◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年11月


IMG_1158
IMG_1157
IMG_1156
IMG_1155
IMG_1154
IMG_1153
IMG_1151
L型マレットFP
L型マレットソール2
L型マレット ソール1

IMG_1159

✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします


パイロットモデル案 あがりました
L型マレット画像
L型マレット

L型マレット画像 (002)

L型マレット画像 (002)

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで

✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします

また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 555g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

試打で L型『ブリストル』/ピン型『デール9』
2本を貸し出している お客様への返信です。

当初は なじみ深いピン型の『デール9』で進んでいましたが、
馴染む程 L型ブリストル も捨てがたい…と迷っておられる 現在です。

ー・ー・ー・ー・ー・−


お世話になっております。

IMG_0126

L型『ブリストル』

ピン型『デール』

IMG_0129

思いっきり手前味噌ですが、どちらも良いパターだと思います

迷って頂けるとは
 デザイナー冥利に尽きる と言ったトコロでしょうか。

パッティングに悩んでいたとお聞きしましたが、
パッティングが楽しくなるのではないでしょうか

 

(返送してしまいました

一応 説明はさせて頂きますが、

試打パターは特に急いでいませんので、

返送していないようでしたら、決まるまでお試し下さい。

 

☆参考までに…ですが、パターの場合、

大切な点は 入るか/入らないか ではなく、

〇打ちたいと思った距離がちゃんと打てるか

〇迷いなく構えられるか、
 時間をかけずストロークに入れるか、

 だと思います。

  ゆっくりとお試し下さい。

IMG_0032 (2)

L型『ブリストル』は基本、アイアン、
0番アイアンをイメージしてデザインしています。

カタチに癖が少ないので 
構えやすさ、アバウトな感じを強調しています。
テークアウェイ、初動の動かし易さは
 このパターを超えるモノは無いのでは✊と自負しています。


仰る通り、グリーン周りなどから
使われるチッパー的な要素が入っています。

通常でのパターでは成し得ない超高重心設計ですので
 ロフトを立てて打つ(ハンドファースト)には適しています。


通常のパターは スクープソール/デントソールと言いまして、
 フェース部より奥側に傾いていますが、

このL型パターは 1度ですが、バンス角度を採用しています。
(パターにバンス って😬😬😬)

それも アプローチに適している要素
デザイナーとしては意図していますが)なのかも知れません。

IMG_0031 (2)
ピン型(520g)より重量は軽め(480g)ですが、
その高重心が転がりの良さを生みます。


一方、ピン型『デール9』はショート・ミドルパットを重視しています。


通常のピンのネック部、クランクネックと言いますが、それを避け

すっきりした 大事なショートパットに集中して頂くデザイン です。
 デザインとしては 真っ直ぐ引いて-真っ直ぐ出す の
 イメージを強調しています。 
そう言うストロークの方向き❓

IMG_1362
ネック部をルールギリギリ(セーフです)まで長くして
ピン型としては 高重心にしましたが、

L型よりは低い重心になりますので

ロフトは1度こちらの方が立っています。

 

重量はピン型の方が重め ですが、重心距離が短い分、

L型と併用されても違和感は無いと思います。(計算済みです)

IMG_1363

お客様の中には 両方をバッグに入れられている方もいらっしゃいます^^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブのヘッド重量は重い
アイアン(5番)で言うと
 一般的なスチールシャフト装着のモノが 240g前後
 弊社の悶絶アイアンのソレは 320gを楽々超えるので
 30%以上増しと言ったトコロ
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

とは言うモノの 3倍になった訳では無く
市販のモノでも 重量はある、ない訳では無い。

では そのヘッド重量はどう使う、どう利用したら
良いのだろう。
重いヘッド、重くなったヘッドはどう活用したら良いのだろうか…。


シャフト使い にもつながってしまう話なんだけれど
当然と言えば 当然なんだけれど
 ヘッドは自分ではボールを打ってくれない、
 自分では動かないと言ってもいいかもしれない、
あえて 言うとすれば 位置エネルギー〜高さを与えた時、
地面に向かって 落ちようとはするけれど、
ボールを打つのには少なくとも 横移動が必要で
その横移動にとって 重さは負荷 でしかない。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






シャフトがしなって、しなり戻る と言う反発で
あたかも ヘッドがボールを『打ってくれる』
勘違いしている人がいる?かも知れないけれど、
それには その反発を受け止め
グリップの移動を止める と言う人為的行為が必須で、
ヘッドがボールを自発的にボールを打ってくれている
のとは異なる。

ヘッドの重さの使い方 だけに限らないけれど、
例えば トップしたり、スライスしたり、シャンクしたり、
それは 確かに ヘッドとボールの衝突の結果 だから
ヘッドの位置や姿勢、通り道を修正したくなる、
その気持ちは痛い程判るけれど、
クラブが移動している原動力は
 手打ちであれ、からだの回転であれ
打ち手である自分が運動しているからで
 少々、まどろっこしいかも知れないけれど、
その運動によって クラブとの接点であるグリップが移動したから
ヘッドが移動したのであって
ヘッド単体を動かす事は出来ない。

ナニカのミスを修正したいのであれば
トップしないように ヘッド単体を修正するのではなく
トップしないようヘッド姿勢やヘッド軌道になるよう、
グリップを動かすしか方法は無い。

だって 動かすのは自分の運動で のみ可能なのだから。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






そう考えていくと
ヘッドの重さで動かすべきモノは
グリップであって、
ヘッドの重さでヘッドを動かしては
本来、動かすはずの自分の運動とヘッドの移動が分断
されてしまう。
2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)







ショットにとっての 遅れ で
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変換可能なので
その遅れは 遅らせたまま 打撃するモノ だけれど
グリップの遅れは ロフトの開き フェースの開きに
なってしまうので 都合が悪い
それを ヘッド重さで補助する、結構 大きな比重で
それを使って グリップの遅れを抑制するコトが出来る
確かに ボールをどかす と言う意味での
 ヘッドの重さの役割は最大のモノ ではあるけれど
コト それを使う打ち手にとっては
 その重さ で グリップ=クラブを動かす
 というのが 最善の利用方法。

 
 ✋ちなみに この文章の
 グリップは左手
 ヘッドは右手
 と変換しても
 その重さの利用と言う点で活用可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブやヘッドを上げないで
 からだの右向き(右打ち)を作ってみる。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
 右サイドが高くなる、、、大袈裟には上げるに近いかな
 そう言う姿勢を作ると
 フェースはかなり下向きになると思います。」

質問「はい。」 

店長「それとは反対に
 フェースを上に向くよう にしてみる、
 
 フェースが下向きになるようにすると
 ヘッドの重心位置の関係から
 クラブの重さは 左グリップを前に押す、
 進行方向に押すような やや下向きのチカラが掛かります。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s
 一方、フェースを上向きにした状態では
 ヘッドの重さがより強く掛かった感じがして
 グリップを上に動かそう、移動を妨げるような重さの
 掛かり方になります。」

質問「コレは 切り返し時のリキミに繋がりそうですね❓」

店長「そう思います。
 望んでいない重さの掛かり方になりますから
 力まざるを得ない になってしまいます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m1s
 手を捻じったり、細工をして下向きを造るのはダメですが、
 テークアウェイのからだの動かし方で
 フェースの下向きを作れば
 そのまま からだの向きを変えれば ボールを当てられますが、
 フェースの上向きを作ってしまうと
 そのままでは ソールがボールに対峙するコトになるので
 からだの回転 そして その加減 に加え
 フェースがボールと対峙する作業 が必要になりますから
 やはり 難易度はグッと上がってしまいます。

 その上で グリップが先に進みたがらない重さ
 が掛かる訳ですから 当然、失敗の確率が上がる。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
 クラブやヘッドを上げてる訳じゃないですけど
 この「上げ方」の感覚を掴む のは
 通常のショットにとっても、アプローチにとっても
 とても役に立つと思うんですね。

 ボールを転がす、グリーン周りのランニングアプローチとか
 あまり得意でない方などは
 この感覚を掴むだけでも かなり異なると思います。」

質問「そう感じます。」

店長「そして 慣れてきたら
 この延長線上で 打つ距離を増やしていく。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52







 グリップの進みを促す位置に
 クラブを持ってこないと ヘッドが落ちちゃいますから
 腕を上げるとか、ヘッドを上げる、とかではなく
 からだの向きで ヘッドが引き摺れるよう
 引きずってボールを打てるよう そう言う位置を探る。
 そう言う感じになって行くと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちの人で どの位蕕鮓く
 その角度に特にこだわる必要はありませんが、
 仮に あくまでも仮に 90度位蕕鮓く として
 意識的な 腕の曲げ伸ばし、肘や手首の曲げなど無しで
 本当に『向き』だけを意識した時、
 フェースはかなり下を向いています。 
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s








 多少、大袈裟ですが、
 地面を向いている意識位でも良いでしょう。

 これがテークアウェイでの『右向きの感じ』です。

 距離を打つ必要のない アプローチであれば
 この動きだけで 打つコトも可能ですし、
 ショットにとっても アプローチにとっても
 すごく『基礎的な』動作になると思います。

 この形からスタートすれば
 ヘッドの遅れはロフトの立ちにし易いですし、
 フルショット、スタートの位置がもう少し高くなった時、
 ヘッドの、クラブの重さでグリップが推進する、
 前に押され易くなります。

 一方、フェースが上向き になってしまうと
 ヘッドの遅れは より一層のフェースの開き
 になってしまいますし、
 ヘッドやクラブの重さは
 スイング動作を先に進めてはくれません。

 フェースを下向きにしていれば
 からだの向き『だけ』でボールを打つコトが可能ですが、
 フェースの上向きでは それ以外の
 腕によるクラブ操作が必要になり、
 からだの回転が距離感とつながり難くなります。」

質問「なるほどー😌」

店長「フルショット、ある程度のスピードのショットになると

 このトップの位置
 シャフト、クラブが地面と平行…のような状態
 から始めると
 ヘッドが自身の重さで ボールよりも手前に
 落ちてしまい易くなるので
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52








 少しだけ両腕の上腕を上げ、クラブ全体を高くして
 
『立体的なズリズリ』がし易いよう にしているだけ😌

 ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり、
 グリップの推進がし易いようにしているだけ で、
 ヘッドを上げている、クラブを起こして
 コッキングしている は見た目そう見える副産物であって
 本当に、単に クラブを持った腕を少しだけ上げている だけ です。」

質問「!!!!!
 そんな意識でイイんですか❓」


店長「だって 動きを極力減らし、
 シンプルにした方が繰り返せる可能性が高くなりますし、
 ボールを遠くに飛ばすのは
 からだの回転の素早さ
 なんで
 腕作業が入れば入るほど その速度は阻害されます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m1s2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m3







 アプローチと同じで
 フェースを上に向けて テークアウェイを取る方法では
 一番肝心な 打撃付近で
 手作業が絶対に必要になるので 速度が上げられません。

 速い速度で同じことを繰り返すのにはあまりに複雑、
 からだの回転が ボールを打つコトと
 直接な関連を持てなくなってしまいます。

 腕さばき無しで
 フェースを下に向け アプローチをする、 のを
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
 高速で行う為、ヘッドが自身の重さで
 落ちてしまわないように 腕を上げてるだけ で
 ナンの違いも無いですよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


是非 やって欲しい スイングチェック : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



質問「かなり強烈に (フェース)下向き なんですね。」

2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s







店長「ですね。
 多少 大袈裟ではありますけれど
 テークアウェイで 右サイドが高くなる ⇑
 右肩が上がる〜高くなる は大切なポイントですので
 大袈裟にやって 体験した方が良いと思います。」

質問「はい。」

店長「逆に 腕が捩じられてしまう、
 クラブが3時の位置に行った時に
 フェースが横や上向きになってしまう場合、
 かならず 一旦、グリップが体から離れます。

 また、左グリップ〜左腕が右腕に上から被り気味
 になりますので
 同じく からだの姿勢も 左サイドが高め、
 右サイドや右肩が高くなれません。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m45s







 そもそも からだの向きの仕事を奪ってしまい気味、なので
 右向きが不十分になりがち ですが、
 ソレも伴い、ダウンスイングへの移行が難しくなります。」


店長「自分で体験してみると分かりますが、
 グリップも上げない(つもり)、ヘッドも上げない(つもり)、
 腕も出来るだけ動かさないつもりで
 3時、4時辺りにクラブ・シャフトを持ってきた時、
 フェースが横を向いている、やや上を向いている状態だと
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
 スイングの傾き、アドレスの傾きがあるから
 一見すると
 ヘッドが上がったような気がするんですけど
 (ヘッドを上げないつもり…なんですけどね)
 実際には、クラブは横に倒れただけ、寝ただけ、
 ヘッド・フェースが開いただけ です。

 からだの回転で作られるはずの
 よく言う「スイングの軌道」をなぞっただけ、
 からだの回転で作られる スイングの軌道通りに
 ヘッドを動かしただけ なので
 仕事自体、からだの回転を奪っている、
 もしくは かぶっています。(同じことをしている) 

 故に テークアウェイにおいて
 からだが向きを変えている間は
 クラブや腕が動かせませんし、
 クラブ〜腕が動いている間は
 からだは止まります。

 手でクラブをあげちゃう、
 手打ち・手振りが強く出ちゃう方の
 特徴になってしまうんですが
 テークアウェイ、2段階 になります。」

質問「コレって ダウンスイングも同じ…ですか❓」

店長「はい。

 からだの回転、傾きがありますから
 斜めにはなりますが、
 それに沿って 腕でクラブも動かしていますから
 からだがアクションしている時は腕は動かせませんし、
 腕を動かすには からだを止める必要があるので
 開いたクラブを そのままで打つのなら別ですが、
 それを閉じる為、腕を動かす(ヘッドを返す)には
 二段モーションにせざるを得ない です。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m29s
質問「…なるほど…。」

店長「また クラブの重さや長さ が
 グリップを下げる働き が
 ボールを打つ方向に使い難い、
 クラブが 先に先に進むのに使い難い、
 逆に クラブが必要以上にその場に留まる
 になりやすいので 『重さ』にやられ易く
 力みを生み出し易くなります。」

質問「ヘッドの重さなど クラブの機能が使えない…のですね❓」

店長「そうなりますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋弊社取り扱い品であれば
SYB EZ-05 〜ドライバー
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n












SYB EZ-915 〜フェアウェイウッド・ユーティリティ
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n













  をお使いのお客さま江
 

  また、他社製品のモノであっても 同じだと思います。

✅ロフト角度やライ角度、フェース角度などを調整する治具
IMG_1168
付属のレンチが付いていると思いますが、
調整し終わり、固定する時、
その 治具によって ヘッド側のネジを締めます。

✋このレンチには トルクレンチ機能を付いており
ネジを締め付ける場合、ある一定のチカラ以上が掛かると
空回りするようになっています。


ですので 思いっきり締めて下さい✊』


初めてでは かなり怖い位、
壊れちゃう?位の強さで締めて下さい。
トルクレンチ機構が働きますので大丈夫です。

『かなり強い力』です。 
 ビックリするほど締めます。
EZ055
トルクレンチ機構が働く前の状態で
使ってしまいますと 緩んでしまい、
外れてしまう可能性があります。


 ✋一度、ご確認下さい。






【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい
 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください
 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



    
originalLOFTFace-Ang.LIE
N-0059
LOW1-0.5-0.559.5
LOW2-1-160
LOW3-0.5-1.560.5
N+00.561
HIGH10.50.561
HIGH21160.5
HIGH30.50.559.5
N-0059
    
9LOFTFace-Ang.LIE
N-9059
LOW18.5-0.559.5
LOW28-160
LOW38.5-1.560.5
N+90.561
HIGH19.50.561
HIGH210160.5
HIGH39.50.559.5
N-9059
    
9.5LOFTFace-Ang.LIE
N-9.5059
LOW19-0.559.5
LOW28.5-160
LOW39-1.560.5
N+9.50.561
HIGH1100.561
HIGH210.5160.5
HIGH3100.559.5
N-9.5059
    
10LOFTFace-Ang.LIE
N-10059
LOW19.5-0.559.5
LOW29-160
LOW39.5-1.560.5
N+100.561
HIGH110.50.561
HIGH211160.5
HIGH310.50.559.5
N-10059
    
10.5LOFTFace-Ang.LIE
N-10.5059
LOW110-0.559.5
LOW29.5-160
LOW310-1.560.5
N+10.50.561
HIGH1110.561
HIGH211.5160.5
HIGH3110.559.5
N-10.5059
    
11LOFTFace-Ang.LIE
N-11059
LOW110.5-0.559.5
LOW210-160
LOW310.5-1.560.5
N+110.561
HIGH111.50.561
HIGH212160.5
HIGH311.50.559.5
N-11059
    
11.5LOFTFace-Ang.LIE
N-11.5059
LOW111-0.559.5
LOW210.5-160
LOW311-1.560.5
N+11.50.561
HIGH1120.561
HIGH212.5160.5
HIGH3120.559.5
N-11.5059
    
12LOFTFace-Ang.LIE
N-12059
LOW111.5-0.559.5
LOW211-160
LOW311.5-1.560.5
N+120.561
HIGH112.50.561
HIGH213160.5
HIGH312.50.559.5
N-12059

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと手伝って欲しいんですけど…。」

質問「はいはい。」

店長「クラブを持って アドレスして…
 アドレス時のクラブの向きを 12時 として
 ヘッド上げない、グリップ上げない、
 腕使わない(つもり) で
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
 クラブを 3時とか、4時に向けて 欲しいんですね。」

質問「はいはい。」

店長「自分の目で見て頂いて
 フェースって どうなってます❓」

質問「真横……やや上向き になってますかね⁈」

店長「ヘッドも上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ意識的に腕は使わない(つもり)で
 フェースが横…やや上向きですか❓」

質問「はい… 若干ですが…。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m29s
店長「ソレ… すご〜〜く マズい ッスね🙄🙄🙄🙄」

質問「え😫え😫え そうなんです❓」

店長「はい。

 ヘッドは上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ腕は使わず
 からだの向き で 右打ちであれば 右を向けば
 スイングには前傾姿勢がありますので
 右手が左手より上、左手が右手より下 になりますので
 少しオーバーにやれば
 フェースは地面を、下方を向いた姿勢になる筈…です。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
店長「カラダ 脚さばきで 右を向いている筈🙄……ですが
 この状態、クラブやシャフトが3時や4時を向いている際、
 フェースが横、もしくは上向き って は
 腕さばき クラブを捻じる事によって
 その からだの向き、脚さばきの仕事を奪ってしまっています。」

質問「!!!!!
 ココって 重要なんじゃないです❓」


店長「そう思います。

 グリップも上げない、ヘッドも上げない で
 右向きを造る   と
 かなり ガッチリ フェースは下を向く😌
 ✊地面を向いてしまっても良いと思います。

 その感じが からだの向き、右向きの基本 になりますし、
 上向き / 下向き では
 からだの左サイド、右サイドの縦関係も
 かなり違う感じになると思うんですね。
👉👉👉右向き時は かなりガッツリ 右サイドの方が高い。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s








 手のひら、手の甲であれば
 左手の甲が地面を向いて
 その真上に 右手がある位のイメージです


 この感覚って からだの回転の感覚の基礎 になりますし、
 短いアプローチは この感じがボールを打つ感じに なります。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
質問「
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「内容が重複しちゃいますけれど

 シャフトが走る
 ヘッドが走る って言うのも

 ズリズリ遊びで
 所定の位置までグリップを移動させ
 ソコで止め、その反動、
 この場合はしなったシャフトの反動・復元で
 ボールを弾く

 とつながっているんですね。」

質問「確かに。」

店長「ゴルフでボールをそうやって打つ
 と 思っている人はものすごく多い と思います。

 そうじゃぁ無い人を見つけるのが大変な位。」

質問「います❓」

店長「いるとは思います。多くは無いですが…。

 繰り返しで申し訳ないですけれど
 クラブも どこかが止まって
 打撃部であるヘッドのみが動くよりも
 クラブ全体が動いた方が
 打撃時のボールの重みに負けない強さを生み出し易い。

 これはスイングも同じで
 自分は止まって、クラブだけ動くよりも
 よりモーメントの高い、自分ごと
 より大きな、より重いモノが動いた方が
 強い力に負けない。強い力を生みだせる。


 そして 自分で実験してみるとより分かり易いですけど 
 ズリズリ遊びで
 打ちたい方向と平行に
 グリップを引き摺って ヘッドとボールを接触させれば
 ボールは思った方向に出し易い ですが、
 グリップの位置は半ば固定して
 ヘッドに円を描かせて ボールを当てると
 そう簡単には思った方向に行ってくれないし、
 固定したグリップの位置も 慣性や不可抗力によって
 微妙に動かされるので
 ボールに当たるヘッド/フェースの場所も
 結構、ズレる。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





 ゴルフクラブ、打撃部の構造で言うと
 遅れはフェースの下向き、ロフトの立ち に出来ますが、
 グリップを固定して、ヘッドに円弧を描かせると
 フェースは開き、ロフトも開きますし、
 それを閉じるには その運動とは別な
 シャフトを廻す 〜ヘッドに円を描かせるのとは別の
 ヘッドを回転させる と言う行為が必要になる。
 難易度が段違いです。

 ロフトも開いて当たる可能性が、
 少なくとも ロフトが立って当てられる、
 ズリズリ とは ロフト姿勢が違いますから
 当たっても 距離より回転になってしまい易い。
酒巻202301 - frame at 0m54s
 そう言うのをひっくるめると
 クラブの扱い、ゴルフクラブを使って
 ボールを打つ方法に 選択の余地はないような
 そんな気がするんですけれど。。。」

質問「実際は その反対😵」

店長「ですね。 やっぱり スイングの見た目 に
 影響を受けて その格好、形の真似 から
 学習してしまうのが多い んでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そのハンドファーストと同じく
 多くのゴルファーのスイングを決定づけてしまうのに

 インパクトは体の正面で✊

 と言うのがあります。

 まあ Ⓡさんなんかは典型的な例です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 この状態、グリップ、左腕が必要以上に
 からだがから離れてしまっている、
 ボール側に出てしまっているのは
 からだが回っていない、
 左サイドが ボールから離れる後方、背後側に
 逃げていないからです。

 左サイドがもっと動いていれば
 自然に 左腕はカラダに呼ばれますので
 もっと近いトコロを通ります。

 インパクトは体の正面で✊
 からだは開いちゃいけない😵

 の意味は 開く前に打ってしまえ
 と同時に 開くことが打つコト なので
 開くコト イコール からだを廻す、左を向くコト
 を是正、否定、遅らせる、我慢するコト
 なので 打つ為の原動力がないから
 仕方が無いので 手で打ってしまっている
 のが現状なんだと思います。

 からだの正面で、 や 開いてはイケナイ は
 我慢して からだの正面で、そして 開かないようにする
 よう 何かのアクションや我慢(これも動作のヒトツ)ではなく
 その時間を与えず、
 インパクトまでの時間を短時間に、瞬時にするコト
 なのですが、
 今、もしくは過去に対処した その方法は
 その反対の インパクトまでに より時間をかける方法です。」

質問「ゴルフスイングって奥深い ですねー。」

店長「ソコが面白いトコロなんだと思います。

 からだの向きを変えるって
 同じ向きをしている時間が無い、
 常時、移り変わっている中で
 長い棒の先端で ボールを打つ訳ですから
 その行為の意味が掴めず 見た目の格好とか
 巷にあふれるゴルフ用語を追いかけてしまうと
 自分独自の対処方法をあみ出す必要が生まれます。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイング初期に
 からだを一気に左を向ける意識が薄く、
 出来るだけソレを我慢してしまっている為、
 からだの回転で左腕が移動してくれず、
 低くなるのが少ない、前が渋滞している為に
 起こっています。

 ですので 切り返しから
 無理に腕を降ろそうとせず、
〇左肩を上げる
〇お腹を一気に左に向ける

 けんたろうのケースと同じく、
 腕は半ば固定して、左を向くだけで
 ボールを打てる感覚を刷り込むのが有効です。
F5sjEuZbUAACM4a

 今までのからだの我慢や
 無理やりの 腕の降ろし
 やりたくないけれど 手の返し
 腕の疲労 などを含めた動作の充実感 を
 捨てられるかどうか はⓇさん次第ですが、
 今 悩んでいる部分はかなり解消出来ますし、
 技術で対処する、何かをして問題を解消する は
 気づきませんが、その動作をする為の時間を増やす、
 イコール それは どんどん クラブの動きと
 からだの回転の結びつきを薄くし、
 そうして 二人は離婚する と
 気付けるのであれば 離婚に至らないと思います😌」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Ⓡさんの場合(右打ち)もそうですけれど
 四肢の中で一番弱いであろう
 ✋左腕に何かをさせよう とするコト自体
 あまり正しい選択とは言えない と思います。」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
質問「言われてみれば そうですねぇ。」

店長「左腕の役割は からだとのリンクマンであり、
 クラブを握ってはいますが、
 それを動かすのは 脚 です。

 行きも帰りも、特に『行き』ですね、
 この場合は テークアウェイ、 特に初期、
 左腕に何かさせて
 左腕を長くするような動きをしては
 出来るだけ避ける必要があります。

 テークアウェイで何かさせれば
 ダウンスイング以降 左腕で何かするか、
 それを補う別な行為が必要ですし、
 多くの人が 左腕の長さが邪魔で
 インパクト前後で困っているコトが多いのに
 準備である テークアウェイで 左腕を長くするような
 動きは不要な筈です。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s

 テークアウェイで 肩を廻したいから
 左腕を ぐッ〜 と伸ばす行為は
 その言葉のまんま、左腕を伸ばしているだけで
 気分の 右向きを造っているだけ。
 逆に からだの向きを阻害しています。

 それをすれば ダウンスイング以降
 からだを廻す、左を向く ではなく
 左腕を短くする 〜右腕を長くするための
 上半身の処理になってしまいガチ です。
〇見かた18s〇見かた21s









 小さなアプローチから慣れて行く方が良いですが
 左腕は出来るだけ脚で動かす。

 唯一、左腕に仕事がある としたら
 インパクト以降、からだの回転を邪魔せず
 腕やクラブの慣性を 終焉処理する為
 その慣性を上に逃がす 逃げ道を作ってあげる位
 と考える方が良いです。


〇左腕は 腕だけど からだの一部。
〇そして その左腕を移動させたい時は 脚を使う。
〇唯一の仕事は インパクト以降、上に力を逃がす 。


 コレは技術として 今までの動きを軽減するモノが
 多いですから、他の色々な流れが出来上がれば
 単独の動きとしては難しくは無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「左肩を上げる & お腹を左に向ける
 から切り返しを始めると
 思っている以上に 早く インパクトが来ます。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0







 回り道をしている余裕はありませんので
 腕での何かのアクションをする暇がありません。

 腕でのアクションと言うのは
 右打ちの人は右腕が利き腕と言うケースが多く、
 その曲がった利き腕を伸ばす
 と言ったことになりますが、
 早い段階で それを行ってしまうと
 想像通り ヘッドの振り→手打ち の流れになってしまいます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)






 イメージで腕とクラブはロックしているけど
 からだの回転による遠心力などによって
 それが自然に、少しずつ 解かれてしまうのは
 構わないと思いますが、
 トップの位置で出来ているような
 クラブが起きて、短くなって
 腕の中にある重さが
 キャストするように 腕の外に出てしまうと
 からだの回転で移動するグリップ
 それによって 引きずられるヘッド のラインより
 多い道のりになって クラブが寝てしまう、
 フェースが開いてしまう、
 からだの回転との関係が途切れる、
 そう言う流れになってしまいます。

 ソコから紐解くと
 トップの位置、テークアウェイの取り方は
 徐々に答えが見えてくると思うんですね。

]咾涼罅⇔章咾涼罎縫ラブの重さがあるコト。
▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿悩幻を上げた時、
 お腹を左に向けた時、
 無意識でも 左グリップが打てる『低さ』まで下がる
 そういう重さが左グリップに掛かっているコト。
切り返しの初動に 左肩が上げられる トップの姿勢、
 テークアウェイの取り方をしているコト。


 ここら辺は 手打ち派の方が慣れて行くのには
 勢いをつけて 切り返すのを辞めるために
 トップの位置、静止したトップの位置から
 軽く流す程度で 打ってみる というのは
 結構、有効だと思います。

 あくまでもイメージですが、
 トップで出来た 腕の中側に有るクラブ、
 利き腕のリリースのされていないクラブが
 ボールが打てる 低さまで 下がり、
 かつ それが体の回転主導 となると
 左肩を上げ、おなかを左に向ける
 が一番良いと思います。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment
 そうなると ボールを打てる低さ、
 グリップエンドはボールを越えますから
 ここからは 腕のリリースが入っても
 からだの回転とクラブが途切れることが少なく、
 問題が少なくなります。
 よほど 速い速度で振らない限り、
 通常のアイアンショット程度であれば
 そのリリース要らないと言えば 要らないですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



L型マレットFP
L型マレットソール2
L型マレット ソール1

IMG_1159
IMG_1158
IMG_1157
IMG_1156
IMG_1155
IMG_1154
IMG_1153
IMG_1151


✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします


パイロットモデル案 あがりました
L型マレット画像
L型マレット

L型マレット画像 (002)

L型マレット画像 (002)

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで

✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします

また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 555g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「この けんたろう動画は参考になると思うのですが…。」

質問「はい。」

店長「元々、腕力の有るタイプなので
 手でびよよ〜んと振るのが大好きで
 今のその面影が色濃く残っていますが、

 ダウンスイングのきっかけとして
 左肩を上げる
 お腹を左に向ける
 左腕を降ろさない、動かさないで
 インパクト出来る位置まで
 左グリップを下げるのは どうしましょう
 って トレーニングです。」
ス2023-05-22

質問「左腕を下げない、動かさない なんですか❓」

店長「元々 からだの向き、胴体を左に向けるのが
 得意な人は意識する必要は無いと思いますが、
 左腕を動かす、
 勿論、それには下げるも含まれますが、
 そのアクションを積極的にしようとすると
 からだの向きが忘れられてしまうというか
 おざなりになってしまいガチ です。

 また、左腕を動かそうと意識し過ぎると
 その勢いで ヘッドを振り「始めてしまう」可能性が
 高くなり、それによって より一層
 からだの一気な左向き の優先順位が下がってしまいます。

 ですので 左腕そのものは動かさない、
 お腹を左に向ける
 左肩を上げる
 それを意識すると このような変化が起こり、
 後半の 腕でヘッドをびよよ〜んとする動作は
 かなり減ります。」

質問「確かにそうですね。」 

店長「本人も  えっ⁈ これじゃボールに届かないよ😿
 から始まっていますが、
 意外や意外、トップやチョロから始まりましたが、
 概ね ボールには届いちゃうんです。

 今まで からだを止めていた、
 ちゃんと 左を向くコトと恐れていた、避けていた、
 というのが 発見できるだけで 儲けモノ
 です。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まだ 左を向くコト
 ソレ ソノモノがボールを打つコト
 左を向くコトが打撃 という感覚が刷り込まれておらず
 怖いから 手でボールを探りに行っちゃうんですが、
 そんな遠くない日には それは解消されると思います。」

質問「大枠で からだを廻す感覚、
 からだの向きを変える感覚も違う感じなんでしょうか❓」


店長「そうだと思います。
 かつて は すべてを器用な腕周りで
 出来てしまう年齢、体力がありましたから
 からだの回転はアウトサイドイン
 腕でのクラブさばきは インサイドアウト
 からだが開くのを出来るだけ我慢して
 寝かして びよよ〜ん と振っていましたが、
 今は からだの回転が縦系 に変わりましたから
 その反対というよりは もっと違う感触
 なんだと思います。

 多くの方は インパクトで左サイドを止め、
 からだの回転を止め、
 腕やクラブ、重さをリリースするスイングタイプ
 ナノだと思いますが、リリースでは
 からだの回転で造れるヘッドスピードを上回るコトは
 出来ませんし、
 からだを止めて クラブをリリースするので
 インパクトを含めた、その前後の挙動が激しく
 弾道が安定し辛くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
全部を無くせ とは言いませんが、
出来るだけ その負担をカラダの向きに移管する
そう言う感覚を掴む✊
今まで 左サイド/回転を止めていたんだ✊

と気付けるだけでも かなりの進歩だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

✅このモデルより若干グースは減らす予定です。
✅トップブレードを平面(直面)ではなく 膨らます形にします。
 👉👉デール9のトップブレードの感じです
IMG_1159
IMG_1158
IMG_1157
IMG_1156
IMG_1155
IMG_1154
IMG_1153
IMG_1151


✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします

パイロットモデル案 あがりました
L型マレット画像
L型マレット

L型マレット画像 (002)

L型マレット画像 (002)


✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします
 ー * ー * ー * ー * ー

あるお客様との会話から始まりました。

「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463














 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで

✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします

また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 555g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「肩って タテに廻した方がイイんです❓」

店長「あくまでも動作のイメージではありますが
 そう思います。

 元々、私は からだの回転を肩で✋ って言うのには
 反対で、脚で回った方がよい派ですが、
 肩を横に廻そうとすると
 必要以上に腕が遅れる傾向があります。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 で…肩は縦に廻せ、上下に動かせ ですが、

 前述の通り、
 からだの回転には 腕とクラブの『長さ』をどうするのか、
 イメージとしては悪い言葉ですけど『長さ処理をどうするのか
 が伴ってくると思います。

 何度も言っていますが、
 肩は 位置として胴体に属していますが、
 機能としての部位は 腕、腕の付け根 です。

 右打ちで 特にダウンスイングで言うと
 左肩を上げる は 自動的に
 グリップの位置を下げる行為に繋がります。

 ややこしい言い方ですが、
 意識を持って 腕を降ろす のではなく
 左肩を上げてあげれば グリップの位置は
 クラブや腕の重さも利用し易いですし
 かなりの位置まで低くなります。

 それを「おなかや秀二の向き」を飛球線に向ける
   ………秀二にナニ? 😿映倫にお問い合わせ下さい
 を絡ませると グリップはほぼ インパクト付近の
 インパクトが出来る付近まで低くなります。

 慣れてくれば それは からだを廻す、
 左を向く と言う一つの行為でまとめられるので
 良いと思いますし、
 ダウンスイングを からだを廻す、腕を降ろす と
 アクションを二つに分けるよりも
 素早く インパクトに入れると思います。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 ダウンスイングの… 切り返しの初期動作として
 左肩を『上げる』 プラス 秀二やお腹を飛球線に向ける
 このイメージで良いと思います。


 そこから 時間を元に戻すと
 ダウンスイング側で 左肩を上げるには
 テークアウェイ側で 右肩を上げて置ける
 右肩が高くなるような準備をしていないと
 左肩を上げられなくなりますので
 2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s手でテークアウェイをヒョイッと上げて
 左手、左腕が右手、右腕にかぶられない、
 実質、左肩を上げてしまうようなテークアウェイを
 避けた方が良いと思います。

 また ボールをちゃんとつかまえるイメージは
 クラブを下半分に入れず、
 自分の前にある 仮想のテーブル、
 腰や股位の高さにあるテーブルですね、
 その上を引き摺ってくるようなイメージなんですが
 それをする上でも
 ヘッドが落ちてしまうような
 グリップにクラブの重さが集中しないような
 そういうトップの位置は避けたい です。

 クラブは長さがあり、先端に重さが集中していますので
 ヘッド自身が落ち始めると
 その動きは 1度であっても 止まらなくなり、
 下半分の領域に ヘッドが落ちて行ってしまいます。
 それは からだの回転が止まる と同意語になりますので
 そう言う面でも どうテークアウェイを取るか、
 ダウンスイングのスタート位置 としての
 トップの準備はどうなのか と考える方が良いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブをデザインする、造る、組む、セッティングする、
 調整する そう言う立場を長くやって来た私には
 ゴルフ全般に対し とても不満に思っていることがあります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 よく言われる
 アウトサイドイン とか
 インサイドアウト とか
 スイングの軌道 とか で
 ヘッドの移動(ヘッドの道のり)とボールの関係で
 それを 上から見たような
 水平方向のコトばかりが取り沙汰され
 ヘッドが上下方向、高さ方向に対し、
 どのような姿勢で、
 どのような角度から入ってくる 部分が
 非常に軽くというか、半ば無視されているような
 気がしてなりません。
((((ハンドポジション_Moment
 ゴルフクラブの機能にとって
 ロフトは 一番大事 とも言える機能で
 それが有るが故に クラブの本数が有る訳です。

 一番顕著な例が
golfutikata233パターを練習するのに
機材や練習器具を使って
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 パターヘッドを 水平方向にどう動かす、
 この場合は 真っ直ぐを説いています…けれど
 水平方向、上下方向の真っ直ぐ をレッスンする人や
 解説する人はゼロでは無いにしても 
 探すのはとても大変です。

 ゴルフクラブは その打撃部分のフェースにある
 ロフト角度 と ライ角度、
 ウッド系の場合 フェース角度、
 そして ヘッドの向きもある
 大変 複合した角度構成 です。

 ですので 見た目上、
 リーディングエッジが目標を向いているから
 と言って ロフトとライ角度などの複合によって
 立体的なフェースが 目標を向いているとは限りません。

 どんなロフトで
 どのような上下、高さ方向の経路(アタックアングル)で
 入って来るかは ボールの距離だけでなく
 球筋や ボールの打ち出される方向にも 当然、
 影響を及ぼすのに、 概ね ソレは無視され
 ヘッドを平面上、真っ直ぐ動かすのを
 半ば 取りつかれたようにやっている気がしてなりません。
ドライバー入射角度

 これは パターの話しですが、
 ボールの飛び、飛距離に大きく影響する
 ロフトの作り方、そしてヘッドの進入経路 を
 どうする と言う話は 同じように少なく、
 飛距離の話しになると 何はなくても
 速いヘッドスピード信仰ばかり です。 

 だから それを気にした方が良いよ、
 と言う話では無く、
 ダウンスイングと言う 0.1秒程度の時間で
 左右の軌道もそうですが、フェース面の向き、
 ロフトの作り方を なんとかする、
 なんて方法論に取りつかれているのは
 不可能に挑戦するも同じ だと思います。

 ダウンスイングの何かのアクションで
 その調整をするんだとしたら
 それが一度 上手く行っても
 そこには もう一度、もしくは繰り返し
 それが出来る方法は 存在しない のです。
池田康二202520_Moment
 一番忙しく、短い時間のダウンスイング『では』
 出来るだけ何もせず、
 速い速度で廻る、右打ちなら左を向く、
 短い時間で左を向く、
 そのアクションのみでこと足りる、
 そういう方法論でない限り、
 ゴルフを職業としていない人の成功確率を
 上げる方法は無い と言えるのではないでしょうか」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


www.youtube.com


www.youtube.com

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは 前にも記事で書きましたが…
 よくあるゴルフ業界の妙な流れのヒトツでして…
332093543_725242885732572_9021207906674425025_n
🙄ドライバーよりも フェアウェイウッドの方が
 重いシャフトが良い、
    もしくは 長さが短いのに同じ重さ
🙄アイアンよりも ウエッジの方が 重いシャフトが良い、

 そう言う風潮が高く、メーカーも
 フェアウェイウッドには FW専用の重さを合わせた
 シャフトを採用していることが多いですが…、

 コレは良いトコロが殆どありません。

 例えば ドライバーが50gのシャフトだったら
 それより 短いフェアウェイウッドは 60gのシャフトの方が
 いいんじゃないか⁈ と思いガチ ですが、
 その発想は卓上では良さそうに感じますが、
 実際の商品化した場合、悪いトコロばかりになります。

 カーボンで有ったとしても スチールであったとしても
 重さを増やすには 内容物を増やす方法が当然、採用されます。

 基本は同じコンセプトのシャフトの増量版ですので
 元の50gのシャフトに対して
 10g分、割合で言うと『20%前後』
 内容物が増える、繊維が増える、シートが増える…
 元の重量にもよりますけれど
 10〜20%も内容物が増えるって
 元のシャフトとは別物になります✊
 当然、強度が増す、つまり 硬くなり易い訳ですが、
 ドライバーに比べ 数の売れないフェアウェイウッドの為に
 ソコを 更なる工夫をして同じ硬さ(軟化)に、
 柔らかくすることは まず 行われません。

 また 性質・特性に大きく影響を与えず
 10%、20% 内容物を増やすとなると
 手元を中心にシャフトの肉厚を厚くする可能性が
 非常に高くなります。
 すると シャフトソノモノのバランスが手元寄り、
 になり易く、ヘッドが効きが薄くなります。
 シャフトの強度〜硬さと共に
 より ヘッドが感じ難くなる方向です。
332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n
 これは ウエッヂでも同じ です。

 重量が増えた分、きっちり 硬くなり、
 ヘッドの重量感は薄れるので
 結果として、振り難さゆえに重く感じるコトを
 除けば、重く感じるというよりも
 クラブ自体が軽く感じてしまう可能性も秘めています。

 ドライバーよりも強く振り難い、
 使用環境上 プレッシャーの大きい
 フェアウェイウッドの方が 
 硬くて 良いことは 1个發△蠅泙擦鵝


 試しに ですね。

 同じヘッド、同じ仕様で
 ドライバーと同じ振動数のフェアウェイウッド、
 本来であれば、短いフェアウェイウッドの方が
 その短さ分 数値の高い
 例えば 45in〜220cpm であれば 42in〜225cpm
 のようなモノが 『同じ流れ』 の硬さなのですが、
 ソコをあえて 同じ振動数 42in〜220cpm にして使ってみると
 断然 ソチラの方が楽に使えます。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
 そう言う意味では
 ドライバーとフェアウェイウッドを同時に買う場合、
 フェアウェイウッドの方を 1フレックス 下 のモノを
 購入した方が 
 雰囲気だけで 短いクラブは『重いシャフト』仕様よりも
 遥かに 使い勝手は良い と思います。」

質問「なるほど😌」

店長「コレはウエッジにも言えますね。
 確かに 卓上、気持ちの上では
 遠くに飛ばす必要のない ウエッジのシャフトを
 アイアンのソレよりも重くした方が
 なんだか 安定するような… 良いような…
 そんな気持ち、『雰囲気』にはなりますけれど

 フルショットで使う頻度の少ない
 スコアに直結するアプローチショットが
 フルショットで使う頻度の高い通常のアイアンよりも
 硬くなっていて 良いことは ほとんど無いです。
 イエ 『何一つない✊』と言えます。

 10g…20g… シャフトが重くなったとしても
 それは 棒状のシャフトに分散していますし、
 シャフトが硬くなったコト によって
 ヘッドの重さが感じ難く😵 なっていますから
 逆に 体感的には軽くなっている可能性 すらあります。

 硬く ヘッドの感じ難い クラブで
 小さなショット、短い距離を打つ となると
 リズムもゆったり出来にくいでしょうし、
 手でピュッと動かしたくなる可能性もあります。

 卓上の『雰囲気』を優先する余り、
 実践の、現場でのミスを誘発してしまう、
 なんて 面白くありませんから
 フェアウェイウッドと同様、ウエッジも
 アイアンの流れの同等、もしくは
 それよりも 柔らかいシャフトセッティングにするコトを
 強く推奨いたします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「 ロングホールとか、長いミドルで
 たまたま😊ドライバーが会心の当たりをして
 フェアウェイに行って 残りを
2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s
 フェアウェイウッドで打つと チョロが
 すっごく多いんですけど どうしたら良いでしょう❓」


店長「それが良い意味でも、残念な意味でも
 ゴルフの醍醐味ですので そのまま…でも😊
 というのはナシにして…。
411BK-5

,泙◆,泙困魯瓮鵐織訶に
 すごく自分に期待をしていて
 傾斜とか、ボールのライとか、
 構え、ボールの位置なんかが見落としガチ に
 なるのが多いんじゃないですかね。

 コースの中で 目標に真っ直ぐ構える って
 思っている以上に簡単じゃあないですから
 それに伴う ボールの置き位置 の問題は大きいと思います。

▲札奪謄ングの問題は大きいと思います。
 弊社のセットで有れば 問題ないと思いますけど
 一般的な普通のクラブで言うと
 昨今、特にここ5年位で
 ドライバーを飛ばせるようにする為、
 ドライバーシャフトのシャフトの硬さ、
 柔らかさというのは かなり進みました。
IMG_0361
 振動数、シャフトの硬さを表す数値がありますが、
 20年前の SRシャフトの平均値が 250cpm
 10年前で 240cpm でしたが
 今では 普通に SRで 230cpmを切るモノ
 220cpm台、場合によっては 210cpm台 のモノは
 決して少なくありません。

 シャフトは R→SR SR→Sシャフト、
 だいたい、ですけれど 1フレックスの差 が
 10cpm位ですので
 表記されている シャフトの硬さは同じSRだけれど
 20年前のモノであれば レディースの硬さ よりも
 柔らかいシャフトになっている場合も少なくありません。

 シャフトが柔らかくなったことは
 飛距離にも、スイングにも、からだにも
 とても 良いコトで どんどん進めて貰いたい ですが、
 ヒトツ 問題があります。

 フェアウェイウッドは ドライバーに比べると
 購入頻度が緩やかで ドライバーは最近のモノ であっても
 あまり使用頻度の高くない フェアウェイウッド は
 5年前、10年前 もっと古いモノを使っている人も
 かなりいると思います。
重心のかかり方 (3)
 同じ機種、同じシャフト、同じブランド、
 同じシャフトの硬さ『表記』であったとしても
 多くの場合、ドライバーよりもフェアウェイウッドの方が
 必要以上に『硬め』に仕上がっているコトがほとんどで、
 フェアウェイウッドの方が『柔らかめ』に仕上がっているモノ
 を 私の経験で見たことがありません。

 その上で、同じシャフトの硬さ『表記』 SRであっても
 10年前のモノは フレックス位硬い、
 会心の当たりをした 今のドライバー が SR とすると
✅地面にあるボールを打つ
✅ティーショットよりも傾斜やライなどが絡む
✅自分への期待度が高い  条件の中で

 XXシャフト、ダブルエックスと同等の硬さの
 フェアウェイウッドを打つんですから
 届かず 頭を叩いて チョロ は
 想像が難しくないと思うんですね。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」


店長「フェアウェイウッドを買い替えなさい、
 シャフトを入れ替えなさい と言う話しではないですけれど
 双方の シャフトの硬さの互換性 は
 確認しておいた方が良いと思います。」
IMG_0590
質問「なにか 対処法は無いんですか❓」

店長「硬いシャフト 長いクラブ 地面から打つ
 の組み合わせに対処方法は非常に少ない、
 かなりの確率でミスは確定していると言っても良い程…。

 あえて言うのならば
 8割とかではなく
 5割位の感じで使うのが対処法と言えるかも…。
 力加減とか振り加減、スピードでは無く
 半分の距離を打つ『つもり』で使う感じです。」

質問「😵 😵・・・・」

 
店長「あと もう一つ なんですけれど…。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「肩を廻して見える のは
 考えれば 当たり前 なんですが、
 その土台の骨盤、胴体が
 向きを変えている から であって
〇見かた山下
 逆に 積極的に『肩を廻そう』とすると
 ……この場合は ヨコ、水平方向に ですが
 骨盤、胴体の回転を阻害しがち になって
 胸郭で回れる 1/3 をするため
 股関節で回れる 2/3 の回転を邪魔してしまいます。

 また 腕を下げる、上げる を
 意識し過ぎてしまうと
 それも 胴体側の肩周りの動きを邪魔してしまうので
 回転前提が一つの流れ、ひと塊に
 ならなくなってしまいます。

 クラブの先端、ヘッドを振る のと同じです。」

質問「だから 肩の回転は上下の動きになるんですね。」

店長「そうですね。
 肩の回転は縦…と言うよりも
 上下に・・・

 あのマイケルジャクソンのスリラーのダンスの
 動きに近い(0:45〜以降)と思いますよ。

 ゴルフ用語で言うと
 ギッタンバッコンに近い動きですかね😊

 ダウンスイングで腕を降ろすのではなく
 右打ちの人であれば 左肩を下げる。」

質問「右肩が下がっちゃいますよね❓」

店長「それでいいんです。
 左肩の上がりに応じて 右肩が下がるのを
 怖がってはいけないです。

 厳密に言えば それは前傾姿勢のヒトツ で
 右肩が下がっているのではなく
 股関節が折れている から そうなる『だけ
です。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 その動きで 腕は下がる…
 腕そのものを下げている訳では無いけれど
 正しくは グリップは低くなる。

 それが 肩 と言う言葉、もしくは箇所であれば
 『肩の回転』です。


 肩を上げる。上下させる。
 それを 先にやっておく意識 の後、
 お腹を左に向ける。

 肩の上下の動きで
 胸郭、胸椎は動きますから
 おおよそ半分の回転はそれで、
 ですので 脚でお腹を左に向けるには
 回転は 90度 で 足ります。

 肩を水平に回そうとすればするほど
 結果として 腕やクラブという長さが伴う
 重量物に遠心力を掛けることになり、
 それをするために 骨盤〜股関節による水平回転は
 妨げられてしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレって ゴルフのスイングにおける
 からだの回転の 最大のパラドックスだ と思うんですね。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
 からだの構造って
 よく言う 腰回りって
 腰椎に該当しますけど
 骨盤、腰椎は殆ど 回転できません。
 幾つかの合計で 5度程度 です。
 からだが壊れないようにするための遊び、余裕程度です。

 スイングで言う からだの回転は
 1/3は胸椎、胸郭
 2/3は股関節
です。

 多くの人は 肩周り、
 そのまた 多くが 胸椎を動かすんでは無く
 両腕の長さの入れ替え で
 胴体の上部を 下部に対して『無理に』回そうとするが故に
 本来の回転の主…なる筈の『股関節』が動かせなくなります。
股関節
 嘘ではないから 余計、困るんですが、
 肩を廻す と信じているから
 運動の主では無い筈の 肩を廻そう とするが故に
 腕を ヨコに 回転の方向に準じた方向に振ろうとしがち。


 それをしようとすると
 股関節が使えなくなる というパラドックスです。


 胸椎でも似ているんですが、
 両腕の長さ の入れ替え を 回転の主としてしまうので
 当然、と言えば当然なのですが、
 長くなっている腕が 邪魔 になります。

 テークアウェイで長くしてしまった 右打ちの左腕が
 短くしたいダウンスイング以降で その長さが邪魔になるのが
 スライスの原因で有ったり します。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
 回転しようとすれば するほど
 今度は ダウンスイングで右腕が長くなってしまう、
 本来の意味の 体のアウトサイドイン ですが
 望ましい 軌道で クラブを入れてこれません。

 運動としては
 胸郭、肩周りは上下に動かして
 右向きでは お腹を足で右に向ける。

 ダウンスイングも
 肩周りは上下に動かして
 お腹を足で左に向ける。

 その量は 実際のモノは 合算のモノなので
 実働は その半分で良いのです。

 肩周りは上下に使いますから
 両腕の長さの差も少なくなります。
 よく言うトコロの 腕の三角形が維持し易い でしょう。

 回転に伴って グリップの位置の高さを変えるのに
 上下の動きは非常に融合し易いと思います。

 脚を使うのも トップからフィニッシュへ、
 180度廻る必要はなく その半分で良い訳です。」

質問「不思議…です😵」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
店長「でしょ😶
 コレって 知識として かなり革新✊だと思うんですね。」

質問「そう思います。」

店長「からだの回転の仕組みを知って
 それに準じた クラブの動かし方 をした方が
 絶対 スムースになると思いますよ。 Ⓡさん
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「確かに トップの位置から フォロー・フィニッシュまで
 180度位 からだの向きは変ります。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 でも・・・・・・・・・

 是非、自分でやって貰いたいんですけど😳」

質問「はい。」

店長「クラブを持ってても、もって無くてもいいですけど…
 自分なりの右向き(右打ち) トップの状態。

 その状態って 脚が中心で
 お腹なり、骨盤、秀二が右を向いていて
 ヘッドは兎も角、
 グリップは自分の両肘の間に位置していて、
 からだ全体では 右側の方が高くなっている。

 そんな状態から始めて頂くと…。」

質問「はい。」

店長「からだの回転は グリップを移動させる為で
 からだの回転の為の からだの回転じゃあないですけれど
 感覚的に からだってどう動くのかな? は
 知っていて損はないから やって欲しいんですけど…。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s
その状態から 左肩を上げる、
右肩を下げる でも構いません。

からだの回転、向きを変えることをすべて忘れて
右を向いた状態で
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0左肩を上げる、右肩を下げる、
回転では無く、上下の動きをすると
からだの向きって 変わっちゃいます。

概ね、正面を向いちゃう…
向きかかっちゃう…んですね。」
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0sk
質問「・・・ あれ?・・・・😧」

店長「はい。
 からだの構造ですね。

 からだの回転って
 右向きであっても、左向きであっても
 向きを変えるのって
 1/3 胸椎・胸郭周りの動き で
 2/3 は 股関節廻りの動き です。

 荼なり、藐を上下に動かしてしまうと
 同時に胸郭・胸椎って動いちゃうんですね。
 からだを守ろうとする動きだと思います。

 右打ちの人で 右肩を上げる、
 右側がひっつられて 高くなっちゃうと
 右向きになり易い。
〇見かた18s
 その状態で 左側をあげる、右側を下げると
 元の姿勢に戻ろうとします。

 その逆って 無理をしないと出来ません。」

質問「なんだか不思議な感じ…😶」

店長「その状態で お腹を左に向けると

 結果✋ としては
 右向きが左向きに… 180°向きを変えるんですが、
 『向きを変える』という
 それに準じた回転させる運動は
 90°〜100°分位しか していないんです。

 それを同時にやってるのが 回転です😶」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」

2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s

店長「特に へそから上は
 回転する動きに あまり 関与していない、
 ヨコへの動きは 殆どしていない んですね。

 にもかかわらず 胸やお腹の向きは
 右から左に 180度 回転してしまっています。

 クラブを振る、振らない 以前に
 からだの向きを変える動作は
 こんな仕組みが基本です。


 確かに結果は 180度ターンしていますが、
 回転に準じた積極的な動作は
 90度 お腹の向きを変える だけ。

 クラブを持っている が属している
 腕、肩周りは 回転と同じ方向の横の動きは
 ほとんどしていません。」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」

店長「トップの位置から
   180度回転するモノ✊
       肩は回すモノ


 回転はそう言うモノ と思っているのと

 肩周りは 上下に動かして
 下半身での お腹の向きは90度位しか換えない。
 それを同時、連動して行うだけ…。
 特に 肩周りに 廻すという感覚はない
 
 は どうクラブを動かすかにも
 かなり違いが有る と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「胴体の方の肩で廻るコトの出来る方は
 私たちの年齢向きでも、アマチュア向きでもないので
 話としては触れません。

 からだの向きを替えるは脚の動きが中心で
 それ以外の部分は あくまでも補助的な
 多少の促進効果はあっても あくまでも脇役です。
334151fd
 そして 意外に思うかも知れませんが
 傾きはあった(前傾姿勢)はあったとしても
 からだの向きの変更は
 胴体に対しては横の動き、
 重力に対して真っ直ぐな動きを垂直とすると
  重力に対し 平行に近い、
 水平方向に近い動き なんですけれど・・・



 コト ゴルフのからだの向きの変更は
 部位の動作としては 上下の動き、
 左右の腕の長さの入れ替え ではなく
 上下の動きにとても近い です。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「右打ちの人の右向き…テークアウェイでは
 ポイントになる 腕の付け根〜肩部
 そして 右の股関節を高くする のと
 お腹なり、秀二なり、骨盤を右に向ける動きが
 合体したような感じです。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「少しオーバーに言えば
 クラブ無しのからだの感覚的には
 右肩部、右股関節が上にひっ吊れたような動き に
 近いと言えるでしょうか。
 それには 右肘、右上腕の誘導が良いかも知れないです。」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40

質問「 は? ( ゚д゚ )」


店長「クラブ無しで実際にやってみると 分かり易い😶
 分かり易いけど馴染みにくい動きでしょうね。

 でも、そうすると 綺麗に右を向けます。

 
 コレ 腕の長さの入れ替え をからだの回転と
 間違った思い違いをしていた方の 問題になる部分でもあるんですが、
 テークアウェイを右サイド、右腕、右肘主体で
 行った経験がありません。
 伸ばして押し込まれた左腕のせいで
 脱力された右腕が曲がり〜短くなっただけ 程度の存在ですから。

 それを右腕が主体となりクラブを持って行う
 難行苦行がひとつ。

 今までは 伸ばした左腕に右腕がかぶられていたので
 右サイド、右肩、右股関節が高くなる感じの体験がありません。
 この感じも初体験になる訳です。

スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s

 それとね ちょっと 気になるんですけれど…

質問「ナニを ですか❓」

店長「右打ちの人で言うと 右向き、
 左打ちの人で言うと 左向き、
 テークアウェイ、トップへの 準備としての
 からだの向きって言うか、回転 よりは
 やはり ダウンスイング〜フォロー側 の
 回転をどうしたら良いのか という方が
 注目されると思うんですけど…。」

質問「そうですねー。」

店長「右打ちで言いますと
 トップで、自分なりの右を向いている状態から
 ボールを打つ と言う過程を経て 左を向く って…

 
やっぱり 180° 向きを変える んだ✊✊✊

 って感覚なんですかね❓」

質問「は? 😶」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【シャフトの役割はグリップを動かす、クラブの進みを継続させる為のモノ】



店長「ハンドファーストの位置までグリップを持ってきて
 ソコで我慢して ヘッドの遅れを待つ。」
会田20210701 - frame at 0m16s
質問「よく耳にするような。。。
 話し なんですけれど😶」


店長「ですねぇ…
 それって "一般的な" シャフトへの要望にも多い と思います。

 しなって    遅れているヘッドが
 インパクト付近で
 しなり戻って  ボールを弾いて打つ。

 で 聞きたいのは その間、
 その動いている部分『以外』 は
 どうなっているんですか❓ と。」

質問「モノの法則的に言えば
 シャフトでなかったとしても 歪んだものが
 復元するのって どこか止まってないと出来ませんよね。」

店長「そうですね。

 そもそも シャフトって打撃時のボールの負荷
 を支えるコトがの役割のヒトツではありますので
 そう言う意味合いで ヘッドを動かすは
 無い訳じゃあないですけれど
 その打撃時のボールの負荷に負けない為に
 ヘッドだけでなく、クラブ全体を前に進ませる、
 運動、移動を継続させるというのが
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 ヘッドでボールの負荷を支える よりも大きいです。
 コチラがメインの役割ですね。」

質問「なるほど」

店長「棒のどこかが止まって
 どこかで支える ようになってしまうと
 チカラはどこか、別の場所に逃げてしまい易い。

 それよりも ヘッドの慣性モーメントと同じですが、
 大きな質量、大きなモノが
 運動を継続した方が 負荷への対処には強い。
 物理的に考えるとそうなります。

 ですので インパクトで
 ヘッド単体が走って ボールをさばく
 そんなシャフトは 飛ばない か
 身体への負担が 大きくなるか
 どちらかになってしまいます。

 シャフトが走る は
 先っちょが走ってるんじゃなくて
 クラブ全体が走っている
 から 打撃負荷に強いんです。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 故に 当然、グリップが押されます。
 クラブ全体が押されている形にするのには
 テコじゃないですけど
 グリップが前に行ってくれないと
 変な方向に力がかかってしまいます。

 シャフトが走ってる って 言葉としては
 なんか キャッチコピーとしては優れてます けれど
 申し訳ないですけど そこにゴルフだけに適用される
 特殊な法則はないので
 シャフトの役割は グリップを動かす、
 クラブ全体の進みを継続させる為のモノ と
 理解した方が スイングへの影響は良いモノになると思います。

 グリップが止まって ヘッドのみが走る は
 スイングへの悪影響が大き過ぎますし
 【ほとんど良いコト無し】
 からだへの負担も大き過ぎます。


 どんどん左グリップ、左手、左腕への負担が増えていきます。
 まあ チカラ、腕力のある人のイメージなんでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング造りで結構、怖い部分ですけど

 ハンドファーストを間違えてはイケナイ   …です。」

質問「 ウッ…。 」
F5sjEuZbUAACM4a
店長「ズリズリドリル
 ドリルと言えない ズリズリ遊びで
 グリップを引き摺って ヘッドを動かす
 スイング動作と全く関係ない、
 歩いてグリップを引き摺って貰う
  をやって貰っても
 思いの他、多くの人が
 シンプルに グリップを移動させて
 移動させ続けた その過程でヘッドとボールを
 コンタクトさせる というコトが出来ず、
 👉ボールを打つ って行為を意識し過ぎるから なのか
 そのボールを打つ為の 任意のポイント に
 グリップを動かし、そこで止めて、
 その反動も利用しながら ヘッドでボールを当てる
 と言う、似ているけれど 全然、違う 打撃感覚を
 持っています。 

 それと同じ、
 打撃の手順がそう言う感覚なのだと思います。」

質問「分かります…😌。」

店長「手の返し、ヘッドターンやフェースローテーション と
 ハンドファースト というのは
 実際には 流派の違う、対極に近い、別なモノ。

 二つを共存させるのは易しくないです。

 ズリズリ遊びと同じ感覚なんだと思いますが、
 ハンドファーストの位置、
 ボールより前、飛球線側の 自分なりの仮想ポイントに
 まず グリップを先に入れ、
 ソコから クラブのリリースで ボールを打つ。
 左手、右手 って手順ですね。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





 それがかなり多くの人の
 ハンドファーストを取り入れた 自分の打ち方
 だと思います。

 そのままを表した言葉は
 しならせたシャフトをしなり戻す とか、
 遅れたヘッドを待つ とか、
 場合によっては 左サイドの壁も該当するかもしれません。

 しかし ハンドファーストの意味は
 そのまんま 引きずる ですけれど
 ボールは ヘッドの重さ によって 遅れて来る分、
 そのまんま 打ち抜く、打ち終わる で
 決して その遅れを取り戻すコト ではありません。」

質問「そこが理解出来ないと 永遠の謎というか、
 なんか自分のショット、スイングとの矛盾は解消されない のですね❓」


店長「恰好だけのハンドファーストを取り入れても
 その本質が見えていないと
 良いことは起こり難いと思います。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 スイングの打撃、インパクト以降の
 動作の終わり、終末に向けて 減速し始める
 フォロー以降は 運動慣性の残っているヘッドに
 グリップや自分が追い越されることは有りますし、
 それを無理やり止める必要はないですけれど
 それは 打撃ソノモノよりも惰性、おまけに近い部分です。

 ハンドファーストの原理は
 ハンドファーストを『形として』一度作り、
 その遅れを取り戻す、ヘッドファーストにする
 前準備ではなく、
 ショットは ハンドファースト状態のまま、打ち終えるコトで
 二つは 似ているようで かなり違います。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 ココの部分に 多くのゴルファーは惑わされていますし、
 正しい理解が成されないまま
 恰好、形だけ追い求めてしまうのは
 ダウンスイング後半、インパクト付近の
 その煩雑な 忙しい作業は
 一番大事な からだの回転を置き去り、
 かなりのケース 止めるコト につなげてしまうので
 思っている以上に 深刻なのです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分なりのインパクト って
 どういう印象、イメージですか❓」

質問「アドレスと同じ ではないですけれど
 クラブが こういう感じ❓ で当たる感じですかね…。」

F5sjEuZbUAACM4a
店長「地面を引き摺ったヘッドで
 ボールとヘッドをコンタクトさせる場合
 を想定して頂くと良いと思いますけど、

 当たり前ですけれど
 ボールとヘッドをコンタクトさせるには
 ああ グリップはここら辺を通過しないといけないな
 ってのは あると思います。

 どういう道のりで ってのもありますね。

 スイングで言うトコロのトップから
 腕やクラブを積極的に動かすと… 特にこの場合はヘッドですね。
 理想的には固定、半固定ですけれど
 トップの位置から ヘッドを動かせば
 その動かしたことによって グリップを移動させたい道のりも
 ボールを当てるのに 通過させるポイントも
 必ず 影響を受けます。

 引きずる場合は グリップですが、
 スイング動作でも同じで
 グリップを引き摺った分、 以上に ヘッドを動かすには
 絶対に グリップ自身の進行の低下、移動不足が起こります。
 ですので ショットでの ダフリ は
 絶対に ボールの手前で
 ボールの先をダふることは 余程、特殊なことをするか、
 思いっきり それを意識しない と中々出来ません。

 遠くへ飛ばす、
 思った通りの方向へ飛ばす、
 似たような弾道にする、
 そして それを繰り返す、
 それらを出来るだけ同時に達成するには
  ボールとヘッドをコンタクトさせる為の
 グリップの通過ポイント、
 前後の道のり それを意識するべきで
 その通過ポイントの時には
 グリップがどうなっているのか、
 思った通りのポイント、道のり を作るには
 出来るだけ 多くのモノを動かさない、
 からだの向きだけが変わるとか、
 大きいモノがひと塊で動くけれど
 細かいモノがたくさん動かせば
Q2023918Q20239180Q20239181






 その影響は 必ず グリップに至るので
 思い描いたポイントを通過できない、
 思い描いた移動ラインから外れてしまう のです。

 クラブ全体の姿勢は多少あるかも ですけど
 ヘッドがどういう風に って考えると
 多くのケース、グリップの移動は滞り
 インパクトと思っている時に 望んでいるグリップの
 到達地点に辿り着けません。

 ヘッドの最下点が手前に…
 ロフトも増えている、 というコトになります。


 私の個人的な感覚ではあるんで
 参考になるかは分かりませんが、
 切り返し、ダウンスイングが始まってから
 ボールを打ち終わる、フォロー辺りまで
 クラブの重さ、ヘッドの重さって 全く感じない です。
 無い に等しい感じ
です。」

質問「無いんですか❓」

店長「
無い ですね
334151fd
 振り返ってみれば インパクト時、
 まあ 正直にどの辺りかは よく分からないんですが、
 ボールを受けた その重さは余韻みたいな感じで
 存在はしていますけれど
 ヘッドの重さは 弊社の悶絶クラブの重たさ でも
 感覚的には ほぼ 『無い』 ですね。
 
 切り返しから 重くなるとか は全く無く、
 ダウンでは クラブの重さは 消えてしまっている… ような感じ。
 トップの位置でのクラブの重さのまま、
 なんだとは思うんですけれど
 ボールを当たり終え、フォロー辺りで
 その重さが 忽然と 戻って来る… そんな感じ です。」

質問「😶 😶 😶」

店長「上手く動かせていない時、
 上手に動かせていない時 は  あります。

 切り返し〜ダウンスイング〜フォロー の中で
 ヘッドを感じる、ヘッドの重さを感じるのって
 グリップの移動分以上にヘッドが動いている、
 ヘッド姿勢が ボールを打てる状態で無い、
 と言う時に やって来ます。

 インパクトも ココ と言うのは無いです。
 ここら辺、通過する ここら辺かな 位のかなりアバウトな、
 点、ポイントとしても
 スイングの中での タイミングとしても
 インパクトはココ✊
 というのは感じませんし、分かりません。
 意識したことも無いです。」

質問「そ、そうなんですか❓
 インパクトはココ、クラブはこんな感じ って
 言うのは 結構、はっきりあります。」

3
店長「感覚的なコトなので 是非は無いんですけれど
 それって やっぱり グリップの移動に対し、
 ヘッドの方がたくさん動いている、
 ヘッド、クラブの重さを『動かしている』から
 ヘッド、クラブを『動かそう』としているから
 のような気がしてならないんですが…。」

質問「そうなんだと思います。」

店長「なので シャフトの剛性や材質、耐久性の問題で
 実現は出来ない、実行はしないと思いますけど
 昔、北の某所で誰かが言っていたと思うんですが
 1キロのヘッドでも 普通に打つコトは可能だと思います。

 そう言う意味合いでも
 ヘッドの重さ って言うか
 ヘッドの重さを使え って
 真逆なんじゃないかな
 って思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはアプローチに限らず ショット全般に渡って
 そうなんですけれど…

 多くのショットやアプローチって
 教室で座学して習う って言うよりも
 動画とか、写真を見て 真似る って部分が
 結構、多いと思うんですね。」

質問「そうでしょうね。
 かく言う自分もそうです。」


店長「アプローチの場合、『振り子』もその一つだと思うんですが
 誰かにそう言われた訳でなく
 なんとなく そうなんだ と思っていることが
 結構、ショット、アプローチに影響を及ぼしていると思います。」

質問「どんなコトです❓」

店長「ショットには 芯って言うか、軸って言うか、
 回転運動をする 支点・支柱ってあるもんだ、
 動作をする時に それを意識しているかは分かりませんが、
 回転運動なんだから 軸がぶれないのは大切 って位には
 思っているじゃないですか⁈」

質問「そうですね。」

店長「それは間違っていないですけれど、
 アプローチした時、ショットした時、
 その自分自身の運動の軸と クラブの支点 は同じじゃないです。」

質問「❓❓❓」

店長「まず 第一に
 しつこい話しになっちゃいますけれど
 クラブって棒状になっていて、その先に重さが付いてます。」

質問「はい。」

店長「重さは 動きたくない、そこに留まりたいチカラ ですので
 からだの回転であっても、手で振るんであっても
2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m17s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m18s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m19




 グリップを動かしても、その重さが掛かる分、
 ヘッドは居残りしながら、後ろ髪をひかれながら 付いて来ます。」

質問「はい。」

店長「アドレス時に 画像などの二次元では
 クラブの延長線上、グリップエンドの向いている向きは
 自分を、
 自分の運動する軸や支点・支柱を向いていますが
 運動をし始めると
 特に、切り返し以降、
 ヘッドがその重さで遅れて来る分、
 自分の運動の軸や支点・支柱よりも
 右打ちの人であれば 左を向くような、
 自分の左隣 の どの辺り とは指示は出来ませんが、
 左を差し続けます。 」
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34s

店長「ところが このアングルから見た場合、
 あるトコロに行くと…
 フォロー側で からだが左を向くと
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 自分の方をグリップエンドが向く、
 クラブの延長線上が自分を向く、
 場合によっては 運動の軸や支柱と同じ方を
 向いて「見える」アングルが出てきます。」

質問「! ! ! ! !」

店長「コレを見てしまい、アドレス、切り返し を
 つなげて連想してしまうと
 グリップエンド、クラブは ずっと
 自分の方を向いている、
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 場合によっては 自分の回転運動の軸点、支点と向いたまま、
 クラブヘッドの重さの常識を度外視して
 振り子運動しているように 錯覚してしまう場合が
 生まれている、錯覚している人が結構、いるかも❓
 って思います。」

質問「はい。今では理解していますが、
 以前は そういうイメージでした。」


店長「スイングが進行して行くと
 シャフトの角度がどんどん 自分向きに
 変わってくるように『見える』のは
 シャフトの角度が回転したのではなく
 自分の向きが変わって
 撮影している視点・角度が変わったからで
 時計の針のように
 グリップエンド・クラブの延長線上が
 針の真ん中=自分 では無いのです✊


コレって この映像を見て貰うと分かりますが、
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ
 茲痢悗海粒囘戮らの』写真では
 グリップエンドは自分を向いていますが
 蕕痢悗海舛蕕粒囘戮らの』写真では
 左を向いているので グリップエンドの向きは
 自分のからだよりも左を向いていることが分かります。

 ヘッドは自然にしていれば
 運動の速度やヘッドの重さ分、遅れるモノ ですが、
 それを 遅れない というコトになると
 自分でもやってみると分かると思いますが、
 なんらかの 細工 が、
 スイング中 必要のない『余計な』アクション
 が必要になってしまいます。

 速度が速く、その速度で誤魔化せる
 ショットの場合は 推奨はしませんが、ナンとかなりますが、
 速度が緩く、ボールがフェースの乗らないアプローチでは
 その『余計なアクション』は そのままミスの原因、
 また 繰り返しを困難にさせる要因になります。

 そこのトコロ、実は誰かも教わっていないのに
 なんとなく ぼや〜ん とそう思っている人も居ると思いますが、
 それが ミスの原因になっている可能性が低くないです。

 ヘッドは遅れるモノ、
 シャフト・クラブの向き、グリップエンドは
 自分を指すことは 運動を始める前だけで
 いざ 運動が始まると グリップエンドは一度も自分も向きません。
 自分よりも 左を差し続けているモノ とご理解下さい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします


パイロットモデル案 あがりました
L型マレット画像
L型マレット

L型マレット画像 (002)

L型マレット画像 (002)



✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします
 ー * ー * ー * ー * ー

あるお客様との会話から始まりました。

「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463














 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

納期 〇年内〜来年年明けを予定しております。

価格 〇ヘッドは量産する予定がありませんので 金型は造りません。

   削り出し用の粗型のプログラミングは致しますが、
   最終的には全行程 手削りになると思います。

   何度 修正するか、
   場合によっては素材調整もあり…ですので

 現状、価格は分からない状態です。

 そこそこの高額品になる…と予想されます。

個別仕様ですので

   〇仕上げ、長さ、硬さ、ライ角度・ロフト角度、

   ベーシックにはサイトラインは入れませんが

   ご要望であれば その他、何かのマーク・ロゴ等も含め

   個別の対応は可能です。

   

〇デザイン・シルエットについては 随時、ブログにてお見せする予定です。

 何か リクエスト・アイディア・提案等ございましたら お知らせください。

 最終的には 私・野澤がデザインを決定いたしますが、

 多くの提案等お受けしたいと思っております。


〇価格はおそらく、ですが、10月頃に確定するかと思います。


 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで

✋✋今月末(11月末)までは 【最終】募集受付いたします

また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 555g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ