◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2023年01月


ハミングバードのブログ等を読むと
「クラブを振るな」
「ヘッドを振るな」
「シャフトを振るな」

と しつこい程書かれています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
一般的な感覚(ゴルフの)のゴルファーが
それを見ると
「振らなくちゃ打てないじゃん」
「振らなくちゃ飛ばないじゃん」
「なに言ってるの? 意味不明…。」

ってコトになると思います。 


では 具体的に
どういうのが振る で
どういうのが振らないのか

理解できる人には 結構衝撃があるかも…です

シャフトを振る
クラブを振る
ヘッドを振る
 というのが 俗に言う「手打ち」で
シャフトを振らない
クラブを振らない
ヘッドを振らない
 が からだの回転で というコトになります。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)





胴体、とクラブの
   (この角度 …坊主頭の上から見た時)

体とシャフト・クラブの角度 です。
 からだ・胴体は赤線  クラブ・シャフトは黄色線
アプローチのような状態も
フルショットのような状態も
クラブが立っている(ヘッドの方が高くなっている)場合も
そうでない場合も
 この角度はだいたい同じ 似ています。

何度も説明していますが、
クラブは極端に棒の先に重さ があるので
自分が向きを変えるコト、によってグリップを移動させ
シャフトでつながっている ヘッドは
その重さの分、グリップよりもターン(角度運動)しません。

【POINT】 グリップをヘッドが追い越す ように見えるのは

打撃〜インパクトが終わり、
動作、体の向きの変更が終息しはじめ 減速する、
クラブ、ヘッドには慣性が付いているので
グリップに追いつき、追い越している ように見えますが、
それは打ってからの 「おまけ」 の動きで
その動きで打つコトではありません。
    それは打撃のおまけです。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)






ヘッドがグリップを追い越すコトは
原動力である からだの向きの変更 や
グリップの移動が停止、減速 しない限り
物理的に発生しません。

逆を言えば からだの向きの変更、
それに伴うグリップの移動を止めれば 追いつき/追い越し
は発生しますが、クラブヘッドはその構造上、
ロフトやフェースの向きは かなり過激に変化します。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






この写真撮影時は 速度が遅いので
打ち終わったポジションでも
グリップをヘッドが追い付き、追い越すほどの
慣性は付いていません。

通常のショットのトップの位置では
シャフトが立っていても(地面に垂直に近い状態)
そうでなくても
からだ(骨盤〜肩) と シャフト(クラブ)の角度は
狭い方で60度位、広い方で120度
右打ちの人で 右側の角度は60度位
 です。
(角度 何度は気にする必要はありません)

打ち終わってから
体の向きの変更、それに伴うグリップの移動 が
減速、終息に向かうまでは
この角度は ドンドン詰まります。
意図的 で無い限り
 この 狭い方の 60度の方の角度は
運動、速度に応じて 狭まるコトはあっても
広がることは物理的に起こりえません。
運動でヘッドの重量が増える分、その角度は狭まります。

よく言われる ハンドファースト のような
インパクトは 技術 ではなく
単なる物理現象 です。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)





で、よく スイングは丸く振る と言われますが
この角度 → 胴体とシャフトの角度 が
変わるのではなく 土台である からだの向きが変わるから
円を描くのであって
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(2)






からだの回転 や グリップの移動を減速、停止させ
こう振るのではありません。

#シャフトを振る のではなく
 シャフトを持った 自分が回るのです。


もう一度書きますが、
インパクト以降、打ち終わってからは
動作、からだの回転に伴うグリップの移動が減速、
終息に向かうので
慣性の付いた クラブやヘッドに グリップが追いつかれ
追い越されることもあります。
それを無理やり 止めるのは危険 です。
ですが それは スイングのおまけ、惰性 です。
『打ち終わって』からの 現象 です


その「おまけ」 を 打撃にしているのが
俗に言う 手打ち です。

いまや そのおまけ打法が蔓延しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「実際に ボールを『転がして』みると分かるんですが、
 直線的にクラブを移動させる方は
 その移動の速度が距離感です。
〇ハンドターン18s
 一方、グリップ軸にクラブを回転させる方は
 どうしても インパクト、直前直後に
 ヘッドを回転させる為…なのか 変な加速が追加される
 フェースが開いているから 本能的に反応しちゃうのかも
 知れませんけれど。。。
 ですので そこまで動かしてきた速度と
 最後に変な加速が入るので
 運動のスピード感が一定し難い
 距離感とヘッドスピードの一致が難しい と感じるんですね。」

質問「確かに…。 やってみると分かります。」

店長「そして なんと言っても
 手前をダフる、歯に当たる と言うミスの頻度が高い、
 まあ 弧が下に膨らむコトになる のですから
 仕方ないと言えば仕方ないんですけど、
 ソレが故に その追加加速が強くなり易い。
 地面の上 という2次元上で
 下に膨らむ3次元を処理するとなると
 実は 複雑な工程があるんだと思います。」

質問「言われてみると そうですねー。」

店長「それが ほどほど高さを取るアプローチだとしても
 基本は 全番手、パターのストロークと似た感じ
 打ち出すボールの速度と運動量なり、ヘッドスピードなりを
 一致させるコトが 距離感の刷り込み だと思うんです。

 ですので 管理しきれない インパクト加速があり
 それには ミスの可能性も含まれる、
 そういう クラブさばきは避けるべき、
 運動神経というか、運動性能に自信のある年齢の時はいいですけど
 やっぱり 歳を取ってくるとソコ、難しいと思うんです。」

質問「ミスの可能性が高く、距離感も掴みにくい
 良いトコロはないんですね・・・。


 で、ヘッドを振っていないけど 飛ぶんですか❓

店長「気持ちは分かります。
 インパクト直前で ブンっとヘッドを振った方が、
 ヘッドの加速をリリースした方が 『飛ぶ気』はしますよね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 動画のショットを見比べて
 出球、ボールの飛び出し方が異なりますよね。」

質問「ですねー。」

店長「クラブを、ヘッドを回転させる方は
 ポコンと上に飛び出す感じ ですが、
 クラブを引き摺る方は 前に飛び出す感じ になりますよね。」

質問「はい。」

店長「これが こすっているか、つかまっているか、
 の違いになります。 結構、重要なポイント
 です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











 ヘッドスピードには大きな違いはありませんが、
 回転させる方は どうしても緩い角度で入って来て
 進入時のロフトは多め
になります。
 球体のボールがフェース上部に逃げる感じになります。
 それに比べると クラブを引き摺る方は
 同じクラブなんですけど 締まった(少ない)ロフト で
 やや上目から入って来ます
ので
 球体の逃げ場が少ないので 前に逃げる
 ヘッドスピードに違いが無いのなら
 飛距離、出せる距離の差は明白なんじゃないですかね。

 『振った』気分は兎も角、
 ヘッドを振る方が 5msも速く振れるのなら…
 ですけれど。

 で、アプローチに関して言えば
 ヘッドを振る、クラブを振るスイングの方が
 同じ距離を打つんでも、大きなスイング、速いスイングが
 必要になる、というコトになります。
 それも ミスの確率を上げちゃう
 んじゃないですかね。」

質問「アプローチが上手く成らないトコロは
 そういうコトなんですね。」


店長「そう言う可能性は否めないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




質問「今日は どうしても手打ちを治したくて 練習に来ました。」

店長「いらっしゃい。
 そりゃ また どうして❓ ですか。」

質問「歳を取って 飛ばなくなってきた、だけじゃなくて
 球筋もより安定しなくなってきたし
 アプローチも一向に良くならず、スコアもどんどん悪くなる、
 ここらへんで 心機一転して やらないと…と思って。」


店長「あああああ
 そうですね。 手打ち・フェースローテーションで打つのには
 どうしても 腕力が必要です。
 スピード、飛距離じゃなくて
 同じことを繰り返せるのも やっぱり腕力次第ですので
 若い人、チカラのある人専用の打ち方 と言っても良いですね。」

質問「そうですよね。」

店長「深いテーマなので いつものコトですが、話は長くなります。
 飛距離 の話しは後回しにして
 手打ちって スピードで誤魔化せない アプローチショットに
 どうしても顕著に出てしまうんですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s

 ドライバーがOBしないって言うのもありますけど、
 やっぱり アプローチはスコアに直結しますから
 出来れば早い内、…年齢ってことですね、 
 手打ち からは脱却、卒業した方が良いです。」

質問「はい。」

店長「どうして 手打ちになっちゃうのか の話しは
 のち(別記事)ほどしますけれど
 まず 手打ちがどうしてアプローチに適さない のか
 どうして 上手く行く確率が上がり難い のか
 を説明します。

 地面に置いたボールを
 ヘッドを地面から上げないで、地面をこするように打つ
 と言う条件で
〇ヘッド・クラブを回転する打ち方 と
〇ヘッドを引き摺る グリップを動かして
 ヘッド姿勢・クラブ姿勢を変えない打ち方 を 比較します。

 まあ 答えは明白ですけどね。

 ショットって 力加減・ヘッドスピードが同じでも
 ものすごく色んな球が出ちゃいます。
 アプローチで使うのは だいたいのケース
 ロフトの大きいクラブ、そして 長さの短いクラブ なので
 より それは激しい、
 より 色んな球が出易いんですね。

 そう言った意味でも ロフトの立った
 例えばパター(ロフト3.4度)であったり
 7番アイアンであったり、8番アイアンで 打てるのなら
 そちらを使った方が ミスの幅というか、ミスの種類は少ないです。
〇ハンドターン16s
〇シャフトやヘッドを回転する打ち方
 もしくは ヘッド軌道の円弧が小さくなり易い打ち方 ですと
 当たり前ですけれど 色々なヘッド姿勢、フェースの向きだけでなく
 ロフトの角度も 色々な状態で当たる可能性があります。
〇ハンドターン17s
〇一方、クラブ姿勢を変えず、ヘッドを引き摺る
 そう言う打ち方ですと インパクトのポイントが
 前後に何センチかズレた としても
 姿勢が大きく変わっていませんから 差が出にくい

 何センチは行けるかも ですが
 私たちは機械ではないので 何ミリはズレます。
 そうなった時、ヘッドを回転、クラブを回転させる方は
 そのズレがそのまま 弾道・球筋の違いに表れます。
〇ハンドターン18s
 そして その弾道や球筋の違いは 距離の差・距離の違い にも
 なってしまうので 同じヘッドスピードで打っている『つもり』
 だとしても 何ミリの違いで距離が変わってしまいます。
 からだの感覚として 距離感が刷り込まれ難い んですね。

 前者は弧、円ですが、後者は直線的です。
 これは 地面の上でヘッドを這わせる の2次元の話しですが、
 ショットは当然 立体、3次元ですので
 その円弧、脹らみは 上にも、下にも増えます。
 ですので 手打ち・フェースローテーション、
 円弧の小さくなる振り方の方が
 ダふったり、トップしたりの可能性も高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは ご使用のお客様のレポートを…

昨日ラウンドしてきまして

練習グリーンから感触がよかったのですが

コースではかなり良く、カラーからも非常に構えやすく

チップインバーディーも2度

グリーン上でもロングパットの距離感もまずまず

(この辺りは腕前が悪いのですが・・・)

ミドルパットも思った距離感で打て

ショートパットは一度も外さないで

上り下り横からといったラインも全体に非常によく

いつも行くゴルフ仲間からはパッティングが別人になったと

笑われるくらいでした

苦手意識の塊でストレスであったパッティングが楽しくなってきて
スコアも〇〇とよかったのでとてもいいパターをありがとうございました
と嬉しくなりご報告までに(笑)



 😊 😊 😊 😊


パッティングには こんなデータもあります。

PGAプロのストロークを調査、すると
平均して 3.5度の入射角度
 上から ってことですね、
 
✋これはあくまでも参考データ…ですが、
 入射角度3.5度は LPGA選手の 7番ウッド の
 入射角度に相当します。
IMG_1386

あくまでも平均値、ですが
 パター、用具の方ですね の
👉平均的なロフト が 4度 
 合点がいく部分が多いです。

4度のロフト角度が備わっているパターを
 4度弱の入射角度(進入角度)で使う
 というコトは 実インパクト時は
 おおよそ 0度のロフトで打つコト になります。


先日の 転がり の話しの延長で
 打つ距離 に対して 出来るだけ少ない回転で済む
 転がりが ボールの減速が緩く、
 芝や傾斜などの影響も薄く、
 思った通りのラインに乗り易い

と言う話を合致していると思います。


弊社の ブリストルパター や デール9を使ったお客様の感想に
〇今までよりも ラインが、ボールの転がりが
 より直線的になる、曲がりが少ない、
〇出球のボールが速くないのに 遠くに到達する
 ゆっくり転がるのに カップまで届く

と言うのが少なくないのですが、
まさに 良い転がり を体験されているのだと思います。
L型ブリストルパター_Moment(2)

シャフトの柔らかさ は ヘッドの入射角度を作りだしますので
シャフトをしなり戻して弾く ではなく
しなり戻る前に当てる、しなり戻りが起こらないように動かす、
のが 良いかと思います。

逆に パターの転がりが 伸びない、減速する、
カップ際で曲がりが大きい で悩む方は
出来るだけ 重めのヘッド、柔らかめのシャフト、
重心が高め、浅め のモノ に換えてみるといいのでは❓
IMG_1425

流行り…の 大きなサイズのマレットパターは
 重心が深くなっているので
 フォローが出易い 👉ヘッドが前に出易い
 のが 売り です✋✋✋ それが故に
 ヘッドの入射角度が緩く、ロフトが付いてしまう、
 アッパー気味に入ってしまう、
 歯気味で打ってしまう、
 コトになり易いですから ご注意を😵

 慣性モーメント…ミスヒットに対する耐性は
 ヘッド重量が軽いので 見た目ほどありません。
 メーカーも重いヘッドが良い。。。
 と言うのは知っていますから ヘッドは増量傾向にあります。
 現在の市販パターは 350g 位まで増えてきています。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ライ角度やロフト角度など
調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。
005
ボールがつかまらないや
左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、
軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。
1セット 調整だけなら30分もかかりません。

ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい
とは限りません。


ご依頼の際は
✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに
 単に ライ角度・ロフト角度を指定して下さるか
✋スイングも含め、クラブ診断をして
 その症状を取り去る原因を見つける方がよいか
正直におっしゃって下さると助かります。



ご本人が上手く打ててない なんて言いません。
私達は アマチュア…言葉悪く言えば 素人ですから、
上手く打てないのはある意味、当然。

そうでなく、
『つかまらない』
『ひっかかる』
『ボールが上がりすぎる』
『ボールが上がらない』

などの原因は もう少し複合的な要素で生まれます。
IMG_NEW
スイング、クラブの扱い方との兼ね合いもありますが、
ライ角度やロフト角度は
『使う方の体力』や
『装着されているシャフトの硬さ』
『ヘッドの重さ』
と『ロフト角度やライ角度』

の兼ね合いになります。
   特に シャフトの硬さは一番比重が重いですね…。

ライ角度の調整が有効な場合は
ソールの傷の位置 (ヒール〜トゥ方向) と
フェース面上のボール痕(ヒール〜トゥ方向) が
一致している場合のみです。
001
ソールの傷は トゥ側にあるのに
フェース面上の打点(打痕)がヒールにある場合など
ライ角度を プラスマイナス2度調整しても
ほぼ何も効果はありません。

また ライ角度はロフトの立ったモノに対しては
あまり出球の左右方向への影響は大きくなく
30度よりも立ったロフトの場合、
2度程度の変化では 方向を左右しません。
45度よりも寝た、大きなロフトの場合
ライ角度の方向への影響はかなり大きいです。

で、困ったことに市販のアイアンセットは
全体の中で ウエッヂのシャフトが硬めのことが多く
シャフトの硬さの流れ、セットとしての流れが
崩れていることがとても多いことです。

doraiba
ライ角度は使う方のヘッドスピードと
シャフトの硬さに非常に左右されます。

硬いシャフトを使う場合は
 やや寝た…数値の小さいモノでも使えますが
柔らかめのシャフトを使う場合は
 やや立ち目、アップライトな方が使い勝手は良いです。

ですが、ライ角度は使ううちに
そのライ角度に応じて 無意識に、そこそこ時間をかけて
ボールとの距離を変えたり
構え方が変えてしまう、変わってしまうこともあるので
フラットにすれば、アップライトにすれば
万事解決するモノでもありません。


と 同時に
 硬いシャフトを自分からしならせて使うように成れば
 また話は変わってきます。
やはり 使うのは人間なんだ というコトです。


また ロフトに関しては
ボールを立てる調整に関しては
ロフトを立てると それと同量バンス角度が減ります。
ロフトを寝かして打つ傾向のある方や
煽り打ちが多い方などは
数値としてのロフトが立っても
 実質使用ロフトは変わらなくなるので
調整の意味はありません。

ロフトに関しても、ライに関しても
まあ、例外がない と言って良いほど
調整が必要な方は キツイスペック
要するに 硬くて使いきれていないシャフトを使っています。

厳しい言い方ですが、ライ角度には疑問を抱くのに
シャフトの硬さには疑問を抱かない というコトの方が
問題を深くすると「わたしは」感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日練習場で、
トップからクラブ姿勢をそのままグリップを
体の近くに落とすシャドウスイングを
繰り返していたときのこと(刷毛塗りの練習?)。
〇からだの回転〜

なんか突然、クラブヘッドをグリップの高さ
(少なくても膝くらいの高さ)より落としたら
絶対にボールがコンタクトする前に地面を打ちそうな感覚に襲われて、
「ここがインパクト」の位置あたりからグリップだけ飛球線側に低く出し
ヘッドは膝より下げないで回るようにやっているとですね、
いきなり来ました。


 インパクト付近でヘッドが勝手に急激に下がって
ボールを捕まえていきました。
これなら、絶対にダフリなんかないわという捕まり方。
初めての感覚。


 入門したてのの頃もこういう練習は結構やったんだけど、
その頃は刷毛塗りに加えてヘッドを前(目標側)に出す動きも
同時にやっていたのでうまくいかなかったのですね多分。
なんせヘッドがグリップより前に出ていることを
実感したのは最近なので。

今回の打ち方をするには、
右手のグリップも返すことで
打つ必要がないような握り方をしないと
ダメだということも見えてきました。

20231180m8

でも、皆様に安心(?)していただきたいのは、
翌日以降、いまいちこれが再現できなくなっているんですよね。

グリップが目標方向にかなり低く、
かつヘッドより先に進んでいた感覚が残りすぎなのか、
なんかちょっと違うんですね。


長くなりましたが結論。
再び、練習して聖地(HBS)を訪問したい
という意欲が湧いてきました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「弾道の高さ を考える時に
 知っておかなくてはいけないコトがあります。
 これを理解していないと 高さ・低さ で悩みが発生した時、
 対処の方法を間違ってしまうコトがあります。」

質問「なんでしょう❓」

店長「ドライバーからサンドウエッジまで
 そのクラブで到達できる距離のマックスを打った場合、
 フルショットと言えば良いでしょうか、
 ドライバーからサンドウエッジまで
 実は どのクラブも到達する高さ『最高到達点』は
 同じ
なんです。」
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
質問「ええええ! なんか意外です。」

店長「ですよねー。
 なんかイメージからすると それぞれ違いそうな
 そんなイメージがありますよね。

 ✋ただし その最高到達点には違いがあります。

 当然、番手によって飛ぶ距離は異なりますが、
 その届く距離を 数値の100 とした場合、
〇クラブの長さの長いモノほど 最高到達点は手前
 まあ 真ん中位 50〜60 ってトコロでしょうか
〇クラブの長さの短いモノほど 最高到達点は奥、
 ボールが着地するポイントの方 100に近いトコロ
 80〜90の箇所が一番高いトコロになります。
iron-shot-green

 ドライバーはおわん型の弾道
 アイアン・ウエッジは直角三角形の定規って感じの弾道になります。
 ゴルフクラブの よく考えられた部分 ですね。

 ボールの最高到達点はどの番手も同じ ですが、
 その箇所・割合は クラブの長さ、言うなれば
 ヘッドの入ってくるアタックアングル・入射角度によって異なって来ます


 もし 良ければ、練習場で時間がある時に
 アイアンを 8番.9番.PW.SW と順に打って頂きたいのです。
 PWとSWはほぼ同じ長さですが、
 番手が下がって来て 長さが短くなった時の
 最高到達点の割合具合 を見て欲しいのです。
 当然、一番長さの短い PW・SWは
 高くなるのが一番奥、着弾点の近く になる筈なのですが
 ドライバーなどのアッパーが過ぎてしまって
 ボールの浮力が足らないタイプの方は
 ウエッジでも ドライバーの縮小版のような弾道、
 高くなるトコロが 真ん中位 になっている可能性があります。

 ですので その最高到達点・一番高くなるトコロを奥になるよう
 練習して頂き、そのフィーリングでドライバーを
 打って貰いたいのです。

 練習場の球ですので スピンの維持時間はやや短めになってしまいますが
 その練習を経て 打つドライバーは弾道が違うと思います。
ph01_15

 良く言われる 「上から打て」 そんな意識ではなく
 そのクラブの長さなり、長さの違いなり 打って頂いた方が
 クラブの機能は利用し易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールが上がらない、スピンが足らない、
 浮力が足りない のベースには
 『振り遅れ』が隠れている可能性があります。」

質問「振り遅れ…。」

店長「ゴルフクラブは長い棒で 先端にヘッドと言う
 重さが付いていますから、グリップに対してヘッドは遅れます。
 それは OK✊ です。
 そう言う構造ですから。

 その遅れは ロフトの立ちに転用するコトが可能です。

 ですので 遅れを取り戻す のではなく
 遅れたまま打ってしまえば良いだけです。
 それが世に言う ハンドファースト ですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 クラブには勢いが付いていますから
 打った後、インパクト後、その遅れは戻ったように、
 場合によっては ヘッドが追い抜くこともあるでしょう。
 しかし、そこが 打撃のメインではなく、
 オマケとは言いませんが、からだを傷めない為にも
 事後処理としてはアリ です。


 しかし、動きの原動力である からだの向きに対し、
 腕までも…多少は良いと思うんですけど
 大きく遅れてしまうと からだに対して腕が…
 腕に対してクラブが … 二重の遅れになっちゃいます。

 これでは クラブは開く、フェースもロフトも開きますから
 インパクトで待って ヘッドに追いつかせないと
 スライスやこすった当たりで あまりに飛ばない。。。
会田20210701_Moment
 多くの場合、〇インパクトで待つ
 〇ボールをカラダの正面で待つ
 〇ヘッドがグリップを追い越す
 の
 基準点になるのは 右打ちの人の場合、左ひじ、左上腕です。
 
 そこが止まってしまう。。。
 
 この場合は『意志を持って止めている』んですが、
 これによって 肘から先が跳ねあがってしまう、
 ボールの上がらない仕組みはこんな感じですが、
 ココのヘッドの疾走感 良く言う『ヘッドが走る』『クラブが走る』
 ロースピン・浮力不足を生んでしまっています。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 現在ではなく、自分の過去のショットやスイングの歴史が
 そうさせている可能性がある訳ですね。」

質問「どうすれば…」

店長「ドライバーでは辛いでしょうから
 アプローチとか、短い距離のショット で
 からだを廻したときに
 左上腕、左ひじが上がる 回転の仕方、
 からだの回転と腕の関係を造りたい です。

 『脇が空く』とか考えずに
 左上腕があがる、肘が高くなる、
 そう言うフォローを心がけて下さい。


 振り遅れ…多少は良いですけど、
 からだの回転に対して 腕が大きく遅れてしまうと
 左上腕は上げられません。
 上げたら ボールが打てない です。

 腕を先に降ろせ とは言いませんが、
 どういう風な からだと腕の関係を造ると
 からだの向き通りに 腕が大きく遅れないか、、、

 全員ではなく、ヒトによって ですけれど
 トップ、切り返し、ダウンスイング初動で
 腕、特に左腕上腕(右打ち)ですけれど
 『下げる』『降ろす』ではなく、
 初っ端から『上げる』と考えても良いかも…です。」
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
質問「ええええ!
 ソレで打てる、当たるんですか❓」


店長「全員じゃないでしょうけど、
 当たる、普通に打てると思いますよ。

 上げようとすると からだの回転に伴って、
 一旦、下げる方向に動かないと 上げられないですから。

 腕を振る、というより からだの回転で
 どう腕を移動させるか と考えては欲しいですけれど。
 ✋腕の話しをすると 腕自身をどう動かす にばかり
 アタマ・考えが行き易いので注意が必要です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「少なくない人が
 スイングの『最下点』と言う意識や
 トップしたり、ダふったり と言う意識があるので
 グリップ "も" 一番低くなったところが インパクト
 インパクトは『からだの正面だから』 そこで『待つ』
 のような意識があるんじゃないか、と思うんですね。」

質問「です✋です✋」

店長「コレには スライス防止 って意図も有ったりしますが、
 多くの方、アマチュアのスイングを見ていると
 インパクト付近で 右打ちで言う左上腕が止まる、と言うか

 『止めてます✊』 意図的に!
202252_Moment
 インパクト時の、左脇の締まり、左上半身の絞り、

 みたいのが 正しいインパクトの目安 になっているんじゃないか、
 と思うんですね。」

質問「はい。はい。」

店長「トップの位置から ダウンスイングで
 前ナラエのように 高くなっていた左上腕が下がる、
 そのまま行けば、同じように『上がっていく筈』…なのですが、
 ソコで止まる、上がらなくなる、 と
 左ひじを支点として 肘から先、
 前腕とクラブが急激にターンしたり、

 上がらないの場合では
 急激に、今までの軌道と異なり、急な角度で上がります。

 ヘッドは返して打つモノ として
 ゴルフスイングを覚えてきた人は
 この『左脇の締まり』『左上半身の絞り』
 スイング習得・レベルアップのヒトツの
 関所 だったのかも知れません。


 急激なターンが起こりますので
 スライス防止としては有効だったのだと思います。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)
 スイングは 上げる下げる ではなく、
 からだの向きと前傾姿勢があるので
 基本的には グリップも、ヘッドも、高くなり、
 低くなって、また、高くなりますが、
 それは 向きを変えるから であって
 そこで 左上腕を止めてしまうと
 スイング、クラブターンの支点が 左ひじになってしまいます。
 半径が小さくなるってコト ですね。

 また 動かしてきたモノを
 止めて、その反動で打つ ような形になるので
 先端の重さ・ヘッドの重さの効果が 悪い形で発揮されます。

 その分、急激にヘッドも上がりますし、
 同じく フェース・ロフトも上も向きます。
(腕とクラブはLOCKんロール 2022523_Moment
 フェースが上を向くと 見た目のロフトは増えますが、
 軌道そのものが上に向かっているので
 ボールに与えるスピン効果は減ります。

 弾道で言うと 打ち出しは高くなりますが、
 スピンの量そのものは かなり劇的に減ります。

 コレが ボールが上がらない の正体 でしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ボールが上がらない原因は
 あおり打ちというか、
 ヘッド軌道の問題なのですね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
店長「そうですね。

 ボールの上がり、スピン量共に
 ヘッドスピードと…比例とまでは言いませんが、
 関係しています。
 確かに ドライバーヘッド、
 最近のモノは かなりスピン抑制傾向が強い ですが、
 一般的なロフト 10〜10.5〜11度辺りであれば
 ヘッドスピードが 33msを下回らない限り、
 問題は無いと思います。


 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか、
 左右の軌道ではなく(関係はしていますが…)
 入射角度・アタックアングル などの
 上下の軌道が問題です。


 ちょっと前置きになっちゃいますが…、
 これは 決して あおって、上に振れ と言う意味で無く
 単なる知識、あくまでも知識として知っておいて欲しいのですが、
 ドライバーに限らず、特殊なショットを除く
 ほとんどの普通のショットは
 ヘッドの軌道ではなく
 『グリップの軌道』ですが、
 上り際👆、グリップが高くなり始めたトコロ
 で
 左を向き始めたトコロで インパクトを迎えます。」
flat-spot-hand-path2 (1)
質問「え?! そうなんですか?!
 グリップも、ヘッドも 下がり軌道なんだと思っていました。」

店長「ですよね。
 決して 上に向かって あおって振れ
 と言う意味ではありませんが、
 普通のショットであれば
 ヘッドは下がっている が
 グリップは上がっている、
 動作としての上げている ではなく
 高くなり始めている箇所 が 👉インパクトポイント
 です。
 からだの向きが左を向き始めたトコロ と言う意味ですね。

 ドライバーショットは 地面からボールを打ちませんから
 やや特殊なケースと考えて良いのですが、
 ティーアップした 空中に浮いたボールを
 ティーアップした分、通常のショットよりも やや左、
 ほんの一瞬の違いですが、ほんの少し遅いタイミングで
 インパクトします。
 
 故にグリップも 高くなり始めていますが、
 ヘッドも高くなり始めています。

 あくまでも『結果として、ですが』
 アッパー軌道になります。

 逆に 通常のショット、
 これはフェアウェイウッドも含まれます。
 クラブの長さによって その度合いは違いますが、
 ヘッドは下がり過程、
 グリップは上がり過程、
 この時期、この区間がインパクトです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)
 順序で言うと
 トップの位置、切り返してから
.哀螢奪廖Σ爾り過程〜ヘッド・下がり過程
▲哀螢奪廖上がり過程〜ヘッド・下がり過程
➂グリップ・上がり過程〜ヘッド・上がり過程

 と言った具合です。
 通常のショットでは △龍茣屐時間がインパクト
 ティーアップしたドライバーショットでは
 ➂の はいりクチ 辺りがインパクトになります。

✅からだの向きと傾き(前傾姿勢)によるモノで
 決して、手で下に振れ、上に振れ と言う意味ではありません。
✅ヘッドだ✊ グリップだ✊ と言う話になると
 手をどう動かす、手でどう動かす、
 って意識が強くなってしまいますから注意が必要です。


 ちょっと長い前置きになっちゃいましたね🤒🤒」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「悩みがあるんです。」

店長「はい。どうしました❓」

質問「年齢のせいかも知れないのですが、
 ボールが上がらなくて困っています。」
ドライバーの入射角度114
店長「ああ ボールが上がらない のは
 意外なほど 多くの人が秘かに悩んでいます。

 ヘッドスピードが徐々に落ちてくると
 ロフト角度、ヘッドの性能次第ではありますが、
 ボールが上げにくくなってくるのは確かです。

✋ただ ボールが上がらない には
 大きく分けて 二つあるので ご自分が
 そのどちらに属しているのか把握しないと
 より一層、ボールが上がらなくなる可能性があります。

 まずは ボールを打って、データを取りながら
 見てみましょう。」

質問「はい。」


店長「全部が全部そうだ、と言う訳じゃないんですけど
 初心者で まだボールが上手く打てない とか、
 女性で ヘッドスピードがまだ足りなくて ボールが上がらない、
 ではなく、今まで上がっていたけど、徐々に…、の場合は
 ボールが上がらない のではなく
 ボールの浮力が足らない ケースが非常に多いです。
ドライバー入射角度
 ドライバーで見て頂けますと
 打ち出しの角度 13〜18度 は確保出来ています。
 打ち出しの角度としては 十分上がっている、高い方です。
 決して 低くありません。」


質問「あ、そうなんですね。」

店長「はい。
 私たちの年齢(50歳越え)での ヘッドスピードは
 高くても40越える位、37㎳位のスピードもごく普通です。

 その私たちにとって
 打ち出しの角度が低い、足らない は
 角度で言うと 10〜11度以下 一桁になります。
 私たちのボールスピードでは 10度の打ち出しはかなりキツイ。

 理想的には 13〜15度
 真ん中をとって 14度と考えて良いと思います。」


質問「14度ね。」

店長「ええ。
 ですので 打ち出しの角度は『足りています。』
 問題なのは ボールの回転数・スピン量 です。

 ボールの回転・スピン量は 速いヘッドスピードの人にとっては
 ボールを上げる・より浮かせてしまう作用になりますが、
 私たちにとっては 高さを維持する、浮かせておくコトに作用します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
上げよう、上げよう、ボールの高さを取ろう とすると
 本能的な部分もあると思うんですが、
 インパクト以降、フォロー側で
 どうしても ヘッドを高く、早めに上げたくなります。」

質問「確かに。」

店長「ヘッドを早めに高くする、上げようとすると
 打ち出し角度は増えますが、その分 どんどん回転数は下がります。
 浮力が無く、失速してしまうのが
 高さが取れない原因 と見て良いでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 勿論、上がり易い ロフト角度を選ぶ は大切ですが、
 上がらない、高さが取れない から と言って
 インパクト後、フォローで ヘッドの高さを早めに取る、は
 逆効果になり易いので
 表現として正しいか、どうかは別で
 手で、手打ちをしろ と言う意味ではないですが、
 気持ち、ほんの気持ち、心の中だけでもいいですけど
 少しだけ 下に振ってあげる、ヘッドを落としてあげる
 ヘッドの高さを直ぐとる と 反対にすると
 ボールの浮き は良くなります。
 ホントにしないで 心の中で考えておく程度で良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「地面を引き摺ってアプローチする
 この話が長くなっちゃって申し訳ないんですけど、
 勘違いして頂きたくないのは
 ×地面を引き摺るように 緩い角度で、
 ボールに対して 地面と平行に ヘッドを入れてこい、とか
 抜き方の面で言うと、×アッパー気味に抜く、とか
 そういうコトではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 グリップを移動させた分しか、ヘッドを動かさない、
 距離感の基本はそこですよ、 というコトと
 ヘッドが、フェースが上を向いていくような抜き方は
 ミスの原因にも、距離のバラつきにもなるので
 ヘッドが高くなっていく にしても
 出来るだけ インパクトのままのようなロフト姿勢で
 抜いていくイメージを持つと良いですよ、
 というコトです。」

質問「自分でやってみると
 パッティングに応用して 自宅の絨毯とか、マットの上で
 地面の上を引き摺って パッティング・ドリル するのは
 結構、革命的な感じがするんですが…。」


店長「ナイスなご指摘ですね✋

 パットが得意でない、好きでない方は
 地面の上で ヘッドを引きずって パッティングする は
 ものすごく違和感あるんじゃないですかね😬

 距離感は勿論ですが、打つコトそのものが出来ない、
 えらくやり難い と感じるんじゃないか と思うんですが、
 このドリルの意味・意義として 100点満点✊✊✊ です。」

質問「ヘッドを引き摺ってパッティングするのには
 パターですけど トップの位置で出来ているような
 ヘッドとグリップの位置関係をそのまま維持して
 ハンドファースト気味にインパクトしないと…、
 ヘッドの方をグリップよりも前に出そうとすると
 ヘッドが地面に突っかかってしまいます。」

20231180m0
店長「それを 自分のパッティングでやっている、
 ってことになりますよね。 
 その言葉の通り、ヘッドを前にしようとする は
 ロフト姿勢を変化させるコト になりますし、
 ヘッドが地面に突っかかる は ヘッド自体が低くなる、
 下がるってコトになりますから
 ボールとのコンタクト点がフェース上部になってしまったり、
 ロフト・フェースが上を向くから歯が当たってしまったり、
 地面の上でヘッドを引き摺る に比べると
 ボールとの接触の仕方にバリエーションが多過ぎます。
〇からだの回転〜ク
 これでは 安定した『打ちたい距離』になり難いですし、
 良く言う 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出しても
 真っ直ぐ転がり難くなっちゃいます。

 パッティングへの効果はかなり大きい、
 本当の意味での距離感が理解出来るんじゃないでしょうか❓
 名手とまではイカナクても、パッティング嫌いは解消出来る
 非常に簡単にドリルなんじゃないですかね。」

質問「そんな感じがしますね。」

店長「違和感があるのは仕方無いかも知れませんが、
 地面の上でヘッドを引き摺ると
 パッティングの場合は からだの回転は無いですけど、
 グリップの移動速度=ヘッドの移動速度
 強いては地面の動作(運動)速度 と
 ヒトツの動作、ひとつの速度 です。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 ところが どこかの時点で ヘッドを前に出そうとすると、
 この場合は 地面があってヘッドが突っかかっちゃうんですが、
 その全体の速度 よりも 速い 別の運動が必要になります。
 コレって どちらが距離感、速度感、運動速度なのか…。
 距離感として動作速度が馴染みにくい と思います。
  
 それが改善、掴めるだけでも パッティング、
 特に 安定した距離感 と言う意味では良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 店長「ヘッドがインパクトの形 のまま
 高さが高くなる(上がる)、のと
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていく、
 のでは 全く球質が異なります。

 これはアプローチに限らず
 ドライバーショットも含めた通常のショット
 にも適用されます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
 まあ からだの向きが変わりますから
 いんぱくとのそのまんま って訳には行きませんが、
 写真で見ると シャフトの残像
 ヘッドの方がたくさん動いている(写真‐上)
 シャフトの運動角度が大きい方が
 フェースが上を向いている量が大きくなります。

 写真-上 と 写真‐下 の違い(比較)は
 紊和任曾个軍囘戮凌値は大きい(高い)ですが
 回転・スピンの量は少ない、
 腓和任曾个靴粒囘戮歪磴い任垢、スピン量は多い、
 紊郎嚢眦達点に早く行きつきますが、浮力が続かない、
 腓郎嚢眦達点に行き着くのは ずっと奥になります。

 先日の記事 でも書きましたが、
 アプローチの場合ですが、
 紊涼篤擦蓮|綯討垢觝櫃粒囘戮緩く、
 ボールの回転数も少ないですから 止まりません。
 だら〜 っと転がる感じです。
 腓涼篤擦蓮|鰐未肪綯導囘戮キツイ(垂直により近い)のと
 ボールの回転数も多いですから 止まり易い。
〇からだの回転〜ク
 アプローチショット に限りませんが、
 ボールが止まらない〜止めたい、スピンを効かせたい、
 と言う場合、ロフトを開いて
 ヘッドを緩く入れる そんなショットをされている方が
 多く見られますが、基本、逆効果です。

 これは ドライバーショットも含めた通常のショットでも同じで
 打った後に ヘッドの高さが上がる のは
 問題ないですが、そのあがり方 と言えば良いのか、
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていくように上げると
 ボールは『ちゃんと』上がりません。
 出球は高いですが、それに気づかず
 上がらない…上がらない…と思って
 より一層 ヘッドを上げる、フェースを上に向ける と
 逆にどんどん浮力を失ってしまいます。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 インパクト後のヘッドの抜き方、と言う点では
 ヘッドを返すような、フェースローテーションをして
 ヘッドを走らせるような抜き方では このような症状に陥り易く
 ボールが上がらない とか、 ボールが止まらない に
 なり易いのです。

 ですので 地面を引き摺って来て
 ボールをどかせた後、ヘッドをどう抜くか と言うドリルは
 アプローチやパッティングだけでなく
 ショット全般にも有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大人の学びなおしゴルフ教室
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショット・アプローチの原点・始点はココから : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
…続き

質問「インパクト後、フォロー側で
 ヘッドが空中に上がってしまうのですが…。」 

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
店長「からだの傾きがあって
 左を向けば 自然なコト だと思いますので
 無理にヘッドを地面に押さえつけておく必要は
 ありません。」

店長「家の中で打てる距離、
 まあ この場合は転がせる距離ですが、
 1mなり、3ⅿなり、
 その距離感は からだの回す速度、
 それによって 移動するグリップの移動速度 です。

 ボールに当てる「強さ」とは
 ちょっとニュアンスは異なります。
 それは 物理的に ボールに✊ とってのモノで
 打ち手にとっての 『距離感』は動作速度 です。

 コレって 小さいコトですが、
 大きな違い だと思います。」

質問「この感覚は意外に新鮮ですね。」

店長「そうだと思います。
 今回は 転がしで ごく短い距離 ですが、
 コレは寄せ だけでなく
 パッティングであっても
 通常のショットであっても 同じ です。

 パターを使ってのパッティングの感覚
 (イコール からだの回転にはなりませんが…)
 にはとても良いかも知れません。


✋インパクトでどんとクラブを止めて
 ヘッドをボールにぶつけてしまったり
✋グリップをとめて ヘッドだけ送ってしまったり
〇からだの回転〜ク
 地面をひきずって ボールに当てるには
 ゴツンとヘッドをボールにぶつけるコトが出来ません。
 距離感って教えにくい、掴み取り難いモノですので
 具体的なトレーニングとしてとても良いのでは、と思います。」

店長「また 薄いマットの上や絨毯、フローリング で
 勿論 強く打つのは危ないですから、ダメですが、
 3ⅿ位の距離で ボールを転がす、移動させるのに
 『ヘッドの抜き方』を覚えるのに とても良いと思います。

 冒頭に仰られた通り、
 インパクト以降 フォロー側でヘッドは浮きますが、
 それは からだの回転と前傾があるから であって
 インパクト直前〜インパクト時の
 ヘッド姿勢のまま 高くなります。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 ロフトが増えていくような
 フェースが上を向いていくような
 そう言う抜き方 をしてしまうと ソール・バンスが
 薄いマット、フローリングなどに弾かれてしまいます。
 特に ウエッジを使った場合ですね。
 バンスを跳ねさせない振り方(…普通の振り方) です。
20231180m220231180m420231180m8






 まあ この逆がバンカーで使ったりするんですが…。

 通常、その抜き方がミスの元になります。

 非常に地味で 強く打つコトの出来ないドリル・体験ですが、
 距離感、そして ウエッジヘッドの動かし方 としても
 とても役に立つドリルになると思いますよ。
 距離感がピンと来ない初心者とか、女性には
 良い初期体験になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「どのような感じで アプローチを磨いていけば
 良いのでしょうか❓」


店長「アプローチに限らず、ショット全般に渡りますが、
 ヘッドを動かさず、いや…動かすには動かすんですが、
 グリップを移動させ、ボールを打つ感覚を
 『理解』して頂きたいです。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 グリップを動かして…ヘッドを動かして
 ボールを打つ って ごくごく当たり前のコト ですが、
 ココの部分を『理解』するのは結構、難しい んですね。」

質問「はい 分かります。」

店長「コレって からだの回転でボールを打つ って
 言うのにつながってくるんだと思うんですが

 そうですね。

 まずは テークアウェイして、トップの位置…
 そのアプローチをするのに適切な大きさであろうトップの位置で
 一旦、地面にヘッドを落として
 からだの向きを変え、それによって グリップを移動させ、
 ヘッドは常時、地面を引きずったまま
 一度も 空中に浮かせずに ボールを打って貰いたい

 この場合は 当てて貰いたい程度のチカラ加減ですが…。」


質問「!!!!!!」

店長「ショットの練習と言うよりも
 感覚と言うか、ショットの原点を理解して頂くドリルになると思いますが、
 
 からだの回転、向きの変更でグリップを動かす、

 ヘッドはシャフトでグリップをつながっていますから
 グリップが動いた分は 当然、ヘッドも動きますが、
 グリップの移動した量、方向 ともに
 グリップの移動次第 です。

 家の中でやるのであれば
 打つ距離、この場合はボールを転がす(移動させる)距離 は
 1mでも、2mでも、5mでも良いと思います。
 ガラスを割ったり、壁に穴を開けたり そう言うのを避けると
 打てる距離は 良いトコロ 5m位が限界じゃないでしょうか。
〇からだの回転〜
 1mと5m その距離感の違いは
 からだの向きを変える速度です。

 からだの向きを変える速度を変えると
 グリップの移動速度が変わり
 これまた当然ですが、ヘッドの移動速度も変わります。

 テークアウェイの大きさも変わるとは思いますが、
 そこが距離の違いの目安 ではなく、
 その距離を打つ為に必要な からだの向きの速度
 それを造るのに必要な 大きさになる と考えた方が良いです。」

質問「あああ なるほど。」

店長「ヘッドは地面に引きずったままで
 常時、地面にあり、空中に浮く、上がるコトはありません

 ですので 引きずられた分、
 ロフトも立つ形〜ハンドファーストになりますが、
 その具合は ある程度一定に成り、
 そのまま アプローチ・ショット・スイングの終わりまで行きます。
〇からだの回転〜ク
 多くの人は 短い距離のショット とは言え
 インパクト直前で ヘッドを動かしたくなる と思いますが、
 地面を引きずったまま なので
 それ以上 ヘッドを下に送りこむことが出来ません。

 『打てない⁈』『当てられない⁈』
 感じるかも知れませんね。」

質問「感じます。」

店長「ソコがポイントになるかも、知れません。

 インパクト直前で ムズムズ と ヘッドを動かしたくなる、
 私の目では 弾いて打ちたくなる に見えるんですが、
 ヘッドを動かしたくなっても 地面にツッカエている、
 ヘッドが動かせない・・・・
 ですので もっと廻って、左を向いて
 『グリップを移動させて』👉👉ヘッドを移動させる
 その感覚を掴んで欲しい です。

 おそらく、ですが、これがアプローチの、
 そして ショットの原点になると思います。

 この感覚が『理解出来れば
 からだの向きを変える、からだを廻す、コトと
 クラブを振るコト、ヘッドが移動するコト が
 つながってくる、その結びつきが理解出来てくる
 のじゃないでしょうか❓」

店長「また コレには
 ヘッドスピード は からだの回す速度、
 アプローチであれば からだの回す速度が距離感である、
 と共に 飛ばしたい、ヘッドスピードを上げたい は
 からだの向きを変える速度を上げる
 という 至極、普通なコトですが、
 ソレに繋がっていくと思います。」

店長「ヘッドを引き摺って動かしますので
 トップからインパクトまでの ヘッドの軌道・軌跡が
 今まで考えていたものと かなり異なります。
 おそらく 小さな円、自分寄りの軌道、より直線
 になると思います。
 しかし、この動かし方 であれば
 周り方 さえ掴めば その軌道は必ず『いつも同じ』
 周り方、ボールの置き位置 なども
 とても参考になると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは また寄り道な話なんですけれど
 もし ご来店される機会や
 そう言う計測器がある場面に遭遇したら
 ドライバーばっかり ガンガン打つのではなく
 アプローチショットの計測もして頂きたいんですね。
85584b3f-s
 自分が〇〇ヤード打つのに
 どんな回転、球筋になっているのか、
 例えば ですけれど 50ヤード位のショット打つのに
 PW-PS(AW)-SWと 3種類のロフトのクラブ
 45.50.55度のロフトのクラブで打つと
 55度のロフトが一番俗に言う『スピン』
 回転数が多い んじゃないか と思っていると思うんですが、
 決してそんなことは無いんです。
 スイングのタイプにもよりますけれど
 SW.55度のクラブが一番回転数が少ない場合もあります。

 中途な距離のショットの場合、
 特殊なコトをせず、普通に打って 一番 回転数が高くなる、
 回転数が多くなる 番手が一番安全 です。


 ボールのスピン数は シャフトの硬さにかなり影響されます。
 ウエッジをバラバラはクラブ、バラバラな硬さで
 使っている人を良く見かけますけれど、
 その中で 自分的にはエース✊ と思っているクラブには
 なにかしらの 秘密、なにかしらの 理由が
 必ず有ったりします。
  だいたいの場合 シャフトの柔らかさ だったり…します。

 そう言うのを確かめるのが 弾道計測器の一番の使い方
 と言っても良いですね。
iron-shot-green
 多くの方が スピンを掛ける と思っているショットの多くは
 コト『回転数』という事に関して
 数値をしては少なくなる打ち方をしているケースが少なくありません。
 アタックアングルを緩くすると
 打ち出しは上がりますが、スピンは減ります。
 ボールが止まるか、止まらないか はスピンの影響と同様に
 地面への着地角度にも依存します。
 当たり前ですが、より垂直に着弾する方が
 ボールは止まり易くなる訳ですが
 弾道が釣り鐘型のようになり(高さの頂点が真ん中位)易い
 緩い入射は ボールは止まり難くなります。

 
 ご来店の際は是非、お声がけください🎵」


店長「で、二つ目の問題ですけれど、
▲灰譴鰐渭澄ゝ離感ともつながってくるんですが、
 シャフトを振る、ヘッドを下に振る、リリースする、アプローチは
 前述の通り、からだの回転だけで動かすものと比べると
 ボールへの入射、アタックアングルが緩くなりガチ です。
 それはイコール 最下点をボールよりも手前にするだけ でなく
 ロフトも付ける、フェースを早い段階で上向き にしますので
 ロフトを増や
飛び出し角度14
した分、バンス角度も増えます。


 最下点が手前、バンスも増える ですので
 ダフリの可能性だけでなく、
 その度合い によっては トップの可能性も 当然、上がります。

 アプローチショットにおいては 多少のダフリ は
 問題ないですけれど、そのダフリ度合いもある程度一定で無いと
 扱い辛くなりますし、
 ダウンスイング途中での 振り加減、リリース加減によって
 それは変化するんですが、そのリリースには
 微妙に『反射』、『瞬時の反応』のようなモノも含まれているので
 傾斜などの足場の状況によっても
 その強さや速さが変わってしまうので厄介です。」

質問「アマチュアゴルファーのアプローチの良い意味で無い
 集大成みたいな感じですね。」


店長「そう思います。

 プロゴルファーを見ると分かるんですけれど
 ソコに関しては きっちり 常用しているアプローチと
 危険覚悟で仕方なくする アプローチを分けています。
 基本、球質がかなり違いますからね。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)
 バンカー越えのフワっとさせるアプローチとか、
 こういう風にも打てますよ、ってのはあるんですけれど
 それは ショーというか、興行的な部分が多分に含まれていて
 アマチュアがそれに感化されて真似てしまっても
 悪影響以外ほとんど良い点はないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


8658a3e6-s
多くの人が信じて疑わない
フェースの返し、ヘッドの返し
要らないピザは遅効性ですが
かなり根深くスイングの災厄を生みます。



飛距離が思ったように出なかったり
スライスしてしまったり
むやみにボールが高くなってしまったり
それは ヘッドの返しが上手くいかなかった
もしくは ヘッドの返しが足りなかった、間に合わなかった
と信じています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)この 要らないピザを頼む行為
具体的には
×ヘッドを返す、
×グリップを入れ替える
×シャフトを振る
 は
そのまま 
●ロフトを増やす動きであり
●体を開く行為であり
●右サイドを下げる動き
 そのものになります。

そして その行為が
多くの人の ゴルフショット、ゴルフスイング そのもの
ボールをさばく動き そのものになっています。


それを辞めろ というのは
ショットをするな、ボールを打つな と同意語に
なっているのですから 治る筈もないでしょう。

ダウンスイングはもとより、テークバックにおいても
アドレスやグリップにおいても
『その行為をするため』のモノになっている訳ですから
それが消えない限り、どこをどういじっても
 必ず 必ず そこに戻ります。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





勿論 そのフェースローテーション〜グリップの入れ替え で
ボールを打ち、飛ばし、スコアを良くすることも可能ですが、
非常に難易度の高い「曲打ち」がゆえに絶対量の練習、練習頻度が必須です。

クラブを下げながら からだは上げる
からだを開きながら フェースは閉じる
クラブを動かしながら からだは止める
右手を動かしながら 左は止める
腰は回しながら 肩は止める
 等の
逆の動き・相反する動きをせざるを得ないため
難易度だけでなく、体への負担も非常に高く
そのうえ 球数、練習頻度が必要なのですから
マッチョな考えでない限り とても薦められるものではありません。
IMG_0175(2)_Moment

まあ 一番直結な方法は
フェースを返す、グリップを入れ替える打撃では
上手く打てないクラブを使うことでしょう。
逆に言えば そのような打ち方をせざるを得ないクラブと
お別れすることだと思います


勿論 それだけでは半分しか満たされません。
残りは クラブというモノの構造
からだが回転して打つ という組み合わせを
しっかり頭で把握する必要があります。


技術 動作 運動 と言う部分で言うのならば
ほんの短い 数m打つ ランニングアプローチ
で それが出来るようにならないと
絶対に フルスイングでそれをすることは出来ません。
フルスイングの改造はフルスイングでは絶対出来ません。
数mを思ったようにコントロールできないショットでは
150m 200mをコントロールすることなど出来ないのはわかると思います。
IMG_0148_Moment

ゴルフのショットは 1mも一打 200mも同じ一打カウント、等価の重さです。
飛ばすコトはものすごく大事ですが、
距離をコントロールするショットとフルショットが
違う概念では 自分なりのゴルフスイング・ゴルフショットで
体の故障や無駄な練習量を費やさず
満足いくことは出来ないと思います。

永遠に偶然を追いかけることになるだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これはアプローチで無く ショットですが、
 典型的な『二度振り』のイメージです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





‘鹽擔兇蠅量簑蠅琉譴弔
 『距離感を定着させ難いコト』です。

 ダウンスイングの中途で クラブを下に振るコト、
 腕さばきによって クラブをリリースします。

 それは イコール からだの回転とヘッドスピードを分離、
 からだの回転を止めて 発射台のようにしてしまうので
 からだの回転=大きな動作が距離感(ヘッドスピード)では無くなります。

 総じて 二度振り・二段振り の場合、
 ヘッド軌道の最下点が 手前気味、ダフリ気味になり易く、
 元々 二重に加速させるコト になるのですが
 必要以上の更なるスピードアップ が起こり易くなります。」

質問「ありがち…。」

店長「そうですね、締まりかかった電車のドア に飛び乗る
 みたいなタイミング感になるので ミスを誘発し易い でしょう。

 元々 中途な距離の距離感と言うのは 簡単じゃありません。
 感覚的な部分が少なくないので 慣れや経験も必要です。
 その上で インパクト直前に 更なる加速・別な加速
 この場合ですと まず ,らだの回転 ⊆,離螢蝓璽后
 そして ➂最後の補正加速 の3重加速、が入りますから
 当然、難易度はあがる。

 また その加速によって
 最下点を更に手前にズレ易くなります。
Desktop 2023.01.13 - 12.48.08.01 - frame at 0m7s
 距離感 と言う点で言うと
 例えば 30ヤードや40ヤード.50ヤード となると
 チョンと当てて とは行かず、中途半端に打たないとイケナイですが、
 弾道測定器で計ると分かるんですけれど
 同じクラブ、同じロフト、似たような距離感で打っている筈…
 にもかかわらず ボールの回転数は1500〜5000回転と
 おそらくショットの中でも 一番幅が生まれ易く、
 『入り方・アタックアングル』『インパクトロフト』によって
 距離は勿論ですが、弾道質も全然変わります。

 ヘッドを振って、シャフトを振って、クラブをリリースして
 インパクトに入ってくる というコトは
 緩めの入射角度になり易い んですが、
 緩めの入射角度は 幅広い種類、多岐に渡る弾道を生み易く
 強く打っているのに ショートしてしまったり、
 高さは出ているのに スピンがかからなかったり、
 正直 その差はあまりに紙一重 で 言葉で表しようがありません。

 ですので 振った感じ、打った感じと『距離』がリンクし辛く、
 経験、球数、練習量にかかわらず 長年、距離感が染み込みにくい。。。
 おそらく ですけれど スコアメイクにとっては
 一番の致命的な部分になるんじゃないでしょうか。」

質問「。。。。。。」

店長「コレも番目の問題と重複するのですが
 リリースタイプのショットの場合、
 そのリリースは 反射的な加速になりガチ で
 それが故に 傾斜や足場などに左右され易く、
 加速が増す、もしくは減速が入る というのが
 インパクト直前にやって来ます。
 これは 当の本人にも打ってみないと分からない
 ので困ります。

 ボールを上げる というのは ボールを飛ばす
 飛距離を稼ぐ と非常に似ている点があり、
 気持ち と言う面では インパクト付近で強く、
 更なる加速が必要になると思い込み易い
 です。

 勿論、その距離を打つのには ある程度の高さは必要です。
 必要ですが、距離は横への移動 ですので、
 よほど 障害物があって、それを高さで回避する必要がなければ
 その距離を打つのに 必要最低限な高さ、
 距離に対するオマケとでも考えれば良いのですが、
 アプローチ=高さを取る と言う観念が強い?のか、
 それが 故にリリースも含め、二重加速、二度振りが生まれる。
 その観念が その 根原因 かも知れません。

 ボールの距離を移動させる、
 これはアプローチだけでなく ショットの飛距離アップにも
 つながっていくのですが、
 地面に置いてあるボールを
 『地面を引き摺るクラブ』で当て、
 その距離分、打つ★★ 当てる★★ が原点です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 ボールを上げる、浮かす は ヘッドのロフトや
 そのクラブの長さが造るアタックアングル、
 長さが生み出すヘッドスピード が主に負担というか、
 役割なので 当の本人はする必要が無い、
 「ボールを上げるのは クラブに任せろ」と昔から言われますが、
 根本的にボールを上げなくちゃ(飛ばさなくちゃ) と言う意識から
 生まれているような気がしてなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいます。
 安定して 100を切る方法はないの でしょうか❓」


店長「うわぁ ソレですか❓
 
 やっぱり アプローチショット になるんじゃないでしょうか
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
質問「やっぱり ソコ…ですか…。」

店長「そこそこのドライバーショット というのも
 有るとは思うんですが、『安定して』となると
 アプローチショットの確立の方が柱になり得る と思います。」

質問「カギになるのはなんでしょうか❓」

店長「そうですね。
 二度打ちならぬ、『二度振りしないコト
 『二度振りしないアプローチ、ショットを覚えるコト』でしょうか。」

質問「❓❓❓ 二度振り❓」

店長「はい。
 別な言い方では 二重加速しない と言えば良いでしょうか。」

質問「どういうコトです?」

店長「まあ いつもの話しに行き着いちゃうんですけど
 アプローチに限らず、ショット全般って
 からだを廻して、向きを変えて グリップを動かす、
 ヘッドってシャフトでつながっているので
 そのグリップの動いた分、ヘッドも動く
 っていうのが 基本、基礎になります。
 ですので アプローチで言うトコロの距離感って
 『自分が向きを変える、回転する速度』が距離感です。

 スイングの大きさ、テークアウェイ・トップの大きさで
 表される場合もありますけれど、
 それは テニスや野球などのボールスポーツと同じで
 『出したい速度にとって 必要な助走分』と考える方が良いですね。

 それに慣れている人はそれでも良いですけれど、
 あまり トップの位置で限定しない方が良いかも、です。
 そこは 感覚的な部分でいいんじゃないでしょうかね。」

質問「なるほど。」

店長「問題なのは スイングの途中、
 まあ ダウンスイング中、インパクト辺りで
 シャフトを振ったり、ヘッドを振ったり、
 からだの回転とは 別な もう一個のエンジンが入った時 です。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そう言う特殊な場面、それが必要な場面が無いとは言いませんが、
 それは特殊な場面で 危険度が高い、 だけど
 他に選択肢がない と言う場面ですので
 あえて それを常用のアプローチにする必要はありません。

 からだの回転による 自然な流れ、加速は良いですけど、
 クラブをリリースしたり、下に振ったり、
 からだの回転とは異なる 主に腕ですけど、別の動力が入った時、
 運動のスピード感と距離感が別なモノになり易い です。

 アプローチをあまり得意でない と言う人は
 かなり この二重加速、二度振り している人が多い気がします。


質問「。。。。。。。。」


店長「二度振り まあ 手打ちと言っても良いかもですけど
 このアプローチショットには 致命的な欠陥が二つ あります。

 コレって 早期に、ゴルフを始めた早い段階に解決しておかないと
 20年も30年も そのアプローチのお陰で
 スコアとして 100は切れるようになっても
 スコアの伸び、歩留まりを 自分で作ってしまうコトになります。

 先ほども言いましたが、アプローチとして
 そう言うショットが無い訳では無いですけれど、
 プロがやるような 色々なアプローチの真似 なんかをすると
 ソレに陥り易いですけれど、
 二度振りは多岐に渡り 悪影響は大きい、
 ショット全般もそうなりガチ で
 ゴルフ全体を左右するモノになります。
 ですので 色々なアプローチが出来るコト よりも
 正統な、ショットの流れにつながる ヒトツのアプローチを
 出来る方が長期的には断然、有利だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの単純な仕組みを覚えましょう。


ドライバーからパターに至るまで
各番手には ロフト角度 があり
そのロフト角度に応じた長さ があり
そして その長さに応じたヘッドの重さ があります。
 この順序がとても大切です。



nyuusyゴルフクラブは、製品としてロフト角度を計測するのに
シャフトを地面と垂直にしていますから
使い方を錯覚してしまいがちですが
インパクトは このような状態で迎えるのではありません。

これでは このクラブの本来の
打ち出し角度よりも高く飛び出てしまい
スピンも本来の回転よりも少なくなり
ボールスピードも上がりません。

余りあるヘッドスピードでしたらまだいいですが、
この使い方で ごくごく普通のヘッドスピードではボールは飛びません。


ゴルフクラブはそのロフト角度を活かすための 長さ があり
その長さに応じたスイングの弧の大きさ
すなわち 降下してくる角度(別名:入射角度)
があります。
555

ロフトの大きなものは 短い ですから
その降下角度はキツク
ロフトの小さなもの、立っているものは 長いですから
その降下角度は緩くなります。

だから 単純に ロフト角度30度の5番アイアンが
15度の入射・降下角度で入ってくると
15度の打ち出し角度になる ということです。

個人差はありますが、当然 クラブの長さに応じての
降下角度があり、 その降下角度に対する
ロフトが本来のロフト角度です。
この状態で インパクトを迎えられるのが
そのクラブのオリジナルの ロフト効果であり、長さ効果 です。
IMG_0727

画像はちょっとオーバーではありますが、
そして その降下角度分、入射角度分
シャフトは前に傾いて入ってきます。
入射角度に垂直に位置するのがシャフトの姿勢です。

先ほどの5番アイアンの例であれば
15度シャフトが前に傾く ということになります。




wedge-bounce

ウエッヂなどは バンス角度と言って
ソールの後方が地面に張り出しているのですが
この降下してくる角度があるので そのバンス角度が活きるのです。



002

ゴルフクラブをこのように使っては
そのクラブ、その番手の長さによる降下₍入射₎角度も
ボールに対するロフト角度も本来のモノになりませんし、
タイミングによって
入射角度とロフト効果がバラついてしまい
そのクラブ、その番手 の安定した弾道になりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
会田20210701_Moment(2)
これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
005
ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。

ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある 弾道解析機
お店にあるものや携帯のモノなどで使われる
「ミート率」とは
 分子:ボール速度/分母:ヘッド速度
 を数値にしたモノ。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
ボールの速度は
ロフト角度が少ないほど高くなる。
まあ 繰り返せる や 安定して
となると その限界値は人それぞれになるのですが、
見ている限り ドライバーに限らず
そのクラブのロフトなりに
 理想的なボール速度を出せている人
 はほとんどおらず
多くの人が その手にしているクラブのロフトより
相当大きなロフトで打っている
 ような状況。

例えて言うのならば
 8番アイアン(ロフト35度強)でロブショットのように打てば
 フルショットでも 80ヤード(ロフト50度相当)しか飛ばない
 そんな 無駄な ロフトの扱い方 をしている というコト。

ロブショットだから
上手に出来れば出来るほど 飛ばない
そして スピードを上げても 逆に より飛ばなくなったり、
より上がらなくなったりもする。

ゴルフをほどほどやっている人ならば分かると思うけれど
グリーン周りのアプローチで ロブショットを選択する というコトは
それ以外の選択肢がなく イチかバチか
最大の危険度があるショットをする というコト。


おそらく ハーフショット以下のショット
特にグリーン周り程度の距離のアプローチとフルショットは別物
 と考える人が多いんだろう。
アプローチは飛ばさなくていい
フルショットは飛ばす
その方法が違うコトに問題があるんだけどねー。
同じショットで 番手(ロフト)と自分が距離管理をする
というのが シンプルな方法だと思いますよ。

そこで 
〇飛ばすコト 
〇方向を安定させるコト
〇繰り返し易くなるコト

これを同時に成り立たせるために
7番アイアンなどのショートアプローチで
如何に 遅く、小さな、少ない動きで
最大のボール速度を生み出すか 考えて頂きたい🙄
ECDi9XSUwAEgjre



はっきり言えば それがドライバーであっても
全番手 ロブショットを打とうとしている ように見える。
それが ヘッドターン・フェースローテーションの行き着くところ。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)









それは このような グリップを支点、肩や首を支点とした
振り子のような動きで生み出せると思いますか?

これで その手にしているクラブのロフト角度 通りの 弾道や距離になると
思いますか?

このクラブの扱い方 では
 番手ごとにロフト角度に種類がある意味がないのではないですか?

どう思いますか?

この画像を真似るのに使う体の部位は からだ ではなく
肩や手という腕だけではありませんか?

この練習では インパクトは体を止めて
肩周り、腕周りだけ 動かすコトを覚えるのではありませんか?





昔から ボールを上げるのはクラブに任せろ! ロフトに任せろ!
自分でボールを上げようとするな と言われますけれど
このショットが悪い意味でのその典型です。

そして 困ったことに 多くのゴルファーがこのショットを採用し、
レッスンプロの多くがこのショットを教えます。



アプローチの中では特殊な難しいショット なのですが
練習頻度や量によっては なんとかなるでしょう。
しかし このショットの練習は「そのアプローチ」のミスの確率は下げたとしても、
同時進行に ショット全般を「わざと飛ばさない」の練度も上げます。
効率よく、繰り返し、遠くに飛ばす練習 の 真反対の行為 です。


ショートアプローチは フルショットのインパクト付近を抽出した
非常に重要なポイント

理想論で言えば そのアプローチという スコアに直結する練習は
同時にフルショットの練度、飛距離を伸ばす練度を上げる べき モノです。
sibunoap
理屈が分かれば直ぐに出来る とは言いませんが、
この間違った ことボールを楽に遠くに飛ばす という行為とは真逆な
イメージをしっかり是正する というのは ボールを数多く打つ より
ずっとずっとずっと重要な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチ
そのもの も参考になるかも知れませんが
そのアプローチが
ドライバーやショットの飛ばしの基本
になります。

人気のある二人を比較してみましょう。

https___media_gettyimages_jpgsibunoap









この二つのアプローチは 対極にある二つ と言えます。

タイガーの方は意図的に
入射を解き 緩い入射からスピンが少なく 打ち出しの高い球
を選んでいます。
落下面の傾斜、落下地の地面の方さなど 場面にもよりますが
プロとしての一つの選択です。

片や 渋野選手は ごく普通に
ショットの延長線上のまま アプローチしています。
このアプローチが彼女の強さの要因であり
彼女の飛距離の秘密でもあります。

アマチュアは 総じて
タイガー方のアプローチが スタンダードのアプローチ
になっていますが、
それが実は アプローチの確率の悪さ
ひいては ショットの距離不足の原因になっています。


誤った思い込み・・・だと思いますが、
このアプローチはタイガーにとっても
仕方のない選択、特殊な選択と言って良く
出来れば選びたくない選択肢の一つです。
経験もあり、練習も豊富ですので
普通にこなして……特に難しく見えずに打ちますが、
アマチュアの場合、出来ればやらない
アプローチの選択肢に入れておかない方が良いショットです。

そして このウエッヂを使ったアプローチで
ボールの底をこするような ショットが
自分にとってのアプローチに基本になっていると
ショット全般 飛距離に苦労することになります。

https___media_gettyimages_jpg20190811-OYT1I50023-1







二つを比較すると ヘッドの位置、振り加減とボールの位置
が異なっているのが分かるかと思います。
タイガーの方は もうスイングが終わっている状態ですが
ボールは高さは取れていますが、遠くに行っておらず
一方、渋野のショットは 高さは低めですが、その分、前に行っています。
見ての通り、静止画ですが ボールスピードの違いは明らか です。


スピンの量を増やし、高さを取り、ボールスピードが抑える
には 緩い入射が必要です。
逆に スピンの量を落とし、高さを抑え、ボールスピードを上げるには
そのクラブなりの キツイ入射が必要です。

そして 緩い入射は イコール 開いたロフト
きつい入射は 閉じたロフト です


そして タイガーのショットは ボールの高さ、着弾の角度で止める球で
渋野のショットはスピンで止める球、もしくは 使うクラブによっては
意図的に足(ラン)を出すためのショットです。


アマチュアにとってのアプローチは
圧倒的に渋野の方が参考になります。
一球一球の切り替えはアマチュアにとっては苦手、するべきではなく
そのショットが次のショットに繋がり
似たようなショットで全部を収める 方が
乱れが少なくなるうえ、飛距離のロスが少ないです。

タイガーのショットは一球一球の繰り替えが必要で
このアプローチの後、ドライバーとなると
まるで別なコトをしなくてはなりません。
アマチュア向きではない というコトです。

練習場に行きますと このタイガーのアプローチ ばかりを
目にしますが、アプローチショットは全てのショットの中で
一番練習場と異なります。
異なる傾斜状況、ライ状況、動きの速さで解決できないショット
アプローチ中で 一番難易度の高い選択を
練習場で身に付けても 十中八九役に立ちません。
圧倒的に失敗の確率方が高く、それはすぐにスコアに直結します。

sibunoap20190811-OYT1I50023-1









プロのショットは速いですから
スローにしてもなかなか見切ることは出来ない かも知れませんが、
渋野のアプローチは 飛ばしのヒントが詰まっていますから
是非 参考にしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?
〇右向け右
クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指 おまけで小指の3本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
 ディッシュアングルと呼ばれるモノは手首の角度ではなく
 手のひらとシャフト(グリップ)の関係です。

IMG_0529
ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを見ていると
ゴルフクラブという長さがある「棒状の物体」
どう使おうとしているのか がとても気になります。
IMG_0339

シャフトの使い方・・・と言うよりも
長いモノ…『棒状の物体』の方が的確です。


ゴルフに限って言えば
「棒状の物体」「長さのあるモノ」の使い方は二つです。

〇1.棒状の物体のどこかに支点を造り
 端と端、両端を反対に、反転させて使う

〇2.棒状。。。シャフトによって 端と端はつながっているので
 両端を同じ方向に移動させて使う



例で言うと 何かの理由によって(例えば毒とか、放射線とか)
何かの操作、作業を壁越し、別の部屋で行った場合(遠隔操作)で
作業箇所と操作箇所が棒でつながっているとします
(ずいぶん旧式な発想ですけどね…)

1.は 壁と支点にして 棒をてこのように使いますから
 作業させる箇所(ヘッド)の移動は
 操作する箇所(グリップ)を 上下左右反対に動かします

2.は 操作する箇所(グリップ)と作業する箇所は
 立体的に全く同じに動かします

images

✋おそらくですが 細かい作業や正確な作業などは
 後者の△任覆い肇瀬瓩世隼廚い泙后
 詳しくはないですが 例えば 手術…とか
 ,両豺腓蓮々咾辰櫃ず邏箸任藁匹い隼廚い泙垢
 角度というモノがある ゴルフクラブには適切でない様な気がします。
 ロボットアームなどを使う場合、反転させて作業はあり得ないでしょう。


意図的に ,鬚靴討い訖佑呂い覆いも知れませんが、
「ヘッドを」「ヘッドを」「ヘッドを」動かそうとする意識の強い人は
結果として その使い方に行き着いてしまうと思います。
8658a3e6-s

クラブヘッドは ゴルフクラブ全体の6割以上の重さが集中しており
それに長さ、そして移動速度が加わります。
動かせば 動かすほど 先端は重くなるのですから
そこ(ヘッド)を動かす意識の強い人は結果として
その増えていく重さによって、自分が動くことになってしまうと思います。
👉自分が軸でクラブヘッドを動かすのではなく
 クラブヘッドが軸になって 自分の位置が回転するような状態

犬が尻尾を振っているか、尻尾が犬を振っているか というコトですね。

重くなる先端を無理やり動かそうとすれば
自分が その先端を軸に回るしかありません。
ダウンスイングでいきなり からだを開いてしまったり
インパクトで 開ききった体を更に動かすため伸び上がったり は
それによる反応なのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



橋爪晃彦 JGTO トーナメントプレーヤー JGTO tournament player  👉👉ゴルフレッスンしてます。 橋爪 晃彦(@akihiko_hashizume) • Instagram写真と動画

(10) 橋爪 晃彦 | 橋爪 晃彦さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、橋爪 晃彦さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報を? | Facebook
ぜんぜん当たらない ゴルフぜんぜん当たらない ゴルフぜんぜん当たらないからつまんない ゴルフぜんぜん当たらないからつまんないやめよっかな って思ってるみなさんを変えていきたいと思ってます。   ゴルフスイングの謎解き冒険バラエティ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ