◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年10月


店長「テークアウェイ初動でグリップやグリップエンドが
 からだから離れる。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)







 テークアウェイでヘッドの重さを正しくない使い方で
 その勢い、反動感でトップに行く。
 テークアウェイそのもの速度が速い。

 これらに該当する人はとても注意が必要です… が

 カタチを追いかけて治すことはほぼ不可能です。
 その理由を説明しましょう。」

質問「はい。」

店長「テークアウェイの時点で
 ヘッドを振ってしまっていますので
 帰りに相当する ダウンスイングでは
 当然、ヘッドを振る 腕の動きが必要です。

 また 肩で廻る人の殆どは
 腕の長さの入れ替え なので
 左向きが始まると 左腕を短くする、
 右腕を長くする必要が生まれます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 あえて 表現するのであれば
 からだを廻しているのではなく
 腕の長さを入れ替える為 胴体をよじっている
 が正解な気がします。

 世の中でよく言う
 右肩のツッコミ は
 右肩が下がる事ではなく、
 その腕の入れ替え、右腕を長く必要があるので
 ボール側に 右サイドが寄ってしまう、
 左腕を短くする為、左サイドが逃げてしまう コトで
 根本を対処しない限り、
 右サイドが突っ込むことは打つ行為ソノモノ ですし、
 フォロー側で左腕が妙に縮こまってしまうコト や
 からだが開いて(見える) 実は左腕を短くする為、
 左サイドが逃げたのがそう見えただけですが、
 それも打撃行為ソノモノなので
 治すことが出来ません。
 それを受け入れて
 それでも打てる方法を模索する必要があります。 

 問題はダウンスイングに大きく残ります。

 左向きを始めるのに 右腕を長くする必要があるのですが、
 それは 右サイド、右腕の付け根〜藐が振られない と
 実行できません。
スクリーンショット 2023-08-18 112927
 しかし、それはスイングで言う 超アウトサイドイン、
 外から掻いてきてしまう になりますから
 寝かしたクラブをより寝かして インからの進入が
 間違った形での進歩、向上になります。

 その時、想定以上に フェースは向きもロフトも
 だだ開きになりますので フェースローテーションは必須。

 テークアウェイでヘッドを振り始めた動きも相まり
 ダウンスイングでの 右腕の伸ばしによる
 クラブのリリース、ヘッドの振りは
 スイング『っぽい』動きと合致します。
会田20210701_Moment
 あとは 左の壁 と信じている
 支点になる左腕の停止、ロック、制動 で
 ヘッドの振り、スイングの円弧、フェースの返し を
 からだに馴染ませるコト で一旦の完成を迎えます。


 ✋じゃあ 腕の長さの入れ替え ではない
 どこ場面で有っても 両方の腕に長さの都合が付いている、
 片方が長い時はもう一方も長く、
 片方が短い時はもう一方も短い、
 腕の長さの入れ替えで無い 胴体の向きの変え、回転に
 移行出来ない理由が山積みにあるのです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そして そのいずれもが 自分の打撃の根幹、
 どれを欠いても 上手く打てない、当たらない のですから
 はい カタチだけ真似て からだの回転をする✊
 と言う訳には行かないのです。」

質問「・・・はぁ🤒」

店長「多くの人に否定されますが、
 ハミングバードで言う
 テークアウェイは左腕を突っ張らかさず
 曲げた状態でしてみましょう も
 その 腕の長さの入れ替えを消すためのモノ です。

 右ひじを外に、やや高めに移動させる も
 腕の長さの入れ替えで 向きを替えているではなく、
 それに伴って 胴体がよじれている を
 右半身も背後、後方に移動させ 胴体の向きを替える
 トレーニングの一環です。
 勿論、スイングとして定着するなら 尚、良いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 このボール付近の
 円弧で言うと 多少、大袈裟ですけれど
3
 下半分の円、
 ボール側への横半分の円、
 この領域にクラブを入れてしまうか、
 意識して入れてしまうか、どうか😶

 勿論、からだの回転と連携していれば
 傍目からは 入るんですけれど、
 入れるの と 入っちゃう のは
 ゴルフスイングの場合、かなり大きな違いです。」
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m16s







質問「分かってくると なんだか恐ろしい と言うか、
 入れてはいけない領域があって
 そこに 自分で、手さばきで入れてしまう人は
 その 存在しない筈の領域のコトばかりを
 過去の自分も含めて、ですが、考えてしまうような気がします。」


店長「そうですね。
 まるで 幽霊のような話です

 関連する 似ている話があります😿
 ヘッドの重さばかりじゃありませんが、
 重さは『そこに留まろうとするチカラ』
 目方、数量の1舛箸200gとかは
 そこに 留まろう とするエネルギーの単位 です。

 ところが ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
 と考えると 途端に その真逆、
 自然の摂理に逆らって動かそう とするのですから
 そこばかりを考えるようになる、のは仕方ない
 んじゃないですかね。」

質問「むむむむむ…ですね。」
Q2023918Q20239180Q20239181






店長「😌 ソコがゴルフの面白さ でもありますから
 その ショットの、スイングの根幹になる部分の仕組みは
 知らない方が良いのかも知れませんね。

 ボールを打つ付近で
 クラブを自分の垂直、アドレスの方に戻す方が
 動作の技術としても明らかに難しい、
 スイングの中で一番速い動きの時間帯の中で
 1/1000秒単位で ミリ単位の動きをするコトになります。
 
 コレは 重要なポイントなので
 ゴルフをやる際も覚えておくと良いのですが、
 ゴルフはミスが連続するゲーム、
 ほぼ すべてがミスで構成されるゲームです。
 その行為ソノモノの難易度が高いのも良くありませんが、
 その修正、改善方法に規則性がないのは
 そのゲーム性にとっては 致命的 なのです。

 話がしつこくて申し訳ないのですが、
 グリップを引き摺って その分だけ、リニアにヘッドを動かすのなら
 グリップの通り道、行き先、その速度 も
 規則性の伴う修正が可能です。
 曲がりを治したいのなら グリップの進み道を基準に
 それに対し、フェースの開き加減、閉じ加減を調整…
 というよりは セットアップの時点で変えて置けば良い だけです。
〇見かた18s〇見かた21s









 始めの一歩を理解してしまえば、身に着けてしまえば
 修正には規則があり、それはちゃんと反映されますので
 自分自身、誰に頼らなくても修正が可能ですが、
 ヘッドを積極的に動かしてしまう、
 グリップの移動で、では無く、ヘッドを単独で動かしてしまう場合、
 そこに規則の有る修正は有りませんし、
 それがどう反映するかは やってみないと分かりません。

 大袈裟言えば 毎回、イチかバチか のショットに挑戦する
 に等しいのですが… それもまた楽しいですから
 それがゴルフじゃない、スイングじゃあ無い、間違ってる
 とは思いません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このイメージを実現、具現化、
 ボールを打つ、打たないは別にして
 クラブをもって イメージを作ってみると
 肩の回転 〜腕の長さの入れ替え を
 からだの回転
✊ と思っていた人は
 ある異変、ショック、この場合は良いショックですが、
 感じる可能性があります。
Q2023918Q20239180Q20239181






 腕の長さの入れ替えで 体をよじる場合、
 右打ちですが、切り返し、ダウンスイング以降は
 右腕を伸ばす為、右サイド、右肩がボールの方に寄ります。

 腕を伸ばすための空間を確保する為、
 その対になる 左サイド、左肩をボールから離しますが、
 インパクト周りの 両グリップもそれに伴い
 右グリップの方がボールに近づき、
 左グリップの方が ボールから離れ気味です。
 両グリップの位置関係ですね。

 *インパクト付近でからだが起き上がったり、
  からだをすぐに、大胆に左に向けることは良いですが、
  最近の 変な意味での 靴、足の踏み変えによる
  からだの開き、飛球線向きは
  その 空間確保によるモノ ですので
  お薦め出来る代物ではありません。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s






 ところが😶😶
 ボールのあるトコロのポールの内側を通過する、
 インパクト付近での
 自分とボールの空間に 自分のからだに平行のような
 飛球線に垂直、
 地面に平行 のような状態で
 グリップエンド、クラブを抜くには
 右手の方をボールに近づけたら
 ソレは達成できません。

 感覚としては 左グリップの方がボールに近いまま、
 インパクトを過ぎ去る、そう言う感じです。

 腕の長さの入れ替え、肩を廻す そう言う系列で
 ダウンスイングで右サイドが突っ込む、
 右グリップの方がボールに近づく のを
 正しい意味での『アウトサイドイン』と言います。
(回転でのアウトサイドインは良くないモノですが
 正しい意味で と言うと誤解を生み易いですね)
 ヘッドがどういう経路になるか に関係なく。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 その動きで ヘッドがどこを、どう通ろうが
 ベースの『アウトサイドイン動作』は抜けませんし、
 その修正は付け焼刃で、ヘッドの通り道での
 見た目のアウトサイドインの解消は付け焼刃
 でしかありませんので
 スライスが解消した✊と思っても
 何度でも、永遠にカードの裏として控えています。

 右サイドがボールに近づくので
 アプローチの苦労は恒久的に続くと思います。


 ✋からだが廻る ✋からだの向きが変わる
 と言う動作が加わるので
 結果として、傍目からは右手の方がボールに近い、
 左グリップの方が自分側なんですが、
 それを実現する🤩には 左手の方がボールに近い、
 右手の方が自分側、と言う意識😶
3
 ✊右グリップを『意識的に』ボールの方に近づけると
 からだの回転との連携は解けてしまいます…
    😳 と言うもどかしい現実が待っています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「是非 質問をして下さい😃」

質問「え?」

店長「それじゃあ ボールに届かない、
 当たらないんじゃないですか❓ って」

質問「 それじゃあ ボールに届かない、
 当たらないんじゃないですか❓ 」


店長「あははは。ご協力ありがとうございます。

 その通りですね🤩

 だから からだの回転、向きが必要 なんです。

 もしも ボールと自分の空間に
 自分に対して 垂直なクラブにして
 ボールに届かしてしまうイメージを持っていると
 概ね その動作は手によって行われてしまいます。

 イコール からだの回転の役割は要らない✊ に
 なってしまいます。 自ら です


 地面の上で ヘッドをひきずる でも書きましたが、
 スイング動作に当てはめると
 からだの向きを替えて グリップを移動させた分、
 量も、速度も、方向も
 そのからだの向きを替えて 移動したグリップ次第、です。

 このインパクトイメージでは
 ヘッドを、シャフトを
 水平方向にも、垂直方向にも ボールに届かせてしまうと
 からだの回転でグリップが動き、
 そのグリップの移動にリニアにヘッドも移動する、
 と言う行動原則が壊れてしまい、
 腕に、ヘッドに勢いを加えるための
 単なるきっかけというか、反動造りの動きが
 からだの回転になってしまいます。

 上下左右の立体で ボールに届かない、
 からだと水平な グリップエンドの抜き が
 感覚的に自分がしなければいけないコト です。
d2e15590-s
 また この際、自分の目から
 ボールとヘッドの接触は
 フェースではなく、トップブレード のような
 コンタクトの仕方。
 クラブのL字型の 短い辺の上部で
 ボールをさらっていくような、そんなイメージです。
IMG_0659IMG_0660





 このイメージで初めて
 そのクラブのロフト通りの
 ボールのつかまり が実現可能です。
002
クラブを、ヘッドを振って
円弧を描くイメージだと
そのロフトに 大袈裟ですが
90度ロフトが増える
 30度のロフトのクラブが 120度になる感じです。

 ヘッドを振っている、
 自分とボールとの空間を
 からだに垂直なクラブのイメージがある時は
 クラブを振る分の空間が必要ですから
 ボールとの距離感は遠めのコトが多いので
 ボール位置、ボールとの距離感に修正が必要な場合も
 少なくはありませんが、
 自分のからだと平行、
3
 ボールの位置に ポールを立てたと見立てて
 振るイメージでも
 意外や意外、ボールには当たるモノ です。

 地面の上でヘッドをひきずる イメージで
 グリップの移動 イコール ヘッドの移動、
 動く、止める、反動 と言う動かしから離別出来ていると
 ココはすんなり入り易い と思いますし、
 ココがすんなり入れると 後々 スムースな変化になると
 期待できます。  がんばれ🤩」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スクリーンショット 2023-10-20 134945
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「時系列の流れを少し変え
 ボールのさばき方、
 クラブと言うモノを使って どうボールをさばく
 のかを追いかけてみたいと思います。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
多くの悩めるゴルファーのイメージは
インパクトは アドレスの再現 です。

 つまり ボールと自分に対して
 このような形、
 ボールと自分との間に対して
 飛球線に約 垂直、
 自分とボールを結ぶ線に似た姿勢に
 クラブを戻そうとする意識が有ると思います。

 これは平面上の水平方向、横の動きだけでなく
 からだの正面から見た時の
 上下方向、高さ方向にも言える動きで
 また、元の話しに戻ってしまうのですが、
 ダウンスイングと言う時間の中で
 ダウンスイングと言うアクションをして
 水平方向の横の動きも
 垂直方向の縦・上下の動きも
 アドレスの形に戻そう とする意識です。

 ソレを 90° 変えます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
 自分とボールとの空間を
 飛球線、アドレス方向に向かって垂直にするのではなく
 平行にして グリップエンドを抜きます(移動させます)。

 これは アドレス時のからだの正面から見た
 上下方向、高さ方向でも同じで
 シャフト・クラブは 地面と水平な角度 のまま
 それ以上 下の角度に クラブを、ヘッドを入れない
 が限界ラインとして下さい。
3
 ショットは 最後までグリップの移動通りの
 ヘッドの移動でも 打つコトが可能です。
 ヘッドを行かせない で 打つコトも可能です。
 ただし ある程度の速度や距離を越えると
 それを無理やり止めるのは からだに負担が大きいですから
 打った後、インパクト付近で
 それを『許容』するのは有りです。
 インパクト以降、スイングを終えるまで
 自分の動作は減速〜停止に向かいますが
 ヘッドには 運動慣性が残ってしまいますし、
 遠心力も加わってしまいます。
 そのヘッドに残って勢いを
 グリップの逃がし、移動でおさめられる範囲を越えたら
 ヘッドはフリーにしても良いと思いますが、
 それは あくまでも打撃のおまけ、
 からだへの負担の軽減、バッファー的な要素なので
 それを 打撃行為ソノモノにする意識は
 今までの 動かす、止める、反動系の手打ち、
 ヘッドを丸く振るに回帰してしまうので非常に危険です。

 前置きが長くなりましたが、
 アドレスに対し、シャフトが垂直、
 飛球線に対し シャフトが垂直となるのは
 ヘッドの移動をグリップと同期させ、
 ヘッドをフリーにしない とすると
 インパクトではなく フォローのここら辺、
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 あたかも ボールの位置に 柱、棒、ポールを立てて
 そのポールを叩かないように 内側を振る感じに似ています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの廻し方、だけではありませんが、
 カタチだけ真似て それが効果を成さない、
 自分に馴染まない、からだに刷り込まれない、
 そういった理由が見えて来るんじゃないでしょうか❓」

質問「ですね。」

店長「ですので 今まで ヘッドを振っていた、
 まあ それが打撃と思っているのですから
 それが『問題の原因』とも思っていませんし、
 からだの回転を形だけ真似ても
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 腕の長さが入れ替えられない打撃で
 『打てない』『どうしていいかわからない』
 になるのは 当然と言えば、当然です。」

質問「。。。。。。」

店長「スイングを変える、違うモノにする って
 
 
打てない…(ハンドリリースサンプル集_Moment(3) 
どうすれば良いか分からない…


から 始まるモノ です。

打てない…
どうすれば良いか分からない…
 と嘆いているのは
 悩んでいた、問題があった
 今までの打撃が通用しない、
 今までの打撃のアレンジがしたい、
 と言っているのと同じ。

 ここまで説明していますが、
 二つは全く異なる、
 見た目は似ているからもしれないけれど
 中身、駆動する部位の役割は真反対 なのですから
 初めてスイングを覚えるより性質は悪い のです。

 ですので 繰り返しますが
 打てない…
 どうすれば良いか分からない…
  から 始まるのです。

 初めて 練習場でボールを打つ時と同じ。」

質問「なるほど。」

店長「真反対の駆動を知っているのですから
 より一層、中身のメカニズムを理解しようと努めないと
 無駄に時間ばかりが掛かってしまいガチ です。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)





 ですので からだの回転でクラブを動かす  為の
 からだの回転を説明しますが、
 その理由、仕組みも同時進行で理解を深めず、
 カタチの真似、格好、動きのなぞり では
 身に付く可能性はグンと下がります。

 初めてゴルフを覚える人はそれでも何とかなりますが、
 真反対の駆動で打っていた マイナスから始まっているのですから
 カタチの追いかけを優先してはイケマセン。
 
 馴染みのある
 (右打ち)テークアウェイ・右向きの時の 左腕の伸ばし、
 切り返し、トップ以降、左向きの時の右腕の伸ばし、

 につながる 腕でのクラブの動かし に
 異様に反応や執着する傾向があります。
 今までの動きを活かしたい本能なんでしょうね。
(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment
 理解は出来ますが、ソコは切り替えて行きましょう😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振る、ヘッドで円弧を描く、手を返す、
 手で振る に関連する話の中で
 地面の上で ヘッドをひきずる と言う話をしたと思います。

 それらのスイングが元になっている方は
 グリップの移動、その移動速度がヘッドスピード 、
 継続してグリップを移動させ続けるコトが打撃
 というのが苦手、というか不得手です。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 ゴルフでの打撃動作が基本、
 動く、止める、その反動、
 と言うのが基準になっているので
 トップオブスイングもその一環になっています。
 
 テークアウェイは
 打撃をする為、助走を取る為、
 助走地点に行く行為、準備ですが、
 ヘッドを振るタイプの人にとっては
 からだを動かし、止め、その勢い・反動で腕を振る、
 腕を動かし、止め、その勢い・反動でクラブを振る、
 ヘッドを振る・・・ 手順はヒトによって異なれど
 スイングの動きが概ね 動かす、止める、その反動、
 棒の先に備わった重さ(ヘッド) を動かす為の行動原則が
 慣性を作る、止める、反動を利用する

 トップの位置も からだは廻っていないことが多いですが…
 腕が止まり、ヘッドの重さには運動慣性が残っている…
 グリップの動きは止まったので シャフトはしなり、
 そのしなり戻りがダウンスイングの始まり、切り返し と
 なっているコトが多いコトもあり、
 止まっている、止まったトップから
 速度はゆっくり にしても 打ち始める、
 ボールを打つコトがとても苦手です。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 動く、止める、その勢い・反動の連続なので
 何かがいつも動いている 中で動作を覚えています。
 動き自体がスムースで無く、ギクシャク見えるのは
 そのせい…なのですが。

 ですので ちゃんと からだの向きを替える、
 体を廻す練習として、
 グリップの移動 イコール ヘッドの移動、
 運動を止めず、グリップを移動させ続ける、
 新たなスイングとして
 止まった、動いているモノの無い
 トップの位置から練習するのはとても効果的です。

 まず 動いているモノが無いので
 動き出せないと思います。

 別の記事で 動作を変える、違うモノにする場合、
 その動作速度、運動速度もリセットしよう
 新しい動きをするのに 速い、元の運動速度にしたら
 元に動きに戻り易いよ、回路がまだ無いヨ😶
 にも関連する話し だと思いますが、
 スイング動作の姿見、格好、形の真似 で
 スイングを造るのではなく、
 運動の原則を変える必要があると思います。

 トップの位置から スイングの練習を始めるのも
 苦手だと思いますが、
 それと同じく 静から動に移る、
 テークアウェイの初動も苦手だと思います。

 ヘッドをたくさん動かす、速く動かす、
 ヘッドを振る動きを作る為
 からだを先に動かし、止め、その勢いで腕を動かす。
 腕を動かし、止め、その勢いで
 先端のヘッドを動かす。
 それが スイングを丸く振る 発想から始まっている
 可能性も匂いますが…。
 そう言う手順に慣れているので
 全部のモノが同じ分量、同期して
 自分の動作の管理下の中、移動させるのが苦手です。

 ✋コレは パッティングでも全く同じです。
 パッティングを打つ距離を パッティングマット(グリーン)
 の上で スイングの動作としてではなく
 クラブの動かしの『慣れ』として
 形や動きにこだわらず
 グリップを移動させ、それと同期してヘッドを動かす訓練、
 グリップの移動方向、移動速度通りに
 ヘッドをひきずる訓練を みっちりやって下さい。
 グリップを止め、その勢いでヘッドを動かす、
 今までの感覚だと 家の中でやるのは危険😶
 止める反動でヘッドを動かし、ボールを弾いては
 距離をコントロールするコトが難しいです。
 パッティングマットの上で、絨毯の上で、
 壊れるモノがたくさんある 家の中で
 そのボールの距離、ボールの移動速度、
 その加減をグリップの移動速度で覚える練習にもなります。
 グリップを引きずる速度が ボールが行く距離、距離感になる✊
 言葉で言うのは簡単ですが、
 地味ですが、ものすごく大事な『慣れ』👉『意識改革』です。
 姿・恰好がどう動くか、どういう風に『見える』かは
 二の次、三の次、スイング動作として意識する必要はありません。
 【推奨 ずりずり練習】

 動作原則 は理解の深まり と 訓練次第だと思いますが、
 止まったトップの位置から どう動くのか、動かすのか、
 それに関連して それを始めるトップの位置での
 からだとクラブ、腕とクラブ、からだと腕の関係は
 どう❓ どんな❓ が良いのか も導き出せるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手で振らない、ヘッドを円弧に振らない方法 って
 あるんでしょうか❓」

2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
店長「申し訳ないんですけれど
 こうすれば こうなる、
 例えば スライスはアウトサイドイン だから起こる とか
 からだが開くから、だとか
 そういうのは まるごと 嘘 とは言いませんが、
 単なる キャッチコピーに過ぎません。

 アウトサイドインでも スライスも、フックも出るし、
 それを形式上、インサイドアウトに治しても
 よりスライスがキツク成るコトも往々にして起こりますし、
 それで ドローボールにならないことも当然、あります。
 からだが開いても フックも、スライスも打てますし、
 根本的に からだが開くことが打つコト なのに
 あたかも からだが開くことが悪いように誘導するのは
 害悪の方が多いです。

 そう言うのに飛びついて 治そうとする、
 上辺や表面上の恰好で なんとかしようとする、
 その スイングへの取り組み の方が問題で
 もう少し メカニズムに探求心を持った方が良いと思います。


 まあ 質問頂きましたので
 一応 回答させて頂きますと
 思い込みも含め(こちらが多分に強いですけど)
 今やっていることを 捨てる、辞められるか、 です

 ボールをさばくイメージで かなり変わると思います。

 と同時に からだの廻し方 は直した方が良いでしょうね。」

質問「からだの廻し方 ですね。」

店長「コレは 昔から何度も言っていますが、
 アマチュアで オジサンおばさんの領域、
 運動性能や身体能力に自信のない方は
 『肩を廻さないコト』です。」

質問「肩を廻さない❓」

店長「まあ この時点で 世の中のアマチュアゴルファーの
 大半は 忌避感を強く持つでしょう。

 私たちの年齢であっても
 腕や肩周りに比べ 足廻りの衰え は やや穏やかです。
 立って、歩いている限り、ソレもトレーニングになります。

 その足腰、足廻りを使って
 骨盤、胴体丸ごと 向きを替えるコト。
 その結果、骨盤の上に乗っている 肩の向きが変わる
 に移行することはとても大きなポイントになると思います。」

質問「足を使って 廻れ ッテコトですね。」

店長「肩を廻すことの最大のダメな点は
 その行為そのものが 手打ちに直結し易いから✊ です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「若い時に出来る  肩 を廻す  は
 胴体をひねって、捩じって
 肩のついている 胴体上部、胸や背中を捻じるコト ですが、
 ソレって すぐそこに 手振りが控えています。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 総じて ソコをたくさん捻じろうとすると
 肩のついている 胴体の方が動かそうとせず、
 肩ソノモノや腕、クラブの重さなどを使って 無理やり、
 勢いや反動を使って からだをねじる癖が付きます。

 また   (右打ち)
 右向きの時、その誘導には 左腕を長く使い、
 左向きの時、その誘導には 右腕を長く使う、
  "腕の長さの入れ替え" が
 からだの回転にすり替わり易い というか、
 肩で回っている『つもり』のアマチュアの大半、
 私の肌感では 高確率で アマチュアの回転は

 『腕の長さの入れ替え』がとても多いです。
R
 右打ちで 右を向く疑似行為 として
 左腕を長くしようとすると
 それによって 肩甲骨が引っ張られ、
 左腕、左肩が からだの前(胸側)に入ります。
 この きつさ が からだを廻す、右を向いている と
 独自に判断しています。
〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment2
 ソレって 全くもって 右向きとは異なります。

テークアウェイの初動で グリップ、グリップエンドが
からだから遠くなる、離れる、
左腕を突っ張るかのように まっすぐ伸ばそうとする
 その手の傾向が強い人のヒトツの確認ポイントです。

 左腕を長くして、右腕の短くする と
 その動きは クラブを振る、ヘッドを上げる、
 実際には クラブは横に倒れ、寝ただけ なのですが、、、
 テークアウェイで クラブがピュッと動くので
 より一層スイングっぽくなる訳です。

 左腕を長くするのは 身体的にもキツイですから
 ヘッドの重さに勢いを与え それで促進する場合も
 多く見られるので テークアウェイはかなり速いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップを移動させて ヘッドを移動させ続けた
 その過程の中に インパクトがあるのであって

 どこかの インパクトポイントで 
 ヘッドをボールにぶつける為、
  
グリップを移動を止め、ヘッドを放つ
 ではありません。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 グリップを移動させ続けることが 打撃✊
 と言う感覚が あまりに希薄 な気がしてなりません。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「はい。」

店長「打撃と言う用語ではありますが、
 ゴルフの打撃は 正確に言えば
 ボールを移動させるコト であって
 それを産むのに ボールとヘッドの接触 が有るに過ぎず
 その 衝突 と言うイメージから
 スイングが生み出されている可能性が非常に高く感じます。」

質問「ですね。」

店長「上手く行かないコト、ミスしちゃうコト もあって
 それもまた ゴルフの楽しみのヒトツ ではありますけれど
 ボールを どの方向に、どの距離、どんな感じで
 移動させる、
 そして それを出来るだけ望み通りに実現 するには
 打撃であり、ヘッドとボールの衝突ではありますが、
 ヘッドをボールにぶつけるコト は
 それの経過の切り取りに過ぎず、

 グリップを移動させ続け、
 ヘッドを移動させ続け、
 ボールを移動させる を実行しないと

 移動させるボールを 衝突で 管理するのは
 あまりに難しいのです。

 ヘッドを振ってしまう、クラブを振ってしまうタイプの人は
 その言葉とは裏腹に
 ヘッドをボールに衝突、ぶつける感覚が強い気がします。

 ココでの感想はどうですか❓」

質問「グリップを移動させ続けて
 それによって ヘッドも移動し続けて。。。
 ソレでボールを打つ。

 頭では理解出来るんですけど
 それで 強く 打てるんですか❓」



店長「ソレ✋ ソレ✋ ソレ✋


 正にその感覚が その衝突を生むんだ と思います。
Q20239180Q20239181







 ボールを移動させる力は
 ヘッド重量 × 速度の二乗 で
 打つ人の感覚には「当然」左右されません。

 ヘッドの重量は製造物ですので 打つ前、使う前から
 決まっています。

 ヘッドの移動速度、ヘッドスピードは
 からだの向きを 『速く』変えるコト であって
 似ているけれど ヘッドをボールにぶつける 『強さ』は
 打ち手の感覚ですが
 ボールを移動させるチカラとしては科学的でない
 あくまでも 打ち手の打撃の印象と言うか、
 イメージでしかありません。

 だから 飛ばし において
 ヘッドスピードは重要なのであって
 その印象は 接触時のスピード というよりは
 スイング造りに重きを置くと
 打った後、ボールの接触後も
 スピードを落とさず 持続させていく、
 打った後の ヘッドスピードもちゃんと維持する
 と言う意味合いの方が良いと思いますね。
334151fd
 ゴルフのスイング、ショット
 その打撃は グリップを移動させ続け
 ヘッドも移動させ続けることで
 インパクトは その過程の中にある、
 ボールへヘッドを衝突させることが
 スイングにはつながらない というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振るな、シャフトを振るな、
 って しつこい位に言っていますけど
 本当に ゴルフでは ヘッドばかりを動かすショット、
 ヘッドで円弧を描くショットに 良いことは少ないんですけど…。
円弧5
 多くの方は ショットって ヘッドを振らなきゃ打てないし、
 ヘッドを走らせる とか、 ヘッドが追い越す とか、
 目で見たショットって ヘッドを振っているように『見える』じゃん✋

 『ナニ😵 言ってるの?』
 『ヘッド振らなきゃ😵打てないじゃん』


 って思われると思うんですね。 


 自分でもソレに自覚が無くて
 ソレで 特に何の苦労もしていない場合、
 余計なお世話ですから、その 自分の楽しみ方、
 自分流のスイングでなんの問題もありません。」

質問「僕も ヘッドを振っている と
 ヘッドを振っていない の見極め、識別が出来るようになったのも
 ごくごく最近。 ハミングさんと出会ってから です。」


店長「どちらが良い悪い は無いんで
 どちらでも良いんですが、その中で
 ヘッドを振らない方が クラブの恩恵は沢山利用できるよ😊
 体力重視、運動神経重視じゃなくても大丈夫だよ😊
 ッテコトで 薦めているだけ なんですね。

 で、もしも ヘッドを振る、シャフトを振る のを
 出来れば 辞めたい って人がいたら…

 一度 試してもらいたいんですけど。。。


 実は、ヘッドを振ろう、シャフトを振ろう ッテコトで
 それが 始まったのではなく

 ものすご〜〜く 伝えるのが難しくて
 この文面だけでなく、実際に、コチラにいらしても
 理解して頂けるか、難解の孤島 の部分なんですけれど。。。」

質問「挑戦します✊」

店長「くどい位 イチから説明しますね。

 少々、長くなりますが、ヒトによっては
 ものすごく重要な部分で、
 コレによって 覚醒、目覚める、
 『空から天が降ってくる』可能性がある人もいるかも…。

 地面にあるボール、
 ゴルフボールで無く、新聞紙の丸めたモノ でも
 壊れない何か でもいいです。
 もしくは 室内で打っちゃった としても
 危なくない 何か でOKです。
 ゴルフボールである意味はありません。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 ゴルフクラブ の グリップを持って、
 指でつまむ位で結構です。

 その指でつまんだグリップを動かす、この場合は移動ですね。
 その移動はどの方向でも、どの方法でも結構です。

 ゴルフのスイングみたいに
 円状な曲線を移動させても結構ですし、
 そのまま どこかの方向に歩いても結構です。

 兎も角、ヘッドは地面に引きずったまま
 グリップの移動に
完全に任せて下さい。

 グリップが移動した分、
 ヘッドはシャフトとつながっていますから
 ズレてはいますが、グリップの移動した方向と平行、
 もしくは 似た方向に、

 速度も

 方向も

 移動します。

 
 ボール、もしくは その代替えの何か(新聞紙を丸めたモノでも)
 に ヘッドが接触する訳ですが、

 グリップが移動し続けるコト が
 ボール(もしくは代替品)への打撃です。

 言い換えるならば ボールを移動させる為、
 グリップでヘッドをひきずり 接触させました。」

質問「意味が分からないんですけど…。」

店長「別な例え をしましょう。
20231180m220231180m4







 自分が車をけん引している としましょう。
 後ろにはひもでつながった 壊れた車、があります。
 壊れて自走は出来ませんが、多少なりとも
 ハンドル操作、ブレーキ操作は可能です。
 ただ 自走は出来ません。

 その後ろの車を使って 大きなボール
 車が壊れちゃうとイケナイから ビーチボールのデカいやつ
 を 打つ としましょう。

 牽引する自分の運転する車が移動し続けると
 それに相応して 後ろの壊れた車も牽引・ひきずられます

 自分は その後ろの壊れた自走することの出来ない車を
 使って ビーチボールを『打つ』 👉移動させる訳ですが、
 自分が走って、その後、
 減速したり、停止したりすると
 自走は出来ませんが、後ろの車には
 移動していた惰性、慣性が残っていますから
 意図的にブレーキを踏まない限り、
 減速や停止の勢いで 自分を追い越すような
 そんなカタチにすることも可能です。

 その勢いで 後ろの自走出来ない車をボールにぶつける のが
 『ゴルフの打撃』ではない というコトです。

 違う言い方をすれば
 後ろの自走出来ない車 は ゴルフクラブで言うヘッド です。
 自分のクルマは 自走出来、後ろの車を引いているので
 からだの回転で有り、グリップでもあります。
 牽引するロープは クラブで言うトコロの シャフト に相当します。
2016000004748_2
 自走出来ない車を後ろの車に勢いを付け
  ボールにぶつけるコト が
 打撃では無く、
 牽引する自分が 移動し続け、
 自走出来ない車を ボールが有る無しにかかわらず
 移動させ続ける中に ボールとの接触があった✋✋✋  が
 ゴルフで言うトコロの 正しいショットのイメージ です。」

質問「ああああああああああ

店長「多くの人が
〇ヘッドを振ろうとしているのでも無く、
〇ボールをすくい打ちしようとしているのでもなく、
〇ヘッドを返そうとしているのでもなく、
〇ヘッドでグリップを追い越そう として始めたのでもなく、

  それらは 皆二次的、三次的なモノで
 感覚的に ヘッドをボールにぶつけようとしている、
 そのために
 まず からだを動かし、次に腕を動かし、
 そして クラブを動かし、
 当てられそうなポイントに来たら、
 グリップの移動を止め、
 惰性、慣性、勢いの残っているヘッドを
 ボールにぶつけようとしている🙄

 そういう『打撃』、ボールを打つ概念と言うか
 感覚から ショットが始まっている可能性が
 非常に高くあると感じるのです。

 繰り返しになりますが、
 故に 必ず 動かす順番、止める順番 があり、
 途中に 本来、要らない筈の加速、停止 が
 必ず入ります。
 確実にヘッドをボールにぶつけるため
 その発射台と言うのか、基準点と言うのか、
 グリップを必ず「自分なりのインパクトポイント」で止め
 それを基準に ヘッドを行かせて ボールにぶつける
 言葉で言うトコロの 「打撃」 と言うのを
 勘違いしてしまっているトコロから
 スイングが始まってしまっている気がします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「思ったように行かないのはストレスにもなり得ます。

 ヘッドを振ってしまう、ヘッドで円弧を描いてしまう人が
 一番ストレスに感じてしまうのは
 ドライバーよりも アプローチだと思います。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 ドライバーの場合、近年のドライバーは
 スピン総量が少なく、昔のようにスライスが顕著になる、
 は少なくなっていますし、
 空中にあるボールを打つという点もあり、
 今のドライバーヘッドの慣性モーメント、寛容性では
 本当はミスなんだけど それが目に見えるミスになるのは
 かなり減ってきています。

 ところが アプローチではそうは行きません。

質問「😵 😵 😵 😵」

店長「 まず、ヘッドで円を描く、ヘッドを振ってしまう人 の
 ショットのイメージは
 ボールと地面の間に ヘッドを入れるイメージを
 強く持っているコト です。」

質問「😵 😵 😵 😵 😵」

店長「いくら ウエッジで フェースの厚みが薄い とは言え
 ボールと地面の間に入れるには
 ゆっくりしたヘッドスピードでは
 球体が弾かれてしまう(トップ)、フェースに乗りませんから
 インパクト付近で 加速が必要になります。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 ゆる〜い遅めの😵加速の無いショットがとっても苦手😵

 その加速は 全体の運動の速度にプラスアルファ―
 二次加速 と言う形になります。

 インパクト付近での二次加速があるので
 自分の動作感、動作の速度感と距離感に
 結びつきが非常に薄くなります。

 その上で ヘッドのアタックアングル、
 実ロフトが安定しないので 上手く当たっても
 同じ、似た弾道になり難く
 距離が一定し辛いので より距離感が刷り込まれません。
 ウエッジショットの場合、フェースターン意識が薄いので
 だいたいの場合、想定よりも大きなロフト、
 そして 上手く当たる時はゆるい、緩めの入射、
 アタックアングルになるので 距離にならない😵
 つまり ショートするショットが多くなり易い です。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 ヘッドの高さ変化も激しく
 ドライバーショットよりも より一層の『点』の
 インパクトポイントが必要なので
 ゴルフ歴で アプローチミスの確率に成熟が生まれ難い。
 最適なボールの置き位置を見つけられた
 と感じても 軌道が前後、左右、上下に動き易い
 ヘッドの丸く振る が有る限り、
 祈り以外成功の事前約束がありません。


 これ 一番痛いポイントだと言えるかもしれません。



 傷口に塩を塗るような話し になっちゃいますが、
 からだの向きでクラブを、ヘッドを動かす のが
 円弧の軌道を描くのが ゴルフショットの正道です。
 それを基準に アプローチでの構え方 や
 ボールの位置、フェースの開き方 などの
 アドバイスがされることが多いのですが、
 それらのアドバイスは ヘッドを手さばきで
 円弧に振ってしまう人にとっては 逆効果はあれど、
 宣伝通りの効果は ほぼ 無い と言って良いでしょう。
 

 また 最近では ヘッドを振る、ヘッドで円を描く人の
 レッスン、アドバイスも多く目にしますが、
 その瞬間芸は 誰からも、誰にも 教わるコトも
 教えるコトも 不可能です。
 『こうすれば スライスは治る』
 『真っ直ぐ行くトップはコレだ✋』

 耳障りの良い 売り文句に 飛びついて
 ゴルフ業界を潤わせて下さい😃
 宜しくお願い致します。
〇支部 昼連物語


 問題はソコじゃない って気付くか、どうか です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こちらのテーマは 本当はとっても重要なのに
 何故か ものすごく無視されガチ です。 
 
 ボールの飛ばしや 安定した距離や弾道に関連する
 とっても 重量なポイントですが、すごく軽視、無視されます。



 左右の、平面上の軌道に対する
 フェースの閉じ・開き具合と同じく、
 この場合は 平面上、地面の上を引き摺って動かしたので
 存在していませんが、実際のショットの場合、
 それがパターであっても、アプローチであっても、
 ヘッドが上下、高さの変化が起こり、
 ボールとコンタクトします。

 閉じ・開き とフェースの横の動きと同じく、
 タテの閉じ開き もあり、
 それは飛距離に直結する ロフトの使い方 です。
IMG_0496
 その番手、そのロフト通り の球、つかまり とは
 ヘッドのアタックアングル、入射角度が
 存在した分、ロフトが立った形、
 形式上、ハンドファーストでコンタクトする形です。

 コレ、さきほどの
 地面を引き摺ってくる時の 横回転の変え方
 で 二種類あり、一個は実践向きじゃないですよ、
 と言いましたが、
 その二種類がそのまんま 発揮されてしまいます。

 ヒトツは ヘッドの入射角度、アタックアングルに対し、
 ハンドファーストの量、角度が足らない、多過ぎる場合。

 例えば 5度の入射角度があったのに
 実際のロフトは その分、立った状態になっていない、立ち過ぎている、
 これは ヘッドの構造上、フェースの閉じ/開きによる
 実ロフトに影響を受けます。    わかります❓」

質問「横回転に比べると 実感は薄いですが、
 理屈と言う点では理解出来ます。」


店長「そして 横回転では実践向きじゃないですよ、
 と言った 軌道が変わる方も 縦回転に関しては
 往々にして起こります。」
6e87384e
質問「つまり 軌道がキツク成ったり、緩くなったり
 というコトですね。」


店長「そうです。
 どれもが 打ち出されるボールの角度、回転、
 最高到達点、その位置、ボールの速度、そして飛距離に
 多大なる影響が出ます。

 入射角度に関しては
  地面の上を ヘッドを引き摺って動かす というコトが出来ないので
 理論上、イメージ上になってしまうのが難点ですが、
 イメージとしては 横回転の時と同じで
 軌道が基準になって 実ロフトを造るか、
 実ロフトが基準になって 軌道を決めるか、
 ヘッドを振らない、グリップの移動でスイングを造る場合、
 基準になるモノを固定するコトが可能です。
 絶対とは言い切れませんが、明らかに確率は高くなります。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





 "の ヘッドを円弧に振る、腕さばきでヘッドを振る場合、
 横回転の時と同じように ヘッドのアタックアングルと
 フェースの閉じ開きも伴う 実ロフトの関係が
 無限な種類、いつも 双方、動いてしまいます。

 本来、より簡単な ヘッドの移動軌道、を
 出来るだけ一定化して、
 運動を始める前に
 セットアップの時点で 実ロフトを変える
   〇一番 単純には番手を変える 
 が正解なのですが、ヘッドのターンには
 かならず上下の軌道変化、ヘッドの高さの変化も
 付いて回ってしまい、一定化するコトがほぼ不可能😵
 になるので 似た弾道の球を打つコトが大変難しく😵なります。
 

 あまりに刹那の時間の、微妙な具合、加減なので
 それを管理❓ 制御❓ 繰り返し方法は
 正直 教わることも、教えることも不可能に近いです。
スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)




スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)




 インテンショナルにボールを曲げる と言う意味で無く
 実際、ラウンド中、球筋を修正(治す)する必要があるケースは
 少なくないのですが、ヘッドを振ってしまうタイプの人が
 ソレに取り組もうとすると 基準値が無いので
 より酷い方向、極端な方向に行く場合が多いです。

 簡単な修正が効かないのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パイロットモデル^董,△りました  原盤は墨黒ですが、チョコレート/ダークカッパーの予定です 
HBS-23 マレットパター

.優奪のグースはもっと無くし  あるような 無いようなモノにする予定です。 ▲薀ぅ鵑脇れません
トゥ側をもっと膨らませ  
ヒール側はもっとしぼります
*バックフェース、トレーリングエッジ側の  ヒールの角は無くします ぅ肇奪廛屮譟璽鼻フェース形状)は平行では無く  
 ト
ゥ側をアイアン系に高く(厚く)します
ァ.優奪長をルール範囲で出来るだけ取り重量を稼ぎます

原案は 墨黒で起こしてみましたが
思っている以上に レトロな…
オリジナルモデルの TPA-18感強いですね。


スクリーンショット 2023-10-20 134945
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「物理的に ボールって なんで曲がるんです❓」

質問「 ヘッドの軌道に対して(立体的な)フェースの向きが
 開いていたり、閉じていたり するから ですよね⁈」


店長「そうです。
IMG_0549IMG_0548







 右打ちの人であれば
 ヘッドの進んで来た、進んでいる道に対して
 フェースが『立体的に』右を向いていれば
 右回転が入り、
 フェースが『立体的に』左を向いてれば
 左回転が入ります。
 その度合いが増えれば 入る回転も増えます。 

 実際には 曲がるか、曲がらないか、
 そう言う類の回転は入っているけれど
 ボールが『曲がる』かどうか は
 分子/分母 の 横回転 / 縦回転 の関係があるので
 度合いは変って来ます。

 地面に置いたボールを
 引きずって動かす ヘッドで打ってみましょう。」

質問「はい。」

店長「スイングと考えず、動作とかを無視して
 どんな形、形式でも構いませんから
 ヘッドはひきずる、
 グリップだけを動かすコトで
 ボールとヘッドをコンタクトさせて下さい。」

質問「はい。」

店長「この場合の ヘッドの軌道は
 イコール グリップの軌道 と 位置は離れていますが、
 地面を引き摺る 感じなので 平行な〜同等の関係です。

 そのグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 フェースが開いていれば 右回転、
 フェースが閉じていれば 左回転、 が入ります。

 二通りありますが、
 同じグリップ(ヘッド)の軌道に対し、
 開いていたフェースを閉じる、または開きを減らす
 閉じていたフェースを開く、または閉じを減らす と
 ボールの横回転は反対になるか、その量が減ります。

 基本的には 動きが始まってから ソレ をするのでなく
 セットアップ 動きが始まる前に 準備しておく
 です✋

 難しくないですよね❓」

質問「ですね😃」

店長「もう一つの方法は
 フェースの向きは変えず、
 グリップの移動するライン〜軌道を変え
 結果として 開いていたモノを閉じるライン、
 もしくは その度合いが減るように 軌道を変えます。」

質問「あ、なるほど。」

店長「ま こちらは制御がちょっと面倒ですので
 実践向きではありませんが、理屈は理解出来ますよね❓」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「どちらが基準になるのか、の違いで
 スイングで実践できるか、どうかは別にして
 理屈は理解出来ます。」


店長「△箸海蹐 ヘッドを丸く、ヘッドを振ってしまうスイング
 の場合、その基準になる ヘッドの軌道とフェースの向きが
 いつも いつも 双方、動いてしまいます。

 閉じる、にしても 開く、にしても
 その基準になる軌道が 一定に成り難い のです。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 開いていたモノを閉じようとすると
 フェースは閉じますが、同時に軌道も
 イン側に切り込もうとします。
 開こうとする方が不規則感は少し薄いです。

 嫌われモノのスライスを防ぐには
 フェースを閉じなければなりませんが、
 閉じれば閉じるほど 軌道はインに入り込むので
 想定以上に ヘッドを閉じなければなりませんし、
 なかなか 程よいトコロが見つかりません。

 そして それを繰り返す為の 何かの基準が
 あまりにも 軌道とフェースの具合の関係が
 たくさんあり過ぎて 安定し難いのです。」

質問「
感覚的な 私の感想ですけれど
 ヘッドで円を描こうとする場合、
 目標方向を意識すると ボールは浮く、
 真っ直ぐ引きずる の方はライナー気味に
 ボールは飛び出るんですが、
 こちらは ポンと上に上がる感じです。
 一方、ライナーを打とうとすると
 左に飛ばさなくてはならない。
 スライスを打たない、こすらない と
 アドレス通りの目標方向に打つのが両立させられない
 そんな感じです。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s
店長「ありますね、すごく。
 そして ソレも含め
 コレにはもう一つの問題が付いて回ります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ヘッドを振るスイング、
 結果として 手で振ってしまう
 ヘッドで円弧を描くスイングは何故、ダメ…
 上手く行き難いんでしょうか❓」

会田20210701 - frame at 0m16s
店長「 そういうスイングで活躍している人もいますし、
 それを補う運動性能であったり、運動センスであったり
 絶え間ない努力をして、ソレに悩みが無いのなら
 余計なお世話でしかないんんですが…

 まず…
.哀螢奪廚筌▲疋譽垢鳳洞舛多大で
 それによって アドレスの構え、ボールの位置などにも
 大きな影響があるタイプのスイングであるコト です😶」

質問「グリップやアドレス❓」

店長「そうですね。

 基本、腕さばきで中心に ヘッドで円を描く
 スイング中に グリップ・グリップエンドを支点に
 クラブを回転させる率の高い このタイプのスイングでは
 その支点になる 右打ちの人で言うと左手、
 左打ちの人であると右手の、握力に多大に依存しています。

 そのタイプのスイングの人は
 あまり例外なく 左手をストロング/フック気味に握っています。
 左手のグリップとの設置面積を増やし、
 強い力で クラブ自身の回転を許容するため です。
IMG_0725
 しかし、雨が降ってきたり、体調が悪かったり、
 疲れてくると その握力は低下して来ます。

 握力が低下してくると 元々、きつめのフックグリップだったのが
 さらに深くなり、正面からグローブのマークが見えるほどの
 フックになってくるため、
 右グリップ(右打ち)の入り込む場所、差し入れる場所がなくなり
 どんどん 右と左、両手のグリップが上下に離れる、
 グリップする箇所が長くなって行きます。
スクリーンショット 2023-03-09 202834
 そうなると そのグリップの離れた分は
 かならず アドレスの姿勢、右打ちの場合ですと
 靴や脚、下半身はいつも通りだったとしても
 右手が遠いところを握りますから、
 肩周りだけが 少し左を向いた、捩じれた姿勢になります。

 コースのラウンドで 後半辺りに
 アドレス時、セットアップ時、いつもと違う、
 違和感を感じたら だいたいの場合、コレが起こっています。

 下半身とボールの位置はいつも通り、
 上半身はややオープン気味に、左を向き捩じられていますから
 感覚的にはボールが中に入ったような、近いような、
 そんな感じがしたりして、その違和感のまま 振ってしまうか、
 ボールとの距離や置き位置を治してしまう可能性もあるでしょう。

 また、テークアウェイ、トップでは
 少し左を向いた、上半身の捻じられた姿勢から始まっているので
 より 右向きが浅くなりガチ です。
 成功の可能性はかなり下がると考えられます。
202302241
 ですので 小さな筋肉、特に非力な左手(右打ち)に
 頼らなくてはイケナイ そのクラブ扱いは ラウンドでの
 ミスを 事前に生んでしまう可能性が少なくない ので
 ハミングバードとしてはお薦めしていません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「運動速度を徐々にでも上げてくると
 からだに対する防衛本能も働くから
 回路の構築されている 元の動きに引っ張られ易い。

 故に 新しい動き、今までと別な動きは
 ビックリするほど オーバーにしておく方が良いでしょう。
スクリーンショット 2023-05-03 151622
 東京から大阪に行くのに ゴール地点は鹿児島位に🤩
 鹿児島に行くつもりで 結局、大阪になっちゃった😶
 って感じに 落ち着きますね。
 始めから 大阪を目標にしている と
 横浜(隣町)辺りで寄り道始めちゃう感じ。
 (上手く行かない時よりも つかまりを覚え始めた時、変なところに行っちゃうケース多し)
 一応 都道府県は跨いだのでそれで満足しちゃう感じ。
 余計な知識が今までの動きに入る分、より混乱します。 

 今は ネット時代ですので
 自分のスイング動画や画像だけでなく
 比較対象や目標になる
 別なヒトの映像も手に入り易いですから
 昔より スイング迷子は多い気がしますね。

 テークアウェイやトップオブスイングの恰好、姿…
 カタチを真似ても その姿勢や位置は
 何故そうするのか を理解してないと
 その形が定着することはあり得ません。
スクリーンショット 2023-08-11 140458

 そのテークアウェイやトップの位置って
 アイアンでの練習が多くなると思うんですね。

 ドライバーショットの練習はあるでしょうけれど
 スイングを変えて行く、違うモノにするのに
 あまりドライバーでは練習しないコトが多い。」

質問「だと思いますね。」

店長「私も書いてしまったりしますけれど
 アイアンって 上から打て だとか、
 上から打ち込むダウンブロー って
 言葉が更に輪をかけて、ヘッドで円弧を描かせる。
会田20210701 - frame at 0m16s
 ダウンスイングからインパクトへ。
 ダウンスイングの後半に ヘッドをボールに入れたくなる。
 当たり前だけど ボールにヘッドを届かせたくなる。
 そこの部分の クラブというか、シャフトの振り が
 スイングの全般に影響を与えている…
 スイング像を作ってしまっている…と言っても過言ではないです。

 ゴルフスイングの、ゴルフショットのおぼろげな印象では
 インパクト、ボールに向けて
 ヘッドが円弧を描いて降りて来て…
 右打ちの人が右腕を曲げて、たたんだ腕とクラブを
 その右腕を伸ばすことで ヘッドをボールに届かせる。
 そんな感じだと思うんですね。

 スイング用語には インサイドアウトとか、
 ダウンブローとか、ダウンスイング後半からインパクトにかけて
 の円弧を想起させるモノがたくさんあって、
 調子が悪くなってくると その箇所に意識がイキガチ。

 入れ方がどうだ✊ とか そう言う問題では無く、
 そこの部分の 動作そのものが スイングには存在しない。
 ダメだよ みたいな言葉で言うと
 ソコをキャスティングとか、アーリーエクステンションとか、
 呼んだりもする。

 その 主にダウンスイング後半の 1/4円、
 動作をすれば インパクト以降にも 1/4円以上 生まれるので
 都合 1/2〜半円の 腕の曲げ伸ばしでのクラブリリース、
 ヘッドで円弧を描く動きが からだの動きを奪ってしまい、
 自分で自発的にやっているのに 手打ちだと嫌がる。
 そんなのが多いんじゃないかな⁈」

質問「 😵 😵 😵 😵 😵  」

店長「手を伸ばして ヘッドで円弧を描いて ボールに届かせる、
 その動きは まるごと からだの回転の役割を取ってしまうので
 からだの回転は   …伝わり難いだろうけれど
 グリップを移動させ、ヘッドを移動させるモノ ではなく
 その腕のリリースをするための
 姿勢造り 位置造り だけのモノになって
 自分にとっての 打撃、ボールどらえの主軸になる

会田20210701 - frame at 0m15s
 となると それが出来るだけの準備が必要で
 手を伸ばして 腕とクラブを長くする、円弧を描くための
 準備として、右打ちの人であれば 右腕をたたんで
 クラブと腕を短くする必要、のちのちクラブをリリース、
 ヘッドを放り投げる準備が テークアウェイやトップに
 なって行きます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「練習場でボールを打っていると
 トップが出たり、スライスが出たり とミスが出ます。

 多くの人は ダウンスイング後半〜インパクトで
 修善・修正しようとします
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 トップの位置からインパクトまで
 平均でどの位の時間と思います❓」

質問「0.1秒位ですか❓」

店長「ですね それ以下と考えた方が良いでしょう。

 その 0.1秒 のどこで修正するんです❓
 その修正具合を加減出来る余裕ありますか❓
 それって 繰り返せます❓
 その修正、誰かに伝えられます❓」

質問「かなり無理がありますね。」

店長「はい。
 問題なのは ダウンスイングからインパクトで
 修正するコトソノモノ も問題なのですが、
 ダウンスイングで何かを修正しようとすると
 修正出来る、修正する為の『時間を造ろうとする、
 そういうアクション、手順を覚えてしまうコト
 も大変重い問題で、
 その時間を作る手順は一度覚えると
 なかなか抜け出ることが難しい のです。

 😶ココはかなりの盲点だと思います。

 スイングでの クラブの移動の根幹は
 からだの向き です。

 トップの位置から いきなり
 お腹を、秀二を 飛球線方向に向ける としたら
 ダウンスイング中に修正の時間はありませんので
 それ以前、トップで有ったり、テークアウェイ、
 アドレスやボールの位置の問題となりますが、
 ダウンスイング中に何かの修正をしようと考えると
 どんどん からだの向きでのクラブの移動 が鈍ります

 からだの回転をメインにするのであれば
 腕とクラブは 半ばロックにして
 どうからだを廻して どうグリップを移動させるか、
 それがスイングになって行く訳ですが、
 ダウンスイングでの何かの修正 は
 それからどんどん離れていきます。 

 インサイドから入れる、
 アウトサイドから…
 ココを通す とか…
 ここら辺では ヘッドはこんな姿勢とか…
 気持ちは分からないでは無いですが、
 どんどん ダウンスイングに時間を掛ける方向に進み易い。
 トップの位置から 一気に飛球線にお腹を向けたら
 そんなことをしている時間も余裕もありません。
(22171_Moment
 腕をどう使うか とか 腕はどう伸ばすか なんて
 考えたりする暇は多く無いのです。

 トップの位置で どんな腕とクラブ、
 腕とからだ、からだとクラブの関係を造ると
 ロックしたまま 一気に飛球線に左を向いて打てるのか
 と言う風に考えるケースは少ない と思います。

 ダウンスイングで どう『降ろそう』なんて考えたら
 当然、答えの出ない迷路 に入り込みます。
 だって 答え 無い んですから。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 ココから先 ⇑ ⇑ ⇑ 
 コレよりも 下 のコトを考えたら
 本来のゴルフスイング、ゴルフクラブの機能を使う、
 スイングからはどんどん離れていきます。

 見た目には ココより下のゾーンに
 クラブは 当然、入りますが、
 それは からだが飛球線を向いたから✋
 からだが向きを替えたから✋ であって
 ココより 下のゾーンの アクション、
 言ってしまえば ダウンスイングは
 スイングを区切るための 時間帯 のコト であって
 動作、アクション ではない、アクションは無い✊
 と考えるのが正解です
。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「また ココの部分 意外に重要 かつ
 多くの人は気付いていない、考えてもいない と思うんですが、
 伝わるかどうか非常に微妙ですけれど
 こと ゴルフの打撃って
 ヘッドをボールにぶつけるコト ではなく、
 ボール地点を通過させるコト なんです。

 厳密に言うと からだの回転でグリップを移動させ
 その結果、ヘッドも移動し、ボール地点も通過する
 ですが…。」

質問「 ❓ ❓ ❓ ❓ ❓ 」


店長「伝わり難いですよね…感覚的な部分ではあるので…。

 ヘッドを円弧に振るタイプの人を見ていると
 先にからだなり、グリップなりを
 打撃の目標地点に入れ、減速、停止をして
Q2023918Q20239180Q20239181






 その反動で ヘッドをボールにぶつける、
 支点の急停止による フリーになった、慣性の残ったヘッドを
 ボールにぶつけている感じが強くする
んですね。

 これ 地面に置いたボールを
 スイングとか、動作とか無視して
 グリップをひきずる で ヘッドを動かして
 ボールを打って貰うと分かるんですけれど
 ヘッドを円弧に腕さばきなりで振るタイプの人は
 どうしても グリップの移動を
 ジャスト インパクト直前に 止めよう、減速し、
 ヘッドを行かせようとします。 多いです。

 インパクトは出来るだけ 速くしたいモノ です。
 ですので グリップのその地点の通過も
 出来るだけ最大移動速度を『継続
 その速度が 当然、ヘッドスピードに反映します。
20231180m220231180m420231180m8






 そして 多くの人が ヘッドをどう動かしたらよいのか❓
 そう聞くんですけど
 『グリップを動かし続けるだけ』と言うしかありません。
 そのグリップの移動速度、からだの回転が主、
 からだの左向きが主になりますけれど
 それが 打撃のエンジンそのもの ですので。

 私たちの年齢になって
 その 何かを止めて ヘッドをぶつける感覚は
 非常に危険です。
 どこかの年齢で ガクンと距離を失うコトになります。
会田20210701 - frame at 0m16s

 その移動するグリップがヘッドスピードです。

 おんなじと言っちゃあ おんなじ なんですけれど
 インパクトにぶつけるヘッドのチカラ がパワーではなく、
 ボールを打ち抜く、移動し続けるグリップの速度がパワーです。

 スイングは結果としては 円弧になるんで、
 その外周にあたる ヘッドはグリップよりも その分、
 多くを 移動 は します。
 ですが その移動感覚、移動の速度感覚は
 グリップの移動速度 イコール ヘッドの移動速度 です。

 感覚としては ヘッドの移動速度の方が速い訳 ではないのです。

 ヘッドをぶつける感覚のショットの方が
 インパクトの時の からだの回転なり、
 左サイドなり、
 左腕なり、
 グリップなりを 止める感覚、
 からだを絞る感覚、締める感覚
として
 覚えやすいのかも知れませんけれど
 その覚えやすい感覚は いずれ 痛みや故障、
 そして 本能的な打撃強度の減少につながります。

 ものすご〜〜〜く 伝わり難い とは思いますが、
 とても 大きな突破口になり得ます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの、今回で言うと
 トップの位置やテークアウェイの取り方の、
 その多くが 初めてゴルフをする で無い限り、
 技術的な側面では無く
 『実は単なる思い違い
 『勝手な思い込み』等を
 解除してあげる作業の方が多いです。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬」

店長「例えば… ですけれど
 ゴルフスイングには からだの回転〜向きの変更と
 前傾姿勢 の組み合わせ があります。

 ざっくりした説明で言うと
 その からだの回転と前傾姿勢が『有れば
 クラブを上げたり、下げたり する必要性は無い😶
 "無い" は多少、語弊があるかも知れませんが、
 上げたり、下げたり しなくても ボールは打てます。」

質問「😳 😳 😳」

店長「右を向けば 高くなります。
 左を向けば 高くなります。
 その間には 低くなる箇所があります。
 それで こと足りる可能性は十分あるので
 ことさら クラブを、グリップを、特にヘッド
 上げたり、下げたり する必要はありません✊
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 テークアウェイで 右を向いたから
 グリップの位置が『高く』なりました。
 ものすごく 腕を上げたわけではありません。

 ココ の部分 多くのパラドックスが生まれちゃうんですが、
 テークアウェイは 和訳で 「上げる」 と言いますが、
 ボールを打つ感覚や その見た目 から
 ヘッドを上げたくなります

 右打ちの人であれば
 右腕をたたむ、左腕を伸ばす、そんなアクションで
 ヘッドはたくさん動き、上がった感じ😃 になりますが、
 始めに戻りますが、からだの向きと前傾がある『から
 特に何もしなくても ヘッドも、クラブも高くなるのに
〇肩を廻せ_Moment2201808_Slomo_MomentQ2023918







 結果として ヘッドの弧は斜めの円弧になるのに、
 それを 上げるという行為(腕さばき)で
 からだの向きを奪ってしまったので
 何もかにもが台無し
 になってしまう訳です。

 上げることが悪いコト ではないですけれど
 からだの向きを奪ってしまうのであれば 本末転倒。

 からだの右向きを取ってしまうのであれば
 ヘッドを、クラブを 意図的に『上げる』必要はありません。


質問「😶 😶 😶」

店長「上げたら 下げなくてはいけませんから
 どうしても スイング全般で 腕の曲げ伸ばしで
 円を描いてしまう動き になってしまう。
Q20239180Q20239181







 テークアウェイは『上げる』『高くする』と思い込んでる
 から『始まってしまっている可能性』が非常にあるのです。

 そう信じている人に ヘッドを振るな と言っても
 スイングの根幹を奪ってしまうので無理、
 その思い込みが変わらない限り ヘッドを振る打撃になります。

 ココはまるで 一休さんの問答 みたいになる訳ですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替えで
 ヘッドを振る動きが その人の打撃のカギ であり、スピードの源です。
 それをしちゃダメ✋ 辞めましょう✋ と言ったら
 打てない、もしくは 強く(速く)振れない と言うでしょう。
 …Ⓡさん

 腕とからだの役割がほぼ逆転するので
 どうしていいかも分かりません。

 コレも 原点に立ち返るコトになるのですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替え で
 ヘッドを振る、ヘッドで円を描く スイングの弧 は
334151fd
 元来、からだの向きが変わるから で
 そして それが 斜めの弧 になるのは 前傾姿勢があるから
 ですので、その速度を速くすれば良い だけ です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングを違うモノにする〜替える って
 もう一つの障壁があって…。」

質問「なんです❓」

店長「良く聞く言葉なんだけど
 『分かっているけど からだが動かない』 って。
 
✋私はそう思っていません。

 上手く動ける。上手く当てられる。
 ぎこちなくでは無く、スムースに動ける。
  は その改革、変更の 時間進行の先に有るモノ、
 頭で理解していても
 『初めて』の動きを直ぐにスムースに、
 素早く動けるなんて そう簡単では無い筈✊

 プログラムさえ書き換えれば 直ぐ動けるロボット
 じゃあ無いんだから。

 にもかかわらず 理解さえしたら
 すぐに 今まで通りの、『いつもの速度』で
 全く違う 新しい「動き」にトライしたって
 そりゃ上手く行かないよ。 焦り過ぎ😶

 初めてボールを打った時、打てるようになった時、
 どんな順序、段階があった❓
 結構、手順も時間もかかったでしょ❓
 今のような動作速度に到達するまで
 ある程度、時間かかったじゃない❓


 運動とか、打撃モノとかに自信のある人って
 慣れていなくても ソコソコのスピードで出来るけど
 それって 俗に言う『我流が進む』流れ になり易い。
 始めた間もない女性なんかに
 『ちゃんと習った方がイイよ😊』 って言うのは
 動作も、動作速度も段階を踏んだ方がいいよ って
 意味合いも含まれていると思うんだよね。」

質問「あああ、確かに。」

店長「スイングを大きく違うモノにしようとしたら
 アプローチとは言わないまでも

 スイングの大きさはフルだったとしても
 速度はハーフとか、スリークォーター程度でしょう。

 スイングを改造しようとしている人の多くは
 全く違う手順の動きを ちょっと出来たら、
 ハイ✋ 今まで通りの「速度」で🚗🚗🚗

 しようとして 失敗… 出来ない、出来ないと嘆く。

 その動作速度の到達するのに
 色々な神経のつながりが出来るには 時間がかかった筈で
 全く違う動き、全く違う順序の動き、
 それらを連携させて動かす回路を造るのには
 ある程度、時間がかかって当然。

 にもかかわらず 速度は今まで通り。

 😵😵そりゃ 難しい筈だ。


 だから 動作の速度も 新たに再構築する って観念、
 結構、抜け落ちてる って思うんだよね。
 
 その動作を自分に刷り込む、
 馴染ませる、自分のモノにする、 ってのは
 動作が出来るようになるだけじゃなくて
 その動作が出来る『回路』を作るコトなんだよね。
 後者を忘れないようにしないと、ね。」

質問「盲点ですね。
 動きさえ理解すれば 動作の速度は
 今までと同じに出来るって思いガチ だと思う。」


店長「うんうん。  だよね。
 でも そうは行かないんだ。

 ちゃんと 新たな動きの回路が構築され、
 それを 速くない速度で繰り返し、
 滑らかになったら 徐々に速度を上げていく。

 そして ココにも落とし穴 があって
 勘違いしてしまうのが
 動作速度って言うのは からだの向きの変更
 からだの回転の速度 
なんだけど
 ヘッドを丸く振る、腕の曲げ伸ばしでクラブをリリースする、
 そう言うタイプの人の速度って
 その 腕さばき、曲げ伸ばし、
 クラブのリリースの速度 って言うのが多い。
 スイングで言うと 二次加速 に相当する。

 からだの向きを変えて 円を描く場合、
 スイングには 二次加速 は存在せず、
 からだの向きを変える 一時加速のみ。

 スイングの速度の中に 二次加速が残っていると
 元の 腕でのリリーススイングに戻らざるを得ない。
 だから 余計、速い動きから入るのは失敗の元、
 元に戻るためにやっている とも言えるんだ。」

質問「そ〜〜なのかぁ😵」


店長「そう。
 だから 頭で理解しても
 からだが動かない なんて言い訳ダメなのよ。

 ゆっくり大きく動く、
 その回転の速度を馴染ませ、
 習熟も少しづつ ゆっくり進まないと
 その速度の欲求が 既に慣れた条件反射のような
 昔の動きに引っ張られてしまうモノ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「しつこくて申し訳ないのだけれど
 スイングは円運動 "だから"
 円の外周、先端に当たるヘッドがたくさん、
 そして 速く動く 動かす

 と思っている限り、
 その考えは イコール
 からだの回転でクラブを動かすとの決別
 になるんですね。
 ゴルフクラブ全般の機能/効能もかなり失います。

 そこって ゴルフスイングの大いなるトリック
 であり、悩みの始まりになるんです。」

質問「ですね。前までそう思っていました。」

店長「思う ってほど強くはないかも知れませんが、
 目で見れば見るほど スイングの円や円弧の印象って
 暗示のように深く イメージの奥底に根付きます。

 雑誌やレッスン書では スイングは円、
 場合によっては『丸く振れ』なんて言っている人もいる。
 ネット環境が良くなって 動画とかを目にする機会も増え
 より一層 当たり前として定着している

 そう言うクラブ扱いであっても
 運動神経の高い人や練習量の豊富な人、
 からだの痛みに強い、頑丈な人なんかは
 ・・・上手にゴルフをしている。
 
 今回の話しのテークアウェイも然り、ダウンスイングも然り、
 目で見る絵や画像では ヘッドは曲線を描いて
 円を描いて 上がったり、降りてきたりしているから
 ヘッド "を" 動かす、丸く動かす、たくさん動かす って
 言うのが 肯定されたような気になるしね。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
 時計の針で言うと
 本当は 針は動かず、時計が回っている
 って言うのに気が付かないんだよね。」

質問「時計の針が 6時から始まって
 9時や10時なって 6時に戻って来る って印象、
 とっても強いですね。」


店長「そう。
時計文字盤実は時計の針は 6時を向きっぱなしのまま
時計そのものが回っているって 思えないと言うか、
進歩って 技術的なモノの『体得』ってニュアンスあるから
 なんだか 器用な腕周りでそれを会得しているような

 そんな気持ちになるしね。


 具体的に言うと
 特にダウンスイングと言うか
 ボールをさばくトコロ、
 クラブが、ヘッドがどう動いて ボールとコンタクトするか、
 って おぼろげながらもイメージが有ると思うんだけど、
 スイングは円弧で
 スイングの、クラブの、ヘッドの一番低くなる、
 最下点辺りがインパクト✊ ってなると
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 絵柄的にこうなる訳で
 コレを見たら 先端であるヘッドを動かしたくなるよね。」

質問「なります。なります。」

店長「他にも インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
FinfaZ7UAAAnu8v
 上の写真とは角度の違う視点からのモノだけど
 円と言うか、先端を丸く振る、丸く『動かす』コト
 暗に洗脳教育しているような そんなモノとても多いしね。

 でも、その一方で
 こういう絵というか、写真を見ると
 からだの回転でクラブを動かしている限り、
 クラブ単体を動かさず、ヘッドを動かさず、
 それを持った 自分が向きを変えている と言う映像は
 『ちゃんと ヘッドの重さ分、
flat-spot-hand-path2 (1)334151fd
  ヘッドの方が 少なくしか 動いていない

 『円弧の外周分よりも ヘッドは動いていない
 『からだの向きの変更角度よりも 動きは少ない
 って わかるんだけどね。」

質問「あ😧 たしかに。」

店長「ここが本当の意味で『理解』出来て来ると
 クラブの動かし方である 動作としてのスイングも
 変わってくると言うよりも 違ったモノになってくる、

 と思うんだよね。

 クラブの構造は 何度も言うけれど
 長い棒で その先端に打撃部の重さがある。
 その重さは クラブ全体の6割を超えるほど。
 構造上、クラブ、シャフト、棒ソノモノを
 角度運動をさせちゃうと 止まらない。
 
 角度で言うと 1度でも動かしてしまうと
 1度じゃ止まらない。ヘッドで円弧を描く、
 ヘッドで円弧をなぞる動きが始まり、
 どんどん動きたがってしまう。
 そして どんどんグリップの移動は止まる。

 クラブの角角度運動が始まると
 その‥戮粒囘戞▲轡礇侫箸、ヘッドが動いた分、
 グリップの進行は滞り、仕舞いには止まり、
 クラブの移動とからだの動きが分離。
 手打ち、手振りの完成 って感じです。

2021-05-19_23-05-25_Moment故に シャフト、クラブは角度で言う 1度も
動かしてはイケナイ。 0度以下で無いとダメ。
シャフトを1度でも振れば 手打ちの始まり。
それを防ぐには マイナス位のクラブ、シャフトの動かし
にしていないと 0度で納まらない。
 そう考えていないとダメ。 →ヘッドの重さは引きずる

 今回の話しのテークアウェイで言えば
 テークアウェイの時点で ヘッドを振っちゃう、
 一旦、シャフトに角角度運動をさせちゃったら
 ダウンスイングでどうにかする は無理。
 クラブってそういう構造だもの。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ガンガン ご意見、コメントお待ちしております
  反対意見、大歓迎です✋✋✋

記事を書く モチベーションになりますので
 是非是非 コメント、
そして 記事にして貰いたい質問、テーマ 下さいませ
 宜しくお願い致します。 店主
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)
今回は ちょっと画像で遊んでみました。
雑な合成ですけど お許しください。

最近(この30年ですね)のクラブ、特にヘッドですね、
ボールが上げ易くなった、スピンが増やせた、
というのは スイングへの影響は非常に大きくて
昔だったら しっかりと
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
   →また この言葉が 円に振る、ヘッドを振る に
    つながってしまうから 意地悪と言えば意地悪

が出来ていないと、 よく言う  良い球
は出なかったんですけど
今のヘッドだと しゃくっても、煽っても
そこそこの球 打てるようになりました。

。。。。。。弾道は美しくないですけどね。


ヘッドの重たい、シャフトの柔らかいモノ で
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
美しい弾道打てます。
ヘッドを振らないってコト 覚えやすいですね
円弧5

それは兎も角、
ゴルフスイングの軌道映像、
スイング時の ゴルフクラブの残像映像
 って 見たコトありますよね❓


こういうのです 👉👉👉



クラブ単体では この手のイメージだと思うんですけど
001445スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)








これを スイングと掛け合わせると こんな感じになります。
円弧2円弧











🔴悪い方の例 ですけど こうは振らないってコトですよね
002413円弧4







シャフトを振る、ヘッドを振ってしまうと
からだの回転と別なモノ、途切れたモノになってしまいます
 これを俗に言う 「手振り」「手打ち」と言うのでしょう。


スイングは写真でも動画でも
どうしても 定点観測、
ある一点の角度から撮影します。

立体のソレを 平面に落とし込む と
どうしても 誤解というか、錯覚を生み易く
その間違いが結構色濃くスイングに反映されます。

334151fd

ボールって球体なので
平面で潰すには 動いてきた進行方向に対し
出来るだけ 垂直な状態が必要です。
それに対し ヘッドに付いている『ロフト』は 物理的な『逃げ』で
それを使って ボールの速度を高さや回転に逃がし、
距離を調整しているのです。

スイングは 傾きがある とは言っても
常時、横に進行(からだの向き)しています。
その傾き(前傾姿勢)によって
 横の進行に 下 が含まれている時に インパクトするのが
 「上から入る」 です。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そこに 手先による ヘッドの動かし や
 からだの大きな回転(向き)と関係ない肩の振り子
 の動きなどを入れてしまうと
 斜めの進行軌道も変わりますし、
 それに応じて ロフト効果も変わってしまいます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

これに規則性があるから アプローチの計算が立つのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ソコを間違ってしまっている人が多い
 のが スイングの悩みの始まり で
 ソコに気付かず インからいれる、とか
 上から入れるとか、ヘッドスピードを上げるとか、
 どんどん深みに入ってしまう例は多いです。

 そして、目で見える そのスイングの円運動、
 ヘッドをたくさん動かす、速く動かす を真似ると
 腕でのクラブ、ヘッドのリリースに行き着くでしょう。

 右打ちの人であれば
 テークアウェイで 右腕を曲げる〜短くすると
 ヒンジ、支点になる左グリップに対し、
 レバーを引くように クラブを起こしてくるコトになります。
スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 その 概ね右打ちの人の利き腕である右腕の
 曲げ伸ばしという 動作としては難しくない。
 棒を振る、先端を速くたくさん動かす方法としては
 非常に簡単に行き着き易い。

202302241ヒトによっては
それをすごくアップライトにする人も居れば
スイングの弧は少し傾いているから
それに沿って フラット気味にする人も居ますが
どちらにしても 言葉は悪いですが
一番器用に動かせる 腕さばきを使って
 『ゴルフスイング』を真似ているに過ぎません。
 それは ゴルフスイングで結果として出来る円弧を
 先端を動かして なぞって真似ているだけで
 円弧を描くことがゴルフスイングと思い込んでる。
Q2023918〇右向け右?〇右向け右







テークアウェイで 右打ちの人であれば

ある程度の必要な分の右向きは欲しいトコロですが、
スイングっぽい 弧の方向に〜やや斜めに 腕さばきで
クラブを起こしているだけで
肩周りがひっぱられるので 右向きっぽく 見えます。
本来の意味の からだの右向き ではありません。

 からだを廻せ というと
 その腕さばきで クラブを起こす量や勢いを増やし、
 からだを軋ませているだけで
 からだの『向き』を変えている訳ではありません

 腕さばきによって 胴体が軋むコト、
 よく言われる『捻転』がからだの回転と思っています😵😵😵

 そういう腕さばきで クラブを起こす人は
 大抵の場合、からだの回す を
 そのクラブを起こす勢い
 に頼っているので、
 😵本当の意味の「からだを廻す」じゃないですけど…
 ヘッドの重さを使って より一層の勢い付け をするので
 テークアウェイがかなり速いです。
 よく言う ヒョイッと って感じです。
〇肩を廻せ_Moment
 長い説明になっちゃいましたが、
 まず そう言うタイプの方は
 スイングの円運動は『円を描いている
 クラブやヘッドで円を描いている『のでは無く
 ヘッドやクラブは単体で動かさず、
 それを持った自分が向きを変えている『だけ』を
 理解して貰わないと スイングは治って行きません

 血糖値は高く、数値は低くしたいけれど
 甘いものが食べる、不規則な生活はする、
 好きなモノしか食べない と言っているのと似ています。

 そのタイプの人は 例外少なく 手振り、手打ち
 なのですが、それは ヘッドの方がたくさん動くモノ、
 ヘッドで『円を描くモノ』と思っているからで
 その信じていることを『ちゃんと』実践しています。
 それをするには 手のリリース、
 利き腕のたたみ、曲げ〜伸ばし が一番簡単だから です。
((((((((_Moment

 向きを変えて造る筈の 円弧を(体の役割を)
 手さばきで『奪ってしまっています』から
 からだの回転は必要ありませんし、軸ですので
 動かさない、ぶらさない感覚も強くあります。

 
 本来の腕の役割は ロックするコト です
 固定と言うよりも 動きの中で
 遠心力や重さなどの負荷がかかります。
 その負荷を考えつつ、からだと腕の関係、
 腕とクラブの関係、からだとクラブの関係を
 同じにしておくには
 動かさないようにするため、動かしておく必要がある、
 と言う意味の『ロック』です。


 からだと腕の関係、役割が全くもって反対、
 真逆なのですから 今の動きにアレンジを加えて
 良い方に行くことはあり得ない、のです。

 その意識革命が無いと 前に進めない可能性は
 とても高いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングを変えよう、よくしようとする時、
 多くは テークアウェイ、トップを『違うモノ』にする必要が
 生まれたりするのですが、
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 多くの方は 今、変える前の オリジナルのモノに
 何か足したり、アレンジして 作り直そう と
 思っているフシが多い
 と思います。」

質問「私もその口でした😵」

店長「その 自分の変えようと思っている
 好きじゃないそのテークアウェイもトップも
 理由があって そこに行き着いた訳ですね。

 ですので その『理由』『原因』の部分が変わらない限り、
 必ず ソコに戻ります。 一瞬で戻ります。

 その理由の大きな比率になっているのが
 ✋ヘッドの入れ方、振り方、ボールのとらえ方 で
 この話は テークアウェイやトップだけに限らず
 スイング全体に繋がっていくと思います。

 よくある『手打ち』も、結果としての『手打ち』も
 手で打ちたい、手で振りたい訳じゃないのに
 結果として 手で振っちゃう、クラブを動かしてしまう
 理由〜原因があるんですね。 
katate_Moment
そして その元、元の発想になっているのが
スイングは円、円弧を描く だったりするコトが
少なくありません。

 理想論で言えば スイングが円を描くのは
 クラブを持った打ち手が体の向きを変える からであって
 もしも クラブを持ったまま、
 飛球線後方にステップして、飛球線方向にステップし直す、
 横移動の方が素早く出来るのであれば
 回転をする必要はないです。
 ルール的にどうなのかは別ですけど。

 その横ステップでは 回転するよりも
 素早くクラブを移動させるコトが出来ない、
 スピードを上げたくても上げられない、
 フィールドでの横ステップ打ちは安定し難い などの理由から
 回転しているに過ぎない、と考えて下さい。

 どこかの軸点、支点、支柱に対して
 からだの向きを変える、
 『クラブ・ヘッド単体を円に振るんじゃなく
 クラブを持った自分が向きを変えるから
 その一番外にある、外周部にあるヘッドが
 より多く移動しているように見えるのであって
 動いている 角度運動は同一
 です。
 ヘッドの重みがある分、からだの回転よりも少ない
 可能性すらあります。
334151fd
 ここからが ゴルフスイングの陥り易い、
 罠にはまり易い『トリック』なんですが、
 円運動だから ヘッドはたくさん動く
 ヘッドは速く、多く動かすモノ
✊ って
 思っている人が少なくない気がするんですが…。」

質問「思ってますね。」

店長「それは からだの向きを変えるから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体は動かさず、
クラブを持った自分が回転するから そうなるのであって
クラブ単体、ヘッド単体を動かして
その『ヘッドが速く、たくさん動く』を実践すると
元のモノとはまるで違うモノになってしまいま

 ソコに気付いていない人が多いと思うんですね。」
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)







質問「アマチュアの場合、ほぼ全員…って言っても
 いいんじゃありません❓」


店長「全員ッテコトは無いと思いますけど
 間違いなく多いでしょうね。
 プロでも居るように思えます。

 ゴルフクラブの構造は 長い棒で先に重りが付いています。

 先をたくさん、多く動かせば
 クラブやヘッドの遠心力が強くなって行きますが、
 その遠心力は 打つ前であれば ボールに対して、
 打つ前後であれば ボールの飛ばしたい方向に対して、
 全く違う方向/角度の負荷ですから
 ボールに当てるコト、打つコト、飛ばすコト
 に対し なんの良い影響もありません。

 遠心力は使わない訳じゃないけど
 その使い方では 遠心力はマイナス😵
 ヘッドを多く、速く動かしたいからの
 無理やりの肯定論でしかありません。

Q2023918Q20239180Q20239181







 単に クラブが吹っ飛ばないように強く握る とか
 遠心力の対語である 求心力が必要になるだけ、
 遠心力によって握力だけでなく、
 からだの軸や姿勢までぶらされる原因になり得ます。

 しかも その先端の重りの部分が打撃部分となる訳ですが、
 そこには 角度があって
 ヘッドの入ってくる角度もその一部ですが、
 クラブやヘッドを単体で多く動かせば動かすほど
 👉スイング的にはクラブの角角度運動と言いますが…。
 ヘッドのロフト角度やヘッドの入ってくる入射角度が
 インパクト時にバラバラになり易く、
 繰り返し 似た球、似た距離、似た方向に打つのが
 難しくなって来ます。

 スイングは確かに円運動に見えますが、
 ヘッドの方を たくさん動かしている のではなく、
 クラブやヘッド単体を動かさず、
 クラブを持っている自分が向きを変えているに過ぎない
 そこの部分の1個目の ボタンの掛け違え から
 始まっていることがすごく多く思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トップの形の造り方、テークアウェイの取り方って
 どうしたら良いですか❓」


店長「ソコですか😧
 アマチュアゴルファーの大きな悩みのヒトツ、
 ソコを迷っている人 多いでしょうね。」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
質問「そう思います。写真とかもそうですが、
 動画などを見ても ソコがとても気になります。」


店長「分かります😶

 まず ゴルフを初めてする人を除いて
 スイングを治す、変える、良くする と考える場合、
 スイングって造っていくのに
 3段階 あると思うんですね。」

質問「3段階❓」

店長「はい。

 ,泙困蓮 
知る」 です。
 自分のやっていることを知り、
 自分の望む、理想と思っているコトを知ります。
 クラブやボールの飛ぶメカニズムも知っておいた方が
 良いでしょうね。
Jack's Basic theory_Moment
 △修靴董 
理解」 します。
 その仕組みやメカニズム、
 どうして そうした方が良いのか、
 どうして そうだとダメなのか、

 知識として やっていくことを理解します。

 そして 「
自分に刷り込む・身に着ける」 です。
 理解はしても 過去の動き って
 ある種、条件反射のようになってしまっていますから
 それを削除、抹消… 今までの動きを変える では無く、
 今までの動きに手を加えるのではなく
 新たな、別な動きとして覚える意識を持った方が良いですね。

 ある程度の反復練習も必要ですし、
 その「新たな動き」での 成功体験も必要と思います。」

質問「なるほど。」

店長「で、今回のテーマの テークアウェイ、トップですが…

 カタチとして覚えるのは 順序としては最後、
 結果論として 考えた方が良いと思います。」
〇見かた18s〇見かた50s









質問「順序として カタチ から入らない方が良い、
 というコトですね❓」


店長「はい。

 テークアウェイ、トップオブスイングは
 時間進行をひっくり返し、逆にして
 組み立てて行った方が良い
と思います。

 まずは 自分がゴルフクラブで
 『ボールをどうとらえたいのか❓
  どうさばきたいのか❓
 どうクラブを動かすと ちゃんと球を捕えられるのか
』を
 明確にして、その目標に対して
 時間を逆にして 造っていく方が良いと思います。 

 〇〇プロ、例えばタイガーウッズが好きだから
 そのトップの形を真似る… 気持ちは分かりますが、
 我々の運動性能で「繰り返し」出来るコト、
 我々のからだで傷めない動きをしなくてはいけないですし、
 その形、にしても 何らかの理由があって
 その形になっていますから、その理由が分からず、
 単なる恰好として、では ファッションになっちゃいますから
 『自分の』動きとしては身につかない、刷り込まれません。

 カタチから入っても
 ボールをとらえる意識、感覚が
 どうクラブを動かして 打撃するのかの意識が
 今まで通りであれば その形は
 『
必ず』元に戻ります。

〇見かた116
 逆に 今の自分が どんなトップで
 どんな上げ方(テークアウェイ)を取っているか も
 必ず 理由… どうボールをさばきたいか、
 どうクラブを動かしたいか
、が隠れていますから
 それを理解する、 そのクラブの動かし方だと
 こういう風にダメ、こういう風に確率が低い と
 それを『
捨てる』理由も
 明確にしておいても良いかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

通信講座ですね


おそらく、察しの良いKさんは
最近の記事を見て 気付いている と思うのですが、
当面のポイントとなるのが
🔴フェース面を円の外に向けたまま インパクトへ
だと思います。



トップで、ダウンスイングで、インパクトで
どこかの箇所をどう動かす…どう動かしたい…どう治す
それらは今は捨て置きましょう。

これは練習場ですが、
ボールを地面から、マットからこそぎとろう
円の中に掻き込もう
 ロフトを増やす形でボールを拾おう
 とするボールさばきが垣間見えます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

🔴立ったロフト→戻す→寝たロフト
こういう経緯で ボールをさばく のではなく
時計で表すのなら トップやダウンスイングで
スナップさばきやヘッドの重み(〜遅れ)によって
時計文字盤アドレス基準 6時の針が7時になる感じです。
時計の針を振る、回転させるのではなく
時計自体を廻す 👉体の向きを変える
トップからダウンスイングで作られた7時の針
それを固定して カラダの向きで ボールをさばいてください


アドレス時の 時計の針6時(アバウトですが…)
比べると 時計の針7時
(これもアバウトですが…)では
例えば 自分の鼻からヘッドまでの距離が短くなっています。
それでは届きません。

ですので 左へのシフト
 時計の絵で言うと 右方向、3時方向への時計自体のスライド
が必須(からだの回すのにも必須です)になります。

シフトは シフトしてから廻る
(見かけ上はそう見えたりします)
     と言う順序が在るのでは無く
カラダの向きの変更、からだの廻りと混じりあったモノ です。

足を主として 左サイドを積極的に動かしましょう。
カラダが開くのを恐れず
 途中で止まることなく 一気に向きを変える

それをするには 莠澗 が必要になりますので
 ある程度のシフト意識は必要ですが、自然と混ざり合います。


軸足は トップの位置からダウンスイング中に
右から左へと移行するのですが、
股関節の離れ分、どちらにも乗っていない曖昧な時間が存在します。
ですので その時間に、シフトしていく方向と別なチカラ、
外的要因、この場合は腕とクラブですが、
それを動かすと妙な遠心力や重さが掛かり
左に移行するのを本能的に中断するモノです。
ですので 少なくともグリップエンドがボールを超えるまで
(その時には概ね 左シフトは出来ているか、出来掛かっています)
腕、クラブは意識としては固定、
 ロックの状態を保ってください


グリップ、グリップエンドがボールを超えたら
クラブの慣性、腕の慣性もリリースして良いと思います。
 ✊短いクラブはリリースは要りません。

✋ここの注意点ですが(特にRさん 傾注❕
 からだを止めて 腕・クラブの慣性をリリースするのではなく
 あくまでも からだの回転の流れの中 です。
 曖昧な言葉ですが、打ってから放り投げる 位の感じです。

 からだの回転が止まってしまうリリースは✖ ですし
 リリースする為のからだの回転はもっと✖ です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






✋リリースが打撃のチカラ ではなく、
 スイングを、クラブに備わった慣性を収束させる為のモノ
 軌道の急激な変化をやや抑えるためのモノ です。
 くれぐれも リリースを打撃のエネルギーと捉えないで下さい。Rさん❕

打った後のリリース によって
自然とフォローは出ていきます。
おそらく そこも懸念材料だったと思うのですが、
打つまでは トップで出来た腕とクラブの関係はロック、
打ってからは リリース可、の状態がフォローを生みます。
小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)







その際…ですが、
腕を無理に降ろしたり、振った訳 ではありませんが、
からだの回転によって 移動した左グリップ
回転の軌道に沿って、高いトコロから低いトコロへ
移動させられて ボールを打った 
と思います。
ですので それを継続、
止まることなく、左を向いていく力を使って
同じ流れ、そこまでの流れ通り、そこまでの移動通り、
左グリップを高いトコロ に移動 させてください。

フォローを出そうとして からだを止める
左グリップを移動を止める
(まぁ、ボールを円の中に掻き込むさばきでは
 フォローが出る要素は無いのですが)
が逆に クラブや腕を体に巻きつかせ
 フォローを出させません。
からだの回転で移動させることは絶対 ですが、
その流れを止めず、高いトコロから低いトコロへ来たなら
その流れで高いトコロへ抜く 
のがポイントです。

とは言え まず フェースの外向きのまま
からだの回転で から 始めて下さい✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ