◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2022年11月


店長「からだの回転で グリップを移動させ
 クラブを、ヘッドを引きずってくるように 振る。
 あたかも ボールの内側、自分側を空振りというか
 すり抜けるように振るコトになるんですが、
 からだを廻すと クラブや腕には遠心力がかかります。
445
 この表現で伝わるか微妙ですが、
 その遠心力を グリップからヘッドの方向 に掛けたのでは
 スイングの主導権は 遠心力に取られてしまいます。

 クラブの構造を考えると
 ヘッドやクラブの重さ、シャフトのしなりなどを利用して
 重さを ヘッドからグリップ方向に使ってあげると
 グリップに遠心力が掛かりますので 腕は伸ばされる、
 腕の生えている肩からグリップは離れようとします。

 それを利用して ボールに届かせてあげればよい、
 自分で無理に伸ばそうとする必要は無く、
 拒否しなければ 積極的に伸ばそうとしなくても
 グリップは肩から離れ、ダウンスイング時
 回転自体も伴って グリップの位置は低くなって行きます。

 前傾姿勢を取っていますので
 その懐の中で腕を伸ばせれば、腕の重さは負担になり難いですし、
 逆にその重さによって 前傾も維持し易い、
 結構、良いコト尽くめ なんですよ。」

質問「なるほど。」

店長「本題とは離れるんですけど、
 手で振ってしまう人は そもそも テークアウェイで
 まるきし 右を向いていない、
 厳しいですけど 右を向いた振り をしているだけ です。
((((((((_Moment
 ですので からだの回転が「発動」してませんので
 円ソノモノの意味も、前傾姿勢の意味も失ってる。
 始めっから 意味のない 真似事の前傾姿勢なんですから
 伸び上がる=失ってるのではなく 始めっから中身がない前傾
 なだけなんですね…。」

質問「厳しい〜。」

店長「それと アウトサイドイン とか インサイドアウトとか
 スイング軌道論 は 実際には
 どこが、どの地点が スイングの一番膨らんだ部分になるか という
 ダフリやトップ、のスイングの最下点 と共通する課題 で………」

質問「あああ 言われてみればそうですね。」

店長「ダフり の例が一番分かり易い と思うんですが、
 例えば ダフリって ボールの手前をダフるコトはあっても
 ボールの先、飛球線側をダフる って聞かない、じゃないですか❓」
 (それって ターフを取る って言うのかな❓)

質問「そりゃ そうですよね。」

店長「ソレって ボールに対し、地面に対し
 ヘッドが届き過ぎている、長くなり過ぎている ではなく
 クラブ、グリップの横方向に動きが足りない、
 進行が滞っているコトが
 主たる原因なんです。」

質問「ダふっていることの解決は 遠近ではなく
 左右(前進不足)であると❓」


店長「即解決って訳になるかどうかは別として
 ヘッドの遠近とか、スイング軌道で言うと もっとインとか
 ヘッド軌道、クラブ使いの方に神経が強く行ってしまう は
 ヘッドをどう動かすか につながり
 それの カードの裏は グリップを止める なんです。
 それは 傷口を広げるか、問題が転移する になり易い…。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 アウトサイドインは 早くにクラブが長くなってしまう、
 軌道が膨らんでしまうコト が多いんですけれど
 それを 膨らまないようにする ではなく
 膨らむ場所を もっと前にする の方が
 傷口を広げるになり難いんです。

〇ヘッドでは無く グリップの移動がゴルフスイング、
〇からだの廻しは グリップを移動させる為

 という 一番の鍵になる原則から離れてはイケナイ のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で、ココからが スイング軌道の『罠』なんです。」

質問「え?! どういうコトです❓」

店長「クラブやヘッドの通る道筋、通り道が 軌道 なんですが、
 本来 その軌道は 自分がどういう風に
 からだを廻しているか によって形成されるモノ、
 アウトサイドインが良いか、悪いかは別にして
 アウトサイドインを修正したいのであれば
 からだの廻し方を修正する筈なのに、
 そこには至らず、からだの回転とは分離した
 腕やクラブで『道のり・道筋』だけを変更する
 手打ち〜手振りの入り口になります。」
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
質問「言われてみれば そうですね。」


店長「本来の仕組み、順序であれば
 主にダウンスイングになりますが、
 からだの廻し方はどうなのか❓
 その廻し方において
 トップの位置で クラブがどこにあって、
 どんな姿勢から始まると どういう風になるか、
 つまり からだの廻し方以外、
 腕やクラブは動かさないコト、動かない時の姿勢
 などが問題になるはずなのですが、
 実際には その反対の『クラブの動かし方』
 『腕の動かし方』という非常に難解な部分に
 取り組むコトになるのです。」

質問「あああ 確かに 動かし方 になっちゃいますね。」

 
店長「ましてや、スイング軌道の元 が
 クラブをいつのタイミングで長くするか、
 どこで遠くまで届かせるか なんて発想は少ないのですから。」

質問「無いッスね。。。」

店長「どのクラブでもそうですが、
 トップの位置から 地面を引きずってくるように動かすのが
 からだの回転で動かせる 最大の量であり、道筋です。


 移動の動力がそれしか無い✊ のですから。

 それよりも 大きな弧、長い道のり になると
 別な動力源、この場合は 手・腕 になりますが、必要になり
 それは からだを止め、からだと切り離して動かさないと
 使えないのですから どうしても 手打ちの道 に進むコトになります。


 からだの向きで引きずってくるように クラブを動かせば
 最終的には スイングは円を描きますが、
 クラブはスライドして動くように ヘッド姿勢、
 この場合ロフトやフェースの向き、ヘッドの進入角度などは
 円を描いても その変化は緩やか になります。
001002







 ゴルフ用語で言うと 『大きな円を描く』 は
 そういうことを指します。
 スイングアークを大きくする とも言われますが
 本当に 円を大きく、ヘッドが遠くに届くように振る
  と言う意味では無いですが、誤解されガチ です。」

質問「大きな円で振る ってそう言う意味なんですね。」

店長「そうですね、誤解されガチ です。
 おそらく それを言葉にしてアドバイスしている人も
 理解していないケースが多いんじゃないですか⁈


 一方、引きずって動かすよりも 大きな円、長い道のりになると
 クラブヘッドは重心が 握る棒の先、延長線上に無いので
 多くの場合、開いたり、閉じたりが伴ってしまいます。
 そして ヘッド自体を動かせば 手が止まる、
 からだの回転と切り離されているコトが問題になる のではなく、
 円が小さく、ヘッド姿勢の変化が激しくなる の方が問題になってくる、
 そして 無限回廊なので 何十年やっても答えは見つからない・・・
 ですね。

ヘッドが開いている とした ヘッドを閉じなくてはならない
ヘッドを閉じる〜動かすと グリップの進行が滞って
インパクトポイント〜スイングの最下点が手前になる
その 繰り返しになります。
スライスを防ごうとするとダフリ、
ダフリを防ごうとするとトップかスライス って奴ですね。
故に 地面から打つショットではボールがどんどん中に入って来て
 左寄りで打つドライバーが苦手になる
ターンがし難いフェアウェイウッドを中寄りのボールで打つのですから
上手く行かないのは必然と言えるんです。
445413







  ヘッドを動かす、ヘッドの方をたくさん動かす は
 円が クラブの長さ、それが半径になるので
 円が小さくなる そういうことを指すのですが、
 速く振りたい、大きく振りたい、大きな弧にしたい と
 真逆な ヘッドを振ってクラブの半径で振る を
 同時に実施しようとするのですから 難しいです。

 そして そのどこにも 円の源である からだの回転は
 入ってこない 
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇元ネタ https://www.youtube.com/watch?v=bQK1Q... 〇大人の学びなおし教室 https://www.youtube.com/@otona-golf https://www.instagram.com/akihiko_has... https://www.facebook.com/otona555/ https://note.com/akihigolf

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「アタックアングル〜入射角度、
 それと クラブの長さの造り方…
 それらを考えているとですね…、
 私 ふと疑問に思ったんですが、スイング軌道の
 インサイドアウトとか、アウトサイドイン って
 ソコがポイントなんじゃないか と思ったんですが…。」


店長「うわ… そこですか。
 ソコに気付いちゃったんですね。
 その話は 頭がこんがらがり易いので 避けたいんですけどね…。」

質問「はい。
 ボールを打たない 素振り で仮定すると
 クラブの長さを短いまま で振ると 円は小さい、
 アドレスの状態やクラブを最大の長さ、
 遠くまで届かせる状態にすると 円は大きい、

(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 元になる スイング軌道は 全く同じ🔥 だった、としても
 その長さの造り方って言うか
 いつ長くして、いつまで短いまま でいるか
 によって インサイドアウトも アウトサイドイン も
 まぁ 見た目のスイング軌道ですけれど
 如何様にも出来るんじゃないか と思うんです。」


店長「正解。その通りだと思います。
 インサイドアウト、アウトサイドインの理論が
 ゴルフ界に入ってきたのは おそらく50〜60年位前だと思うんですね。

 おそらく なんですけれど
 仰る通り、クラブの長さの造り方、
 いつ長くするか、いつまで短さをキープするか、いつリリースするか、
 そういうコトを言いたかったんじゃないか
 と思うんですが、
 そこは ちょっと伝えにくい、伝わり難いニュアンスが
 多分に含まれているので もっと簡易に
 軌道論に変化してしまったんだと思うんです。」

質問「確かにややこしいですもんね。 

 コレって 全く同じ軌道を描いても
 長さの取り方が違えば、インサイドアウト、アウトサイドイン
 どちらも作れてしまうので
 元、ベースは合っているのに
 軌道の方を変えてしまう、ベースを変えてしまう
 という道に発展してしまわないですか❓」


店長「そうですね。
 世の中にある スイング軌道論は殆どがその道 です。

 正当な路線 では
 良く言われる 溜め…クラブが短くなった状態 が
 長くなっていく過程 で インパクトを迎える、
 それが インサイドアウト です


 アウトサイドイン とは
 早い段階で クラブが長くなってしまったコト で
 仰る通り ベースになる軌道は同じ です。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 ただ 話しの根底には
 からだの向きで グリップを移動させ
 クラブやヘッドを引きずって動かす があるんですが、
 そのひきずる って言うのも
 等速で移動させていたり、加速状態で可能なことで
 スイングを終わらせるとなると
 打った後、減速に入りますから
 グリップが運動の慣性の残るヘッドに
 追いつかれてしまう可能性があります。
 勿論、それは打撃の終わらせ方、ショットのオマケ の部分で
 けがをしない為には重要ですけれど
 打撃ソノモノではありません。

 短くして使っていたクラブが
 インパクト後 ヘッドがグリップを追い越したり、
 遠心力でヘッドが大きく膨らんだりしようとする、から
 クラブが長くなるので インサイドアウト になりますが、
 実情は からだの向き通りの インサイドイン です。
 無理やりインから入れたり、アウトから入れたり
 作為的にするには からだの回転と切り離すコトになるので
 その スイング軌道の発想そのものがとても危険 なんです。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s

 そのクラブの長さの造り方 を 無視?なのか、
 すっ飛ばしてしまって
 単に軌道の インから、アウトから、 を
 上手く行っていない原因として 修正、
  …この場合は アウトから の方でしょうね、

 ベースは正しかった軌道を変えるコトになる、
 つまり からだの回転では無く、
 腕先、手先での修正になる というコトになります。」

質問「つまり 手打ちになる というコトですか❓」

店長「ややこしいですけれど
 軌道そのものは合っている(クラブ扱いは合っている)、
 しかし、長さを出しちゃうタイミングが早い から
 アウトから入って見える😬 を インから に修正すると
 どうしても 必要以上なフェースの開閉 が付いて来ます。
 それでも ちゃんとボールを打つには
 手で ヘッドターンをしなければならなくなる ので
 からだの回転では立ち行かなくなります。

 まあ 分かり難い、伝わり難い部分の代表 なのですが
 クラブの長さの『造り方』はとても重要な部分、
 飛ばすコトや確実性 と密接な関係にあるんですけれど
 そこが スイング用語の中から
 ぽっかりと欠落してしまっている んですよね・・・。

 スイングの溜め とか、リリースとか、
 受け入れやすいイメージだけが先行している気がします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〆廼瓩離屮蹈阿念貳峪温佑砲覆辰燭里蓮

「ヘッド/クラブをひきずる」の一連の回です。

〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

ブログは過去のものと同様のテーマを、

視点を変えながら考察していくというものが多いのですが、

この一連の回は特にそうでした。

どうも私が勘違いしていたか、

あるいは曲解していたのか、

クラブを身体正面に維持させないといけない

=クラブが遅れぬよう一生懸命グリップ、

クラブを身体の左へ左へ送ることと思っていて、

これが結果的にクラブを縦に振っていたことに

繋がっていたように思いました。

貴方にはどう見える❓_Moment(4)

最後の言葉「割り切って一気にからだを左に向けるんです。

からだを開く。それがからだの回転です。

は目から鱗でした。

やったらダフらない、右にすっぽ抜けるわけでもない。

ラウンド中は昔の記憶と習慣が顔をだすので、

全てのショットでできないことが目下の悩みですが。



 

ヘッドを引きずって回る動画、とてもわかりやすかったです!

ヒントを頂き練習器具で確認した動きと組み合わせてみました。

 いきなりやっても、童と処のメイクラブの様なぎこちなさ、、、

 一つ「コ、コレはもしや!?」というのが感じられました。

Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 トップから落とし始めは急発進急加速するとドダフリ多発。

(多分腕が先行しちゃうのでしょうか?)

反対に、落とし始めをふんわり始めて体重移動と回転で加速すると

結果的にHBSクラブ特有のロフトが立って入射して

しっかりボールを潰した感触。

(コレがワンモーター感覚なのかな?)

 

 週末は先輩達のスイング動画のリズムに着目して学びたいと思います。

ヒントブログ、いつも感謝です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。

この度、ハミングバードスポルテ店舗への進入口となります
入り口部分の 橋の架け替え工事が行われます。

期間: 令和4年 〜12/27 まで
Desktop 2022.10.20 - 12.09.34.03_Moment

Desktop 2022.10.20 - 12.03.09.02_Moment(2)
👉👉👉Google マップ
それに際し 徒歩、クルマ、バイクでお越しのお客様は
通常 渡られる橋(工事中)の西に当たります
 一つ前の橋を渡って 裏を通って頂くことになります。
Desktop 2022.10.20 - 12.01.16.01_Moment
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment
〇少々、狭い道(一本道)であるコト
 (2トントラックは大丈夫と思いますが、
  4トントラックはきついかも…)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(3)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(4)
〇弊社手前の 小さな十字路を 左に曲がると弊社ですが
 コーナーがキツク 直接、左折をされず
 十字路で 
入れ替え*スイッチバック等 強くお薦め致します

✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めしますDesktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(5)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(6)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします

ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが
 ご協力よろしくお願い致します。  店主


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  株)ハミングバードスポルテ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇国赴任してから半年以上経ちました。

〇国でもブログはほとんど毎日拝見しています。

毎度毎度本当に参考になり感謝しています。

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

赴任直前に仕立ててもらったEZ05他について

感想などを少ししたためたいと思います。


シャフト含め慣らしが必要とのアドバイスでしたので、

しばらくの間は初期セッティングのまま過ごしました。

振りごたえの軽さはすぐに解消し、RAD04と変わらぬ感じ。

左へのミスを嫌い、少し極端に変えたいと思い

LOW2へ変更。かなり安定感増しました。

EZ055


その後、セッティングはいじっていませんが、

ラウンド重ねて思うことは

〇飛ぶというより安定感大

〇平均飛距離は確実に上がっている

〇よほどのミスショットでない限り距離を失うことがない

と、非常に信頼感の高いギアだと思います。



ところで、先週末より 〇地名〇 は真冬の寒さになり、

最低気温が氷点下、

ラウンド中も5度以下 という過酷な状況でプレイをしたのですが、

興味深い現象にあいました。

一般的に気温の下降により飛距離が落ちていくはずですが、

EZ05含め全体的にその落ち幅が少ない。

アイアンでも1クラブ違うかどうか。


ティーショットでは、同組のプレイヤが軒並み飛距離を落とす中で、

明らかに落ち幅が少ない。

普段一緒に回り、夏場のドライバーでいえば

20-30ヤードおいて行かれる人たちと同じ距離が安定的に出る。

クラブセットのヘッドスピード依存度が低く、

しっかりボールを潰して打てれば、

距離は変わらないということの証左なのでしょうか。

池田康二202520_Moment池田康二202520_Moment(2)






股関節で回り、身体のひねりや、

腕の力に頼らない打ち方も助けになってると思いますが…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【報告】直近のラウンドですが,

OUTはそこそこでしたが、

INOB2発ありながら ☆☆という驚きのスコアでした。

パー6つにボギー1つ、OBパーとOBバーディが1つずつでした。

パット数は143つのパーは寄せワンです。 

Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)


クラブを変えるまでは100前後をうろついてたのが嘘のようです。


スコアはアプローチとパットで決まるとの

格言を地でいくラウンドで、

重ヘッド柔らかシャフトの恩恵を大いに実感しています。


安定性に関しては、

直近のラウンドではティーショットで

OB4つも叩くなど、左右によくぶれます。

アイアンもぶれますが、今の技量では許容範囲だと思ってます。


〇ドライバーの安定性が当面の課題で、

とりあえず、アドレスでまっすぐ向いているか、

体重が前がかりになってないかを注意してます。


スムーズにスイング出来る時はいい弾道の球が出るのですが、

スイング中に違和感を感じる時には誤魔化して打っている感じです。


OBの時は、誤魔化しきれずにでることもありますが、

違和感なく大曲がりすることがよくあります。

油断して昔のクセが出てるんだろうと思ってますが、厄介です。

 
店主:楽しんでおられるようで幸いです。

ショット動画見させて頂きました。
勿論、ミスなども有ると思うのですが、
弾道質などは かなり良いモノなのでは無いでしょうか❓
飛距離についても 人間の欲は底がありませんから
なんとも言いようがありませんが、
ナカナカなのではないでしょうか❓

スイングのアドバイス…と言うよりも
ショットの安定感に関するアドバイスになります。

frame at 0m44s
動画を見て頂くと分かるかも知れませんが、
 アドレス時とインパクト時で
頭の位置が アタマ一個分ズレます。
✋頭を動かさないように『振る』なんて考えないで下さい。
問題はソコじゃないです。

インパクト時の状態であっても
前傾(股関節部)は十分残っています。
問題アリマセン。
左へのミスの傾向を見ていると
スイング空間の狭さ〜詰まり を感じられます。
frame at 1m10sframe at 1m4s







おそらく 問題なのは
スイング、動作中の問題というよりも
アドレスの方にあると思います。
 
〇ボールと自分との間合い、距離 と
〇アドレスの取り方
 なんだと思います。

ボールとの間合いを少し変えてみるだけで
頭のズレはかなり収まると思います。
長物のミスもかなり減らせられると思います。



インパクト時の姿勢をベースにして
アドレスをもっと体を起こすよう
 ハンドアップ気味に 起き気味に構えられるように
 するのが 長中期的な課題ではないでしょうか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0133
IMG_0134
左から カッパー(ピンク) ・ダークカッパー(チョコレート) ・オイルブラック
IMG_0130
IMG_0129
IMG_0135
IMG_0136
◉カッパー(ピンク)

 使い込んでくると 黒っぽく
 くすんでくると思います
 写真では出ませんが、
 新品の状態はモロ ぴんく^^


◉ダークカッパー(チョコレート)
 非常に渋い柄です。
 双方とも 銅メッキ系ですので
 ダークカッパーは使ってくると
 角、エッジがピンクになってくると
 思われます。


色見本
IMG_0137IMG_0138IMG_0139












IMG_0128
 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372















茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0133
IMG_0134
左から カッパー(ピンク)・ダークカッパー(チョコレート)・オイルブラック
IMG_0130
IMG_0129
IMG_0135
IMG_0136
◉カッパー(ピンク)

 使い込んでくると 黒っぽく
 くすんでくると思います
 写真では出ませんが、
 新品の状態はモロ ぴんく^^


◉ダークカッパー(チョコレート)
 非常に渋い柄です。
 双方とも 銅メッキ系ですので
 ダークカッパーは使ってくると
 角、エッジがピンクになってくると
 思われます。


色見本
IMG_0137IMG_0138IMG_0139












IMG_0128



〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359
また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。

➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365
ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。

➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369
 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップエンドを上に向ける、は
 からだの回転という 横移動を利用して
 グリップを下がる、
 言葉のイメージとしては グリップが低くなる
 と言う延長線で行われます。

 要するに クラブの構造、重さを利用して
 横移動に 自由落下では無いですけれど
 落下を組み合わせるような感じ なんですね。

 ですが、コレソノモノには 
 大きな横移動がありませんから、
 どんどん向きを変え続けないと ボールに当たらない…。

〇グリップエンドを向きを

 支部長はそこら辺は大丈夫だと思うんですけど
 ソコに到達するのって 結構な意識改革が必要です。


 クラブを持って こんな素振りをしてみて下さい。
 動画の通り、からだを廻す ではなく、
 足、靴の踏み変え で向きを変えます。

 トップの位置から グリップは落下させますが、
 ヘッドを動かすと ボールのトコロに辿り着けません。
 ヘッドを動かすと からだが回れなくなるから です。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 前傾姿勢が無い ので
 本当にボールを当てるには ちょっと 下に振る
 が入っちゃうので 素振り が良いです。

 ヘッド単体は動かさない、グリップは移動する、
 ですと ヘッドの方が進行方向後ろ、後になります。
 色んな意味でハンドファースト って奴ですね。

 そうすると 落ちようとするヘッドの重さが
 グリップを進行方向に押します。
 コレって 重い方がその力が強いですし、
 シャフトの柔らかさがあると 押すチカラ、
 押す速度も速いです。

 この場合、前傾姿勢はないので 仮想の、なんですが、
 アドレス時の 左腋の下辺りを通過ポイントと考え
 グリップエンドを上に向けるつもりで
 打ち終える、素振りをしてみて下さい。

 グリップが下がる、落ちる、
 ハンドファースト…からだの向きで移動するんですが、
 それによって グリップが横に押される感覚、
 そう言うのが掴めたら OK です。
 あまり コレに固執すると 下に振る癖、
 それによって からだが止まる癖なんかが付いちゃう人
 出てくるので ご注意を。


 で 支部長の話しに戻るんですけど、
 グリップエンドは上に向けて抜くイメージ で
 そして からだの回転はグリップを移動させるためのモノ
 という前提の上で 

 切り返し は
  もう『一気に左向いてください
  
ガバッっと
  手なんか動かす暇 無いです。

 外から入っちゃう とか、
 アウトサイドイン になっちゃうとか、
 ロフトが とか、
 全部 忘れて 思いっきり 左向いてください

 繰り返しますけど
 からだの向きは グリップを移動させるためのモノ で
 左を向いて『から』 ナンカする ではなく
 左を向くコトが『打つコト』です。



 あと ですね、
 コレは別な記事で書こうと思っていますけれど
 (書いても良いのかしら プロ❓)
 橋爪プロの神レッスンの中で出てきます。 コレ

✋インパクトポイントはココ です。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 からだの正面で打つ には イメージ として
 ココをインパクトポイント にしないと出来ません。

 見た目の からだの正面、
 イメージの中にある インパクトポイント よりも
 50儖漫“球線側にありますよね。 もっとかな❓

 ココがイメージできるだけ でも
 アプローチは抜群に良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。

この度、ハミングバードスポルテ店舗への進入口となります
入り口部分の 橋の架け替え工事が行われます。

期間: 令和4年 〜12/27 まで
Desktop 2022.10.20 - 12.09.34.03_Moment

Desktop 2022.10.20 - 12.03.09.02_Moment(2)
👉👉👉Google マップ
それに際し 徒歩、クルマ、バイクでお越しのお客様は
通常 渡られる橋(工事中)の西に当たります
 一つ前の橋を渡って 裏を通って頂くことになります。
Desktop 2022.10.20 - 12.01.16.01_Moment
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment
〇少々、狭い道(一本道)であるコト
 (2トントラックは大丈夫と思いますが、
  4トントラックはきついかも…)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(3)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(4)
〇弊社手前の 小さな十字路を 左に曲がると弊社ですが
 コーナーがキツク 直接、左折をされず
 十字路で 
入れ替え*スイッチバック等 強くお薦め致します

✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めしますDesktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(5)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(6)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします

ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが
 ご協力よろしくお願い致します。  店主


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  株)ハミングバードスポルテ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





店長「ダウンスイング時での 手の下がり も
 それに伴う インパクト付近の手の浮き、
 グリップが体に近いトコロを通過する、
 もすべてそうなんですけど
 やはり 象徴的なのは
 インパクト時の『からだの起き上がり』ですね。

 これがナニから導き出されているか、
 なんですけれど、
 ビデオ茲鯣妙に何回も見ると
 切り返しからの からだの回転、
 左向きの始まりが 早い んですね。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 蕕諒は 1タイミング、
 回転のタイミング(始まり)が遅い上 に、
 からだが 左右分かれて動いているような
 始めは左半身が動き、後半、右半身が動くような
 別々な動き方をしているように『見える』んです。

 ですので 蕕魯ぅ鵐僖ト以降(後半部分に相当します)
 左半身が左を向かない(動いていない)ので
 空間が無く、からだが詰まるので 伸び上がる反応をする、
 と言った感じです。


 一方、茲離咼妊は
 からだの回転が 早く、 左右が1ピースに
 間断なく、継続して動いている為、
 からだの回転によって 腕やグリップが
 からだに巻きつくような形になるので 浮き上がらず、
 からだに近いトコロを通る んです。

🌞世の中では それを 『左サイドのリード』
 なんて 言葉で表現されるんだと思います。

 からだの起き上がり なんて 今回のテーマでは
 全く意識の無い、テーマと直接関係ない部分 なんですが、
 結果として からだの回転が早く
 起き上がる「必要がない」ので 起き上がらない、
 という なんだか締まりの無い話し になっちゃうんですけど
 そういうコトなんだと思います。
〇グリップエンドを向きを

 まあ 結果論になっちゃいますけれど
 グリップエンドを上に向ける、
 上に動かそうとする としても
 始める位置は 高いトコロにあって
 グリップエンドは下を向いていますから
 からだを直ぐに回さざるを得ない。
 一番 変わったのは からだの廻し方、廻し始め、なのです。


 蕕離咼妊は 左右のからだが別々に動いて『見える』のは
 その側の腕が活躍している、動こうとしている
 というコトになるんだと思います。

 コレは からだの回転 👉向きの変更の目的は
 『グリップの移動』と言う大前提の元、
 切り返したら一気に左を向く、
 グリップエンドは空に向けて、で 間を置かず 左を向く
 で 煮詰めていくのが良いのでは無いかと思います。

 ゴルファー 皆のお手本になるので
 頑張って続けて欲しい んですけど…。





 では また明日 👋👋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに関連する中でよく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

 アラガエナイチカラ、逆らえない力 を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。

そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が

 「仕方がなかった」
というのがあります。

車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます

 どのスピードか は 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。 
 確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います


自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
    🚙🚗 {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。

良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです
会田20210701_Moment(2)
☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている  
 ヘッドターンをしようとしている人の

不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれに抗うか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です


道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
そろそろ その行為 動作 
 そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃? じゃありませんかね


 〇楽する為 〇効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
道具を持った方が上手く出来ない
こんなコンピューターが進んだのに
基本設計 基本構造は変わらず
原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
 それに「理由」が隠されているって思いません?
 それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
 こんなにやっても こんな人数でトライしても
 こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです

 自分の側から クラブを見るのではなく
 クラブの側から 自分を見る時が来たのではないでしょうか
                 (2009年7月当ブログより転載)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





支部長「 切り返し時 グリップエンドを上へ  で動いた方が
 インパクト時 ヘッドが来るのを待たなくて良い 感じです。

 そして この方が ヘッドも インからアタックしています。

 中々 上手く出来ませんが…。」

店長「そうですね。。。

 多分 ですが、スイングタイプとしては

 右のスイングの方が安心感は高いような、

 違和感は少ないような気がしてはいるのですが…。


 スライスが出にくい振り感なのでは、と。

〇グリップエンドを向きを

 一方、

 グリップエンドを上に向けて抜く、あくまでもイメージですが

 そちらの方がグリップの下がりも良く、

 そのせいで 気になる部分である

 インパクト付近のグリップの浮き、

 からだからの離れ も改善され

 かなり良い状態だと思います。」

支部長「
左の方がグリップの下がりも早いです。」

〇グリップエンドを向きをどこへ - f
支部長「ご所見のとおり 右が違和感ありません。
 左は 練習場では出来ても コースは まだまだ だと思います。

 

 ただ 左で打てた時の 当たりは とても良く
 特に 距離・方向の精度が要求される アプローチでは 抜群な感じです。

 色々と やってみます。」

店長「茲離好ぅ鵐阿蓮▲ぅ鵐僖トまでの時間が微妙に短い、
 早いタイミングでのインパクトになるので
 慣れが必要になるかと思います。


 ダウンスイング時での手の下がり
 手(グリップ)の降ろしではなく、『下がり』ですね、
 奇妙なモノで ダウンスイング初っ端から
 降ろす、下げる、のではなく その真反対の
 グリップエンドを上に向けて…
 どちらかと言うと 下げず、降ろさず、 👉上げる
 に近い意識 の方が  グリップの下がりが良い😊 のです。

 それによって インパクト時の手の浮き、が改善され
 からだに近いトコロ を 通っています。
 当然、なのですが、からだに近いトコロを手が通ってますので
 ヘッド軌道もコンパクト、小さめな軌道、
 短いクラブ で インパクトに入れますので
 今までよりも アタックアングルが確保出来る。
 それが弾道の良さ、アプローチの精度につながっているのだと思います。


 また、よく見ないと判別が難しいですが
 インパクト時の伸び上がりも かなり改善され
 とても良いスイングの方向性(弾道も、ですが)、改善点だと思います。

 スイングの改良は
 今回のように 切り返し時から
 グリップエンドを上に向けて✋ のような意識で
 よりグリップ、手が下がるようになったり、
 それに伴って インパクト周辺の手の浮き や
 グリップのからだに近いトコロを通過出来るようになったり、
 インパクト前後の 伸び上がり が改善されたり と
 まったく意識していなかったポイントが
 だいたいの場合ですが、同時に複数、改善されます。

 正直、な感想ですけれど、
 なになにがダメ、何々を治したい、
 特に からだの動きを直接修正したい場合、
 その時、その箇所を治すのは有効でない場合が多いです。

 なんと言えば良いのか、ちょっと例えは悪いですが、
 背中が痛いのが胃炎だったり、
 心臓が悪かったりする のと似ています。」

店長「そして 今回、一番 変化したのは…ですね…。」

 続く・・・👋👋
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転で グリップを動かし
 クラブ、ヘッドは引きずる と言う概念で
 ゴルフスイング全般を見ると
 今まで 見えていたものと全然別なモノが、
 別なモノに見えて来ました。」

店長「うんうん。そうでしょ⁈ そうでしょ。
 シャフトを振らない、クラブは振らない、
 でピンと来なかった人も クラブ(ヘッド)は引きずって
 でなんとなく掴めた人も多いんじゃないかな❓」

質問「はい。トレビノ先生のコレなんか 正にソノモノずばり で
 地面で引きずっていたのを 立体、空中ですると
 こんな風になるよ と 言っているかの如し でした。」
店長「スイングの発想 常識 が変わると
 スイングの『見え方』も変わって来ます。

 ブルース(高橋)プロのコレも同じだよね。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







 からだの向きで グリップを引きずる から
 ヘッドは長さや運動の速度も加え、その重さ分 遅れる、
 それが 世に言う『溜め』になる。

 フェース、ヘッド姿勢の造り方 にもよるけれど
 高橋プロの写真で言うと
 ヘッドが重さで落ちようとする その力も
 グリップを押すチカラとして使えるので
 ソコを解いちゃったら あとは「チカラ技」で
 打つしかなくなっちゃう。」

質問「グリップを手で進行方向に押す のではなく
 からだの向きで移動させる、
 引っ張る訳では無いのかもしれないけれど
 からだの向きで移動させる というのはポイントなのですね。」

店長「はい✊✊✊
 だから 一気にからだを左に向ける、
 からだを開く感じになる、
 しっかり 最後まで左を向く、
 その速度〜左を向く速度 が 結果、あくまでも結果
 ヘッドスピードになるんであって
 字面では似ているけれど 『ヘッド』スピードを上げる を
 その言葉通り 『ヘッド』で行うのとは全く違う。」

質問「ソコが理解できると大きいですね。」

店長「はい。
 今更 だけど ヘッドはグリップを追い越さない、
 いえ 正しく 追い越せない んですね。
 動力は グリップを移動させるからだの向き なんですから。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ヘッドを引きずる のと
 ヘッドがグリップを追い越す
 この二つでは インパクト付近のロフトも異なりますし、
 当然、ヘッドのアタックアングル(入射角度)も異なります。
 後者の方が ロフトは増え易い ですし、
 反復性 と言う点で非常に問題があります。
 アタックアングルも緩くなります。

 ロフト姿勢、アタックアングルも一定に成り易いので
 あとは、通常のショット もそうですが、
 アプローチショットの距離感は からだの回す速度感なのです。
〇アプローチは早い段階でかなり良くなると思いますよ。

 ヘッドがグリップを追い越す って
 単に ヘッドの遅れ、溜め、
 その差が フェースの開き になっているから
 打つ為、当てる為に補正を欠けている に過ぎない
 と言えなくもない。
 フェースやロフトの開きが問題なんです。」

質問「上げ方に課題がある というコトですか❓」

店長「それもありますが、
 発想が 木乃伊取りが木乃伊になるのスイングタイプなので…。
 巻き戻して考えると ヘッドがグリップを追い越す為に
 上げている可能性も否めない ので
 その『呪い』から自分を解放しないと難しいかも…です。」

質問「最近のプロで お薦めな人はいますか❓」

店長「そうですね、引きずる動きが見やすいのは
 ネリーコルダ選手じゃないですか❓

 インパクト時、左ひじが曲がっている、
 伸びてないのは特徴的。
 真似は出来ませんけれど その象徴ですね。
 妹の彼女の方がサイボーグチックというか 機械的。
 ちょっと硬質な感じで
 姉さんの ジェシカコルダ選手の方が 人間ぽい感じがします。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スタンスの向きって 長年の懸案事項だったんです。
 なんだか 胸のツカエが取れたようです。」


店長「^^ よかったですね。

 それは それで慣れるというか
 自分なりの 目標に真っ直ぐ立つ、構える を構築し、
 馴染ましていきましょう。
201902_078_00
 ……と ですね、
 コレも 繰り返していますけれど…。」

質問「まだ なんか 有るんですか😵😵😵」

店長「はいはい。

スタンスの向きの改善は良いことですが、

スタンスの向きに応じての『ボール位置』 は

 もしかすると スイング改造よりも 遥かに❓
 ミスの削減に効果高い かも知れませんよ


 スタンスの向き は 改善されても
 コースへ行けば 自分の球筋や傾向、コースのレイアウト
 などによって 右や左を向かなくてはならない、
 というか 練習場以外で『真っ直ぐ』構えるコトは無い、
 とも言えるんじゃないです❓」

質問「練習場のように マットだったり、
 なにか 構えの目安になるモノってないですし、
 すごく 惑わされます。」


店長「そう ワザと設計しているトコロもありますから…。

 向きを変える時の 基本 は
 ボールを支点として 自分が位置を回転、
 飛球線に対して 前に出る / 後ろに下がるコト
 です。
0e4d08811

 その場で スタンスの向きだけ変えるのは厳禁
 と言っても良いでしょう。

 注意すべきは ボールの位置 です。

👉右を向きますと
 ボールの位置が 右打ちであれば 左に
👉左を向きますと
 ボールの位置が 右、中に入り易くなります。


 嬉しくないパターンなのですが、
 ティーグラウンドに立つ、ティーアップする、
 引っかけが出ると まずい位置に 池とか、OBとか有り
 なんとな〜く 右めを向く。
 その位置のまま 右を向けば
 ボールは外、前、左に位置するコトになるので
 結果、引っかけが出る。 元の木阿弥…。

 スライスが出そう、なんとな〜く 左めにスタンスを取る、
 ボールが中に入ってしまったので
 結局、スライスが、プッシュスライスが出る。

 とても 良くある元の木阿弥パターンだと思います。」

質問「ティーグラウンドの向きや風景などによって
 どうしても そうなっちゃうコトありますよね。」


店長「コレも 練習場やお家での訓練次第 です。
 ティーグラウンドだけでなく、バンカーなどでもそうですが、
 スタンスの向きを少し変える場合、
 左を向く場合、自分が後ろに下がる形になり、
 右を向く場合、自分が前に出る形になります

〇からだ - frame at 0m0s(片手での素振り と クラブの格納_Momen(片手での素振り と クラブの格納_Moment









 練習場で マットに真っ直ぐではなく、
 斜めに向いた時、右・左によって
 向き辛い方が有ると思うんですが、
 そこは 数をこなして 慣れて行くコトです。

 決して その場でスタンスの向きを変えないコト
 これで ミスショットは確定と言って良いんです。

 スタンスの向きを変える場合、一度 仕切り直しを✋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「アドレスの向き、スタンスの向きに付いて
 疑問に感じるコト があるんですけれど…」


店長「はい。」

質問「フェースの目標とスタンスの向きは
 電車の線路のように平行で、
 どこまで言っても
『交わらない』モノなのと言われていますが
 実際、この絵を見ると 交わってるように見えます。」

yjimage
店長「あああ そう言う風に見えますよね。」

質問「番手にもよるけれど、
 ボールの置くところとスタンスの離れ、距離は1mほど で
 線路のような感覚だと
 目標、仮に ピンフラッグだとすると
 私は右打ちですが、ピンの1m茲北槁犬鮗茲襪
 右を向いているような気がしてなりません。」


店長「そうですね。
 これは その方の感覚や距離、番手、
 そして 利き目などによっても異なりますけれど
 例えば この風景があったとしましょう。
5830811
 センターラインを フェースの目標と考え
 1m横、右打ちの場合は向かって左に立ちます。
 アドレスを取り、センターラインに平行??
 遠くの1mズレたところを目標に構えると…
 こんな感じ です。」

質問「合っているような、合っていないような…。」

店長「ですねぇ…。
 では コチラはどうです❓」
583081
質問「こちらの方が 平行に立てている気がします。」

店長「多少、やりすぎではあるんですが、私もそう思います。
 まあ 目の構造というか、
 遠近による錯視のような状態なのだと思うのですが、
 この誤解と言えば良いのか、感覚のズレが
 多くのゴルファーを右に向かせているのでは無いか
 と思うのです。

 練習場ですが コレはどうでしょう❓
2019-12-13
 マットに対し 真っ直ぐ打ち出す目標 としましょう。
 おそらく…ですが、練習場の左右の外枠を見ると
 形状として 長方形に近い練習場に見られます。
 というコトは 自分の打ち出す方向と外枠は平行に近い筈…ですが、
 人間の目にはそう見えません。
golf-2158897_1280
 上の練習場では自分のスタンス目線、こちらはボール目線になりますが
 赤い丸を目標にしていると

 1mズレた ◆,妨かってスタンスを取れば良いのか
 それとも なんとなく ですけれど
 図面的に、ではなく 感覚的に、なんですけれど
 だいたい ですが、 ,妨かって スタンスを取る感じ。」

質問「真っ直ぐは  ,糞いします。」

店長「正解です。

 平行に立つ『感覚』って
 100m先、150m先の 1mズレたところに目標を取る
 のではなく、
 その距離に応じた 視覚として大きくズレたトコロに
 目標を取り、
 再度、フェースのターゲットラインと平行に立てているか、
 を確認する。
 それを刷り込んでいくコトなんじゃないですかね。」

質問「なるほど、参考になります。」

店長「例えば 練習場で
 マット通り、マットに沿って ドライバーを打つ とします。
 ボールとスタンスが1m離れているから
 奥のネットのターゲットの1m横をスタンスの向かう先としたら
 右打ちであれば 右を向いているコトになります。
201902_078_00

 奥のネットまで 150m位あるんでしょうかね。
 『自分がこの風景の中で マットの向き通り 立っている』
 と想像してみて下さい。
 自分の向かう先は フェースの向いているであろうポイントよりも
 10mも、20mも茵横にズレているように見えるんですが
 それで正解です。

 そう言う意味でも ゴルフ練習場はよい訓練の場だと思います。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋✋✋新しい仕上げ あります。
 ダークカッパー(銅メッキ) チョコレート色になります。

IMG_0126
(茲ら テフロンブラック、Wニッケル、クロムサテン、ダークカッパー)
 おそらく…ですが、使ってくると
 角、エッジ部分がピンク色(銅色)になってくるか、と思います。
IMG_0125
 ✋ピン型 デール9でも登場します。
 


Q:初めてのブリストルパターのシャフト
 いきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

 

ただ、届いて打った時に「なんじゃこれ?使いこなせない!」
とならないかという不安も拭えません。


初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますか?
背中をひと押しして頂きたくメールしました。

003

【店主】弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

IMG_1424

.リジナルのアルミシャフト  270cpm

▲リジナルグラファイト95g  200cpm

オリジナルグラファイト90g  170cpm

ぅリジナルグラファイト70g  140cpm

 

,話韻法.悒奪匹僚鼎ぅ僖拭爾鵬瓩ず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

△發靴はでも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180190cpmを境に はっきり出ます

 

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

IMG_1414

パター単体としてい蓮…梢弊、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感に慣れる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

い任△辰討癲‖任舛海覆擦覆ぁ,箸いΕ灰箸倭瓦ありません。
保証出来るほどです。

IMG_1422

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては い枠瑤咾未韻震滅鬚機兵蠢位A垢任垢…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ぁ,任后

 

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは  です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

 

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

 

 

238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカー脱出の ヒント 何かありますか❓」

店長「そうですね、
 年齢やパワーなどにかかわらず 右を見ても、左を見ても
 スチールシャフト全盛の時代ですので
 バンカーを苦労する人は増えているみたいです。」

質問「スチールシャフトがいけない、のですか❓」
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
店長「いえいえ、シャフトの素材による性質に
 特に スチールもグラファイト(カーボン)もありません。
 
 ただ、意外かも知れませんが、
 スチールシャフトの方が『弱い』ので 安全上、硬さ が無いと
 壊れてしまうので、グラファイトのソレに比べると
 シャフトは『硬い』ですね。」

質問「かなり違うのですか❓」

店長「双方、機種や銘柄によって 差がありますが、
 まあ 平均的なトコロで言うと
 サンドウエッジでは スチールシャフトが 硬さ 330cpm以上
 グラファイトシャフトの方が 硬さ 270cpm位
 じゃあないですかね。

 硬いシャフトを、足場の安定しない砂地 で使うと
 どうしても 手で上げがち です。
😵バンカーショットのイメージがソレに拍車をかけるんですが。

 何度も言ってきていますが、
 サンドウエッジは 上げる、高さを取るコトは得意 ですが、
 前に進むのが苦手 です。
 ですので ウエッジは番手の中で一番短く、
 上から打て✊ と言う意味では無く
 長さなりに 入射角度、アタックアングル が生まれます
125788
😢ところが・・・・
 多くの方は バンカーショット で
 サンドウエッジを使っているにもかかわらず
 上げようとする意識が強い。

 開いて上げて振ろうとすると
 入射角度はかなり 緩く、
 入射(上からの角度)が無くなってしまう場合 があります。

 これでは その場で上がるだけで、
 バンカーから出る距離が稼げません。

 また、上げようとする カット打ちのようなショットは
 高さを出す、打ち出し角度を上げる、スピンを増やす、 ので
 その距離、その打ちたい距離、打たなければいけない距離、
 バンカーから出るだけの距離 を打つのに
 そうしないモノと比べると 強く、
 大きく振らなければなりませんので
 非常に 危険度もあがります。

✋開いて 緩い入射角度、そして大きなロフト
 これが組み合わさると
 ボールに打撃力、破壊力が伝わり難い上に
 バンスの強いクラブを『開いて』緩く入れているので
 ボールに到達する前に
 地面との接触が強くなり
 ヘッドが減速してしまい、高さも出ない…。
  …俗に言う 抜けの悪い状態になってしまいます。」

質問「解決方法は無いのですか❓」

店長「手前味噌ではありますが、
 万人向け なのは 👉ヘッドを重くする でしょうね。
✊これは かなり効果があります。

シャフトを柔らかくする もあります。
 入射角度が取り易くなるんですが、
 開いて 緩い入射で入れる方 の場合、
 それを助長してしまう可能性があるので
 ケースバイケース です。
79457
 バンカーが苦手だから と
 より大きなロフト 👉58度とか、60度を選択される方
 がいらっしゃいますが、正直、良いことは少ない です。

 大きなロフトは より力と技術が必要になります。

 バンカーショットのコトを考えると
 ロフト角度は 最大で 56度
 55度でも、54度でも良いと思います。


 ですので 場合によっては
 ロフト角度の少ない PS や AW の方が
 (欲を言えば 52〜53度 がいいですね)
 良い場合も少なく無いかと思います。
 
 少なくとも 58度や60度のウエッジよりも
 脱出は簡単だと思います
✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。

この度、ハミングバードスポルテ店舗への進入口となります
入り口部分の 橋の架け替え工事が行われます。

期間: 令和4年 〜12/27 まで
Desktop 2022.10.20 - 12.09.34.03_Moment

Desktop 2022.10.20 - 12.03.09.02_Moment(2)
👉👉👉Google マップ
それに際し 徒歩、クルマ、バイクでお越しのお客様は
通常 渡られる橋(工事中)の西に当たります
 一つ前の橋を渡って 裏を通って頂くことになります。
Desktop 2022.10.20 - 12.01.16.01_Moment
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment
〇少々、狭い道(一本道)であるコト
 (2トントラックは大丈夫と思いますが、
  4トントラックはきついかも…)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(3)
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(4)
〇弊社手前の 小さな十字路を 左に曲がると弊社ですが
 コーナーがキツク 直接、左折をされず
 十字路で 
入れ替え*スイッチバック等 強くお薦め致します

✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めしますDesktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(5)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします
Desktop 2022.10.19 - 20.28.08.01_Moment(6)
✋一回真っ直ぐ進んで スイッチバックをお薦めします

ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが
 ご協力よろしくお願い致します。  店主


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  株)ハミングバードスポルテ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



(まずは…)練習での気づきについて。

毎回のスイングには多分2つくらいしか

意識出来ないのだろうなと思い様々試しました。

アドレス時に「グリップ、球の位置関係を直して」

 その瞬間に次の動作のために

「左脇・下を通して超信地旋回射撃で外に撃つ」を意識する。

 このくらいしか脳内メモリに保存出来ません。

 染み込むのにもう少し時間をかけたいと思います。

〇アドレスとグリップ_Moment(2)

飛球線方向に振ろうとするとヒップターンで外からかき込む動きに変換される。

 不思議な不思議な感覚ですが、

ちっとも飛球線方向じゃない所に向かう様グリップスタートしたら、

脇を通すつもりができた時は向きの変更で飛球線に変換されてる、、、

 ミスショットも多々有りますが、感覚がすごーく面白くなってきました!

 

👉👉福岡遠征レポ🔥🔥

初コースでしたがスコア〇〇の

自分としては成長を感じる大満足ラウンドでした。

 ドライバー概ね良好、2発どダフり左、

1発ドスライス谷底が有りました。

 

😬同伴者にクラブを渡して振らせて感覚を崩すことも忘れずに実行。

 

アイアンは今のレベルではかなりの上出来大満足

アプローチ、概ねヘタクソトップばっかりで

数発目の醒めるアプローチ有り。

〇アドレスとグリップ_Moment

あまりのヤバさに5UTをチッパーとして使う始末。

 40ヤード以内が鬼滅の刃ならぬ鬼門の刃(刃で打ってるし、、)

 課題と伸び代しか無い。

 パターは教えて頂いた事を思い出して

きちんと打つべき時と距離合わせに徹する時を

分けて無理せず身の丈に合ったパットを心がけました。

 

 練習も身体づくりも次回ラウンドも楽しみですが、

この世代のクラブでもこんなすごいのに

次のセットはどーなっちゃうんだろう、と今から楽しみです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きで クラブ、グリップを引きずって
 動かすドリルは 幾つかの悩みを解消する可能性があります。」

質問「どんな、ですか❓」

店長「例えば ですが、
 からだの伸び上がり、
 前傾姿勢の維持
 ですね。」

質問「マジ⁈ ですか。」

店長「はい。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)










 ヘッドで円を描こうと クラブの角度を振る場合、に比べると

 グリップを引きずって動かす場合、
 結果、としてですが、グリップはカラダの近くを通る、
 クラブをカラダに巻き付けたまま 動くような、
 そんな形 を保ち易くなります。」

質問「確かに、そうですねぇ。」


店長「スイングの始まり、アドレスには
 前傾姿勢、骨盤と大腿骨、お尻と太ももの
 前に倒れている角度差 というのがありますが、
 
 腕が長くなれば 重くなりますが、
 その前傾姿勢の中、
 アドレス時で言えば、
 肩の真下辺りをグリップが通れば、
 長さ として 腕が伸びていた としても
 その長さを前傾姿勢が吸収してしまいます。
 重さによる ワルイ影響を受けにくくなる、
 また 重さが掛かったとしても
 それを 前傾姿勢維持に利用できる可能性があります。」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
質問「あ、なるほど。」

店長「クラブを、シャフトを振る、角度運動させる、円を描く、
 そう言うスイングでは 腕は 前傾姿勢よりもボールの方に出し易く、
 逆に それによって からだを起こさなくてはならない、
 クラブを持った腕の重さ、
 それには双方、遠心力が掛かるのですが、
 前傾姿勢の中と言えば良いのか、下と言えば良いのか、
 微妙なトコロですが、その中を通せれば
 起き上がる必要が無い上に 前傾姿勢も保ち易い、
 遠心力等重さによって 無意識で前傾姿勢は保たれ易いですが、
 前傾姿勢の下、から大きく外れてしまうと
 その重さを支え、かつ ボールを打つのには
 からだを起こさない、前傾姿勢を解かないといけなく
 なりますので 伸び上がり を気にしている方は
 ドリルとして トライして頂くと 何らかの影響があるやも知れません。

 両腕は両方で 10キロを超える重さがあります。
 ソレに遠心力が掛かれば その方向というか
 遠心力の掛かり方 によっては 体を起こさなくてはならない。

 伸び上がりは その必然だった可能性が否めない のです。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


👉ユーティリティ・チッパーご使用の3人の方の感想です

 ロフト選択は 30.34.38.42度
 38.42度が多くなりそうです。
H370_lineup

 長さは
〇ユーティリティとしても使えます
〇パター感覚のアプローチショットで使う

 などを考慮し 35.5〜37.5in から選択。

 パターと同じ 33.34in では
 ライ角度の問題からお薦めではありません。

 また 立って構えられたほうが緊張感が出にくく
 良いのでは…と思います。

✋思ったより 転がらない〜止まってしまう そうなので
 距離感は 少し練習で掴んで頂いた方が良さそうです。



.蹈侫42度 長さ36.5in

 元々 グリーン周りのアプローチが得意ではないそうで、
 ロフト42度の UTチッパーを造りました。

 ランニングアプローチのイメージ だったそうですが、
 思ったより「止まってしまう」そうです。

 スピンが効く とかではないそうですが、
 パター(ブリストルパター)に近い距離感だそうです。

 距離感に慣れると 非常に便利だ、そうで
 この10年のベストスコア更新✊出来たそうです。

 ユーティリティとしては使わなかったそうです。


▲蹈侫38度 長さ37in

 まさに ユーティリティ・チッパーとして
 両刀使いを考慮して 作りました。

 ユーティリティとしては
 アイアンで言うと 6〜7番アイアンの距離を
 かなりのハイボールで打てるそうです。
 😬始めは テンプラ かと思ったそうです。

 👉アイアンの出番がなくなってしまう…とのコト。

 チッパーとしては やはりグリーン周りのランニングを
 主体に使われたそうです。
 前の方,汎韻犬 思ったより「止まってしまう」
 そうなので、始めは距離感が掴めず ショート気味でしたが
 2ラウンド目から 距離感にも慣れ、

 パター感覚で使うと ミスはかなり出にくい とのコト。

 使用前は「転がして…」と言うイメージだったそうですが
 意外に アプローチショットらしい そうです。


 あごの無い バンカーからも使用。
 ケースによるそうですが、サンドウエッジより楽✊
2388c2a5

➂ロフト42度 長さ37in

 ホームコースのグリーン周りに薄い芝の場所が多く
 ソコからのアプローチに悩まされていたようで
 やはり グリーン周り対策に製作。

 上の方々と同じく 思ったより「行かない」
 距離感が掴めれば 大変、便利。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違いのヒトツに
 よく素振りとかで ビュンと音をさせるのあるじゃないですか❓
 その音をどこでさせるとか…。」

質問「はいはい、ありますよね。
 飛ばす為、ヘッドスピードを上げる為、
 こう その音がするよう、するよう 振るような素振り。」


店長「素振り するコトは悪くは無いです。
 ショットをする為の、その使う筋肉とか、関節を動かしていく
 そういう訓練と言うか、慣れは必要だとは思いますけど……。

 スイングって ボールを打ったら、
 終わんなきゃいけないじゃないですか。

 いつまでも コマみたいにくるくる回っているモノじゃありません。」

質問「そりゃ そうですね。」


店長「打った後、動作は減速〜停止して行きますけど
 動いていたクラブやヘッド、特にヘッドですね、
 それには運動の慣性が残っていますから
 その時点で 自分の手、グリップを追い越したりします。
 クラブをフリーにすると言えば良いのか、
 リリースすると言えば良いのか…
 それは 無理に止めるモノじゃなくて
 放っておけばよい訳ですが。。。

 それは ショットのオマケ みたいな部分で
 ソレが 打撃の主エンジン では無いです。
 ソコって 結構 勘違いしてるんじゃないですかね。」

質問「あ。。。あるかも知れません。」

店長「ドライバーショットの場合、
 ボールの位置も やや左めが多いですから
 微妙に そのリリースポイントが始まるトコロ、
 クラブをフリーにするトコロがインパクトに近いですけど
 それは からだを廻してきたことで
 グリップを移動させてきたコトの顛末というか、
 延長であって それが打撃のメインキャストではありません。
VTS02 2022_Moment(3)
 でも 素振りとかで、
 ヘッドを『速く、速く、振ろう』『ビュッと音をさせよう』
 みたいな意識が根付いていると それが打撃ソノモノ に
 なっちゃうんじゃないかな って。」

質問「自分も含めて そう言う素振りしてますよね。」

店長「はいはい。
 ショットは全般的に
 からだの向きでグリップを動かし、
 シャフトでつながっているヘッドを引きずる。

 ドライバークラスになると 長さもありますし、
 先端の速度も上がりますから、
 その運動の慣性を無理に止めると逆に危ない、
 手首とか、からだを傷めてしまう可能性があるので
 打った後、それは行かせる、フリーにする、
 その程度の差であって、原則は同じだと思います。
会田20210701_Moment(2)

 見た目、そのタイミングがインパクトに掛かって見えるので
 その クラブを、ヘッドを放り投げるような
 フリーにして打つのが『ショット』と思い違いしているような
 そんな気がします。

 遠くへ飛ばしたい、
 速く振りたい は
  先端を 速く振るコト、動かそうとするコト ではなく
 似ているように思えるかも知れませんが
 自分自身が速く周るコト です。」
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

質問「コレって 手打ちとか、からだの回転 以上に
 ゴルフクラブの使い方 として決定的な違い
 なるんじゃないんですか❓」

店長「はい。 そう思います。

 よく有るパターンだと思うんですが、
 パワーの無い、ヘッドスピードの出せない方が
 ウッドでも、アイアンでも 距離も弾道も差が出ない、
 どの番手を打っても同じ、似てしまう があったりしますよね❓」

質問「あるある、です。」

店長「ちょっと 話には段階があるので ややこしい ですが、
 『からだの向きを変えて、グリップを移動させて、
 その結果、引きずられたヘッド』
に比べると
 『始めから 円を描こうとした、インパクトまでに
 1/4円、90度の円を描こうとしたモノ』
は道のりが長くなります。
 まあ 時間もかかるし、リキミも入り易い。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)














 からだの向きに比べ、道のりが長く、時間が掛かれば
 クラブはフェースが大きく開くか、大きく閉じるか
 どちらかにしかなりません。

 そして フェースターンが必要になると
 フェースターン、ヘッドターンは 腕もクラブも
 最大の長さ、一番長くなった状態でしか行えない。

 最下点がボールより手前になり易いですし、
 あおり打ち、しゃくり打ちにもなり易い。
 👉本来の そのクラブ、その番手で入ってくる筈の
 アタックアングルよりもかなり緩い角度 になってしまいます。

 ゴルフクラブにとっての かなり比率の大きな機能
 そのクラブの 長さが使えなくなって しまいます。


 ゴルフクラブの機能というのは
 例えば5番アイアン ロフトが立っていますね。
 ですので 前に行かせるのは得意ですが、
 浮力や高さを取るのは苦手なんですね。
 ですので クラブが長く、アタックアングルが緩い。

 逆に ウエッジは ロフトが寝ているので
 浮力や高さを取るのが得意ですが、
 前に行かせるのは苦手です。
 ですので クラブが短く、アタックアングルがキツイ。

 このどれもが ドライバーの長さ、
 そのアタックアングルと差がない、
 場合によっては 最下点がボールより手前 の
 しゃくり打ち、あおり打ち、上り際のショットになったのでは
 そのクラブの ロフトと長さの機能が上手く発揮されず、
 5番アイアンは浮ききらず、
 ウエッジは前に行かない、ロフトが寝ているので
 打撃力がボールに伝わらない可能性もある。

 ショットが 単なるヘッドとボールの激突 であれば
 長さと当たるヘッドの重さは 似たように造られているので
 球質としての差が出ない と言う結末になります。」

質問「長さの変化による ヘッドスピードの差 の方が
 意識としては強い と思います。」


店長「ですよね…。

 長さが違うとヘッドスピードが変わる、
 は 嘘じゃない から困ると言うか、騙されちゃうんですけど
 クラブの機能を考えると
 『本質はソコじゃない』んです。

 その番手、そのクラブの機能を活かすには
 各番手に長さの違いが出る アタックアングル
 にする必要があって、
 それを造るには ヘッドと言う重さを引きずって
 無理に長さを造り出さないようにしない とダメなんです。」

質問「長いとヘッドスピードが速い。。。
 が故に 出来るだけ長く使おうとする傾向 はあると思います。」


店長「ヘッドスピード信仰が強いと その罠にはまりますよね。

 でも その動作の進行には 遠心力と言う
 速く動かすほど 負荷になるモノを増やすだけ になるので
 腕力で動かせない限りは 思ったようには 速く振れない。

 また それはソレを支える左グリップの握力次第 になるので
 ラウンド中、グリップの握りの変化、それに伴うアドレスの変化
 などが ミスの原因、誘発要素になり易い…。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment

 それなら クラブの長さを無理に長くしないで
 負荷にしないで、早く、速く 廻ってしまう方が
 ヘッドスピードは上がるんです。

 そして それなら 疲労に弱いアマチュアが
 ラウンドでのスピードの減衰も 抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ