◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2022年06月


店長「コレ 全員に該当するか、どうか は
 分からないのですけれど
 多くの人で実験してみた結果、
 ゴルフスイングのイメージですが、
 からだの回転で✋ を意識すればするほど
 結果、手打ち😵😵😵 になってしまう
 が
 あるのです。」

質問「どういうコトです❓」

店長「少し重くなったボール、
 バランスボールって言うんですけど
 それを使ってみると 分かり易いかも知れません。
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 これ バランスボール、重いボールである意味は
 ゴルフクラブって 運動、特にからだの回転を始めると
 想像以上に重くなって
👉自分の思った通りには動かせない、
 と言う感覚と
 逆に、その重さを利用して 腕を使う、腕を動かす、
 回転でかかるであろう 遠心力や重力などの
 不可抗力を考慮しながら 自分の想定通り
 腕を動かすのには どうしたら良いだろう、
 と言うヒントになると思います。」

質問「体力的にも良いトレーニングになりそうですね。」

店長「ダイエットになるか、どうかは定かでありません🙄
 股関節のトレーニング や ストレッチにもなりますので
 お薦めです。2繊腺貝前未良いと思います。


店長「細かいコトは言わずに、、、ですね、
 ゴルフスイングイメージで って言うと、
 また、バランスボールを放って下さい と言うと
 だいたい こういう感じになります。

 言葉で説明するの 難しいんですが、
 トップの位置では 左手の方がボール側、
  画面の平面上で言うと 画面右側
 右手の方がボールから離れた側
  画面の平面上で言うと 画面左側 になりますよね、
2022-06-27_12-09-57_Moment

 普通にすれば。」

質問「そうですね。」

店長「多くの人は、ですね、
 からだの回転で を意識しています。

 ですが クラブを振る、クラブをリリースする、
 この場合ですと バランスボールを投げる に該当するんですが、

 からだの回転『通り』
 前傾姿勢を抜いて
 からだの回転『通り』に横にボールを動かそう
 とするが故に
 どこかで 右手左手の入れ替え ターンが必要になります。」

質問「入れ替え って言うのは
 トップの位置で 左手がボール側(画面右側)、右手が離れた側 を
 逆転させる ってコトですね。」


店長「そうです。

 今回、これをするのを 重いボール バランスボールで
 やっている意味があるのですが、
 回転という 運動をすると
 当然、ボールはより重くなります。

 バランスボールの移動と言う面において 重くなるのと同じく、
 バランスボールの姿勢と言う面においても 重くなります。」

質問「つまり からだの回転という 円運動をしても
 バランスボールは回転したがらない⁈ と。」


店長「当然、そうなります。
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)

 ですので 右手の方をボール側(画面右側)にして
 バランスボールを放り投げるには
✅からだを左に向けてから ボールを投げる か
✅からだの回転を止めて ボールを投げる か

 の二つしか 選択肢がありません。

 どちらも『からだの回転で作った勢いは使ってはいる』のですが
 結果、としては 手で振る動きでリリース
 せざるを得ない のです。

 からだの回転通りに 腕、クラブを動かそう
 とすればするほど
 前者は からだを開いて〜左を向いてから振る か、
 後者は からだを止めてから 腕を振る か

 そのどちらか、
 つまり 手打ち 手振り にならざるを得ない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドリリース、ターンにしても
 からだの回転にしても 打撃の手段でしかないと思うのですが、
 やはり ボールをとらえる、つかまえる、
 ボールをこする の思い込みとか、概念の勘違い
 と言う部分が強いのでしょうか❓」


店長「そう思います。
 手で振る、手打ちを喜んでしている人は
 あまり多くは無いと思うのですが、
 開いたフェース、右打ちなら右に開いている、
 それでは こすってしまうので
 仕方なく フェースを閉じる、左に向ける、
 が結果として、動作の手打ち、ハンドターンに
 なって行くんだと思います。

 その『つかまる』『こする』の勘違いは
 とても大きいと思います。

 『こする』『こすり球』の話しからしましょう。」

質問「興味深いですね。」

店長「ゴルフの意地悪なトコロなんですが、
 アプローチなどでは ソレ『意図的なこすり』
 必要な場面もあります。

✋個人的な意見ではありますが、『意図的なこすり』
 『意図的なつかまえ』はする必要が無いとは思います。

 中途な距離をアプローチする場合、
 見るからに こすり気味、スピン増やし気味 に
 打つ場面があると思うのですが…。」

質問「ありますねぇ〜。」

店長「上げる球、出球の高さを取る方法 とも言えますが、
 その際、ですね、
 よく、インパクト以降、フォロー側で
 左ひじ(右打ち)を抜く、左ひじを引く、
 と言われるのですが、
 結果、だけを見れば そうなんですが、
 その方法は 左ひじを抜く のではなく
 左腕、特に上腕ですね、これを意図的に『上げない』
 左腕の高さを低いまま、維持するコト
 なんです。」
o0361056812059034776

質問「えええ そうなんですか❓」

店長「はい。
 左腕、特に上腕ですが、これを上げないと
 スイング軌道は 急激に内側に切り込みます。
 まあ どちらとは言えないですが、
 左ひじを抜く、引くように動かすと
 結果としては 左上腕が下がるような動きになり、
 フェースターンをしてなければ ロフトは大きなまま
 になりますので 緩い入射、大きなロフト で
 インパクト前後を通過させ易くなります。」

質問「バンカーショットなんかに良いですね❓」
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

店長「そうですね。必要がなければ 無理にするコトは
 無いとは思いますけれど…。

 良くあるパターン、トライなんですが、
 通常のショットや練習で
 フォローを出そう、フォローを大きく取ろうとして
 左腕を伸ばそう、左腕を打ち出し方向に出そう、
 とすると 左上腕が上がり難くなるので
 こすり球や過度な引っかけ に
 なってしまう可能性がありますから ソコは注意が必要です。

フェースローテーションが強い人 にとってはyjimageLL1DHR4Z
ヘッドターンをすると 右手が左手にかぶって
左上腕があげられなくなってしまいますので
左回転の球は打てますが、『つかまった球』は難しくなります。」


質問「じゃあ こすらない〜つかまえる と言う意味では
 その逆 なんですか❓」


店長「意図的に、ではなく
 つかまえる というか、通常のショットは
 その逆で 左上腕を上げるコト は
 結果として 大きなフォローを生みますし
 ボールを『つかまえる』と言う作法では
 基本的なモノ と考えて良いと思います。」

スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「一般的に良くないスイングの代名詞である
 アウトサイドイン についてはどうです❓」
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)

店長「これもかなり誤解されていますね。
 アウトサイドインと言う現象が悪いのではなく
 からだの回転でクラブを動かさない、
 クラブの弧をからだの回転で描かず、
 手で振るから アウトサイドインになり易いので
 アウトサイドインが悪いのではなく
 アウトサイドインになってしまう
 スイングの動力源が問題
なのです。」

質問「ああああ そういうコトなのですね。」

店長「そうです。
 手でクラブを振る、フェースローテーションをするには
 それを行う空間が必要です。
 ですので どうしても からだの向きと腕のさばき は
 その順番が必要で、
 ダウンスイングであれば からだを廻し、開き、
 インパクトより先に 腕でクラブを振る空間を
 作る必要がある
ので
 それを アウトサイドイン と言うのです。
  あくまでも一般論ですが…。

 ですので その軌道、ヘッドの道のり『だけ』を改善しても
 本質は何も変わらないのです。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

質問「ソコの部分 かなり間違った認識が横行している
 ように思えます。」


店長「手で振る限り、例え
 クラブをより寝かし、見た目インサイドから
 入れて来る、としても 本質的なアウトサイドインは
 変わらないのです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 まだ 素直に外から振っている方が安定性は高いです。
 言葉は悪いですが、外から掻いてきている分だけ
 ターゲットを計算に入れて 右気味にアドレスを取れば
 同じ弾道を打つ可能性は決して低くありません。 

 逆に、ヘッド軌道をインサイドから、に換えると
 クラブをより寝かすことになりますので
 より フェースを開いて進入 し、
 より 激しいフェースターンが必要 になります。
 同じ球を繰り返し打つ と言う確率は低くなりますし、
 その急激なターンは 左ひじなり、手首なりに
 必要以上の負担をかけるコトになります。

 この道筋が スイング向上 と信じている人が
 少なくないのは 困ったモノです。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

質問「ソコはやはり ゴルフショット向上に付いて回る
 こすり球、ボールのつかまり の認識の齟齬が
 大きいんじゃないんです❓」

店長「ソコはアルでしょうねー。
 こすり球 =スライス ではなく
 ロフト以上にスピンが多い球
で、
 つかまり =フック ではなく
 ロフト通りのスピン、ボールの速度

 というコトが把握出来ていないと
 ヘッドの軌道とフェースの開閉
 と言う作業に意識が行ってしまいますよね。」
video_Slomo_Moment

質問「中途にゴルフやスイング情報を仕入れていると
 そちらから スイング造りに入っていく方も居るでしょうね。」

店長「結構、いらっしゃると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドターンで上手く行っている人は
 無理に からだの回転とかを取り込まず
 そのまま 続けなさい…と❓」

店長「伝わり難い…かも知れませんが、
 ハンドターン、ハンドリリース、フェースローテーション
 を主にされている方の多くの場合、
 からだの向きは クラブを動かすコトがメインでは無く、
 腕の曲げ伸ばし、腕のリリースをする『空間
 作るためのモノです。

 ですので 耳や目から入ってくる情報として
 "からだの回転の方が大切"であったとしても
 抜本的に 打撃の主をカラダの向きに変えない限り、
 今のスイング動作のまま、からだの回転を増やしたり、
 右打ちであれば右向きを増やしたりしても
 良いことは多くありません。

 ちょっと ややこしいですが、
 ハンドターンの多くの場合、
 スタートは クラブターン、クラブが弧を描くコト
 をカラダでは無く、手でしている訳ですが、
 やっている内に クラブをターンさせるコトよりも
 フェースをターンさせることの方が主になりガチ です。

 クラブ自身を180度ターンさせた としても
 開いたままのフェース、開いたままのロフト では
 高い、スピンの多い、スライス回転、
 もしくは 下をすり抜けるような抜け球になるだけ で
 ハンドターンの主は クラブよりもフェースをターンさせるコト
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

✋準備としてのテークアウェイが
 俗に言う「上げるコト」ではなく
 フェースを回転させる為、フェースを閉じる為、
 「開くコトの為」が大変多く見られます。
👉ですので 右向きを増やしても
 フェースがより開き、インパクト間際でノ
 より急激なフェースターンが必要になったりするので
 向きや回転を増やしても 良いことは多くありません。

 からだをたくさん動かす、からだをたくさん回すから
 ボディターンではないのです。」


質問「ハンドリリース 手振り手打ちをしている人は多いと思いますが、
 多くの… 半分位の方は からだの回転に移行したいんじゃないです❓」

店長「そうでしょうとは思いますが、
 ハンドリリースって 

〇どこかを止めて、腕を振る、
◉腰を止めて 肩を廻す、
◉左サイド、左腕を止めて 右腕の伸ばす

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)








 良くあるパターンですけれど
 インパクト時の 左脇の締まり っていうか、
 左肩から左手まで 絞ったような感覚で覚えている人も
 多いと思うんですが、ソコに至るまで、
 それを習得するまで、非常に複雑な過程なので
 その感覚を捨て去るのは簡単では無いと思います。

 俗に言われる『左の壁』
 おそらく 感覚的には 
左サイドの絞り、とか
 左脇のしまり、左腕のツッパリ
 みたいな感覚が
 インパクトとして とても重要で、
 からだの回転には存在しない 『インパクトの感覚』
 『インパクトの型』
と言うモノが存在します✊

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

 実際、ハンドリリースから ボディリリースに移行すると
 インパクト付近に 何も無いんです。
 ダウンスイングの過程からフォローの間の
 どこかに ボールに当たった箇所 はあるんですが、
 特徴的な動きとか、 特徴的な感覚 はありません。
 振り返ったら インパクトがあった と言う程度です。

 ただ 逆に ソコに矛盾というか、
 わだかまり、とどこおり を感じていた人は
 結構、大きな胸のつっかえ、のどに小骨が刺さったような
 そう言う感覚は失せると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココからが ちょっと難しい問題 なのですが、
 実は切実な問題ではあるのに
 ソコに気付いていない と言うトコロがもっと大きな問題です。」

質問「なんです❓」
店長「前提条件として
 手振り・手打ちでも 故障も無く、楽しくゴルフしている人は
 それを無理やり変える必要はありません。
 ただし これからゴルフを覚えたいとか、
 やるなら まあ 本道を進みたい と言う方には
 お薦めしないだけです。
((((((((_Moment

 手で振る、手で打つ、手でクラブをターンさせる人 は
 主に 右打ちなら右腕、
 その 曲げ伸ばし によるクラブリリースが
 打撃のメインエンジン になります。

 ここは表現が微妙なんですが、
 ゴルフスイングの根底的なイメージで
 植え付けられてしまっているのか
 手で振るのは良くない、からだの回転だ✋
 そう言うのがある訳なのですが、
 手振り、手打ち(総称して ハンドターンと呼びますね)
 の場合は その腕の曲げ伸ばし をするための
 スペース・空間を確保する為の からだの向き です。

 ですので からだの回転も意識する場合、
 例えば右向き、テークアウェイの時は、
 からだの向きを先に右向きを造り、空間を作ってから
 腕のたたみ、肘の曲げを行い、
 その逆は 現実的には存在しません。」

質問「そう言われれば、向き、腕の曲げ はある程度別なタイミング、
 1.2.と言う順序で別々に行われますけど
 先に 腕を曲げてから 向きを変える人を見たコトないですね。」

店長「そうですね。
 クラブに円を描かせる動き に
 からだの向きが全く関与していない訳では無いですが、
 クラブの動きは 腕の曲げ伸ばしがメインなので
 オープンスペースと言ったら良いのでしょうか、
 空間を作る為だけの向き なので
 どうしても その順序が必要になります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)

質問「だから ダウンスイング時に
 からだを先に開き、腕を伸ばす になるんですね。」
店長「そうなります。ならざるを得ません。
 ただ 今回の話しでは ソコが問題ではありません。

 繰り返しますが、ハンドターンであっても
 痛みも悩みも無く楽しくゴルフをしている人が
 無理やり それを変える必要性はありません。

 今回、問題となるのは
 自分にとっての からだの回転、向き は
 曲げた腕を伸ばす その勢い付け や
 それを行うための空間づくりの為 のモノなんですが、
 一般的には からだが回っていない とか、
 もっと からだを廻せ、
 何か ミスが起こった時に からだの回転不足、右向き不足 や
 回転の量や速度が足らない を指摘される場合が結構、有り、
 無理に 右向きを深くしてしまう場合 があるのですが、
 問題を解決する上で それは有効ではない場合が多いです。

 ハンドターンの場合、インパクト付近で
 かなり複雑な、しかも高速な インパクトの作法があります。
 深くなった 右向きはハンドリリースの勢い付け には
 なるかも知れませんが、
 それによって よりヘッドの遅れが増えたり、
 重要なタイミングが狂う可能性がありますので
 量さえ増えれば解決するケースは少ないと思います。

 また、ハンドターンの方が からだの向きを強調すると
 胴体を捩じるコトになりますから
 腰や首などへの負担も増える可能性があります。
 そう言うケースで悩まれている人がたくさんいます。

 嫌味で言う訳ではありませんが、
 自分がハンドターンだと認識している場合、
 そして 特に悩みも痛みも無い場合、
 自分にとっての からだの回転は
 腕の曲げ伸ばし、リリースの勢い付け であったり、
 腕の作法をする為の 空間づくり であったり、
 スイングの弧自体には直接関係がないので
 誰か、何かに感化されて からだの回転を増やしたり
 急いだり して 良いことはないかも、
 それよりも からだに負担の少ない ハンドリリース
 そのやり方やタイミングを熟成させる
 と認識して置いた方が良いと思います。」 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトが柔らかいからスライスする
 飽きるほど聞いた ゴルフトレンドワード ですね。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「笑うに笑えません。

 打ち手 である自分が動いて、
 ゴルフクラブ、その先端にあるヘッドは動きます。

 シャフトがどうの、クラブの機能がどうの、
 であっても 何もしなければ クラブもシャフトも
 一切ナンの動きもしません。 当たり前ですけど…。

 ですので シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
 先端の重さの部分であるヘッドは
 自分の動きに対し、その重さの分だけ、
 移動する、運動数量が減ります。

 例えば ですけれど
 車に 長い竿を付け、その先端に旗を付けた としましょう。
 車が走り出すと 空気抵抗を受け、
 ゴルフのスイングで言えば ヘッドの重さと運動になりますね、
 その竿、棒 は その掛かる負荷の分、後方にしなります。
 スピードを増すほど そのしなり は増えます。
 グラファイト素材であろうが、なんであろうが、
fca79257

 加速、等速移動状態であれば
 そのしなりが戻ることはありません。
 それは誰にも分ると思うんですが、
 ことゴルフになっちゃうと
  その理屈は超越されちゃうんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 ヘッドの重さ シャフトのしなり〜柔らかさ は
 普通に発生することですし、
 出来れば インパクトは最大速度や最大加速時 に迎えたい、
 のですから そのヘッドの遅れ のまま
 打つ のが ごく自然な流れ
 です。

 
 ヘッドの遅れを取り戻す はそれをする為、
 『必ずどこか』の部分を減速、停止させる必要があり、
 それが肘であったり、手首であったり するので
 手打ち・手振りの故障につながって来ます。」

質問「ヘッドの遅れを嫌いますよね❓」

店長「遅れ = ヘッドの開き、ロフトの開き になり、
 シャフトが柔らかければ その量も増える、
 そして それを戻す量も増えますから
 スライス = 柔らかいシャフト になりますね。
 手で振っているか どうか、の踏み絵 とも言えます。」

質問「柔らかいシャフトに慣れてくると
 ああ 遅れをロフトの立ち にしさえすれば
 遅れは放っておけばいいんだなぁ って思えてきます。」


店長「そうですね。
 自分にとって 一番遠い存在のヘッドに構い過ぎ は
 良くないですよ。すごく間接的な関係なんですから😄

 その遅れを 放っておけるのが からだの回転でのクラブターンで
 その遅れを 放っておけず戻そうとする のが手でのクラブターン

 判断することも可能です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「
手打ち〜、手振りね
 飛距離アップ✋ スライス防止✊ とともに
 アマチュアにとって 永遠のテーマ と言ってよいような
 課題 ですよね。」


店長「ですね。
 広く深いテーマなので 一つ一つ取り上げてみたい
 と思います。

 まずですね、
 手打ち、手振り、というのはどう言うモノなのか❓
 その反対になる からだの回転とどう違うのか❓
 です。」

質問「そこ 興味ありますね。」
店長「ゴルフスイング・ショットって
 ヘッドが円を描きますよね。
 手打ちって言うのは それを 手で行っている
 ハンドターン で
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 からだの回転が直接的に円を描くのではないモノで、
 からだの回転の方は それをカラダの向き主体で
 行っています。

 もう少し 具体的に言うと
 ボールを打つ、打撃と言う衝撃のエネルギーを
〇からだの回転は その言葉の通り からだの向き
〇手打ちの方が 右腕(右打ち)の曲げ伸ばし
 を主体でやっている
 と考えて良いと思います。

 …とは言うモノの、
 手打ちであったとしても
 全部 右腕の曲げ伸ばし、リリースでやっている人
 だけでなく、
 からだの回転も混合している人もいますから
 ちょっと ややこしいですね。」

質問「全部、手でやっている人の方がマズくないですか❓」
店長「どっちもどっちです🙄
 ただ コト治すコト に関しては
 全部、手でやっている人の方が比較的 シンプルですので
 治し易い、治り易いかも知れません。
 割合は兎も角、からだと腕の混合 の人は
 かなり複雑なコトに達した時間分、大変かも知れません。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







質問「手打ち、手振りが良くない、治した方が良い、
 とよく言われますけれど その理由はなんですか❓」

店長「手でターンしても、からだでターンしても
 どちらも ターンするコトには変わりありません。
 
 これから ゴルフを覚えるとか、
 からだの故障を出来るだけ無いように、
 体力が落ちても飛距離が落ちないように、
 と思われている方には 推奨は出来ませんが、
 手振り、手打ちで楽しくゴルフが出来ていれば
 無理やり それを変えなくても良い場合あります。

 何故 治した方が良い、しない方が良い かと
 問われると
‖里粒読堯胴体や腰、肘などにねじりの動きが多くなり
 故障の原因になり易い  のは確かです。
 勿論、からだの丈夫な人は居ますから例外もあります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

△らだの回転でターンするに比べると
 複雑な上に、動きが断然、多く
 それが インパクト前後という 高速運動時に行われているので
 各人各人の 絶妙なタイミングと修練
 という
 それぞれの人の 打撃の秘技 のようになっており
 万人に共通するアドバイスが有効ではありません。
 言うなれば スイングに関する共通言語が無いような
 そんな状態になり易く、悩んだ時、困った時、
 誰かからアドバイスを貰い難い状態に陥り易いです。
➂クラブに関して、なんですが、
 からだの回転と比べ、クラブを振る、シャフトを振る量が
 かなり多いので、本来、使うべきシャフトよりも
 硬いシャフトを選定するコトが多くなります。
 これも また 肘や手首、腰痛などの原因
になります。
➃ ➂に絡んだ話し、になるのですが、
 ヘッドのミスの寛容性、慣性モーメントなどの機能を
 発揮させるのが難しい打撃方法 になるので
 シャフトも含め ゴルフクラブのお助け機能を
 活用できない可能性が高く
なります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
質問「良いコトないじゃぁ無いですか❓」

店長「まあ…そうなんですけれど、
 結構、活躍しているプロにもいますし、
 アマチュアの殆どは 手振り・手打ち、
 その打撃方法の方が多数とも言えます。

 からだの回転で打つ よりもいろいろな面で
 多くの練習は必要になりますし、そのタイミングなどを
 体得した、としてもメインテナンス的な練習の維持も必要ですが、
 それが 加齢対策の運動 にもなっているので
 良い悪い の問題では無く、
 単に選択の違いと言って良いでしょう。」

質問「腕自慢さんは別として
 悩みの元が 手振り、手打ちのアマチュアは
 多いんじゃないかと思います。
 それは打撃の手段ではありますけれど、
 率先的に 好きで 手振り・手打ちしている人は
 多くないと思うんですが…。」

店長「どうでしょう?
 ごくごく普通のアマチュアの ゴルフスイング談義に
 耳を傾けていると
 手打ちは良くない、からだの回転で とも言っていますが、
 一方で 同じ人が遠心力で飛ばす とか
 ヘッドの返し、フェースローテーション
なんて
 手打ちせざるを得ない、手打ちのテクニック
 そういう話も出てきますよ。

 そもそも アマチュアが硬いシャフトを選定する理由の
 ヒトツに 『スライスは シャフトが柔らかいからだ‼』
 と言うのがあると思うんですが、
 もう その発想の時点で 手打ち、手振りの匂いがしています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういうケースもあります。
 有名メーカー直営店
『フィッティング』されたので
 アイアンセットで お決まりの かなり硬い
 最近、流行りの軽量スチールシャフト です。
 硬さ で言うと 5番が 320cpmから始まりますから
 数値で言うと かなり硬い、
 硬さ だけで言えば 男子プロ並みのスペック、
 それが 非常にアップライト
 5番で 62.5度 と言う設定 です。」

質問「シャフトもかなり硬いうえに
 かなりアップライトですねー。」
g-421

店長「ですねー、打っても頂きましたが、

 ごく普通な 60歳代の男性で
 この硬さが気持ちよく振れるとも 思えません。
 やや 立ち気味に構えられているので
 アップライト の選択だったのかな❓とも思いましたが、
 相談を受けた理由は 飛ばない、つかまりが悪い、
 の上に ライ角度をフラットにしたい… という
 とても不思議な依頼だったのです。」

質問「つかまりが悪いのに フラットに… ですか❓」


店長「そうですねー、

 ライ角度は 構え方に準じますが、
 運動中は 単にフェースの向きを左右します。
 ラップライトだと 左を向く可能性が高い のですが、
 それは ダイレクトにフックが出易い、スライスが出難い とは
 異なりますし、つかまりはライ角度よりも
 ロフト角度の使い方 に強く影響されます、が
 フラットにすると フェースは
 より右を向き易くなる(ロフトも大きくなり易い) ので

 今回のご依頼に関しては あまり良い修善ではないか、と…。」

質問「ですよねー。」


店長「何球か打って頂いて ソールのマット跡やボール痕も

 確認しましたが、ソールの傷はヒール側。。。
 フェース上のボール跡はトゥ側。。。
 典型的な ライ角度が問題では無いケースです。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


 今の状態をフラット化すると
 ボールの当たり位置は より トゥ側、
 スコアラインの無いトコロにまで かかる恐れがありますし、
 フラットにすると 構えを変えるとか、
 主にですが、ボールとの距離を離す、
 もしくは ハンドダウンがきつくなる、ですので
 中長期的な影響も考えられます。

 まあ 要は シャフトが硬くて 使えていない、
 ヘッドが遅れないから ロフトが立たないので
 つかまりが悪い
 なのですが、
 多分 フィッティングした側のプロフェッショナルであるべき人も
 このお客様も フェースが閉じるコト、
 軌道に対してフェースが開いていないコト が つかまり、
 つかまり イコール 脱スライス と思っているフシが強い
んでは、
 と思いました。

IMG_0516IMG_0515







 ライ角度 について ですが、
 構えに準ずるのはとても大切です。
 同時に 硬いシャフトを使うのであれば
 トゥダウンは ほぼ 発生しませんから
 ライ角度は フラットでも大丈夫
 逆に ちゃんと動くシャフトの硬さ を使うのであれば
 静的なライ角度 と 動的なライ角度 には
 ギャップが生まれますので アップライト気味にするべき です。 
 クラブは 静的な状態と動的な状態 の二面性 を
 持つモノなのですが、硬いシャフトではその二面性が出てこない。
 それほど 大切なのに 無視されています。

 一応。。。ですが、こちらの お客様には
 つかまり は ロフトが立つ作用によって生まれ
 フェースの右向き左向き、軌道に対する閉じ開き とは直接関係に無い、
 今回の場合は このアップライトなライ角度は問題と言えば問題ですが、
 つかまり自体が良くない、飛ばない のは シャフトが硬く、
 ヘッドが遅れない👉ロフトが立たない が主原因
 で
 つかまりが悪いからと言って ご依頼とは反対の アップライト化しても
 ご依頼通りのフラット化しても 解決しないですよ、と説明しましたが、
 有名メーカーの直営店で こういうフィッティングになってしまったコト
 そちらにショックを受けているみたいで 興味が無いご様子でした。」
IMG_0481

質問「どうなさる おつもり なんでしょうね⁈」

店長「ボールをつかまえるメカニズムもご説明しましたが、
 全く興味が無いようで フィッティングされて まだ数年なので
 シャフトを柔らかくする、変える、クラブを替える、
 と言う意識は全くないご様子でしたよ。

 このクラブの、このシャフトの硬さ、そして アップライト過ぎるライ で
 なんとか 工夫するんじゃないですかね❓」

質問「それって スイング… クラブの扱いが悪い方、に行く、
 進むってコトなんじゃないです❓

店長「おそらく…ですけれど その通りと思います。
 大抵のアマチュアゴルファーが歩む道 です。

 動かない硬いシャフト しならないが故に
 しならせて使うので 手で振るコトになり、
 元々、届き難い硬さなので 手で振りますから
 弧が大きく取るコトが出来ず より届き難い、
 それが原因で 近くに立ち、故にの アップライト かも
 知れないのですが、その立ち方、ボールとの距離、
 ボールの置き位置  そして そのクラブの動かし方 で
 果たして 振動数100cpm柔らかく、全然硬さの違う、
 長さも長く、ヘッドの大きい
(重心距離の長い)ドライバーを上手く打てるのか…

 お使いのアイアンを上手く打てるよう工夫するほど
 ドライバーが苦手 が進むんじゃないか と予想します。」

質問「。。。。。。。。。。。。」

店長「ほぼ アマチュアの全員が そう言う組み合わせで
 そういう本当はやる必要のない スイング改造、
 工夫で 迷路に『自ら』落ちていきますよ。

 少々、オーバーですが、 助けてあげられるチャンス
 だったと思うのですが、クラブやスイングのメカニズムよりも
 ブランドの方が意識としては強かったのでは と感じました。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブを造る時、セットする、セットの流れ
 を作る際、とても注意するコトがあります。」

質問「それって 大事そうですね。」
ph01_15

店長「例えば…ですが、アイアンシャフトを新しく製作した。

 芯金(マンドレル)から、グラファイトの素材、シート、レジンの量や質、
 剛性や強度、キックポイント なんかもそうなんですが、
 吟味するんですけど、
 そういうのを 台無しにしてしまうセッティング、
 組み付け 
って言うのがありますし、
 実は 殆ど、と言っても良い程…多数、ものすごく多く見かけます。

 アイアンの場合ですと、
 まぁ 上は5番辺りから、
 下はウエッジまでの 7本とか、8本 というコトになりますが、
 そのシャフトの硬さ、タイミングの流れを
 出来るだけ同じように、許容範囲の中に収めないと
 剛性や強度、キックポイントなんか 全く無意味になってしまいます。

 8番だけが 流れに沿わず 柔らかい とか、
 ハーフショットなんかで 使うコトの多いウエッジが硬い、
 とか 全番手が似たような感じで打てる、
 を作っておかないと そのシャフトの特性も活かされない
 だけじゃなくて ミスショットも生まれ易いですし、
 一番 困るのは 正しいのに ミスになる という
 混乱を巻き起こしてしまうコトです。」

質問「今になって クラブセッティングを知っているから
 分かるんですが、とても 多そうですね。」
482780_170286899788602_2041560344_n

店長「実際の場面で言えば、
 アイアンを使う場合、真ん中の距離が出てきたり、
 風が吹いていて 番手を迷った場合 がありますよね。

 仮の数値 で言うと 5番アイアンから
 200 ➅205 210 215cpm
 という変遷、推移が正常だとします。

 ところが 組み付けたモノが ちょっと極端にしますが
 200 ➅223 206 238cpm
 だったとすると
 6番と7番 どちらを打とうかな〜 って時に
 6番だったら硬めになってしまってますから
 引っかけ や トップ が出易く
 7番だったら柔らかめになってしまってますから
 プッシュ や ダフリ が出易くなってしまったりするのです。
 
 自分のいつも通りの 自分なりに正しい が故に、です。」
スナップショット 1 (2013-10-25 12-52)

質問「一般的には 自分のミス 〜自分の間違い って
 思うんじゃないです❓」


店長「はい。 混乱しますよね。
 そういうコトを引き起こすセッティングは
 出来るだけ 回避しなくてはイケナイのです。

 コレ よく言われるのですが、
 アマチュアはミスするのモノで
 アマチュアだから 関係ないんじゃないですか❓
 って

 いやいやいや アマチュアだからこそ
 そういう 事前にミスになり得るものは
 出来るだけ排除して置くモノ じゃないです
か✊✊✊
 って言うのです。

 例えばですけれど 4輪車でレースをするのに
 タイヤ圧は 揃えておく方が良いでしょうね。

 じゃあ アマチュアが普通に街中で運転するのに
 4本のタイヤ圧は 『アマチュア』だから
 バラバラでも良いんでしょうか❓

 どこか 極端に空気圧が低いとか、高いとかで
 ハンドルを取られたり、滑ったり しないよう
 アマチュアだからこそ、事前に気遣って置くべき
 なのではないでしょうか❓

 プロドライバーであれば、ハンドルの感触とかで
 あれ アソコのタイヤ空気少ないぞ とか
 ってわかると思うので、事前に対処できると思いますが、
 普通のドライバーだと 事故った後でわかる
 ってことになりますから。」

質問「そう思います。」

店長「そういうセッティング、流れの無い
 セッティング と呼べない組み付け にしてしまったら
 〇〇社の△△シャフトって銘柄も
 ◇◇社の▽▽ヘッドの銘柄も 意味を成さない、
 性能が分からない状態になってしまいます。

 先ほどのセッティング 数字のランダムな奴ですが
 言葉では 少し大袈裟な、極端な って言いましたが、
 あの位 セッティングがめちゃめちゃなアイアン『セット』
 は本当の頻繁に見かけます。
 
gp1

 規則性のある 数値の流れ を見るのは
 かなり稀で 年に数セット 見るか、どうか です。

 あまり言いたくは無いのですが、
 そういうセットを気にせず使っている方が
 「〇〇社の◇◇シャフトは 合わないんだよねー」
 って 言われても
 首を傾げたくなる訳ですよ…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
 貸し出し、試打クラブあります
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトの スパイン(背骨)なんて話しを
 聞いたことがありますが…。」


店長「うわー 良くある都市伝説、口裂け女の類ですね。

 確かに シャフトには一番綺麗に運動する、
 振れるところ があります。
 それを総称して スパイン と呼ぶらしい のですが、
 ま、一応、私のお店では組み付けの際、
 人に関わらず、全番手、全クラブ ソコを重心角度と合わせて
 組み付けてはいますが、
(((縦横2_Moment(3)

 スパイン なんてモノは
 シャフトを極力捻じらないで
 重心位置と遠心力が揃うような使い方をする人
 にとって 有効な方法です…けれど、
 そう言う使い方をする人にとっては
 その動かし方で シャフトの軸 を造れるので
 無視してしまっても問題アリマセン。

 一方、そのスパインを妙に気にする方は
 総じて ですけれど、クラブを捻じりまくって使う、
 硬くて動かないようなシャフトを無理やり使うケースが非常に多く、
 シャフトの軸を殺して使ってしまうので
 スパインという偶像にすがっても 仕方が無いと思うんですよね。
 すごく ブラックユーモアっぽい、パラドックスです。」

質問「そういう話を聞いていると
 やはり シャフトの硬さ選択がとても重要かな、と。」

((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

店長「勿論、好きなクラブ、好きなシャフトを使う
 というのも ゴルフの楽しみのヒトツ ですので
 どれが悪い、良い と言うのは無いですけれど、
 これから クラブを買おう、変えよう、いじろう とする方は
 そういう あまり意味を成さない偶像にすがるのではなく
 ちゃんと 合理的に考えて進めた方が良いと思います。

 それも ヒトツのスイング造り になりますので。」

質問「実は そう言う部分の方が スイングに影響が強い、
 のでは無いかと思うようになりますね。」


店長「ゴルフだけじゃないですけど、なんとなく刷り込まれる
 そう言うイメージというか、概念みたいなモノが
 自分のスイングを形成していきます。

 例えば ですけれど
 硬いシャフトの方が曲がらない と言う真っ赤っ赤な噓に
 汚染されて、リシャフトをした、とします。
 今までの硬さ と似たようなモノであれば
 大きな差は出ませんけれど、
 かなり 大幅に 振動数で言うと 20cpmも硬いような
 シャフトに差し替えた とすると
 まずは 当たりが薄くなります。
 硬い とは言え、シャフトにはグリップを押す機能があるので
 それが少なくなりますから 届き難くなる訳です。
 そこにも工夫が必要です。
 
 次に 元々のヘッドスピードがあれば別ですが、
 ごく普通なアマチュアであれば飛ばなくなります。
 飛ばない分、ボールに影響を与えない分、曲がらない、
 では意味が無いですから
 しならないシャフトを よりしならせて、しなり戻して
 という 本来のシャフトの動きでないモノを
 自分の動き として 余計に 
 動作を組み込む 増やさなくてはなりません。
 硬く無ければ要らない、要らなかった動き です。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 それを習得する為に
 一生懸命 練習、特訓をする。
 そして その結果、曲がらない を手に入れる は
 硬いシャフトの方が曲がらない と言う答え
 とは ちょっと異なる、違う着地点だと思うのですが、
 人はあえて シャフトを硬くしたから曲がらなくなった
 と言いがちなモノ です。

 シャフトも含め、ゴルフクラブが道具、用具ですので
 スイングも含め、自分の使う環境に応じて
 のモノになりますから 自分で体験して、評価、選定する、
 というのは 当たり前ですが、とても大切です。

 私がハッキリと言えるのは
 硬いのが曲がらない でも、
 柔らかいが曲がらない でもありませんが、
 シャフトの硬い、柔らかい は
 シャフトの機能が減る、増える と考えて良く、
 柔らかいシャフトを採用した方が
 今までの動作に ナニカを増やすのではなく
 減らすコト、簡略化するコトが出来、
 圧倒的に からだには優しい、
 からだを傷めにくい、というコトだけですね。」

質問「とても大切なコト だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「キックポイント なんて言うのもありますけれど。。。」

店長「シャフトって 形状がほぼ決まっていて
 色柄以外 大きな差が目に見えません。
 その似ている、ほぼ同じな形状の
 各各シャフトの個性、違いを生むため、
 差を出す為にある 程度と考え

 このシャフトはなんとか調子、
 って言うのも 無視して良いと思います。」

質問「え! そうなんです❓」

店長「です。

 大前提として シャフトが動く、適切な硬さ・柔らかさ
 であるコトが第一です。


 その上で キックポイント、というなら 話は分かるんですが、
 多くの方が シャフトが動かない、硬いシャフト、
 つまり キックポイントが効かないようなモノを 選んでいますから
 キックポイントで選ぶ❓ と聞かれても返答に困ります。



 シャフトもメーカーによって 結構作りが違います。
 基本、グリップの装着される手元 って言うのは
 安全性の為、太さも太いですし、動き難い部分ですが、
 シャフトメーカーや機種ごとに
 シャフトの動く可動範囲が結構、異なります。
(スイングは 1-motor で_Moment

 シャフト全長が動くモノもあれば
 手元と先端は締めて、真ん中だけ動くモノ、
 先端を締めているモノ と色々です。

 シャフト全長が動くモノの 先調子 は
 手元を締めている 中調子 よりも
 中調子だったり するので
 表記されている キックポイント、調子 って言うのは
 同じメーカーの中での比較であったり
 そのシャフトソノモノの特性のヒトツ であったりと
 正直、なに調子だから こうだ って言い切れません。


✋あくまでも 余談に過ぎませんが、
 シャフトを正しく使える
 または それに準ずる という前提で言えば
 手元の動くシャフトほど 手元が前(進行方向)に押され易いので
 ハンドファーストになり易く、出球が低くなりガチ です。
 手元の動かないシャフト〜先端が良く動くシャフトは
 ハンドファーストになり難く、球を上げ易い、
 のですが、それも 硬さが適切 であるコトで効果を発揮します

 昨今の シャフト全般の傾向 は
 どれもが 手元がかなり 締まっているので
 そのシャフトの表記、キックポイントの表記にかかわらず
 手元が動かず 先だけが動く傾向が非常に強い ですね。

 また 手元が動くシャフトは 動く部分が多くなるので
 運動がゆっくり気味なので 速い、弾く嗜好が強くなった現在
 あまり好まれていない傾向にあります。


 本来、シャフトって ヘッドの重さを利用して
 打ち手のグリップの移動を促す のが役割なんですが、
 多くの人は 『その逆の』 グリップを基点として、
 ヘッドを動かすモノ だと思っていますので
 その 思惑と言うか、概念の差も大きいので
 やはり 各人各人の感覚に頼る方が無難だと思います。


 からだに負担の来ない 硬さ
 使える範囲の中で 出来るだけ柔らかいモノ
 と言う前提で  まずは 打ってみる、打ち比べてみる
 が条件なんじゃないですかね。


 適切な硬さ/柔らかさを選ばないと キックポイントも含めた
 シャフトの特性も発揮されません。
 しならないシャフトを しならせて/しなり戻して使う
 なんて言うのは シャフトの使い方としては邪道路線なので
 シャフトを選ぶ意味が出てこないです。」




質問「トルク なんて言うのもありますよね。
 上級者はトルクの少ない方が良い なんて言いますけど…。


店長「ナンセンス だと思います。

 なんて言えば 良いか微妙ですけど

 シャフトに関しても トルク って言うのは
 シャフトを壊れさせない、破損させない為のモノで
 強度の高い 強いシャフトはトルクは要らない、少なくて良い、
 逆に 強度の低い、破損の可能性のある弱いシャフトは
 トルク と言う名称の「逃げ」で シャフトを守っている、だけ です。

 ですので 単純には
 質量のある(重いシャフト)、つまり 繊維をたくさん使っている、
 層の多いシャフトは トルクが要らないので 数値が低い、
 逆に 質量の少ない、繊維の量が少ないモノは
 トルクの数値は大きくなります。 ただ、それだけ です。」

質問「トルクの その数値は気にする必要はない✋ と❓」

店長「はい。 全く無視して問題アリマセン。
 打ってみて気持ちよかったシャフトが 幾つ だった
 というだけの話し です。
202252_Moment

 少ないトルクが良い、
 曲がらない なんて 都市伝説ありますけれど、
 実際、トルクの無い、もしくは 非常に少ない数値のシャフト
 って言うのを 何度も実験されていますが、
 どれもこれも 商品 に出来ません。

 そういうシャフトを好んで使うであろう
 結構なパワーヒッター、プロとかですね
 打って貰うと その打感、インパクト感 に
 非常に強い違和感を持つ そうです。
 『気持ちよくない』のです。
 私も実際に トルク0に限りなく近いモノを
 テストしたコトがあるんですけど
 なんとも言えない ゴツン! と言うような
 出会いがしらの衝突感が強くて 気持ち悪い印象しか
 持てなかったですね。

 まあ 硬いシャフトには有りがちな感じ なんですが…。


 現代のドライバーはヘッドが大きく、
 重心距離、重心位置もシャフトから離れており
 幾ら慣性モーメントが高くなったとは言え、
 毎回、良い位置にボールが当たる訳では無いので
 ある程度 大きなトルク のシャフトの方が
 打った感触は気持ち良い のですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールが上がり難くなる、高さが取れない
 と言う悩みを持っている方は少なくありません。
IMG_0624
ボールの高さを確保出来ないと
〇グリーンで止まらない
〇各番手の距離が曖昧になる
〇キャリーの必要な場面で緊張感が増す
 など
残念ですが、良いことは多くありません。

一般的に アイアンにおいて
『やさしいアイアン(ヘッド)』と分類されるモノは
上がり易い、高さの確保し易いモノ と考えて良いですが、
ボールを上げるための要素は
.蹈侫
▲ラブの長さ(入射角度が緩くなる)
➂重心深度(重量の中心点の深さ)
➃重心の高さ(重量の中心点の高さ/低さ)

の順番に影響力が強いのですが、
アイアンを長くして 使いやすいとは思えないですし、

やさしい…上げ易いアイアンは
 飛び系アイアン と呼ばれ 
飛距離を売り にしていることが多く
故に ロフトをストロング化しているので
本当に上がり易いのか、と言われると 
絶対 とは言い切れません。


そして この『やさしい』と呼ばれるアイアン(ヘッド)には
 どうしても補いきれない欠点があります。

ヘッドの機能として 重心が深い、低い は
その重心と遠心力、慣性の作用によって
 インパクト時にロフトが付く、大きなロフトになる、効果
があります。
✋インパクト時のボールと重心位置の関係性 ではありません。


上記に書いた通り、ボールを上げる、高さを確保する、
と言う点において ロフト角度の作用が一番強い ので
あるロフト だいたい…ですが、40度以上(9番位)になると
よりロフトの付き易いヘッドは
 更にロフトを付けてしまうので
 ロフト角度通りの距離よりも落ちてしまうことが多く、
 数字が5度刻みの一定であったとしても
 距離が一定に短くなって行くことがありません。

H370_lineup
ですので 昨今 登場してきている
 大きな番手、大きなロフトの ユーティリティ や
 フェアウェイウッドを活用し、
 アイアンは7番位から みたいなセッティング が
 結構、お助けになるんじゃないかな と思います。

参考例ですが
〇ミステリー HT-811
 #4-22 #5-25 #6-28 #7-31
〇KZG H370
 ロフト角度22度 26度 30度 34度 38度 42度
ここら辺を アイアンとして上に入れ
アイアンは #6 か #7 位からスタート
もしくは #8 からでも良いかも知れません。
IMG_0038

長さもアイアンはやや短めとして 半インチピッチ
ユーティリティ化した上の番手は 5/8 や 3/4インチ
ピッチで より高さを確保できるようなセッティングが
 結構 便利なんじゃないかな と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【お手紙頂きました】
akiya20220615

いつもお世話になっています。

愛媛のYでございます。

三男坊、ファットBが届いてから約3ヵ月、自分なりの感想を。


まずは長兄、衝撃的でした。
重さ、グーズ具合、ネックの太さ、全てが新鮮、
球の転がりも素直な感じで気に入りました。


次男の改は、イケイケでのぼりの逆目でもカップを壊す勢いで
ボールが飛び込んで行きました。基本真っ直ぐ狙いのヤンチャなパターでした。


三男、ファットBは逆にジャストタッチで入って行きます。
重くなった分もっとイケイケになるのかと思いきや、
まぁ大人しい性格。少し面食らってますがこれから楽しみです。



IMG_1426


このパターの最大の特徴は
その 『ヘッド重さ』 です。
c42c12f0
進化版L型ブリストルパターで
          480g
一般的な市販のパターヘッドでは
重いモノでも  330g
軽いものでは  290g  なんていうのもあります。

1.5倍近い重さの違いです。

パターの総重量が 480g というモノも珍しくない中、
その総重量がヘッドに収まっているのです。

この違いは異次元です。
体験したことのない方には説明しきれません。

この重さでないと実現しない 転がり
この重さでないと実現しない 直進性
この重さでないと実現しない テークバックの取り易さ
この重さでないと実現しない 安定した距離感

そう言葉で言う他ありません。

IMG_1413

この重さは想像の通り、ボールを飛ばします。
少ない力、小さなストローク、遅いストロークで
遠くまで転がせる と言う意味ですが
飛ばせるパターの威力は絶大です。

このパターを知ると、一般的な
飛ばない、転がらないパターは悲劇とも言えます。

IMG_1422

次なる特徴は 形状 です。

その特徴は・・・  特徴が無いコト  です。

最近の変わった形状、
私の目と頭が古いから・・・ と言うのも否めませんが
その形状から 引き方のガイド
どう? どこへ? 引いていいのか全然見えてきません。

マレット系のヘッドに多いですが、
ヘッドにラインなどを引いてあるモノは
やはり 引く方向に迷いを作り出し易く
長く「愛用」するには適しません。
 …まあ 短い使用期間で買い替えてくれることが前提なんでしょう。

この L型ブリストルは引くのに迷いを作りません。
重さも加え、とてもスタートし易いと思います。
   …イップスになることはまずないと思います。
テークバック時、始動時、
パターの移動させたい方向をイメージ、想起させる形状
これを非常に意識してデザインしています。

IMG_1413

パターのイップス と言うのを考えてみると
その形状 と言うのも関係があると思います。
特に形状、大きさと軽さの関係は大事で
大きいのに軽いモノは イップスになる可能性が高いと感じます。

また、ショットも同じですが、
パターストロークも グリップを動かして その分、ヘッドを動かします。
そのグリップを動かす量や速度で距離感を作る訳ですが、
ヘッドの重いモノは 始動時、グリップを動かしやすい です。
ヘッドの軽いモノは 始動時、グリップが動かしにくく
 ヘッドの方ばかりが動かしやすくなってしまいます。
この感覚が イップスにいざなう のではないかと強く思っています。


BlogPaint
また パターは 転がし たいのです。
ボールを上げやすくする 重心の深さ など全く不要です。
ボールをより転がしたい、良い転がりにしたければ
重心は高く、重心は浅い方が断然良い です。

パターだけに限らず ゴルフクラブのフェースの向きは
ロフトとライ角度も含めたヘッドの向き の複合体 です。

どんなに自分の目に ヘッドが真っ直ぐ動いていても
ロフトの変化が激しい 重心の深いモノ は一定した方向に出にくいうえ、
軽いヘッドと言うのも要素の一つですが、
重心の深いモノは テークバックで外に上がり易くなります。
故にループを描きやすいので 緊張感のある状態では
テークバックの始動が神経質になり易いです。


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480
◆メールアドレス
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「勿論、ドライバーのシャフトだけでなく
 アイアンも含め クラブ全般なんですが、
 シャフト選び、シャフト探し とは
 シャフトの銘柄でなく、シャフトの『硬さ』を選ぶコトです。」

質問「特性として 素晴らしい と謳っていたとしても
  硬ければ ただの『高額な』棒というコト、ですね。」


店長「その通りです。
 ネット社会になって、より踊らされガチ なのですが、
 シャフトの評判 なんて言うのは 他人の話し で
 自分とは関係ない と思った方が正解です。

 総じて ゴルフクラブやシャフトなどの 総評・評価・論評
 は ハード系なパワフルな人達がネット上に載せガチ、書きガチ で
 コレも良く記憶の棚に入れて置いた方が良いですが、
 ゴルファー全般で
 ヘッドスピードが 45㎳を超えるような人は 非常に稀、
  1割居るか、居ないか……居ないと見て良いでしょう。

 その人たちの 評価 は
 平均ヘッドスピード 38〜39㎳の私たちには
 全く役に立たず、
 少し言葉悪く言えば 害悪にさえ なります。
 

 男性プロですと 50msを越えてくるヘッドスピード です。
 ちょっと大げさな例えになるんですけど
 その人たちの選ぶモノ、使うモノって
 車で言うと フォーミュラ―カー みたいなモノで
 その使っているタイヤやサスペンションを
 私たちが日常で使っている車に装着しても良いことは無いでしょう。
 それととても似ています。

 ですので 他人の評判なんて、あくまでも評判、
 クチコミ好き なのは分からないでは無いんですが、
 自分で『実際に打ってみない』と リシャフトなんて
 あまり意味を成さない です。」

質問「有りがちですよね、このシャフトは良い「らしい」
 からって 打ちもせず リシャフトする… って。」


店長「はい。多いと思います。

 また シャフトを試してみる にしても、
 ドライバーであるのなら そのドライバーを使う環境、
 交互に打つ、ウッドやユーティリティ、アイアンなどとの
 互換性というか、比較もちゃんとやるべき だと思います。

 試打会なんかもそうかと思うんですが、
 そのドライバーを打ち続けていれば
 そのシャフトとか、硬さとかのタイミングとか、
 コツとかを 人間は適応していくモノ ですけれど、
 それと 全然、タイミングの異なる、硬さの違う、
 別なクラブ、アイアンとかを 交互交互に打って
 特に問題がないか、確認する作業は
 リシャフトした後で、なんだか 試打会の時とは
 感じが違うなぁ と後悔するより マシ だと思います。」

質問「うわー やりそうですね。」

店長「まあ ゴルフ用品業界にとっては 
 他人の評判で 合わない可能性の高いシャフトに
 予算を割いて頂ける有難いお客様 なんですが、

 シャフトの硬さ は 上手く行かなかった、曲がる、飛ばない
 などの 目の前の問題が起きるだけでなく、
 硬いシャフトを無理やり使おうとしてしまうクラブさばき や
 それに伴う 肘や手首、腰などの痛み・故障の主原因になり得るので
 適切に、そして事前に手間をかけて選定しないと
 その代金以上の損失をする事になり得ます



 シャフトの硬さ は ヘッドスピードの数値 よりも
 その人の クラブの振り方、シャフトの使い方 に
 非常に依存、影響を受けますので
 Sとか、Rとか、時には Lとか、その硬さ表記に囚われず、
 こだわらず 打ってみた方が良いと思います。

 例えば…ですが、
 最終的に 高い振動数数値 ...例えば振動数260cpm の
 硬いシャフトを選ぶことになった、としても
 その周辺だけでなく 振動数200cpmとか、180cpm などの
 かなり離れた数値のモノを打った上での
 比較 と言うモノを強くお勧めします✋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



www.youtube.com

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ドライバー、ウッド系の殆どメーカー、機種が
 ネックの調整できる いわゆる『カチャカチャ』タイプに
 なって来ていますね。」 

EZ055

店長「それはそれで 上手に使いこなせば
 面白いオモチャではあるのですが、
 それと並行して 中古クラブ市場のかなり盛り上がっているので
 結構、滅茶苦茶なコトが横行していますね。」

質問「どんな ですか❓」

店長「ネックの調整出来るものは
 シャフトの先端に スリーブという金具が付き、
 ヘッドに差し込む角度や回転を変えて
 そのスリーブを差し入れ、固定するんですね。

 ですので 同じ機種のウッド、ドライバーじゃない ウッド、
 3番ウッドのシャフトもスリーブ付きであれば
 ドライバーに差し込むことが可能です。」

質問「えええ それ短くないですか❓」

店長「はい。今では ドライバーの平均的な長さは 46インチ
 3番ウッドだと 43インチ強ですので 3インチ短くなります。」

質問「それで 使えるんです❓」
2021-03-19_16-46-28_Moment

店長「ボールは打てます。
 でも まず 3インチの分のヘッド重量は軽くなります。
 重さにすると 20〜25gです。
 スイングウエイト表記ですと D-1のモノが B台になる可能性も…。」

質問「大丈夫なんです❓」


店長「強烈に軽くなりますから
 振り回す人には 負荷が少なく振り易く感じるかも知れません。
 が しばらく使うと 色々弊害は出るでしょうね。」

質問「ですよね。」

店長「まず 衝撃がデカくなります。
 重さって 衝撃を喰う と言うか
 動き始めると 重いモノほどモーメントが強くなるので
 ボールに当たった時の減速が少なくなりますが、
 軽くすると ボールに当たった時に減速が激しく、
 それは 場合によっては 痛みになる可能性も。。。

 また ロフト的に 10度として、
 それを 43インチで使うとなると
 入射角度が発生してしまうので 打ち出しが取れません。
 ボールの高さを確保するには 軌道を変えなくてはなりません。

 ま このケースは殆ど 途中で辞めるんじゃないですかね。


 スリーブが付くタイプのモノ、その中古 であると
 クラブとして売られていても ヘッドだけ、シャフトだけ、
 を目的として購入される方も多いと思います。

 それはそれで 面白い楽しみ方 だと思いますが、
 失敗するケースも多いと思いますね。」

質問「ありそう・・・。」

店長「重心距離とか慣性モーメントとか 無視して
 ヘッドを機種名だけ、ブランド名だけ で 追いかけると
 失敗する率は高いと思います。

 スリーブを利用して 簡単にシャフトを替える、
 そもそも シャフトを替えるコトに積極的なゴルファーは
 総じて 硬いシャフトを好みます。
 人気があるから、と言って 重心距離の長いモノや
 慣性モーメントの数値の大きなモノ は
 あまり硬いシャフトとの相性が良くありません。
 ソコに 硬いシャフトを挿しても あまり良い結果は出難い
 と思いますし、
 現代のヘッドは どれも かなりロースピン、
 スピン抑制の強いタイプが多いですから
 重心距離の短いモノやモーメントの低いモノも
 硬すぎるシャフトでは ボールが浮かない とか、
 浮力が持続できないになり易いので 注意が必要です。


 あっちに付いてるシャフトをこっちに挿して とか
 そういうご依頼がものすごく増えてますねー。

 2本のシャフトの硬さが 全然違う、
 良い感じなのは 柔らかい方なのに、
 知名度、人気を優先して
 あまり上手く行っていない硬い方を採用…
 なんて言うのは ホント、日常茶飯事の作業です。

 ✋✋一応、アドバイスはしますけどね…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフト(オーバースペック)を使うと 届かない
👉ハンドファーストの誘導されないので 手で振る
👉そうなると ロフトが大きくなります、入射が緩くなります
👉バンスが張るので 加速している中で 更なる加速 が無いと
 ソールが地面と干渉し易くなる


 別な言い方をすると バンスの強く張ったロブウエッジ で
 打つイメージをすると良いかもしれません。
 故に バンス角度の少ないモノを好む…と言うのも
 有るのかも知れません。」


質問「難しそうですね。」
wedge-bounce

店長「アプローチショットの中では ダントツに難しい です。
 トップやダフリ、ラフでは潜り抜け など
 大変痛いミスも出易いですし…。

 運動中に ヘッド、クラブだけ 別な加速が必要になるので
 距離感が掴みにくい、、、

 そして ○○○。」

質問「まだ あるんですか⁈」

店長「ヘッドを振るので ロフト変化
 それに伴う 軌道変化があるので
 上手く打てても 同じ弾道になる確率が異様に低い。

 クラブを下に振る って
 腕とクラブだけの問題で、
 からだの回転からは分離するので
 ヘッドは下に下げてるのに
 カラダは上に向いている(左が高い)になり易い。
 下げてるのか、上げてるのか、判別が難しい。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

 ヘッドが下がってる分量が多ければ
 緩いとは言え 入射 になりますが、
 左が上がってる分量が多ければ
 最下点越え  で インパクトすることも
 往々にして起こります。

 全体として ロフト開き目、緩めの入射ではありますが、
 ヘッドを振っているので ボールに影響を及ぼす
 ロフト『も』変わっていますが、
 下がり過程であれば 打ち出しは低め、スピンは多め、
 上がり過程になれば 打ち出しは多め、スピンは少なめ、

 ほんの一瞬 コンマ0.01秒のインパクトのズレで
 弾道も距離も 全然違う球になり易い・・・し・・・。」

質問「!!! まだ あるんですか!」

店長「腕とクラブの弧、と カラダの向きが ズレているので
 打つ場所の傾斜に非常に影響を受け易いんです。

 通常、登り斜面、左が上がっている状況 では
 ロフトが多めになり、入射が緩くなり易い んですが、
 それがより強調されやすいので
 ダフリ と トップ の率がかなりあがります。
 下りの斜面でも やはり強調されます。
IMG_1487

 元々 硬いシャフトを使っている人は
 通常のショットであっても ボールを中に置いて
 真ん中付近で打っている人が多いので…、
 ボールの位置を中に入れる って言うのは
 傾斜などの打ちにくい状況での保険 というか、
 安全対策みたいなモノ なんですが、
 中に、右打ちの人であれば右に っていうのも
 限界がありますから その保険が効きません。」

質問「良いところ無いじゃないですか。

店長「ありませんよ。まったくありません。

 女性であれば 男性用のウエッジでゴルフ教えられたり、
 子供であれば お父さんのクラブをぶった切って使わされたり、
 そう振るしか 選択の余地、
 ボールを拾う、地面のボールと打つ方法が無いに等しい んですから…。
 多くのケースは ノーチョイス なんです。

 ソコから派生した のが 振り子のアプローチ なんだと思います。
 ふり幅と距離を決めて、人間の感性抜き で
 機械的に動作を覚えるみたいな方法ですよね、
 
 距離感 って 感、勘なので
 本来は人間のナチュラルな感覚に寄り添ったモノな筈なのに
 人間を助ける機能の無い クラブでするのには
 感覚を無くし、ロボットのように動く か
 血の滲むような努力で乗り越える か
(だから カラダが壊れちゃうんだと思います)
 それしかないんだと思います。


😵それでも 上手に出来る人はいるので
 お薦めすることは出来ませんが、
 人間って すごいなぁ……
 理屈じゃないんだな、って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アイアンのセッティング、選択のミス
 それによる 実害 って話なんですけど。」

質問「それって 私の話しです❓」

店長「ああああ そうでしたね😊
 違う方の話しなんですけど、一人や二人ではない
 なまじ ゴルフやクラブに詳しくなってくるほど
 やりがちな、非常にありふれた『ミス』の話しです。
AtavhCwCMAAnx-1

 有るお客様が アイアンを見て欲しい というコトで
 クラブを持ち込まれました。
 お約束の軽量スチールで シャフトの硬さはⓈ
 アイアンそのものにはご不満はない、とのコト
 だったんですが、明らかに キツソウ でした。

✅問題なのは ウエッジ で
 フルショットしか上手く行かない と言うので
 ウエッジを 46 50 52 56 60度
 と 5本使って
いらっしゃるんですね。

 ウエッジを多く入れることは 特段、悪いことでは無いです。

 確かに 距離を加減して ハーフやスリークォーターを
 打つよりは フルで打ってしまう方が…簡単と言えば簡単
 ですけれど・・・・・・・ そうは言っても
 やはり中間の距離も出てきますし、
 状況によって フルでは対処できない場面も出てきます。

 なんと言えば良いか微妙ですが、
 実働で ウエッジをフルショット主体で使う のは
 悪くないとは思いますが、問題なのは
 
フルショット『しか』出来ない理由です。
482780_170286899788602_2041560344_n

 で ウエッジを見ると コレもお約束なんですけど
 アイアンとは別機種の ウエッジとして人気のある機種。

 ウエッジ用と銘打って アイアンよりも重いシャフトが
 装着されているので キツイアイアンのシャフトよりも
 更に、格段に 硬いシャフトになっています。

 この硬さ では フルショット以外は受けつけない というか
 トップか、シャンクにしかならないでしょうし、
 ヘッドの重さ感 がまるでないので 距離感を掴みにくい
 と思います。

 私から言うと アプローチが下手になるセッティング ソノモノ で
 これが困ったコトに ゴルフクラブに興味のある、
 ゴルフクラブ好きの人ほど選択し易いセッティング…なんですね。」

質問「私のコト ソノモノみたいですね。」

店長「ふふふふふ😄
 その方のお使いになられている 52度で振動数355cpmです。
 そこで その半分の振動数 170cpmを打って頂きますと…

 『あれ❓打ち易い…… コレって距離感出そうかも…』

 という 想像通りの結果 ナンですね。
005

 ドライバーやウッド、ユーティリティとの絡みがありますから
 ウエッジが 170cpmって数値が良いかは 別問題ですが、
 170cpmを打って 普通に感じる方が
 その倍の数値の 355cpmで良い感じになるはず が無いんですよ。
 アイアンシャフト全体も硬いので
 全体的に構成を考え直す方が良いと思いますが、
 最悪、最低でも アイアンの流れよりも
 ウエッジをすこーし 柔らかくしておく方が、
 その逆よりも 遥かに使い勝手の良い、使いやすい、
 やさしいアプローチになると思うんですけど…。


 例え 同じヘッドの重さ、クラブの長さ であったとしても
 アドレスも含め、動作中に 感じる重さの感じが全く異なり
 170cpmを打った直後では 355cpmは
 まるで ヘッドが付いていない ただの棒 に感じるでしょうから…。
 そうだったでしょ❓」

質問「はい・・・。」

店長「ただの棒でリズム感やタイミング、
 スイングの速度の調整は非常に難しい です。
 あまりに微妙過ぎますから。
001

 ヘッドが感じられれば リズムやタイミングも掴み易いですし、
 速度に関係なく 地面のボールが拾えれば
 無駄に速く振る必要はありません。
 そう言うスリリングなショットを楽しみたいなら良いですが、
 スコアに直結するアプローチに そこまでリスクを
 掛けるセッティングを お金を出してしなくても良いのでは⁈
 と私は思います。」

質問「はい・・・。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「なんて言ったら良いのか微妙なんですが、
 一応、私のお店もオーダーメイドですので
 フィッティングがお仕事…なんですけれど、
 どうやら 世の中一般では 私の考えているフィッティングと
 ズレがあるように 強く感じる今日この頃 です。」
005

質問「どうなんでしょう、ゴルフの用品購入と言う行為
 の中で オーダーメイド、カスタムメイド、
 フィッティング と言うモノそのものがブランド化
 しているのでしょうね。」


店長「そうかも知れません。

 そう言うコトを望まれる方もいらっしゃるとは思いますが、
〇一方で 加齢によって距離が落ちてきた、
〇ゴルフで、ショットで、飛距離で悩んでいる、
〇体のどこかに故障や痛みを抱えている、

 そう言う方もいらっしゃるわけで
 そう言う方に 『ちゃんと』フィッティング出来ていない。

 シャフトの硬さ と ヘッドの重さ は
 飛距離やからだへの負担軽減 には
 絶大な効果があるんです。

 正直、ブランド名や機種名なんて
 シールでしかない訳ですし
 シャフトの性質やヘッドの特性よりも
 シャフトの硬さやヘッドの重さ は 圧倒的な影響力
 があるのに そこにはほとんど選択が無い、
 もしくは 強烈に選択の幅が狭く、
 シャフトを無理やり しならせなければいけない
 そんな硬さであれば
 シャフトの性能は発揮し難い…

 それでは 助けてあげられる方も助けてあげられない
 非常に残念です。
 
 また フィッティングには大きな別な側面もあります。
 確かに 出来合いのクラブ、
 勿論、中古クラブに買い替えるよりは予算は張ります。

 ですが フィッティングをするコト は
 同時にクラブの機能や打撃のメカニズム
 自分の打撃を振り返るという意味合いで
 行動 としては 用具の交換 なんですけれど
 スイングを造る行為 の一環 だと思うんですね。
IMG_0496

 それも多分、練習場で振ったり、素振りしたりするより
 効果が高い可能性もあり、影響がとても大きい。
 それを 素通りしてしまうのは勿体ない気がします。


 色んなクラブの話をしてますけれど、
 モノの話しに聞こえてしまうかも知れませんが、
 全部、その用具の使い方、取り扱い説明 みたいなモノで
 そこって 自分がクラブをどう振るか、どう扱うか に
 ものすごく大きく影響すると思うんですけど・・・。」

質問「今はすごくそう思いますが、
 以前は 単なる上辺の「用語」「単語」でしかなかったと思います。」


店長「ボールのつかまえ が
〇軌道に対しての フェースの閉じ/開き なのと
〇軌道に対する ロフトの作り方 では まるで違う、

 それによって 作り上げられるスイング、クラブ扱いも当然、異なる。
 そして そのシャフトのしなり、ヘッドの遅れ は
 ヘッドの重量とシャフトの硬さ(柔らかさ)によって 発生する。
 前者であれば 遅れは開き ですけど
 後者であれば 遅れは立ち です。
 その相関関係を知らないと
 スイングに治したりするのは難しくなる、
 と私は思うんですけどねー。」


店長「ごく普通のアマチュアゴルファーは
 シャフトの S と言えば どれも同じ、
 工業製品の規格的な感覚なのですが、
 メーカーや機種によって かなり幅がある。

 それを比較する為に 振動数計ナンてものがある訳ですが、
 それを初めて目にする方も沢山いらっしゃる。
001
 今までは ドライバー230cpm、アイアン300cpm で使っていた。
 ドライバーが良いと アイアンが…。
 アイアンが良いと ドライバーが…。
 ボールの置き位置も タイミングの取り方も違う、
 実際に 一球一球交互に打ってみると まるで違う感じがする。

 ドライバーを230cpm なら アイアンは250cpm位、
 アイアンを300cpmで行くなら ドライバーは280cpm位、
 この位が 相互マッチングする硬さ関係なのですが、
 流石に ドライバー280cpmはべらぼうに硬い、
 おそらく タイガーウッズ位が使う硬さ です。

✋ですので 年齢も考え 楽な方の ドライバーに合わせてみましょう。

 そうすれば ボールの位置も、タイミングの取り方も
 似たような感じで振るコトが出来ますし、
 ミスが出る としても だいたい 同じ傾向 になり易いので
 修正がし易い ですよー

 ついでにですが、
✋ボールのつかまる と言うメカニズムはこう、
 それは クラブの機能として こう言うモノが関係する、
✋右・左に出る、曲がるメカニズム、
 ボールが上がる、浮力、打ち出しの高さ、スピン
 クラブの物理的なメカニズムを知る って
  が 初歩的ではありますが、フィッティングだと思うんですが

 それって スイングのコトを学んでいるのと同じだと思うんです

 まあ 全般的に…
 売る側や製造側の基礎的な知識が足らない って気がします。

 上記 例えば ボールの曲がるメカニズム は知っていても
 それが シャフトが柔らかいとこうなる、硬いとこうなる、
 というコトを知らない、
 知っていても ダイナミックゴールドのRが柔らかくて
 ダイナミックゴールドのSが硬い という
 だからの その間とって SR とか…
 ものすごく狭い範囲でしか考えていない。
 それでは 上辺の言葉 でしか説明できません。
IMG_0607
 ドライバーの主流は 45インチで 硬さSR基準で 振動数240cpm
 にもかかわらず アイアンを 290cpmとか.300cpmを選ばせる、
 それって フィッティングの意味があるのか と思いますよ。

 ドライバーの230cpmって硬さを選ぶんであっても
 150cpmから280cpm の幅の中で 幾つか打って 230cpmを選ぶのと
 230 240 250cpm この狭い幅しか打っていないのに 230cpmを選ぶ
 のでは全然違うと思うんですけどね。」

質問「今となっては 240cpmなんて べらぼうに硬くて当たらないです。
 その硬さであると 230も250cpm も硬さの違いなんて感じられない。。。」


店長「ですよね、うちのお店にとっては どれもモンスタークラスですから😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



悩みのタネ、である 入射角度が緩い、 上から入れない〜下から入ってしまう…  から始まったスイング改造ですが、 ソレそのものには着手せず、 ベーシックな からだ・腕・クラブ  の融合、一体化 の為に ちょっと発想を換えてみました✊ かなり シンプル化出来たんじゃないでしょうか❓

  。。。参考になるんじゃない M山さん✋ 連絡乞う☎
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「どの位の 硬さ を選んだら良いのでしょうか❓」
001
店主「 ヘッドスピードに応じた硬さ… の方が分かり易いですが、
 シャフトを意図的にしならせて使おう とする方と
 そうでない方
 では 元のシャフトの硬さが同じ であって
 シャフトに運動させる幅・量が大きく異なってきます。
 ですので ヘッドスピード と シャフトの硬さ の関係に
 あまり規則性は無い
と思って良いと思います。

 あえて言うのならば 選定の目安とするのならば
 からだの回転で振れる人の方が 柔らかめを好み
 手で振る人の方が 硬め(当社比
を好む程度で

 ヘッドスピード 48㎳ の からだの回転タイプの人が
 ヘッドスピード 37㎳ の 手で振るタイプの人 よりも
 柔らかめを使っているケースも多々あります。

 ヘッド重量との絡みもあるので 一概には言えないのですが…
 今のクラブ扱い〜スイングにもよりますが
 5番アイアンで言うと
 👉38.0インチ基準で 振動数200cpm辺り
  ドライバーで言うと 振動数180cpm辺り
 境になってくるんじゃ…
 ここら辺であれば 余程硬いシャフト好き で無い限り
 楽しめる領域なんじゃないでしょうか。」
HBS 005
質問「殆どゴルファーは打ったコトないですよね…。」

店主「そう思います。
 存在すら 知らない方が多いんじゃないでしょうか…。

 フィッティングやメーカーの試打をしてみても
 硬い方で  振動数330cpm(5番アイアン)
 柔らかい方で 振動数270cpm(5番アイアン)

 この幅 で 限界なんじゃないです❓
 …かなり 離れてますよね🤒

 200cpmから見ると どちらも べらぼうに硬い😵😵😵
 肘や手首に痛みの抱えるゴルファーが使う硬さ、
 スペックとはかけ離れています。

〇肘や手首、腰などの痛みを抱えている、
〇ドライバーとのマッチング、
〇そして 歳を取ってくると フェアウェイウッドを仲良くする必要性
 が高まってきますので より柔らかめのシャフト、
 重めのヘッドを使う のは たいへん有効だと思います。

BDNy9S3CYAAO44N

 軽い と呼ばれるクラブは それを持って 振った時は
 良いかも知れませんが、痛みなどの根本的な解決には
 なにも寄与しないと思います。」

質問「打ってみる必要がある訳ですね。」

店主「そうですね。
 ヘッドの重さ数種類、シャフトの硬さ数種類、
 その噛み合わせなので かなりの数あります。
 理想的には お店に来て が良いですが、
 全部をいっぺんに貸し出すことは出来ませんが、
 貸し出し用の試打クラブもたくさんあります。


 だた この点を考慮して頂きたいのですが、
 スイングを変えよう! って大儀が無くても
 今までと大幅に変わる ヘッド重量やシャフトの硬さ
 それらを打つと 色々影響が出ます。
 それがボールの位置であったり、タイミングの取り方だったり、
 慣れる というのが その適応期間… なんだと思います。

 ですので 貸し出しクラブ でよくあるパターンなのですが、
 始めのうちは 自分のクラブのスペック(硬さ)に近い方、
 ヘッドの重さも自分のクラブに近い方が打ち易い、
 もしくは結果が出る。。。のですけれど
 重いヘッド、柔らかいシャフトを打ち続けるうちに
 段々と 重めのヘッド、柔らかめのシャフトの方が
 振り感も結果も、球筋も好むようになって行きます。
 ヒトの、自分の適応力にかかる時間 なんかも
 ある程度、考慮に入れて置いて方が良いと思います。

 今のクラブを打っているボールの位置、タイミングの取り方 での
 直ぐに結果! 判断! は 良いことではないかと思います。
スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)
 だいたいの人が
〇クラブと言う長い棒 その棒を振る、
 振り回すコトでボールを打っていたのを
 棒の先の重さ で打つ、利用する
、というコトに、
〇シャフトは ヘッドを動かすモノ と思っていたのを
 シャフトはグリップを動かす?
 に 切り替わる訳ですから
 かなり大幅な 意識改革 になります。
 一日でハイ! って訳には行かないと思います。



 弊社は スイングも色々やった、
 あのレッスンも受けた、このレッスンも受けた、
 あのクラブも使った、このクラブも使った、
 あのシャフトも挿した、このシャフトも使った、
 と言う方が 最後に来られる 駆け込み寺的なお店です。

 特に ひじ痛や腰痛などの方が
 これでダメなら ゴルフはあきらめよう
 みたいな方は非常に多いのですが、
 全員、元気で、痛みから解放され
 みなさん ゴルフを楽しんでいらっしゃいますよ。
 少し大袈裟ですが
  痛み知らず、痛みの恐怖がないのが 悶絶クラブ😊です✊✊✊ 
 
 肘や手首などの関節だけでなく
  腰痛防止にも絶大な効果があるのが 重柔クラブ
です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドの重さは 直ぐに慣れてしまいます。
 ですので ちょっと重いかな 位を選ぶと良いと思います。
 
 ヘッドの効いた ヘッドの重さのあるクラブ と言うと
 鉛をちょっと張った程度のモノ をイメージするでしょうから
 ヘッド重量が 20gも 30gも重いモノ を
 多くの方は振ったコト、使ったコトがありません。

 直ぐに慣れてしまうのですが、
 重いモノの方が クラブの位置、ヘッドの位置、
 今のヘッドの姿勢 も非常に把握し易い、
 スイングのリズムやテンポも掴み易いというか、
 安定し易いです。
 
31954726

 で…どの程度の重さを選べは良いか、のお話しですが
 今は アイアンで 話をしていますが
 ドライバーも含めた クラブの全体像 で
 考えてみるのが良いです。」

質問「…と 言いますと❓」

店長「ヒトによって ドライバーが好き、得意、苦手
 と色々いらっしゃると思いますが、
 その アイアンのヘッド重量 が
 そのまま流れて ドライバーのヘッド重量につながっていきます。

 使うドライバーのロフト角度、長さ、タイプ などを
 考慮して ドライバーの振りきれる、扱い切れる重さ
 を選定した方が良いですね。

 今 弊社では ドライバーの扱いやすさ も考え
 長くとも  45インチ
 平均して 44.5インチ と言ったトコロ です。
 300g 7番アイアンですと ドライバーは 215g前後
 (45インチでは一般的には 190g) と言った感じ。

 長さにもよりますが、
 ドライバーのこのヘッド重量位を境に
 ヘッドローテーションの強い人だと苦しむ かも知れません。」

質問「では この位の重量までだと
 あまり スイングに関係なく 楽しめるのですね。」


店主「そう思います。
 正直、シニアや女性でも 軽くても ここら辺の重量が最低線
 じゃあ ないのかな と思います。

 最低でも この位の重さを使わないと
 今度はウエッジ、アプローチで困ると思います。
 ラフ、バンカーなど ボール以外の質量をどかす能力が低いです。
 それを腕力で解決って訳にも行きませんし、
 アプローチの距離感、距離加減は重量の有るモノが断然、有利です。」

IMG_0496


質問「シャフトの硬さ についてはどうですか❓」

店主「それぞれの方で 痛み の発生原因はさまざま と思いますが、
 ヘッドの軽さ、クラブの軽すぎとともに
 『シャフトの硬さ』 がかなり大きく起因していると思います。

 ドライバーに比べ 打つ頻度を多い、
 特に練習場でよく使われる アイアンの
 その スチールシャフト の 硬さ が問題です。
 ドライバーのシャフトは話題になるコトが少なくありませんが、
 アイアンのシャフト。。。特に『その硬さ』が話題になることは
 多くありません。
 ものすごい 硬い基準の中の Xとか、Sとか の差で
 まるで 血液型占い の如し 分け方 だと感じます。

 
 余談ですが、スチール のその素材がダメなのではありません。
 スチールでは 柔らかくするのに限界(予算的) があります。

 また グラファイトは織物 であるため、立体剛性が非常に高く
 復元性能に優れる為、シャフトの硬さを表す振動数で
 同じ数値であれば グラファイトの方が遥かに堅牢です。
 ですので 良くあるパターン なのですが、
 歳とったから スチールからグラファイトへ 移行して
 よりシャフトが強くなっている、硬くなっている、
 と言うケースは少なくありませんので
 そこは よく精査が必要です。

✋ゴルフ用品業界の困ったトコロ なんですが、
 歳をとって とか、女性だから とか で
 グラファイトを使って頂く場合の セット方法が
 シャフトは数値として、表記として 柔らかくなっているけれど
 ついでに 振り易かろう、軽かろう で
 分からないでは無いんですが
 ヘッドまで 軽量、超軽量にしてしまうんですね。
 

 シャフトが柔らかくなったとしても
 ソレに負荷として 動かす元になる ヘッドが軽くなったら
 シャフトを柔らかくした意味が発揮されません。
 ただ 軽い 振り回す為のクラブになるだけ です。
 で 軽いモノは衝撃減衰能力が低く、振り回すから
 肘を傷めたり、腰を傷めたりで 嫌われちゃうんですよね…
 グラファイトシャフトのアイアンって。



 スチールシャフト、その硬さについての話しに戻りますが、

.ぅ鵐僖トの衝撃の減衰性が非常に薄い
 一般的には スチールシャフト に比べ グラファイトシャフトの
 衝撃減衰性は2倍 と言われていますけれど、
 コレはおそらく 素材による基準の硬さの差 が大きいと思います。
 グラファイトよりも スチールの方が 倍近い衝撃を受ける、
 のは シャフトが硬く 減衰率が低いから でしょう。


硬いシャフトは 腕〜肘や手首の作業が多い。
 硬いシャフトですと グリップが押される と言う体験が出来ません。
 シャフトの使い方 として 真反対な使い方 を覚えることが
 多いのでは😵 と思います。
 ある程度 柔らかいシャフトですと
 グリップがシャフトのしなり や クラブの重さに押され、
 グリップが運動方向に対し、押され
 カラダの向き、その運動と分離し難いです。
 硬いシャフトですと、そもそも グリップを基点にして
 ヘッドやクラブを振る動きが多くなりますので
 腕周りがカラダと分離し易くなり、
 小さい箇所、弱い箇所である 肘や手首を傷める原因になります。」
002001







質問「一般的に どこを痛めるのでしょうか❓」

店主「一番多く耳にするのは 右打ちの人であれば 左ひじ
 ではないかと思います。

 フェースターン、ヘッドの返し をする人 にとって
 それをするため 止まる箇所が必要で
 それが 左前腕になります。
 左ひじを回転させるようなコトになり、傷める訳です。
 硬いシャフトだと 必要なテク なんだと思います。」

質問「冬場になると 肘にサポーターを付けている方
 多く見かけます。」


店主「ですよね…。

 現在のゴルフクラブ事情全般で
 ドライバーを含めたウッド系 と
 スチールシャフトが装着されたアイアン では
 あまりにギャップが大き過ぎます。
 年々 その関係は離れていく ような気がします。
 アイアンが硬すぎる のです。

 ドライバーの飛距離、ドライバーショットの楽しみは
 ゴルフの醍醐味 のヒトツ なのですから
 ドライバーを より良く、楽しく使える 環境 として
 アイアンの シャフトの硬さを考えるべき だと思います。

 クラブをセットとして シャフトの硬さの流れ
 を作るのが アマチュアのゴルフの秘訣 なんだと思います。」

質問「アマチュアでも関係あるんですか❓」

店主「アマチュア だからこそ です。
 プロは お金を貰って クラブを使っています。
 選ぶ基準が その契約金や条件 かどうかは
 人に寄りますが、アマチュアとは正反対の関係です。

 アマチュアは 練習量も圧倒的に少ないですし、
 練習場に行かない と言うゴルファーも沢山います。

 クラブの特性、シャフトの硬さに応じて
 ボールの位置やタイミングやスイングを替えたり するのは
 アマチュアにはあまりに 大変です。

 車で言えば マニュアル、ギア付きの時代ではないのですから
 距離に応じて 何も考えず 振る、打つ、
 と言うクラブセッティングに対して
 シャフトの硬さの流れは絶大な影響です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは。
 今日はクラブのコトを伺いに来ました。
 肘や手首の痛みを抱えており 練習もままなりません。 
 どのようなクラブ選びをすれば 良いでしょうか❓」

店長「こんにちは。
 そうですね、若い時はからだの各所にあぶらというか
 保湿効果があるので 大丈夫なんですけれど
 50歳を過ぎた辺りから 結構、ふしぶし 痛みますし、
 本能的なのか、反射的なのか、
 痛みが発生することを避ける、
 忌避するコトが増えると思います。」
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

質問「一般的、なんですが
 年齢を取ると 軽いクラブを選ぶ、選んだ方が良い
 と言われますけれど、どうなんでしょう❓」


店長「ひじ痛や腰痛など ゴルフが原因でのからだの不調、
 故障などを出来るだけ回避したい、 というのであれば
 軽いクラブ、軽いヘッドのクラブ、
 そして 硬いシャフトのクラブは避けた方が良い
と思います。


 一般的ですが、シニア用 と呼ばれているクラブは
 ヘッドも軽く、シャフトも軽い、
 ドライバーで言うと 総重量270g以下なんていうタイプ ですね。

 痛みの発生する状況において
 問題になるのは 急加速、急減速、急停止
でしょう。
 そうなってしまう、と言うのもありますし、
 そうしないと使うことが出来ない、というのもあります。
 それらが 軽く(ヘッド)硬い(シャフト)のクラブを使う
 取り扱い説明書と言ってもよいほど です。
スナップショット 1 (2018-05-17 19-39)

 総重量が重ければ重い程良い訳では無いですが
 ヘッド重量、総重量が重ければ
 運動を続けようとする 慣性の能力 が高くなります。
 止まり難く、変わり難くなる のですね。

 ゴルフクラブで言われる 慣性モーメント とは
 ヘッドの重心位置軸廻りを指すことが多いですが
 クラブ全体にも慣性モーメントと言うモノがあり、
 重量の重いクラブ、ヘッドの効いたクラブは
 その数値が高くなります。
 それは どういうコトに相当するか、というと
 車が分かり易い でしょうね、
 重いクルマ 重い重量の車は発進し辛いのは
 分かると思います。
 しかし、一旦 動き始めると 今度は止め辛い。

 スイングで言うと 振り辛い と思うかも ですが、
 ヘッド で言えば 双方(軽いモノも)、棒の先端に重さが有るコト
 には変わりはないですから、大きな違いはありません。

 テークアウェイ…重力に逆らう上げる行為 は
 慣性の係数になる 速度が速くないですから
 ヘッドが重くとも さしたる負荷増大ではありません。

 逆に ボールを打つ、ダウンスイングは
 その言葉の通り『ダウン』スイングですので
 その重さを利用出来るでしょう。
 正しい使い方をすれば その重さに動作も促される のですから
 そういう使い方を『教えて貰える』クラブの方が
 軽くて 振り易い筈なのに、何もしてくれず
 結局、全部を自分で処理するクラブより

 のちのち のことも考え、良さそうじゃないですか❓❓❓ 
IMG_2813-0001-1

 180ヤード位を打つとして
 ボールの重さは 700舛魃曚┐泙后
 これはデータではっきり表れるのですが、
 ヘッド重量、総重量の軽いクラブは
 打つまでのスピード に対し、
 インパクト直後のスピードの変化が緩やかですが、
 軽いヘッド重量、総重量のクラブは
 その減衰が激しいです。 

 軽いと振り易い とよく言われますが、
 ヘッド重量がなければ その分をスピードで補わないと
 軽い分、距離が落ちます。
 重量が軽いから スピードが出る は ウソ と言って良く
 ヘッド重量の プラスマイナス50gでは
 上がるコトも 下がるコトも無く、ほぼ 通常通りです。

 軽いから振り易そう は 頑張って振れ
 そうじゃないと 距離は落ちるけどいいかな、ってコトです。
 自分の振り加減で リニアに距離が変化し易く もなります。

 運動のモーメントが高いモノ の方が
 ミスにも強くなりますし、安定度も高いです。
 ヘッド重量のしっかりしたモノと
 軽量ヘッドで ラフやバンカーを打ち比べて貰うと
 その差は歴然としています。
IMG_0002

 チカラの無い女性に 軽いヘッドのウエッジを使わせて
 ラフからのショットやバンカーショットをしろ って
 ちょっとした ハラスメント だと私は思っています。」

質問「なるほど。
 どの位のヘッド重量が良いのでしょうか❓」


店主「使えるのであれば 重めの方が良いと思いますが、
 どう クラブを扱われているか、振られているか、
 によって 異なってくるか と思います。

 例えば アイアンで 7番を基準としましょう。
 一般的な 軽量スチール装着のモノは 260g 位 です。
 280g ・ 300g ・ 320g ・ 340g
 の4種類を打ち比べて頂くのが理想的ですね。
 
 初めて、悶絶クラブを打つ場合、
 おそらく 340gは重くて 扱い切れない、苦しいかも知れません。
 ですので 280g 300g と打ち比べていくのですが、
 始めは重く感じるヘッド重量も 5球位打つと
 簡単に慣れてしまうと思います。多くの方がそうです。

 重いヘッドに慣れた方は そこからのゴルフ歴の中で
 ヘッドを軽くする方には進まない傾向が強いです。
 300gのヘッドのクラブを打った後で
 元の 260gのクラブを打つと
 まるでヘッドが付いていない棒 のような感触を覚えます。

✋棒の先にある 重さ でボールを打つのか
✋長い棒で ボールを打つのか


 非常に初歩的な 概念の違い を感じるのだと思います。
 
 スイング・クラブ扱いの大きな差になってくると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「私も ツイッターやフェイスブック、インスタグラム で
 ゴルフやゴルフスイングに関する集まりの中にいて
 皆さんの投稿やコメントを読むのですが、
 なんと言えば良いのか
〇そのアドバイスは 間違ってはいないんだけれど
 結果 を修正する過程において 手で振る道に進む…

 を毎日、飽きるほど見るコトが出来ます。」
((((((((_Moment

TSさん「👉スライスに悩んでいます😵 動画付き

△「外から入っています」
△「開いています」
   って奴ですね。」


店長「そです。
 なまじ 物理現象の結果論としては 間違ってない のが困ります。
 でも 外から入ってくる 開いている を治すには
👉手振りに行くしかない 手打ちにするしかない
 軌道を変えると 違うヘッド姿勢になって
 ヘッド姿勢を変えると 軌道が変わってしまう

 そこには 答えは無く、無限地獄 があるだけ です。

 本来であれば ヘッドの描く道、軌道、移動ソノモノは
 カラダの向き次第 なんですが、
 【スライスに悩んでます…外から……開いて……】
 もうこの会話 始まった時点で
✋クラブの移動とからだの回転は分離したモノ、
😵移動中のヘッド姿勢を変えるコトが前提

 になっちゃう訳ですよ。

 多くの場合 なんですが、
 ヘッド姿勢やヘッド軌道、クラブの動き、移動 を
 考えた場合、ヘッドやクラブ それに近い部位
 で対応したくなるモノです。
 クラブから遠いトコロ、 例えば 脚とか、お尻、
 そんな部位で治そう って気にはなり難いモノでしょう。

 理想的には
 動作中 ヘッド姿勢を変えられないスイング、
 いつも一定になるようなクラブ扱い、
 ミスはある としても
 アドレスした時点で 出る球が 概ね決まる のが
 理想とする ゴルフスイング なんじゃないですかね。」

TSさん「多くの場合は 動かし始めてから より動かす、、、
 そりゃ 打ってみなきゃ わからん になりますよね。」
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

店長「ミスは付きモノ だとしても
 動かして最中に 更に動かしたら そうなって 然るべし
 だと思うんですけどね。
 治そうとすればするほど 迷路 に入ります。

 ヘッドは動かさない、
 クラブは動かさない、
 動くのはそれを持った自分だけ、


 と言う発想だから 治せるんじゃないでしょうか❓

 スイング改造 って言葉が なんだか魅力的 ってのは
 分からない訳では無いんですが、
 理論ではなく 理屈、メカニズムを抑えないと
 空気を掴んでいるようなコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


TSさん「私も今の今まで、ゴルフ歴の殆どを
 つかまる=フック
 つかまらない=スライス
 理想的な弾道 ドロー=つかまっている

 と思っていました。」

店長「ゴルフクラブはその機能を果たすと
 左回転、つまり フック回転が入るので
 理想的な弾道がドローなのは 👍👍👍です。
 
 しかし、
 つかまる は フェースを閉じるでも 開くでもなく
 ロフト、入射の軌道との関係もありますが、
 ロフトの造り方で決まる は 納得して頂けます❓」

TSさん「はい! まだ 出来ないのですが。。。」
(こする つかまえる_Moment(2)

店長「では 先に進めます。
 『ボールの掴まりの原理』が 理解出来ていないと
 スイングの改造 なんて
 取り組んでも 効果が非常に薄い のです。」


店長「つかまる=フック つまらない=スライス
 理屈を超越した理論なのですが、
 大抵の場合、フェースの開閉 と 軌道論、
 開いている、閉じている、
 アウトサイドイン、インサイドアウト

 そこに進むコトになるのですが、
 これにも 大きな罠が待っています。
 この罠は 生涯迷宮 です。」

TSさん「えええええええええええ。」

店長「同じことが
 つかまえ=縦のフェース/ロフト にも言えます。

 例えば…です。
 今の使っているクラブをいじらず 変えない、
 その対象になる クラブ番手 もそのまま、
 その状態で
 自分の理想の弾道にするには スピンが多過ぎる→
 3500回転 なのを 2500回転 にしたい……とします。

 ちょっと 頭が混乱するかもしれませんが…。 

 ロフトは 立てようとすると 実効果として
 クラブが短くなるので
 入ってくる入射がきつくなります。
 故に ハンドファーストを強くしても
 打ち出し角度は低くなる(変わる)可能性はありますが、
 入射も変わってしまうので スピンが減るとは限りません。
 インパクトロフト=スピン効果 を変えようとすると
 同時に スイングの縦軌道も変わってしまいます。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

 フェースローテーションを多くしている人、
 打撃=ヘッドの回転の人の場合、
 軌道だけを変えようとしても
 インパクトロフトやフェースの向きも変わってしまうので
 答えを見つけられません。
 ま…だから 硬い(使えない)シャフトを使って
 ボールへの打撃効果を薄める…と言う手立てを取るのですが…。

 クラブの横軌道の アウトサイドイン、インサイドアウト
 にも同じことが言えるのですが、
 スライス〜アウトサイドイン〜開いている の発想を
 ドロー〜インサイドアウト〜閉じている にしようとして
 ヘッドを閉じると 軌道も変わってしまいます。
1ff0dce21f52b653








 理屈上は アウトに出すには フェースを開いた方が
 アウトに出し易く、フェースは閉じようとすると
 軌道はインに切り込み易くなります。

と…ここまでの話しがスイング改造として
 ダメなスイングの治し方の典型例 なのです。


TSさん「!!!!! なにが悪いのか 分かりません。」

店長「言葉で説明して分かって頂けるか、分かりませんが、
 トップオブスイングから インパクトまで 平均して0.2秒、
 ヘッドスピードは時速にすると 120繊弊人男性)を越えます。

 ヘッドの軌道、上下の入射角度 であって
 左右のアウトサイドイン、インサイドアウト であっても
 途中で ロフト、フェースの向き どちらであっても
 変えようとすると 『必ず』軌道とヘッド姿勢は同時に動きます

 スライスだから、フックだから、
 つかまりすぎでスピン不足もしくは過多、
 つかまらな過ぎでスピン過多もしくは不足
 であったとしても
 軌道を固定して ヘッド姿勢を変える と言う発想ではなく
 動いている中で ヘッド姿勢を変えようとしています。

 もう コレにトライすること自体
 手打ち 手振り への道まっしぐら なのです。

(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 手打ち、手振り である限り、
 ロフトであっても、フェース向きであっても
 変更すると 軌道にも 大きく影響が出るので
 改造にトライする前とは
 違うゴールに行き着くコトになりますし、
 
 その 0.2秒の 時速120キロ超 の ヘッドコントロールは
 自分ですらままならないですし、誰にも、誰からも
 教わるコトも 教えることも出来ない 秘技 なのです。

 部活特訓並みの練習、練習頻度、
 例え 体得したとしても、それを維持する為の
 メインテナンス練習、頻度が必須になります。
 普通のアマチュアにとって 良いゴールとは言えません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コチラの記事の続き。。。になりますが、
今回のテーマは 
スイングの治し方 ではなく
治し方の治し方 です。



TSさん「助けて下さい。」

店長「どうしました❓」

TSさん「飛ばない、スライスする、安定しない、
 スイングを治さなくてはいけない と思うんですけど。」

「アドレス修正

店長「そ、そうですか。。。
 TSさんは遠方ですので 頻繁に来店出来ませんから、
 自分で治していけるように
 いつもの如し…ですが、
 ちょっと長い座学になっちゃいますけど
 聞いて貰えます?」

TSさん「お願いします。」

店長「スイングに悩んでいる人、治したいと思っている人
 がいらっしゃった時、一番始めに質問するコトがあります。

✋6番アイアンとピッチングウエッジ
 つかまり と言う点において どちらが優れていますか❓ です。
 これは スイング理論ではなく、ショットの理屈 なのです。」

TSさん「どう答えるんです❓」
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)

店長「弊社のブログを読まれている方は 答えを知っているので
 除くことになりますが、一般的には ピッチングウエッジ です。」

TSさん「合ってない?…のでは❓」

店長「はい。誤りです。
 すごく ざっくり言ってしまうと
 つかまりとは ボールのつぶれ具合 を考えて良く、
 入射角度に左右はされますが、ロフトの立ったクラブ
 のほうが ボールはつぶれます。」

TSさん「ですよね。」

店長「スライスの多い人でも
 ドライバーからウエッジまで フェースを見てみると
 ロフトの立ったクラブには ディンプルの跡が見れて、
 ロフトの寝たクラブは 縦にボールが逃げた後が多くなります。

 コト つかまり のみ に関しては
 ロフトの立っている6番アイアンの方が優れています が
 6番アイアンは 平均的にはロフト角度30度以下 ですので
 上がり易い とは言い難い、
 上がらない方 ロフトを寝かして 打ってしまうので
 つかまりが悪く感じるだけです。
 つかまりが良い は 弾道が低くなりガチ、
 いままで 当たらなかったものが 当たるようになって
 球が強くなって 弾道が高くなる と言うケースはありますが、
 基本、つかまり は 弾道、出球の低さ に比例します。
 上げようとしなくても 大きなロフトのピッチングは
 上がるので ヤサシイ ですが、実はつかまりは悪い。
 なんでも つかまえれば良い と言う訳ではありませんが、
 そのクラブの ロフトなりのつかまり を確保することは重要です。
  
2021-04-17_15

 ドライバーとパターを除く、地面からボールを打つクラブの
 『やさしさ』の基本は ボールの上がり ですから。

 つかまえる と言う意味が分からない、
 つかまえる が何か分からない、 は困ります。
 なんでも立てれば良い訳じゃないですが、ロフトを締めて打つ が
 ショットの一つの目標、理想像 です。

 つかまる イコール  フック ではありません。
 クラブの構造上、親和性は高いですが、
 つかまる フック(左回転)もあれば、
 つかまる スライス(右回転)もありますし、
 つかまらない フックも、スライスもあります。
 繰り返しますが、つかまると左回転、
 つかまらないと右回転は 親和性が高いですが、
 基本、全く別なモノ です。

 入射してくる角度に影響を受けますが、
 すごく単純に言えば
 つかまえ は 縦のロフトの問題
 フック・スライスなどの横のスピンは フェースの向きの横の問題、
 フェースはその複合した立体ではありますが、
 こと ショットの理論 ではなく、理屈を通して
 クラブの扱いを考えるのには
 ソコの 区分け はとても重要です。」

TSさん「本当に最近です。それが理解できたのは…。
 それが理解出来ないと ナニをやっても効果が無い、大変薄い、
 というコトは分かりました。」


店長「はい。間違いない です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ