◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年05月


Mさん「スイング映像送りました。
 なにか 改善点ありますか❓」


店長「そうですね〜。
 ご本人がソレを悩んでいるか、はわかりませんが、
 とても目につく部分で
 多くの人は ソレ を治すのに間違った道に
 余計な道に侵入してしまうので そのお話し、から。」

Mさん「あい。」 

店長「YOUTUBEにスイング動画アップし始めたなぁ〜
 と思って、数か月前から 毎回スイングを見ていたんですが
 気になっていた、気になっている点があります。
 とっても目につくんですね。

 まずは 動画を見て頂きましょう。

 スイング全般からすると
 ぴょこんと伸び上がるのが目につきます。

 頭や目線が トップオブスイングからインパクトにかけて
 5僂ら10兌紂々發なるんですね。
 コレって 傾斜地でフルショットしたり
 アプローチに苦労するんじゃないか と思うんです。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m55s〇もっこす君の練習 - frame at 0m56s











 上手に当たっているのなら
 頭を動かすな✊ とは言いません。
 ただ 伸び上がり を治したい と思っているゴルファー向けに
 その原因と間違った対処法の話しです。

 伸び上がり、頭が高くなるのを
 単純に 伸び上がらないようにしよう、
 頭を動かさないようにしよう、
 という対処、治療は『間違い
です。

 まどろっこしいかも知れませんが
 誰もが 伸び上がりながら打とう、
 頭を動かしながら打とう、としている訳では無く
 『ソレ』が必要だから必然でしている、ので
 もしも 原因を根治せず、伸び上がらないように、
 頭の高さを変えないようにしたら、
 別のコト…
 例えば もっとヘッドターンを強くする とか
 右サイドをさげる とか
 より悪い方、より複雑、深入りしてしまう方に
 行ってしまったり、
 場合によっては 首や腰を痛めてしまう場合も
 決して少なくありません。
 また 伸び上がらない為に 無駄に深い前傾になったり
 より根深い問題にすり替わってしまうかも…です。


 また この伸び上がり、頭の上がり、の加減、量は
 振り加減に比例します。
 同じクラブ、アプローチショットであったら
 70ヤード打つのと、40ヤード打つのとでは
 この伸び上がり加減も変わるので
 ミスの原因になり易い と思います。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m19s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まあ Mさんの場合、急激な伸び上がりは
 微妙にインパクト以降ですので 問題はないのかも知れませんが、
 伸び上がりの原因が… おそらくですけれど、
 最大の悩みにつながる箇所なんじゃないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


今度は 左上腕とクラブ(シャフト)の角度 です。

コチラもからだの回転で ボールに届くように。


左腕とクラブの角度
これを解かないと ボールに届かない のは
その左腕の付け根 (からだがボールから離れている)からで
周り方 を考えてみる必要があると思います。

😵体は回し続ける 左サイドは止めない
 となんだか 余計届かないそうですね。
手で振る、クラブをリリースする と
体を開く、手で振るための空間を作る はパックです。

👉手で振らないスイング を作るのには
からだの回転でボールが拾える周り方 が必要、
それもまた パック です。


✋左サイドは止めない
✋からだは回し続ける

・・・それでも ボールに届く周り方が欲しいトコロです。

左腕とクラブの角度は
俗に言う ディッシュアングル です。
アドレスの通りのまま で十分。
スイングには 意識的に行う動作として
『コッキング』というのは必要ないかな と思います。
フルショットであっても…です。
V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






まあ これは フルショット用のドリル と
アプローチの練習ではありますが、
周りの量や速度は 脚で管理する訳ですが
その脚の動作と 利き腕の肘(右ひじ)の曲がり具合 は
同期させる方が良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







その役割は グリップの高さ を確保することで
左腕とシャフトの角度を作る のするのは お薦めしません。

コッキングをして クラブの重さを左腕に多くかけるのは
ダウンスイングにおいて からだに対し「左腕」が遅れる
グリップが遅れる原因になり易いでしょう。
無意味に深いトップにもなり易いですし…ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment
トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか
V字を維持してみよう_Moment
ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。

校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。

アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



その後、2回のラウンド機会を得、投入しました。

ラウンド的には #2#3 となります。

IMG_0619
写真一番左(テフロンブラック)が 旧型になります

#2 ラウンド

ベントのポテトチップスグリーン。

 

県の シニア・レディース 大会を 2日後に控えた

 とても 速く 転がりも 良い グリーン。

 

大会を控えているので、

ピン位置は グリーンがあまり踏まれ無いことを考慮してからか、

一番手前が多く、そして 奥か 左右の端っこ。

 

従って 傾斜がキツい。

 

上からは 超早く、下からは 打たなきゃならず、

横からは 曲がりまくり。

 

結果は 32パット。

 IMG_0613IMG_0612









3パットは 一回。

これは、仕方無い 状況でした。

G2 初めて見た同伴競技者は、

「あんなに ゆっくり打って 何故 届く?」

と 最初から最後まで 言われており、混乱しておりました。

 

 

 

#3 ラウンド

#1 ラウンドと同じ 芝目・傾斜のキツい 高麗。

IMG_0614

エアレーション後は 小さくなっているけど、

ある程度の ボコボコ で、芝が育って来たので

 #1 より 止まりぎわ で 突然曲がる。

ダルビッシュ投手の 高速スライダーです。

真っ直ぐ転がり 止まりぎわで 極端に曲がる。

 

結果はスリーパット2回の32パット。

スリーパットは 逆目の15m 程のパットを打ち損じて

 かなりショートしたものです。

IMG_0618

7000y 越えの フルバックティ使用だったので、

長い、外からの パッティングもありましたが、問題無し。

 

グリーン ボコボコでも パッティングに負荷無し。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 L型ブリストルパターG2 NEWバージョン 販売開始 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

先週 「G2」 の突然の到着。いや 襲来!

チョット長めの 超重めの グニャグニャ 。

G2  spec     550g (ヘッド重量 )131cpm

IMG_0612

現在 25悶絶クラブ(ドライバー 120cpm 流し)を使っているし

 以前は 105cpmのドライバーを使っていた 自分なので、

柔らかさへの耐性は持ち合わせているとの自負がありますが、

この 「G2」 は・・・


G2 (ヘッド)550g  131cpm

ファットB   530g    140cpm(推定)

進化版       482g    146cpm

IMG_0619

本日 G2、ファットB、進化版 を 持って コースへ!

コースは 芝目がキツく 傾斜も大きい 高麗グリーンの ホームコース。

今年は 芝の育ちが悪いらしく、5月中旬なれど

マダラに育っていて しかも エアレーション後が

 クッキリ残っていて ボールは 飛び跳ねながら

 反復横跳びして 転がる? 様な 状況。

スティンプメーターは 8.5 の表示。


パターを試す様な コンディションでは無いのかなぁ〜〜〜

  と思いながら、練習グリーンで 20歩程度の 登りの逆目を

 進化版、ファットBG2 の順番で 打ってみました。

IMG_0614
L型ブリストルパターG2 NEWバージョン 販売開始 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

最初は 進化版。3球打つ。

使い慣れておりますから 、

一発目から ジャストタッチで距離ピッタリ。いつも通り。


次は ファットB 3球打つ。 これも いつも通り。

どちらも いい感じ。


最後は G2 3球打つ。

 30cm ほど オーバー。

そして 打感が全く違う。

打感を感じないと言うのか 感じる打感が小さい。

重いからか柔らかいからか それとも重心が高いから???

兎に角 30cm ほどオーバーで 気持ちよく 距離が打てています。

また、「打ち出し直後に ボールが跳ねない」 様に感じる。


進化版に戻り 3球打つ。打感を大きく感じる。若干 ショート。

ファットB 3球。これも 打感を感じる。若干ショート。

G2 3球。距離 良し!

IMG_0520

これを 数回繰り返して、G2 でのラウンド開始。

パッティングの結果は スリーパット 無し。

40パットやむなし の悪条件でありながら 31パットは 出来過ぎでした。


G2 は 距離が打てる 性能がすごい と思います。

素人の自分は いつも キチンと打てている訳では無く、

寧ろ ミスヒットの連続だと思うのですが

 G2 がこれを助けてくれている。

ですから グリップは ゆるっと握って

 バックスインしたら 何もしない的に 打ってやれば

 所望の距離が打てる。パンチの入る 余地の無い パターだと思いました。


飛び跳ねながら 反復横跳びする様な

グリーンコンディションにありながら、

所望の距離が打てたのかの要因を考えてみると、

「打ち出し直後にボールが跳ねない」様に感じることが

関係しているのでは無いでしょうか?


こりゃぁ〜〜〜  困ったなぁ〜〜〜

ファットB リシャフトして・・・  うぅ〜〜〜ん


ーーーーー詳細ーーーーー


3m 逆目へ打ち出すフックライン  ピンの向こう側が下っているのが読めず プロラインに外れて 15m オーバー   返しは 真っ直ぐ狙って ナイスイン


1.3m の逆目の登り  真っ直ぐ狙ってナイスイン

 

➂2m のかなりの下りのスライスライン   距離ピッタリ  そして タップイン

 

4m の下り 順目の若干のフックライン  ナイスイン

 

3m の下りのフックライン  距離を合わせて そして タップイン

 

➅5m の 上って下る フックライン  プロラインに外れ 1.5mオーバー  返しは真っ直ぐ狙ってナイスイン

 

2m の上り 逆目   どっちに曲がるのか解らないので 真っ直ぐ狙って ナイスイン

 

7m の 下りで 逆目へ打ち出していく かなり大きなスライスライン
  打てず 2m ショート  次は チョットスライスに狙って
 チョット大きかったけど カップに飛び込んで ナイスイン

 

2m で 打ち出しは逆目で 傾斜はスライス の ちょっと厄介なライン
   カップ左側を狙ってナイスイン

 

3m 下りだけど 逆目&傾斜の上方向へ 打っていかなければならない
かなりの方がショートしてしまう フックライン  保険をかけて 右へ打ち出して 距離ピッタリ  そして タップイン

 

5m 左から目と傾斜が来て 上から傾斜が来ている どちらに曲がるか解らないライン
  真っ直ぐ狙って 距離ピッタリ  そしてタップイン

 

2m  順目の下りで スライスライン   左側を狙い過ぎて 1m オーバー  返しはナイスイン

 

3m 上りのかなりの逆目のフックライン  10cm ショート  タップイン

 

3m 左から傾斜を目が来ていて 上りで 曲がりと距離感が掴みにくいライン  距離ピッタリ  そしてタップイン

 

1m 順目の下りから最後が上るスライスライン  ナイスイン

 

3m 右から芝目  左から傾斜 の 上り   真っ直ぐ狙って 1m オーバー  返しを入れてナイスイン

 

5m 逆目の上り カップ付近は傾斜によるスライスライン 

少し弱かったのか カップ間際で 徐々に右へキレて行き 外れたぁ〜〜〜 と思ったら 最後のひと転がりでナイスイン

 

7m  超逆目の上り 距離ピッタリ そしてナイスイン   

 

  😊😊楽しくパッティング出来ました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「例えば…ですけれど
 アドレスから テークアウェイ、トップ、
 ダウンスイング無しに ボールを打つ、
 打つというほど強くはないですけど
 3m転がすとしたら どうします❓
南雲20230319 - frame at 0m14s
 こうやって ヘッドを送ろうとしますよね❓」

Nさん「え? 違うんです❓」

店長「ヘッドの移動は からだの向きが『変わる』から で
 アドレスから ヘッドを出す って
 腕を伸ばす 手さばきソノモノ になっちゃいますよね⁈」

Nさん「…そう言われれば…。」
スクリーンショット 2023-05-22 200858
店長「インパクトから先、フォロー、フィニッシュにいくのは
 アドレスのその状態で、ヘッドやクラブはソコに置いておく「つもり」で
 からだを左に向ける。
 お腹や胸を飛球線の方に向ける。

 ココでの注意点は
 左グリップ、左腕、
 意識としては 特に左上腕、左ひじの
 高さをしっかり取るコト。
 あたかも 万歳するように です。

 からだを止めて 手で振る、
 意図的に フォローで両手、もしくは右手を飛球線の方に
 伸ばして行こうとすると
 左グリップの移動、左右の横移動だけでなく
 左グリップの縦移動、上下移動も止まります。
 😶😶ヘッドを出そうとするから当然言えば当然ですが。

 グリップの高さが下がって来たのに
 その流れで 上がっていくのが自然なのですが、
 ソコで止まってしまうと
 ヘッドは 跳ね上がります。
 フェースの回転も入りますから
 フェースの左右の向き、フェースの上下の向きロフト、
 ヘッドの高さ の変化も激しくなります。

 ヘッド姿勢、フェースターンのタイミング、その強さ
 によって 最下点もズレやすくなりますから
 トップやダフリ、シャンクなどの大きな要因になると思います。

 動いているモノを 強くない腕、左腕で止めて支えますから
 腕そのものや肘や手首の負担大きくなります。
 最近では 首を傷める人も少なくありません。

 インパクトから左を向いて 左上腕を上げる、
 意識としてはヘッドは送らない。
 あきひこ先生がやっているように
 前の壁やネットにクラブを振れさせず、
 壁に沿って 上昇させる感じ します。
 やってみないと実感は出来ないかも知れませんが、
 自分がそれをする。
 スピードが乗れば 遠心力などの不可抗力がかかるので
 自分の意志の有る動作にプラスアルファで
 フォローで両腕が伸びる とか
 クラブやヘッドが飛球線の方向に出るのと
 自分のコントロールで そうするのと全然違う というか、
 もしかすると それがからだの回転と手打ちの
 一番大きな違いなのかも知れません。

 動作としての『つかまえる』は
 その左向きと左上腕の上げ とも言われています😌😌
スクリーンショット 2023-05-22 201012
その左腕の逃げ がないと
右腕を使いたくても 前がツカエマス。

その左向きと左腕の上げ/逃げ は
ダウンスイングの動きと作りますし、
テークアウェイの元になると思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえられるか、どうか って
 右打ちの場合ですけれど、右腕の伸ばし
 腕のリリース次第 だと思うんですね。」

Nさん「腕のリリース❓」

店長「この動画を見て頂きたいのですが…。

 両肘、そしてグリップで出来る面、
 その三角形の向きに注目して下さい。

 お二人ともですが、
 動き出しはどちらも似ていると思うのですが、
 ダウンスイング後半、インパクトが近づいてくると
 その三角形が ボールの方を向いて行ってしまいます。」
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s
Nさん「ですね。」

店長「無意識なのか、どうかは分からないですけれど、
 ボールを横にはらおう、
 フェース・ヘッドのターンでボールをさばく、
 そう言う風にしてるように見えます。

 その結果、始めはあまり変わらないのに
 からだの向きの変わり〜進行 に対し、
 左腕と肘から先の右腕、
 まあ グリップってコトですね、

 そこだけが遅れていく、
 もしかすると フェースターンをする為に
 意図的に『遅れさせている』かも知れません。
202011201〇初めての玄関からの『こんにちわ』 - fr








 ですので 左腕と肘から先の右腕 以外は
 似たような進行をしているのですが、
 グリップ部分だけを遅らせてしまっているので
 その分 遅い・遅れたインパクト になります。
 振り遅れ、手遅れとも言いますね。

 結果、として からだの向きでボールをさばく
 機会を逸してしまっているので
 ソコを 手さばきで代替えするコトになります。」

Nさん「確かに、、、そう見えますね。」

店長「右腕で打て と言う意味ではないんですが、
 曲げて 短くなった利き腕の右腕を伸ばした時、
 フェースを、ヘッドをどうするのか❓

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 一方は フェースをリリースで下に向けて、
 横の動きはからだの向きに任せる、
 もう一方は それを全部をそのリリースで行う。

 外から、上から掻いてこい って話しもありましたけど
 ダウンスイングの初期に、 先に、
 外から、上から引っ掻いて あとは 回転に任せるのか、
 後から ボールの方にヘッドを出すのか、
 の違いと言えなくもありません。
f1418f09fa86a712
20230224120230224









 このボールさばき、利き腕を伸ばす 腕のリリースが
〇つかまえられるか、ロフトを立てられるか、
〇その代わりにフェースを回転させ、フェースの向きで行うか、

 一番の違いに思うんですね。


 腕を伸ばして クラブを、フェースをどうするのか、
 そこ 結構、大きなポイントだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ダウンスイングで右腕(右打ち)を使おうとすると
 力んじゃうんですよね。」

店長「ああああああ、😌😌ですよね。

 どんなトップの形を作っているか
 右腕で言うのなら 肘とグリップの高さ関係 が
 どうなっているのか によっても違いますけど、
会田20210701_Moment
 グリップよりも 右肘の方がはっきりと低い状態で
 右腕を使おうとすると リキミ・イキミが入りますね。

 ですので トップの位置で
 右ひじが下を向いているような
 よくある「手上げ」っぽい トップでは
 右腕を使う=リキミ ⇒右手で打つな になりガチ だと思います。」

Nさん「私…です。」

店長「トップの位置で
at 0m1sグリップの方が右ひじよりも高い、
右ひじが真下を向いてしまうタイプの人

時間として グリップと肘が同じ高さになる時間が遅い、
右ひじの方が低い時間が長い、
早い段階で右腕を使うとチカラが入ってしまう
 ので 力み易いスイング とも言えます。

 これは右ひじとグリップの高さの関係が
 どれであっても ですけれど
 きっかけとして 左腕が少し動いてくれないと
 …それが左腕自身であっても、からだの回転でも
 どちらであっても 左腕が少しどいてくれないと
 肘とグリップの高さが同列にならない。
 
 そう言う点で 右ひじが真下を向いてしまう人は
 テイクアウェイで 左腕をたくさん動かしているが故に
 より一層 右腕を伸ばすタイミングが奥になる、遅くなります。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 まず からだを廻し、
 グリップの方が低くなる・同列になるタイミングまで
 右腕を伸ばすのを待つ・遅くなるので
 どうしても からだがボールと正対する時期を逸し易く
 手で振るコトになり易い ですね。」

Nさん「なにか良い策はありますか❓」

店長「このタイプの人は
 本当は その上げ方を改変したいですけど
 とりあえず タイミングの問題を除けば
 トップの位置は低め、浅めの方が力は入れやすい
 んじゃないか❓

 トップの位置が浅めになれば
 深い時よりも 早い段階で 右手のリリースが使える、
 早い段階で使っても 力みにくくなると思います。 

 リキミの問題も無くなりはしないと思いますけど
 かなり減衰するんじゃないでしょうか⁈」

Nさん「なるほど。」

店長「テークアウェイで
 肘を外に張り目にする、クランチする、は
 早い段階で右腕が伸ばし易い、
 それに伴うリキミが少ない、
 とともに 右を向く量が格段に増えるので
 多少、遠回りな手作業をしたとしても
 間に合い易い と言う利点があります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
 それでも 右腕を使うには
 先ほども言いましたが、
 からだでも、腕自身でも構いませんけど、
 左腕がどいてくれない
 ダウンスイング、切り返しで
 左腕が前に行く、下がる、低くなる、 いずれかで
 右ひじとグリップが早くに、同列にしてあげる。

 右手で打ちたい のであれば
 その右手を使える 環境を、左手をどかしてあげるコトで
 作り出してあげるのがいいんじゃないですか❓

 そうなると 力むことなく、リキミ少なく、右手を使えます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう ボールを打つコトに慣れてしまっていると
 そのタイミングの違いに戸惑う と思います。

 始めから 左腕の延長線上に出す となると
 まずは からだを廻し、
 正面を向いてカラ 腕を振る。
(ヘッドは振らな2(ヘッドは振らな1











 右腕の延長線上に出すイメージだと
 それが腕ソノモノであっても 肩周りやからだであっても同時、
 重さが掛かる分 腕側が先に動くような順序じゃないと
 ボールは打てない。

 順序が反対になります。

 すごく戸惑うと思います。 

 その代わり ですが、
 インパクト付近で からだを止める必要も、
 左サイドを止める必要もありませんし、
 ダウンスイング後半での 腕さばきもありません。

 ものすごく すっきりしたボールへの進入になります。
(ヘッド
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 インパクト付近に近づくほど
 色々とやるコトが出来て 忙しくなる。
 ごちゃごちゃした ボールへの進入になります。
 同時に あれも これも やるのですから
 よほど 反復練習をして その動作を刷り込まないと
 上手く行きませんし、かなり複雑な動きですから
 出来るようになっても メンテナンスとして反復練習が必要。


 プロのスイングを色々見て貰うと良いんですけど
 右腕の延長線上で出すイメージの人は
 全体像も、インパクト付近もすっきりしています。
 逆に 左腕の延長線上で出すイメージの人は
 ものすごく 色々なコトをインパクト前後でする。
 プロの場合、後者はなかなか長い年月活躍出来ないのでは、
 と言う動きをします。

 実際にトライして見ると
 色々な発見があると思うんですけど
 まず ダウンスイングの手順がかなり違う。
 右を向いている内に 外から、上から掻いてくる
 そんな感じですからね😌😌

 本当に掻いちゃったら、ヘッドを振っちゃったら、
 大袈裟ですけど 自分にボールを打っちゃうコトにもなりかねない。
 フェースは自分じゃない、円の外に向けたまま、
 で無いと危険ですよ。

 今までのタイミングに比べると
 ものすごく、たぶん 半分以下、1/3分位しか
 インパクト『まで』の時間はありません。
 切り返したら 直ぐにインパクトが来ます。
 ダウンスイング って呼べるほど 時間は無いです。

 その代わり やる作業は 半分位じゃないですかね❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「全員に当てはまるとは言えませんが、
 もしも 該当する人がいるのなら
 役に立つんじゃないか、と思います。」

Nさん「はい。」

店長「ぼんやりと クラブって左腕の延長に出していく、
 視覚映像・視覚イメージが強いと そうなり易い、
 と思うんですね。
(ヘッドは振らな2
 スイング軌道ってあると思うんですけど
 左手とヘッドの軌跡が同一面上 って奴ですが。。。
 その方が分かり難いですよね。

 左腕の延長にクラブを出すイメージだと
 ダウンスイングで 早めに右腕を使った場合、
 それによって 押されたグリップは 浮こうとします。」
(ヘッド
Nさん「確かに 左グリップは浮く感じになりますね。」

店長「はい。クラブ・ヘッドの重さも加わるので余計ですね。

 からだの向き・右向き と 前傾があるので
 ダウンスイングの早い段階では
 グリップの進行には 臺向が伴うんですが、
 その臺向には行ってくれません。

 早い段階で 右手を使うと上手く行かない、
 右手で打っちゃダメ、 ってのは
 ここら辺から来るんじゃないのかな って思います。
(ヘッド1
 回転もある段階に来ると
 右向きが薄れ、グリップの進行に腓陵彖任少なくなって来て
 逆に 紊悗陵彖任入って来ますから
 その段階でやっと 右腕が使える。

 インパクトをカラダの正面だ! って意味で
 言っているつもりは毛頭ありませんが、
 それって 既に からだの向きとボールが正対した時間・期間が
 過ぎていることを意味しますから、
 右手で打つ 結果として👉手打ちにならざるを得ない 訳ですね。

 筋力のある人、腕力のある人、
 かなりの数の反復練習を積んだ人は それでも大丈夫です。
 今では その逆の逆を行って もっと寝かしこむ
 そう言うスイングを唱えている人も居ますから😌😌

 ただ クラブの重さ、ヘッドの重さ、
 それらをグリップに伝える役割のシャフトの機能、は
 使い難くなりますから ちょっと損してるって気がします。


 一方、右手の、右腕の延長線上に出すイメージの場合、
 トップからいきなり引っ掻いてくる、
 アーリーエクステンションする訳じゃあないですけれど
 そのイメージで右腕を使うと
 左グリップを下げざるを得ません。
 それは 臺向 と言う要素で
 グリップの進行を促す事にもなりますから
 からだの回転から 『腕』は遅れにくい。

 早い段階で 右腕が使えるメリットがあります。

 また、このイメージですと
 からだの回転が無いと
 自分に向かって クラブを振り下ろしてくるコト
 になりますから
 からだの回転を使って グリップを逃がさないと
 自分を殴っちゃう、クラブの行き所が無くなるので
 腕とからだの連携 同時進行になり易い、そう感じます。
 
 変な言い方ですけれど
 からだの回転で打とうとして 結果、手打ちになる の
 さかさま って感じです。
(ヘッドは振らな1
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 からだを先に動かし、次に腕 って
 腕とからだの関係が『順序』になり易い気がします。

 右腕の延長線上に出すイメージでも
 実際に動作になると クラブの重さによって
 ヘッドは遅れますので、最終的には左腕の延長線上っぽい
 似たような形になりますから 紛らわしいんですけど
 このイメージの差って 結構、大きいような気がするんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





店長「あくまでも イメージで
 そのイメージでも 結局は 左腕の延長線上 に
 クラブを出して来た『よう』に見えますが…
(ヘッドは振らな1
 少々オーバーですが、右腕の延長線上 です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧」

Nさん「それじゃあ 外から掻いて来ちゃう、じゃ ないですか😵」

店長「そうですねー。」

店長「あくまでもイメージではありますが、
 いままでは からだを廻してから…、
 少し大袈裟に言えば 左を向いて、INから振ってくる、
 が 左腕の延長線上のイメージでしょう。
(ヘッドは振らな2
 右腕の延長線上のイメージは
 右を向いている内に OUTから振ってくる、
 厳密には 外からではなく 上から掻いてくる、
 そう言う感じになります。

 だから と言って
 早めに ヘッドを振れ とか
 キャストして来い って言ってるんじゃないですよ。

 最終的に イメージとして 右腕の延長線上にクラブが出て行く
 そのイメージが無いと フェースは下を向きません。

 左腕の延長線上にクラブを出すイメージだと
 左腕が 前に進まない〜下がりません。
 本当に 掻いちゃう訳じゃないけど
 右腕の延長線上に出すイメージでは
 左腕が 前に、下に逃げます。逃げざるを得ない。
 それが からだの回転に対する
『付き』になるんですね。


 ものすごく誤解を生み易い表現かも知れませんが、
 その「リリース」がボールを打つんじゃない。
 単に フェースが下を向くよう仕向けてるだけ で
 ボールをさらう、ボールを打つのは からだの向き です。


 左腕の延長線上に クラブが出る イメージ では
 ボールを打つのに 必ず ひと手間が要る。
 そのひと手間が からだの回転の進行と合わない んです。
 からだの正面でボールをとらえろ って意味ではないですが、
 概ね からだがボールの相対、正対した時、
 左腕の延長線上にクラブを出すイメージでは
 まだ 打つ準備が出来てない、
  フェースがボールを向いていません。
(ヘッド1
 ボールを打つには からだを止める とか、
 もう ひと作業『以上』 手間が必要になります。
 からだの向きでボールを打つには
 もう そのタイミングは逸してしまっていますから
 腕さばき、手さばきで打たなくちゃいけない。
 コレを 手打ち って言うんですけど
 望んでやっている人は多くない。

 プロのスイングを見ても
 クラブは左腕の延長線上に出しているように 見える…、
 おぼろげながら そう言うもんだ って思って
 自分もやってみるけれど
 静かにやっている時は良いけれど、
 いざ 速度を上げる、ボールを打つ となると
 重さが増すので 望んだタイミングで打てない。
 『遅れる』
 『クラブが来ない』 って奴ですね。
 
 からだの回転で打ってない のじゃなくて
 からだの向き、正面がボールと相対する時間を
 逸してしまっているに過ぎません。
(ヘッド
 右腕の延長線上に出すイメージで
 クラブを振ると 『結果』 目で見たような
 左腕の延長線上に来る、
 ひと手間が必要ないので
 フェースがボールを向くタイミングと
 からだの正面がボールを過ぎていくタイミングが合う。
 からだの向きがボールをさらってくれるので
 当然、手作業は要らない。
 からだの回転で打つって ただそれだけ、です。

 手で振っちゃう、グリップが体から離れちゃう、
 どうしてもローテーションしちゃう、
 ダウンスイングで腕が下がらない、
 そう言う方は 騙されたと思って
 ゆっくりと アプローチショットや
 ゆっくりな速度のフルスケールスイングで やってみて下さい。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





店長「ヘッドって遅れるんですね。
 遅れたまま ボールを打つんです。
 手で振ったとしても からだの回転で振ったとしても
 ヘッドはその重さ、そして運動した分の重みの加算、
 その分 普通に遅れます。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 ですので 左腕の延長線上に出す、
 左腕とクラブが一直線上になるように
 クラブを出してくると
 フェースやロフトはどんどん開いていきますし、
 開くので より一層重さは増し、
 からだの回転に対し、左腕の進行も遅れます。
 ヘッドが遅れるだけでなく 左腕も遅れる
 
Wの遅れになっちゃうんですね。
20210701 (2) - frame at 0m24s









 切り返しで 左腕が残ってしまう、
 よくあるスイングの課題だと思うんですけど、
 左腕が動いていない、残ってしまう、
 が問題なのではなく、
 その方向に クラブを出そうとしたら 残らざるを得ない、
 仕方が無いんです。
(ヘッドは振らな2
 そうなると 左腕だけでなく
 右腕も含め 腕全体が 右にハンドルを切るように捻じられる、
 フェースやロフトが開く ッテコトですけど
 このままだと ソールがボールに向いちゃいます。

 グリップも腕も ボールの方に出てっちゃいます。
(ヘッド(ヘッド1








 どこかで からだを止めて 左にハンドル切らなくちゃならない。

 そして ヘッドターン。

 コレって 典型的な手打ち ですけれど、
 手打ちをしよう✊ と思って やったんじゃなくて
 クラブを出す方向のイメージが そうさせたんです。

 からだが止まるのも
 ヘッドターンするのも そもそも
 その方向に出したんじゃ そうせざるを得ない。
 そのイメージがある限り、別な箇所を治しても
 結局、ココに戻って来ます。

 それを クラブを寝かす って言うんです。
(ヘッド3
 スイングで言う 伸び上がりの多くも
 クラブを振って来た、
 でも それだけじゃあボールは打てない、
 最後のひと手間分、時間が余る、空間が足らない、
 だから からだの回転を止め、
 伸び上がって空間を作って クラブを振るんですね。
 伸び上がりソノモノを無くす努力をしても
 それじゃあ 打てなくなっちゃいますから…。
 挙句、地面反力って造語作って…。
 まあ 繰り返し上手く打てて 不満が無ければ
 ナンでも良いんですけどね。」
(ヘッドは振らな

Nさん「じゃあ どの方向にクラブは出すんです❓」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく誤解も生み易いですし、
 先走って 勝手に進めて行っちゃうと
 より迷路に入ったりしますから
 あんまり 書いたり、言ったりしたくないのですが…。

 あらかじめ言って置きますが、
 つかまえるコトが出来ている人には今更必要ありませんし、
 ちゃんとつかまっていなくとも
 今のスイングやショット、距離や弾道に不満のない方は
 無理やりトライする必要もありません。
 
 また 分かり難いと思いますので、
 勝手な、都合の良い解釈で進もうとせず、分からないコトは
 ちゃんと質問して下さい。」

Nさん「了解です。」
93443e97IMG_0524






店長「ボールがつかまる・つかまらない は
 ゴルフショット、ゴルフクラブの構造上、
 そのクラブのロフト そのクラブの長さ から
 上から入ってくる角度分、ロフトが立っている、
 30度のロフトのクラブが 5度の角度で進入してきた場合、
 地面に対しては 25度以下 になっているか、どうか、
 ヘッドの回転など左右の問題では無く、
 時間が伴う ヘッドの縦・上下の問題です。」

Nさん「はい。頭では分かります。」

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
店長「ボールをつかまえるのには
 ダウンスイングの かなり早い段階、
 少なくとも インパクトの直前では無く、
 それよりも かなり前の時点。
 はっきりココってのはないですけれど
 イメージとしては ダウンスイングの中間辺り、
 この時点で フェースが下を向いていないと
 ボールをつかまえる術を失います。 」

Nさん「!!!!

Nさん「かなり 早い 時期 ですね。」

店長「そう感じると思います。」

店長「あくまでも 事前のイメージですから、
 実際には もう少し インパクト寄り だとは思いますが、
 繰り返しますが、ボールをつかまえる を実践したいなら
 ダウンスイング中ごろにはフェースが地面、下を
 向いているイメージで無いとダメです。
 かなり早い段階です✋

 そこで いつも感じるのですが。。。」
(ヘッドは振らな
Nさん「はい。」

店長「トップの位置 あるじゃないですか❓」

Nさん「はい。」

店長「だいたい 👈こんな感じ ですよね❓」

Nさん「そうですねぇ…。」

店長「手で振る訳でも
 ヘッドを振れ、下に振れ、ヘッドを落とせ
 と言っている訳でもないですが、
 クラブって 棒ですけれど
 どこに出そうとしています❓」

Nさん「どこ…って言われても…。」
(ヘッドは振らな2
店長「具体的に言うと
 左腕の延長線上に、
 最終的には 左腕とクラブが一直線になるよう
 そう言う方向に振ろうとしてません❓」

Nさん「してるかもしれない…🙄
はっきり 考えたコトないけれど
してるような気がします。」


店長「それだと…
 ボールを打つまで フェースは下を向きません。
 ずっと 上を向いたまま・横を向いたまま です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧

店長「そして フェースがボールにも向きませんから
 その先に もうひと手間、もう一つ作業が必要になります。」

Nさん「😵😵😵😵😵😵😵

Nさん「じゃ どこに向かって クラブは動かすんです❓」


店長「左腕の延長になるのは 『結果論』 です。
 最終的には 傍目にはそう見えますが、
 ボールをつかまえるには……。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。」

Nさん「今日は ボールをつかまえる というのを
 教えて貰いに来ました。」

店長「😵😵😵 …ボールをつかまえる……ですね。
2021-05-19_23-05-25_Moment
そうですねぇ…ゴルフショットの中で
一番 漠然としていて… かつ 一番大切な…
そして 伝えるのが一番難解な奴 かも知れません。」

 Nさん「そう思います。
 言葉ではなんとなく 分かるんですが、
 どうしたら良いのか…。なんかピンと来ないんです。」


店長「分かります。 伝える方も『コレさえ守れば✊』ってのが
 無いような、非常に伝えにくいですねー。

 ボールをつかまえる さえ 理解してしまえば
 スイングは それをする為の作業に過ぎません。
 つかまえるを知れば それをする為の
 テークアウェイ、トップになりますし、
 自ずと アドレスやグリップも決まって来ます。

 正しいつかまえ をするのに
 手でやっても、からだでやっても 良いんですけど
 再現性〜繰り返せるコト、 そして
 距離に対する労力ってコトを考えると
 からだの回転でする方が効率は良いでしょうね。

 

 まあ 少なくともですね。
 ボールを横ビンタするように扱っても
 ボールはつかまりません。
(こする つかまえる)_Moment(こする つかまえる)_Moment(3)
 多くの…ゴルファーは
 横ビンタ方式でボールをさばいていますが…、
 例えば ヘッドスピード40㎳が横ビンタ式でボールを打つ、
 横ビンタ式って言うのは
 開いていたフェース、そして ロフトを閉じて、
 ヘッドの開閉でボールをさばくことを指しますが、
 そうやって打つと 36㎳の人が
 (ヘッドスピードの数値は仮の想定のモノ、です)
 ちゃんと捕まえて打つ相当の 距離は出せますけれど
 40㎳で出るはずの距離は出せませんし、
 弾道、球筋が全く異なります。
 言葉は悪いですが、弾道も汚いですし、
 打音も硬い、硬質な ゴム質のボールを打ってる音はしません。


 そもそも ですけれど
 つかまった球と フック・スライスに関連性はありません。
 つかまったスライスも有れば
 つかまっていないフックも有ります。」

Nさん「もうこの時点で 頭がショート・漏電します。」

店長「でしょうねぇ…😌😌😌

 もう少し、火花が出るまで続けますけど
 ボールをつかまえる は ほぼイコールで
〇ボールを上から打つ
〇ボールをつぶす
 と同意語です。
〇ハンドファーストに とも関連性が深いですし、
 からだの回転で打つ ともつながって来ます。

 この言葉達から想像がつくのが
 ボールに対して ヘッドの上下の動き、
 もしくは 高さの変化によって ボールをつかまえる、
 ヘッドの左右の回転 を想起させる言葉は
 全く入っていないんですね。

 また つかまえる・つぶす・打つ対象は
 〇・丸・球・球体のボールです。
 そして つかまえる・つぶす・打つ道具は
 フェースと言う 平面上の板 ですので
 アイアンショットの方が分かり易いと思いますが
 フェースと言う板と地面で挟んでしまう と言えば良いのか、
 横ビンタ式では無く 縦ビンタすると言えば良いのか…。」

Nさん「縦ビンタ❓」

店長「ボールだけをこそぎ取るようにする訳じゃないですけど
 フェースを下向きにしたまま 腕もクラブも固定、
 からだの向きを変えるだけ が
 一番シンプルな方法と思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)
 ボールの下側に、
 ボールの底にクラブを入れる感じ、ではなく
 フェースでボールの上側、
 南極ではなく、北極をさらっていく感じ…

 これも伝わり難い…ですかね。」

Nさん「具体的にお願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「統計を取ったりはしてないですけど
 パターのグリップとして 逆オーバーラッピングは
 メジャーじゃないでしょうか❓」

気気鵝屬修Δ覆鵑任❓」
2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m53s
店長「そう思いますよ。
 右打ちの人の多くは利き手が右打ちですから
 その右手の方が たくさんパターに触れていますし、
 両手首の距離が近いですから
 手首が折れてしまうのを防ぎ易いので
 パッティングのストロークには とても向いていると思います。

 まあ パターストロークは型無し と言われるモノですので
 安定した距離感、安定したストロークが出来るなら
 なんでも有りとは思いますが、
 一番多く採用されているグリップには
 なにがしかのメリットがあると思いますから
 悩んでいるのなら 試しても良いかも知れません。」

気気鵝峪遒靴討澆泙后」

店長「ちなみにですが、これも参考程度の話しですが、
 強振しない程度の距離のアプローチ、
 グリーン周りとかですかねぇ、
 それでも この逆オーバーラッピングを採用している人、
 プロもいます。
 ワルイってことはないでしょうけど
 良いか、適するかはその人次第でしょうけど
 グリーン周りのアプローチなんかでは
 理に適っているとは思います。」

気気鵝屮▲廛蹇璽舛任❓」

店長「ですねー。
 逆オーバーラッピングは
 左の人差し指一本を重ねる、
 中指も含め 二本を重ねる、
  の二通りがあるみたい
ですね。 
 ちなみに 私は 二本重ねのタイプ です。
2023-05-12_20-11-17 - frame at 2m9s2023-05-12_20-11-17 - frame at 2m6s






 あと これはお薦めしてる訳じゃないですが、
 引っかけとか、チーピンとかが
 ラウンド中止まらなくなった時に
 普通のショットも 逆オーバーラッピングにする、
 と言う人も居ると 聞いたことがあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Iさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。今日はどうしました❓」
IMG_0520
Iさん「パッティングにちょっと悩んでいて…
 なにか よいアドバイスありませんか❓」

店長「パッティングね〜。
 ミドル(距離)パットがダメなんですか
 それとも ショートパットでしょうか❓」

Iさん「ショートパットでしょうかね〜。
 パッティング全体ではあるんですけれど…
 ラウンドのパット数が 40切らないんです…。」


店長「ああああ・・・。
 良くある話し なんですけれど
 ショットの精度が少し良くなってくると
 以前は乗らなかったトコロで
 乗るようになって、ロングパットから始まるので
 数値としての パット数は増えちゃうモノなんですけど…。」

Iさん「それはあるかも…しれません。」

店長「そう言う意味では
 やっぱり 距離感が重要になるんだと思います。

 ちなみに… グリップ、用品の方のパターグリップでは無く
 握り方の方のグリップはどう握ってます❓」

Iさん「普通の… 他のクラブと同じ握り方✊です。」

店長「パターの握り方は コレ✋ じゃないとダメ  って
 言うのはないんですけど
 距離感を良くしてしたいのなら
 『逆オーバーラッピング』 なんて 試してみても
 いいんじゃないですかね⁈」

気気鵝峙侫ーバーラッピング❓」
2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m27s2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m52s






店長「ええ。
 アイアンとか 普通のクラブを握るのは
 オーバーラップでも、インターロックでも
 まず 左手を握ってから  次に右手
 左手の外側、上に右手がかぶるじゃないですか?」

気気鵝屬修任垢諭」

店長「逆オーバーラッピングは その言葉の通り、
 右手を先に握ってから
 その上から、外側の左手が乗っかる、逆順序の握り です。

 普通のグリップですと
 左手がたくさん クラブに触れていますが、
 逆オーバーラップ だと
 右手がたくさん クラブに触れている。

 おそらく…ですけれど
 フルショットのような 強いショットには適さない、
 んじゃないか、と思うんですが、
 利き手の『タッチ』が重要な場合は
 とても有効だと思うんですね。
2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m44s2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m53s







 また 通常のグリップに比べ、
 右と左の密着感、上下の密着感が非常に高いので
 不必要に前傾が深くなり難いです。
 前傾が深すぎると緊張感が高まり易いですから…。

 あとは ショートパットなんか でもあると思うんですが、
 右手で打った場合、手首が折れて
 引っかかってしまうような時、
 両グリップの密着感が高いので
 それを防ぎ易い効果もあります。」
2023-05-12_20-49-13 - frame at 0m34s
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。今日はどうしました❓」

Kさん「ショット全体はよくなってきたんですが、
 アイアンは良いんですが、フェアウェイウッドが頭を打ったり
 上手く当たらないんです…。 」


店長「そうですか〜。まずは打ってみましょう😊」

店長「ショットの全体像は悪くないと思うんですね。
 言い方はなんですが、すごく 手グセが悪い って
 感じでもないですし…。

 とは言うモノの
 以前からの癖で
 右向きが浅い、
 右向きの代わりに ボール方向への屈曲
 (ボールの方向へ倒れる〜近づく) が
 あると思うんですね。」

Kさん「気を付けてはいるんですが…。」

店長「フェアウェイウッド…長物のミスの原因は
 ソコに関連するコト…なんじゃあないですかね。

 右向きが足らなくなる、特にコースでは…
 って言うのもあると思うんですけれど
 右向きを✊✊✊
 って強く意識していると
 右向きがし易いように
 気付かない内に スタンスがクローズになり易い。

 段々とね。
〇ココがポイントかも?
 ボールの位置って
 スクエアを基準にすると
 感覚的には 同じ位置に置いている感じがするんですが
 クローズスタンスにすると ボールは左に、
 オープンスタンスにすると ボールは右に、
 ずれてしまいます。
スクリーンショット 2023-05-04 120220
 右向きを意識する余り…
 クローズスタンスになって
 その結果、ボールが左過ぎれば…
 短いアイアンやティーアップするドライバーは
 なんとかなったとしても
 地面からボールを打つ 長物のフェアウェイウッドは
 中過ぎもダメですけれど
 左・外過ぎも難しくなってしまいます。

 右向き、この場合は
 お腹やへそ、秀二を右に向ける意識は
 とっても大切ですけれど
 その副作用として スタンスが崩れる って
 言うのも注意が必要だと思います。

 それって 気付かない内に 忍び寄ってくるので
 アドレス、スタンスのチェックも
 始動前点検って感じでした方が良いかも知れません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これも ゴルフスイングの永遠のテーマの一つ だと思うんですが、
『地面にあるボールをどうやって拾うか❓』
ってのがあると思いますが、
そこの 基本・理想は
「前傾の有るからだが向きを変える」
 傾きの有る スイング軌道 って奴ですね。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
ですので からだの回転でダイレクトに
クラブをターンさせられれば
その行為そのものが 地面のボールを拾いますが、
(ボールはソコにないよ って奴ですね)
からだの回転でクラブをダイレクトに動かしていないと
絖腓陵彖任足らなくなっちゃうから
『必要以上に』手で下に振らなくちゃならなくなる。

そうすると 腕やクラブが長くなり過ぎて
クラブ・ヘッドを通す空間が足らなくなるから
からだが伸び上がる んですね。
人間の演算能力とか、反応って優秀ですから😌

ゴルフスイングって
想像以上に色々なモノが絡み合ってて
何かの「お悩み」があった時、
例えば アウトサイドインを治したい とか、
ソレ、ソノモノを治すのではなく
関係がないような 別なことを治すと
『あれ? アウトサイドインが治っている』
と言うコトが往々にして起こります。

また 経験的に、ですが、
その箇所を直接的に直す場合
型、形、見た目を変えるケースが多く、
望んではいないけれど
本当は 必要だから、仕方なくやっている行為、
なので 直ぐに戻ってしまうコトが多い ですが、
別なことをいじって いつの間にか『変わっている』
ケースでは その変化が馴染み易い気が多々します。
…おそらく ですが 必要が変化した、
その動きが必要で無くなった、のだと思います。

今回のケースもそれに該当する と思うのですが、
今 悩んでいることは 直接的には
インパクト前後でのからだの伸び上がり が原因ですが、
アドレスの問題はさておき、その伸び上がりが必要だから
そうなっている訳で
その必要は 別な行為で代替えしてあげれば
伸び上がりは減る、無くなる可能性が高いと思います。

このケースも 自分の肩の下の空間、軒先に
グリップエンドを打つ方に向けたまま、
ヘッド〜シャフトをボールの方に出さない、
そう言うイメージで そこをくぐり抜ける と
下に振る量を減らせる、無くせるよ😄 ッテコトで
今までよりも ずっと すっきりしたスイングになってるんですね。

まだ 下に振ってる名残があるけれど
その『軒先を通していくイメージ』を維持していれば
ダふったり、シャンクしたりして
その必要以上の下振りは「要らない」になっていくので
修正が入り、消えていく、減っていきます。
イメージを維持していれば、ね。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f




ですので 素振り・シャドースイングで
カラダを廻して グリップを横に移動させる、のではなく
ヘッドでは無く グリップの移動を
もっと 縦の円にしてあげると
下振りの必要性が薄れてきますから
伸び上がりもそれに応じて 減ってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショット、スイングにおいて よく耳にする
『遠心力を使え』
と言うのが有りますが、
少々 大雑把ですが、
遠心力を使え には二種類の使い方・対応 があります。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f





遠心力は スイングのような
支点運動をした場合、
重さが 外に外にかかる、外に引っ張られるチカラ です。

ですので
,修痢ヽ阿飽っ張られるチカラに従い、
 外に膨らもうとするか
△修痢ヽ阿飽っ張られるチカラと方向として反対に当たる
 (用語としては求心力と言いますが…)
 方向に 引こうと反発するか

 代表的な例が インパクト付近の伸び上がり とか
 それを 特殊な用語で 地面反力 などと呼んだりします。
になります。

ショットを見ていると
その△乏催する 遠心力の反発する 求心力を
おそらく、ですが 無意識、反射的に発動しているお陰で
ボールに届かない、上がり間際に当たる、
スイングの最下点がボールより手前になる、
になっていると思われます。

私見ではありますが、
△留鷽肝呂紡个携身する動きは
体力次第でもありますし、
傾斜地からのショットでの安定度を欠くと思います。

そこで…
素振り、シャドースイングにおいて ですが 
 からだを廻す を使って
『グリップをもう少し縦に移動させる』
 グリップの移動で縦の円を描く ようにし
グリップの軌道を懐に中に入れる、懐の中を通す、
アドレス時での 前傾姿勢で造る 肩の軒下を通してあげる
ようにするのは如何でしょうか❓

グリップを 肩の軒下を通すイメージであれば
遠心力がかかって 引っ張られた力で
自然に前傾姿勢が保たれ易くなります。
遠心力を良い効果として利用出来ると思います。
スクリーンショット 2023-05-08 224722
また グリップの軌道を少し縦気味にする
 縦めの円を描かせるようにからだを廻す で
一点だけ意識して頂きたいのは
この状況で クラブは起きていますが、
スクリーンショット 2023-05-08 231553スクリーンショット 2023-05-08 231529








実質 シャフトの針は 6〜7時を向いています。
肩の軒下をグリップを通す際、
シャフトの針を 6時に向けたまま のようなイメージで、
シャフトの針が 4時なり、3時を向くのは
 からだの向きが変わるからで
 手さばきで シャフトの針を3時向けたりしないように。

逆に 手の仕事は
 その軒先を 6時のまま抜けるような『意識』を持つと
 前傾姿勢も保たれ易いですし、
 ハンドファーストも維持できます。
katate_Moment
もしかすると 言葉として
 ハンドファーストよりも
 ヘッドレイト の方が良いニュアンスかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 映像(動画)をご覧ください。

スイングの全体像としては 良くなっている と感じます。

お悩みの件ですが、よく有る例ですので
 取り上げてみたいのですが、
 
.ぅ鵐僖ト『ハンドファースト』
 ヘッドは遅れてくる 〜遅れたまま打ってしまう、
 そう言う意識があるのは 良いのですが、
 その派生効果なのか、はたまた 意識してそうしているのか、
 は 分からないのですが、
 アドレス時の ハンドファースト姿勢が
 強すぎるような気がします。 
◉本日202304
 それが故に、
 下半身、へそから下に比べると
 上半身が捩じれた
 右打ちの方ですので
 上半身だけが 少し左にひねられた状態から
 スタートしているように思えます。

 ハンドファーストは 元々のヘッドの重さ、
 それに加え 運動を起こした時の加算 によって
 自然に生まれる…そうならざるを得ない ので
 お悩みがそれにつながっている場合、
 形として造る のは 多少、ハンドファーストにするのも
 左股関節前 当たりを上限(左限)で
 良いかと思います。

 ウッド・ドライバーの場合、
 ティアップ分、地面から打つ時よりも
 ボールを左に置くことが多いですので
 場合によって、ヒトによっては
 ヘッドファーストに構えている人も居る位ですので
 よほど、特殊なケースを除き、
 ハンドファーストにセットアップするのはお薦め出来ません。

スクリーンショット 2023-05-08 003132スクリーンショット 2023-05-08 003115スクリーンショット 2023-05-08 003101








∋前の素振りが気になります🙄🙄🙄

 からだを180度ターンさせると
 クラブも180度ターンする。

 いま やっている 事前の素振り は
 間違っている とは言えないですが、
 ダフリ・トップ・シャンクなどの悩みがある場合、
 良い影響があるとは思えません。

 アドレス時の過度なハンドファーストの影響も
 あるとは思うのですが、
 今起こっているミスの原因は
 スイングのボトムが ボールより手前になっている
 スイングで その軌道が 下に対し、
 一番膨らむポイントが ボールより右にあるからで
 そう言う意味では 事前の素振りを変えてみましょう。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f





 前傾姿勢はあれど からだの向きの変更は
 横の動きです。
 ですので クラブを持った腕も、
 そして そのクラブも 同じような横の動きをする、
 は 自然な発想ではあるのですが、
 いざ ショットになり その運動が加速した場合、
 遠心力が発生して ヘッドは外、下に膨らもうとします。
 人間には本能的、反射的な調整能力がありますので
 負荷が増した時、その分、反作用、
 この場合は遠心力に対する 求心力を造ろうとしますので
 からだを引いたり、上げたりして
 ヘッド軌道が必要以上 膨らみ過ぎたり、下になり過ぎたり
 それを調整した結果の ミス・悩み です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 ベーシックなモノは クロームサテン(銀)です。
 ◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 ◉テフロンブラック(墨黒)
 ◉カッパー(ピンク、経年でくすむと思います)
 ◉ダークカッパー(チョコレート) はオプションになります。
006
どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。


✋一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当
IMG_0517
これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0520
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼



Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)
IMG_0568
Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。
IMG_0571
 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。
IMG_0567
 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「ボールって 右手で打つ感触はないんですか❓」

店長「感触…ですので 人によって異なりますから
 どれが正解は無いとは思いますけど、
 意図的に 手で振ってみる、
 具体的に言えば ローテーション(ヘッドの返し)を
 主体にボールを打ってみる のと
 からだの回転主体に打ってみる を比べてみると
 確かに ヘッドの返し フェースターンをして打っているモノは
 右手でボールをとらえる感触はありますね。
 一方、からだの回転で打つ方は
 打つ前に じんわり右手は使いますけれど、
 ことインパクト付近、そして それ以降では
 右手の感触は殆ど何もない、
 感触だけでなく、作業感が無くなる感じがします。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 切り返しから 徐々に右手で助けていく、
 とは言っても やはり
 からだの向きで左腕が動いてくれないと何も始まらないのですが
 そこで 右手を使う って意識しちゃうと
 からだの回転が止まる、おろそかになっちゃうかもしれません。

 手で振る方の右手の使い方は
 溜めて、溜めて、一気にビュンみたいな
 短時間に 強い使い方をしている気がします。
 一方、からだの回転の補助 としての右手は
 動作はしますけれど 役割としては
 羊飼いの牧羊犬みたいな感じですので
 少しづつ ゆっくりな感じがしています。
 右手を使う と言っても
 切り返しから ビュンと使う訳ではありません。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s
 やはり 両手を離しての素振り での
 右手使い、からだの向きの関係 を
 刷り込ませるのが良いドリルになると思います。

 手で振る場合、右手のリリースで
 クラブをビュッと振るコトでスピードを上げる
 んだと思うんですけれど、
 からだの回転の場合、 その回転の速度 が
 スピードですので かなり 感覚も違うのかも知れません。」
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
Yさん「両手離しの素振りは テークバックもやり難い ですね。」

店長「😄😄😄 両手離しの素振りの場合、
 ダウンスイングだけでなく
 テークアウェイにも 違いがあると思うんですね。
 一般的には テークアウェイは
 左肩を入れる ⇒ 左腕、左手をたくさん動かす
 だと思うんですけれど
 両手離しの場合、左手・左腕は殆ど動かせない、
 からだの向きが…この場合は右(右打ち)向きが無いと
 進行方向である 右手が使えちゃいますから
 右向き分、もしかしたら それ以下しか左手は動かせない。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ココにも 手で振るの と からだで振る 違いが
 出てくるんだと思うんですね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「打つ前の『イメージ』として
 ボールを打つ、インパクトって
 どこら辺で、クラブはどんな感じ だと思います❓」

Yさん「アドレスの再現ですか❓」
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
店長「とすると ここら辺ですか❓」

Yさん「ですかねぇ…。」

店長「結果、としては悪くないんですけど
 事前のイメージとしては 中過ぎます。
IMG_1632_Moment
 これは 右打ちの場合ですが、
 もっと 左でも良いかも知れません。
 イメージですけどね。

 グリップエンドや左グリップでは無く
 右グリップがはっきりと ボールを追い越した辺り、
 そこら辺が インパクトの箇所 です。」

Yさん「滅茶苦茶 前…、左ですねー。」

店長「はい。 このイメージで やっと
 かすかに ハンドファーストになる感じ
 と言えば良いでしょうか。
snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(5)
 ですので 切り返しで
 からだが回転、向きを変えた時、
 左腕を置いてくる暇はないんです。
 どんどん 進んでくれないと困ります。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 また、縦であっても、横であっても
 クラブ自体に円を描かせると グリップの進行が滞ります。
 逆に言うと、左腕を遅らせるのって
 円を描くことが前提の可能性も否めません。

 両手を離して クラブを持って
 シャドースイングすると良いかも知れません。
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
 イメージですけれど
 トップの位置から、切り返しから
 右の手のひらは ボールよりも50儖盟亜
 右打ちの 左足よりも前辺りをゴールにするイメージです。

 右の手のひらは 地面に向けるのですが。。。

 この場合、離して握っている 左グリップを
 どんどん先に送るコトが主目的
で✋
 その結果、右の手のひらは地面を向いている
 と言う感じです。

 左腕は 腕単体では動かせない、動かし切れない、
 意識としては動かす意識を持っても良いかも知れませんが、
 からだの向きでしか 大きくは動けません。
 それでも クラブや腕の重さは重いですから
 それを助けてあげるのが 右手の役割 です。
 フェースを上に向けてしまっては 右手も死んでしまいます。
 ヘッドの重さも シャフトの動きも死んじゃいます。

at 0m8s
手作業としては 多くは無いのですが、
手でフルスイングに比べると
非常に 近回り、からだの近くを移動させるので
 時間がありません。
右の手のひらは どんどん下を向いて行かないと…、
横を向いて、よく有る
スイング軌道を撫でて来るような暇はないんです。」
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ