店長「重さ3舛△襯丱薀鵐好棔璽襪鮖箸辰
 疑似的なゴルフスイング、からだの回転をすると
 そのボール自身の重さ や 運動で加わる重さ
 によって 腕は伸ばされようとします。
 腕の付け根 である 肩から離れようとする訳ですが…。」

質問「これが スイングにおける遠心力
 というコトになるのですね。」


店長「そう思います。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ヘッドに遠心力をかけて・・・大きく振る
 みたいなニュアンスで遠心力を考えているゴルファーも多いかと
 思うのですが、腕の重みもクラブの重みも
 クラブ・ヘッドにではなく 自分のグリップ部に
 かけるのは ニュアンスも含め、かなり差があると思います。

 その際、ですが、腕は伸ばされることを拒否しない
 程度の感覚で 自身で無理に伸ばそう、伸ばそう としない方が
 良いかも知れません。

 腕の仕事 は
 その掛かる重さ、不可抗力、遠心力 を利用して
 フェースを下向きにするよう 伸ば『される』コト

 だと思います。」

質問「左手は打つボールに近い方、
 右手は自分に近い方 というコトになりますよね。」


店長「はい。
 最終的に クラブがターンをするのは
 からだが向きを変える、左を向くからで
 それは からだの向き、
 アマチュアの我々であれば 脚に任せた方が
 楽だと思います。」

質問「クラブに遠心力を掛ける という想い違いが
 色々なミスを誘発しているのでしょうか❓」


店長「それは大いにあると思います。
(jc(jc5










 ボールをつかまえる のは
 フェース、ヘッドの向きを閉じるコト
 などの 誤った情報もそれを後押しすると思いますし、
 打つボールでは無く、クラブを投げる、
 目標方向に投げる と言う漠然とした思い込み が
 本当は 左手の方が打つボール側 なのに
 右手がボール側 という 自然な流れではあり得ない
 無理やりな姿勢を造り出そう とする訳です。」

質問「確かに つかまえ、脱スライス を
 フェースの向きで考えていると
 左手の方がボールに近い は
 まるで行きつかない発想になりますよね。」


店長「そう思います。

 両肘とグリップで作る よく言われる腕の三角形、
 その下側と言うか、裏側をボール、目標方向に向けたまま
 では フェースは絶対 左は向きませんから
 スライスしか出ない印象は強いでしょうね。
(jc6(jc4(JC7










 逆に その上側、表側をボール、目標方向に向ける
 の動きは からだの回転でするのなら
 早い段階で からだを左に向けなくてはいけませんし、
 それを避ければ 左の壁 と称して
 左サイドを止めて 腕のターンだけで振らなければなりません。

 根源とまでは言えないかも知れませんが、
 諸悪はここら辺から始まっている と思うのです。」

質問「でも 多くの人はその部分には気付いておらず
 全然違う、見当違いな 見た目の改修ばかり に走る のですね。」


店長「ですね。。。
 クラブの機能を考えると
 それを無視した、独自の方法な 手打ち になる訳ですが、
 それでもボールが打てるようになった努力と時間
 の結晶である、伸び上がりであったり、手の返し…
 気に入らない部分があったとしても
 それを治すとボールは打てない、強く打てない、
 今まで通りに打つと なんだか 良い動きに見えない、
 という 出口の無い矛盾にハマる のです。
 悩んでいなければ、からだを傷めていなければ
 それは それで楽しいですけどね😄😄😄」

質問「からだの回転 と 手打ち の話し だったと思うのですが、
 結果として 本当の意味のインサイドから と
 アウトサイドイン というコトになるんじゃありません❓」


店長「私はそう思っています。
〇フェースを閉じる、
〇右手と左手の関係を反転させる、
〇クラブの遠心力で飛ばす、

 そう信じている人がボールを打つと
 インパクトでからだを止めても、開いても、
 どうしても それらをするには 意図的な振り遅れ、
 からだの向きを先行して動かして、
 空間が出来てから 腕を振らざるを得ません。

 そういう『順序』である限り、外からクラブは入って、
 内に切り込むような形にならざるを得ない…。
 軌道は結果論ですし、副産物に近いんですが、
 軌道が悪いんじゃないんですが 『軌道を治そうとする』
 悪い言い方ですけれど、はしか にかかって
 肌に発疹が出来るのと同じで、それを治しても仕方ない、
 元を絶たなきゃ、元を治さなきゃいけないのに
 その結果論である 軌道を治そうとすれば、より深みにはまる、
 そういうコトなんだと思います。」