◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2022年04月


店長「またまた 脱線しているのですが、
 アマチュアのショットの問題の殆どが
 この右向き不足から発生している、と言ってよいと思います。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)





Jさん「すごい判る気がします。」
店長「打撃の準備、助走になるはずのテークアウェイ、
 本筋では 肩、もしくは胴体が右を向く、
 ソコから打ち始める "筈" なのですが、
 肩や胴体の右向きが無く、
 それを腕の『水平外転』で行ってしまうと
 トップ、切り返しから『水平内転』して戻すと
 からだはその回転につられ 当然、開き、
 左を向き始めます。
 
 そのまま打てば 外から打つ、
 世に言われる アウトサイドイン になって然るべし、
 なのですが 総じてアウトサイドインは嫌われている、
 初心者、上手く行かない人の代名詞のような存在ですから
 それを無理やり インサイド。。。

 本来のインサイドは 右向きの ボールから離れたトコロ
 と言う意味とともに
 円の中側、内側 と言う意味ですが、
 それも 肩やからだの右向き という空間
 によって 形成されるモノ です。
会田20210701_Moment
 肩やからだの右向きが無く、空間がない…筈の
 "インサイド"を クラブを寝かす という
 またもや 疑似インサイドから振るのです。

 なんと言えば良いのか
 ウソをついたのを隠すため また、ウソをつく
 みたいに成るのですから
 どんどん 難しい立場、難しい状況になるのは
 仕方ありません。」

Jさん「うううう…って感じですね。」

店長「肩やからだが右を向く のと
 肩やからだも右を向かず 腕だけ振る のでは
 空間も異なりますし、動作出来る時間も異なります。

 腕を『水平外転』すれば 胴体もひねられてしまい易い ですが、
 多くのプロがやっている 肩を廻す〜胴体をひねる は
 体に柔軟性のある若い人や訓練された人 が可能なことで
 普段から 腕だけ振っている疑似右向き 腕の『水平外転』
 クラブをあげている人がいきなりやって出来ることではなく、
 疲れた時など どうしても 浅くなりガチ です。

 肩、胴体の向きを変えるから
 前ナラエした腕の向きも変わる です。

 ですので アマチュアゴルファーの場合、
 最善は 股関節を境目とした 胴体、骨盤を廻す への移行ですが、
 とりあえずは 腕の『水平外転』を出来るだけ減らし、
 胴体をひねる、世に言う肩を廻す を
 練習で馴染んでおくのも 現場でのミス回避につながると思います。

 その際、腕を左右、横に振る 👉 その勢いで 肩を廻す
 は スイングとしては一番マズイ と思います。
 腕やクラブの重さを利用して 勢いで 胴体をひねる は
 基本、無理やり 胴体をひねっている ので
 反動と言うか、拒否反応、忌避感覚によって
 帰り/戻りが早くなりガチ ですし、
 疲労 によって 行き帰りともにリズムが狂いガチ です。


 プロの多くが 胴体を捩じる〜肩を廻す です。
 肩の向きを変えるから 腕やクラブの向きが変わる、
 腕やクラブを振って、その勢いで 胴体を捩じる〜肩を廻す
 のとは かなり大きく異なります。

 運動動作として 全く違うモノです。

 その 見た目は似ているけれど 中身は全然違う、
 そのノウハウを取り入れても 余計な意識が増えるだけで
 プラスになることは少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あからさまに パッティングストロークの話しから
 脱線していますが、スイング形成や改善において
 役に立つ方もいらっしゃるかと思うので 続けますね。」

Jさん「どうぞ お願いします。」

店長「もう一つ 曲げ伸ばし ではないのですが
 腕の使い方 で 勘違いされている方がいるか と思うのですが
 ゴルフスイングにおいての
 腕の役割、使い方は 主に 外転内転 であって
 水平外転、水平内転 では無く、
 簡単に言えば 縦方向の動き であって
 水平方向の動き では無いというコトです。」
img_c4bf33269c653e2c391c91f59097083193630
img_6e18083bc9f67fca18a980bbb4a977f0126425

 店長「完全に、とは言い切れませんが
 縦外転 をそのまましたのでは 円が膨らみ
 無用な負荷、動作の邪魔が入ってしまうので
 肘を曲げ、腕を短くしているだけであって
 腕を水平方向に回転させているのではありません。」
Jさん「うわ…。」

店長「スイングの話しになって恐縮ですが、
 プロは若いから、訓練しているから カラダを捻じる、
 肩を廻して 腕を動かしているケースが多い、 のですが、
 その腕やクラブの動きではなく 見た目を真似、
 肩を廻す ではなく 腕を水平外転させて
 テークアウェイをしている人が ほとんど、
 全員と言っても良い程 多いです。

 アマチュアにとって 胴体を捩じる は
 故障が伴い易く、疲労に反応し易い動きです。
 肩を廻すよりは 骨盤の回す方が
 明らかに安全です。

✋百歩譲って、肩をまわせる(肉体的に可能)であって
 特に悩んでいないのなら なにも言うことはないですが、
 
肩を廻すのでなく 腕の水平外転〜水平内転 で
 似たような動きを真似ているケース
が多いですが、
 これを 世間様では「手振り・手打ち」と呼んでおり
 もっと肩を廻せ は
☑今以上に深く「肩を廻せ・胴体を捩じれ」と言っているのではなく
 腕の水平外転で 疑似肩の廻りをするな
 というコトを言っているのです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)






Jさん「。。。。。。私のコト…かと思いました。」
店長「アマチュアゴルファーの基準値と言っても良いかも知れません。
 あまり良い意味ではないですけど…。
 私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
 胴体をねじるのは危ない、壊れやすいのに
 さらにそれを 肩ではなく、腕だけで行っている
 二重のミス・過失 と言って良いですね。
((((((((_Moment

 腕を水平に外転(テークアウェイ) 内転(ダウンスイング以降)
 であれば 円弧はその腕の動きでまかないきれます。
 からだの回転はオマケ程度になりますし、
 ゴルフの性質上、水平外転、水平内転には
 腕の捻じりも必要になります。
 これがヘッドの返し、フェースローテーション で
 ソコが問題なのではなく、それが必要になるコトが問題なので
〇胴体は捻る、腕は捻る、この複雑さを解決出来るのか、
〇捻じる捻じるの複合によって カラダを傷めるのが早いか、

 と言えば 圧倒的に後者だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「刷毛塗に限らず、ストローク、スイング全般の
 腕の使い方 を勘違いされている方は少なくない気がします。」
Jさん「どのような ですか❓」

店長「主に…ではありますが
 ゴルフスイングにとっては
 腕の曲げ伸ばし、
 肘の曲げ伸ばし
、 は
 腕の中の筋肉で主には行わない というコトです。」
Jさん「どういうコトですか❓」
店長「筋肉の箇所は割愛しますが、
 前腕を持ち上げるのは 腕の中の筋肉です。
(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)
 一方、刷毛塗もそうですが、
 上腕を上げる のは 肩や首廻り、背中の筋肉です。
 肘が曲がったのは 上腕が上がった、からに過ぎません。

 伸ばす 方で言えば
 腕の中の筋肉で行う場合は 前腕を動かす のですが、
 背中廻りの筋肉で行う場合は 上腕を下げる コトで
 肘が伸びる、腕が伸びる なのです。

 ふたつは 主に使い筋肉も違いますし、
 その筋肉の大きさが異なりますので
 後者の方が 大きな力を造り出すことが出来ます。

(((肘の曲げ伸ばし_Moment(((肘の曲げ伸ばし_Moment(2)(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)






 ゴルフスイングの場合、その腕にクラブという重さがかかります。
 曲げる ではなく、伸ばす方が打撃ソノモノに使われるので
 腕の中の筋肉〜前腕を動かす は 小さい筋肉で動かす上に
 その前腕も負荷になり易いので 力みが必要です。
 一方、背中廻りの筋肉で行う、上腕の下げ は
 下げる、降ろす 〜落とせば良い上に 大きな筋肉ですので
 前者よりも楽に行うことが出来ます。

 腕の曲げ伸ばし、肘の曲げ伸ばし、
 ソコを勘違いされている方がいるのでは…と思っています。」

Jさん「考えてみたことも無いですが、
 それって リキミの原因になり得ますね。」

店長「刷毛塗に限らず、そう思います。
 多くの人はテークアウェイで 右ひじを曲げるのに
 上腕を上げるで行わず、前腕を上げる
で行っています。
 左腕に押されるから 致し方なく そうなっているのですが、
 その曲げ方をすると 今度は伸ばしていく段階で
 重くなるクラブ、自分の腕さえも負荷としてかかる
 それを 腕の中の小さな筋肉で行うのですから
 力むのが当然、力まないと伸ばせないのではないか、と思います。

 ショットであれば 思いっきり叩いて良い訳で
 本来であれば 肘を曲げる は 上げる とか、高くする
 と言う意味合いが強い訳で、 その反対の肘を伸ばす は
 下げる とか、低くするのですから 帰りの方が楽になるはず
 にもかかわらず、伸ばす方が力む には謎がある訳です。
((パッティングストローク_Moment(2)

 スイングで増える負荷だけでなく、行きと帰りで
 かなり動作が異なるのだと思います。

 前腕をあげて肘を曲げる場合、
 ダウンスイングにおいて 重さによって
 腕が捩じられてしまう要素が 上腕を上げるモノに比べ
 どうしても 多くなってしまいます。

 行きは縦に動かしたのに、帰りは横に動かさなくてはならない、
 リキミ易くなるのは当然ですし、
 横に動かす分、からだの回転、向きの変更の仕事を奪ってしまうので
 手打ちっぽい モノになる、
 腕・クラブ と 
からだ が分離し易くなる とも考えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークのように力任せというか、
 思いっきり打たなくても良い、
 そして タッチ、と言えば良いのか、
 距離加減が必要なショット、ストロークの場合、
 右利きであれば 右腕
 左利きであれば 左腕 で それを行うコトを
 好むゴルファーの少なくありません。

 ごくごく一般的な ショルダーストローク、
 振り子式の場合、部位で言うと
 広背筋や僧帽筋などの どちらかと言うと
 力強い動作を行うのを得意とした筋肉 で
 微妙な距離感を会得するには かなりの修練が必要で
 パッティングの性質上、どうしてもかがんだ姿勢で
 それを行うコトになるので
 我々の年齢だと それを会得するだけの練習をしきれない、
 そういうこともあります。

 ですので 距離感を右腕感で出してしまおう、
 と言う点も 刷毛塗には内包しています。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 刷毛塗は その右腕、両方の腕さばきを動力にして
 と言う人も居ますが、私はそうですが…、
 振り子、ショルダーストロークにおいても
 その動力を 腕で より効率よく、適切にさばく、
 と言う方法としても応用は可能です。
 ただ その場合は、あくまでも腕は 動力をさばく、
 車で言うと ギアやデフのような存在で
 エンジンでは無いと理解していないと 複合してしまい
 距離感が刷り込まれ難くなるので注意が必要です。

 ショルダーストロークの場合、
 その動作 ソノモノを打撃・動作のエンジン、にして
 それソノモノで打ってしまわないとイケナイです。
 動作はショルダーストローク、
 でも結局、打つのは手首の弾き…というゴルファーが
 パッティングの悩みを抱えている、のは少なくありません。

✋決して勧めている訳でもありませんし、
 ショット全般への影響もあるので ノーマルグリップが良いですが
 〇参考までに・・・
 刷毛塗 は パターにおけるクロスハンドグリップと似ています。
2db0fa4d0048a05a80f05f59fe59de94c925bc75_xlarge
 クロスハンドグリップの発想、その着眼点は
 動力が腕であっても、振り子で有っても どちらでも良いですが、
 仮に 右腕の伸ばし、右手の押し だとしましょう。
 通常のグリップ だと 悪い例で、しかも 大半のパターンですが、
 右手が押すと クラブを持った左手が支点になり、
 グリップエンドが軸点に ヘッドが縦回転する ような動き
になります。
 カラダの箇所で言うと 左手の甲が甲側に折れる形、
 動作で言うと 手首のスナップで弾くような そんな打撃です。
 その形は グリップ〜握りの方にも表れたりします。

 ところが クロスハンドグリップで持っていると
 右手が押した時、クラブが押されるのではなく
 クラブを持った左手が押される形、

 左手首の軸運動が発生し辛いので
 インパクト前後でノ ヘッドの跳ね上がり、
 軌道やロフトの変化が大幅に抑制出来る、
 ヘッドの高低、上下移動を抑制出来る と言う大きな利点があります。

 それを ノーマルグリップで行うのが
 刷毛塗 と考えて良いと思います。


 ストローク、動作として 表れるのが
 インパクト、インパクト後の 左腕と左脇の関係でしょうか?

 右手が押す、とすると
 その押しで クラブが押され 左グリップ軸のクラブ回転をしてしまう場合、
 左手首は甲側に折れていく ので
 左腕はより左脇に近づく、締まる感じになりますが、
 刷毛塗、クロスハンドの場合、押されたモノが
 クラブを持った左腕ゴト 押される ので
 左腕はカラダから離れます。
 そこは 見た目の違い でしょうか。

 パッティングストロークだけでなく ショットでもそうですが
 インパクト、インパクト前後で
 スイング・ストローク動作の先頭に位置する左腕、
 左グリップが止まる それを避けるコト が
 インパクト安定、ミスショット減少につながります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークにおける『距離感』
 その土台になるのは 同じロフト、
 ヘッドの高さ変化、上下軌道を含めたロフトが
 一定であるコト はとても大切です。
006
 打つ度に 違うロフトでインパクトしてしまう、
 打つ度に フェースの色んな所に当たってしまう、
 では 距離感が刷り込まれていきません。」

Jさん「なるほど。」

店長「その前提条件の上 にです、
 距離感は ヘッドの移動速度ではなく
 打ち手の『動作』速度 で覚えると良いと思います。

 漠然としていますが、
 パターにおいてですが、距離感=ヘッドスピード
 的な感覚をお持ちではありませんか❓」

Jさん「はっきりとしてはいませんが、
 どちらかと言うと YESかと。」


店長「その方、その方の方法で良いとは思いますが、

 箇所で言うと
 ショルダーストロークであれば 背中とか、腰とか、
 刷毛塗であれば 右ひじの伸ばし感とか、
 手首もあると思いますが、ロフト変化、
 ヘッドの上下動の変化が起こり易い、大きいので
 手首での距離感は除外して良いと思います。
 また クラブとダイレクトに接する小さい筋肉の手首は
 緊張などの状態に弱いですので 出来れば
 辞めた方が良いと思います。
 兎も角…距離感はヘッドの動きではなく、
 自分のなにがしかの動作と結びつけるコト
 をお薦めします。」
 
Jさん「おすゝめは❓」
店長「弊社の L型ブリストル、ピン型デール9 で
 あれば、ストロークそのものを小さめ、遅め に
 出来ますから 刷毛塗の右ひじ感(詳細 次号にて)でしょうか❓」


店長「✋距離感だけでなく 方向、当たりを狂わせてしまう、
 実は 良くあるパターンがあります。
 アマチュアのパッティング、
 特にストロークに悩みの有る方にとても多い気がします。

 動画の冒頭、パッティングストロークをしていますが
 インパクト辺りから ヘッドが急激に
 内に切り込む、もしくは 高くなっているのが
 見て取れると思います。

 振り子のショルダーストロークであっても
 上腕でさばく刷毛塗のストロークであっても
 右サイド、もしくは右腕と
 左サイド、もしくは左腕は
 常時、同じ分量、同じだけ動くはずです。

 にもかかわらず インパクトを大事にしたいから、なのか
 やはり 感覚は手先で、なのか は個々人によって
 異なりますから 特定は出来ませんが、
006

 多くの人が インパクト直前で
 左サイド、左腕の移動や動きを止めてしまっています。
 ハミングバードのおススメのストロークではありませんが、
 振り子であるのなら
 その振り子 で
 打ってしまわないといけない
 振り子で打ち切ってしまわないとイケナイ
 と思うのですが、

 直前まで振り子 で来ているのに
 直前で 左サイドの動きを止めてしまい、
 結果、右手ではたく、右手首で打たざるを得ない、
 というのを かなり多く見かけます。

 パッティングストロークだけでなく
 ショットの インパクトイメージ、インパクト感 の
 影響が否めない のかも知れませんが、
 動かしてきたモノを ナニカで受け止め 放り出す
 と言う動きは かなり複雑な動きになります。
 動作としての速度も 振り子であれば 背中廻りの運動
 その運動でそのまま打ってしまえば良いのに、
 直前に止めて 右手でリリースする
 これでは どちらが距離感とつながるのか分かりませんし、
 緊張感の伴う場面で 距離感が狂いやすく
 ヘッド姿勢、上下左右の軌道も途中変更が入るので
 パット数が減る、狙った距離、方向に打てる
 と言う確率がかなり低下すると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ