質問「右手の伸ばし(右打ち)、リリース について
 はどうでしょうか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「バランスボールを持ったまま、
 トップの位置から からだを廻す と
 ボールソノモノ の重さ と運動によって
 ボールは下に下がろう、落ちよう とします。

 腕の作業は それを ゴルフで言うトコロの
 フェースの下向きに変えてやれば良いだけで
 からだは廻っていても それはグリップの移動が成されているだけで
 ダウンスイング〜インパクト程度の 回転では
 グリップとヘッドの位置関係が『反転する』ほど移動していませんから
 二重で からだの仕事を奪わなくて良いのです。

 結果、重さと遠心力が掛かって
 右腕(右打ち)は伸ばされてしまいますが、
👉それは拒否しない、
👉そして 下向きに誘導する
 となると
 左手は円の外を通って、
 しかも その先、上に逃げて行かないと
 フェースの下向きは誘導されません。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ダウンスイング、切り返しの左腕の下がり は
 主に からだの向きで行います。
 苦手な人は 少し 左腕の下がり先行で
 からだの回転に同期させるようにしても良いと思いますが、
 自分で下げる積極性は 特にありません。
 むしろ 重要なのは インパクト以降の左腕の上がり、
 左上腕の上がり、上下関係と言う意味での左脇の空き に
 なると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

✋ココが上に逃げてくれないと
 ヘッド軌道が内に切り込んでしまいますから
 へっそ姿勢やヘッド軌道の安定性を欠きますし、
 場合によっては 内に切り込み過ぎ、
 その結果、軌道に対し 開いた状態のヘッドが作られ
 アウトサイドイン や フェースの開き という
 変な スイング理論に埋没してしまう
 可能性が秘めているので
ボールをつかまえる、
ボールをつぶす、
上から打つ、
ロフトを締める、
 と言う点において インパクト、インパクト以降の
 左上腕の上への動きはとても大切なのです。
flat-spot-hand-path2 (1)

 コレ 誤解を招くので あまり言いたくないのですが、
 歴代のトッププロの ヘッド軌道 と
 グリップ軌道のデータの平均値を取ると
 俗に言われる ダウンブローは
 薄〜く ですが
 グリップが上昇しかかったトコロにインパクトがある
 と言うのが有るのです。
 ✋ドライバーショット って訳じゃあないですよ。
 その方が インパクト姿勢が安定し、
 インパクトをゾーンで長く取れる というコトなのです。

 くれぐれも煽って振ろう
 上を向いて振ろう と言う意味ではないですよ😵