◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年02月


Q:「 数年前に左ひじ(右打ち)がゴルフ肘になり、
 治療している内に 右ひじにも痛みを感じるようになりました。  今や両手の何本かの指の第一関節に痛み
 (へバーデン結節)が出ています。

 アイアンをスチールシャフトから
 カーボン(グラファイト)にすれば 良くなりますか?」
IMG_0083

A:「切実な悩みですね。

 素材として金属・スチールで造られたモノと
 グラファイト・カーボンで造られたモノ は
 若干、構造が異なります。

 同じ強さを造るのであっても
 スチールは 単一素材ですので
 シャフトの 太さ、厚み によって『強さ』を構成します。
 グラファイトは それに加え
 素材を複合させるコトが出来ますので
 スチールの 強さ=歪まなさ では無く、
 しなる〜しなりもどる と使い方のあやまちを誘発
 してしまいそうですが、復元力によって
 衝撃や歪みを吸収するチカラ をもっています。

 建築物で考えると良いかも知れません。
 地震に対し、全く歪まない 硬い構造物と
 それを吸収する構造 では 耐震性がかなり異なる
 と言った感じです。

 グラファイト・カーボンの復元性は
 先ほども書きましたが、しなる〜しなり戻る という
 大きな〜ゆったりした動きではなく、
 その場、その場で瞬時に歪みを戻そうとする
 シャフトの丸い形(輪切りにした時の)を
 元に戻そうとする力が働きますので
 
『硬さ』としても スチールのソレとは異なり、
 硬さの目安の一つである 振動数、
 (cpm-サイクルパーミニッツ 一分間の運動量)
 そのcpm が同じ長さの場合、
 スチールのそれよりも 30cpm位、
 スチールの300cpmに対し
 カーボンの270cpmが同じくらい と考えた方が
 良いと思います。
IMG_0078

 からだのどこかに
『痛み』『故障』があるので
 カーボンに変えよう とした場合、
 シャフトの硬さ cpm の特性差 を考慮して
 選ばないと より
 『痛み』や『故障』
 助長してしまいますので 注意が必要です。

 スチールシャフトから 同じcpm、似たようなcpm の
 カーボンに移行した場合、もっと悪くなる場合が
 あるのでは と思います。 ソコは注意して下さい。


 現在のゴルフセット事情 は
 平均して ドライバーのシャフトは
 10年前、20年前に比べると かなり柔らかくなっています。
 Ⓡと呼ばれるモノの平均値も
 250cpm から 220cpm 位まで落ちています。

 それに比べ スチールシャフトが採用されている
 アイアンの平均値は 昔のまま…
 Ⓡシャフトでも 280cpmを超え、
 300cpmを越えてしまうモノも沢山あります。

 ドライバー・ウッドの その硬さに合わせて
 相性の良さも考慮し
 ドライバーのその硬さ cpm +10〜20cpm
 ドライバーが220cpmでしたら
 アイアン(5番)は 230〜240cpm にするのが
 良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の続き・・・になります。
イメージだけでも、ココは卒業しましょ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

言葉で言うと
『ヘッドはグリップに追いつきません。
 まして 追い越すなど あり得ません。』


補足・・・打った後のコトは知りません。


この写真をご覧ください。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment








これを見て 「ヘッドがグリップを追い抜いた!」 
言うのでしょうか?

これは単に からだの向きが 左を向き始めた から
そう見える だけで
別のアングル(写真内左)で 見ると
グリップをヘッドの位置関係は 変わってませんよね?


ゴルフの打撃において
安定を伴った 遠くに飛ばすポイント は
『浮かせられる範囲で 立った(締まった)ロフトで打つコト』
『無理のない範囲で 速く回るコト』
『使える範囲で 重いヘッドを使うコト』

これに尽きます。


からだの回転に対し、グリップは遅らせず
その重さ分 ヘッドが遅れる    ではなく
遅れたヘッド の その遅れを取り戻す は
『取り戻す行為は そのまんま、ロフトが増やす動き』 です。
また 遅れたヘッドのその遅れを取り戻す には
『からだの回転を止める、もしくは減速が必須』 です。
 どちらも 「飛ばさない」動き に相当します。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)








正しくはない方法ですが、アマチュアがロブショットを打つ方法に近いです。


アマチュアの人が 遅れを取り戻そうとするのは
開いたロフト、開いたフェース では
打てないからで、それは遅れ ではなく 『開き』に過ぎません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)





ヘッドの遅れは その重さとシャフトのしなり によって
『ヘッドが遅れている』のであって
『グリップ、クラブそのものが遅れている〜ズレている』のでは
ないのです。
ロフトを開き、フェースを開くから
 そのままでは ソールで打ってしまうので
ヘッドターン〜フェースローテーション と言う名目の
 開きを取り戻すのです。・・・ でないと フェースで打てません。



✋悶絶クラブ の話 で言えば
シャフトのしなりは ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち を造ります。
また、シャフトのしなりやヘッドの重さは
切り返し以降、ダウンスイング初動のグリップの遅れなさ
そして 回転の促進を生みます。
勿論、その非常識なヘッドの重さもあります。
ですので クラブの基礎機能が使えれば
楽して飛ばせる要素が高いのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n










市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッドであっても
 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
自分(原動力)は減速し始めますので、
その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては 
おまけ の部分です。

スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)
しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「クラブを振る、ヘッドを振る、
 疲れてくる、グリップが緩む、左右のグリップが離れる、
 アドレスが狂う、向きが狂う、ボールの位置が狂う、
 そして ミスショットが出る。
 その道に入り込まない為に 手で振らない、
 からだの回転で振った方が良い というコトなんですね。」


店長「そう思います。
スイング ココを治そう❷_Moment
 手で振るスイングをしていた とします。
 若いうちは良かったけど 段々飛ばなくなって、
 安定もしなくなってきた…。
 『よし 手打ちを辞めよう✊』
 動きを、クラブの扱いを治していけば
 必然的に グリップを治す に行き着くのが本道でしょう。

 グリップはとても良い、まとも、
 でも 振りは手打ちで、ブンブン振っている、
 と言う人は 非常に稀。いないと言っても大袈裟では無いです。
 それはソレで 才能 とも言えますね。 

 昔から ゴルフスイングは
 『グリップに始まり、グリップに終わる』
 グリップが良ければ 概ね、スイングもOK😊 は
 決して誇張や嘘では無いと思います。

 グリップって 英語のグリップ なんです。
 これは握りとか、握る場所を指しますけれど
 手袋のグローブ、動詞で言うと グラブ では無いです。
 多くの人のグリップ、コレも動詞ですけど、
 を見ていると グラブ なんですね。
 正しくは グリップ なんですよ。」

質問「どういう違いがあるんですか❓」


店長「グリップは 指 で握るんですね。
 右打ちの方の左手がキーなんですが、
 特に 中指と薬指、そして小指
 これを曲げて 筒状のグリップをここで抑える。
IMG_1306
 グラブ の方は その指で握った状態から
 もう一度、手を握る、こぶしを造るように
 グリップを「握った」指を 手のひらに押し付ける
 と言えばよいのか…
IMG_0795IMG_0794





 グリップ の方からしたら
『二度』握っているんです。
 クラブを握るのに 親指は使わないんです。
 補助的に支えている だけで。

 指の関節は 先端から 第一関節、第二関節、
 第3関節は手のひらの中にあるんですが、
 グリップする場合、第3関節は使いません。
 手のひらを維持して置きたいですから。
wrist01-1
 これ いつも思うんですけど
 第一関節、第二関節 この場合は左手の主に
 中指・薬指・小指を曲げて 指で握る、 のと
 ソコからもう一度 親指まで使って
 手を丸く げんこつを握るようにするのと、
 指で握る方が チカラが要らないんですね。
 全員に当てはまるか、どうか、
 握力って言うのは どれを指すのか
 厳密には分からないんですけど、
 手を丸くして 第3関節まで使って握る方が疲れる、
 もたないと思うんですよ。
 指って 軽く曲がっている方が自然、
 伸ばしている方が不自然に感じるんで
 指を使って クラブをホー
ルドしている方が楽な筈なんです。
IMG_0772
 
 指で握っている方が疲れにくいので
 緩みが出にくい、変化が生まれ難い と思います。

 用品・手袋のグローブもそれをサポートしてくれますし…。

 是非、一度トライして貰いたいんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「なんて言ったら良いんでしょうか、
 クラブを手で振る、ヘッドを振っちゃう、
 よく言う『手打ち』の最大の欠点って
 グリップだと思います。」

質問「!!!」

店長「手打ちでも若いうち、チカラのあるうち は
 どうにかなるのも 握力の問題が大きい です。

 直接的に手打ちが悪い よりも
 手打ちをしていると『起こるコト』の方が
 問題は大きいんじゃないですかね。

 普通なオジサマおばさまゴルファーの
 スイングを からだの正面から撮ってみて下さい。
 動画でね。

 スロー再生にして
 アドレスの状態からの 初っ端の初動、
 その時の 左手(右打ち)を見て貰いたいんですね。
 かなり多くの人 7割超えるかも… が
 この 左手のローリングでスイング を始めます。
 多少は良いとは思うんですが、
 ソコから勢いを付けようと思うと
 それがフックグリップを生み出してしまい易い✊です。

 フックグリップが悪いとは思いません。
 思いませんが、フックグリップになる『理由』は問題です。

 フックグリップになる理由は
 その 初動ローテーションがし易い からなんですね。
 故に フックグリップに「する」、意図的にしている人 よりも
 フックグリップに『なってしまった』人の方が多いんじゃ
 ないのかな と思います。

 ラウンド中、練習の後半でもそうでしょうけど
 疲労してきて、握力が落ちると
 その 初動ローテーションがし易いように
 必ず フックグリップ度合い は ラウンドで深まります。

 コレは参考例なんですけれど
 一球打っただけで これだけ グリップが変わります。
〇ビフォ〜アフター 2023 - frame at 0m4s
 一球です。 
 グリップが深くなった分、
 左手首の深く曲がるようになっています。

 これは当然、疲労が進行するラウンドでは
 より大きな変化になって行きます。

 左グリップを深く握る、フックグリップ度合いが深まる。

 フックグリップが深くなってしまうと
 右手の入るトコロが 塞がれてしまう ので
 左右の密着感が離れてしまい
 両手の握っている『長さ』が長くなります。
 右手が遠く、ヘッドの方を持つコトになります。

 当然、ソレはアドレスにも変化を及ぼし
 ボールの位置がズレたり、
 テークアウェイが浅くなったり、
 アドレスの向きや姿勢にも変化が生まれ、
 それらが ミスを誘発する事につながる訳です。

 フックグリップに『しなくて良い』
 左手の握力に依存しないスイング、クラブ扱い
 を追求していくと、からだの回転で✋ に至る
 そう言う感じだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振る、クラブを振る、
 ボールの方に『手で』ヘッドを出してしまう、
 そう言うスイングをする場合、
 スイング中に クラブの遠心力、ヘッドの重さの遠心力、
 クラブの長さや速度の遠心力が多大にかかります。

 特に左グリップに…ですね。
 故に 左のグリップが深くなる〜フックになる、
 左右のグリップの密着感が薄れる… なんだと思います。
 
 密着感とはちょっと関係が薄いんですけど…

 まず、 ◉コレは是非治して頂きたい、
 スイングが変わったから グリップが変わる じゃなくて
 スイングにとっても 色々不都合があるので
 まず グリップから治して頂きたいパターン なのですが…

 グリップ・握りでの 手とクラブの関係性なんですが、
 現実的には不可能ですが
 手のひらとクラブは一直線の関係 が良い です。
 …どちらか、と言うとですけど。
IMG_1304
IMG_1303








 一方、直角な関係に握る方も多いです。
 コチラの方が チカラが入り易い、強く握り易い ですからね。
 しかし、そうなると
 ハンドダウン気味、
 場合によっては フトコロの中にグリップを入れて
 構えるようになります。
(グリップ〜アドレス1(グリップ〜アドレス






 当然、前傾も深く、
 上半身が 靴よりも かなりボール側に出るような
 そんなポスチャア、アドレスになります。

 ラウンド中、握力が低下してくると
 その握りはより深くなりますから
 前傾も深く変わってしまったり…
 良いことは多くないですね。
IMG_1296
 本当は 手のひらとクラブ・シャフトの関係 が
 スイングで言うトコロの ディッシュアングル なんですが、
 手のひらとクラブの関係が直角だと
 始めから手首をキャストした格好になり
 どうしても グリップの位置が深くなり易い。
 スイング中 手首が下方向、小指側に行かないよう
 意識する事になってしまいます。痛めますからね。

 ディッシュアングルは ボールを打つ前の
 手のひらとクラブの角度関係なので
 スイング中、意識する必要はないんですが、
 この握り、手のひらと直角なクラブの関係では
 意識する必要が生まれてしまいます。
 勿体ないです。


 前傾が深い、
 グリップの位置が懐の中に入り過ぎている、 では
 長物が上手く行き難くなりますし、
 足場の不安定なトコロ、傾斜地は構え難い…でしょう。
IMG_1306IMG_1305








 グリップと言えば良いのか、
 この手のひらとクラブの関係が
 アドレスも、スイングも決めてしまいます。
IMG_1299IMG_1298







 無駄に深い前傾も
 私たちの年齢だとしんどいですし
 無駄に意識しなくちゃいけないコトが増えます。
 ラウンド中、アドレスの変化も起こり易い。
 苦労はあるかも知れませんけれど
 この『手のひらとクラブの角度関係』
 優先的に改善するポイントだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「グリップの握り方、にスイングが表れる というか、
 スイングを治し、出来るだけヘッドを振らない、
 手振りを治して行こうとすると グリップの改造 に
 辿り着くのですが、正解でしょうか❓」


店長「はい。大正解だと思います。

 一般的に グリップと言うと
 インターロッキング、オーバーラッピング、ベースボールなどの
 大まかな握り方 と
 フック、スクエア、ウィークなど の
 その握る角度というか、関係のコトを指す、 と思うのですが、
 おそらく…ですが、質問者様の仰る『グリップの改造』
 そのどれにも属さない、
 あえて言えば フックだったのが、結果、としてですが、
 スクエアに近づく、あくまでも結果として✋
 と言ったトコロだと思います。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 グリップから造る は正しい道なのですが、
 この場合は 初めてゴルフクラブを握る、
 ゴルフを始められたばかり では その通りです。
 が、いったん 普通にゴルフが出来るようになってしまうと
 インターロック、オーバーラップ、
 フックグリップ程度の意識で グリップ(握り方)は
 その振り方というか、クラブの扱い方で
 自然と形成されてしまいます。
  ほとんどの方が 意識してないですねー。

 悩み多きアマチュアの場合、
 だいたいが フックグリップになっていくのですが、
 それと同時に どんどん 左手と右手が離れていきます。
 フックグリップが重要なのではなく、
 『左右を離したい』からフックグリップになるのです。
会田20210701_Moment(2)

 アドレスをからだの正面から見た時、
 右打ちの場合ですが、左手の親指が
 まるごと見えてしまう方も少なくありません。

 インターロック、オーバーラップ…
 今回のテーマではお好きなモノで問題ないです。
 ベースボール、10フィンガーの場合、
 その握り方が問題なのではなく、
 左手と右手の密着度を無くす、
 左右のグリップを離したい が為に行き着くグリップ
 と考えて 大方、間違いありませんので✖です。
4-lg (グリップ●
 






ハンドリリース、フェースローテーションの強い方は
 やはりフックグリップが強く、
 左右がかなりはっきり離れています。
 その方が スクエア、左右を密着させようとトライすると
 当然、上手く行きません。
 フックグリップにする ポイントは
 左グリップ(右打ち)がガッチリ・深く握るコト で
 その理由は そこが支点になって、回転するクラブを
 支えられるコト です。
 ですので スクエア、左グリップを浅く握ると
 クラブを振れなくなるので 上手く行かない、
 当たらない、飛ばない ですので 数球で『辞めます。』

 グリップはクラブの扱い方ソノモノ と言ってもよく
 ダウンスイング後半〜インパクトで
 クラブ・ヘッドをボールの方に『手さばきで』出したい、
 ヘッドを下に『手さばきで』下げたい方は
 ソレがしやすいよう、左手(右打ち)に対し、
 右手はボールの方に出すコトになります。
ダウンスイング〜左上腕_Momentダウンスイング〜左上腕_Moment(2)ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)






 一方、からだの回転でクラブを動かしたい方は
 利き手でもあり、チカラの強い右手を使って、
 左グリップが体の向きの進み、に遅れないよう
 親指側の掌底で左手の掌底を押して 助けよう としますので
 左右の密着度が必要です。

 また クラブを振るタイプの方は
 腕も含め、クラブに遠心力を掛けてしまうので
 クラブがすっ飛ばないように その遠心力に対し、
 強く握る必要が生まれますが、
 からだの回転でクラブを動かすタイプでは
 ボールを打つまでは 腕に遠心力はかけますが、
 クラブに遠心力が掛かる量が多くない為、
 クラブがすっぽ抜けにくいので
 それほどガッチリ握る必要性がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイングで 短くなっていた腕を長くする、
 自分の意志で伸ばすのか、
 それとも 遠心力が掛かって 伸ばされちゃうのか、
 後者の割合が多い方が繰り返し易くて、楽だとは思うけど
 どちらにしても その腕を伸ばした時、
 クラブ、シャフト、ヘッドを『この領域』に入れようとしない、
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s






 ヘッドを ボールの方に、
 横方向にも、下方向にも 出そうとしない、
 というのが からだの回転で円を描くポイントになると思います。
(イメージスイング

 腕さばきだけで ボールに当てられない、届かない、
 それが からだの回転で、
 からだの回転だけでは打てるけれど
 速度が上げにくいや飛距離や高さが出し難い、
 そんなところから ヘッドの高さの意味や
 クラブの短く仕方、ヘッドの重さの意味が解ってくると思うんですね。

 そう言う意味では 素振りやワッグルの時点で
 『あああ… それでは…』 というのが多い気がします。

 これは アプローチだけでなく、スイング全般に言えますが、
 肩って言う箇所は 腕の一部です。
 ですので 肩でクラブを動かすのを辞めて
 脚で骨盤、上半身全部を動かすか、
 肩で動かすにしても、腕も含めた肩甲骨ではなく
 胸や背中を動かして、胴体をひねる意識を持たなくては
 どの道 手で振るコトに行き着いてしまいます。
((((((((_Moment

 ゴルフスイングのちょっと意地悪な部分は
 打った後 は からだを傷めない為に クラブもリリースします。
 あくまでも 打った後 ですけれど…。
 手打ちって そのタイミングが 早過ぎる、
 クラブをリリースするのが 打撃と勘違いしてしまっている。
 飛ばすにしても、飛ばさないにしても
 打撃の基本は 向きを変える速度 であって
 クラブリリースはあくまでも 事後処理のオマケ なんです。

 ドライバーショットは ボールを左に置き、
 地面からボールを打つショットに比べると
 ほんの少し遅いタイミング、やや左向き、やや上向きのタイミング
 のインパクトになるので リリース部分が強調されて見えますが、
 クラブのリリースが打撃ソノモノ ではないのは同じです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 プロの活躍している選手には
 手打ち、アーリーリリース、ハンドリリース、
 フェースローテーションの強い人もいます。
 いますけれど なかなか長持ちはし難いし、
 その手の流派は関節とか痛めやすいですから 故障持ち率が高い。

 これ 忘れちゃいけないのは
 彼らはスポーツ選手である と共に
 私たちは そのスポーツ選手の引退した あとの年齢なんです。

 まあ ゴルフクラブもそうですけれど
 好きな選手の、好みのスイングを好きに選べるのも
 ゴルフの楽しみのヒトツですから
 どれも それぞれ流派であって 良い悪いはないですけれど
 前にも言いましたけど、
 ゴルフクラブは 手打ち、フェースローテーションして
 使うようには 造られていません。
 どの部分をとっても、です。

 ですので アマチュアで、プロゴルファーに比べると
 既に引退して、第二の人生を楽しんでいる年齢の私たちが
 プロのスイングの良いトコロは参考にするにしても
 盲目的に そっくり真似するのは 危険が伴うと思います。

 コレは言いたくないですけれど
 レッスンプロなんかにも言えることで
 彼らの年齢や運動性能で可能なコト、繰り返せるコトは
 中高年の私たちには かなり至難の業 なんです。
 『あぁ それ分かるけど、繰り返せないでしょう、私たちには。』
 という教えが非常に多いですよね、最近。
 良くも悪くも、YOUTUBEとか ネットなど便利なモノのおかげ
 なんですけれど、高機能になったとしても
 ゴルフクラブの基本や構造は 50年前とさして変わらないんです。」

質問「確かに そうですね…。」

店長「からだの回転で打てるようになっても
 まだまだ 悩みはいっぱいあるんです。
 悩みのステージが上がった分、もっといろいろやらないと…
 終わりはないんですけどね……
 とは言え 少なくとも からだの回転で円弧を描けた方が
 ボールはつかまり易いですから 今までよりも
 少ない力感でボールは飛ばし『易い』ですし、
 反復性、再現性は高まるとは思うんですけど、
 人間のシンプルな欲、もっと強く叩きたいとか、
 振りたいとか、動きたいとか、疲れたから楽したいとか、
 そう言う部分は年中顔を出しますので
 そう言う意味合いで ゴルフはメンタルなスポーツと言うんでしょうね。
 
(こする つかまえる_Moment(2)

 少しは役に立てたんでしょうか❓」

質問「はい。ありがとうございます。
 やっぱり 手で振るのは辞めたいですから😊。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:手持ちのクラブでボールを捕まえる方法を
 ずっと模索してきました。
 ブログも何度も繰り返し読みました。

 個人的な結論はクラブのライ角を維持して
 体の向きを変えるというところにいたりました。

 アドレス時のライ角を維持したいので、
 アドレスの時に両肘を少し外に張るようにするとクラブが捻れにくい…
 支えやすいと思っています。

 後学のため、ブログで改めてライ角について
 触れていただけたらと思っています。
 機会がありましたらよろしくお願いします。


A:【店長】質問、コメント 有難うございます。
6a874f9f-s
 ライ角度 について でございますが、
 この場合ですと ディッシュアングル に相当する、
 と考えて良いのでしょうか❓

 ディッシュアングル とは
 アドレス時で言いますと
 後方の視線から クラブと腕は一直線になっているのではなく
 数字として気にする必要はありませんが、
 腕に対し クラブは120度位の角度が付いています。

 まず その角度は 手のひら で言いますと
 スクエアグリップと仮定して 親指〜小指の
 よく言う コッキングのアングル と思われガチ🤒 ですが、
IMG_0534
 コッキングの… クラブのライ角度方向を
 腕のチカラや何かで 制御、
 行きすぎないようにするのは かなり『辛い』と思います。
 ほぼ無理でしょうか…。

 
実際には クラブをグリップした時の
 手のひら、左手とクラブの関係です。
IMG_1065IMG_0772









 グリップは動作中、緩みさえしなければ
 その角度は維持されます。

 ディッシュアングル、ライ角度の意識が強すぎると
 ヘッドをボールの方に出す癖が付き易く ⇒クラブを振ってしまう
 それらの問題はより立体的に複雑化します。

 同時に ヘッドの遅れが ライ角度維持の邪魔になり易く、
 遅れを取り戻そうとする動きになる可能性もあります。


 確かに ライ角度は打球の方向を決める要素の一つ、ではあるのですが、
 根源的なライ角度そのものが存在している理由は
〇地面、低いトコロのあるボールを打つ と
〇ロフトの変わる、変えることが出来る
 の複合体です。

 ヘッドは重さがあり、スイングすれば
 その運動の速度も加わり、より一層重くなります。
 アドレス時の視覚イメージでは
 トゥダウン方向に引っ張られそうですが
 ヘッドの重さを ロフトの立ち、
 からだの部位で言うと
 トゥダウン、トゥアップのコッキング、キャスティングの方向 では無く、

 手のひらのビンタの方向、左右方向の…スナップアングルと言いますが、
 その方向に変換してしまえば、
 遅れはロフトの立ち 〜フェースのより一層の下向き になり
 それは 必ず ディッシュアングルの維持 になります。
frame at 1m10s
 アドレス時、左手とクラブの関係がディッシュアングル であったのが
 インパクト時は 右手とクラブの関係になる と言えば
 良いでしょうか❓

 意識としては ロフトの立ち の副産物に近いですかね。

 ディッシュアングルを失ってしまう、大きく変えてしまう のは
 クラブの重さを 不必要に増やしてしまい、それによって
 姿勢が大きく変わってしまうことに起因しています。
 ヘッドの、クラブの重さと喧嘩してしまったら
 同時に ディッシュアングル、ライ角度の維持 は失敗します。

 クラブの重さを出来るだけ増やさない、長くしない、留まらせない、
 この三か条って感じでしょうか。
 トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


到着依頼、様々な実験・検証を行なってきて、
本当にすごい製品だと実感しています。

 

 購入の動機はもちろんパターとしての
使用もありますが、それより野澤さんの作成した
 

0番アイアンのクラブからの情報を抜き取る事もありました。

004

 パターとしての実験は前・後ろ・真上から
スーパースローで撮影しながら、ボールと
 

 コンタクトする時のシャフトの状態の確認がメインでした。

 

 初めて真上から撮影しましたが、
いかにラインに対してヘッド面が垂直なまま
 

 移動させることが困難かものすごい実感しました。

 

 また、ヘッドを動かして平行イメージですると、
ヘッドの重さも無関係でカコって音がして
 

 スローではシャフトが逆しなりしていました。

 

 ただし、刷毛塗り打法では音も、
 シャフトのしなりも大丈夫でした。

 

そこで、自分はいつもアプローチで
やっているジャンボさん方式でパッティングすることに
 

 しました。

 

両踵を合わせて、ややオープンスタンスで
グリップを身体の中心で固定して体を
 

 動かしてパットをする方法です。

 

これだと、スーパースローで確認しても
ボールへのコンタクトはいつも一定でしたし
 

テイクバックの概念がないので、
どんなに緊張しても全然大丈夫です。
 


 フォローもラインとは全然違うけど
そこには意味はないので無視してます。

L字パター修正図面 (002)

(ただ、自分はスコアにはそれほど興味は
ないので緊張はあんまりしたことないですけど)

 

 この方法はアドレスでセットしたら
あとはオートマチックにヘッドが打ってくれるんで
 

 あとは実践での距離感だけなので、
経験値をあげるだけなんで超簡単な印象があります。
 

 実際、毎日ジャンボ流アプローチ法
パターの練習していることもありますが、
今日のラウンドでも
 

 チップイン3回で26パットとアプローチが
飛躍的にうまくなっていましたし、
今までよりはるかに簡単な
印象でした。


 同じことを繰り返すと
こんなに簡単に変わるんだと実感しましたし、
今後を考えると超ラッキーな
 

 感じがします。すべてがつながりはじめました。


 次に、ショットでの応用で、
ジャンボさんの「アドレス→トップ→
インパクト→フォローで腕が

 地面と平行な時の両腕の状態」をあのパターで
再現するやり方を研究しました。

 

 その結果、インパクトでの画像を追うと
再現できないで(逆しなりになりやくく、左手首がインパクト
 

 付近でてこになる)、トップとフォローの状態だけを
イメージして中間を無視すると、スーパースローで
 

 確認すると、結果的にジャンボさんの
グリップファーストのインパクトになっていました。

 

 これが、野澤さんのおっしゃる時間の経過中に
起こっている事なんだと理解しました。

 

そうなると、グリップは右手首が左手首を
押す動作な感覚や、ただ、トップから
 

 一直線の感覚でフォローまでもっていくと、
いつのまにかボールを打てっているし、
 

 ボールって結構重たいし、ドライバーの
打球の質や音も変わってきました。
 

 ドライバーの打球は弾丸ライナーで低く、
音は割れたボールで卓球している時の様な感じの音で、自分は
 

 初めて聞く音でした。

 

 ただ、この音がいいのかどうかはわかりませんが、
打球の質(スピン量が減って、低い弾道で
 

 ただ、まっすぐ飛んでいきます)でOKかなと判断しています。


 自分の一番の改善点(理解点)はテイクバックは
左ひざをアドレス時より下げると自動的に前傾分勝手に
 

テイクバックが上がっていくことを理解できたのが
大きくて、これもあのパターのおがげです。
 

 意識的にさらにあげると、右手で左手を押しにくく
なるのでNGな感じです。
 


 本当にあのパターを購入してよかったと
実感していますし、この2週間ちょっとの加速学習は
 

 すさまじかったです!

006

 今後とも本当に大切に使用していきますし、
まだまだ、クラブ扱いの理解不足や、勘違いがあると

思ってますので ブログにて
勉強していきたいと思っています 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日ラウンドしてきまして

練習グリーンから感触がよかったのですが

コースではかなり良く、カラーからも非常に構えやすく

チップインバーディーも2度

グリーン上でもロングパットの距離感もまずまず

(この辺りは腕前が悪いのですが・・・)

IMG_0126

ミドルパットも思った距離感で打て

ショートパットは一度も外さないで

上り下り横からといったラインも全体に非常によく

いつも行くゴルフ仲間からはパッティングが別人になったと

笑われるくらいでした

苦手意識の塊でストレスであったパッティングが
楽しくなってきてスコアも〇〇とよかったので
とてもいいパターをありがとうございましたと

嬉しくなりご報告までに





店主の依頼を受け、コースで進化版ブリストルパター
テスト飛行をして参りました。
NEW L型 バックフェース
まず、練習グリーンで 旧タイプと進化版双方を
それぞれの距離感とタッチを確かめてみたのですが、
一番驚いたのは
進化版は『思った通りの方向に打てる』ということです。

進化版を打って初めて感じたのですが、
旧タイプは弾いて打ってしまうので
ボールの転がる方向とパターストロークの方向が
一致しないのです。

進化版の方は店主の
言う通り
笑ってしまうほど 思ったところに転がります。

その違いはあまりに大きく
ちょっとびっくり。
008
友人から市販の高名なパターを借りて
比較してみましたが、
市販の軽〜〜〜いヘッドの硬〜〜〜いシャフトのそれだと
まず 思ってる通りに飛びません。
『パターは飛べばいい』というものではないかも
なのですが、ボールの転がりが悪く
転がりの初速は速いのに届かない、、、
目標手前でいきなりブレーキがかかってしまう具合に
なってしまい、ボールの転がるスピードで
距離感の把握がとてもし辛いのです。

届かせようとすると
無意識に弾くような感じになってしまい
今度は思ったところに向かってくれません。
これは入らないよね、、、
akiya20220615
進化版のL型ブリストルは飛びます。
もとい、良く転がります。

良く転がるのですが、
ボールの速度はとても遅く
ゆっくり転がりますが、減速もゆっくりで
ゆっくり遠くまで転がる感じです。
とってもナチュラルな感じです。

パターヘッドを動かしたのと
ほぼ同じ速度で転がり始めるので
練習を始めて、すぐに距離感には慣れました。
ボールの速度感に慣れてしまえば
思った距離を打つのが非常にやさしいです。
2595cdb2
小さなストロークで済むので安定感もいいです。

旧タイプのL型ブリストルはもう4年も使っていますから
感じはすぐにつかめましたが、
なにより その方向の作りやすさの違い
『ボールはこんなにも思った通りのところに出せるんだ』
ということに本当に驚きました。
c534b357
言いたくはありませんが、
このインチキさ加減と比較すると
市販のどのパターもイップス製造機とか、
パタくそ(パター下手くそ)製造機と呼べるんじゃないかと
思いますね。

これは、、、まずい代物です。
いずれ、ルール違反になるか心配するほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今回のシリーズ(記事)の始めの方で
 あきひこプロからも指摘がありましたが、
 クラブのセッティング、全体のバランスも
 手打ちとからだの回転、
 手でクラブを出さないと打てない、
 手でクラブを出さなくても打てる、

 に非常に関係しています。

 もしかすると そのクラブのセッティングで
 知らず知らずの内に 手打ちをせざるを得ない
 手打ちになってしまった と言う方も
 少なくないのでは無いかと思います。」

質問「どういう事なんですか❓」

店長「例えば、、、まあ一番多い例かな と思いますが、
 きっと 多いだろう組み合わせ
 大きなヘッドの長いシャフトで
  そして『柔らかい』シャフトのドライバー、
 小さなヘッドの短いシャフトで
  『硬い』シャフトのアイアン
 この場合の『柔らかい/硬い』は
 自分のゴルフバック内での比較ですけれど…
IMG_0084
 おおよそ、ですが、
 多くの人は ショットの精度の練習をしたり、
 スイングを造ったり、治したり するのを
 アイアンで行います。
 ドライバーの場合、『ドライバーショットを飛ばす』
『ドライバーショットを良くする』が目的のケースが多いです。

 本来、シャフトの役割は
 ヘッドを動かすコト ではなく、
 グリップの移動を促進、手伝うコトなんですけれど
 硬いシャフトは その『手伝い』が従業員不足状態です。
 トップやダフリの症状としては
 実は下に届いていない のではなく、
 👉左・進行方向にグリップが移動しきれていない(右打ち)
 のが原因の大きな要素です。

 『硬いシャフト』では グリップが十分押されませんから
 届かない・・・ となると
 自分で ヘッドを、クラブを、ボールの方に、
 そして 下に出さなくてはならなくなります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 そして、今度は その打ち方で
 柔らかく(アイアンに比較すると)、大きな、
 そして 長さの有るドライバーを振ると
 ヘッドの遅れがより顕著になり
 『ヘッドが来ない』になってしまう。
 こすって、スライス という一番嫌われる球になります。
 そして それを解消するには
 より強い ヘッドターン・ローテーションが必要になる、
 練習を経て、そういう経験を経て、
 『手打ち』がどんどん自分に馴染んでいく……。

 私はそうは考えませんが、
 『上手になったら シャフトを硬くする』
 という風潮が日本は強いと思うのですが、
 ゴルフをやり続けて、スイングする為の筋肉が付き、
 より強く、より速く振れるようになったのなら納得ですが、
 どうも 手打ちが出来るようになり、
 ヘッドの遅れ、ヘッドが来ない を減衰させるため
 遅れない『硬いシャフト』に推移する のが大筋なんじゃないか、
 と 私は邪推しています。
 つまり 手打ちが定着した というコトなんじゃないか と。

 もう その時点では シャフトはヘッドを動かすモノ、
 グリップを動かすなんて微塵も考えなくなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「振り遅れ、それに付随するんですけれど
 この二つの写真を比べて貰うと分かると思うんですけど
002001






 グリップの進み具合
 グリップの移動具合が全然違いますよね。
 短くした腕を伸ばしたコトで ヘッドを、シャフトを振るには
 グリップがあんまり進んじゃ 出来ないんですね。
 ヘッドを振るから余計、そうなるんですけど…。
413445






 そうする為に 切り返してから
 からだを廻しても 左腕を置いていきます。
 『手遅れ』ですね。
 これも意味があるんです。
 無意識だとは思うんですけど、
 ハンドリリースをするためには 必須になるんですね。

 テークアウェイやトップの位置で
 クラブを開いて、開いて上げるのも意味あるんですね。
 似た要素ですね。」

質問「なんだか 一個目のボタンの掛け違い が
 ものすごく多くの余計なコトを生んだりするんですね。」


店長「そう思います。
 技術的な要素 というよりも
 ぼんやりとした『思い込み』が色々なコトを生むんですね。」

質問「手打ちって言うか、
 スイングは円だ、とか
 開いて閉じて振る、とか
 ヘッドを返す、とか
 だいたいのことが 悪い方でつながっちゃてるんですね。」


店長「そうですね。
 やはり勇気を出して 一度トライしてみるコトです。

 右打ちの人であれば 右腕を伸ばす〜伸ばされたとしても
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s







クラブはここまで
 グリップよりもヘッドはボールの方に出さず、
 グリップよりもヘッドは低くしない、

 ボールが当たる、打つとしたら
 そのボールは軌道上にありますから
 その軌道に対し おおむね直角な、
 全体的に 下に向いている進行方向ですので
 地面とは言いませんが、かなり 下向き〜シャットな状態です。

 遠心力で腕が伸ばされる、にしても
 解くのは腕までで クラブまでは解かない、
 それは からだの回転がやるコト です✋

 何度も言っていますが、
 このまま では ボールにヘッドが届きませんから、
 打撃付近の 肝心要なトコロは からだの向きを一気に変える。

 最終的には同時、
 当然、腕やクラブはからだの向きで移動するので
 腕自体を積極的に下げる、動かすのではないですが
 腕やクラブには重さもあり、慣性も掛かっているので
 若干、後から動き出すように『見えます👀が』
 クラブの重さを利用して 先にグリップを落とす、
 位のイメージがいいのではないでしょうか⁈

 イメージとは このポジションが出来てから
 からだの回転でインパクトに入る感じです。

 そう言う意味ではアプローチショットは
 ソコの部分ソノモノなんですね。

 トライしてみて下さい。」

質問「やってみると分かるんですが、
 今までって からだの回転は止まってたんですね。」


店長「ですね。肝心なトコロで✋ です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイング、インパクト前に 右腕を伸ばした時
 このラインの中で。。。
 イメージは クラブ・シャフトが地面と平行…
 ヘッドの方が 若干、高い位の位置で
 下に落とさないように、

 当然、このままじゃあ ボールに届かないから
 同時進行でからだを廻しておく
 一気に左向いちゃっていいんじゃないですかね。

 そうすると ヘッドは引きずられるように
 空中をですけどね、
 そうすると からだは向きを変えているけれど
 クラブはスライドして 『立体的』にですが、
 ボールへとコンタクトする。
445001







 こういう感じですね。
 それと比べると・・・ですね、
 右腕を伸ばすことで クラブをボールの方に
 横にも、下にも 出してしまうと
 当然、からだの回転は止まるんですが、
 こういう風になる訳で
413002







 からだが回転しているから 円は描くんですけど
 からだの回転でクラブを動かしている方が
 直線に近い、直線的と言うか
 当たり前ですけど、からだ軸の大きな半径になり、
 クラブ振っちゃうと クラブの半径になるから
 小さな半径になります。

 からだの回転の方が より短い経路で より短い時間で
 ボールにコンタクトできるようになります。

 クラブ振っちゃうと 横にも、下にも クラブが膨らむので
 より時間がかかっちゃう、
 インパクト出来る筈のタイミングよりも 『遅い』
 それを 『振り遅れ』って呼ぶんですね。

 だから と言って
 手で振っちゃってる、クラブを振っちゃってる限り、
 それをもっと速く行っても
 同じ勢いで カゲロウはどんどん逃げちゃいます。
 永遠に追いつかないんですね。」

質問「振り遅れの真実なんですね。」

店長「そうですね。
 一般的な誤解ですけれど
 ヘッドが遅れている、
 そう言う状態が 振り遅れのイメージなんですけど
 実は そうじゃあないんです。
 その 一般的な誤解が 本来ある
 ハンドファーストのインパクトを矛盾に引き込んでいるんです。

 振り遅れって言葉も悪いんですけど、
 単に 待ち合わせ場所に時間通りに行かず、
 遠回り、寄り道しちゃってるだけでなんですね。
 ま、その遠回りが その人の打撃の要なんで
 ハイ✊ ポンッとは治らないですけど。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスはアウトサイドインだから…
 みたいな誤解も 手打ちを誘発し易いんですか❓」 


店長「あるかも知れません。

 話は逸れちゃいますけど
 見た目のスイング軌道の意識って
 ちょっと 自意識過剰と言うか、自分本位過ぎる、と思うんですね。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s
 ボールって無機質なモノですから
 どんな番手で どの方向に打たれるかは
 当然ですけれど 知りません。」

質問「確かにそうですね。」

店長「一般的に言われる アウトサイドイン とは
 構えた人の 理想的な❓ 本来の軌道よりも
 外から入ってきたんですけれど
 ボールにとっては その方向に打たれた、振られた
 に過ぎません。
 インサイドアウトも同じですね。
 ボールに判断力はありませんが、その方向に立って
 その方向に振られた と同じになります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 一方、スライス(回転が多い)、右回転は
 軌道に対する フェースの右向き(右打ち)具合、
 左回転が フェースの左向き具合 が影響します。

 ですので 一般的なその軌道とフェースの向き具合は
 当然 組み合わせるコトが可能で
 アウトサイドインの右回転も、左回転も
 インサイドアウトの右回転も、左回転も
 双方ともに可能ですし、存在します。

 正しい形の……なんか、変な言葉になっちゃいますが、
 『アウトサイドから』は インパクト直前に
 手で弧を描いて、脹らんだ弧でボールに入ってくるコトを指し、
 クラブはロックされたまま、スライドして入ってくるのを
 『インサイドから』と言うのですが
 『アウトサイドから』はこすり球、
 『インサイドから』はつかまった球、になり易いですが、
 これにも 双方、右回転〜左回転、両方あります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)



 ゴルフに夢中になってくると
 練習場で過ごす時間が結構、増えてくるわけですが、
 そうなると インテンショナル(意図的な)スライスやフック、
 フェードやドローを打ち分けよう、打ってみよう
 と する人も多いと思うんですが、
 仰る通り それって 手振り、
 スイング軌道、ヘッド軌道をからだの回転ではなく
 手さばきで造ろうとする習慣は付くんじゃないですかね。」

質問「スライスはどう治せばいいんですか❓」

店長「フェースを開かず、右向きをある程度取って、
 正しい意味で 『インサイドから』
 つまり ヘッドをボールの方に手で出さなければ
 クラブの構造上、ボールには左回転が入り易くなります。
 その入れ方であれば 右回転が入ったとしても
 曲がりが出るようなコトも少ないと思いますから
 正しい意味での 『インサイドから』というのを理解し、
 トライしてみることが本道じゃないですかね。

 フェースをターンさせて、開いたモノを閉じて…
 丸い球を打つのに、ヘッドやフェースをこねて
 『廻して』改善しようとしても、
 別な問題にすり替わるだけ、だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく言うのですが、
 スイングはアプローチショットで治しましょう、と。
 アプローチショットなり、ハーフショットの
 インパクト付近の動きって
 ショットの インパクトの部分を抽出している ので
 そこが鍵になる訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 アプローチ、例えば 15ヤード位のランニングアプローチ
 の動きは まさにインパクト部分の抽出されたモノで
 ここに その方のスイングがほぼすべて表れます。

 ちょっと 横道に逸れてしまうかも…ですが、
 よく言う 振り子のアプローチのイメージは
 『遅れてきたヘッドが グリップを追い越して 先に行く』
 その動きが 手打ちを誘発してしまいます。

 動画や画像など スイングを2次元の平面上で見るから
 そう『見える』のであって
 特殊なショットを除き、アプローチのような
 勢いのないショットで ヘッドがグリップを追い越すことは
 フィニッシュ〜最後まで起こりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
 フルショットの場合は、インパクト後
 スイングを終わらせるために 人間の動作、
 特に回転は減速に入るので、その際、運動慣性の残っている
 ヘッドがグリップを追い越すのは
 からだの保護のために必要です。
 しかし、それが『打つコト』そのもの ではなく
 むしろ オマケ に近いモノです。

 よくある素振りの 悪い導き ですけれど
 インパクト以降 ビュッと ソコで音をさせる。
 ソコの速度が速いと良い・・・・
 ウソじゃあないんですけど、
 それは そこまでの回転の速度が速かったから
 クラブの慣性も速いので そうなるんです。
 似ているようですが、そこで
 何かを止め、その慣性を使って ソコをビュッと振る、
 のとは違うんです。

 そういうコトをひっくるめていくと
 イメージと言うか、思い込みみたいなモノが
 スイングと言うか、クラブ扱いをかなりの部分
 形成してしまっているのは間違いありません。


 手で振っていた、フェースターンしていた のを
 からだの回転でソレをする、に移行するのは
 その どこにも特殊な、そして『新たな』技術は無いんです。
 ほとんどのコトが知っているコト、既に出来るコト、
 で構成されているんですけど
 結局のトコロ、覚えの良い腕の動かしで クラブを振りたくなる、
 言葉としては全く反対なんですけど、
 手抜きというか、億劫だから小さく近いモノで動かす、が手打ち であって
 その手抜きを覚えちゃうと 真面目に丁寧にからだを動かす、
 からだのターンって なかなかイケナイ と言う
 実生活の縮図みたいな部分はあるのかもしれないですね。

 分かっちゃいるけど からだの向きや高さを変えず
 手を伸ばしたり、手先で何かしようとして ぎっくり腰になるのと
 ちょっと似ているかも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
店長「腕を伸ばした時、その最終形態として
 ヘッドですね、フェースがどうなるのか❓
 というのもしっかりイメージした方が良いでしょうね。」

質問「おおお。」

店長「実験してみると良いかもですけれど、
 からだを廻さず、アドレスの向きのまま
 手さばきだけで クラブを上げる〜テークアウェイを取ります。
 この時、右打ちの人であれば 右腕・右ひじを曲げて
 右腕を短くするようにして クラブを上げると思います。

 そして、ダウンスイング〜インパクトになりますけれど
 今度は 右腕を伸ばすようにして
 まあ だいたいのケース、腕やクラブを下げてくる、
 低くしてくる、と思いますけれど
 右腕を伸ばした時、アドレスと同じような腕の長さに戻った時、
 フェースって どこ向いてます❓」

質問「アドレスと同じように、ボールと言うか、
 飛球線…ボールが飛ぶ方向ですかね❓」


店長「剣道をちゃんとやっている人に怒られてしまうかも…だけど
 剣道の『面ッ!』とか、スイカ割りみたいな…、
 腕を伸ばした時、ソールが地面を向いている状態…ですよね❓」
スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)


質問「そ。。。。そんな感じですね。」

店長「コレって からだの回転と同時進行で行ったら
 ボールって 打てると思います❓
 ボールを地面に埋めるのなら コレで正解だと思いますけど…。」

質問「ソールに当たっちゃいそうですね。」

店長「はい。 本当にこのまま ボールを地面に埋めるように
 リリースをしてきたら からだを廻していた…としても
 この後 もうひと手間、もう一作業が必要になりますし、
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)スナップショット 11 (2013-06-02 23-19)




 一般的には 伸ばしている最中に 回転〜横の動きが入るので
 先端に重さのある棒の構造や
 フェースの重心がズレている構造から
 フェースがいったん 空を向いて〜上を向いて、それを閉じる、
 フェースを地面に向ける、その回転を腕の伸ばしでやると思うんですね。」

質問「ですね。」

店長「この時点で インパクト前後の
 からだの向きの変更、回転の仕事・役割を奪ってしまっています。

 それを 再現性良く、的確に行うには
 からだの回転は二重の回転になっちゃいますから
 練習を繰り返すほど 止まって来ちゃうと思うんですね。
 
 こういう感じでしょうね。
スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)スナップショット 5 (2013-06-02 23-16)スナップショット 6 (2013-06-02 23-17)




 あるトコロで 左の壁 と思っている 左サイドを止めて
 それを軸というか、支点に
 右腕を伸ばして クラブをターンさせる。。。

 この行為の習熟度を上げるのは
 からだの回転を止めるタイミングとリリースの関係性の確立
 になっちゃいます。

 即ち からだの回転で打つコトの放棄 です。
 上手く打てるほど 手打ちになって行く と言う仕組みです。

 まあ ゴルフスイングにはこういう流派もありますからね…。」

質問「が〜〜〜ん。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういう例えも可能かもしれません。

 車や自転車、オートバイ、乗り物に乗っていたとします。
 運転席なり、助手席、座席に座ったまま、
 クルマであれば 窓から手を伸ばして届く高さ
 の机の上にカバンが乗っていたとしましょう。
080430_part01_01
 手で振る とは
 ソコに🚙なりを移動させ、いったん停車し
 手を振って その荷物を取るコトで
 ドライブスルーなどの実生活では
 当然、こちらの方が常識であり、かつ安全です。

 ところが ことゴルフの打撃に関しては
 車はある一定の速度なり、均一な加速状態にしておき
 その荷物を取れる状態に 手を固定して
 車を移動させることで その荷物を取る、
 そう言う違いだと思います。

 ハミングバードでは その手使いを『刷毛塗』などと
 呼んでいますが、その刷毛塗は
 両肘の外への張り ばかりを意識されるのですが、
 問題なのはそっちではなく
 グリップの移動、
 クラブ、シャフトのスライド『使い』の方で
 両肘の外張りは結果、としてそうなり易い だけです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
 また、グリップの横移動も
 実際にからだの回転、例えであるなら クルマの移動が
 伴った時に、ずっと その場所にあるように
 位置固定、相関関係の固定をする為、ややこしいですけれど
 動かさない為に 動かしておく、
 動かさない為に 先回りしておく感覚
 とも言えます。


 話は手打ち、ヘッドの返し、フェースローテーションに戻りますが、
 ダウンスイングの後半、インパクトの部分で
 腕の伸ばし で クラブをリリースしてしまう のは
 ヘッドの位置、高さ、フェースの向き、ロフト、
 それらが一定にし難く、簡単なモノではありません。
 正直、腕力と運動性能、そして反復練習の賜物 です。
 が故に、一度覚えて 危ういながらも出来てしまうと
 それが 自分の打撃の生命線、打撃ソノモノになってしまうので
 ソコから抜け出せなくなってしまいます。
video_Moment(5)video_Moment(6)video_Moment(7)







 ハミングバードでは それを『ヘッドを振る』、
 『シャフトやクラブを振る』 また 時として
 『クラブは下に振ってはダメ』 と啓蒙しています。

 からだの回転にした方が、クラブ姿勢、ヘッド姿勢を
 固定できる時間が長く取れるので
 安定度・再現性は高くなります。
 また、入り方が良くなり、こすっていた球も
 『つかまえられる』ようになりますし、
 実際、ゴルフクラブはそうする為に造られています

 年齢による運動性能の低下、疲れなどから
 腕力頼り、運動性能頼りの 手打ちに限界を感じている方が
 からだの回転での打撃に切り替える場合も、
 いっぺんに 100%をからだの回転にシフトするのは難しいです。
 徐々に、徐々に 回転の割合を 手のリリースから
 からだの回転に移していくのですが、
 その途中、何度も
 手のリリースが主導権を取るコトが顔を出すとは思いますけれど、
 クラブをボールに手で出さず、
 下側の領域に入れない方が
 弾道は圧倒的に美しい です。
 ですので ソコはめげずに頑張って頂きたいトコロなのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「逆に言うと ですね、
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s









 縦横 この赤い線よりも先の
 ボールをとらえるトコロ
 この線より ボール側、下側に振る部分、
 ココを 曲がった腕の伸ばし、リリース
 180度振るトコロを自分のショットの心臓部
 にしているんじゃありません❓❓
 ボールの方にヘッドを出す、だけでなく
 リリースで 下に振る部分も、です。」

質問「はい……。」

店長「うーーーーむ… って感じです。
 肝心要の部分が 意識的に手で振っている訳ですから
 ソコは残したいけど からだ回転で打ちたい は
 ミステリーゾーンの世界でw 不可能かもしれません。」
(イメージスイング
店長「よく聞かれる~言われるんですけど、
固定はしてないですけど
半ば半固定のような腕とクラブの状態で
からだの回転でボールを当てる、拾う、打つ ので
ソコを 手さばきで行うよりも
当然、感触は薄い です。
インパクトも ボヤッとした感じになります。

 インパクトの箇所、場所、時機もボヤッとしています。
 手さばきの方は 『インパクトはココだ!』 って感じが
 強いのでは無いか と思いますが、その感じ よく分かりません。

 ハンドリリースは ヘッドやクラブをフリーにするので
 ソレがボールという負荷・重さに当たれば
 その衝撃は結構なモノになると思います。」
002001







店長「想像して頂きたいんですが
 同じボールをとらえるにしても
〇クラブは固定して からだの回転でスライドして当てる のと
〇腕さばきで 回転させて打つ 
のでは
 衝撃の受け方も同じになりません。」

質問「でしょうね…。」
MVI_0581_Moment(5)MVI_0581_Moment(4)




店長「右打ちの人ですが、右腕を伸ばした時、右腕が伸ばされた時、
〇クラブ・シャフトを押してしまっているのか、
〇クラブを握った左グリップを押しているのか、

 実際、押しているか/押されているか
 どうかは微妙ですけれど
 結果として そう言う風な形になる。
 
 その差 と言ってもよく、
 自分でトライしてみると分かって来るかも知れませんが、
 当然、それによって グリップの関係、
 左右のグリップの密着度も変わって来ます。
 そこも 必然なんですね。

 ですので テークアウェイも完璧、トップもOK、
 ダウンスイングの半分まではOK
 であっても 肝心要の インパクトに入るリリース、
 腕を伸ばす で クラブをどうするのか
 で スイングの全体像は決まってしまう と言えます。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
 これは からだの回転で打てている人も
 スランプというか、不調に陥る大きな原因の一つで
 からだの回転そのものが足りない からなのか、
 リリースでクラブを振ってしまう、この場合は出してしまう、
 からなのか は場面や人によって異なりますけれど
 ものすごく簡単に 手振り の世界に足を踏み入れてしまいます。

 で、それはだいたいの場合、グリップに表れたり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手打ち、ハンドリリースから卒業するには
 どんな風にリリースするのが良いのですか❓」


店長「う〜ん ここは 正直、形だけ真似てもダメだと思います。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m19sDesktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s








 ハンドリリース、右腕を伸ばすコトで
 ボールの方にヘッドを出さなくなったとしても
 からだを廻していなければ それはソレで打てません。
 ボールに届きませんから。

 ですので からだが廻る、
 その向きを変える目的は グリップを移動させ、
 クラブを引き摺るコト…そう言うからだの回転が
 刷り込まれていかないと 馴染んでいかないと思うんですね。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 とは言うモノの 元凶は そのハンドリリース と言えるほど
 スイングを決定してしまう。。。
 まあ 打撃の肝の部分ですから そうなりますけど
 腕のリリース、伸ばし、伸ばされ は行いますけれど
 それはどうなるのが理想なのか は知っておいて良いでしょうね。」

質問「はい。」 

店長「いっぺんに 色々なコトは出来ませんから
 まずは イメージ みたいなトコロから始めてみましょう。
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m3s
ごく一般的なイメージだと思うんですが
ここからスイングを始めた場合、
そのゴールと言えば良いのか、
通過点と言えば良いのか、
ボールを当てる・打つのには
当り前 かも知れませんが

2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m3ここが イメージのインパクト
だと思うんですね。」

質問「ですねー。」

店長「しかし、これは
 からだの回転が『伴って
 ヘッドの方がボールの方へ
 グリップよりも前に出るんですね。

2021-12-13_17-06-22 - frame at 0mですので からだの回転『無し』の場合
シンプルな 腕の役割 としては
両腕を、右打ちの人の場合、右腕を伸ばした状態で
この内側をすり抜けるようにしないと・・・
この線を越えて クラブやヘッドを出してはダメ、
ココに板があっても それを叩かず すり抜けるよう
腕を伸ばさないといけないんですね。」

質問「これじゃあ 当たらない、打てない、届かない です。」

店長「正解です。
 それで良いんです✋

 だから からだの回転が必要 になります。

 コレを 腕を伸ばした、よく言うリリースした時、
 ボールに当たってしまうような そう言う形をイメージしていたら
 からだの回転 要らなくなっちゃうじゃないですか❓

 スイングにおける動作は
 必要なコトしか からだに刷り込まれていきません。

 手打ちを辞めて からだの回転で打ちたいんだとすると
 からだを廻さないと ボールに当てられない、当たらない、
 そういう手使いをして 必然 を造らないと
 単なる ボディターンの真似事、練習場でしか出来ないコト で
 終わってしまいます。


 これは横方向だけでなく、下方向に対しても同じ
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s
 この線よりも 下にヘッドを入れない。

 これじゃあ 届きませんから
 からだを廻す『しか』ない
 仕方なくからだを廻す、
 それが 手打ち でなく、 からだの回転で打つ
 おそらく 唯一の方法です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今は 訓練中ではありますけれど
 このお二人は その部分をトライされています。」



店長「昔から言ってはいるんですけれど
 右打ちですが 右腕を伸ばす、まあ 伸ばされるが理想ですが、
 左手を押す というか、
 腕が短くなっていると グリップの通る軌道は小さいですよね❓
 ✋ヘッドの軌道じゃないですよ。
 その軌道を 出来るだけ大きくする為、
 そして からだの回転の流れ(時間進行)から外れない為、
 右手を使っている のであって

 右手を伸ばすことで クラブを押してしまう、
 シャフトを廻してしまう、ヘッドを振ってしまう、
 まあ そうなると『ガチッとグリップした左手』が支点となって
 右腕のさばきだけでクラブを回転させるコト になってしまうので
 スイングの中の 回転 は それで終わり、
 からだの回転は スイングっぽく見せるための飾り
 になってしまいます。

 からだの回転に 動作としての役割が薄い ですので
 疲れてきたり、面倒になって来たりすると
 省かれてしまうのは当然ですし、
 打つコトの主エンジンじゃあないですから
 スイングとして身につかないのも 致し方ないですね。」

質問「・・・・ なるほど・・・・。」

店長「アバウトですけれど このポジジョンのまま
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m(イメージスイング
(イメージスイン







 からだを廻していく、
 腕は自然に伸びて グリップの描く弧が大きくなる、
 となると
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)インパクト前のクラブは
引きずるような、ヘッドは重たいですからね、
引きずられるような スライドして
インパクトに入ってくるわけです。

 それに比べると 右腕を伸ばすことで
413ヘッドをボールの方に出してしまう方は
クラブ半径の円を描いてしまうので
スライドして入ってくるモノに比べると
大きな弧。。。。 外から入ってくるコトになります。

 👉コレを 本来の意味での
 『アウトサイドから〜外から入ってくる』と言います。


 ですので ハンドリリースで 円弧を描いてしまう、
 その軌道そのものが 見た目として
 インから入ってこようが、そのまんま アウトから入ってこようが
 ハンドリリースで インパクト前に円弧を描いてしまうモノ
 それを 『アウトサイドから』 と言うんです。
445
 繰り返しになりますが、ハンドリリースで
 円弧を描いてしまっているモノを
 見た目、軌道として ボールの手前(自分側)から入れて来ても
 基本的な 問題の解決にはならないのです。」

質問「見た目の軌道じゃあ ないんですね?」


店長「はい。

 別な要素も入り込んでくるのですが、
 スライドして、引きずって からだの向きで入ってくる方は
 その言葉の通り からだの向きで入って来ますが、
 途中から 腕さばきで クラブを、ヘッドを、ボールの方に
 出してしまう ハンドリリースは前者に比べると
 その時機、タイミングが遅くなります。
 ハンドリリースはその特性上、からだの向き、リリースと
 順序が必要になるから、です。
 故に 全体の見た目としても
 『アウトサイドから』『アウトサイドイン』になり易いですが、
 本質的な問題としては
 その見た目の軌道は その方法に振った✋に過ぎず
 問題なのは 不要な『膨らみ』を造ってしまうコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
これから 書くことは あまり書きたくないんです。 
 動画を使っても、例え レッスンを直にしたとしても
 非常に伝わり難いコトを 言葉を使って…となると
 かなりの確率で伝えられない とは思うのですが…。


 まあ トライしてみます。」

質問「お願いします。」

店長「まあ 俗に言う『手打ち』が からだの回転に変わった人、
 一旦、覚えかかったんだけど 結局、『手打ち』に戻ってしまう人、
 色々やったけれど 『手打ち』から抜け出せない人、
 色々な方がいらっしゃいます。
 それぞれが悩みつつ、楽しんでいると良いのですが、
 なんとなく ですけれど 一番違いが感じられるのが

 『リリース』だと思うんですね。」

質問「リリース❓」

店長「時機で言いますと
 ダウンスイングの中頃からインパクトにかけて、
 動作で言いますと
 テークアウェイ、トップで
 右打ちの人であれば 短くした右腕を
 伸ばしていく行為(理想は伸ばされていく行為)です。
(イメージスイン
 人によっては 切り返しから リリース、
 クラブを解いちゃう人もいますけど
 だいたいのケースは ダウンスイングの中頃~インパクト直前です。


 ここが 手打ちになるリリース と
 からだの回転で打てるリリース を造り出す、
 別れてしまうんだと思います。


 で、実際には からだの回転で打てている人 であっても
 からだの向きを変える って
 からだと言う大きなモノを 動かすので
 疲れてきたり、面倒くさくなってくると
 横着してしまう、と言うのか 手打ちになるリリースになってしまう、
 と言うケースも多々、多々 あります。

 なんか 今日、上手く行かないな って言うのは
 だいたい ソレ だったりします。」

質問「具体的にはどんな違い なんですか❓」
(イメージスイン
店長「画像のココ からですね。
(イメージスイング
 右腕を伸ばすコトによって
 ヘッドをボールの方に出してしまうか、出さないか、
 の違いです。」

質問「…出さないと 当たらない・打てない んじゃないです❓」

店長「はい、出します…出ますけれど
 それは からだの向きの仕事 であって
 腕のリリースの仕事 ではありません
。」

質問「!!!!!!!」

店長「ソコを 腕を伸ばすことで
 ヘッドをグリップよりもボールの方に出してしまう、
 円を描く行為をしてしまうと
 からだの回転の仕事を奪ってしまいます


 からだの回転が要らなくなっちゃうんですね。

 逆に 腕のリリースで円を描いていますから
 更に からだの回転で円を描くと 二重の円に成っちゃいますから
 思う通りの当たり方がし辛くなるので、
 多くの場合、左サイドの壁 と思って 左側が止まってしまいます。

 スイングの伸び上がりの多くは その止まってしまう左サイド
 に対し 押してくる右側の圧力を 上に逃がしているに過ぎません。

 そこで 腕を伸ばして 円を描くのも
 からだの向きを変えて 円を描くのも
 どちらも回転ではありますけれど
 腕を伸ばして 円を描く場合、止まるという逆の動作もあります。
 フェースの向きやロフトが その円具合で
 どんどん変わりますから、からだの向きで行うのに比べ
 断然、安定度・再現性は下がります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイングの中頃 までは だいたい OK の人であっても
 インパクト直前の このリリースがある限り、
 絶対に 手打ちから逃れられない

  打てなくなっちゃいますからね。

 からだの回転で行っている人であっても
 ゴルフクラブって 長い棒で先が重たい構造ですので
 1cmでも ヘッドをボールの方に出してしまうと
 その運動は増幅していくばかりで
 下手に からだの回転もしている習慣があるので
 二重の回転になってしまいますから 当たらなくなります。」

質問「衝撃的…です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で打つに移行するにあたって
 幾つか 注意点があります。

 スイングは円弧になるんですが、
 ヘッド部分は その外周にあたる部分なので
 ヘッドを多く
動かすのか』と言うと 答えは NO です。


 テークアウェイ時に
 ヘッドを多く動かす は イコール
 フェースを開くコトにつながりますので
 後々 それの修正 を「手でしなくてならなくなる」ので
 手打ちに逆戻りします。
会田20210701_Moment
 円弧と考えずに
 からだの向きで移動するグリップの その移動量、
 そして ヘッドの移動量をよく考えておく必要があります。
 基本は ヘッドの移動量はグリップの移動量とイコールです。


 また テークアウェイ時の体重移動ですが、
 肩で廻る・胴体をひねる と
 骨盤で廻る では若干異なりますが、
 右を向く は 時間によって
 自分にとっての右の方向が変わって行く
 と言うのを念頭においてください。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment



 アドレス時の右は 自分にとっての右 ですが、
 テークアウェイのゴールの右 は
 アドレス時で言う背後 になります。
 ボールから離れていく方向ですね。

 ボールから離れろ とは言いませんが、
 テークアウェイ、トップの位置で
 少なくとも ボールに近づく というのは
 正しく 右向きが取れていない のと同じです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment
 コレも 比喩表現で 実際にしろ と言う意味ではありませんが、
 ドライバーのインパクト時の衝撃、重さは
 成人男性のソレ では 1トン近くになります。
 ボールに離れながら ソレを受けるのと
 ボールに近づきながら ソレを受けるのでは
 受け止められるチカラも相当違うように感じます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ボールからいったん離れて
 近づきながら インパクトを迎えるのと
 ボールにいったん近づき
 離れながら インパクトを迎えるのでは
 どちらが強く受け止められるかは かなり違うと思います。

 沈み込みながらインパクト とまでは思いませんが、
 テークアウェイでいったん離れたように見える状態から
 ダウンスイングで 元の距離間に戻る のが
 そう見えるのは すごく自然なコトだ と思います。


 最近では 伸び上がりながら… 地面を蹴って…
 地面反力なんて言葉がレッスン界では聞かれたりしますが、
 そう言う打ち方も有るとは思いますが、
 50歳を超えるようなアマチュアが参考に出来る部分は
 多くないと思います。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

 また、ドライバーは ティーアップしていますから
 その分、インパクトポイントが左(右打ち)、
 地面のボールを打つよりも 時期が後、遅い のです。
 つまり その分、左を向き始めている、向き掛かっている
 タイミングに属するのですから
 結果、あくまでも結果としてですが アッパー気味になります。
 それを理解しておく必要があるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング全般も含め 右向きが足らなくなってしまう、
 からだの回転力が利用出来ない、
 からだの向き変更不足に陥る、
 そうなると 『手で振らざるを得ない』
 『手さばきで円弧を造らざるを得ない』事態に陥ります。
R

 好きで手で振っている人を除き、
  …今は 手で振るコトを公に奨める教えもありますが…。
 だいたいの場合、手で振らなければ打てない、
 ボールに当てられない状況に陥る のが現状だと思います。

 ラウンド中、緊張感の伴う場面や疲れてきた時など
 そういう状況は多発すると思うのです。」

質問「ですねー。」

店長「ですので まずは
 からだの回転 は 肩でまわる と思っている方は
 自分の思う からだの回転が本当にからだの回転なのか
 要するに 肩のある胸、胴体が向きを変えているのか、
 それとも胸や胴体は動かず、肩〜肩甲骨〜腕 だけが
 動いているのが 本当の自分の回転なのか を
 ちゃんと認識・識別する必要があると思います。

 コレ 予想以上に多いケース だと思いますね。」

質問「自分ではからだを廻している と思っているのに
 実際には 腕だけで行っているのですからね。」

〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ201808_Slomo_Moment〇肩を廻せ_Moment(2)







店長「はい。肩は位置としては 上半身の中にありますが、
 独自に動くコトの出来る 腕の一部です。

 そのケースでは 右向きを増やしても
 腕で動かしてしまっている、移動させてしまっている量は
 変わらないですから 腕で5 からだで2 動かしているのが
 腕で10 からだで4 になっただけで
 その多く 手さばきで動かしてしまっているズレ分、差分は
 手さばきで解消しないと。。。
 つまり ボールを打つところは手でさばかないと
 ボールに当たらない、打てない訳ですから
 一番始めの 肩を廻す、ちゃんと肩を廻す を
 修正しておかないと 永遠に続く追いかけっこになります。
〇肩を廻せ_Moment
 で、本当の意味での肩を廻す、胴体をひねる は
 ちゃんとやってみると すごい『キツイ』んですね。
 胴体をひねる んですから。

 普段、ほとんどしない 自発的な胴体のひねり は
 かなり 年齢や運動性能に左右されます。
 そこは 頑張って訓練するか、
 いっそのコト、もう少し楽な 骨盤の回転に移行するか、
 どちらか だと思いますね。」

質問「骨盤の回転の方が楽ですか❓」

店長「と思います。股関節は 立って、歩いている限り
 関節として ボールジョイント的な機能も持っているので
 そう言う機能の無い 背中・胴体をひねるよりは
 ずっと恐怖感は無いと思います。
 勿論 機能的にも可動域は十分ありますし。

 背骨や胴体はひねることに対する耐性はあっても
 ひねること自体は機能にありません。
 よって 無理にひねろうとすると
 腕やクラブを横に振って 誘導・先導するコトになり易い。

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment






 もしかすると ちゃんと肩を廻す の間違い も
 ソコから発生している可能性があります。
 ・・・正直なところでは ある年齢を越えたら
 胴体をひねるのはキツイかな、ソレにトライすると
 結局、手で上げて 手で振るに収まっちゃうかな とも思います。

 胴体をひねる は
 その行為自体 無理があるので
 どうしても それを誘発するための
 『勢い』が必要になり易い・・・。
 それが クラブや腕振り につながる。
 で、あれば 脚と言う動力源の有る
 勢いの要らない 骨盤の回転の方が量も確保し易いし、
 安定してし易いと思うんです。

 ですので どうせ変えるんであれば
 骨盤の回転に移行するコトを私は勧めます。

 ま、それでも 腕を振ってしまうのは
 出来るだけ 無くす方向に意識をしておかないと
 ズレは解消しないですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ