリル…とのつながりなんですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分でやってみると こうはなりませんが、
 頭の中のイメージはこんな感じ・・・

 腕も曲げない、肘も曲げない、
 腕、特に右腕を出来るだけ上げ、
 下向きのフェースのまま、クラブは高くなるだけ。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 とりあえず ここが トップオブスイング です。

 無理に、ではないですけど
 右腕上腕を上げる と 右を向く
 を同時進行で行うと
 かなり 深い右向きが体感出来ます。
 自分自身のオリジナルのテークアウェイと比べ
 右腕の曲げ、右肘の曲げ での
 クラブの反転で 如何にからだの回転を奪っているか
 を感じられるのはとても良いと思います。


 えええええ こんなんじゃぁ 打てないよ。
 チカラも入らないよ。

  って思いますよね❓」

質問「はい。」

店長「それで正解です。

〇犯人はコイツ? - frame at 0mトップの位置 で
この位置で クラブを手放す と
位置もアレですが、当然、
クラブはボールよりもずっと手前に落っこちます。

 ちなみに…ですが、
 ヘッドに重さがあるから と言って
 ヘッドから先に落ちるコトはありません。
 離した時の姿勢のまま、地面に落ちます。
 ニュートン先生の教え です😌

 これでは ボールを打てませんので
 クラブを離して 落としたとしても
 ボールのトコロに行くように
 からだの向き〜回転で グリップを移動させて下さい。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s







 インパクトポイントは 単なる通過地点 ですので
 そこで止まるとか、待つとかは ありません。 
 ボールが当たるであろう ポイントを通過させる
 運動を持続させ続けるコトが重要です。

 自分が運動をして移動させられるのは
 接触している グリップ部 だけですので
 ヘッドの動きには意識的には関与してはイケマセン。

フェースが下向き
 ヘッドの重心がシャフトよりもボール側 にあると
 ヘッドの落ちるチカラが
 グリップを前に押すチカラに使えます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s
〇また ヘッドが落ちて行こうとするチカラ を
 利用して グリップを下げる のではなく
 その力を『グリップを上げる』に利用する意識だと
 より一層 グリップの進行がハカドリます。 


👉そうすると からだの回転は
 動作としても、クラブの動きとしても
 結果として、傍目には円運動に見えますが、
 グリップを移動させるコト、
 その移動速度と移動距離を稼いでいるコト

 が重要であって、
 これはクラブだけでなく、腕も角度運動させているのではなく
 『単に移動させているだけ』と感じる人もいるか と思います。
 
 ✋正解です

 このドリルは色々な面で勉強になると思います。

 そして これはドリルではなく、自分のスイングそのもの
 にすることも可能です。

 基本、からだの向き以外 大きな動きはありません。
 強く振る、強く叩く と言った 腕の感覚は
 非常に希薄だと思います。

 そして コレは意外…真反対に感じると思うんですが、
 ドライバーも含め、全体の飛距離アップにつながっていきます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮称を バンザイで‼ と言っているだけで
 腕を高く、たくさん上げることが目的ではなく
 ✋からだの向きをしっかり使いましょう
  左右、特に右の腕の付け根も移動させましょう
 ✋腕周りでのクラブの反転で からだの向きの
 仕事を奪ってしまうのは辞めましょう

 というコトなので
 腕を上げる量はあれば良い で構わないと思います。
 😧四十肩、五十肩防止にはドリルでは上げた方が良いかも😧

 右打ちの人の多くは右利きなので
 その右腕のたたみで 左手で押して
 クラブをヒョイッとあげてしまい

スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)からだの仕事を奪ってしまう例が多い、
安易なクラブの反転によって
その戻り 反転し直しが手打ちの要因
になってしまいますよ、
というのを再確認して頂きたい と言う意図です。

 スイングを修正、改善する場合、
 切り返し以降、ダウンスイングやインパクト、フォロー辺りは
 何か変えようと思っても ボールに当てる為、
 ボールを打つ為、からだを守る為、
 必然 や 反射 で行っている行動が多く、
 動作速度も速いですから 治すことは非常に困難ですし、
 再現性、反復性が乏しい。

 グリップやポスチャア、アドレスの向き、ボールの位置、
 などの修正のし易い 静止状態、
 運動の準備としてのテークアウェイを修善していく
 というのが 最も現実的な改造 です。」

質問「なるほど。」

店長「右打ちの場合ですが、右ひじを曲げる場合
 肘を下に向け タテに曲げる(腕相撲のスタート状態)には
✅左腕と右腕の移動量、
✅左腕の付け根(肩)と右腕の付け根(肩)の移動量

 に差が出来ます。
スナップショット 6 (2011-10-23 0-04)スナップショット 1 (2012-10-02 13-54)





 左手の方がたくさん動かないと
 右手の方がどこかで止まらないと縦に曲げられません。
 それは 左右の腕の付け根(肩)の移動量に繋がります。

 からだの向きは 正しく周れた場合、
 当然ですが、肩、左右の腕の付け根の移動量は
 等しくなる筈ですが、
 右の肘を縦に曲げる・たたんでしまうと
 それは からだの回転を邪魔してしまいます。

 故に 肘は曲げないでバンザイ、
 からだの向きだけで
 を優先すると
スナップショット 1 (2012-11-16 10-40)
 必要最低限の 右ひじの曲がり方 が身に付く、
 右腕を曲げない位の感じが 右腕の感じ です。

 テークアウェイ、トップの位置での
 感覚としての フェースの下向き(シャット)
 を からだの姿勢で作る、
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 それも 左右の腕の移動量、
 左右の腕の付け根の移動量が揃っていないと
 維持出来ません。 ソレも大事です。

 右腕の曲げないでバンザイ
 右腕上腕のバンザイと右向きがリンクする
 かなり 右腕の付け根を上方め ⇗
 に動かさないと出来ません。
 右ひじを曲げてクラブを反転…タイプの方は
 右腕の付け根が斜め上方に動かず
 左肩ばかりが動いてしまうので
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s
 結果として 左サイドが高くなり
 右サイドにかぶるようになってしまいます。

 両腕共にまげず 万歳で右を向く、
 右腕上腕をからだの回転とリンクさせて下さい✋
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 ヒトによっては コレがそのままスイング・ショット
 に出来る場合が有ると思います。
 少なくとも アプローチ程度の速度、
 スイング強度であれば コレで打つコトは可能です。

 腕は、特に上腕ですが、高くするだけ。
 それによって クラブも上にスライド、高くなりますが、
 肘から先はほとんど何も使わない、何もしない、
 そういう準備でないと 結果、手で振るコトになります。

 スイング全般において 手イタズラの多いタイプの方 には
 とても良いドリル、練習になりますし、
 からだの向きは ここまで多い😧
 右サイドがこんなに移動する😧 と感じられるのは
 とても役に立つと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このドリルでは
 テークアウェイの右向き(右打ちの場合)の感じ
 が掴み易いと思います。

〇左腕でクラブを送る/押す
〇右ひじの曲げでクラブを反転させる

〇犯人はコイツ? - frame at 0m(0m34s






 は 思っている以上に
 からだの回転を「盗ってしまう」「奪ってしまう」
 というのが掴めると良いですね

 特に 左腕ではなく
 右腕上腕を上げる、バンザイする感覚は
 結構、きっちりとした 右向き感覚を養いま
す。」

質問「以前のテークアウェイでは 背中、
 主に左側の『背中の張り』が回転の目安 でしたが、
 こうすると 辛い箇所は 右のお尻や股関節廻り に
 なりますね。」


店長「正解です。

 廻っている箇所と廻っていない箇所の境目が
 どこか というコトなんだと思います。

 腕を上げない として
 姿勢で造った やや下向きのフェース
 それが 全体として高くなったのが
 トップ と考えて良いと思います。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 意識をしていなくても 動画や写真を取れば
 必要十分 右肘は曲がっています
 意識としては 伸ばしたまま。。。だとしても、です。

 腕さばきで作ってしまう
 気付いていない シャフトの振り〜ヘッドの振り
 クラブの反転、 多くは縦っぽいの振り ですね。
 これが後々…ダウンスイング以降、
 クラブを振るコトにつながって来ます

 トップの位置に行くのに
 腕、特に右腕上腕 があがれば
 クラブ全体が 高さ、この場合は上方にですが、
 スライドして高くなれば 打つのに十分 で
 俗にいうコッキングやトゥ方向に角度運動をする必要は
 ありません。

 インパクトの通過をズリズリ
 を少し立体で行う そういうイメージになると思います。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m
3







 本当に落としちゃう訳じゃないですけど
 トップの位置で クラブを落としちゃうと
 ボールの位置に行き着かない。
 が故に からだの向きを変え
 グリップの位置を『移動させ
 イメージですけれど クラブが落っこちても
 ボールを拾っていけるようにしてあげる、
 そういう感じです。

 アプローチ程度の運動速度なら
 このまま 打つコトが可能と思います。

 
 速い速度で動作をする場合、
 トップの位置で クラブが重くなるような姿勢
 長くなっているような状態だと
 ヘッドが落ちてしまって
 インパクト付近の ズリズリがし辛くなりますよね。」

質問「ですね。」

店長「グリップの上にヘッドがあるような、
 アバウトで良いですけれど
 重さでグリップが移動されやすいような姿勢に
 なっていれば より次の動きがスムースになる。
 そんなところに来てくれればいいでしょうね。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 イメージはあくまでも
 地面とシャフトは 平行な感じで
 フェースは下向きのまま

 そのまんま 高さが加わっただけで
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m






 そこに クラブの反転を入れちゃうと
 ダウンスイング以降 時間のつじつまが合わなくなります。

 また その運動によって起こる
 重さや不可抗力の方向は複雑で
 それを処理するのに たくさんの補正が必要になります。
 クラブの機能が悪い方向に働いてしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋弊社取り扱い品であれば
SYB EZ-05 〜ドライバー
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n












SYB EZ-915 〜フェアウェイウッド・ユーティリティ
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n













  をお使いのお客さま江
 

  また、他社製品のモノであっても 同じだと思います。

✅ロフト角度やライ角度、フェース角度などを調整する治具
IMG_1168
付属のレンチが付いていると思いますが、
調整し終わり、固定する時、
その 治具によって ヘッド側のネジを締めます。

✋このレンチには トルクレンチ機能を付いており
ネジを締め付ける場合、ある一定のチカラ以上が掛かると
空回りするようになっています。


ですので 思いっきり締めて下さい✊』


初めてでは かなり怖い位、
壊れちゃう?位の強さで締めて下さい。
トルクレンチ機構が働きますので大丈夫です。

『かなり強い力』です。 
 ビックリするほど締めます。
EZ055
トルクレンチ機構が働く前の状態で
使ってしまいますと 緩んでしまい、
外れてしまう可能性があります。


 ✋一度、ご確認下さい。






【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい
 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください
 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「利き腕のリリース
 右打ちの人であれば 右手の曲げ伸ばしによる
 クラブの振り、シャフトの振り というのが
 かなりの確率 犯人の可能性があるので・・・
 そこの部分をチェックしてみましょう。


 ゴルファーのかなり多くの方が
 テークアウェイ、トップにおいて
 からだの向き とか ではなく、
 ここの箇所からの『クラブの反転』によって
 スイングを構築してしまっています。
(0m12s(0m33s







 準備としての テークアウェイにおいて
 単純に 『腕の作業なし』 で 右を向けば
 地面と平行位 の位置で フェースはやや下を向き
 アドレス時の自分の向き、クラブを向きを12時 とすると
 クラブは 3時とか、4時を向く形 になります。

 手で振ってしまう、
 からだの回転が有効に使えない方 の場合、
 そこから クラブを反転させる動き、
 からだの向き「だけ」であれば 3時を向いている筈のクラブが
Q2023918
 右打ちの人の場合であれば
 右打ちのたたみ や
 左腕、左肩の送り込み によって
 クラブが反転して 9時を指してしまいます。
(0m2s
 このクラブの反転、
 主に 腕作業による 腕の反転
 これが 多くの人の 打撃のエンジンになっています。

 これを 縦方向にする人もいれば
 スイング軌道に沿って 斜めにする人もいれば
 地面と平行に ヨコにする人もいます。

 スイング動作の中で
 この クラブの反転 は
(0m22s(0m22






 さも スイング軌道に沿っているように『見えます』し
 実行する本人にとっては
 利き腕が強く関与していますので
 タイミングも取り易く、覚えも良いでしょう。
 また 強く振る、強く叩く感覚ともマッチしますので
 多くの場合、スイングの完成形は
 このエンジンをメインにしているように思えます。
(0m33s(0m34s







 このクラブの 腕さばきによる反転は
 ロフトもヘッドの向きを大きく開くコト になるので
 マッチポンプ ではあるのですが、
 後々 フェースを回転、手を返すのには
 つながりのある 一貫した動きになりますので
 より定着し易いのでしょう。


 ✋そこで ドリルとして やって頂きたいのは
 からだの向きで右向きを造って頂きます。

2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
,海虜檗フェースがやや下向きになるよう
 手さばきで 無理に調整するのではなく
 右打ちの人であれば 右サイドが上がる、
 左サイドを『下げる』ではないですが、
 右サイドが高くなるような『姿勢』で
 フェースの下向きを造って下さい。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
⊆,法[省の腕をバンザイのような意識で
 上げて頂きます。
 右打ちの人の場合 右腕・右ひじ
 左打ちの人の場合 左腕・左ひじ は
 自然に曲がってしまうのは仕方がありませんが、
 意識としては 突っ張らない程度に 伸ばしたまま

 クラブを反転させず
 始めのクラブの姿勢のまま  〜の意識で
 クラブ自体を高くしてください。
 イメージとしては 両腕をバンザイしても
 フェースはまだ下向き、地面向きのまま です。

この二つの動作を 順々に、別々にするのではなく
 出来るだけ 同時に行います。
 自分にとっての 右向きの限界のところが
 腕のバンザイの終わりのトコロ と言うタイミング

 バンザイの意識は
 右打ちの人の場合 右腕・右上腕・右ひじの高さ です。



 おそらく ですが、
 これをしてみると
 今までの自分が 十分な右向きをしていないコト
 腕を使った クラブの反転で
 からだの向きの仕事、役割を奪ってしまっているコト
 を感じられると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


👉ユーティリティ・チッパーご使用の3人の方の感想です

 ロフト選択は 30.34.38.42度
 38.42度が多くなりそうです。
H370_lineup

 長さは
〇ユーティリティとしても使えます
〇パター感覚のアプローチショットで使う

 などを考慮し 35.5〜37.5in から選択。

 パターと同じ 33.34in では
 ライ角度の問題からお薦めではありません。

 また 立って構えられたほうが緊張感が出にくく
 良いのでは…と思います。

✋思ったより 転がらない〜止まってしまう そうなので
 距離感は 少し練習で掴んで頂いた方が良さそうです。



.蹈侫42度 長さ36.5in

 元々 グリーン周りのアプローチが得意ではないそうで、
 ロフト42度の UTチッパーを造りました。

 ランニングアプローチのイメージ だったそうですが、
 思ったより「止まってしまう」そうです。

 スピンが効く とかではないそうですが、
 パター(ブリストルパター)に近い距離感だそうです。

 距離感に慣れると 非常に便利だ、そうで
 この10年のベストスコア更新✊出来たそうです。

 ユーティリティとしては使わなかったそうです。


▲蹈侫38度 長さ37in

 まさに ユーティリティ・チッパーとして
 両刀使いを考慮して 作りました。

 ユーティリティとしては
 アイアンで言うと 6〜7番アイアンの距離を
 かなりのハイボールで打てるそうです。
 😬始めは テンプラ かと思ったそうです。

 👉アイアンの出番がなくなってしまう…とのコト。

 チッパーとしては やはりグリーン周りのランニングを
 主体に使われたそうです。
 前の方,汎韻犬 思ったより「止まってしまう」
 そうなので、始めは距離感が掴めず ショート気味でしたが
 2ラウンド目から 距離感にも慣れ、

 パター感覚で使うと ミスはかなり出にくい とのコト。

 使用前は「転がして…」と言うイメージだったそうですが
 意外に アプローチショットらしい そうです。


 あごの無い バンカーからも使用。
 ケースによるそうですが、サンドウエッジより楽✊
2388c2a5

➂ロフト42度 長さ37in

 ホームコースのグリーン周りに薄い芝の場所が多く
 ソコからのアプローチに悩まされていたようで
 やはり グリーン周り対策に製作。

 上の方々と同じく 思ったより「行かない」
 距離感が掴めれば 大変、便利。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


女子プロが使っている、などで話題、
 番手の大きな ➅番〜ロフト27度位や 番〜ロフト30度位
 のユーティリティクラブも登場してきています。 
IMG_0038

フェアウェイウッドであれば
 番〜25度位 や 機種によっては 番〜28度位
 のモノもあり、お好み によって
 穴のあく距離やお好みによって 選ぶことが出来ます。

アイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド
 この どれを使うべき❓ 使った方が良い❓
 かは 困ったことに、楽しいことに
 その方、その方の 弾道質やヘッドスピードによって異なり、
 アイアン、UT、FW の順に
〇打ち出しの「角度が低め」、スピンが多め、
〇その中間
〇打ち出しの「角度が高め」、スピンが少な目、

 になります。 
 その弾道質の違い、
 使われるヘッドの性質の違い、がありますので
 アイアンの何番相当が UTの何番相当、FWの何番相当、
 も 使われる方によって異なります。

クラフトマンの立場からのアドバイス ですが、
 女性やシニアになると アイアンで高さを取る、
 ボールが止まってくれるような高さを取るのが苦しくなる ので
 UT や FW を頼りにするようになるのですが、
 UT であっても FW であっても
 多くの機種は 隣同士の番手のロフトピッチ(差)は
 3度と詰まっていますので
 市販モデルの 半インチ違い では
 例えば、ですが、横並びのモノを 3本入れた場合
 それぞれの距離の違いがはっきりし難くなりますので
 入れる本数や番手構成にもよりますが、
 長さピッチを 5/8インチ や 3/4インチなど
 距離差がハッキリ出るモノにした方が良いと思います。

 長ければ飛ぶ なんてことは決してありませんが、
 ボールを浮かし難くなる ロフトの少ないモノは
 やや長め…使い難くならない程度に長め
 の方が 結果として 距離を稼ぎやすくなります。

IMG_0784

ロフト構成、本数と長さのピッチ
 はアイアンにも言えるコトですが、
上の番手は 望む距離を打てそうにないから… など
本数を少なくしたい や ハーフセットにしたい
場合なども 何処の番手を基準にするかによりますが、
上はやや長め にする、とか
ウエッジは短め にする など
実は 番手間のピッチ は 半インチではなく
3/4インチはちょっとやり過ぎですが、
5/8インチ(半インチは4/8)ピッチ するとか
センチ単位にするとか 工夫をするコトも可能です。


✋番手ごとの距離差が出にくい女性などには
とても 好評なクラブアレンジです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを持った自分が
 クラブ単体を振らず、向きを変えれば
 当たり前ですが、フェースやロフトは開いたり、
 閉じたりは殆ど行われません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s






 ところが 右打ちの人の場合、多くの場合の利き手
 である 右腕の曲げ伸ばしを使っての クラブの振り、
 円の描き には 必ず フェース/ロフトの開閉が
 付いてきてしまいます。 特にダウンスイング👿

 ほぼ 全く要らない フェース/ロフトの開閉
 そのクラブのロフト通り、
 スライスもしないように打つのには
 相当の『訓練』が必要になるのは想像が難しくありません。
 ‥‥本当は要らないモノなのにね…😌

 右腕の曲げ伸ばしでの クラブの振り は
 当然、からだの回転の役割を奪ってしまいますし、
 この場合での からだの回転は 余計な仕事になってしまったり、
 右腕の伸ばし、打撃方向へのクラブのリリースのきっかけ
 であったり、リリースする為のポジション確保であったり、
 本来のからだの回転の役割とは かなり異なる仕事になってしまいます。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m





 
 動作としては 左腕の押しでテークアウェイを取るのですが、
 右腕の曲げ伸ばしが ヘッドの円描き 
 と強く結びついてしまうと
 ヘッド、クラブ、場合によってはグリップまでも
 からだの正面から外れ、
 からだの右にズレてしまいます。
Q2023918
 ココから 振りだしてしまえば
 クラブの遅れ、ヘッドの遅れは イコール
 フェースの開き、ロフトの開き になってしまうので
 ヘッドの遅れ は スライスと同じように
 悪者になってしまう場合も大変多いです。

 ダウンスイング以降、
 からだは左を向いていく動きになりますから
 一番遠くにある クラブヘッドは一番最後尾 になります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 ガッツリと開いて上げてしまっていますから
 このまま では ソールがボールに有ってしまう位
 より一層開くことになるので フェースを閉じる、
 寝ているフェースを起こす必要があります。

 当然、ショットは 望むのであれば
 200メートル近く、それ以上 ボールを飛ばしたい、
 その時の ヘッドスピードは時速にすると 130繊140
 を越える訳ですから スイングやクラブの構造上、
 ヘッドレイト(グリップファースト)〜ヘッドの遅れ
 は 起こって然るべきモノなのですが
 それすらも ヘッドがグリップを追い越す
 という 物理法則を超越した打法が必要になる訳です。

 飛ばそうとすれば 開きますから スライス、
 スライスさせないようにすると 引っかけフック、
 飛ばすをあきらめるか、
 真っ直ぐイカセルをあきらめるか、
 多くの人が悩み続けていると思います。
会田20210701_Moment(2)
 多くのゴルファーに触れてきた経験から
 だいたいの方が 右打ちの場合ですが
 目標よりも やや 右にアドレスの向きを造り、
 微妙に引っかけ気味に振る と言うトコロに落ち着きます。

 グリップは何が良い とかではなく
 テークアウェイで 右腕の曲げで クラブを振れる、
 ヘッドで円を描ける方法が楽に出来る
 フックグリップに落ち着きます。
 😧当然、左右のグリップは離れます。


 そのどこかの妥協点・落ち着きどころを見つける が
 ごくごく信じられている スイングの上達 です。


 たった一つの
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違いから
 それを修正する為の どんどん本来、必要の無い
 難しい技を加えていきます。
 どんどん 本来の姿から離れていき
 余計なモノ、要らないモノばかりが付いて来ます。


 かなりの練習量、練習頻度に加え
 日々のメインテナンスも必要でしょうし、
 運動性能、運動感覚の落ちる 年齢では
 どんどん困難になるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「いろんな人が色んな経緯や理由で
 ゴルフをスタートするから 全員がこう✊なんてことは
 当然 無いんだけれど
 ゴルフって 一人で始めて、一人で進められるし、
 止まったボールを打つモノで
 練習するトコロも結構、存在する。」

質問「そうですね」

店長「故に 始めから手取り足取り教わったり するより
 見よう見真似で 練習場に行く ってのが
 多いと思うんですよね。」

質問「良いトコロ 友達とか、先輩にアドバイスされながら
 って感じですかね。」


店長「だと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 で、止まっているボールを打つのに
 思っている程 上手く行かない…
 で 雑誌を見たり、動画を見たり、
 今だと ネット環境がポケットの中にあって持ち歩ける訳で…。」

質問「ですね。」 

店長「で どうやら クラブは円を描くらしい。。。
 からだも回転させるらしい。。。

 そういうのを 見よう見真似で進めていくと
 どうしても 器用で、チカラの強い 右腕・右手で
 クラブを動かすのを覚えちゃう。

 こんな感じにね。」

質問「正にそうです。」

店長「コレ 意外なんですけど
 チカラの無い女性は こう振らないで始まるコトが多いんですね。
 
 男性がこう振って、スイングを覚えちゃうのは
 手で振っても そこそこ 強く振れる、強く打てる からで
 女性だと 手だけだと 強く振るコトが出来ないので
 からだの回転に依存するケースが多いんですね。

 手で、腕で振るのが悪いとは思わないですけど、
 年齢が行ってくると 腕力ってかなり落ちますし、
 腕とか手って 持久力が無いので 結構、持たない。
 強く振れなくなってくる。

 クラブを丸く振る
 それの一番の欠点は
 絵を見て貰うと分かると思うんですけど
 テークアウェイ、で
 かなり 大胆に フェースやロフトが開いちゃうコト。
〇犯人はコイツ? - frame at 0m20s〇犯人はコイツ? - frame at 0m21〇犯人はコイツ? - frame at 0m






 ま、結果としては わざとやってるんですけどね😵

 で このまま打ったら どスライス、
 ハイボールスライス + こすり球 になるので
 それの対策が必要になる。

 悪く言えば 始めの一歩の部分で
 悪い扱い(手振り)のロブショットからゴルフをスタートしている ので
 難易度高いわけなんですよ。」

質問「😧 😧 😧」

店長「が故に がっつり開いたフェースを閉じない と
 スライスが消えない

 そして そのフェースターンが
 手で振るコトを決定付けてしまうんですけど
 スライスが出無くなるコト イコール 上達
 って思っているから ずんずん邁進する訳ですね。」

質問「😧 😧 😧」

店長「スライス(右回転)は球筋のヒトツ なので
 悪者にするのは 可哀そう です。

 初期の段階で 問題なのは
 ロフト(フェース)が開いてしまったいるコト で
 自分で わざと 開いて『上げてしまっているコト』
 コレを解決しないで 進んでいるコトなんですね。

 クラブがターンする 👉 円を描く のは
 それを持った 自分が向きを変える から であって
 それを 全部 右腕の曲げ伸ばし で処理していては
 その仕事をカラダの向きに移譲出来ない、
 一方を無くし、一方に預けないと
 そのまんまで からだの回転を有効には出来ません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ズリズリドリル で気持ちよくなったところで
 これを ショットを結び付けていきたい ですね。

 ショットの醍醐味は飛距離 なんですけれど
 コレは ヘッドを速く動かすコト なんですが、
 ヘッドソノモノを速く動かそうとすると
 からだの回転は鈍ります。
202312110m52s202312110m53s






 ヘッドを速く動かそうとする は
 イコール 速く周る、早く向きを変える
 からだの回転速度 如何ですので
 スイングの基礎は
 如何に 速く周れるよう、早く向きを変えられるよう
 腕やクラブなどの長物をどうするか
 だと思います。

 スイング 速く周れなくなる動き
 右打ちの人であれば 直ぐに左を向けなくなる要素 は
 概ね ほとんど よろしくない動き
 と考えて良いと思います。
202252_Moment
 多くのスイングで言われる動きが
 からだの向きを速く変えさせない
 向きを変える事よりも それを中座して
 途中に何かをする寄り道の動きがとても多いです。
 飛距離に悩んでいる人ほど
 その スイングの途中に、特にダウンスイングに
 回転を阻害する何かのアクションをしたがりますが、
 あまり良い方法とは言えませんし、
 現実的では無い と目覚めた方が良いと思います。

 以前も言いましたが
 ダウンスイングは スイングを区切るのに
 使われる 時間帯 を示す言葉で
 何かのアクションを指す言葉では無く、
 からだの回転以外、
 ダウンスイングと言うアクションを
 入れるのは 回転速度の低下につながり易い、
 悪手が非常に多いです。

.好ぅ鵐阿鮨焚修気擦襦,
 自分の体力や年齢、運動性能で
 出来る限り 速く、早く 廻るコト。
 その出来る限りは 継続して
 繰り返せる範囲で✋ です。

△らだの回す 目的は
 グリップを移動させることです。
 自分のからだの向きの変更で
 どう グリップが移動しているのか
 どう グリップを移動させたいのか
 速く周れない要素を避け
 それを見つめ直す。

それらを行った時、スライスやフック
 自分の望んでいないショットやミスが出る、
 のであれば 動作の途中では無く
 そのスタートにあたる トップでのクラブと自分の関係、
 クラブの姿勢など
 出来得る限り 静の状態 を疑うべきで
 動作の途中・動の状態でどうにかする、なんてのは
 本当は 夢物語に過ぎないのですから。


 からだを廻すと 腕やクラブには遠心力や
 運動により重さの加算が起こります。
 自分のイメージの中では
 トップの位置で クラブと腕、
 特に肘から先はロックしますが、
 それらの不可抗力によって
 大きくは腕が、腕の付け根である肩から
 離されようとしますので
 結果、として 腕が伸ばされる形になります。
 それを拒否しない程度で
 腕を伸ばすのはソレにやらせれば良いのです。

 腕を強く、速く伸ばしたい …のなら
 速く周って より遠心力をグリップに掛ければ
 良いので、(良い不可抗力を作る)
 自分の意志で 強く、速く 腕を伸ばそうとすると
 結果、からだの回転を遅くするコトになります。

 例えば スライスを是正する際、
 ズリズリ遊びでは 動かすグリップの軌道
 に対しての ヘッド、フェースの向き ですので
 動かし始めてから 動の修正 ではなく、
 動かし始める前の 静の修正 です。
 ヘッドの上下、縦の入射角度に対しても同じです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
 トップも含め、アドレスやボールの位置、
 グリップの見直し、静の状態の修正、それを実現し
 自分に刷り込んでいく方が 圧倒的に現実的で
 スピードの速い、短時間でのアクションの修正は
 本当に自分に実現可能か、
 継続、繰り返せることが出来るのか、
 本当に自分に刷り込ませることが出来るのか、
 よく考えた方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングにおける からだの回転って
 上下の高さ移動、左右の位置移動の上に
 クラブって言う 偏重、歪なモノでの打撃、
 顔や視線を含めた 向きの移動があるので
 時間の伴う 非常に3次元、4次元の動きで・・・

 正直、頭で把握できる キャパシティオーバー気味なのは
 ちょっと否めないと思うんですね。」

質問「あります…。」

店長「ですので クラブを持ったまま
 ひと塊のからだごと サイドステップしている
 それの高速版だと思って良いと思うんです。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m522023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s







 クラブを横移動、横に振れって意味じゃアないですけど
 その場に立ったまま 最大に、最速で動かせる
 数少ない…? 唯一の方法だと思うんですね。 

 向きを変える から
 結果…としては 円に動かしているように見えますが、
 動かす本人が ヘッドを円に動かそう( ^ω^)・・・
 ヘッドで円を描くのはダメ✋ という
 罠の仕掛けられたゲームみたいなモノなんですけどね😌

 それの際たる例が 遠心力 だと思います。

 通常のショット であれば
 出来るだけ 長い距離を
 出来るだけ 短い時間で
 クラブを持った からだごと 向きを変えて
 グリップを移動させる🤩
 
 『ヘッド』ではなくね😌

 グリップの移動距離を稼いでいるのがスイングで、
 それが『なんとな〜くでも』把握出来れば
 通常のショットも、アプローチもかなり良くなる筈です。


 これの 一番の実行し難い部分は
 ボールを当てる、打撃部分のヘッド、
 言い換えれば 重さのかたまり ですよね、
 ココの部分を 両脚 という
 ヘッドやクラブから 距離の離れた部分で動かすので
 意識として リンクがし難い と言う点です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s









 クラブを単体で動かさず、腕もほぼロック状態であまり使わない、
 からだごと、厳密には股関節がその境目になりますけど
 からだごと 動かしますから
 クラブや腕、ヘッドが多少、重くなったとしても
 分母が大きいですから あまり差が無くて
 ボールを打った、クラブを動かした、ボールが当たった、
 と言う実感が乏しいコトなんだともいます。

 ショットって 兎角、ミスが付きまとい
 シャンクしたり、てんぷらしたり、スライスしたり と
 意識がヘッド、フェースとボール って行き易くて
 そうなると クラブに近いトコロを動かしたくなる。
 その部分は器用ですからね😌

 スイング軌道なんかを考えると
 本当は どういう周り方をするか
 どういう周り方、クラブ単体では無いですけれど
 クラブの移動の仕方を考えて
 周り方を調整していくモノ な筈なんですけど
 兎角、器用な腕周りを使って ヘッドの通す道を造る、
 っていう ゴルフスイングの罠にはまっていく訳です。
202312110m52202312110m52s202312110m53s






 そうなると からだを先に動かして
 ポジションを作って そっから腕の曲げ伸ばしで振る、とか
 脚・腰を先に廻して、後から 肩を廻す って言う
 二重の回転 になったりするんですね。

 それは クラブやフェースの構造上、
 同じ球の出にくい、繰り返し難い方法の入り口 で
 そこには 明確な答えが無いスイング迷路なんです。」

  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転とスイングの『円軌道』って
 ゴルフスイングの永遠の課題というか
 一種、パラドックスだと思うんですけどね。
3
 理想的には ショットって
〇遠くに飛ばして
〇真っ直ぐ行って
〇出来るだけ繰り返せるように

 って 難題があるじゃないですか❓」

質問「ありますねー。」

店長「からだが『回転』して
 クラブも『回転』して
 フェース・ヘッドも『回転』って
 二つも三つも円があるじゃないですか❓」

質問「ありますねー。」

店長「で、打面であるフェース・ヘッドには
 ロフト角度、ライ角度、フェースアングルまである。

 半径の異なる『回転』を三つ組み合わせて
 同じ球を繰り返し、
 そして 遠くに飛ばす って
 相当、難易度高いと思うんですね。」

質問「はい…。」

店長「ハミングバードでは ヘッドって重さが有って
 遅れるモノなので それは放っておいて
 引きずるように使うと良いですよ
✊ って言っていますが、、、

 少なくとも 概念と言うか考え方として
 からだの回転 の役割を
 より遠くに✊ より真っ直ぐ✊ 繰り返し易い✋ 
 に都合よく 解釈しちゃった方が良い
と思うんですね。」

質問「お🤩 そんな考えが❓」

店長「はい。
 ハーフショット位の練習やアプローチで
 試してみると 結構、役に立つと思うんですけど
F5sjEuZbUAACM4a
 ゴルフショットって 少なくとも
 ある程度の強さというか、ボールを撫でるじゃ進まないですから
 ある程度の速度でクラブを動かして
 ボールを打たなきゃいけないじゃないですか❓」

質問「そうですね。」

店長「しかも 現場は平らじゃ無かったり、
 足元がぬかるんでいたり、滑り易かったりしますよね❓」

質問「ですねー。」

店長「アドレスの状態のまま、
 飛ばす方向に対しては 前後と言えば良いのか、
 自分のアドレスに対しては 左右と言えばよいのか、
 左右のステップして クラブを、ヘッドを
 ほぼ完全なスライドさせて打つ。
 円も描かない、ヘッド姿勢も変えない、
 からだごと カニのように横ステップして
 打っても 速度が上げられないですから
 飛ばない、飛ばせられない じゃないですか❓」

質問「良いトコロ 20〜30mってとこですかね…。」

店長「でしょうねー。

 かと言って クラブをスライドさせるよう
 走って来て ボールに当てるのも難しいですし
 クラブ姿勢を変えないように走ってくるのも
 難易度が高いですし、速度も労力に比べ
 あんまり上がらなそうですよね。

 その場 で、
 出来るだけ 速い速度に出来て
 当てやすい、繰り返し易い を
 まとめていくと その場でからだを廻すのが
 一番
 「クラブの移動距離」と
 「クラブの移動速度」を稼げる方法
だと思うんですね。

 クラブを持って 向きを変えるのが
 一番 クラブを移動させられる、
 しかも ヘッド姿勢も変えないで済む。
343565693_758697259247695_4696648991514922266_n (1)
 多くの人は からだを回転させる…
 回転というコトに頭が囚われてしまったり、
 スイングの見た目や雑誌に書いてあることに
 いつの間にか洗脳されてしまっていて
 からだを回転させて クラブで円を描く、
 ヘッドで丸く振る為に体を回転させる、
 って 信じ込んじゃってる んですね。

 からだの回転って
 遠くに、真っ直ぐ、繰り返し易い、
 って条件を同時にクリアし易い
 一番 速く、長い距離、クラブを移動させられる、
 クラブで円を描くために回転するんじゃなくて
 『グリップ』の移動を一番確保出来る方法
 グリップだと分かり難いですけど
 自分が接触しているのは『グリップ』だけなので
 たくさん、長い距離、速く グリップを移動させる方法が
 からだの回転 ってだけのコト
と考えた方が良いと思います。

 意味が通じるか分からないですけど、
 多くの人が からだの回転でクラブに円を描かせる、
 円を描かせるから ヘッドやクラブも振っちゃう、
 ヘッド姿勢、フェース姿勢が安定しないから
 より一層 ヘッドやクラブを動かそうとして
 手を使わなくちゃならなくなる、
 その結果、からだの回転とクラブの動きが分離しちゃう、
 っていう パラドックスに陥っちゃうんですね。
Q2023918Q20239180Q20239181





 ヘッドに遠心力を掛けて
 あたかも 放り投げたクラブでボールを打つようにして
 その上で 安定して真っ直ぐ飛ばしたい って言う
 真剣白刃取りみたいなことに挑戦する事になる…😫

 だから からだの回転って
 クラブを円に動かす事が目的では無く
 単にグリップの移動距離を稼ぐ
 単にグリップの移動速度を稼げる

 そう言う風に考えた方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ちゃんとクラブを扱えるのならば
 遠心力を使う…なんて忘れてしまっていいと思うんですけどね、
((((ハンドポジション_Moment







 あえて 遠心力を議題に上げるのだとすれば
 当たり前…ですけれど
 遠心力って 円状の運動に対して
 モノが外に飛び出していくチカラ
 です。」

質問「はい。」

店長「ゴルフクラブにはロフト角度と言うのがありますが
 仮に ロフト 0度、ロフトが絶壁のクラブを使うとします。

 スイングは 普通にクラブを扱えば
 ヘッドの重さで グリップに対してはヘッドが遅れた
 スイング用語で言うと ハンドファースト?みたいな状態になります。
IMG_0777
 ロフト0度 ですから
 ちゃんと打てたとしても
 ボールは地面を転がる、
 地面に向かって飛び出しちゃいますから
 実用性は全くもって無いんですけれど、
 ヘッドが移動した その円に対しては
 ボールが外に飛び出る状態、
 フェースが円の外を向いた状態になります。
IMG_0776
 その逆で ヘッドを先に行かした
 フェースが円の内に向いた状態にすると
 もしかすると ボールは少し浮くかもしれません。
 これだと ボールは円の外に飛び出す のではなく
 少しですけど、円の中に向かって飛び出しますよね。」

質問「ですね。」

店長「多くの方のスイングって
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 ここら辺のポジションから
 右打ちであれば
 右腕の伸ばし、クラブのリリースが
 打撃の主エンジンになって ボールを打つケースが
 とても目立ちますが、
 これでは ボールを円の中にかき込んでしまう、
 よく言う こすり打ち なんですが、
 それでは 遠心力効果は薄くなっちゃいます。

 遠心力よりも こすっちゃうことの方が問題なんですけど
 遠心力を『ボールに与えない』で
 ヘッドの重さに遠心力を掛けても
 握力や腕が辛いだけで ボールに飛び に結びつきません。」

質問「!!!!!」

店長「意地悪な言い方ですけど
 安易に 遠心力を口にする方は
 ソコを勘違いしてるんじゃないか と思うんですね。」

質問「。。。。。。」

店長「感覚的な部分があるので
 良い悪いじゃないと思いますけど
 からだの回転の速度 に対して
 遠心力がなんかの助力になっているのか
 正直、微妙な感じがするんですね。
 速度を上げていきたい方向と
 遠心力の掛かる方向って ズレが大きすぎます。
〇見かた山下
 遠心力って インパクト「以降」の
 フォローの出し方に利用して
 ヘッドを 長く、大きな弧にしてあげて
 急激な上がりや切込みを避けるのに
 利用出来る ってとこじゃないかと思うんです。

 飛ばすってことよりも
 曲げない、真っ直ぐ行かせるのに
 利用する感じがするんですね。

 遠心力を利用しない訳じゃないけど
 からだの回転と関係ない 遠心力じゃあ意味ないですし
 その源のエネルギーである からだの回転を
 邪魔しちゃう 遠心力じゃあ本末転倒です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)









 からだの回転と同時進行で
 腕に何かの作業させるのは ほぼ不可能、
 とは言え 曲がった腕は伸ばさないと届かない、
 遠心力を使って 腕が伸びる は
 自分でも多少するんだとは思いますけど
 遠心力が「自然な形」で利用出来る
 そして からだの回転を阻害しない
 数少ない 利用方法だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「遠心力で飛ばす ってのはどうなんでしょう❓」

店長「 😌 😌 😌 
 
 多くのゴルファーを惑わせる ゴルフ用語 ですね。」

質問「遠心力は使うんですか❓」
IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)




店長「使いますけれど…

 今更…ですけれど 少し単純化しますけれど…

 遠心力って 支点が有るモノの円運動  に伴う
 重量が 外にはらもうとするチカラ 
ですよね❓」

質問「そう思います。」

店長「長い棒で 先端に重さの集中するゴルフクラブは
 確かに 遠心力が生まれ易い、
 例えば 市販の一般的な45インチのドライバーで
〇ヘッド重量190g グリップ重量50g
 ヘッドの重さと部品としてのグリップの重さが
〇ヘッド重量50g グリップ重量190g
 反対である構造よりも 遠心力が強くなるでしょう。」

質問「確かに。」

店長「でも その遠心力が増える、増やす構造、配分を使って
 より遠心力を増すように使用して
 チカラは増えたとしても
 それがこすり球になったり、どスライスしたり、
 引っかけフックになっちゃったら 意味がありませんよね❓」

質問「そりゃ そうですね。」

店長「遠心力をよりヘッドの掛かるように動かすと
 インパクト時のヘッドが姿勢が安定し辛い、
 同じ状態でインパクトを迎え辛いコトになり易い、
 毎回毎回バラバラになる可能性が非常に高い😫

 言ってみれば ヘッドに遠心力を最大に掛けて
 インパクト前にクラブを手放して 放っぽったクラブで
 ボールを打とうとしているのと 非常に似ています

 フェースに当たるかも怪しい状態です。」

質問「うわ〜。」
漆畑2018_Moment

店長「からだを廻すコトによって
 掛からないとは言えませんけれど
 必要以上にヘッドに遠心力を掛けるのは
 『クラブを遠くに投げる』別なスポーツ、
 遠心力を掛けるのは 部位としては
 ヘッドでは無く 『グリップに掛けるのが理想的』です。

 ヘッドに遠心力を強くかけてしまいますと
 遠心力とは 外にはらもう とするチカラ ですので
 からだを廻していく、廻したい方向とは異なりますから
 廻るコトそのものの抵抗、負荷になる可能性が高いです。
anika_Slomo_Moment(3)
 グリップに掛ければ その外にはらもうとするチカラ
 を利用して 短くなっていた〜曲がっていた腕が伸び、
 流れの中で 自然に、少ない力で
 元の長さ(腕)が戻し易いですし、
 その結果、スイングの弧が大きくなって 遠心力が増す、
 その程度と考えて頂けると良いと思います。」

質問「なるほど。」

店長「ゴルフスイングにおける遠心力の話しは
 イコール スイングは円! や クラブは丸く振る に繋がり易く
 本来、それはからだの向きが変わるから、
 クラブが では無く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変えるから、
 なのですが、
 全員とは言いませんが、スイングにおける
 『遠心力』と言う単語を用いる人の多く、かなりの割合で
 丸く振るコト、円に振るコト、手で振るコト、
 そちらに進み易く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変える ではなく
 単に クラブやヘッドを振るコト ばかりにイキガチ です。
katate_Moment

 悪く言えば 非常に 手振り を誘う用語とも言えます。
 嘘ではないから一層性質が悪いですが、
 それを使わないと飛ばない
 みたいなニュアンスはあまりに過大広告ですので
 注意が必要です。」

質問「はい。」

店長「円を描く、ハンドターンでクラブ・ヘッドを振る
 と言う意味では 圧倒的に害悪の多い 遠心力話し ですが
 ある一点においては
 スイングの理解を深めるきっかけになるとは思います。」

質問「どんな点…ですか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

          
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド

当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 9~12.5度   調整により 8.0〜13.5
 基準ライ角  59.0度  調整により 58.0〜60.0
 重心距離 36mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/27mm  👈
 重心率  51%   👈
 重心深度 38.1mm  👈
 重心角度 24.5度   👈

今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ