◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年12月


先ずはコチラをご覧ください。


実験的に少々、オーバーにはやって頂いています。

ダウンスイングで
腕はカラダから生えているので
腕自身をはっきりと動作させるには
カラダを止めないとイケマセン。
等速であるのなら まだしも
カラダの動き、この場合は回転、向きの変更ですね、
これが加速中であれば
 腕自身は はっきりと動作出来ません。

ですので ダウンスイングの始まり、
切り返しは 少々、オーバーでも
先に グリップを下げる、
一区切り 付けて
そこから 廻る、向きを変える、
 という ドリル をしてみて下さい。

下げる慣性 と 回転の下へのふくらみ が
 合算するので 若干、しゃくり打ち、ダフリ に
 なるのはご勘弁ください。

ドリル、というか 確かめ算的なモノになるのですが
自分がいったい、切り返しから『どうしよう』
 としているのか、
テークアウェイでなにがしか で 上げた、
 もしくは 高くしたグリップの低さを確保するのに
 どんなことを❓
 いつ❓ ❓しているのか
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

廻り始めるの と 腕を動かす、
 この場合は下げるが主、ですが、
「自分が」どちらの順序で行っているのか
確認するのは良いコトだ、と思います。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)

先にも書きましたが、
腕の生えているからだの回転が
本格化すると 腕は動かせなくなってしまいます。
故に スイング動作としてまとめると
どちらがどちら とははっきり見えませんが、
意識としては グリップを下げる(下げ始める)
その後 カラダの向きを変え始める というか
グリップの縦軌道を造るため、向きを変える
 というイメージを持つドリルになると思います。




本年もありがとうございました。
良い年をお迎えください 店主
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社の「悶絶」と呼ばれているゴルフクラブ は
 アイアン(5番)であれば 通常 240g のヘッド重量が
 30%アップの 310g以上  70g以上 重くなっています。
 シャフトの硬さ、であれば これも 通常
 軽量のスチールシャフト SR 相当の硬さ で
 振動数表記 290〜300cpm
 ヘッドの重さもありますが、悶絶クラブの硬さは
 その半分 150〜160cpm だったりします。
004

 重い/軽いのヘッド重量 と
 硬い/柔らかいのシャフト
  組み合わせ としては 4種類出来る訳ですが
 軽いヘッドに硬いシャフト と
 重いヘッドに柔らかいシャフト と
 両極端な組み合わせ です。

重いヘッドと柔らかいシャフト のクラブだと
どうなるのか❓ というと
 特に シャフトのしなり は
 当たり前ですが、ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ の
 複合です。

そのシャフトのしなり、グリップに対するヘッドのズレ(遅れ)は
単純に考えて 横 と 縦 のズレ があるのですが、
横に遅れさせると ヘッドの構造上、
ロフトだけでなく、フェースも開きます。
 悶絶クラブ であれば それも倍増します。

一般的なアマチュアゴルファーは
しならないシャフトをしならせるモノ と考えていますが、
それは クラブの捻じり であり、
 そう考えた時点で フェースターンは必須になります。
それを 悶絶クラブ で行う とすると
 その「しなり」=「遅れ」👉捻じれ は
想像を超えた量になりますから まず 戻し切れません。
 おそらく シャンク か どダフリ、どトップ の
 いずれかになります。

本当は双方、同じ、なのですが、
しならないシャフトをしならせる習慣の強い方 と
しなるシャフトをしならせないようにする とでは
カラダを廻す と 手を動かす(上げる/下げる)
の順番が反対になりガチ です。

実際には 入り混じった ほぼ同時のモノ であり、
腕はカラダから生えているので
 からだの廻り(回転)が本格化してしまうと
 動かす事が出来なくなってしまいます。
ですので カラダの回転で考えるよりも
 どう腕を動かすと、どう腕を振ると
 からだの回転を促す とか、
 からだの回転と同期する と考えた方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









これは あくまでも素振りやイメージ ですが、
 テークアウェイを取る時、まず 腕をあげてみる
 グリップを高くしてみる
 そして 向きを変える
不自然ではありますが、動作を二つに分けたとすると
そういう手順です。

ダウンスイングでは グリップを下げる
そして からだを廻す
 と言う手順の素振り、イメージ は
 ヘッドの遅れ=ロフトの立ち と言う意味で 
 結構、効果的です。

一般的には 先に回って。。。
 となると ヘッドの遅れは捻じれ になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この一年でかなり前進したような…気がいたしまう。
ナニカの形で お手伝い出来ているのなら 幸い です。

『今一番の課題はドライバーです。

手と身体の回転があっていないと思うのですが、
スライスが出やすくなっていて、そのために気持ちよく叩けず
飛距離も出ないという状況です。

切り返しで身体が先行して手が遅れている?

それはトップの位置が深すぎるため?

切り返しで意識的に手を先行させる?

もっとシャットにテークバックする?

などなど、いろいろと試しているところです。』



次なる野望❓ 目標は
 時折出る ドライバーのこすり球 を減らす
 そして、さらに安定させるコト  でしょう。

➀何度か アドバイスさせて頂いていますが、
 アドレスをもっと起きて、
 ハンドアップ気味を強くした方が良いと思います。

 決して「すごく深く」は無いですが、
 テークアウェイで 左腕が多く動いていますが、
 アドレスで深く構え、フトコロの中にグリップを入れている
 のが理由の可能性があります。
 …バランスを取るため❓

 長年の習慣、とは思いますが、
 コースで疲れて来て、より深くなった場合、
 練習以上に 左腕、左手ばかりが上がり、
 懸念されている ダウンでの 左腕の遅れ が
 強くなる可能性があります。

 アドレスの姿勢は 一球一球気を付け、
 それが馴染んでいく時間、辛抱強く行う必要があります。
 そこは頑張りましょう。
((Kさんのお悩み❓_Moment((Kさんのお悩み❓_Moment(2)










➁ダウンスイングの初期、
 Ⓡさんと同じく、一旦、クラブを寝かしこみガチ です。
 軽いアプローチで構いませんから
 外から引っ掻いてくる 感覚を試し、
 左手の下がり、左腕の降り
 からだの向きに対する 左腕の付き を
 体感してみて下さい。

✋スイング全般で言っても
 この左腕の遅れ の問題が一番大きな課題 で
 意識として 左腕を下げる は まず難しい ので
 これは ナニカ一発の魔法で というよりも
 あちら こちら で 左腕が遅れ「られない」
 左腕が「下がってしまう」工夫が必要と思います。

 その一環として アドレスを変え、
 テークアウェイでの 左腕の動作量を減らす があります。

➂ダウンスイングのきっかけ として
 左肩を 上に動かしてみて下さい。
 肩を縦に回転させる? ような感じです。

 その意識は 左腕を下げます。
 今までとタイミングが変わります。
 インパクトが早く来る 感じに変わりますが、
 スローなテンポから 徐々に慣れて行って下さい。


個人的な あくまでも『勘』ですが、
ダウンスイングの左肩の動き出し に慣れれば
一番の 解決策は やはり アドレスの深さ に
あると感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このドライバーを使い、
8ラウンドが過ぎましたのでご報告させて頂きます。
EG05_021

元々、隠れスライス系の高い弾道、
曲がらないけど飛ばない、たぶん、ごく普通の70歳越えゴルファーです。

その日のコンディションによっては
ランも含め 200y行かないこともしばしばで
年齢もあり、こんなものなのかなぁ…と思っていました。

このドライバーを購入するにあたり、 
上がるけど飛ばない、曲がらないけど飛ばない、
曲がらないけど隠れスライス、を長く(30年超)経てきましたので
年甲斐もなくですが、いつも通りの「9.5度」を指定し、
店長にものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜く「渋い顔」をされ、
強い反対を押し切って決めた記憶があります。

案の定、ですが、練習場では
まるで上がらず、伸びず、飛ばない を体験し、
店長に泣きつき、11.0度に変更して頂きました。(ごめんなさい)

11.5度、もしくは 12.0度も考慮に入れましたが
このドライバーにあるネック(スリーブ)調整機能は
ロフトを減らす方は ライ角度はフラット、フェース角度はマイナス
のフッカー向け、
ロフトを増やす方は ライ角度はアップライト、フェース角度はプラス
のスライサー向け、
になるので ほんの少し少な目のロフトを
ロフトを増やす調整がいいよ、とのことでした。
 それでも練習場では高い弾道(低〜中弾道)ではありません。
EG05_03

㊟練習場とコースで かなり差があります。
 計測器を利用しての判断をお薦めします。
 練習場で失速気味、ドロップ気味の方が
 無理に上げよう とするのは避けて下さい。
 度合いにもよりますが、コースボールで確認する、
 コースで確認するか、ロフトで対処することをお薦めします。

ところがコースに出ると 若者にような高弾道 とは行きませんが、
自分としては 中〜高弾道の どちらかと言うとフック気味の球。
距離とすれば 平均でも20ヤード以上、
最大で 40ヤードは伸びていると思われます。
ランは多い❓と聞かれましたが、
今までと違うトコロに落ち、遠いので、判別出来ません。

お店に設置されている「弾道計測器」通りの球です。

最新のラウンドは 泊りがけの高地での2ラウンドで、
いつもの馴染みのメンバーで行きました。
今までは ティーショットは一番バッターが多いのは良いですが、
セカンドショットも『お約束のトップバッター』。
ところが 二日間共に、セカンドショットでトップバッターに
なったことは一度も無く、半数は4番バッターでした。
2ラウンドを通して フェアウェイを外したのは一回だけ。
計測器での測定の通り、無理にヘッドターンをせず、
ややプッシュ気味のイメージで打つと、
右に出た分、左に緩く曲がってくる 憧れのハイドローです。
EG05_04

お陰様で 大変 楽しいラウンドをさせて頂きました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:後半になり疲れてくると やはり
 スライスと引っかけの 往復ビンタを喰らいます。
 そこがかなり痛いです。
 手でクラブを返しているのは自覚しているのですが、
 練習でどのような点を意識したらよいのでしょう❓

NSAJ 1

A:質問有難うございます。
 ほんの少し、すごく多少 程度であれば良いですが、
「必要」だから 手の返しをしている のは
 ヘッドの遅れが フェースの開きになっている からで
 これは確かに、そのまま では
 ソールでボールを打ってしまいますから
 『フェース』でボールを打つための必須作業になります。
 疲れてくると… は
 ダウンスイング側の問題の可能性よりも
 準備としての テークアウェイ側、
 つまり フェースターン「せざるを得ない」側

 問題と疲労の関係だと思います。

多くの場合、
からだは 進行方向側の腕、もしくは手と考えて良いと思います。
テークアウェイ時、右打ちであれば
向きを変えますが、茲ら蕕悗瞭阿になりますので、
右腕、右手が カラダ です。
手で上げてしまうゴルファーの多くが、
テークアウェイ初動から 左サイド、左腕、左手にばかり
意識があり、その時の体とのリンクマン、からだの代替品である
右腕、右手は動かそう(移動させよう)とせず、
左側、左手ばかり動かして 準備をしてしまうので
結果、としては フェースがより多く
 開いた状態を作り出してしまっている
のでしょう。

ダウンスイング時は 向きを変えるのですが、
蕕ら茲悗琉榮阿砲覆蝓
その運動の先頭になるのは 左サイド〜左腕になります。
ここでも 運動方向側の左腕、左手の移動が滞っていると
フェースは開き易くなり、
⇒右手で叩くために ワザと開いているのか
⇒開いてカラ 右手でフェースを返しているのか

は その方その方によって異なるかとは思いますが、
症状としては 先頭に位置する左手の停滞が
動きそのものの渋滞を巻き起こしている場合が多いです。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

コレも 先頭にある左手が動いていない問題よりも
テークアウェイで 左手が多く移動しているので
戻し切れない 準備の方に問題があるような気がします。

カラダの向き通り というのは
当り前のようですが、左手が茲砲△蝓右手に蕕砲△訃態が
維持され、向きを変えるコト、移動させるコト ですので
フェースを『手で』返すコトを無くしたい、減らしたい方は
カラダの向きを変える 進行方向側の腕、手を積極的、
もしくは 意識的に動かした方が良い
と思います。

カラダ! と言うと少々、仰々しいですが、
動く側の手、腕を動かす というのは
とりあえず 練習でならトライ出来るのではないか、
と思いますし、 それをするコトによって
見えてくる、感じてくるモノも変わってくると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

無沙汰しております

【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1


今年4月にアイアンを、6月にウッドを購入し、

セットがそろってからこれまで18ラウンドしました。

スコアは最初1か月は特に変化なくそれなりでしたが、

8月ころには慣れてきたのか

コンスタントにいいスコアが出るようになり、

9月にはクラブコンペで優勝し、

以降ハンデは3か月連続で減少してトータル8も縮まりました。

(もっとも、これまでが情けない状態だったのですが・・・)

 

そしてなんと、自己ベストを20数年ぶりに更新してしまいました。

フロントティからとはいえ、自身初の80切り。

ここ最近は、100越えもしばしば出るような状態だったので、

重いヘッド+やわらかいシャフトの効果にただただ驚いています。

 

ちなみに、スコアアップに最も貢献したのはアプローチの精度アップです。

今まで、グリーン周りからのザックリやトップがいかに多かったことか。

クラブが変わり打ち方が変わり、安心して寄せられるようになったことで、

寄せワンもとれるようになってきました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転でクラブをターンさせるメリットは
😊 手 よりも疲労に強い(ラウンド中の変化)
😊 フェースやロフトの動きが緩やか(安定度)
😊 クラブの基礎構造を敵にしない(ヘッドの重さやシャフトが使える)
😊 手 でターンするよりも カラダを傷めにくい
😊 手 で振るよりも アプローチ を苦労し難い
😊 手 で振るよりも フェアウェイウッドを苦手とし難い
…と結構数多くある訳ですが、
 かと言って、『手を殆ど使わずに
 カラダだけを廻せば 可能』と言う訳では無いのが
 意地悪なトコロで、
 手振り、手打ちを辞めようと思っている人が
 陥り易い罠だと思います。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






また、手の動きをおとなしくすれば…
 と考えガチ ですが、…問題の解決にはなりません。

というコトで
 手で振っている、手でクラブをターンしている方が
 からだの回転で‼ のヒント、考え方を。

例えば…ですが、今はやりませんが、
バケツで消火するとしましょう。
右で組んだ水、もしくは渡されたバケツを
反転 180度向きを変えて 水をかける。
✋コレ からだの回転なんか 考えていませんよね❓
 手に持ったバケツ
 そして、バケツに入った水 を考えています。
X785454_3L1
遠心力を使うと… 水の入ったバケツは「飛びます」
 次の回に バケツがありません。
遠心力を使わない とは言いませんが、
 バケツに入った水、その面をイメージするでしょう。
 消火しなくてはいけませんからね。
スイング動作も結構、ソレに似ています。
 トップ、の位置の水の面 と
 水をリリースする時の 水の面 は近いですよね。
 水の面を 自分に向けてしまったら
 バケツは投げれますが、水はかけれません。
バケツは振りますが、振り子 にしたら
 水はリリースできません。
バケツを手でターンさせたら…
a000874205_06自分に水がかかるかも 知れません。
手でバケツを支え からだの向きで… 
であっても 水面を考えていないとダメです。
クラブもリリースも大変似ています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でのショット比率のデータがあります。

ドライバーショット 19%
アプローチショット  24%
アイアンショット  33%
フェアウェイウッド  10% 
(含むユーティリティ)
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

あくまでも…色々な人の平均値ではありますが
 だいたい 想像通り…なのでは無いでしょうか❓



フェアウェイウッドは難しい…好きじゃない…
 と思う人は少なくないのではないか、
と思います。
長い距離を…期待を込めて…
 で失敗すると痛手が大きいですから
 そういう印象になりガチ…なのは確かでしょう。

✋➀もっと フェアウェイウッドの練習をしましょう
 (人によって前後しますが)ある年齢になってくると
 コースでの フェアウェイウッドの使用率、使用頻度、
 がグンと上がってきます。
 ゴルフは ウッドとアプローチ次第 になって来ます。
 ゴルフスイングの練習にも
 しゃくり打ち、煽り打ちがまず ダメ ですので
 とても良いのです。
 スイングの練習 であれば、フェアウェイウッドでしましょう。

411-6_small


✋➁チカラ加減❓ 振りの速度加減はみな同じ

例えば…ですが、7番ウッド
 アイアンでは3番か4番の距離に相当しますよね。
 では、7番ウッドでなく 3番4番アイアンを打つとしたら
 どうでしょう❓ フェアウェイウッドの方がやさしいですよね
 7番ウッドの距離、それに 高さ、
 特にその高さを 3番4番アイアンで打てます❓ 辛いですよね。

フェアウェイウッドではなく ドライバーの例え をします。
 ものすごく だいたいですが、
 PW、もしくは 9番アイアンの倍位の距離を
 ドライバーは打てます。
 具体的には PWが100ヤードだったら
 👉ドライバーは200ヤード位です。
 では そのピッチングウエッジで200ヤード打て‼
 と言われたら 非現実的、不可能ですけれど
🙄それこそ 倍位振らなければなりません🙄🙄🙄

✋そうしなくて良いように 番手があるのです

 フェアウェイウッドには 9番ウッドや11番ウッド、
 機種によっては 13番ウッドなんて言うのがあります。
 便利そうですよね。

 11番ウッド…のロフト角度は 27〜30度位です。
 アイアンで言うと 6番.7番アイアン前後の距離でしょう。
◌誰かが11番ウッドを持っていて 面白そうだから
「ちょっと借りて 打っていい❓」  と打つとすると
 強く打たないで、まるで11番ウッドを舐めてかかっているように
 やさしく、柔らかく(ニュアンス)打ちますよね❓

✋3番ウッドも、5番ウッドも それと同じように打ってください✋
 そういう風にゴルフクラブは出来ています。
なんだか…感じるのですが
◌ピッチングウエッジ⇒7番アイアン⇒5番アイアン
 ⇒7番ウッド⇒3番ウッド⇒ドライバー
 とクラブが長く、ロフトが立ってくると
 強く振る、速く振る 気配が高まっている気がします。
普通の打つショットは ピッチングウエッジも
3番ウッドもドライバーも全く同じです。
同じに振って 距離差が出るように出来ている…のですが、
まるで ピッチングウエッジを持って 倍振るような
そんな気配を発している人が少なくない気がします。
image03b

✊フェアウェイウッドはどれも距離の違う11番ウッド^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


極端に重いヘッド、極端に柔らかいシャフト
 (一応 それ以外もゴルフクラブ全般を取り扱ってはいるの…ですが)
 それを専門としている私が言うのも、なんなのですが、
 市販クラブの最大の問題は
 ✋ハードなスペック
 …分類として Xの硬さ だけでなく
  その硬さを Sに落としても、SRにしても大差ない
  スチールシャフト装着のアイアン
  憧れやこのスペックを使いたい〜使えるかも…
  と言う郷愁が購買意欲をそそる…のか。
 ✋軽いクラブ
 …見た目やさしそうな 軽量ヘッドに
 表記上、Rとか、
 アイアンセットを「カーボンシャフト」にしても
 (予算と言う意味で)購入できる購買層
 若さをあきらめた雰囲気を醸し出してる… 〜高年齢層

  硬いシャフトのクラブ と 軽いクラブ
 大別すると、分野ズレした
 この二種類しか 市販されていないコト と言えるでしょう。

IMG_0784


多くの人が体験されている、と思うのですが、
 スチールの…ハード系スペックはちょっと辛い、
 何年か振りにゴルフに復帰したから 少しスペックを落としたい、
👉その場合、一般的なゴルフクラブの知識では
 以前は ダイナミックゴールドのS だったので
 カーボンシャフトの SRとか、Rにすれば 大丈夫?!
 と思うのでしょうが、
 実際に使ってみると 確かに振り易い…… けれど
 (ヘッドも軽く、シャフトも軽い…ので)
 なんか違う…。 想像していたのと違う…。


痛かった腰が良くなるか…と思いきや
 ほとんど変わらず、振り回してしまう分、
 余計に痛めてしまう ナンテコトがあるのだと思います。

ハードなスペック の 反対は 楽ちんスペック で
 それは イコール 軽いコト ではありません。
ハードなスペックの代表例 の スチールシャフトのアイアン は
 重いことが問題なのではなく、硬いコト が主の問題です。 

良い悪い ではなく、ゴルフクラブの重い 主要素は
長さの先端に ヘッドと言う重さが有るコト であって
その長さ である シャフトの重さは
 あまり大きな差にはなりません。
弊社の悶絶クラブ であれば、
 同じ硬さであったとして
◌240gのヘッドの付いた 120gのシャフトのクラブ よりも
◌300gのヘッドの付いた 60gのシャフトのクラブ の方が
 はるかに重く感じられます。

漆畑2018_Moment

軽い 👉 振り易い というコトは
自分で振りなさい、自分でなんとかしなさい と
非常に近似値な意味なので、
軽いヘッドのクラブ の良いトコロは多くありません。
アプローチに苦しんだり、チカラの無い人がバンカーに苦しむ
最大の要因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング、ショットを改善、または構築していく上で
 解決したい 大きな幾つかの事柄 について… です。


一つ目は お約束の「振り子」について、です。
 私はこの「振り子」について は
 雑誌やレッスン書、レッスンプロなども含め
 情報を提供する側、教える側、ゴルフ業界全体の
 長年の怠慢の蓄積
 と言う点で 忸怩たる思いを拭いきれません。

 まず コチラをご覧ください。

Jose Maria Orazaval選手です(1994.1999年マスターズ優勝)

なんとなく の流れ で見ていると
 背骨を軸として 先端のヘッドを振っている「振り子」
  に見えるかも知れませんが、
 実際には カラダ(肩)を廻しているだけです。
 打ち終わった後も カメラアングルのせいで
 ヘッドが前に出た 👉グリップを追い越した「ように」見えますが、
 切り返してから ヘッドとグリップ、クラブと腕の関係は
 ほぼ変わらず、
 トップの位置から 固定された腕とクラブはそのまま で
 からだの向きを変えているだけ とも言えます。

このアプローチは ロフト、長さ以上に
 特殊なスピンなどをかけていない、
 そのまま 大きく❓ 高く❓
 準備としての トップの位置がなれば
 普通のショットの 切り取り とも言える
 それこそ 絵にかいたような「アプローチショット」です。


何度も、何度も、何度も書いていますが、
スイングは傍目からは ヘッドで円を描いている「ように」見えますが、
それは 横移動を 回転で行っており、
 ヘッドが外周に位置しているから そう見えるのであって、
似てはいますが、
 カラダが向きを変えたから 👉結果として円に見える のであり、
 円を描くことを最優先に 動作しているのではありません。

確かに なんとなく思い込んでいる、
「円を描く」、「ヘッドを丸く振る」
もう少し発展させると
「そのクラブ、ロフトなりの弾道を打つのには クラブの働きはどうなのか❓」
「ボールをつかまえて打つのには どうすれば良いのか❓」
「ボールを上から打つ とは どういうことなのか❓」
それらを説明するのには面倒が伴う……かも知れませんが、
実際には スイングの多くは
 それぞれの人が 個人個人で ボールを打ちながら
 作り上げていくもので
 その基礎になる メカニズムの部分、
 スイングの基礎知識となる部分、を基に
 動作を作り上げていきます。

ですので 肩をどう動かすや腰をどう動かす、肘は❓ 膝は❓
という具体的な部分よりも 遥かに重要になってくる部分 なのです。

 カラダが回る、からだの向きを変えるから
 結果、として 円を描いて見える
 その円弧 と ロフト&フェースの上下左右の向き が
 距離や高さ、弾道を決めるコト になるので
 出来るだけ その円弧 や ロフト&フェースの上下左右の向き が
 毎回 同じようにしておく方法 が
 長い年月のゴルフライフを 楽にします。

ですので 車の免許 と同じで
 多少、退屈ではあっても 座学みたいな部分が
 どうしても 初期に時間を取る のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◌クラブターンを手でするか、
◌カラダの向きでするか、

 は白黒はっきり分かれているゴルファーもいますが、
 それが少々、曖昧なゴルファーもいます。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
例えば 手でする人を単位 10 とし、
 からだの向きの人を 0 と仮定します。

だいたい…の長年の感覚で言うと
手でターンしている 10.9.8. の人はとても多いです。 
逆に からだの向きでターンしている 0.1.2.3. の人はとても少ないです。
結構、混んでいる練習場で 2〜3人いるか、いないか、です。
その中間層にいる 4.5.6.7.の人も 手ではっきり振っちゃう10.9.8.
と同じくらいにいます。
実は… 困るのは この中間層のスイング持ち なんです。

10.9.8.の人は 自分独自のタイミング を
固着させるのに 万を超える練習、
そして そのタイミングを崩さない為の 頻繁な練習頻度、
 それが 必要なコトを理解しています。
(271_Moment左の壁…と信じている 左サイドの止め場所、止め具合、
フェースターンの量とタイミング
ものすごく短い時間 およそ 0.2秒の中で
 コレを行う訳ですが…

筋トレもしてたり。。。 でも、腰痛持ち多いでしょうね。


その困る…中間層…
 は からだのターンもするけれど、手で振る割合もある、
 その時、その時によって その割合は結構ズレます。

何故 困るか… と言うと
 昨日の記事で書きました が
手で振るスイングは
 スイングに軸、左右対称な軸運動が無く、
 左サイドを動かすか、
 右サイドを動かすか、
 左サイドと右サイドを別々に動かします。

 左右を均等に使いません。

腕で言うのなら、左手で上げて(テークアウェイを取り)
ダウンでからだを半分廻して、
 打ち準備が出来たら、左サイドを止め
 右腕でクラブ振ります(ターンさせます)。

👉からだの回転でターンする人 にとって の
 テークアウェイ…右向きは
 限度はありますけれど、深ければ深い方が良い、
 右向きの量が多くて悪いことは少ない、です。
…で、す、が、
手でクラブをターンさせる人 にとって
 【ゴルフスイング】 20210701_Moment
テークアウェイ… は右向き(体の向き)ではなく、

 左手の振る、右に送る量 です。

✋これが多いと 帰りに左手を戻す量が当然増え、
 右手が追い越せなくなっちゃう ので
 からだの回転でターンする人の万能薬 の
 『右を向け、右向きの量を増やせ』
 つまり、テークアウェイの量、深さ ですが、
 それは 手でターンする人 にとっては
 薬になり得ない のです。
タイミングやリズム感も大きく変わりますし…
行き、だけでなく 帰りも 運動量が増えるので
実は 深いテークアウェイ、トップが良い!
 とは言い切れないのです。

中間層の人が からだの回転でターンをしている割合を
多くしている時は その薬は効きますが、
ナニカの拍子に 手でターンしている割合が増すと、
その薬は、逆に 毒 になったりする訳です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

ダウンスイング以降の「からだを廻せ、左を向け」
も同じです。
からだの回転でターンしている割合の多い時は
それは 問題の解決になったりしますが、
手で振る割合が増してくると、
逆に それが問題の原因になったりします。

そして その中間層の少なくないゴルファーは
 手で振るコト が良くない と認識を持ち、
 からだの回転で打つのが良いんじゃないか❓と微妙に感じています…。


割合としてメジャーな その中間層のゴルファーが
雑誌やユーチューブ動画を見て
「お! 分かった 海岸だ!」
トコロが 一晩寝ると 「アレレレレ…❓❓❓」
の秘密だったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振るコト自体、良い悪い ではありません。
 オジサンおばさんゴルファーには
 体力的、肉体的に あまり有効ではないから、です。

デメリットの面で言うと
🙄ロフト(フェース)を開いて入れてくる傾向が強いので
 返しが遅れると スライスや距離不足になり易い
 👉腕力頼りの面が強いので
 ラウンド中の疲労で影響が出易い
⇒後半、悪い❓
🙄タイミングが合わないと
 弾道質、高さ、方向 にいろいろなミスが出易い
 良いも無限、悪いも無限…
🙄ロフトを開いて入れてくる傾向が強いので
 ソールの大きい、奥行きの有るクラブが苦手になり易い。
 ㊟特にフェアウェイウッド
🙄アプローチショットが
 難易度の高めの上げる球中心になり易い為、
 アプローチが苦手が克服し難い
多くはないですが、あえて メリット…は
😊バンカーが苦手になり難い
😊上げるアプローチ、ロブショットが得意❓


【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







からだの回転で直にクラブを動かす のと
手で振ってしまう、
クラブのターンをからだの向きで行う のと
クラブのターンを手で行う の 違い は

当り前…ですが、からだの向きでクラブターンをする場合、
 左腕、左手は常時、左側にあり
 右腕、右手は常時、右側にあります。
手で振る場合、
 それがスイング中、何度か 入れ替わってしまいます
重心のかかり方シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)







スイング ココを治そう❶_Moment例えば、テークアウェイで
このように動かすと
左手が右手よりも右に行こうとしています。
ショット自体、その入れ替えが打撃!
になるので その準備の為、です。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

当然、インパクト以降は その反対に
 右手が左手を追い抜こうとします。
 それが 打撃だから当然と言えば当然ですが、
手打ち の最大の問題となるのが
 手でクラブをターンさせている、振っている、
 のですが、✋手はからだから生えている訳で
 左腕、左手がたくさん動いて
 右を追い越すテークアウェイ では
 追い抜かれる方の右腕、右手がたくさん動かれては
 追い抜くことが出来ませんから、
 その生え元である右サイドが止まります。
✋ダウンスイング〜インパクト では
 今度は 右手・右腕が左手・左腕を追い越しますから
 それをするため 生え元の左サイドが止まります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)





👉つまり 本来、からだの回転とは
 からだの向きが変わる のですから
 右側も左側も同じように動くはず のモノ なのですが、
 手で振る場合の向きの変更は
 からだの左右半分しか動かず、
 回転…に伴う 回転軸 がありません。
93e9da7e-s81b16761-s




 からだの厚みも含め、厳密な場所は
 人それぞれ どこか で良いと思いますが、
 からだの回転でのクラブターンには 軸 が存在し、
 手で振る場合の回転では
 テークアウェイでは 右半身が軸になり 左サイドが動き
 ダウンスイング以降は 左半身が軸になり、右サイドが動く

 という からだの左右の半身を軸にして
 左右対称にからだの向きを変えない、
 からだの左右を交互に動かす特徴があります。

 左右を交互に動かしますから、
 腰回りを傷める可能性が高くなるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
  販売開始 貸し出し、試打クラブあります
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スコアを良くしたいとは誰もが思うでしょう。
スコアに対する アプローチとパットの比重はかなりのモノで、
アプローチが上手く行けば かなりスコア向上に貢献します。

とは言うものの…
そんな事は百も二百も承知…ですけれど
いざ 練習場に行けば ドライバーショットなどフルショット、
ストレス解消傾向の強いショットになりガチ
(😓)です。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

そこで 現場、コースで
非常にスコア向上に寄与する「基本の考え方」
お伝えします。 役に立つ、と思いますので
頭の片隅に締まっておいて下さい。

アプローチの基本は
 「なにもしないコト」です。
 アプローチはしますから 何もしない は大袈裟ですが、
 「特別なコトはしない」が正しいかもしれません。
✋ロフトを開かない・閉じない
✋構えを変えない
✋ボールの位置を変えない
✋タイミングを変えない
✋スイングを変えない



具体的 には ですが、
 ショットの基本を覚えるのに
 ランニングアプローチ は重要ですが、
 現場で 出来れば 「ランニングアプローチ然」としたコト
 はしてはいけません(え?!)

通常、自分がしている 20ヤードなり、30ヤードの
 アプローチ? ショットがあるとします。
 そのショットをウエッジでする、
 それを 8番アイアンなり 9番アイアンにすれば
 結果、として ランニングアプローチになる訳です

 ドリルとして ランニングアプローチはとても大切ですが、
 いざ コースでは
 パター、パッティングアプローチのように
 少しだけ飛んで(宙に浮いて)転がせる番手を選ぶ、だけ。

その反対で
 上げるショット、少し 高さを要するショット、
 コチラは 基礎的に 転がすコト よりも
 難易度が「かなり」高いのが大前提です。
 ですので クラブのオリジナルな製品ロフトに任せる
 一番大きなロフトのクラブ サンドウエッジ を
 持てば  その球になる訳です。
✋特に 距離を調整しなければイケナイ場合 と 
上げる、高い球を打つ、 は非常に相性が悪く、
ミスの可能性が 転がし に比べると
10倍にも、20倍にも『確実に』なります。
意図的に上げるショット は出来るだけ回避して下さい。

 比較すると 9番アイアンよりも
 サンドウエッジやPS,アプローチウエッジは
 ボールが高くなりますから それで十分です。
 特別に何か意識する必要はありません。


これは バンカーショットも同じです。
 上げるショットと共通なのですが、
 よく見かける 上げるために 『開く』 は
 正しくはロフトを開くコト で
 (ヘッドを前に出す、ハンドファーストの反対にするコト)
 フェースを右に向けるコト とは
 (クラブを捻じる、右に向ける)
 根本的に 全然、まったく異なります  が
 多くのアマチュアは ソコを履き違えています。
 『開く』構えを造った時、
 ロフトではなく、フェースの向きを開いているだけ。


IMG_0515IMG_0517






バンカーにおいて メンタル面で重圧が高いか、どうか は
得手不得手 や 状況によって 異なると思いますが、
距離の無い、加減な必要なショット、
 しかも 高く とは言わないまでも
 ある程度の高さを取らなければいけないショット、
 ソレを砂場から行う訳で、
 いつも通りの構え、いつも通りのボールの位置、
 いつも通りの振り ですら 100%の保証はありません。
 その上で 構えも変える、ボールの位置も変える、
 なんてすれば ミスの可能性は倍々に「確実に」増えます。

本来は不要ですが…ロフトを開く をしようとしているのに
 ヘッド、フェースを右に向けている間違い があり、
いつも通りと違うボールの位置 になるのですから
打つ前 から ミスの可能性はかなり高い のは
冷静に考えれば 理解できると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさんとの一夜限りの関係(怪しい…)シリーズ
 に幾つか質問があったので お答えします。 

Q:スイングは縦振りが良いのですか、横振りが良いのですか❓
A:解答の難しい質問です。
  最終的な答えは どちらでも良い です。
  今回のお話しは 手打ち/手振りは嫌なので
  もう少し からだの回転と連動した振り にしたい
  と言う前提で、腕/手/クラブと体の回転をリンクさせるには
  回転のエネルギー、クラブの重さを活用し
  グリップを縦移動、上下変化させよう・・・
 の結果
  グリップの移動が「今までよりも」縦めに動くので
  縦振りを推奨しているようですが、決してそうではありません。
  話の趣旨は スイング軌道の変更ではなく、
  腕と体の向きの連動の術 です。
リリース の勘違い❓_Moment(3)軌道変化はその副産物に過ぎません。
Rさんの例で言うと 今までは横振りに近いのは確かですが、
あまりにフラットな振りなので、
結果、としてはアレは立ちますが
でも 平均的な 良く言われる縦振りよりはフラットなモノ
に収まると思います。

Q:寝かして振るよりも 外から引っ掻いてくる方が良いでしょうか❓
A:手で振っていた人が よりからだの回転とリンクするクラブ扱い
  に移行するには 一旦、外から掻いてくる感覚 で
◌グリップがボールの方に出ない、
◌カラダの近くを通る、
◌より縦移動、高さ変化の有るグリップ移動、

  の感覚を掴む のは 次の段階に進むには良いと思います。
  前の質問に似てしまいますが、手でフェースターンを
  インパクト間際に行うと かなりの横振り系になりますから
  ダウンスイングの時計の針の話しで言うと
  11時を12時、1時のイメージに変えると
  ⇒外から引っ掻いてくる になる訳ですが、
  グリップの縦移動が増えてくる、
  グリップが下がるようになってくる、が伴いますので
  結果、『外から』引っ掻いてくる は
     『上から』引っ掻いてくる に代わります。

  ソコが目的の一つでもあります。
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)







✋フェースターンのせいで 左サイドが止まり
 左グリップの上への抜けがない(止まる)例
腰などからだを傷めやすく
距離をセーブせざるを得なくなります。

Q:グリップの縦移動を増やすには 切り返しで
  左肩を上げる、肩を縦回転させるイメージが良いですか❓

A:そう思います。
  切り返しで 左肩を上げる は
  ダウンでの左腕の下がり、グリップの降り
 になりますし、
  肩を縦に回転させよう としても
  結果は横要素の強い、前傾通りの回転になります。
  肩を縦に回転させる感じ は
  インパクトをからだの正面で、とか
  カラダを開かないように、とか
  左肩をあげない、などの作用によって
  インパクト前後で 左サイドが止まるコトをさせず、
  最後まで、スムースに、左を向かせる為のモノ
 です。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

✋平均的なゴルフスイングのトップ の位置では
 クラブの重さは主に左腕に掛かっています。
 どの道 その左腕を下げるのであれば
 その重さは活用した方が お得 で
 グリップの方が ヘッドよりも低い位置関係であれば
 クラブ・ヘッドの重さが下に掛かる は
 左腕・左グリップが下がる & 横に逃げる(押される)
 が伴います。
 そのタイミングに重さを活用できれば
 からだの回転と左腕はリンクし易い訳です。
 逆に ヘッドの方がグリップより低くなった状態では
 その重さは 錨のように グリップ、左腕の移動を止めようとします。


ソコをどうしても 腕力で打ちたい方(Ⓡさん)は
気合で頑張ってください^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Ⓡさん には被験者として
クラブを寝かす のであれば
外から引っ掻いてくる位 寝かさずに、
 というトライをして頂きました(きっと やってる)。

このトライは 外から引っ掻いてくるコト を
 覚えて頂きたい訳 ではなく
グリップの移動は 今まで以上に縦移動、縦回転、
 高さの変化をさせるコトが肝心、
それによってグリップはよりからだの近くを通るよ、
  …そして それは ハンドターンを要らなくするよ、
 というコトを体験して頂きたい のです。

余談ではありますが
元に戻っちゃった、一晩限りの夢 だったのですね
と言いつつ、過去の画像と比較してみると
段々と寝かし具合は減っている(立ってきている!)ので
症状は改善されている?バイアグラ効果?んじゃないでしょうか
 左から古い画像です。    それも…気のせい かも?
リリース の勘違い❓_Moment【Rさん 20210604】_Moment(2)大森20211028_Moment







 
この状態、グリップがボールの方に出てしまい

クラブのターンをハンドリリースで行うのか、
◌ボディリリース
(体の向き)で行うのか

 ココの部分の違いを説明したい、と思います。

この 二つに良い悪い はありません。
ハンドリリース で行うコトの最大のデメリット は
 均一(いつも同じ、似たようなインパクト状態)を造るには
 万を超える反復練習が必要な上に、
 若者で無い私たちにとっては 筋力の中で
 最もスタミナのない腕力にそれをさせるので
 その部分をクリア出来るのであれば、なんの異論もありません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

(言葉で説明しているので分かり難いですが)ダウンスイングで
クラブを倒してしまう、寝かしてしまうと
持っている棒、シャフトに対し、
ヘッドの重心が 背後(映像で言うと左)に位置してしまうので
ヘッドが下がろうとするチカラが働きますので
IMG_0612このままでは
ネックの裏側、シャンクする部分のネック部の反対、
が ボールに当たりますので
この状態からインパクトまでに
フェース部の打点なり、重心位置が シャフトをまたがなくてはなりません。
(ヘッドが回転する必要が生まれます)

また クラブを寝かし、極端
(Rさんのよう)にヘッドの重さが
背後にかかってしまうと その重さ(背後に落ちようとするヘッドの重さ)で
打ち手は無意識ですが、グリップがボールの方に押され
下げたいグリップが下がり(れ)ません。(上がる負荷がかかります)
リリース の勘違い❓_Moment
ビックリする位 寝ていて…グリップがボールの方に出ていて 高い
これから どうやって ボールを打つのか 想像が付きませんが、、、
この状態ですと クラブの長さ と言うテコ が
右手支点、右手に支えられています。
理想的には この時点では 右手のリリース(伸ばし〜伸び)は
 ……意識的な「伸ばし」ではなく、元の長さへの復帰に近いですが
 始められていたい のですが、
クラブの重さが右手支点になってしまっており、
 この時点で 右手を伸ばすと ボールの方に出過ぎていて、
高さ(低さ)がものすごく高いグリップが  更に
ボールの方に出て、低さを生み出せません。
 ですので 右腕の伸ばしが遅れる(必然) のです。

(余談◆肪篤擦楼っかけか、スライスになる可能性はありますが、
外から引っ掻いてくる実験での球は
右腕の伸び が 時期として早く来る ので
普段、打っている球よりも 強い出球 になります。

トップの位置から ダウンスイングで
重心が シャフトをまたぐ瞬間は 打撃には絶対必要です。
もしくは ややシャット気味のトップを造っておけば
その作業は省く、もしくは最小で済む場合もあります。

2021-02-13_22-10-57_Moment(2)トップの位置からインパクトまで に
重心がヘッドをまたぐ ⇒フェースターン を
やる方法は二つ
 です。
方法が違うの と 時期が違います

この状態から 左グリップを移動させる、
主に下げるコトになるのですが、
 それをするには からだの回転が主力なのか、助力なのか は
断言出来ませんが、弱い左腕を使って 重さの掛かった
グリップをダイレクトに動かすのはかなり無理があるので
基本、からだの回転を使って 左グリップを上下に動かすコト
回転のチカラ と クラブの重さを使って
 横移動の相当する回転を 縦の動きに変える

だと思います。 それを ボディリリース と言います。
 支点が無い、支点が曖昧なフェースターンなので
 見た目には フェースターンには見えません。


リリース の勘違い❓_Moment(2)一方、ハンドリリースの場合、
その支点となるのは
左グリップになりますので
その支点が どんどん先に移動
されては ターンが出来ません。
ですので、無意識とは思いますが、
からだの回転から 左腕、左グリップを切り離し、遅らせ、
下げない を選択するコトになります。

ボディリリースの フェースターンはダウンスイングの
かなり早い段階に存在し、目で見ると
スイングの中に取り込まれてしまっているのでしていない
ようにも見えますし、
ハンドリリースに比べると その量そのものも
無い!と言えるほど 多くはありません。


一方、ハンドリリースの場合、
フェースターンをするための 前準備があり
(支点になる左グリップの別行動、単独行動)
その上で フェースターンを行うので
その時機は かなり遅く、インパクト付近です。
見た目もそうですが、量も多くなり、
下げていない グリップを
どこかの 別な動きによって 下げるので
行動も非常に複雑になりガチ、忙しい動きになります。
フェースの回転の量にも違いがありますが、
 からだの回転でそれをするのを ボディリリース
 それを手さばきで行うのを ハンドリリース と言います。

    その為の 左グリップの下げ、下がり、
    からだの回転とのリンクの為の前準備 です。 
   ……Ⓡさん この説明で良いでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前傾姿勢は何度位が良いのでしょうか❓ 
IMGA0207

こんな質問を受けることがあります。

その前傾姿勢ですが、
ドライバーが一番浅く、
ウエッジが一番深い、 というのは間違いではありませんが、
実は その角度差に大きな違い、
思っている程 角度差はありません。

と言う前提の上で
前傾姿勢は「あれば良いです。
✋無いのは困ります。。。が
 出来るだけ 少なく
 極端には 突っ立っている に近いモノで十分です。
 あれば良いだけ です。
 特に筋力、体力、スタミナに自信のない方は
 その角度は有りさえすれば良いので
 少なくすることをお薦めします。

今行っている打撃、スイングの
前傾姿勢を無理に変える必要はありませんが、
年齢を取って来て ちょっとスタミナに自信が無くなってきたら
練習の段階から 少し浅めの前傾に変えた方が
楽になると思います。

人によって体格差はありますが、
カラダの重さの配分は
頭  8〜10%
胴体 46〜50%
股関節より上)
腕  15〜16%
足  26〜30%
  です。


ですので おおまか にですが
へそから上で 全体重の65%以上ある訳です。
これに腕の長さ、クラブの重さ、
それを動かした時の不可抗力荷重が加わるのですから

前傾が深くなり過ぎると
足は運動する事よりも それを支え、動かないコト
安定することに使われてしまうので
フットワークがし難くなります。
また、これは統計的なモノで
ゴルファーによって異なるのは確かですが、
前傾が深めの人はラウンド中 より深くなる傾向があります。
現場で テークアウェイが早くなる、は
右向きが浅くなる、を示すのですが、
その原因は 疲労による前傾の深まり の可能性は否めません。

BlogPaint👉前傾姿勢 というか アドレス全般 ですが、
アドレス姿勢を取った時、
概ねのモノが 靴の上で収まる程度が良いと思います。
肩、もしくは腋の下がつま先の上 位が良いでしょうか



BlogPaintこうやって構えてしまうと
かなりの重さが 靴の上よりも
ボール寄りにある形になりますので
スイングと言う運動をするよりも
カラダを支えることに脚が使われてしまいます。
腰、骨盤が動かせず トップが浅くなる原因、手で振る原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私との関係は 一夜限りだったのね…。
 言われてみたいかも?  ・・・失言です。


真面目ないっちょ噛みサンの質問に
 お答えします。
Q: 「バルブを閉じる方向に」というのは、
よく過去のブログで出てきた
 スナップロックするというコトと同義ですか?

スナップロックは以前結構トライしたけれど
  うまくできませんでした。
本日練習場でバルブ閉じをやってみたら、
これがスナップロックだったかと感じるところがありました。
これなら、右を向いているうちに
 グリップが左側下方に進みやすいようです。

19A:なんだか 円錐形を上から見て「丸い!」
横から見て 「(二等辺)三角形だ!」
と言う会話をしているような 気がしないではありませんが、
同じ方向から見ている、と仮定して 話を進めます。

Rさんは何らかの理由で
ダウンスイングでシャフトを寝かしたがっています。
…寝かしたくないんだけど 寝てしまっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

方向で説明をすると
打ち手本人からの目線ではなく
この画像、打つ人を後方から見た角度で
(((((_Moment今 だいたい11時を指した針(クラブ)を
反時計廻り 10時.9時の方に
倒してしまっています。
バルブを閉める方に とは
その反対で
11時を指したクラブ を
12時.1時の方から 引っ掻いてくるように
入れてみて下さい…と言う話で
それ自体 スナップロックとは  ほぼ何も関係ない
 外からの引っ掻き… を実行出来たら
 スナップロックは出来ません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)
ですので 目指すべき目的地 と言う意味ではなく
 寝かし癖を消せるのか❓
 やっぱり クラブはしっかり寝かしつけたいのか❓
 寝かさないと 打撃した気になれないのか❓

そして 既に自分が体験、もしくは錯覚 したように
 外から引っ掻いてくると
クラブの重さによって グリップは下げられ、
 自分の方に近づこう
とします。

今回のこのステップの目的は
 その後半の部分の
 クラブの重さによって グリップが低くされ、
 自分の方に近づく、
 今までよりも グリップの縦移動の多い、
 スイングの『感覚』
です。

それを実行するには
 今度は打ち手からの目線になりますが、
 スロットマシンを解放する方に「右手を使う」
 のではなく
 バルブを閉める方に「右手を使う」感覚です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いつも楽しませて頂きありがとうございます。

 
Ⓡさん 一夜の夢シリーズは正に現実化した、訳ですが、
よく言葉として ゴルフ中継などで出てくる
「あっ… カラダが止まりましたね‐。」
というのは 具体的には
グリップの上がり、高さ変化が止まったコト
を指します。
無駄な、多過ぎる、する必要のない
 フェースターンをする、発生してしまう とその現象は表れます。
逆を言えば、フェースターンをするのには
 グリップの上がり、高さ変化はご法度、
インパクト前後でグリップが上がり、
高さが変わってしまっては
フェースターンするコトソノモノがとても
難しくなります。

それから導き出していくと
総じて フェースターンがスイングの基礎 となっていると
スイング全般に グリップの高さ変化の少ない
グリップ移動のフラットなスイングになり易く

フェースターンはしたいのに… 目指しているのに…
グリップの移動 上下変化の大きい、
グリップ移動のアップライトなスイングの人は
フェースターンがし辛く、スライス気味になりガチです。

Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

映像の二人を比較してみると Ⓡさんのスイングは
全般的に グリップ移動がフラットで、、、
意識する必要はありませんが、
ご本人が気にしていた「インパクトは体の正面で」
グリップのフラットな抜け、横への逃げ、
高さ変化の無し、グリップが上がらない、
がある限りは からだの回転を止めない限り
  実現はとても難しい、と思います。

今、現在 手で打たない、手を使わない、
からだの回転で、を意識しているとは思うのですが、
スイングの基礎が フェースターンする為の動き
の中で、「手を強く使わない」を実行しているに過ぎず、
スイングが変わったように見えても、
 一晩限りの間柄になってしまうのです。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

ダウンスイング〜インパクトで
グリップの高さが下がらず、
妙な形でボールの方に出てしまうのも
「フェースターン」をする為には 高さ変化が多いと
実現できないが基になっている為です。

ですので、アプローチどりる  の課題の次は
グリップの高さ変化の有る、
インパクト前後で、グリップの高さが上に抜ける、
グリップの高さ(低さ)を留めない練習をしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの性格?や特徴を表すのに
よく使われる言葉の一つに『スイングウエイト』というのが
あります。 D-1 や C-8 といったものです。
5907-0011
このような計測器で計ります。

基本的な原理はグリップエンドから14インチ(35.5センチ)
の場所を支点にして、クラブを水平に保つためにグリップエンド
側にどのくらいの重量が必要なのか 天秤で計るもので、
クラブに対するヘッドの重量はどの位なのかを計るもの
と考えるとよいかと思います。
スイングバランス と呼ばれることもあります。
002

インチ・オンス換算なのでぴったりの数値ではありませんが
長さが同じであれば ひと目盛約2gと考えてよく
 C-0 のモノに比べ D-0 のモノは
「ヘッド重量が約20g重い」と考えてよいだろう。
003

ただ、昨今 軽量グリップが多くなり、それによっても
数値は異なってくる。
これも大まかな数値ではあるが、グリップが4g軽くなると
数値は1ポイント変わってくる。
従来、一般値と言われる50g前後のグリップを
軽量の35gのグリップに代えると、スイングウエイトは
数値上、4ポイント上がることになる。
004

長さの場合は、1インチ(2.54センチ)6ポイント
ヘッド重量で言うと12〜15g分で
長さを変えて、同じスイングウエイトにする場合
長くする場合、ヘッド重量を減らし、
短くする場合は、ヘッド重量を増やす必要がある。

005


**このスイングウエイトは、
クラブを水平時に保った静止状態のバランス であって
使う人が動的に感じる「バランス」とは大きく異なる。

ヘッドの効き具合、ヘッドを感じ取れる度合いは
シャフトの硬さとの兼ね合い によるもので
同じ数値で有ったとしても、シャフトの硬いものほど
ヘッドは感じ取りにくいものである。
スウイングウエイトを数値を「幾つ」と決めてかかって
シャフトの硬さの変化を無視してしまうと
良いことは無い。
同じシャフトのR、S、X では
同じヘッド重量であっても、硬くなるほどに
ヘッドを感じ取り難くなっていくものです。
ボールを打撃しなければならない箇所、ヘッド。
そして、それには上下左右の角度が付いている訳で
その部分を感じ取ろうとするのは、打撃の本能だと思う。
ヘッドそのものが軽いのはもっての外、ではあるが、
それと同時に、動的な状態で
ヘッドが把握し難い、硬さで有る場合、
その数値にこだわらず、簡単にヘッドが感じ取れる重さまで
増量することをお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


皆さんを楽しませる為
 きっと わざとやっている と思います。
いつもいつも ありがとう、 Rさん✋✋✋

折角、やって頂いているので
それを活用させて頂き、悩み多き
 おじさんおばさんゴルファーをほんの少しでも救済しましょう。 

まずは11月の 海岸した(筈)だった… Rさん から
 

そして そのおおよそ 3週間〜4週間後がコチラ。

ほぼ 9月の状態に戻っていますね^^ さすが です。
 ⇒〇ダウンスイング比較 きっと参考になると思います - YouTube

こう、ナントと言えば良いのか
インパクトに向けて
押し込み強盗のように グリップを押し込んでいる感じ
が 非常に印象的です。

どうしても クラブを寝かしたいのか、
寝かしたときの クラブの荷重(重さの増え)が
 余韻として好きなのか、快感なのか、 は
さだかではありませんが、
上の 11月の進撃のRさん と
下の 12月のかぼちゃに戻ったRさん では
切り返し、クラブの寝かし具合、
 インパクトへのグリップの押し込み具合 が
結構、はっきりと異なっています。
大森20211028_Moment

 テークアウェイ、トップの位置を今までよりも
 やや低めにしたコトもあって
 より一層 グリップの上下の移動量、高さ変化が減り、
 手を返さないだけの 横振り 
になっています。
Ⓡさんの特徴的な動き、
ダウンスイング後半〜インパクトにかけて
右腕が伸びきるところで
グリップが急激に内に切れ込みながら下がる…
は 定番のエンターテインメント です😊

是非一度、試してみて頂きたいコトがあるのですが、
IMG_0148_MomentIMG_0148_Moment





トップの位置から、切り返し、ダウンスイング前半 が
「自分目線」打つ人本人の目線で見た時
クラブ、グリップ、シャフトを
水道やガスのバルブを 閉じる方、反時計廻り の方に
「まるで 外から引っ掻いてくるか」の方に
振って欲しいのです。

今の状態では、パチンコ、スロット、で言うと
スロットを開ける、解放する方、(時計回り)
 に右手w もしくは左手を使ってしまっています。

右手で言えば クラブを外から引っ掻くか のように使う、
それに 左手、左グリップ、左サイドが『追いつかれない』
 そういう連携が欲しいトコロ です。

ダウンで 右手を バルブを閉める方向(反時計回り)に
動かそうとすると その影響で左グリップは下がります。
逆に バルブを開ける方向に廻そうとすると
その影響で左グリップは上がる…下がれなくなります。
それが お約束の動きの始まり なのですが、
……お好みでやっている場合……もあり得るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。

L型ブリストルパターのコースデビューしましたので
報告いたします。

010

店長さんの言われる通り、
とてもインチキな代物😃で
今まで数十本のパターを買い替えてきたのは
いったいなんだったのか…と思います。

ブログに書かれていたことが気になったので
ボールの転がりを集中して観察してみました。

今まで気にしてみたことが無かったのですが、
同伴プレイヤーが、某T社、某C社のパターを
使っていましたが、それに比べると少ないように見えます。
転がり、、、と言うよりも滑っているようにも見えます。
008

非常に特徴的なのが その某T、C社のパターを
使っている転がり、初動の転がりはとても速いですが、
途中から急に減速しており、
肝心なカップ近くに行くと曲がりが激しくなる感じ。

それに比べると、L型ブリストルパター
初動の転がりは遅いですが、
その速さが殆ど変わらず カップ際の曲がりに大変強く
薄いライン取りになるようです。

明らかに球質が違います。

良く転がるので 下りは怖いのかな?と思いましたが
それも全く杞憂に終わり、薄いライン取りをする
勇気を試される一日でした。

グリーン周りの多少のラフであれば問題なく使え
アプローチにもとても便利です。
009

L型ブリストルパターを使うと
長い距離のパッティングでも小さなストロークで済み、
それに比べ、同伴プレイヤーはストロークがとても大きく、
10mを超すような距離になると
いったいどこまで打つのか心配してしまうほどです。
仰る通り ストロークの小ささというのは安定感、
特に中長距離レンジでハッキリと差が出る気がします。

技術的には具体例を挙げられませんが、
距離感とはこういうものなのか 
 初めての感覚です。

こんなにもパターで変わってしまうとは。。。(*_*;
衝撃的な体験です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:最近、ゴルフを始めました。
 パワーに自信はあまりありませんが、
 マッスルバックは使えるでしょうか❓



店主:ゴルフの世界へようこそ
820_13

 世に信じられている
 マッスルバックの方が 重心が高い(高重心
   ✋重量の中心点の位置が高く、
    ボールが上がる作用が働き難い
ボールが上がり難い
 マッスルバック「の方が」重心が高い、 というのは
 機種にもよりますが、 真っ赤な嘘 です。

 思っているよりも重心はたかくありません

 ただし、マッスルバックは総じて 寝ているロフト構成
 キャビティの飛距離重視アイアンでは
 7番で24度…はやり過ぎ としても
 7番は30度より立っているモノも沢山ありますが、
 マッスルバックは 7番 36〜38度 と
 単純に、ロフトだけで言えば 二番手分位寝ています。

 本来のゴルフクラブの使い方 からすれば
 インパクト時の、スイング時の ロフトの立て は
 ヘッドの重みとシャフトの柔らかさ で 作り出される
のですが
 元々のヘッド重量は軽めの上、重心距離も短く、より重量効果は薄く、
 その上、マッスルバックを使う人が 柔らかいシャフト
 柔らかめのシャフト の真逆、硬め、
 超オーバースペックを選ぶ傾向が強く、
 クラブの機能ではなく 「打ち手の技術」によって
 ロフトを立てて打つ必要性が高く
なります。

 ソコが出来ないとなると
 マッスルバックは ただ
ポッコーンと上がるだけのアイアン
 になってしまう可能性があり、
 自分の技術によって ロフトを立てられないとなると
 そこは スピードで誤魔化すしかない と言う意味合いでの
 パワーだと思います。

IMG_0504

 一方、ロフトを立てる とは逆の 矛盾する理由ですが、
 
マッスルバック が 使われる、
 そして、概ね パワーのある人向け の傾向が強くなるのは
 マッスルバック〜キャビティの バックフェイスの構造ではなく、
 それに伴う ソール部の厚み(奥行き)、形状が理由
です。

 キャビティバックアイアンに比べると
 造りとヘッド重量の関係から マッスルバック形状のアイアンは
 ソールが薄くなります。(アイアンそのものの厚みがない)
IMG_0727

 キャビティのアイアンでは ソールに厚み、奥行きがありますので
 下手に ロフトを寝かして入れてくると
 ヘッドが地面と接触、ソールが尻もちを付いてしまい
 上手く当たりませんが、
 (逆に 少しの寝かしは ソールによって補正されます✋)
 ソールの薄いマッスルバックは その邪魔する部分が少ないが故に
 ロフトを寝かしたまま、でも ボールを打つコトが可能 で
👉ロフトを寝かしたまま 打てば
 ショットで言えば ロブショットのようになって飛ばないか、
👉やり(開き)過ぎであれば 上がらず 抜けたような球 に
 なるのですが、
 パワー、スピードがあれば そんな球でも前に進めます


 マッスルバックとパワーの関係は
  その部分が少なくない、むしろ殆どのような気がします。
 悪い言い方をすれば 良くない使い方もパワーで解決できる、です。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)
 現代のゴルフクラブ事情から
 「ドライバーの飛距離」を無視出来ませんから
 そのドライバーの飛距離性能を引き出す為、にも
 そういう アイアンの振り方は お薦めできません。

 キャビティ… ソールの奥行きの有るモノ を
 自分に適切な『シャフトの柔らかさ』で使い、
 ドライバーの特性を引き出し、
 ドライバー、アイアン、相互に上手く打てるコト
 そちらを重視した方が 賢い ような 気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


なんとなく…ではありますが、
ソコソコ長いゴルフ歴 5年とか、10年とか、
私の年齢になってくると 20年越えなんて言うのも
少なくありません。

昔取った杵柄がアンマリ効かないことも多々あったり、しますが
長いゴルフ歴の中で どこかで アウトサイドインはダメ、
インサイドアウトにするんだ、
と言う体験やトライした記憶が
だいたいの人にはあるんじゃないか、と思います。

しかし、ちょっと待ってください
あくまでも理想論 ですが、
右向きから左向き、そのからだの向き通り クラブを移動させれば
本来、円軌道になるのですから インサイドイン
飛球線を基準にすると アバウトですが、ボールより離れた
自分の方側から入って来て、やはり
自分の方側に抜けていくのが正解 な気がするのですが、
インサイドイン と言う言葉は ゴルフにおいて
あまり耳にする事はありません。
 有ったとしても 良いモノ と言われはしない気がします。
(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(4)






スライスするのは 外から入ってきているからだ…
もっとインサイドいから入れたい
…などと、
 ヘッドの通る軌道ばかり を考える
結果として、からだを止めて それを造る、操作することの出来る
手振りに行き着いてしまう気がものすご〜くします。
 
カラダの向き通りにクラブを動かせば 👉インサイドイン
インパクト以降、
  遠心力でその軌道がやや膨らむからインサイドアウト

  が正解だったとしても
いま そのインサイドから入れて来れない 理由 は
 カラダの向き通りで『動かせていない のが前提なのに
単に 軌道、ヘッドの道のりを変えようとしたら
 そりゃ 手でソレを造るしか他に方法はないですよねー。
これは 最前線で活躍するトーナメントプロにもよく見られます。

スライスしているのは 単に
 ヘッドが軌道に対し、開いているからで あって
 軌道を インサイドから に変えたとしても
 肝心の、ヘッドの開きが同じなら
 出る方向が変わるだけ です。
まして スライスの問題(飛距離が望めない)は
 ヘッド(フェース)の開き よりも それに付いて回る
(イコールではないですけど 非常に親和性は高いです)
 ロフトの開き の方なのですから
 二重、三重の意味で問題は解決しません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

そう考えると インサイド って言うのは
円の内側(円のなか側)、
半径の小さくなった弧 と考えた方が
からだの回転と伴い易いですし、
同時に フェースの開きなどの問題も解決し易いと思います。

円のなか側さん、内側さん です✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイングは足で。。。や
左サイドのリードだ。。。
タメを作れ。。。
クラブを寝かすな。。。 など
どれをしたら良いのか、迷ってしまう
そんなスイング用語が使われたりしますが、
ダウンスイング、切り返しで
 ツーモーション
‖、下半身が動く
そして 腕が動く (…肩が廻る、のかも?)

 は出来るだけ避けたいトコロ です。

多くの方が このモーションを刷り込んでしまっている
ように思えます、ので
『先に』左腕(上腕)を下げる、グリップを低くする、
そんな感覚で無いと ツーモーションは抹消出来ないかも知れません。

ですので 切り返しは
左肩を上げる、から始めてみて下さい。
実際にやってみると
左肩はそう簡単に上がりません。
肩の回転、からだの回転を 横 ではなく
縦 にするような感覚でも良いかも知れません。
縦 に回転するような気持で行っても
実際はそうなりません、から。

からだの回転と左腕の下がり
 これをほぼ同時、に行うには
✋意識的には 左腕の下がり の方が先!
おそらく この意識がとても有効と思います。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

今まで 左足の踏み出し、踏み込みが先。。。
 だったかも知れませんが、
それも 左肩の動きを優先させてください。
 その左足の踏み込みが からだの回転先行 を
 促してしまっています。
足の動き、踏み込み は 左肩の動き に合わせて
 補助的に行う位のつもりで良いと思います。

実際にやってみると
 インパクトのタイミング
 インパクトまでの間合い が随分早く
なり
タイミングやリズムが取り辛いかも知れません。
そこは慣れて頂くしかありません。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(2)

折角作った シャットを有効に利用するには
早いインパクト時期はとても良いと思います。

👆👆 この映像でも もっと回ってしまっていれば
この位置がインパクトになっている筈 です。
ココから先に インパクト(モーション)がある が
 いろいろな複雑な問題を生み出します。

トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

テークアウェイにおいて
シャットを作る感覚はとても良いと思います。
ダウンスイング、そしてインパクトで
 そのシャットを維持するのには
そのスイングの続き、には 上もある のです。

どこかの記事で ダウンスイングでグリップを下げる、
もしくは 切り返しでまず、左肩を上げる、 をすると
その続きには グリップを上げるに代わる
インパクト以降、スイングには上行き が残っています。
自分では下げていたつもりが 時間とともに
それは 上げる に代わります。

◌左サイドを止めてしまう
◌カラダを止めてしまう
◌フェースターンをしてしまう

 スイングの特徴に グリップの止まり があります。
✋グリップを移動させ続けるコトが
 カラダと腕の同調、同期につながって行きます。
 特に その移動 にとって
 グリップの上下、高さ、の止まりは天敵です。
 
気持ちは分かるのですが…
 フックやスライス に困っている人は
 その グリップの高さ移動の止まりも その原因の一つ です。
((アプローチどりる_Moment

 この場合、シャットは 上に向かっても
 続けていく意識の必要があり、
 それは ヘッドを上に‼ では上手く行きません。
 グリップを上、(斜め上)に‼ というコトになります。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






 ですので ちょっとオーバーではありますが、
 両手に 🉀などを持った シャドースイングにおいて
 トップで やや右が上気味で 下を向けていた本が
 (表紙を下に向けておく?)
 (表紙は常時、外に向けておく)
 フォロー、フィニッシュでは前を向く、ような
 左腕、左グリップの上りが必要です。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)2021-12-06_22-21-54_Moment(5)










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ