◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2022年08月


店長「コレはあくまでも 理想論 ですので、
 それぞれの方は 無理のない範囲で考えて下さい。

 また その作り方の 原則はお話ししますので
 しっかり 最後までお聞き(読み)下さい。」

Nさん「はい。」


店長「右打ちの テークアウェイ、右向き が、
 十分成されているか どうか の可否は
 右向きの軸足 の 股関節の状態 で決まります。

 股関節は アドレスの状態で
 前傾姿勢 という
 骨盤と大腿骨の 前傾差 がある訳ですが
 それが 右向き …まあ トップの状態 であっても
 ある程度残っているか、
 右の股関節がつぶされた状態であるか、どうか、
 で決まって来ます。」

Nさん「ああああああ」

店長「今の Nさんの状態では
 幾つかの要因、
〇からだの向き自体が不十分であるコト
〇右サイドの動きが不十分であるコト
〇左腕が動き過ぎてしまっているコト などから
 右の股関節が伸ばされてしまっています。」
青木2022826_Moment

Nさん「ですね…。」

店長「ココって 打撃のパワーの源 になりますので
 とても 勿体ない、
 パワーが溜まっていない状態 です。」

Nさん「😢😢😢」


店長「特に テークアウェイを左腕主体で動かし、
 からだが前に倒れ気味、
 ボールに近づき気味の方は注意すべき、と思います。
((フットワーク (2)((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment










 で この際、なんですが、
 素振りなどで脚や右サイドの動き で
 その つぶれた 右股関節 を造っても、
 クラブを持って スイングしたら
 そう言う風にならない、上手く行かない、
 は 良くアリガチ だと思うんですね。


 パワーの溜まる 右股関節 を造るのは
 当然、足の補助、動きも必要なんですが、
 右の股関節がつぶれるか どうか は
 へそから上、特に腕とクラブの重さ が
 右の股関節に掛かったか どうか で決まります。

 右打ちの人が テークアウェイ、トップ で
 体重が右に乗る からと言って
 アドレス時の 前・飛球線方向〜後ろ に
 動こうとすると
 右向き時の 股関節は アドレス時の背後 に
 逃げてしまうので
 右股関節には重さが関わず つぶすことが出来ません。
青木2022826_Moment

 結果、として 右体重にするには
 背後に逃げていく 股関節の方に
 重さのある 上半身、腕やクラブを移動させる のです。
 
 ですので テークアウェイは 右ひじとか、
 右半身主体で動いてください、と言うのです。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Nさんとは直接関係ないですけれど
 からだの回転について 考えるべきトコロ、
 特に ある程度の年齢のアマチュアは考えるべき
 トコロがあると思うのです。」 

Nさん「どんなトコロですか❓」


店長「一般的に からだを廻す は
 肩を廻す
 と考えられているかと思います。」

Nさん「はい。」

店長「私は ソレには反対✊ なんです。」

Nさん「え?!」

店長「プロなども含めて 腰に対して胴体をひねる、
 俗に言われる 肩を廻す のは間違っていません。

 ところが ある程度の年齢…そうですね、
 運動不足気味であれば 45歳位が境になるでしょうか
 その位になると 肩を廻そうとするが余り、
 腕の重さ、慣性を付けて
 腕を左右に振るのと 混然一体 になりガチ です。
((((((((_Moment
 我々の年齢(50代)、そして それ以上であれば
 からだの中に 普段、ほとんど使わない筋肉が彼方此方あり、
 非常にからだが固くなり、ちょっとした動きでも
 痛みや恐怖心が伴ってきたり します。

 胴体を捩じっても 何の不安も痛みも無ければ
 特に問題はないのですが、本能的に忌避感の出易い箇所
 ですので、肩を廻そうとすると
 結果、腕を振るコトになります。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)クラブを 両手 でもって居ますので、
腕を振ってしまうと、右向きでは右腕が、
左向きでは左腕が余り易いですから
どうしても クラブを捻じる、フェースを開いたり、
閉じたりをせざる得ません。

 肩を廻すコト 自体は間違い とは言えないのですが、
 結局、腕を振るコトにつながり易い、
 イエ、多くのアマチュアの 肩の回し は
 単なる腕の振り になってしまっています。
(…特に現場、コースでは ほぼ ソレ だと言えます。)
✋腕を振った結果、胴体が捩じられたのではなく
 腕と肩甲骨(腕の一部とも言えます)が動いただけで
 からだは廻っていない(と等しい)になるのです。

 打つために からだの向きを変えても
 クラブが開いてしまえば
 向きを変えていない、手だけで動かしたのと等しい
 というコトになってしまいます。

 ややっこしいですけれど、
 医学的にどうかは分かりませんが、
 肩甲骨は 胴体の中にありますが、
 機能としては 腕と言って良い部分
 肩甲骨を動かす は からだを廻す
 ではないのですが、
 『肩を廻そう』とするゴルファーの多くが
 からだでは無い 肩甲骨の動き、可動域 を
 からだの回転 と誤認し、
 その張りを目安 としています。


 胴体、からだの向きが変わったから
 肩甲骨、腕の付け根の位置が変わるのと
 肩甲骨の可動域をカラダの向き とするのは
 似て非なるモノです。
 
52442_360240

 そこは からだでは無いのに、です。
 ですので この時点で 手打ちは確定 なのです。
 
 からだ!と 誤認している
 腕と肩甲骨を動かそうとすれば するほど
 手打ちは深まっていく という
 大変シリアスなのに、結果はギャグ なのです。

 故に ハミングバードでは
 胴体、骨盤の向きを変える、
 その境目は 股関節で と提唱しています。

Nさん「なるほど。」

店長「で Nさんの話しになるのですが、
 その 股関節、
 テークアウェイの右向きの場合、
 軸足に成る 右股関節 が不十分な状態です。
 俗に言う ハマっていない状態 になっています。」

Nさん「あああああ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 横道に逸れますが、
 今のスイング、テークアウェイで
 それをそのまま アプローチ、
 中途な距離を打つショットをした場合、
 ミスの原因 になります。

 アプローチのミスの要因として
 結構、おおきなのでは…⁈
 と思います。」

Nさん「え?」

店長「スイングで言うと
 こう 積極的に左腕を動かしてあげる とか
 左肩を入れる、肩を廻す

 アプローチであると 振り子のイメージが強く
 肩の動きだけであげる

 そう言うイメージを強く持っている方は 

 テークアウェイの初動、
 始めの一歩の時点で
 左腕でクラブを押すような形 になるので
 グリップが、グリップエンドが
 一旦体から離れます。

青木2022826_Moment(2)
青木2022826_Moment(3)

 この画像は アプローチでは無く
 ショットのモノから抽出していますが、
 アドレスと見比べてみて下さい。」

Nさん「あ・・・ほんとだ。」

店長「機会があれば、グリーン周りのアプローチ とか
 その位の距離の練習をしている ゴルファー を
 よく見て下さい。

 結構な割合  で 見つけられます。

 なんでもかんでも プロが良い訳ではないですが、
 ココの部分で からだからグリップエンドが離れるプロ は
 まず 試合に出れるスコアにはならないから 居ない、
 と言って良いでしょう。

 アドレスよりも グリップエンドを自分から離してしまえば
 クラブは長くなります。
 アドレスでセットアップした ボールとの関係を考えれば
 その長さは 短くしないと、元の長さに戻さないと
 ダフル、地面を打つ、シャンク などになりますよね。
 短くし過ぎても トップなどになります。
 
 または 初動でからだからクラブが離れると
 やや 前傾が深くなり
 それを 回転と言う名の 体の起こし(前傾の起こし)
 スイングで言うトコロの からだの伸び によって
 ボールとの距離感 〜 クラブの長さ
 を調整するという 調整 も少なくないパターンです。
 これによって からだの回転の中に
 前傾を深くする〜浅くする(伸びる)が
 刷り込まれるコト(練習の回数が多い…)
により 
 通常ショットにもそれが反映するのです。

 
 その両方の作業は 全く要らないモノ から
 生まれている 全く要らない作業 です。

Nさん「確かに…。」

店長「今日! ハイ! って訳には行かないとは思いますが、
 ココを改善していくだけでも アプローチをミスしない確率は
 良くなります。

 すぐそこ の距離 の勿体ないミスはかなり消えます。


 また この動きの延長のショットの場合、
 一旦クラブがからだから離れる =クラブが長くなる
 ですが、ダウンスイングに入るのに 長くなってしまったモノは
 とてもやり難いですから 当然、短くする、
 腕やクラブをたたむようにする訳ですが、
 長さを替えない、長くしない で テークアウェイを取るよりも
 反動・『勢い』が付き易いので
 自分の想定している トップの位置を超える(深くなる)
 オーバースイング原因であったり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは全員にあてはまる とは言い難い ですが、
 結構、多くの方にはヒント になると思います。

 テークアウェイで 右腕を曲げるのは、
 その分 クラブを起こし、クラブを短くする、
 からだ から ヘッドまでの距離を短くする為です。
((フットワーク4

 クラブまでの距離を短くするコト によって
 からだの向き、からだを回転させても
 対応が良く、負荷が少なく済みます。
 特に切り返し時の初動、ですね。

 コッキング(手首の動き)をしなさい とは
 全く思いませんが、
 それであっても 右腕を曲げることによって
 起こすクラブの基点になるのは
 左グリップになりますから
 左腕を動かす、上げる、など
 その基点を動かせば動かすほど、
 クラブを短くし難くなります。
 上がり過ぎてしまう、深くなってしまう、
 クラブが寝てしまう、寝すぎてしまう
 になり易いです。
青木2022826_Moment

 グリップを高くする、
 ヘッドを高くする、要因としては
 クラブを下に振ろう とする
 打撃はクラブを下に振るコト と
 感覚的に掴んでいる人もいらっしゃるので
 ソコの注意も必要です。

 からだが右向き(右打ち)になった分、
 また クラブが起こされ、それに伴う
 左グリップが少し高くなる 程度で
 打撃としては十分で、
 グリップの動きの量や 勿論、速度、
 そして その高さ と 打撃力、
 飛距離は関係ない、と言って良いと思います。

 後々の記事で書きますが、
 ソコが パワーの溜めドコロ ではなく、
 左腕、左グリップを自発的、そして単体で
 動かせば動かすほど パワーは溜めにくくなります。


 これは ダウンスイングの考え方 と同じですが、
 テークアウェイも 右を向く という
 ヒトツの動きで 出来るだけ全てをまかなう、
 すべてをやらせてあげる方が良いです。

 上げる、回る、 もしくは 廻る、上げる、
 という からだの向きと腕の動きが
 別々なモーター、別々なタイミングになると
 スイングの大きさで 距離を調整するような、
 速度でショットの可否を誤魔化せないアプローチで
 苦労するコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは。」


店長「こんにちは。」

Nさん「今日は スイング全般の向上、
 レベルアップを目指し アドバイスを貰いに来ました。」


店長「はい。
 今現在、具体的には どんな部分に悩んでおられます❓」

Nさん「月並みではありますけど
 もう少し安定度を上げたい、のと
 飛距離アップ、安定した飛距離アップです。」


店長「了解しました。
 まずは 打ってみて下さい。」

店長「動画を載せますが、
 まず 17年のモノと比べ、手でクラブを動かす量が
 かなり減っていますから 良い傾向だと思います。
 そう 頻繁にいらっしゃらないで 独学でやっているに近い訳ですから
 立派だと思いますよ。」

Nさん「ありがとうございます。
 現在、どこを治す… 意識したら良いですか❓」 

店長「癖と言って良いのか、
 元々の テークアウェイの取り方が
 『上げる』と言う意識が強いと思います。」

Nさん「具体的には❓」

店長「骨盤の右向き を
 左腕の動きが取ってしまっている、というか
 喰ってしまっています。
 
青木2022826_Moment

 左腕の移動量、動かしが多く、
 それに比べ 右腕、右サイド全般の動きが少ないので
 正しい意味での 右向きが足りていない状態 です。

 ここは ベーシックに
 回ることの意味、役割から考えてみましょう。

 からだの向きは その向きソノモノと言うよりも
 それによって クラブを握っている左右の腕を移動させるコト
 もっと言えば 左右の腕の『付け根』を移動させるコト

 が目的です。

 正しい目で見ないと ゴルフスイングは
 腕を振っているように、クラブを振っているように見える訳ですが、
 ボールを コンスタントに 安定して打つ、
 速度で誤魔化せない アプローチショットでも
 方向や距離、当たりソノモノを安定させるには
 原則、ヘッドのロフトや向きなどが 過激に動くような
 動かし方は良くありません。

 からだの向きを変えると クラブを持った腕の付け根も
 移動するので 腕も移動、腕に持たれたクラブも移動、
 クラブ単体が動くのではなく、それを持った自分が動く
 というのが基本です。

 からだの向き(腕の付け根の移動)に対し
 クラブヘッドの重量分(運動も加わった)
 ヘッドが遅れる のが 理想で、
 からだの向きに対し 腕も遅れ、ヘッドも遅れる、
 と言う二重の遅れでは フェースの開きが大き過ぎます。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)


 ま、それは前置きですけれど、
 クラブが移動する、腕が振られたように見えるのも
 からだの向きを変えるから で
 からだの向きと言う ヒトツのモーター、
 1モーターで 動きをまとめていくように考えた方が
 良い
と思います。

 からだも回す、腕も振る、手先も使う では
 モーターがたくさんあるので 複雑です。
 分業と考えない方が良いと思います。

 そう言う意味合いで
 テークアウェイ。。。言葉としては「上げる」ですが
 ヘッドだけでなく、グリップも高くする必要は無く、
 自然に高くなるのは放っておくとして
 『上げる』と考えず、右を向く、
 と言うのを主眼とした方が良いです。

 そう言う意味合いでは 別な意味もありますが、
 もう少し テークアウェイの主導権を
 左腕ではなく、右腕も含まれた右サイドに移せると
 より 実の伴う『右向き』になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:初めてのブリストルパターのシャフトも
 いきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

 

ただ、届いて打った時に「なんじゃこれ?使いこなせない!」
とならないかという不安も拭えません。


初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますか?
背中をひと押しして頂きたくメールしました。


IMG_0571



弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

 

.リジナルのアルミシャフト  270cpm

▲リジナルグラファイト95g  200cpm

オリジナルグラファイト90g  170cpm

ぅリジナルグラファイト70g  140cpm

 

,話韻法.悒奪匹僚鼎ぅ僖拭爾鵬瓩ず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

△發靴はでも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180190cpmを境に はっきり出ます

 

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

 

パター単体としてい蓮…梢弊、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感に慣れる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

い任△辰討癲‖任舛海覆擦覆ぁ,箸いΕ灰箸倭瓦ありません。
保証出来るほどです。

010

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては い枠瑤咾未韻震滅鬚機兵蠢位A垢任垢…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ぁ,任后

 

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは  です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

 

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

 

 

238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一年前
DSC_0373 (マッスルバッグ)
>>
>>>
>>

IMG_0082
IMG_0083
IMG_0084
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


受講生「こすり球のメカニズムが見えてくると
 スイングでどうしたら良いのか というのも
 見えて来やすい のですね?」

葛谷2022816_Moment

店長「そうですね。

 現代は電子機器やネットのお陰で
 映像、動画などを とても簡単に扱うコトが出来ます。

 からだの回転は横の動き
 腕は縦の動き
 その複合がスイングである、
 と言うような 視覚要素から入ってしまう
 スイング造りにハマり易くなっています。

 こすり球はイコールスライスではありませんが、
 スライスのメカニズムが一つの答えです。
 
 スライス、ボールに右回転が入る、
 スライスはその数値が大きく、
 前進を阻んでしまうようなモノになる訳ですが、
 その仕組み、量は ヘッドの進路、進行に対して、
 どの位 ヘッドが右を向いていたか で決まります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 ヘッドの進路、クラブの動きよう その全容は
 からだの向き で決まる訳ですが、
 それに対し、impact付近のどの場面であっても
 フェースの向きは一定、
 フェースの向きは変化せず、
 そして ヘッドの軌道とは別なモノ であれば
 軌道と治すなり、フェースの向きを治すなり、
 もしくは ボールの置き位置などで
 修正したり、量を調整したりすることは可能です。

 からだの部位、の役割とすると
 ヘッドの進路は からだの向き が、
 そのからだの向きによって クラブに遠心力が加わる、
 特にヘッド部には大きく遠心力が加わりますが、
 その不可抗力が加わる、入っても、
 また それを利用しつつ
 ヘッドの向き、フェースの向きを一定にしておく、
 のが腕の、手の仕事 と言って良いでしょう。

 固定する訳では無いですが、
 移動、動きの中でも 一定にしておく、
 ジャイロのような仕事が腕の仕事だ
 と思います。」

受講生「ジャイロ。」

店長「そうですね。

 一方、こすりタイプ のスライスですと
 多くのコトが 腕の仕事。
 一定に半固定する つかまえ に対し、
 常時、軌道を、ヘッドの向きを変えることになります。
 軌道が変わればヘッドの姿勢、向きに、
 ヘッドの姿勢、向きを変えれば 軌道に、
 相互に影響し合いますから 安定し辛い でしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり と スライス はイコールじゃあないけれど
 非常に 近縁種、血がつながった関係
 のメカニズムがあるんですね。」

受講生「。。。。。。。。。」

店長「動画 を見て頂くと
 こすりショットの場合、
 からだの回転に準じた 円弧 の他に
 インパクトの前、直前に 腕さばきの
 リリースによって クラブ半径の別な円弧
 を描くのが分かりますよね。」
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








受講生「はい・・・。」

店長「つかまえるショットに比べると
 どうしても 遠回り する分、
 外から入ってくることになります。

 こすりショット の場合、
 スイング全般に この腕でのリリース が
 打撃の要 になるので
 テークアウェイも よく考えると意味不明なんですが、
 閉じるために 開いて上げたり、
 下に振る為に、強く上にコッキングしたり と
 腕で クラブに円を描かせる前準備が多いです。

 そうなると それをしないで(クラブに円を描かせる手さばき)
 インパクトに入れば ロフトも、フェースも開いていますし、
 かと言って インパクト直前に 円を描いてしまうと
 そうでないモノよりも 軌道が膨らんだ、
 俗に言う アウトサイドから軌道になります。
1f52b6531ff0dce2







 ボールの横回転は ヘッドの進行軌道に対する
 フェースの向き なので
 同じフェースの向きであれば 軌道が外から、脹らんだモノ、
 になれば 尚更、フェースを閉じない(左に向ける)と
 スライス回転はキツク成ります。

 が! しかし
 フェースターンをすると
 軌道は急激に インに切り込むので
 さらなる フェースの左向きが必要になる😢
 という 無限地獄に陥る訳です。

 からだが開いてから 左に振る形になるので
 閉じるコトが間に合えば 左への引っかけフック、
 閉じることが間に合わなければ 右へのこすりスライス、
 その間にしか 使える球 がない・・・

 上に・・・。」

受講生「まだ あるんですか?」

店長「説明した通り、横回転は
 ヘッドの進行軌道に対する  フェースの向き なのですが、
 フェースの向きは立体 で ロフト角度とライ角度、
 そして フェースの向きの混合、複合なので
 毎回 微妙に変わってしまう 軌道 に対して
 同じような球を繰り返すには 相当、神経を使った
 同じ組み合わせを造る という職人芸が必要になります。
OIP

 若い人は良いかも知れませんが、
 フェースターンをするには からだのどこかを止める必要があり、
 非常にからだ、腰や肘、手首や首などに負担がかかりますが、
 その職人芸を掴むには 相当の練習量が必要な上、
 掴んでからも メインテナンスの練習が必要になります。
 これで 故障しない方が 凄いって言うか、
 私の年齢(50歳代以上)では 維持しきれない可能性が高いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こする つかまえる のスイングタイプ、
 勿論、その方の体力、ヘッドスピードなどにもよるのですが
 フェアウェイウッド、ユーティリティの選択にも
 かなり 影響があるんです。」
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)






受講生「それ 凄く分かる気がします。」

店長「経験値にもよるのですが、
 総じて こするタイプの方は
 フェアウェイウッドをあまり得意? 好きでないケースが
 多いです。

 入射が緩いコト ソノモノは 悪くは無いんですが、
 地面にあるボールを打つクラブの中で
 フェアウェイウッドが一番 奥行き ソールが深い、広いので
 入射が緩すぎはまだしも、若干の 煽り(アッパー)が
 入ってしまうと ソールのお尻、アイアンで言えばバンスのトコロが
 地面と干渉してしまいます。

 ですので こすり傾向の強い方は
 同じ番手でも やや短めの方が良かったりもしますし、
 長さやロフトの関係から 3番よりも5番の方が飛んだりするので
 ロフトのキツイ、長いモノは 避けるような選択を
 お薦めしています。
411BK-5
 逆に ユーティリティは得意なクラブ に
 なり易いので パワーが無くなって来て
 アイアンのロフトの立ったモノは辞めて
 大きな番手のユーティリティ #5.6.7.あたりを
 薦めています。 」

受講生「アイアンはどうなんでしょう❓」

店長「最近よくある 飛び系のアイアン、
 ロフトが非常に立っている訳ですが、
 ロフトが立っているというコトは 当然、
 重心位置など 上がり易い構造になっている訳です。
 
 重心が低い
 重心が深い
 が 上がり易いを引き出す訳ですが、
 それは すべて ソールの大きさ、重さに掛かっています。
 ソコを重くするには ソールを大きくするか、重くするか、
 その どちらか しかなく、
 そうなると 地面に干渉、ソールが尻もち と絡んで
 上手く行かないケース、ミスになってしまうケースが増え、
 結果として 「合わない」 と言う場合も少なくないかと思います。

 ウエッジも含め、アイアンの場合、
 トップ、ダフリのヘッドの縦方向のミス、
 ショート、オーバーなどの距離の縦方向のミス、
 このミスがアマチュアの スコアメイクには一番痛い部分、
 方向や曲がりよりも スコアに響きます。

 重心が深い、重心が低い、そしてモーメントが大きい
 というのは こすり打ちの人にとっては
 「振り難い」クラブになり易い、
 ダウンスイング中、変な重さがかかり易いですから
 ミスになり易く、そのミスもかなりバラつき易い、
 ですので 意外にも マッスルバックのように
 重心が短い、浅い、重さの影響がスイングに少ない方が
 良かったりするんですね。
 あんまり 喜ばしいことじゃあないですけど…😢😢😢

 ま これも 飛び系のアイアン、箱形形状のキャビティアイアン
 に比べると 長さが短い も要因の一つだったりします。」

店長「そして こすり打ち が 一番顕著に表れる のが
 ウエッジです。
 フェアウェイウッドと同じで
 ソールの大きい、幅の広い、
 バンスの効いたウエッジは苦手になり易い、
 よく言われる ローバンスの 薄ぺったい バンス角度の無い
 ウエッジで無いと 地面との干渉 ダフリ、トップのミスが
 かなり頻度高く出ちゃいます。
 それは それで 好みの部分もあるので 良い悪いじゃあないですが、
 バンス角度が無いモノは
 同じ表示ロフトであったとしても バンス角度のあるモノより
 飛距離が出ません。ラフなんかにも弱い。
IMG_1399
 ピッチングウエッジが 110ヤード なのに
 サンドウエッジが 50ヤードしか飛ばない
 みたいなコトになったりします。
 こすり打ちの方はアプローチショットの距離調整を苦手
 としていますので コースで一番頻度よく出てくる
 50〜100ヤードの間が 一本しかなかったり するのです。
 こすり打ち自体を改善しないのなら
 ピッチング〜サンドウエッジの間を充実させるべき
  だと思うんですが、
 バンスが張っているモノが苦手だったりするので
 😢ロブウエッジを持っちゃったりする…んですよね。
 ブラックジョークみたいなモノ なんですけど…。

 コト ウエッジショット、アプローチにおいては
 意図的に こすって打ちたい場面も
 ない訳では無いですけど、
 他のクラブと比較しても こすらないで打つ、
 つかまえて打てるか、打てないか の差は大きいです。
 アプローチショットは バンスを利用出来る のと
 バンスを嫌う のでは 雲泥の差 です。

 つかまえて打つコトを理解する と
 こするショットというのが 他に選択の余地が無い場面での
 イチがバチか のショットというのが
 実感できると思います。
 その イチかバチかのショットを 自分の常用の
 アプローチにしていると スコアは限界あると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mr.Kとは ものすごく長いお付き合いでして
 お店の開店当初からのですので 30年以上、
 のお付き合いになりますけれど
 当初からの スイングのテーマ が
 この こすり打ち改善 でしたね。」
葛谷2022816_Moment

受講生「うわぁぁぁ。」


店長「ずっと ソコをテーマにお話をしてきたんですが、
 全く通じない。
 元々、飛距離は捨てて アプローチで作るスコア勝負
 みたいなタイプのゴルファーで
 こする…よく言えば ロブショットですね、
 それは 抜群に上手い、神業です。
 スコアの為の
 そのアプローチを捨てられないですから
 ショット全般も こすり打ち・・・
 飛ばないけど 曲がらない
 そう言うタイプのゴルファーです。 

 まず やっぱり こすり打ち って言うと
 イコール スライス って思っておられたので
 特にスライスがスゴイ って訳では無いので
 自身を こすり打ちだ とは認識されていない。
 手打ち なのは気にされていましたけど、
 アプローチには その手使いが必須で、
 スイングの見た目は気に入らないけど
 特に変える予定もない・・・。

 ところが 年齢とともに
 飛距離が落ちるのも結構、激しいんですけど
 アプローチ感というか、
 こすりショットって ボールの下、
 ボールと芝の間に ウエッジを抜く 感じなんですけど
 そのタッチが若い時のように上手く行かず
 スコアも少しずつ悪くなる。

 どうしたもんか と考えると
 某所(ハミングバードですね)に行くと
 こするな、こするな、つかまえろ って言われる。
 こする のと、つかまえる の差はなんだろうって…。」

受講生「それ すごい思います。」

店長「こする イコール スライス じゃあない、とすると
 一体 なんなんだろう… と。
(キャスト_Moment

 それで 今回、トライするコト になった訳なんですけど
 今の状態を続けてくれれば こすりとはお別れ 出来ますけど、
 Mr.K ご本人を言っていますけれど
 こする打ち方は
 『インパクトはココ!』って言う感じも
 『クラブを振った!』と言う感じも
 『ボールを打った!』と言う感じも
 つかまえるショットに比べると 非常に明確で
 つかまえるショットは
 『ただ からだを廻したら 打ち終わってた』という
 なんだか残念な感じ、他人事なんだ、そうです。
 『打撃!と言う実感が無い』
 覚える、からだに染み込ませる、のに
 感覚的な目安が薄いですから どうでしょうか、
 現場で 良い形の成功体験が無いと
 実感のある こすりショットに戻る のは
 簡単なんじゃないかな、とも考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング集 Patty_Moment

店長「まずは コチラのデータ(ドライバー)をご覧ください。」

店長「クラブスピードとの表記が ヘッドスピードですので
 ごくごく 平均的なアマチュア成人男性 のモノです。」

質問者「非常に 良いデータに見えますね。」
IMG_0152

店長「はい。そう思います。
 ドライバーショットのデータです。
 ミート率 とありますが、
 ボールスピード を クラブ(ヘッド)スピード で
 割ったモノです。

 基本、ロフト角度に応じたモノです。

 ドライバーのロフト 9.10.11度辺りのモノで
 1.5前後、1.5を超えるようなモノであれば
 とても 上質です。
 
 ショット数は 4ショットですが
 ボールスピード、クラブスピード共に 似ていますから
 ミート率という 本当の意味で言うと
 ミート性能も非常に高いと思います。


 サイドスピン 横回転の数値が測られていない のに
 ボールの曲がり(…おそらく キャリーサイドの項目)が
 出ているのは クラブパス(インパクト前後の軌道)に対し
 フェイスパストゥ の角度で算出(計算)されていると
 思われますが、現在のドライバーヘッドのモーメントなどから
 ここまで曲がる サイドスピンは掛かっていないと思います。
✋✋✋弊社の測定器は サイドスピン測定します
ドライバー入射角度
 とても良いデータ ではあるのですが、
 非常に 安定したミート性能がありますので
 もう少し スピン量(縦スピン)を絞っても良いかも 知れません。
😢計測器によって 少し差があるかと思うのですが、
 実際よりも スピン量が多く出ている気がするのですが…。

 もし 本当に このスピン量であるのならば
 お使いになられているのは ネック調整機能(カチャカチャ)が
 あるタイプの SYB EZ-05改 ですので
 0.5° ロフトは絞っても良いかも… 知れません。
 SYB EZ-05改 は ロフトを絞ると 同時に
 ライ角度なり、フェース角度なり もマイナスの方に移行しますので
 同時に良い効果がある、と思いますが、
 あくまでも この計測データが実際のモノ通り であれば✋ です。
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

 打ち出し角度は良好 です。
 私の知っている 計測主 の ショット では
 実際のスピンは 2,500cpmですので
 14〜16度の打ち出し角度は理想的な打ち出し角度です。

 その点からも スピン量と合致してないような気がします。

 …もしかすると ですが、計測に使われた トラックマン は
 ドップラー効果を『主に』使ったタイプですので、
 縦スピンも 入射角度とロフトから算出している可能性があります。
IMG_0152
 このスピン量から推測、もしくは 算出されたことを考えると
 アタックアングル(入射角度) のプラス数値は
 入射角度、アッパーではない気がします。
 …アタックアングルの増加とスピン量推移が
  つながっているように見えます。

 意図的に アッパーで打つのは ✖ 推奨出来ませんが
 更なる飛距離を狙うのであれば
 ティーの高さ と ボールの位置 を少し調整し
 ボールを左に置き
 意図しない 自然な アッパー 0〜3°
✅平均で マイナス 1度位(アッパー)が良いと思います。
 この計測値では マイナス? になる位置にして、
 ピークハイト(最高到達点)をもう少し稼ぎたいトコロです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ちって
 インパクト直前になって
 ヘッドを返す、フェースローテーションなども含まれますけど
 ヘッド、シャフトを振る 行為が入ります。
 こすり自体は ボールの底を打つようなショットを
 指しますが、
 その行為って からだが止まらないと出来ません。
 支点になる 左グリップがどんどん先に逃げちゃったら
 ヘッド(右グリップ)が追い付けませんからね。

 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 よく言う からだがインパクトを待った後、
 インパクトと同時に 伸び上がる というか
 クラブを振る分、上に向いていきます。

 
 つかまえるショットに比べると
 インパクト付近で急激にヘッドを振るコトになるので
 そのヘッドの軌道に 姿勢が影響を強く受けます。
 二重振り子 みたいな状態になる訳です。


 現代のクラブって
 非常に低重心設計になっていて
 打ち出しは取り易いですけど スピンは少ない、
 全番手 飛距離重視設計になっています。

 流れ としては ヘッドも、クラブ全体も
 ヘッドの低重心化、長尺化、シャフトの軟化
 入射角度を緩くする方向、緩くする方向に動いています。
 
 シャフトは 20年前と比べると 20cpm以上、
 ▲侫譽奪ス、フレックス分 柔らかくなっています。
 20年前の レディースが 今の R ですね。



✊こすり打ちを推奨するつもりは
 サラサラ、全くありませんけれど
 言葉の印象と全く反対で ふたつの比較で
 
インパクト時のロフトがほぼ同じなら、の話しですが、
 こすり打ちは スピンが少なく、
 つかまえは スピン量が多い。


 地面から打つショット、
 特にアイアンでは良いのですが、
 ウッド、ドライバーなど 長い距離を打つ場合、
 スピン量が多い、多過ぎは 
 飛距離のさまたげ になり易いです。

 ですので 打つ人は特に変えなくても
 ティーアップ それによるボールの置き位置 
 そして クラブの構造(ヘッドや長さなど)によって
 半こすり… 微妙にこすりの効果を入れてあげる
 のが ドライバー ですね。

 この場合は アッパー というコトになります。

 それも 適切に ですが…。

 やり過ぎは 逆効果、
 意図的にアッパーに打つようにすると、
 ティーアップしない
 地面から打つクラブが てんでダメになる、
 では 意味が無いので、
 スイング自体は基本、変えない、
 ティーアップ と それに伴ったボールの置き位置 で行う
 あとは クラブの基本性能に任せる
 というのが理想です。

 シャフトが柔らかくなっている、クラブが長い、
 って言うのは 入射を緩め、
 適度なアッパーを造るので スピンが少なくても
 ボールが浮かせられる。


 まあ これって
 やっぱり ボールの高さに不安の無い、
 つかまえる人の方が効果は大きい んですけど
(力の無いアマチュアより プロに恩恵が大きい)
 この 低重心化が進んだヘッド、長尺、シャフトの軟化、
 3要素が含まれた ドライバー を
 こすり打ち してしまうと
 アッパーの軌道がきつくなり過ぎて
 スピンが足らない、初速が出ない、 で
 ボールが浮かない とか、伸びない になり易いんですね。

 軟化したシャフトの使い方 としては
 一番悪いパターンなんです。


 こすり打ちって言葉ではボールを上げ易そう なんですが、
 ボールって 打ち出しの角度とスピンの相互関係によって
 上がる、浮く、高くなる なんですね。
 こすり打ち って インパクト直前に クラブを下に振る、
 その動きを指す訳ですけど
 その行為って からだが止まらないと出来ない。
 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 クラブの効果のアッパーと
 地面が 左足上がりになっていく のが合体したようなモノで
 故に アッパーがきつくなり過ぎちゃう。

 柔らかいシャフトで それをインパクト直前に行うと
 硬いシャフトで同じことを行うよりも 急激に長さが伸びます。
 今風な言葉で言えば 地面反力、
 左サイドが伸び上がるような 姿勢にならざる得ない・・・
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 ・・・・だからって 硬いシャフトを使うと
 ティーアップした状態では届きますけど
 地面のボールが上手く打てない、
 緩いスピードで振った時、上手く行かない、
 になっちゃうので・・・
 やっぱり こすり打ち、すくい打ちは改善するのが
 ベターって回答に辿り着いちゃうんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「長さ のメカニズム について
 あんまり 考えている人は少ないでしょう?」
ドライバー入射角度
受講生「はい。
 飛ばすには 長く長く
 兎も角 長い方が飛ぶ と妄信されている方が
 多いんじゃないですかね⁈」


店長「まあ ルールもあるんですけど、
 一旦 長くなっても、またドライバーの流行で
 短くなったりもします。

 20年前には 少しですが
 48インチも流行りましたし…。

 ヘッドの性能が ロースピン系が強まっている、
 ロフト角度との兼ね合いもあるけれど
 長くすれば そのまま 飛距離になり易いのは
 ボールの高さ、浮きに不安の無い
 つかまえられる人にとって
 で
 元々 弾道が低めのつかまえられる人や
 こする人にとっては 
 長いばかりが良い訳ではない
のです。

 昔であれば ドライバーのスピン量は 2800回転 位が
 良好な状態だったわけですが、
 ドライバーに性能が限界に近付いているので
 2500回転を切ったような球 でないと
 より一層の飛距離は望めず、
 ごく一般のアマチュアであっても 2000回転を切ったような
 そんな状態も アリ 
になっています。
video_Slomo_Moment

 ヘッドスピードなんて言うのは
 トレーニングしても そんなに上がりませんし、
 体力 というよりも クラブさばきの良し悪しの方が
 影響したりするんですね。
 ヘッドスピードは変らない、
 ボールスピードはロフトで決まっちゃうんですけど、
 自分の ヘッドスピードや回転量に対し、
 何でもかんでも 速いボールスピードが良い訳では無いですから
 適切なボールスピード、
 繰り返し 出すことの出来る平均のボールスピード、
 それを使って よりボールを飛ばす には
 入射、ドライバーの場合は仰角、アッパー度を
 自分の振り方、ロフト、スピードに適したモノにした方が良く、
 長きゃあ飛ぶ みたいな 物量作戦の時代じゃあないです。」

受講生「なるほどねー。」

店長「ヘッドの 低スピン化がかなり進んでいる、
 重心の高さ で言うと
 ヘッドの厚み に対し、ソール分(下)をゼロとして
 クラウン分(上)を 100とした時、
 55〜60 位の位置 が平均値なんですけど
 60オーバーを高重心、
 55アンダーを低重心 としていますが、
 50当たり
のドライバーもかなり存在します。

 コレ 間違ってはいけないのは
 よく 重心位置よりも 上の部分を有効打点、
 重心よりも上で打つとより低スピンになる、なんて言う
 フェース面状のボールの当たり場所 で計るケースがありますけど、
 ウソじゃないけど 低スピンの核心ではありません。
ドライバーの入射角度114

 重心の位置、重心の高さは
 インパクト時の ボールとの位置関係、
 フェース面状の打点とか
 インパクト時の作用 ではなく、
 インパクトにどう進入してくるか を
 決める要素としての方が 遥かに影響が大きい。

 単純に 低い方が 緩い入射角度になり易く、
 その結果として スピンが減る、
 高重心の方が キツイ入射になり易く、スピンが増える、
 その 数値割合でしか ありません。
 フェース面状の ボールの当たり場所なんて
 おまけに過ぎないんです。



 
 低重心化しても それを使えるようにするには
 重心を深くするか、ロフト角度を大きくするしかない、
 クラブを長くするという手もあるんですけど、
 これは スイングのタイプによって 真逆の結果もあるので
 一概には効果が出る とは言えない。

 ロフト角度は 多くの人が大きくしたがらない✋

 となると 重心を深くして インパクトロフトを増やす手を
 採用するんですけど、
 コレって より入射角度を緩く、アッパーをキツクする可能性を
 兼ね備えているので ちょっと怖いんです。

 また ウッドヘッドの形状 の 重心の関係は
 低い重心にすると シャフトの近い位置に重心が寄ります。
 重心が短くなって行くのですね。

 それに加え 重心が深いですから 重心角度が付く。
 つまり ヘッドが前に出た時、ヘッドが左を向き易くなる訳 です。

 それって 実質ロフトを殺してしまうので
 より ボールの高さが取れない可能性が生まれる。

 こすり打ち してるんだけど
 持ち球はフック気味、ドローなんて人が
 最近のドライバーを使うと 途端に距離が落ちる、
 なんて 事例がすごく多く発生しているんです。
2021-04-17_15

 おそらく…なんですが、本当は適切じゃない、
 オーバースペックな シャフトの硬さ も
 ヘッドの性能が出切らない、ロフトが立ち難い、
 シャフトが硬くて ヘッドを返し切れない(ロフトが死なない)
 こする性能を殺さない と言う意味で使われている
 のだと思います。 あとあと出る副作用は大きいですけどね。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「話は こすりとつかまり からは
 少し離れてしまうのですが、
  クラブを短く握る、握れ、というのがあります。
ドライバー入射角度

 単純に考えると 短く握る〜クラブが短くなる
 は ヘッドスピードが落ちて 飛距離が落ちる、
 と思われがちですが
 1インチ 2.5cm短くなって 変わるヘッドスピードは
 0.6㎳強です。 1㎳は変りません✋
 グリップで言うと 指2本分位です。
 2インチ 5センチ 指4本、手のひら分 で
 1.5㎳弱です。
 コンスタントに「当たる」と仮定して
 ドライバーの飛距離で言うと 7〜8ヤード、
 アイアンであれば 5ヤード以下、
✋短く握るコトが ヘッドスピードに影響がない
 とまでは言いませんが
 当たりによるズレ の範疇-程度です。
 『ヘッドスピード』による 距離への影響は大きくありません



 で、なにが「クラブを短く握った」時 なにが作用するか、
 というと ヘッドの進入角度、入射角度 です。


 例えば ドライバー ですが、
 まったく 同じヘッドスピードでボールに当たった、
 と仮定して
 ドライバーの場合、 『フェースのどこに当たった』
 で 良し悪しを判定しがち ですが、
 自分にとっての 理想的な入射 と インパクトロフト
 によって 飛距離はかなり差が出ます。
 例え フェース面状の打点がほぼ同じ だった としても、です。
 平均ヘッドスピード 37㎳ 位の方で
 20ヤード以上の差がある と言って良いです。

 現代の市販のドライバーは 長尺 45in以上が多め です。
 フェースローテーションの強いゴルファーは
 元々、入射角度がゆるめ、
 場合によっては やや強めのアッパー…
 ですので あまり相性はよくありません。
 👉それが より強調されてしまうから です。

 ドライバーは 縦のスピンが少な目、
 多くて3000cpm 少ないと三桁の回転になってしまい、
 ちょっとした 横回転に過敏に反応します。
 ロフトの多くないドライバーを アッパーに振り過ぎる と
 (打ち出しが高く/スピンが少ない)
 本来は 曲がらない程度の横スピンでも
 大きく曲がるようになってしまうのを防ぐため、
 少し短めに持ち、アッパー度合いを緩める
  と言う対処を取られる方もいます。
 
クラブ別スペック
 フェアウェイウッドが苦手、長物が苦手
 としている方の多くが、
 長いモノになると 煽って、しゃくって、
 入射角度とすると アッパー気味に入ってきてしまう点で、
 特に フェアウェイウッドのように
 ヘッドに奥行きがある場合に
 そのアッパーの加減にもよりますが、
 ソールの後ろ側、アイアンで言うとバンスのような部分 が
 地面と干渉し易いので ダフリ、やダフリチョロ、トップ に
 なってしまうことが多々あります。
BlogPaint
 短く握りますと アッパーであったとしても
 その度合いは薄れ、ヘッドの尻もちを回避出来たり
 する訳です。


 これは ウエッジを使った アプローチでも言えます。

 その対処は 経験の多い方ほど理解されていたり しますが、
 現在は 弾道計測器などにより 簡単に判別が可能ですので
 自分の 入射角度『傾向』を知っておくのは
 実は良い スコアメイク、現場での対処法になります。

 多くの方が ヘッドの軌道 というと
 インサイドアウト とか、アウトサイドイン とか
 ざっくり言えば 横方向の軌道ばかりを気にしていますが、
 コト スコア、アマチュアのスコアに関して言えば、
 トップ、ダフリ、チョロ、
 距離で言えば オーバー、ショートなど
 ヘッドとボールの縦のミス、 距離の縦のミス、
 の方が 影響は大きい
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0075

IMG_0078
 #3.4.5. 中空モデル
 素材 SC25C
 ロフト角度 22/25/28
 重心距離 36.3〜36.8
 重心高  18.7
 重心深度  6.4
 👉#3 ソール幅 26
 (参考 ゼクシオ-11 25/#5)
IMG_0077
 #6.7.8.9.PW. マッスルバックモデル
 素材 SC20C
 ロフト角度 31/35/39/43/47
 重心距離  37.7弌
 重心高   20.6
 重心深度   4.1
 👉#6 ソール幅 23
IMG_0079

IMG_0076
IMG_0084
IMG_0082

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この こすり打ち なのか、つかまえているのか、
 勿論 もう少し 曖昧な領域もあるんだけど
 ココ(こすりとつかまえ)の部分が
 実はクラブ選択で結構、重要✋ なんですね。」
IMG_0361
受講生「!!!!!

店長「こすり打ちは 原則
 入射が緩く、打ち出し角度が高いがボール速度は遅く、
 ベースの ボール回転量は少ない のです。
 それぞれの方の ヘッドスピードやスライス、フック
 などのボール質にもよる訳ですが、
 若いうちは良いですけれど、
 こすり打ちタイプの人は 加齢で体力が落ちてくると
 ボールの打ち出しが取れなくなって 失速する傾向が強いので
 (元々 ショット全般に回転が少な目〜浮力少な目)

 ショットの中で 一番 打ち出し、ボールの回転量共に
 少なくなる ドライバーでは注意が必要です。


 普通のクラブを こすっている人は
 ドライバーになると 
 余計、煽ってしまう、しゃくってしまう場合が

 少なくない。。。
 
 現代のドライバー、
 特に カチャカチャが常備されるようになってから
 ドライバーの 重心がかなり下がり、
 ロースピンタイプのモノが多くを占めるようになっているので
 長さ、ロフトに注意が必要ですね。
EG05_02


 一般的に ロフト等が同じ条件では
 長くなると ボールは上げ易くなる
 んですけれど、
 それは 入射が緩くなるから なんですが、
 その条件は つかまえて打つ人に適応されますが、
 こすって打つ人にとっては
 元々 緩めの入射が レベルを超え、アッパー、
 煽りになってしまう可能性も高いので、
 長くなっても 上げ易くなったとは言えず
 逆に ボールが低くなってしまう可能性も秘めています。


 柔らかいシャフト、重いヘッドというのもあるのですが、
 実は この こすり/つかまえ タイプを見極めるコト と
 それによって それに適した 『長さ』というのが
 ドライバーに関しては 飛び にかなり影響します。

 流石に ドライバーは 入射角度がゼロ以上、
 ティーアップしてる分、結果的には 入射ではなく仰角、
 アッパー気味にインパクトするのですが
(意図的にするべきではありません)
 総じて こすりタイプの方は 元々アッパーが強め なので
 やや短めの  結果として 0〜⁺3度位のアッパーで
 収まる「短さ/長さ」にした時、飛距離が伸びます。
(繰り返しますが 意図的にアッパーに振るべきではありません)
 クラブが長くなって アッパーが強くなり過ぎる、
 ⁺5度を超えるようなアッパーになってしまうと
 曲がりが強くなってしまったり(縦回転が減るので)
 フォークボールやナックルボールみたいに
 急にガクンと落ちてしまうボールになったりします。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 ヘッドスピードやロフトとの兼ね合い なので
 一概には言い切れませんが、
 だいたいの場合、
 まずは 硬さ(柔らかさ)が合ったことが大きいのですが、
 急激に飛距離が伸びた ドライバーの場合、
 その長さが造る 入射(仰角)が良かった
 というのが あるんです。 かなり大きい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 お世話になっております。

ニューアイアン、HBS-16が届いてから3か月が経ちました。

使用感などを書いてみたいと思います。

IMG_0622
1.距離が変わった


シャフトの柔らかさも数段階落としたこともありますが、
ぴったりひと番手とは行きませんが、全く距離が異なります。

ロフト構成は5.6.7.番がHBS-10改より
ほんの少し立っていますが、
あまり差がないのにこの差はなんなんでしょう

特にその5.6.7.番はハッキリ飛ぶようになりました

IMG_0614
2.弾道が異なる


慣れるに従い、
市販クラブからハミングバードのクラブに変えて、
弾道の違いに驚きましたが、今回はさらに驚きました。

今までは比較的ポッコンと放物線で飛ぶ感じだったのですが、
今回のHBS-16に変えて 
先で一度上に脹らむ、
真っ直ぐ飛んで落ち間際で一度空に上がる感じと言うか、、、
アイアンらしい弾道^^になりました。
気持ちいいです。

 

あえて言うのならば、
重量によるヘッドの肉厚のせいなのか、
打感が柔らかい??と言うのはこのような事なのか、
インパクトの触感がまったくありません。
これで良いのでしょうか?
 

IMG_0628
3.ウエッヂがいい感じ‼


嫌いではありませんでしたが、
アプローチショットが全然異なります。
バンスが効く感じというのがなんとなくわかるような気がします。
派手にスピンがかかるという感じではないですが
 戻るでもなく、転がるでもなく、
非常に距離感が把握し易い感じです。

IMG_0630
4.バンカーにびっくり


元来コスリ打ちのせいかバンカーは
得意な方でしたが、今回はすごい

バンカーショットからこんなにスピンがかかると
こんなに簡単になるとは知りませんでした。
 どんなテクニックなの?!と言われました。

010
5.やっぱりパターが一番すごい


一番の収穫はパターだったかもしれません。
HBS-16の変更に伴って、
使っていたパターのリシャフトをしてセットし直しました。
ブリストルパターのお陰で6個もハンディが減りましたが、
これはもっとすごそうです。
慣れてきたせいもあるかも知れませんが、
距離ミスがより減り、無駄なパットが激減! 
アイアンの距離が微妙に飛ぶこともあり、
上から打つコトが増えている昨今ですが、
重いヘッドは下りに強いんですねー。
さらにハンディ減る期待で一杯です^^

006
球筋も自分的には美しくなり、

距離も伸び、パターもよくなり、
と良いこと尽くめなのですが、
従来のセッティングのウッドとの相性が…、
問題になってきて、ウッドを変えないとまずそうで…、
予算が…、お財布が…、大蔵大臣が…、と悩む今日この頃です。

予算の目途が立ったら…来年位に…
 その時はよろしくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0611
弊社オリジナル アイアンヘッドのご紹介です
IMG_0622
軟鉄鍛造 HBS-16
 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆
IMG_0624

 初期ロフト角度 ヘッド重量(重量版/軽量版)
#5 26度 325//310g
 6 29  333//318
 7 32  341//326
 8 36  349//334
 9 40  357//342
PW 45  365//350
PS 50  373//360
SW 55  381//370
IMG_0613
〇5番アイアンのスペック
 重心距離  38.2mm
 重心高   20.3mm
 重心深度   6.7mm
 重心角度  10.7
 ソール幅  26mm
IMG_0616

今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)

IMG_0623
重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制
 手前味噌ですが、最近のアイアンは ほぼCAD設計ですので
 こういう 手の込んだものは絶滅しています。

IMG_0617
ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています
 (アイアンヘッドにはルール設定が無いので😄😄😄)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

L型ブリストルパター(進化版)についての
多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

IMG_0034 (2)


シャフトについて 尋ねられることがあるので
それについて書いてみます。

パターに限りませんが、
シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン)
この二つには実は何の違いもない と言えます。

割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは
重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが
それは全くの誤解です。

スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。
それが何か特別な性能を持っている訳ではなく
単一素材であるがゆえに
太さの変化(俗に言うテーパー度合) と
ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。
スチールシャフトの一番の利点は
 工業製品として安定して同じものが得られる
という部分にしかないと言い切れるほどです。

重量の関して…ですが
その前に スチールの方が硬い・・・
いえ 強い と思っている人がいますが
それも大きな間違いで、
繊維で構成するグラファイトの方が
圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。
また 繊維で構成するため
負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。

最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で
作られているグラファイトが多いので
言いにくいことではありますが、
本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、
使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など
無限な組み合わせが可能ですから、
圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは
技術的に「それが作れる」から、であるのと
平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると
強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。


IMG_0035 (2)



パターだけに限りませんが
グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は
同じバランス=スイングウエイト とすると
スチールシャフト装着のそれに比べると
20g以上重いヘッドが装着可能です。
これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる
最大の理由です。


シャフトは硬ければ硬いほど
ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。

50g重たいシャフトが装着されているものと
50g重たいヘッドが装着されているもの
計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても
先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント
動かした時の重量感は
格段に ヘッドの重いものの方が上 です。
これはウエッヂなどでも同じです。

ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな
スチールシャフト装着のパター では
その目方ほど 重量感は感じない ものです。


軽く感じる硬いシャフト装着のものに
本当に軽いヘッドが付いていて
重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが
付いているんですから、随分と差がありますよね…。



これも神話というか 都市伝説に近いですが
重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが
安定する なんて言われますが、
その手の話を豪語するゴルファーは
練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ?
それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから
それを参考にするのは なんだかな って気がします。
一体だれのためにゴルフをして
誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。



『L型ブリストルパター』特に進化版
一般的に市販のパターに比べると
約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上
シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では
一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm
進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下
ですので、総重量では似たようなものであったとしても
持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん
3倍以上に感じるのではないかと思います。
持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。

重く感じるパター・・・
そして 小さなストローク、遅いストロークであっても
遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量
慣れたとき どっちが安定するか は
火を見るよりも明らか だと思うのです。

まあ 軽口ですけれど、このパターが
量産されるほど売れてしまったら(
あり得ませんけどね😄)
間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。
(現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません)
それほどの性能を持っていると自負しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 が ありましたので、私(店主)の書きました
返答を記載致します。

限定版記事⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1723288.html
オリジナル版L型ブリストルパター⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1658107.html



御手紙有難うございます

お返事遅くなり、申し訳ありません。

弊社のL型ブリストルパター ですね。

自身で書いてしまいますと、手前味噌のオンパレードに

なってしまいますが。。。

軟鉄で仕上げました こちらのパター

ヘッド重量は 470gあります。

従来のピンタイプの重いモノが330g位

L型などシンプルな構造のものですと 300g程度です。

それを 違和感のない形で 増量するための比重の重い異物などを

一切使わず 仕上げるには 相当な工夫が必要です。



最終的に 軟鉄を使いまして
(実は開発当初は 925銀 スターリングシルバーで
 造る予定だったのですが 予算が合いませんで)

粗い鍛造一回の後、二種類の旋盤(俗にいうNC加工)で

、一体成型 削り出しで造りました。
IMG_0032

この形状、大きさですから 何かモデルになるような

サンプルは一切なく、形の参考として

ジョージローのスポーツマン、ブリストル などを

使いましたが、ほとんど一からデザインをしたのと同じでしょうか。。。



シンプルな形状ですので、一切ごまかしが効かず

大きさを感じさせない と言うコトと共に

テークバックの引きやすい、動かす方向のガイドが

イメージできるようなデザインに仕上げました。



また 従来のパターよりもロフトを多め

バンス角度も強めに設定して、

自然にロフトの立った状態(微妙なハンドファースト?)に

なるようにも仕上げました。



テークバックの取りやすい と言うデザインと

フェース面がストレート というのは かなり難しく

遊びの無い形状の中で、かなり自分の過去の知恵や経験を

盛り込んだと思っています。



L型のパターは右に押し出しやすいイメージ
を醸し出しやすいので
実際はオフセットは無いのですが

重心を高くするという構造を含め、
ネックを違和感のないところまで

長く、太くして グースネックに錯覚する 形状にも

苦労したところです。



100g弱の このパター専用のグラファイトを

お使いになることをお薦め致しますが

このシャフトですと 従来のパターシャフトに比べ

手元を緩めて、逆に先端を締めてありますので

手元の暴れにパターヘッドが反応しにくく

より安定した、落ち着いたストロークが出るかと思います。



よく雑誌等で書いてあります パターストロークで

オーバースピンを生む と言うコトには自分は賛成できません。

本来、きれいなストロークは ボーリングのボールと同じく

打ち始め〜転がり始め はある程度スキッドする区間があり、

推進力が薄れてくると、今度は回転で前に進む

と言うコトを実践するためのパターです。

ボールが低速で、等速で、ゆっくり遠くに転がる と言うコトを

実践するためのパターにしてありますので

このパター以外で打つボールとは 明らかに転がり様が異なります。



是非 ご検討ください    野澤


 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


創って頂いたゴルフクラブが届いて、

実際に「悶絶クラブ」というものを使用して
「クラブ扱いの研究」を開始したのが2016.12.19.から。
(友人と初めてH.Bに行ったのが2016.3.20.で、

そこで、直接野澤さんに教わって、
翌日から、その内容をもとに準備はしていました。) 


それから約5年7か月かかりましたが、

「2022.7.7.の昼ゴルフ練習(実験)」で、ようやく、

全てのクラブ(1Wからパターまで)、

練習場と本番のラウンドでの再現性においても全く問題がなく、
同じ感覚、同じグリップで、

「ヘッドを振らなくても望みの距離が打てるクラブ扱い」の答えが

みつかりました。

VTS02 2022_Moment
それまでは、毎日、違う打ち方を実験しては

「翌日の朝にビデオ検証 ⇒ テーマの設定」の毎日だったので、
自分が使っているクラブの、

「打ち手の動作とクラブの挙動の変化」については、かなり理解できました。 


最終的には、結構早い段階から

「左手をいかに止めないかが全て」
結論付けしていたので、

左グリップの親指を完全にシャフトから離して

外に出す握り方を発見したのと、
60Y以下はSWの「カニ打法🦀🦀」、
60〜80YはPSの「🦀カニ打法」で、

アプローチに関して、ほとんどのミスがなくなりました。

 
自分の使っているクラブに関しては、

「カニ打法🦀🦀」で、いかに遅いスピードで、

いかに距離を出せるかがポイントで、
これさえ、「理解も含めて体得」してしまえば、

ほぼ、スィング作りは完成に近いかと思いますし、
スピードが遅いので、余計なスピンがかからず、

アプローチの距離感が安定するのもラウンドでの強みです。

VTS02 2022_Moment(2)
フルショットに関しては、
「カニ打法🦀🦀」ではスピードが全然足りないので、

トップから、一気にアドレスの時のグリップの位置、

もしくは、少し先の左側(内側)めがけて、ヘッドを動かさないように、一気に
直線のイメージで動かすだけでOKです。

(直線で動かしにくくなるトップの高さは、全く必要なしです)

 
これについては、

ジャンボさんの全盛期のドライバーやアイアンのグリップの動きを真似てみたら、
一気に解決したのと、なるほどと感心しました。

(「やっぱり、何回見ても、ジャンボさんのクラブ扱いはマジに凄いなあ」

と敬服に近い感情)

 
PWとかのコントロールショット(多少の距離調整)を動画で見ても、

トップの感じとかは全然変わっていないので、
スピードで調整しているよりは、圧力で調整しているのかもしれません。

(自分でもよくわからないですけど、

そもそも、ヘッドを振っていないので、

スピードでは調整していない感じはします)

VTS02 2022_Moment(3)

あと、個人的には、

やはり、FWはものすごい道具(簡単に打てて、距離が出る)だと

つくづく感じるのに対して、
昔からですがUTは打ちにくく感じます
(あくまでも、個人的な意見です)

LWに関しても、SWのカニ打法でカバーできるので、

使う機会が減りました(普段の14本からは外れました)

 
今日のブログの記事ではないですが、

パターも含めて、同じタイミンングで、同じ打ち方で対応できるのは
本当に「すごすぎるゴルフクラブのセット(一式)」だと、改めて、感謝致します。

 
あと、これだけの期間を打ち続けても、

結構、無茶な事も実験したので、腕に多少の痛みが発生した時も
ありましたが、首痛、腰痛とは全く無縁だったのも、

このクラブの最大の特長、利点かもしれませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ゴルフのスイングで
 ああでもない、こうでもない って言うのは
 楽しいのは楽しいんですけど
 真面目に悩んでいる人にとっては
 すこし頭を整理するべき なんですね。」

受講生「 どんな点です?」

店長「繰り返しになっちゃいますけど、
 こすり球 は イコール スライスではありませんし、
 つかまった球 は フック ではありません。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 コト ドライバーショットに関して言えば
 道具の進化、ショットの科学的追及の結果、
 というよりも 成れの果て に近いんですが、
 こすり球 イコール 飛ばない でも
 つかまった球 イコール 飛ぶ でもないです。
 😢ここら辺が ゴルフの面白さでも意地悪な
 部分でもあるとは思います。
 

 ボールが飛ぶのって 念力や強い想い なんか関係なく
 単に物理現象なので
 結果としては 速いヘッドスピードのこすり打ち が
 遅いヘッドスピードのつかまえた球 より飛んだりする訳で
 こすり/つかまえ に関しては スピードで誤魔化せる部分は
 少なくないのですが、
 スピードで誤魔化せない アプローチショットには
 その こすり/つかまえ の差は かなり出ます。

 
 こすり球の一番の欠点は
 再現性の低さ、繰り返し似た球を打つコトが難しい、
 特に ヘッドスピードが重要でない 短い距離のショットに出る、
 これに尽きると思います。


受講生「重要な部分ですよね。」

店長「だと思います。
 それと 日本のゴルファーは 言葉 に頼ってしまう部分、
 こう 何かをバサッと言葉で定義付、分類してしまう部分が
 凄く多くて そのせいで悩みを深めてしまい易い と思うのです。

 こすり打ち と つかまえるショットの最大の違いは
 ヘッドの入射角度 と ボールの当たり場所で
 ✋フェースの当たり場所というより ボールの方ですね。

こすり打ちはIMG_0491 そのクラブ、そのクラブの長さで
理想的に入ってくる入射よりも 緩く
あたかも より長いクラブで入ってくるようなライン になり
そのクラブのロフトで コンタクトするであろう
 ボールの位置よりも 下側(ボール)に当たる形になります。

 これも 繰り返しになりますが、
 こすり打ち と つかまったショット の弾道比較では
 こすり打ち の方が 打ち出しは高くなり
 スピンは少なく、ボールの初速は遅くなります。

✋この特性からすると
 長いクラブ(ロフトの立ったクラブ)に比べ
 短いクラブ(ロフトの寝たクラブ)の方が
 より飛ばなくなる、より影響が大きい。
 ドライバーなどのロフトの立ったクラブは
 ヘッドスピードなどにも寄りますが、
 割に こすり の影響が少ない と言えます。


 どのように ボールをさばくか
 ボールをヘッドで、フェースで、どんなロフトで
 ボールを打つか、さばくか、拾うか、
 が 最大のポイントです。

 で、その結果、そのさばき方が
 手で打つようなコトに『なり易い』であって
 手打ちがイケナイ のではないです。

 逆に言えば、難易度は高いですが、
 ボールをつかまえる を 手打ちですることも可能で、
 要は ボールとヘッドが、ボールとフェースがどういう絡み、
 どういう接触方法を取れば良いか を
 あらかじめ 知っておくことが一番のポイント で
 結果論、ですが、ゴルフクラブの単純な構造や
 人間のからだの構造から だいたい、ですけれど
 人間が ゴルフクラブで ボールをつかまえて打とう とすると
 手では無く、からだの回転で打つに至り『易い』。

 からだの回転でスイングする、クラブを動かす、
 それが 第一 にある訳では無いと思います
。」

受講生「ボールとヘッド、ボールとクラブの
 物理的なコンタクトのイメージの構築 が第一 というコトですか?」


店長「その通りです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 現在、MR.Kが夏合宿のように 特訓をしているのですが、
 練習をする様子を何気無く見ていても、
 やっぱり からだの動かし方 をとても気にしてるんですね。

 具体的に言うと フォローが出ない、
 インパクト以降の 左上腕が締まって、上がらない、
 を気にしているんですが、
 ポイントはそこじゃない訳ですよ。

 ダウンスイング、インパクト直前に
 利き腕の伸ばしで クラブを振ってしまう、
 キャストしてしまう癖が抜けきらない から
 その後のクラブが 左腕をカラダに押さえつけてしまう
 結果、フォローが出ないのであって、
 ソコを意識しても改善はされない訳です。
 言ってしまえば 今のボールさばきでは
 インパクト以降 左上腕が締まってしまうのは必然 な訳です。

 ココが ハードル になりそうなのは
 もっと しっかり 入射角度を取る のと
 意味としては似た改善ポイント なので
 上から打とう と思うと
 より ヘッドやクラブを下に振るコトになって
 より 元の路線に戻ってしまい易い。。。

 ココは スピードで解決できない
 アプローチショットの速度で
 スイングの円弧は からだの向きが造る、
 感覚的に フェースを下に向けていても
 からだの向きが変われば ボールは拾える が
 自分に染み込まれない と 上手く行かないでしょう。

 ただ ご本人を ボールをつかまえる動き の方が
 体感的に 「速く振るコトが出来る」
 打った感じ、振った感じは乏しいけれど
 「ボールをとらえた感じは良い」ので
 いま しばらくはトライされるんじゃないかな と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「現在 こすり打ち をしている
 と仮定しましょう。」

受講生「実際 それで悩んでいます。
 ヘッドスピードに対し 距離が伸びず、
 フェアウェイウッドは苦手、
 スコアを造るためのアプローチも問題があります。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







店長「こすり打ちとフェースローテーションは
 表裏一体の関係です。
 手を返す って言いますけど、
 右打ちの場合、手を返す、フェースを返すには
 当たり前ですけど 右手(右グリップ)が
 左手(左グリップ)を追い抜かなくてはいけません。

 多くの場合、ダウンスイングの後半に
 シャフトを、ヘッドを下に振るように、
 そこで 丸く振る訳ですけれど、
 それらを行うには 切り返し、ダウンスイング以降、
 左手・左グリップが あまりにも先に行かれてしまうと
 追い抜くチャンスが無くなってしまいますから
✅切り返しで左手をソコに残す
✅からだが回転しても 左手を居残りさせる

 そう言う習慣が強いです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

〆献哀螢奪廚琉榮偉未鯀やす

✋その分、左手を下げる、落としますので
 圧倒的に 横への移動量が足らなくなります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 スイングを替えてたい、変えよう とするのであれば
 左グリップの経路、行き先  を
 もっと もっと 左、進行側にしたい、
 切り返し、ダウンスイングで
 左グリップを下げる のではなく、
 左肩が、左サイドが移動した分、横に移動したい✊
 左グリップが下げなくとも、下がらなくても良いから
 (もう十分 左グリップを下げる習慣は付いているので)
 からだを廻すコト は 左グリップを横移動させるコト
 この移動量が鍵になります。

右腕(右打ち)の伸ばし は 受け身

 これも 左脇・左腕の絞り とともに
 感覚的な縛りになる可能性があります。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 下へ振る、クラブを振る、ヘッドを振る、
 丸く振る、手を返す、フェースローテーションする、
 これらは 右利きの右打ちの人にとって
 利き腕の最大の見せ場、
 重さを力技でどうするのか のポイントです。
 上手く返せた時の感覚やタイミングが
 スイングの命 と言っても良かったかもしれません。

 それが無くなります😢😢😢

 バランスボールのドリル の話し の時、
 からだを廻すと バランスボールに遠心力がかかり
 腕を曲げていられなくなります。
 伸ばされてしまう・・・
 遠心力がかかった時、それを拒否しない、
 勿論、腕を使ってはイケナイ訳ではありませんが、
 大袈裟に言うと その程度でしか 腕は使いません。

 ,箸弔覆るのですが、
 からだの向きが変わり、左グリップが大きく移動するから
 右腕が伸びました… 程度です。

➂フェースをターンさせるのは からだの向き

 フェースターン、
 今までは 左サイド、からだ、左グリップを止め、
 右腕の伸ばしで クラブ・ヘッドをターンさせていたのを
 からだの向きに委託します。 外注ですね。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(6)

 腕の伸ばしは
 バランスボールの感じ通り ですが、
 今までは ヘッドを返す、
 グリップよりも ヘッドをボール側に出したり、
 右グリップを左グリップの下や、ボール側に
 手で 下や、横に ヘッドターン、クラブターンさせた
 のですが、その仕事は 外注に出しています。
 左右のグリップの 上下左右の位置関係は
 トップの位置のまま で良いのです。

 左腕 とともに、伸ばされた右腕の仕事 は
 フェースを下向きにするコト です。

 ヘッドは からだの回転に対し、👉遅れています。
 その遅れを ねじれ、ヘッドの開きにせず、
 フェースの下向きを維持していれば良いのです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ