◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年06月


質問「テークアウェイを取らないドリルでは
 ,泙此.哀螢奪廚前に出て ハンドファーストを造る
 ここから 始まる訳ですが…。」


店長「そうですね。良い着眼点です。
 アプローチに限らず、通常のショットでもそうですが
 それが トップオブスイングでの切り返し と
 考えて良いと思います。

 このドリルに テークアウェイを加えた…ならば
 切り返し時に ヘッドの自然な居残りが出来る
 無理な動きで ヘッドレイトを造るのはダメですが、

 自分は進む〜向きを変える、
 👉ほんのちょっと ヘッドは居残る、
 そう言う感じです。

 特に悶絶クラブでは そのヘッドの居残りは
 非常に分かり易い、はっきり表れます。
 非常に大きな特徴、メリットと言えます。
 ココは市販の硬いシャフトは不利でしょうね。
   … まあ…  それはさておき・・・


 それを 右手で『咥えてたまま』
 👉あとは向きを変える。
 そんな感じですね。
〇左向け左 - frame at 0m2s
 アプローチに限らず、ショット全般において
 トップオブスイング〜切り返しは
 からだにとっては 打つ為の助走の入り、ですが、
 腕にとっては インパクトの形 と考えて良いと思います。」

質問「ボールの位置が…。」

店長「そうですね。
 アドレス時に比べると
 ハンドファーストになって 腕とクラブが
 く の字になっている分、短くなり
 普通のボールの位置だと 届かない…。

 ボールの位置を やや右寄りにする、
 というよりも
 通常のショットのボールと自分の関係は変えず
 自分が その場で オープンスタンス、
 左向きにスタンスを変え、
 ボールと自分との位置関係を変えてあげる
 結果として 中めに入れてあげる・・・
 そんな感じが良いと思います。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47










 アプローチの場合では
 やや オープンスタンスを取る、
オープンスタンスを利用して ボールを中めに寄せる

 テークアウェイ始動時のクラブを動かす方向が
 限定され易いので 決まった動かしになり易い という
 ポイントも付いてきます。


 その量、度合いは打ちながら、練習しながら
 覚えていくコトに
なるとは思いますが…。」

 質問「今までの 振り子式、
 ヘッドを前に出すモノに比べると
 断然、ボールの出る方向が安定します。」

〇支部 昼連物語
店長「ですです。断然、違います。
 からだの回転でグリップが移動し、
 それによって 動いたヘッドの方向にボールは出ます。
 振り子式だと ロフトの変化、立体的なフェース面の変化が
 激しい分、ボールはばらけます。


 そうですね。ここでもう一つ覚えて頂きたい のは
 アプローチでは 運動が少ない、遅いですので
 シャフトへのヘッドの重さの負荷が少なく、
 トゥダウンの量が多くありません。

 ロフトの立ったクラブでは問題ないですが
 ロフト45度を超えるような ピッチングウエッジ以下のクラブは
 ロフトとライ角度の複合体であるフェースが
 トゥダウンが少ないので左を向き易い

 思っている以上に 左に飛び出し易い ですので
〇『立体的な』フェース面を 目標に向けておく
 👉リーディングエッジで言えば やや開いておく方が
 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 からだの動かし方やクラブの使い方など
 前情報なしに 初めての人に
 ゴルフクラブでボールを打って貰う と
 ボールとヘッドを当てたいですから
 からだの向きは勿論、グリップも出来るだけ
 たくさん動かさず、『小手先で』
 ヘッドを送ろうとすると思います。

〇ヘッドには遠心力が掛かる
〇スイングは丸く振る
〇(打った後?)ヘッドがグリップを追い越す
 などなど
 それを肯定するかのような ゴルフ用語が巷には溢れていますので
 その動きを成熟させていくのが
 ゴルフスイングの進化になって行く可能性があります。」

質問「結構・・・ 少なくないと思います。」

店長「だと思うんですね。
 腕の三角形を保ったまま…とか
 アプローチで言えば 『振り子のアプローチ』の延長線上で
 ショット・フルショットに至ってしまう例も多いと思います。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 ただ ある時点に来ると
〇からだの回転で✊・・・ とか
〇インパクトはハンドファースト✊・・・ とか
 それと相反する用語も耳にするようになりますから
 そこら辺に葛藤するんじゃないか、とも思いますね。

 からだの回転の伴わない』ヘッドを前に出す 動きでは
 小手先でのグリップを押し出し、の結果、どうしても
 左手を右手が追い越す、
 右手が左手の前、そして腓棒り込む形になりますから
 その反射、反応として 回転とは異なる
 左腰を引く形にもなりますし、
 ボールを打つ為、ヘッドを前に出す には
 ヘッドファースト、グリップレイト にさぜるを得ません。

 ここら辺が成熟、確定していくと
 からだの回転の動きとクラブの動きが分離、乖離してしまい
 良く耳にする からだの回転でボールを打つ …が
 謎のワード、理解不能な用語になってしまったりする訳です。」

質問「ですです。」

店長「ココでヒトツ 実験して頂きたい、ドリル…、
 ドリルとは言っても とても簡単で
 頭が整理されていれば 直ぐに出来るドリルなのですが、
 以前 パッティングストロークの話し でもしましたが
 クラブで 『テークアウェイを取らず』
 アドレスのまま、 ソコからボールを打って頂きます。
〇支部 昼連物語
 前提として テークアウェイがありませんので
 助走、勢いが無いですから 番手にかからわず
 ボールは前に数メートル、いいトコロ 10mも行かない程度
 ゆる〜く前進〜〜〜転がるだけです。
 ロフトのあるクラブであっても ボールは殆ど『浮かない』
 単に前に数メートル転がる…程度 になります。

.▲疋譽垢ら
 実際のスイングでは ヘッドは遅れてきます。
 その遅れはそのまま、遅れっ放しのまま、ボールは打ちますので
 ハンドファースト、少しグリップだけ進ませます。

▲▲疋譽垢任垢里如.悒奪票体はボールの直ぐ後ろにありますが、
 そこから 『からだの回転の伴わない』
 『回転とは異なる肩部分も含まれた腕、小手先の動き』
 『右手の押し出し』などで ヘッドを出そうとすると
 地面が干渉して ヘッドが動かせません。
20231180m420231180m8






➂ですので そのハンドファーストは維持したまま、固定したまま、
 グリップを動かすのが目的ですが、からだを左に向けて下さい。
 グリップが移動した分、ヘッドが動きますので
 フェースとボールが接触し、
 ボールがゆっくりですが、前に転がります。

 テークアウェイがありませんが、
 プロがアイアンでターフを取るような動き は
 ココから生まれたりします。

 また、ヘッド単体を下にも、上にも振っていない、振らない、
 そう言う実感も湧くかもしれませんし、

 からだの回転の役割を理解出来るかも知れません。

〇からだの回転〜
 また よく言われる
 『自分でボールをあげようとするな✋』
 このドリルでは 使っているクラブにロフトが有ろうが、無かろうが、
 勢いも助走もありませんので ボールは浮きません。
 『からだの回転の伴わない 小手先でのヘッドの押し出し』では
 (ロフトのあるクラブの場合)ボールがぴょこんと浮くと思うのですが
 それはダメなのです。
 インパクトまでに助走がある、
 ヘッドが落ちてくる、
 ヘッドの進入に高さが伴っている、 から
 ボールが浮く、ロフトが活きる、
 厳密に言うと
 ゴルフクラブの長さが造るアタックアングル(入射角度)
 そして ヘッドの重さも含めた勢い があるから
 フェースの上にボールが乗る、ロフトが活きる のであって
 テークアウェイの無い、勢い・助走の無いこの場合、
 ボールは浮かず、前に転がるだけ が基本です。
345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)
 まあ ドリルと呼ぶほどのモノではありませんが

 一度 体感して頂くと良いかと思います。」

質問「やってみます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この動きって
 からだの回転の動き と 振り子 の動きの対比
 に近いと思います。
〇支部 昼連物語
 多分…ご本人はそう言う認識は一切無い と思いますけど。

 ヘッドを出す、ために
 グリップを止めてしまうと
 ヘッドは急激に上がり
 フェースが自分の方を向いてしまう。
 全体像で言うと
 ボールの底を
『こする』ような形になります。

 特殊なショットを除き、
 このアプローチでは うまく『さらえれば』
 ボールの出球は高いですけれど
 スピンは入りません(少ない)。

 距離も飛びませんから
 上がったけれど バンカーは越えなかった…
 みたいなショットになったりします。

 また 動画の通り、
 奇妙なからだの反応、反射に近いでしょうね、
 左右のからだが もぐる〜逃げる を瞬間的に行うので
 ダフリ、トップ、チョロ など
 アプローチの典型的なミスになります。
で…どうするか と言うと
 グリップが止まる のが問題なんですけれど
 グリップだけを前に出しても 根本的な解決にはなりません。

 からだが廻ることによって
 グリップが出る、フォローが大きくなるは良いコトですが
 からだの回転が伴わない、左向きが無い場合、
 どちらが鶏で、どちらが卵かわかりませんが、
 グリップを出す、フォローを大きく取る、 と
 ヘッドを返す、フェースローテーションをする は
 悪い意味でつながっているとも言えます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 からだが回って、左を向いて、
 その結果、グリップが移動する。
 インパクト以降 ヘッドは高くなりますが、
 からだの向きを変えて置けば
 グリップの高さが大きく変化しなくても
 ヘッド・グリップを含め クラブ全体が上がります。
20231180m220231180m420231180m8






 ショットにつなげるとするのならば
 からだの回転に伴い、左ひじ・左上腕を上げる意識があれば
 ヘッドの上がり、ロフトの変化も穏やかになりますので
 こすり難くなりますし、ミスも減らせます。 

 インパクト以降の左向き、
 それに伴う 左腕・左グリップの移動を意識すれば
 👉右向きも取るようになり易い。

 フォローを出すスクリーンショット 2023-03-09 202834
 フォローを大きくする
 そう言う意識のある、もしくは過去にあった人で👉
 
左右のグリップが離れている👉
 そう言うグリップの人は要注意です👉

 からだの回転無しで
 フォローでヘッドを出そう、
 ヘッドを走らせよう、なんて思っていると
 右サイドのもぐり が
 自然にグリップに表れてきます。

 ✋今一度 チェックをしてみましょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今日は ショット全般に言えるのですが
 特に アプローチ・パターの改善 に効果のある
 ドリルをしてみましょう。」

質問「はい😌」

店長「ショットで言うトコロの
 手で振っちゃうか、からだの回転で打てるか、
 その瀬戸際は インパクト、インパクト以降で
 グリップ、左グリップ・左手、左サイドが止まるか否か、
 で決まってしまいます。」

質問「😧😧😧😧😧」

店長「まあ インパクトで左サイド、グリップが止まる、
 厳密には『止める』ためのスイングを造っているので
 握り(グリップ)やアドレス、テークアウェイの取り方も
 同じとは言えないですけれど、
 からだの回転で打つコトの出来る人であっても
 何かの理由で グリップを止めてしまう、
 そのショットだけ 手で振ってしまう と言うのは
 往々にして起こり得るコトです。

 まずは コチラからご覧ください。」

店長「
昼連を始めるまでの ショットの練習なのか、
 アプローチの練習なのかは定かではないですが、
 始めの2ショットをご覧ください。

 おそらく…ですが、練習場でもそうですが、
 コースのアプローチで 本当によく見る
 ごくごく普通な感じ、だと思うんですね。」

質問「ですね😌」

店長「ショットで言うトコロの
〇フォローを出す…とか、
〇ヘッドを出す…とか、 今風な言葉ですと
〇ラインを出す…とか、
 また 別な意味合いもありますけれど
〇インパクト付近で『ヘッドが走らせる』なんて
 言葉から導き出される可能性は低くない、ですね。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 グリップを止めて、ヘッドをヒョイと出す、
 そのために 左腕も左サイドも止まる。

 止まったグリップに対し、ヘッドを出しますから
 出たヘッドは かなりの急上昇します。

 それに応じてか、からだ、右サイドも潜るような感じになり
 左腰を引くような…言葉は悪いですが、
 へっぴり腰になるような感じです。
 …ヘッドが急に上昇すれば 右サイドがもぐるので
 仕方がないんですけどね。」

質問「どうしたら良いんですか❓」

店長「難しくないですよ。
 自分が どういう風にヘッドを出したいのか、
 フォローでヘッドを出すコト自体は決して悪いことではない、
 ですけれど ヘッド『だけ』を出しては
 かなり激しいミスの原因にもなりますし、
 アプローチであれば ヘッドがくぐってしまって
 だるま落としみたいな結果にもなり得ます。

 出したいヘッド 出したい方向、動かしたい方向 に
 ヘッドが行くように からだの向き で
 グリップを動かせば良いんです。
〇支部 昼連物語

 また 人によって ですけれど
 グリップを動かす と言うよりも
 右打ちの人の場合、
 『左ひじ、左上腕を動かす』と考えても良いです。
 グリップを出す のも 小手先で可能ですので
 からだごと グリップを移動させるように
 左ひじを動かしておく
 と言うのも良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスとか、バトミントンとか、卓球もそうでしょうか
正式な称号は分からないのですが、とりあえずドロップショット
というのがありますよね?!
ネット際にポトッと落とす奴です。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)






こんな風にラケットを使うイメージですよね?!

動かし来る面をフェースでなでるように
クラブを扱うと、そのドロップショットになる訳です。

で、ドロップショットって
スピードを速くすると、それは距離になりますか?

なりませんよねぇ

より強くドロップショットになって、
テニスであったら、バウンドして、もう一度
自分のコートに返ってくるかも…

そう、こうやってフェースを使っている限り
どんなにスピードを上げても、スピンが増えるだけ
ボールには推進力も付きませんから
ボールは高くも上がりません。

へっど、フェースを動かすイメージはこちら
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






とりあえず ロフトは0度と仮定して
クラブを扱うことが肝心です。
ロフトはクラブの仕事。
自分でロフトを作ってしまっては
クラブの意味、番手の意味がありません。

ふたつを並べて比べてみましょう。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






この使い方をすると、肘の使い方にも違いが出ます。
ロフトを開く使い方では、肘を伸ばすと
クラブが自分から離れる⇒クラブが長くなります。
クラブは長くなるとより重くなりますから
より遠回りして、より遅れて、より開きます。

またスタートの状況で、ロフトを開いてしまえば
テークバックやトップの位置でロフトを開いてしまえば
クラブは閉じている状態よりも重くなります。

重くなって、遠回りするんですから
インパクトは体の正面で合流。。。なんて不可能です。

重くなって、遅れるクラブ…
肘よりも手の部分が遅れてきます。
重くなったクラブによって、右サイドは下がりますから…
開いているロフト、下がった右サイド…
飛ぶ理由が見つからない。。。

前述の通り、スピードを上げたとしても
ドロップショットはドロップショット・・・
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






クラブヘッドで言うと
だいたいのクラブは この画像で中指の付け根辺りに『重心』
があるんですね。
開いて フェースを軌道に沿って入れる方は
 重心が後ろにあるので 自分の想定よりも
より開き、より緩い入射 になる。
一方、ソールで軌道をなぞるモノは
重心が上から被る形になるので
 より閉じ、よりキツイ入射になる。
スイングで 真ん中がないのは こういう事…だったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。
IMG_0619
ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。


では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)
まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?

c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ブリストルパターを使っているので
 距離感、タッチに不安は無いのですが、
 真っ直ぐ というより
 自分の想い描いたラインと言うか
 出球を出したい、ラインに乗せるには
 どうしたら良いのでしょうか
❓」

IMG_1414
店長「パターのスイング、パッティングストロークを
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出しても
 フェースが上を向いてしまえば
 若干、度合いとしては薄いだけで
  フェースを左に向けたのと変わりありません。

L型ブリストルパター_Moment(2)

 自分の思っている方向に出したい、
 思い描いたラインに乗せるには
 右打ちの人であれば
 左ひじを アバウト その方向に抜く、出す、のが
 良い
と思いますよ。
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ヘッドの「上がり」、
 フェースの上向きも抑えられますから
 ボールとのコンタクトも よりソリッドになります

 フォローを出す、
 フォローを長く取って 真っ直ぐ行かせようとしても
 ヘッドの上がり、高さが急に上がってしまえば
 フォローを出す本当の意味合いが薄れます。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 コレは パッティングストロークに限らず、
 ショット全般に言えると思うのですが、
 悩んでいる人の多くが
 左ひじが止まってしまっている。
 パターの場合だと それによってグリップが止まって
 引っ掻いてしまったり、
 薄い当たりになってしまったり…。

 フォローを出すには
 左ひじの移動を止めない。

 アバウト 打ち出したい方向に 左ひじを出してあげる
 パターの場合は からだの回転は薄い、
 無いに等しいですから
 その代わりに 左上腕、左ひじを動かして
 ヘッドでは無く、パターを動かしてあげる。
((パッティングストローク 比較映像_Moment
 そうすると 今までよりも
 低く長いフォローが出て
 自分のイメージしているラインに出し易くなると思います。」

質問「やってみます🤩」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。

質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

((パッティングストローク 比較映像_Moment
パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ライ角度を 71度から 70.5度  0.5度フラットに
〇スタンダード仕上げ を クロムサテン(銀)
  従来のアイアンなどのサテンよりも目の細かいサテン仕上げで
  今までよりも ちょっと 青白っぽい感じです。
IMG_0524IMG_0526IMG_0529

















◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 テフロンブラック(墨黒)
 カッパー(ピンク)
 ダークカッパー(チョコレート)は オプションになります。
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度⇒ 70.5度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく『パッティングはオーバースピンをかけろ』
なんて言いますが、それは嘘っぱちです。
IMG_0502IMG_0505





確かに 球体であるボールが転がれば
車のタイヤが転がるように順回転で転がります。
放っておいてもオーバースピンはかかります。

しかし パッティングの重要なポイントは
オーバースピンなどのスピンをかけることではなく
『管理しやすい距離感を構築し
打ちたい距離をちゃんと打つこと』
です

良い転がりを打つという事は
同じ距離を打つのに
たくさん回転させることではなく
逆に
少ない回転でその距離を届かせること です。

転がり というのは基本抵抗によって生まれます。
たくさん回転するという事は
そのまま 抵抗を増やすことになる 訳です。
IMG_0618
パッティングにとっては
管理しやすい距離感
…いつも同じ距離を打てる感じ
感覚として掴みやすい距離感
ということになれば
◎小さなストローク
◎遅いストローク
 の方が
✖大きなストローク
✖速いストローク
 よりも
はるかに管理しやすくなるはずです。

今、目にするパッティングの多くは
振り子を使って 上に弾く打撃方法です。
これでは ボールは無駄に飛ばない方法で
距離の管理もしにくくなります。
まあ 軽いヘッドのパターを使ってる結末ではありますが…。

コースで、グリーン上では
ボールは自分の自重分 芝に沈んでいます。
故に まず 始めはそのくぼみになるボールを
打ち出してあげなくてはなりません。

それを「オーバースピンをかける」というお題目の元
上に弾いてしまうと、いきなりそのくぼみの壁にぶつかって
跳ねて飛び出すことになります。
これでまず失速します。

初段で跳ねますから、ラインにも乗らないので
方向も安定しません。

距離感は 「ボールのスピード感」移動感覚です。
距離とは水平方向への移動です。
ボールを押してあげればいいだけで
その『押し具合』が打ち手としての距離感です。
スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)

距離感が掴みやすいポイントとしては
ボールの移動速度とヘッドの移動速度が
出来るだけ近い方が良く、
弾いて打つような方法では距離感は掴み辛くなります。
軽いヘッドのパターでは弾かないと飛ばないですけどね…。

出来るだけ ロフトを変えず
地面に平行とは言わないまでも
地面との関係で 出来るだけ円を描かず
打ちだし方向に押してあげる だけ。

そういうパッティングの出来るパターを持てば
『毎度入る』とは言えないまでも
距離感は掴みやすく、パッティングで悩むことはなくなる
と断言できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「昔から言い続けているのですが、
 振り子のパターストロークやアプローチは
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
 ヘッド『単体』を先に出し易い、
 インパクトで左サイドや左グリップが止まる習慣が付き易いので
 それで悩みの無い人を除けば
 変えてしまうか、マイナーチェンジをした方が良いと思います。

6e87384eパッティングで使用するパターは
元々 少ないロフト 2〜5度程度のロフトです。
ですので 普通のクラブと異なり、
ちょっとしたロフトでも大きな変化になってしまいますし、
振り子のストロークは その名前の通り、
 ロフトの変化だけでなく、ヘッドの高さ変化も激しいです。

 弊社で推奨している『刷毛塗ストローク』の場合、
 完全に肩が動かない訳ではないですが、
 右腕の人であれば 右腕がグリップ移動のエンジンになります。

 右腕が伸びたら、その分、
 左ひじが逃げる、
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








 もしくは 甲側に折れていた左手首が手のひらが折れていく。
 フェース面、ロフトをジャイロのように使う感じです。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 これは 振り子のストロークにも応用可能 です。

 フェース、ロフトが似た方向も向き続け易いですし、
 コレは インパクト前後で左サイド、左グリップが止まる
 アプローチやショットへのドリルにもなります。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)





スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)






 シャフト・クラブの角度の変化が少ないですよね⁈」

質問「ですね。」

店長「パッティングにおいて
 かなり長い距離を、強く打つ場合に
 ヘッド「だけ」を送る 弾くようなストロークでは
 当たりも安定し辛いですから
 ボールを「打ちたい距離分」だけ 押す
 運ぶストロークに変えて行ける

 ロングパットで 超オーバーや超ショートを防げると思います。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 振り子のパッティングストロークやアプローチは
 ものすごく 通常のショットに悪い影響を及ぼします。
 概ね その動きがショットの基礎になる。

 パッティングストロークは ショットの基礎なので
 通常のショットにおいても
 『こすり打ち』防止のとても良いドリルになると思いますよ。
 必ず ショットに良い影響を与えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「コレは パッティングストロークに限らず
 ショット全般に言えるコト なのですが、
 インパクトを安定させる基本は
 グリップを動かし続けるコトにあります。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)
 別な記事でも書く予定ですが
 特に パターやアプローチなど 加減をするショットでは
 インパクト付近で グリップの移動が止まってしまい
 ヘッドだけを送ってしまう傾向が強いと思われます。

 まぁ 正直、パターストロークは昔から型無し と言われ
 結果が良ければすべて のケライが強いと言えば強い のですが、
 そのパットだけでなく、次のパット、次のラウンド、につながる
 ストロークをする為には パットだけではありませんが、
 グリップを移動させる速度 が ショット・パットの距離感、
 グリップの移動が距離感覚
 というのを覚えて欲しいと思います。

 例えば…ですけれど
 パターだけでなく、ショットのアプローチでも出来ますが、
 アドレスから 『テークアウェイ・テークバックを一切取らず』
 ボールを前に転がす、数メートル・少しだけ打つ
 とすると 何も言わなければ
 多くの人は ヘッドだけを送ろう としてしまいます。」
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s





質問「ですねぇ…。」

店長「ソレは ショットの場合、
 典型的な『こすり打ち』の始まり で
 ボールをとらえるには
 まず グリップ『だけ』が先に少し動き、
 右打ちの人であれば 右手首が甲側にある程度折れた状態、
 スナップロックが訪れて 👉はじめて ヘッドが動き
 パターであれば ボールを押し出します。

 ヘッドの移動が一呼吸遅れる、
 ショットで言うのならば ヘッドの遅れ分 を
 確保した後、インパクトする 感じです。 
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 ボールを打つ時(インパクト)、打ち終わっても(インパクト以降)
 決して グリップの移動を止めず、
 グリップの移動で ヘッドをひきずり
 ボールを押し出す、どかす、打つ感覚です。」

質問「ボールをヘッドで弾かない感じですか❓」

店長「その通りです。
〇からだの回転〜ク
 グリップを止め ヘッドだけを前に送る、
 そうすると ヘッドの高さも急激に変わりますので
 フェースとボールとの接触部分も安定しません。

 勿論、ヘッドが急激に上に上がるので ロフトも変化します。
 パターでもそうです。

 ゴルフクラブのフェースの実質的な『向き』は
 ヘッドのそのものの向き、ロフト角度、ライ角度の複合体ですので
 ロフトが急激に変われば 実質的な『フェースの向き』も変化します。
 自分からの見た目で 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す が
 形骸化してしまいます。

 パッティングストロークでは
 ヘッドを『フォローを出す、フォローを長く取る』と言われますが、
 前提として 『低く』が付いています。
 ✋つまり ヘッドだけ、ヘッド単体を出す のではなく
 グリップを移動させ続ける から ヘッドが出るので
 安定した距離感覚を身に着けるのには必須条件 と言っても
 過言ではありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「具体的にはどのようにするのが良いのでしょう❓」

店長「起こりガチ なんですけれど
 自分の動き(ストローク)にばかり囚われて
 物理的な事象を忘れてしまう
 という事があります。
IMG_0505ボールを打つ
ボールを転がす
それを安定させるには
ボールのどこを打つか

チャンと見定めないとイケナイですね。
 単純に 水平方向に打つのであれば
 ボールの一番 後方に膨らんだ部分を打ちたい。
 赤道と言えば良いのでしょうか。

 パッティングはオーバースピンをかける と言って
 赤道よりも下側の 南半球を打ってしまっては
 今度はパターフェースの当たり場所も
 ばらついてしまいます。

 実質的なイメージとしては
 北回帰線とまでは言いませんが、
 赤道よりも微妙に上側辺りを
 微妙に斜め下、水平よりもやや下向きに打つイメージで

 結果、ちょうど 赤道 と言う感じです。
IMG_0501
 弊社のブリストルやデール9でなく
 一般的なパターを使うゴルファーですと
 最近の主流は 重心が深く、低いマレットが多い。
 この手は ヘッドが前に、前に行こうとする誘導性が強く、
 また ヘッドの厚み(高さ)が無いので
 ヘッドの下側で ボールの下側を打ちガチ になります。
IMG_0502
 距離にもよりますが、
 ミドルレンヂ 3〜7m位の距離ですと
 普通のパッティングでは
 ボールの回転は 200〜500…数百回転/分ですが、
 パターの『歯』がボールに触れてしまうと 〜トップ気味
 パターの『歯』は角ですので
 急激に 回転が増えて 打つ距離にかかわらず
 数千回転/分に 回転は5倍にも、10倍にも増えてしまいます。
IMG_0507
 この回転の増加は 車で言えばホイルスピンのような状態で
 急激なボールの減速を呼んでしまい
 ボールが伸びなくなる、急ブレーキがかかる、
 ですので パターでは最も注意が必要な部分 です。
スクリーンショット 2023-06-18 232553
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す よりも
 遥かに  『転がり』 に影響のある部分です。
 ボールにも芯があり、ソコを打ってあげる
 結構、重要なポイントのヒトツ だと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「じゃあ その距離感覚を安定させるにはどうしたら良いんです❓」

店長「まずは その『打ちたい距離』を転がるボールの速度
 を想像するコトから始まります。

 その距離で、ボールは一体 どんな速度で転がるのか❓

 それを想像する。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 5ⅿ、10ⅿ、と漠然とした数字としての距離じゃなくて
 その距離をボールがどんなスピードで転がるのか❓

 どの辺りが 最高のスピードになるのか❓

 距離感は例えるなら スピード感 とも言えるでしょう。」 

質問「なるほど😌」

店長「ボールの転がりが良い
 ナチュラルな スピード感の出せる パターを使うのは
 とても重要です。

 ボールを手で転がしたときのように、
 自然な加速、特に自然な減速、
 良くないパター、ヘッドの軽いパター、
 重心の位置の低すぎるパター、
 シャフトの硬過ぎるパターなどでは
 加速に対し、減速が激し 急ブレーキがかかるので
 『距離感覚』が掴み辛くなりますので 注意が必要、
 出来れば 避けたい ですね。
L字パター修正図面 (002)
 プロが試合中、ミドル・ロングレンヂの距離のパットで
 ボールトカップの中間点に行って
 ラインを見ながら ストロークの練習、素振りをしている、
 そういう光景を見かけると思うんですけど
 あれは ボールの速度に合わせて
 グリップ・パターヘッド、パターを動かす
 速度をイメージしているんですね、
 決して 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す 為の
 素振りをしている訳ではないです。

 スピード感を確認しているのです。

 そうしたら そのボールの速度を出すのに
 どの位の速度で グリップを…
 パターヘッドを動かせば良いのか…
 どのような動作速度なのか…
 そこは 教えてあげられない部分 ではあります。

 野球でボールを投げる距離、
 サッカーでパスをする距離、
 それに対する ボールの速度、運動の速度は
 自分で掴む以外にない部分です。


 とは言うモノの、
 運動の速度、それによって移動するパターヘッドの速度、
 それが 安定して、恒常的に
 ちゃんと 均一なボール速度 になるには
 どのロフトで当たるのか、
 パターのどの部分で、
 ボールのどの部分に当たるのか、
 は いつも似たようなモノにしておかないと
 運動の速度 = パターヘッドの速度 = ボールの速度
 が 毎回バラバラになって
 自分に『距離感』『運動の速度感』が身に着きません。
((パッティングストローク 比較映像_Moment
 少なくとも その ボールの速度感 とつながる
 動作、パター・グリップの動かす速度感 が
 構築できないと パター下手からは解消されない…
 その原因になっているのが
 安定した『当たり』になっていないことが多い。
 距離感・スピード感は自分で掴む以外にはなりませんが、
 その基礎になる
 似たようなロフト、
 似たような当たりドコロ にするのには
 技術的な部分で解消出来ます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「次に ですけれど
 真っ直ぐ打つコト
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すコト
 によって 距離感を損なってしまう のであれば
 無視して良い
と思います。」

質問「😧えええええ😧

店長「えええええ😧😧

 だって ですよ、
 仮にショットだとしたら
 100ヤードのショートホールで
 グリーンの廻りが池の アイランドグリーンがあるとして
 だいたい そっちの方に打つコト も必要ですけれど
 約100ヤード って距離感も必要じゃないですか❓
495554f989b4c0e70bd6715283bad2bf-1200x800
 真っ直ぐ打っても 距離が合っていなければ
 短くても 長くても 池ポチャ
 勿論 アバウトでそっちの方向ってのも必要ですけれど
 どっちかと言えば 距離が合っている方が
 成功するチャンスは高いと思いません❓

 逆に距離が合っていれば
 ものすごく アバウト ですけれど
 グリーンの幅に行き易いのでは❓」

質問「そう言われれば…ですね。」

店長「今度ね、プロのトーナメント見て下さい。
 パター、パッティングの参考と言う意味では
 試合中継は グリーン上ばかりですから😌😌

 入る時は当然、距離感が合っている のですが
 外しちゃうのは
 ラインのミス、真っ直ぐ打てなかったミス、
 ではなく 距離感のミスです。

 距離感が合っていないコト が ミスを引き出します。

 距離『感覚』が合っていれば
 パターで悩みは深くなりません。
 道具・パターとしても
 入るパターなんてのは 存在しないですから
 距離感覚が身につき易い、
 距離が狂い難いパターが最優先です。

IMG_0619
 距離が合っていないから
 強いタッチになって 引っかけたり、押し出したり
 そう言うミスの方が圧倒的に多い。

 距離が合ってさえいれば どこかで入ります。
golfutikata233 もうね 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す なんてのは
 一切 捨ててもいい位🤩
 自分の感覚的に
 打とうと思っている距離を打つ・打てる、
 そう言う感覚や練習の方が遥かに
 総パッティング数は減ります。 

 プロが器具を使って真っすぐ引く、真っ直ぐ出す、
 の練習をしていますけど
 それでも 入らないのは
 距離感が合っていないコトの方が 断然多いです。

 距離感が合っていれば 必ず入りだすモノです。
((パッティングストローク_Moment(2)
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出せても
 距離が合っていなければ 入りません。
 で チカラを緩めたり、強く入れたりすれば
 必ず そのストロークも狂いだしますし、
 そのホールは兎も角、次のホール、その日のラウンドに
 必ず なにがしかの影響が出ます。

 それは パットだけじゃ済まないケースも多い。

 ですので
 パッティングの肝は距離感 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「L型ブリストルG2を使い始めたんですけれど
 何かアドバイスはありますか❓」

IMG_0520
店長「パッティングの極意…みたいな奴ですか❓

 弊社のヘッドの重い、シャフトの柔らかいシリーズに限りませんが、

〇パッティングの一番大事なコトを間違えないコト

 から始まるんじゃないですか⁈」

質問「なんです❓」

店長「例えば なんですけれど
 2mのカップまでの距離があった、とします。

 コレって カップに『入る』までのラインって
 微妙な差も含め 結構、無数にあるんです。」

質問「!!!!!!」

店長「当然、強さ弱さの加減にもよりますけれど、
 ボールって だいたいの外径、一周が15儖未覆鵑任垢韻
 1m50僉,髻10回転して 転がる〜移動するんではなく
 1m50僉,髻6〜8回転くらいで移動します。

 転がりつつ、滑る、スキッドする が混じるんですね。
L型ブリストルパター_Moment(2)
 ちょっと話は逸れちゃいますけど
 パターストロークの 良い転がり とは
 適度な範囲で その滑る〜転がりが混じるコトを指して
 1m50僂髻10回転 で移動するよりも
 6回転で移動出来るようなモノが 良い転がり と言います。
 世の中では オーバースピンをかけろ、かけろ と
 呪いのように念じられていますけれど
 放っておけば 地面を『転がる』ので
 オーバースピンになります。
 それを無理やり 多くする必要は無いんです。

 多くなれば 当然、地面・芝との摩擦抵抗は増えます。
 より強い力が必要になる可能性があり、
 その上で 摩擦『抵抗』が増えますから
 芝の影響も大きくなる、大きく曲がったり、
 逆目・順目の影響も受け易くなります。

 良い転がり、良いパターは
 少ない回転で カップまで届く✊
  というのが一つの目安です。」

質問「なるほど🤩」

店長「で、話はもどりますけれど
 カップまで2m、そこには無数のラインがある、というのは
 転がる回数も人によってマチマチ、
 その接地点も人によってマチマチ。

 ボールの接地する部分が変われば
 芝目などの影響も当然変わります。

Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 同じ人でも 同じ回転、同じ速度、
 同じ接地点で打つのは かなり大変・・・😧
 プロが 365日毎日2時間も4時間も
 パッティングの練習に時間を費やすのはその為で
 パター練習は腰に来ますから
 普通の人はそう多くはやらない…、
 コースに出た時の練習グリーン程度でしょう。

 ですので パッティングは 入れるモノ ではなく、
 自分の想い描いた距離を打つコト です。」

質問「!!!!!!」

店長「そりゃ その結果、入ってくれるのが理想 ですが、
 自分の想い描いた距離を打っていれば
 入る入らないは別として
 いずれ 総パット数はある程度までは減って来ます。
 ショットやアプローチの出来にもよりますけれど
 距離感を思い描いて パッティングしていれば
 ラウンドでの パット数30台前半も夢ではないと思います。

 決して入れちゃあいけない😵 って訳でも
 入れるな✊ って意味ではないですけれど
 最優先事項として
 入れるモノ ではなく 思い描いた距離を打つコト
 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n













フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖


 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。


店長「ゴルフクラブは『長く』なると
 ヘッドスピードが上がって 飛ぶ✊
 それは言葉としては『合ってる』んですけれど
 多くの人 は 長くなると スイングの弧が大きくなって
 スピードが上がる、飛ぶ と『信じている』ので
 小さな円より 大きな円を描きたがります。

 それが 発想として 手打ちの始まり ってケースもあるでしょう。

 コレって
 大きな弧にして 緩い入射角度。。。
 ティーアップしたドライバーだからOKであって
 どれもこれも 大きな弧にしたら
 地面にあるボールが上手く行かない。

 アメリカの女子プロの入射角度のデータ、
 これでも結構㋴ユルイ方なのに
 アマチュアは もっと緩い角度、
 クラブとしては短い方の分類に入る8番アイアンで
  😧 0度位のアタックアングル 😧
 なんじゃないでしょうか✋

 プロでもそうですけれど
 アマチュアですので 入射角度が2度3度
 ブレてしまうことは 大いにあります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 0度 言葉で言うと レベルな入射角度が
 1度プラスになれば しゃくり打ち・あおり打ち
 入射角度ではなく 仰射角度になってしまう。
 1度マイナスになれば ダウンブロー…。
 同じヘッドスピードであっても
 しゃくり打ち仰射角度1度 ⇗
 ダウンブロー入射角度1度 ⇘
 プラスマイナスで1度・都合2度違うだけで
  全く違う球質になってしまう。
 距離も、球質も、キャリーも 全然違う。
 弾道が安定しない ってここら辺にあるんじゃないかしら…。

 2段階のミス って気がつかないでしょうし…。」

Fさん「2段階❓」

店長「プラスマイナス1度・都合2度の誤差で
 球がバラつく が
 これは機械じゃないので 仕方がない。
 アマチュアの場合、追及しても ココに答えは無いです。

 根本的に そのクラブの長さなりの…
 8番アイアンであれば ダウンブロー、
 入射が取れていない が◆
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)




 なんでもかんでも 大きな弧にしようとしたら
 👉クラブの長さが変わる
 👉見た目のスイングの弧の大きさは違うけど
 👉ボールとコンタクトする時の入射は
  長さによる差が出ない

 ヘッドスピード教の行き着く先 だったりします。

 言葉のニュアンスとして
 『ダウンブロー』はかっこいい、上級者っぽい、
 けれど ダウンブローは
 スイングの弧を無理やり 大きくしようとしたり
 ヘッドスピードを上げよう、速く振ろう として
 本来の クラブの長さを
 無理やり解いてしまわなければ
 自然に付いてくるモノで
 決して難しいモノではありません。
 入射角度が『有りさえすれば』良いだけです。

 理屈で言うと
 クラブを持って
 自分が廻る・向きを変える だけで
 そのクラブの長さの違い…
 長さの違いによる入射角度は『
発揮』されます。


 スイングを大きくしよう とか、
 ヘッドスピードをあげよう、
 もしくは ヘッドを返そう とか、
 インサイドから入れよう と考えたりすると
 ボールとヘッドが当たる 肝心なトコロで
 小手先の スイングの弧 を作るコトになり
 長さによる アタックアングルの違い を失うコト
 になってしまいます。
(271_Momentココって 技術じゃあ無い と思うんですよね。

すごくベーシックなトコロで
『信じているコト』があって
 それに従っているだけ なんですから。

 ドライバーでは アッパー角度が大きい ので
 その都度、その都度のばらつきがあっても
 どの道 アッパーなので 差が少ないですけど
 アイアンとドライバーで 違うスイングをしろ
 と言う意味では断じてありませんけれど
 その系のスイングで 地面からボールを打つクラブになると
 その葉境、三途の川の中にいるアタックアングルが
 ミスも含めて 自分を悩ませることになったりします。

 それを だいたいのケース、
 スピードで誤魔化しているんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖


ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。

店長「よく有るイメージなんですけれど
 ドライバーはティーアップしているから アッパー
 4番アイアン(UT相当)あたりが レベル
 ウエッジが ダウンブロー。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 しゃくっている、煽っているから 治せ、
 ダウンブローに打て と言われたとして、
 ドライバーみたいな入射角度・アタックアングルを
 ウエッジの入射角度まで変化させる、入れ方を変える

 と言う訳では無く、
 6番アイアンを 1インチ短い 8番アイアンか、9番位の
 入れ方をして来なさい、というコト なんですね。」

Fさん「微妙 と言っていいのか分かりませんが、
 その位の差なんですね。」


店長「はい。
 アマチュアの多くが クラブの長さ ₌ ヘッドスピード
 故に クラブの長さ長くなる) ₌ 飛距離 と考えやすく、
 間違い・嘘じゃないから なんとも言い難いのですが、
 それがなんだか曖昧に流されて
 👉スイングの弧の大きさ ₌ 距離
 👉スイングの弧を大きくすることが良いコト

 と考えていることが多いと思うんですね。」

Fさん「はい。確かに曖昧に、そう思い込んでいるフシが…。」
20210701 (2) - frame at 0m24s
店長「じゃあ 長さが変わる 👉アタックアングルが変わる
 がどうなっていくのか を考えてみます。

 まず 前提として

 ゴルフクラブの破壊力というのは
 ドライバーだから 多くて
 ウエッジだから 少ない😧 と言う訳ではありません。」

Fさん「遠くに飛ぶから 破壊力が高い、
 と言う訳では無いんですね。」


店長「単に ロフトなどの能力の違いに過ぎません。

 ドライバーは長さ分、ヘッド重量が軽く
 ウエッジは長さ(短さ)分、ヘッド重量が重い、
 物騒ですけれど、クラブでぶっ叩かれた時、
 ドライバーだから重傷で、ウエッジだから軽傷 ではなく、
 どれも同じ 打撃力・破壊力 なんですね。

 ドライバーは単に 破壊力を水平移動させ距離にする能力が高く、
 ウエッジは逆に その破壊力を距離に『しない』能力が高い。


 で 話は戻りますが、
 8番アイアンのロフト 35度と仮定して
 ヘッド重量を長さ也に調整して
 (破壊力が同じになるよう)
5番アイアンの長さの 8番と、
▲Ε┘奪犬猟垢気痢8番、
そして ➂オリジナルのモノ

 3通り用意した場合、
 ➂を基準にすると
 ,歪垢気増し、入射角度が㋴になりますので
 オリジナルのモノよりも 出球が高くなります。
 出球が高くなる、と言いましたが、
 ➂ともに 最高到達点、一番高くなるその量に差は少なく、
iron-shot-green
 弾道質が変わりますので
 オリジナルのモノに比べると 弾道の頂点、
 一番高くなるトコロが 手前、真ん中寄りになります。」

Fさん「飛距離はどうなんです❓」

店長「コレも人によって異なる、というか
 ヘッドスピードによっても異なるのですが、
 ヘッドスピードが平均的(37㎳)な場合、
 長さの特性とロフトが合わないと言えば良いのか
 ,猟梗棆修靴織皀里諒が飛ばない可能性があります。
 

 逆に短尺化した ➂の8番アイアン は
 高さが取り難くなりますが、
 ランも含め…ですが、
 距離としては一番飛ぶ可能性があります。」

Fさん「ええええ 意外…。」

店長「飛ぶようになる と言うよりも
 アマチュアは 緩いアタックアングル
 緩すぎるアタックアングル のケースが多いので
 8番アイアンとしては 適正な入射になる、
 8番アイアン本来の『球』になる
 と考えて良いと思います。

 アマチュアの場合の 飛距離アップ のポイントでしょうね

 ですので
 ドライバーからアイアンまで
 長尺化するよりも 短尺化した方が
 飛距離が出る アマチュアって想像以上に多いと思いますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Fさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。 今日はどうしました❓」

Fさん「ゴルフを始めて 4年になるのですが…。
 あんまり コースも練習もイケないんですけど
 ゴルフ全般のベースアップをしたい😊 と思いまして…。」


店長「はい。

 ゴルフスイング、クラブをどう扱って、どう動かして
 どんなボールを打つか❓  という探求も
 ゴルフの楽しみのヒトツなんですけれど
 コースで その成果を発揮できるか、どうか、
 その部分は 予想以上に メカニカル、
 基礎的な約束というか、仕組みがあるんです。

 この部分を把握せずに
 ゴルフをしてしまう人がとても多いです。」

Fさん「どんなロジックです❓」

店長「ボールの飛びのメカニズム ですね。
VTS02 2022_Moment(3)
 実は とっても大事で
 その基礎を理解しているといないでは
 スイング造りも全然変わってくると思います。」

Fさん「はい🤩 よろしくお願い致します。」

店長「あらかじめ覚えていて欲しいのは
 特に難しいコト、難しい用語等 使いませんし、
 スイングの良し悪し を論じませんが、
 この 仕組みは、クラブにも、スイングにも、
 ドライバーにも、アプローチやバンカーにも
 深く関わってきて、結構、多岐に渡ります。
 ヘッドが重たい とか、
 クラブが長い、とか、
 シャフトが柔らかい、なんてのも
 この たまたまの飛びのメカニズムを元に考えられています。

 何回か読んで 理解して頂けると良いと思います。」

Fさん「はい。わかりました。」


店長「まず ですね、

 一般的な成人男性のヘッドスピード
 37㎳位を基準・平均値にして考えます。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
 同じヘッドスピードで
 8番アイアンを打つとしましょう。

 ショットには ざっくり大別して

〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖

 があります。 
((((ハンドポジション_Moment
 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。

 ボールのスピードに関しては
 ㋴の方が 立体的に移動しても
 距離である水平方向では無く、垂直方向に多く移動、
 上に行ってしまうので 速度の基となる
 移動距離が伸びないので 遅くなる と考えて下さい。

 同じクラブであっても
 そう言う違いになります。
 同じヘッドスピードなのに
 人によって弾道も、距離も違う というのは
 そういうことなんですね。
クラブ別スペック
 この表は 何年か前の
 アメリカの女子プロの平均値のデータです。

 アタックアングル というのが ヘッドの入射角度 で
 「マイナス3.1」と言う数値です。」

Fさん「意外に小さな数値なんですね。
 プロですから 8番アイアンを『上から打つ』から
 -10度とかの 角度なのかと思っていました。」


店長「ですねぇ。
 最近の プロの主流は やや少なめに入れる、
 よくいう スティープ(㋖)ではなく シャロー(㋴)、
 流行りの シャロースイングになって来ています。

 数値としても もう少し 5度位でいいかも、知れません。

 私たちの平均的なヘッドスピードの場合、
 入射角度が緩い、緩すぎると
 ボールの浮力が得られなくなり
 ボールが飛ばない、キャリーがない、  になり易いので
 プロの『流行り』を一概に真似して良いとは限りません
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment
 入射を緩くして 飛距離が伸びる のは
 ドライバー換算で 42㎳ 位が境です。

 このヘッドスピード 42㎳ は
 そのスピードが出せる、出すことが出来る ではなく
 ラウンドを通しての平均値 と考えて下さい。
 ですので アマチュアには かなり厳しい境界線です。

 女子プロもだいぶ筋力アップして
 ヘッドスピードが高くなってきていますから
 その境界線よりも上の選手も増えてきています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1月以来のラウンド報告です。

スコアは51-49で波や大崩れの無い100ピッタリ。上出来。

(前回は12打とか有りましたから、、、)

最悪パー4とパー5でそれぞれ8打が猛打賞。

1月より断然身体の回転で打ててる感有ります。

343565693_758697259247695_4696648991514922266_n (1)

ドライバー、真っ直ぐ右に行くのが何発か。修正しようとしたらフックで林。

スラったのは確か1発だけ、ボール位置問題と仮説を立ててます。

ウッド、出番一回だけ。

ドッグレッグパー52打目までナイスショット、

3打目5w力強い打球でスラってOB。泣く。

(練習ではめちゃくちゃ打ててたのに)

 

UT相変わらず、いや、前回以上に大活躍。

アイアン、140130辺りからも何回か乗ったので非常に助かりました。

100前後もかなり安心感有りました。

アプローチ、少しは上達したかなー程度。

パター、修行足らず。

振り返りは以上です。


あきひこ先生の動画「グリップの進め方」は

とてつも無く勉強になりました。

あんな事タダで教えてもらって良いのだろうか?

今度池袋できちんと教えて貰おうかと。


父とのラウンドだったのですが、

「クラブを落として身体を回そうとしてるな?

難しそうな事してるな!」と言われました。

(父は若い頃競技かじってました。76歳で白ティから90前後で回ります)

ビギナーとアベレージレベルの同伴者からは

「そのスイング見ると当たらなくなるから打球しか見たくない」と同じ事を言われました。


なので、冬の「身体の回転で打つ修行」は一定の成果が認められたかと思います。


〇今日の気づき。

今朝現在、最もしっくりくる感覚表現。

「右向いてる間にあきひこ先生」なんじゃソリャ。

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s








あきひこ先生のグリップ進ませをやる際、

右を向いてる間に△鮑僂泙擦討靴泙┐个△箸魯ートで「回るしか無い」。


「先に◆廚琉媼韻世伴分は飛ばしたい時

だいたい忘れて,らにすっ飛ばして振り遅れ。


当たり前だのクラッカーですが、コレがほぼ防げる。


今書いててジャストアイデアだったのが、

右向いてる間にコレ完了させるから
クラブは「振る」じゃなくて「降る」なのかな?とも。


「降るスイング」どうですか?^_^

345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)

なので、先日の落として回るでは一つ工程が多くて、
落とせば回れる。で当面行ってみます。

 

😌やっぱりドリフト走行とか

スピンターンの車体の向きとコーナリングに見えるんですよねー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



高速道路で
ゆっくり走りたければ
単に道を譲れば良いだけ です。
高速道路に乗らず、一般道を、と言う選択もアリ です。
ゆっくり走りたいのに・・・・・・
高速道路の先頭も走りたい というのは
ちょっと困ったモノになってしまいます。



V字を維持してみよう 上編_Moment(2)ゴルフスイングの中で
ダウンスイング〜インパクト〜フォローの動作方向
スイングを上から見た時の、反時計周り方向の動作、
右向きから左向きへの動作において
その先頭に位置するのが
クラブを持った 左腕(上腕)〜左グリップ の役割です。


その先頭にある 左腕 特に左上腕 ですね、
これが 動力源である からだの向きの変更 に
伴わないと からだの捻じれ
上半身の捻じれが生まれてしまい
(骨盤の向き と 肩周りの向き に注目)
結果としては 手で振らなくてはならなくなります。

置き去りくん1_MomentミスターKの法則1_Moment






←見た目では 莽討空く形 ですね

いろいろなスイングを見てもらうと分かりますが、
からだの概ね 正面でインパクトする
●ボールと正対した時インパクト

✋厳密にする必要は全くありませんが、
そう言うイメージで ゴルフスイングを造っていた、としても
ダウンスイング初期で
からだの向きの変更に 左上腕が伴わなければ
骨盤と肩に回転差〜ねじれが生まれてしまいます。

これを 本当の意味の『脇があく』と言います。

からだの向きの変更の動力源 脚さばき は
既にボールを追い越しています。
空振りする訳にも、辞める訳にもいきませんから・・・
 😢 【もう 手で振るしかない】 状況が生まれてしまいます。

画像を比較して頂くと分かると思いますが、
左腕(上腕)の『置き去り』によって
からだの左右の周り方 だけでなく
両肩の高さ もこんなにも違いが出てしまうのです。

ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment







からだの捻じれ(骨盤と肩回りの向き差) によって
回転方向も 骨盤と肩回り で 上下角度も異なり、
ここから インパクトに入るとなると
右サイドは下がる分、左サイドをあがらざるを得ません。

当然、体重は左に移れませんし、
左サイドの動きを止めないと 届かない〜届きすぎる
が起こり易くなります。
この 左半身/右半身のズレ が 体の故障 にもつながります。

からだの向きの変更 を
ちゃんと打撃の動力源にしたい、
からだの回転そのもので打ちたい、
のであれば、動作の先頭にある左腕、左グリップ、
特に 茲両縅咾鮟詑擇慮彊にしないコト です。
ダウンスイング〜左上腕_Moment
腕 クラブの重さは動き によって
想定以上に積算で増えますので
同期させるには
 『先に』 動かしておく
その位の 意識が必要かもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✅もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

ブログ後にまだ打ってはいませんが

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。そのイメージは湧いてきました。

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します!


✅もっこ〇君のあなたのからだはどれですか❓

〇1769ps(p)

あおむけに寝て、立て膝、の状態で、

足、腰(骨盤)、肩の連動を確認したりしてます。

 

膝を左右に倒す:腰も肩もついて来ない。

(骨盤)を左右に倒す(尻を回す) (足裏の補助は入る)

:膝も肩もついて来る。

肩を左右に倒す

:肩を倒そうとするだけでなかなか大変。

腰も足もついて来ない。

足裏で蹴って左右に倒す:腰も肩もスライドはすれども、回りはしない。

 

結果として(以下立って確認)

回転方向(の先頭)にある尻の重量を使い(右回りは右尻、左回りは左尻)

(骨盤)を回すのが一番簡単そう?ではあります。

 

尻を回せ、ですね(笑)


✅もっこ〇君のからだが開いてる❓

〇熊モッコ

捩じるから遅れる。 なるほど

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s

 そうだ、すべて捩じっていたのかも!

 頭の感覚も捻じらず、どう体に伝えるか、

そうすれば打撃インパクトも伝導インパクトも直ぐなんでしょうね。


✅もっこ〇君の途中下車

〇ハミングバード教団長崎支部

昨日 「一気に左を向く」で 打ちっ放し 練習へ。

クラブは 7W

 

最初は 十分に届かず トップ。

トップと言えども フェース下部には 当たっている。

 

「一気に左を向く」が 未だ不完全なのか

 と思いながら 打ち続けていると 当たる様になり

狙い点へ向かって 飛び始め、徐々に いい感じ。

 

飛び方が これまでと 変わった様です。

 

Dr に 持ち替え。

 

明らかに 飛び方が変わっています。1番手ほど 飛んでいます。

 

悶絶度を増した PS SW アプローチショットも

かなり いい感じで 今までとは違っている様な・・・

 今週のラウンドで早速 トライします。

 

なお、グリップの進め方 を ある程度習得しておいた方が良いと

 思った次第です。早く回る為にも、ゆっくり回る為にも。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇もっこす君の練習 - frame at 0m19s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s










〇もっこ〇君 『伸びたり縮んだり』

〇熊もっこ

色々やり過ぎなのか、

なかなか上手くいかんとですね。

謎が深まっていますが、謎解きも趣味になりそうな年ですが。。

                       

別の角度から自分なりに、、、

右向きの方法を自分が間違っていること、な

んとなく感じているところです。

また、下ろそうとすると余計な動きと間の両方が出来ますね。

振り払って、その間を無くすのか、間が無くなるとどうなるのか、実験みるばい。


ハミングバード教団長崎支部

えぇ〜〜〜

「右向いているうちに」にじゃ なかとですか?

 

実際は そう言う状態にはなりませんが、

この気持ちを持ち合わせた時の方が 上手く打てる場合が多いです



〇もっこ〇君のリリース

〇1769ps(p)p?

いわゆるナンバ歩きで暮らしてます(なんのこっちゃ?)

右足が前に出るときには右尻、右背、右手(場所は体側)も同時に前、下に出ます。

左も同様。

 

これを背中、尻、後ろ太もも、でやります。

 

前腿は使いません。

 

慣性で?多分普通の歩き方と大きく変わっては見えないはず、と思われます。

足、尻、背、手の重さは常に下に向き、安定しています。

 

感覚としては、体を揺すって、
両足でスライド移動しているような感覚かも。

(ナンバ歩きを止まって高速で行うと
ヒクソン・グレイシーの練習の動きになります。)


対して、一般的な歩き方は、右足が前に出るときは、左手が前に出ます。

骨盤の向きは左右動かず、前に向いたまま。

右足、左手の重心は上に上がり、安定しないようです。

片足で立って、しかも重心が上にあることが多く、安定しないように思われます。


一般的な歩き方の

右足が前に出るとき、を、

スイング時に

体が左を向くときと捉えると、

その際に左手は、上に流れ、
左足は踏み蹴る形になると思われます。


右手は後ろ、下に流れ、
左手と右手の距離は大きく開くことになります。

クラブを持っているとすると、
クラブは寝る方向、そして右方向に進みそうです。

 

ナンバ歩きの

右足が前に出るとき、を、

スイング時に

体が左を向くときと捉えると、

その際の左手は左体側にあり、足、尻、肩と共に

左および下、つまりインパクト方向に向かっていることになるようです。

右手は右体側にあり、左手と右手の距離は体側分、ということになります。

クラブを持っているとすると、クラブは、左に進みそうです。

 

と、左向きを歩き方(似て非なる大きな違い) との関係で考察してみました(笑)。

 

これで若干前傾し、

テイクアウェイ時に、左足さばき、右尻さばきで
フェイスを下に向けられれば(右背肘高く左低い)、他は何もしなくても良いのかも?


〇ハミングバード教団長崎支部

おぉー

このドリル 今でもやっております。

バンカーは この感覚で打てます。出ます。
これに グリップを最初に移動させて・・・ を合体させて。

 

悩める支部員も このドリルのみで 毎日 コソ練中。

〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s
〇もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します! 

〇左向け左 - frame at 0m2s

ブログ後にまだ打ってはいませんが、

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。

そのイメージは湧いてきました


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ