店長「テークアウェイの種類を大別したのですが、
〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ
 なんとなく 分かると思うのですが、
 上から順に クラブに近いトコロ、
 からだの部位で言っても 下に行くほど低いトコロ
 でからだの向きを変えよう と分かれていますよね。
IMG_0772
 ➂も含め、´△肇ラブに近い、
 腕が中心でからだの向きを変える方
 そのやり方と グリップは結構、密接な関係にあります。」

Kさん「痛いトコロを突かれますね…。」

店長「フックグリップが悪い と言う訳では無いですが、
 手、この場合は 左腕主体でテークバックに入る方
 は フックグリップがかなり強く、
 左の手首がかなり甲側に折れているケースが多いんですね。

 ➂→□,函,茲蟶枯喙臑療戮高くなるに連れ
 左右のグリップのルーズさも強い、
 左右のグリップが離れているってことですね。

 コレ その本人、当人に聞いても 無自覚で
 そう言うグリップに行き着いてしまっているでしょうから
 答えられない可能性が高いんですけど、
 ボールを打つコトよりも
 「テークアウェイを ヒョイッと 左腕の動きで行う」
 それをし易いための『グリップ』に思えるんです。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 フックグリップがフェースターンし易い というのは
 言葉ではよく耳にするんですけど、
 フックグリップのアマチュアの多くは
 左右がルーズ、離れています。
 
 フェースターンをする事を主眼に グリップを造るのなら
 フックグリップは良いですが、左右が密着している方が
 フェースターンを無駄なく 素早くし易い、
 離れている方が 色々不都合が生まれ易い と思うんですね。

 にもかかわらず ルーズな人が多い…。

 そう考えると 帰り(ダウンスイング)の方がメインじゃなくて
 テークアウェイのし易さ から グリップが造られちゃう
 じゃあ無いのかと思うんです。

 検証のしようが無いんですけど、
 外れてはいない気がします。」

Kさん「自覚はないですけど、
 グリップを指摘されて、スクエア気味、
 左右を密着させると 打つコトもそうですけど
 テークアウェイの初期が始動し辛い というのはあります。」


店長「ですよねー。
 テークアウェイの基礎的なチェックとしては
 シャフトが概ね 地面と平行になった時、
 フェースがシャット、 自分の前傾と同じ感じの下向き
 ってのがありますけど
 それって ´△虜枯咾世韻如.董璽アウェイを取っちゃう、
 グリップがルーズ目な人は 出来ないと思うんですよね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

 ですので テークアウェイの修正、訓練は
 その基礎的なチェックと グリップとの兼ね合い、
 同時進行になると思います。」