◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年08月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長崎支部長の フェースターンの名残 は
アマチュアレベルであれば 気にする必要の無い程度…ですが、
(フェースターンをしよう!としているのではなく
 リリースのタイミングがやや早いだけ…)
こちら Kさん、Rさんの場合、
今すぐ、ではありませんが、ゆくゆく減らした方が
いろいろと向上すると思います。

🔴Kさんのフルショット…に関しては 今の状態、であっても
以前よりはかなり良くなっています から
直ぐに大幅な改善 と言う訳でなく
意識だけして 徐々に、徐々に、いつの間にか、と言う感じです。


多くのアマチュアゴルファーを見ていて
一番強く感じる点が
 ある程度、強く❓ 速く❓振るショットは良いのですが、
 それが アプローチショットにつながっていかない、
 フルショットのボールさばきが
 アプローチのボールさばきとして適切でないコト
 です。 
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






フェースターンが含まれるショットの場合、
そのフェースターンそのもの によって
インパクト時、ボールと衝突する時の
 ロフトやフェースの向き、ヘッドの高さ が不安定です。
加えて フェースターンをするのに
 一次動作として、先に体の向きを変え、
 そのからだの向きの変更(左サイド)を止め
 その反動で 腕やクラブを振る という二次動作 が必要で、
 二次動作は一次動作よりも 一層の加速が入りますから、
 運動のスピードが複数あり、距離感と馴染みません。
 二重の意味で 距離感を形成するのは困難、
 平均的なアマチュアがアプローチに苦労する決定的な理由
です。


アプローチだけでなく
 インパクト、ボールさばき において
 左サイドが止まってしまい
 手でクラブを振ってしまう…
 無意識な、条件反射になってしまっているような状態を
 改善する方法〜意識があります。

また 意識はしていないですが、
 インパクト付近で左サイドを止め
 無意識なフェースターンをする為のダウンスイングの手順や
 それをするための トップ、切り返し、テークアウェイ
 それらをひっくるめて 改善する方法〜意識があります。

からだの回転、からだの回転 と言われ続けていますが、
それを意識して無理やり行う のではなく
からだの回転をしないと打つコトが出来ないのが正解です。
それにつながっていく 決定打 に成り得るを思います。


 参考にして下さい (続きます)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、絶好調? と言う風の噂も聞きますが、
更なる向上を目指して…と言う点で、何点か…。


➀おそらく フットワークを気にして そうなった…
 というコトだと思いますので、
 気のせい、今は仕方ない、でしたら無視してください。

 フットワークを使おう、足を使おう
 と言う意識からか アドレス時に、以前よりも
 膝の曲がり、足首の曲がりが深くなり、
 それによって 少し体が起き気味で
 グリップが自分に近くなった気がします。
 (グリップの位置を変えろ と言う意味ではありません)

 前傾姿勢も、ひざの曲がりも「有れば良い」ので
 出来るだけ少なく取った方が『楽』です。

 また、別件ではありますが、
 出来るだけ少なく曲げる…… 曲げる というよりも
 曲がり始め、 真っ直ぐではないだけ位 が適当で 
 ひざの曲がり は 足首の曲がり と同期させる、
 足首も少し、ほんの少しだけ 曲げる、
 どちらかと言うと 前に倒れる〜前傾姿勢のヘルプ ではなく
 その場に沈む の方が膝や足首の用途としては良いと思います。
 (ほんと ほんの少しでいいのですが)
 
➁ ➀の課題はおまけ と言うか、おそらく
 フットワークのドリルが終われば 自然に修正される と思いますが
 コチラは かなり前からの ご本人も気にされている課題
 かと思います。
 
 スイングの中に フェースターンの名残があり
 インパクト付近〜以後 で左グリップの滞りが見えます。
 インパクト、インパクト以降の
 クラブや腕の慣性をフリーにするリリースは
 全く問題がないのですが、
 そのリリースが少しだけ早いと思います。

 コレによって 何が起こるか というと
 まず 一つは腰痛です。
 腰の回転の 後 で 肩を廻しますので
 左側帯が伸び、右側帯が縮んだ状態が長く続き
 右腰回りに負担がかかる可能性があります。

 また 激しいフェースローテーションは
 
茲里劼個 の原因になります。
 伸ばそうとする右腕に対し、止めようとする左腕、
 左ひじを支点に腕がロールするコトで起こる訳…ですが、
 フェースローテーションの激しい打法は
 安定し難いですので…練習量、頻度が必要です。
◔練習量、頻度を減らして 安静にするか、
◔落ちていく腕力を考慮して、フェースローテーションを辞めるか、

 早い段階での決断が必要です。



 ほんの少し…ですが、
 無意識なローテーションが早めに入っているため
 ダウンスイングの弧が 下に膨らみ
 想定よりも 薄い(ユルイ)入射角度になり、
 打ち出しは取れますが、スピン量が確保し難くなります。
 👉フェアウェイウッドなどに影響が出ます。
 ヘッドスピードのある若い時には問題が表に出にくいですが、
 加齢や疲れなどが出てくると 球の浮き、高さが落ち
 飛距離が落ちやすく、ボールも止まりません。

 また、入射が想定よりも緩くなりますので
 アプローチなどで噛み易くなり、
 ライの影響を受け易くなります。
 ショットがほんの少し微妙にショート気味になり
 パッティングに負担を掛けやすくなります。
👉実は日本のプロが海外に行くと悩む
 一番のテーマ、と言っても過言ではありません。


 欲しくないフェースターンを解決する方法がありますので…
 是非 トライして頂きたい✋
  ・・・・続きます
(ちょっと前置き入れますけど)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


若くて力のある時、スピードのある時は
ボールが高すぎたり、スピンが多過ぎて飛距離が喰われる…だったのですが、
疲れたり、年齢を重ねてくると
 すくい打ちは 逆にボールの浮かない 問題に直面します。

その問題の修正にトライ…してみました。

この場合もそう…なのですが、
問題は技術的な部分 ではなく、
打ち方、打撃、振り方は「こうなんだろう…」と言う思い込み、
イメージのミスが大半です。

➀スイングは円軌道です。
 その円軌道はカラダが向きを変えるから で、
 『クラブ腕さばき』は円に関与しません。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment
 スイングはクラブを円に動かす、円に振る のではなく
 クラブを持った自分が向きを変える から
 円になるのです。

👉ですので 修正する場合は、
 クラブは動かさない、クラブと自分の相対関係は固定
 で からだの向きを変える です。

➁地面にあるボールを『さらう』感覚を身に付ける
 例えば ボールを赤道で二つに切っておく とします。
 多くの方は 下のボール半分 を打とうとします。
 正解は
『下半分のボールにティーアップされた 上半分のボールをさらう』
 感覚です。 
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

変な例え ですが、遠隔地で 遺跡などが発見され
それを研究所に持って帰り 調べたいのですが、
輸送機(飛行機)が着陸する場所が確保できないので、
網やひもで縛り フックをかけ、
そのフックを 同じく飛行機から垂らしたフックで
引っかけても 持ち去る・・・・ そんな感覚に近いです。

 下に向けて置いた、下向きのフェースを固定したまま
 からだの向きを変える。
 腕の仕事は からだの回転に「付いていくコト」と
 「フェースの下向き気味を維持し続けるコト」です。


フェースローテーションの多いスイングやすくい打ち、
しゃくり打ち、あおり打ち の方は
カラダが開くのを恐れて か 左向きが苦手です。
 (同時に 左への体重移動も苦手✋ それも解決します)
当り前、と言えば当たり前 ですが、
左向きを強くすると ヘッドが返せない、
ヘッドがグリップを追い抜けない から なのですが、
左向き イコール ヘッドの返し になるのですから
それを辞めないと、その手さばきを辞めないと
左向きは生まれてきません。
 その切り替える勇気は必要です。

インパクトポイントが15〜20cm位ズレてくれれば
良いだけで 全く全部を無くす必要はなく
打ってから 行えば良いだけ とも言えます。

(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(2)

また Rさんの時もそうですが、
ここでも 切り返し以降の
『からだの回転に対する左腕の付き』が出てきます。
基本、インパクトでフェースを返すとか、
何かの手作業の意識があると 左腕は付いていきません。
マッチポンプ ですが、作業をするために 溜まる のです。
円は回転に任せ、腕の仕事は下向き気味のキープ
 と言う意識は『からだの回転に対する左腕の付き』には
必須と言えるかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長崎通信:SWです。

アドレスは ほぼ 左脚体重にして、

あまり体重移動せず バックスイングしていますので、左脚体重のまま です。

切り返しは 左脚体重なので 左脚軸で 左回転しています。

切り返し後 腕は全く動かさないつもりです。

プロショットを味わう事が出来る様に感じます。

コースでの アプローチに使えます。

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
✋腕は全く動かさないつもり とありますが、
 クラブや腕の重さ に対し
 本当に動かさない〜その場に残しておくと
 最終的には 手で振らなければならなくなります。

「からだの回転に左腕が付いていく(遅れない)」
その感覚が習慣化しているので そのフィーリングは本当なのですが、
Rさんのように からだの回転に対し、本当に残してしまっている場合
『左腕を先行して動かす
(落とす)』位の意識が必要だと思います。

最終的には 左腕の単独の動き は
イコール からだの回転になっていきます ので
カラダの向きが変わることによって 行くであろう場所に
先行して 左腕を動かしてみましょう。

【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment✋トップの位置、クラブの姿勢にもよりますが、
左腕を動かすのは 慣れていないと簡単ではない、ので
クラブの重さで 下に落ちる、下に落とす
 を活用しましょう。




ヘッドの自然な遅れ を ロフトの立ち
 フェースの下向き、ロフトを円の外に向ける は
グリップとヘッドの縦関係が必要 です。

グリップの真上にヘッドがある と言う意味ではありませんが、
相対関係で ヘッドがに上にあり、
それよりも低い位置にグリップがあるので
クラブの重さによって グリップが押される…
 からだの回転に対し 横遅れが消せる のです。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
どの位 とは言い辛い ですが、
いろいろな ヘッドとグリップの相関関係を作ってみると
その境目は感じてくると思います。

ですので 素振りで 先にクラブの重さでグリップを落とす…
自分にぶつからないタイミングで左を向く
と言う素振りはかなり有効だと思います。

今更 ではありますが、
ボールがつかまる 〜プロショット
ボールをつぶす、上から打つ は
ヘッドの軌道に対するロフト の問題で
よく言われる フェースが開く、閉じる 右向き、左向き
 の横の問題 とは一線を画します。
フックボール、ドローボールとつかまった球はイコールではなく
つかまらない ドローボールもあれば
つかまる スライスボールも存在します。
つながりが全く無いとは言えませんが 基本、違うモノ です。
✋ソコが曖昧になっていると
Rさんのように 開いたフェースを閉じるため 開く
  →閉じるために クラブを寝かして フェースを開く

という マッチポンプに陥りガチ ですので 注意が必要です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 

長崎支部長;切り返し時腕は「縦」

自由落下で切り返しいますので、切り返し時の反動はありません。

切り返しのトリガーは もの凄く ある意味 視線で切り返しているとも言えます。
ボールの見方を変えて切り返しています。


からだの回転、からだの向きの変更は
前傾姿勢(股関節部の大腿骨と骨盤の角度差)があるとは言え
横への運動(移動)です。

腕の付け根(肩)部もそれに伴い
横に移動し、軸運動になるので
最終的には 半円を描くように移動しますが、
腕自身(グリップ)を 横移動主体にしてしまうと
クラブの重さ、腕の重さがそのまま 遅れ になり
スイング、そして クラブの構造上、
その遅れは そのまんま ロフト&フェースの「開き」に
なってしまいますから  当たらないか、
当たっても 右に飛び出る 右回転の球、
度合いにもよりますが、ひどくなると
 上がらない緩い球(抜けた、くぐったような球)になります。

ですので 腕の移動を横移動主体にしてしまうと、
からだの回転の終わり か、減速、中断によって
からだの回転を後からなぞるように 腕を振らなくては
まとも「に見える」球を打つコトが出来ません。
これが のちのち 手打ちに定着していく「始まり」と思われます。

横移動、縦移動を別な言い方にすると
傾きの有る からだの回転 を基準にすると
その軌道よりも アップライトな軌道で腕、グリップを動かさないと
カラダの回転の後に 手を振らざるを得なくなります。
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment

シンプル化していくには 『その腕、グリップの移動の
原動力はからだの回転』
にさせましょう。
腕そのものでやらない とは言いませんが、
 それはあくまでも補助と考えて良いと思います。
✋グリップの移動の原動力をからだの回転にするには
 クラブの重さでグリップを下に「落とさない」と
 出来ないかも❓
グリップを横移動させようとすると
 重さを支える と言う不必要な動作(無意識)が入るので
 どうしても 移動自体が取り残されてしまうような気がします。

手で振りたくないのに…
手打ちしたくないのに…
フェースターンなんかしたくないのに…
  でも 結果、手で振ってしまう、フェースターンしてしまう
のからくりはこんなトコロにもあると思います。


素振りやゆったり振れるショット で
トップの位置、切り返しから
 まずは クラブの重さで腕、グリップを落としてみる✋
そうすると
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentトップの位置のクラブ位置、クラブ姿勢 も
自ずと決まってくると思います。


出来るだけ 近道で、楽にインパクトに入れる
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)そういう『重さのかかり方』が出来る位置は
許容範囲はありますが、だいたい決まっています。

グリップ、腕の落ち具合に合わせて
 からだの向きを変えてみる 位の感じで良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ