◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年08月



一般的に グリップ、握り方の種類…と言えば
インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール
(10フィンガー)
 インターメッシュ などの
 「左手と右手の絡み方」
スクエア、フック、ウイーク などの
 「手のひら、甲の向き」
 分類されると思うのですが、

フィンガー 指側
 セミフィンガー 中間
 パーム 手のひら側

左手が中心 になりますが、
この『どの位置で握るのか』
 かなり密接にアドレス姿勢と関係してきます。

通常、からだの向きの変更 とは別に
 腕やクラブを振るスイングである場合、
 クラブがすっ飛ばないように強く握り ますので
 左手の パーム と フックグリップ が主流になり、
その左手の握り。。。だと 右手の入るトコロが確保出来ず
 どうしても 両手、左右の手が離れ気味になります。
👉グリップを握るのに 長い区間が必要になります。
failgrip
左手、右手のグリップが上下に離れるほど
当り前、ではありますが、アドレスでは
右肩が下がるか、前に出ることになり、
アドレスでからだが 立体的にねじれた状況になり易く、
加えて クラブがすっ飛ばないように強く「左手」を
握るためのモノなので、疲労、握力の低下 などによって
ラウンド中に左手の握り方、握り具合の変化が激しく、
それに伴い アドレス姿勢も変わります。
IMG_0706_MomentIMG_0706_Moment(3)






両手が「離れ気味」なグリップを改善する場合、
グリップ、握りの形 を変えても
クラブの扱い、からだの向きに対するクラブの振り
が変わらない限り、数球と持たず 握りが元に戻るか、
強く クラブがホールド出来ない 為、
緩く振るか のどちらかになってしまい、
改善 としては 体に刷り込まれません。

ですので クラブを振らない、からだの向きでクラブを動かす
と 形としてのグリップの変更を同時進行で「変えていく」
ようにしないと、いきなりグリップが変わるコト、
 それが直ぐに馴染むことはありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ゴルフスイングは グリップに始まり、グリップに終わる』
とも言われています。
(グリップ●

どうグリップするか、どう握るか は

ショットをする時の アドレスに直結してきます。
どの向きで、どの位置にボールを置くのか、
アドレス は ショットの是非を握る大切なモノ です。

グリップを考える時に 注意する点は
➀そのグリップによって
 どんなアドレスになるのか❓
➁ラウンド中に疲労、握力低下によって
 それが変わって(緩んで)しまい易いか❓
  →アドレスの変化につながります


どちらも アドレス、どの向きで
 どこにボールを置いて打つのか に
 直結して来ますので その点に着眼して下さい。

IMG_1064


おそらく…ですが、
初めてゴルフクラブに接する人や
まだ、慣れていない人 にとっては
ゴルフクラブの握り方、グリップが一番違和感あるのではないか
馴染みにくいのではないか と思います。

と、同時に あとあと
グリップを変える というのは とても大変です。


重要な点は
 グリップは左手の握り …です。


初めてクラブを握る、スイングを覚える、
 その段階において、イメージとして
✋クラブの扱いを 『長さ』を主とするのか、
    それとも 『重さ』を主にするのか、

スイングを覚える、ショットに慣れていく
 その段階において 実務として
✋からだに対し 腕やクラブを振ってショットするのか
 カラダ、そのものを動かしてショットするのか
これによって グリップは決まってくる
 と言ってよいでしょう。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

からだの回転通り、からだゴト向きを変える
 というコトであれば
 握力が弱く、スイング中に負荷として強くかかる左手
 であっても そう強く握る必要は生まれませんが、
先に重さのある『長い棒』として
 からだに対し、腕やクラブを振る、というコトになれば
 握力の弱い 左手 は出来るだけ強く、
 出来るだけ 接触面積を取って握らないと、
 スイング中、クラブが飛びそうになります。

この時点で 左手はパーム、フックグリップ は
 確定するのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手前みそではありますが、
弊社の『ピン型デール9』
『進化版L型ブリストルパター』
使ってみたことのない人には
全く理解が出来ないし、実感も出来ないことですが
パッティングストロークというのは
つかってきた、もしくは使っているパターによって
決定付けられてしまうものです。

一般的な市販の
 軽いヘッドの硬いシャフトのパターでは
パッティングをするのに『強く弾いて打つ』必要があります。

単純に「飛ばないから」です。
     …宙を飛ぶではなく、距離が出ない の意味

パターそのものにボールを遠くに飛ばす
遠くに移動させるチカラ がないので
打ち手の強く打つ、もしくは速く振る
というのが 必須条件になってしまい、
それしか 知らない のですから
それが一般的なパターストロークとなっていきます。
IMG_1389


ですので 「パッティングの転がり」 の言う言葉
を ボールの回転・回転数 に結びつけてしまう
とても滑稽な道に進んでしまうのです。

言葉遊びになりますが、
パッティングにおいて
ボールの転がり とは ボールの移動 を示し
球体が面を移動するので、
結果としてボールが回転するだけで
ボールの回転は 状態や環境であって
目的ではありません。

その距離を打つのに 適切なボールの速度があり
そのボールの速度に対し 適切なボールの回転 
が存在するに過ぎず、
ボールの速度に対しての 「適切な」回転を無視し
ボールをより回転させることをパッティングと思い込んでしまうと
本末転倒も甚だしいと思います。


パッティングだけでなく、ショットもそうですが
ストロークやショットの基本は
ボールを横(水平)移動させること です。
横移動させることによってゲームを進めていくのです。

ですので 横移動させることを主眼に置くか
ボールを回転させることに主眼を置くか
では 打ち方やイメージも大きく異なってきます。
IMG_1369


ロフトとは
 そのヘッドの移動してきた道のりの対しての
 フェース面の角度差 と
 その軌道そのものの角度 の
合成されたものです。


例えば ロフト角度0度、垂直のロフトであれば
正しく振れば 浮力
(縦)スピン量はゼロに近いでしょう。
しかし、それを振り子に振ると
正しく振るよりも 必ず円弧は小さくなり
入射角度が激しく変わるので
 より色々な種類の浮力スピン量が生まてしまいます。
 スピン量の幅が広くなってしまうのです。

これでは ボールの移動距離が安定しません。
ですので 距離感も身に付きにくくなります。

ミスショットは兎も角、どのロフト作用で打つか確定しない方法は
ショットの本来の目的 横移動距離が把握し難いので
ゴルフの向上、コースの攻略にはとてもマイナスです。
010

ですので パターを上手くなって行くのは
ボールを弾いてあげ ボールの回転を増やしてあげる
ことではなく
打ちたい方向に ボールを押してあげること
そして それが可能な道具を使うこと
というのが一番簡単な上達方法
一番簡単なストロークの習得方法 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック












    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでは『飛んだ』方がうれしいのはウソではありません。
しかし ゲームとしては飛ばすのもゴルフですが、
同時に飛ばさないのもゴルフです。

練習過程等を除けば
40ヤードを打ちたい場面で
上手く打てたからといって70ヤード飛んでしまうのも
問題です。

自分の打ちたい距離、望んだ距離を
出来るだけ毎回打てる、出来るだけ繰り返せる
そういうストロークやショット(スイング)が
ゴルフでは一番有効なゲーム戦略になります。

それを土台に
体力に依存せず、体を痛めないという上で
飛距離の底上げを狙いたいものです

そう言う基本的な考え方の上で
パッティングストロークはショットの基礎になります。


パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


パッティングもショットも
思いの方向に打つ も大事ではありますが、
思いの距離を打つ を最優先に考えてみて下さい。

その上では 
小さなストローク、
ゆっくりしたストローク 
十分な距離が打ててしまう
『ピン型 デール9』 ヘッド重量 520g
『進化版L型ブリストルパター』 ヘッド重量 480g

最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。

IMG_1365

一般的なパターヘッドの重量は300g強…
デール9で1.7倍、 ブリストルで1.6倍、
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度 と パターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1366





写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





✋この弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
 インパクトロフトも一定し辛く
 距離感を掴みにくい、だけでなく
 芝目や傾斜に影響を受け易い『転がり』になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
  販売開始 随時出荷致します。



ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1362

L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。

520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。

IMG_1366

このヘッド重量 520g は ストロークの始動がお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋
IMG_1365

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。


パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。
IMG_1363

ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1359

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングを行う際、
 多くの人は 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す
という 自分/打ち手の目線から
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトに重きを置いているように 感じます。
IMG_1359
勿論 それも悪いコト ではありませんが、
ゴルフクラブは パターだけでなく
ロフト角度とライ角度 そして 動く軌跡、道
によって 打撃配分が構成されています。

真っ直ぐ引き、真っ直ぐ出す の真意は
 思った『方向』にボールを出したい のだと思います。
その気持ちは尊重しますが、
 真っ直ぐ出せる 立体的構成も考えるべきですし、
 真っ直ぐ出せても 距離が合わない や
 当たりが安定しないでは 本末転倒 です。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(2)






((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(4)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(3)






立体的な フェース面は ロフト角度とライ角度
 そして その振り具合(軌道)で構成されるため、
ヘッド自体を回転させなくとも ロフト面が強く上を向けば
 右打ちの人であれば フェースは左を向き
ロフト面が強く、下を向けば フェースは右を向きます。

自分からの見た目で ヘッドが概ね真っ直ぐ動いていても
その弧が上下方向(この場合は下方向)に膨らんでいる場合
ヘッドを回転させている のと大差はありません。

自分の見た目で 『ヘッドを』真っ直ぐ動かす意識よりも
上下方向、地面に対し、平行と言う訳には行きませんが、
出来る限り 直線、 出来る限り曲線を描かせないように
やや上から下への…地面と平行に近いような直線で動かす
そういう意味での 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
を お薦めします。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(6)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(5)





((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(7)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(8)




自分の見た目では ヘッドが真っ直ぐ動く
でも ヘッドの高さ変化も激しく、
ロフト変化も激しいと 見ての通り
  実質のフェースの向きの変化も大きいですし、
ボールとのコンタクトの仕方、当たり具合、
インパクト時のロフト、ロフト効果もまちまちになり易く
正しい意味での ヘッドの真っ直ぐ(直線で)動かすのに比べると
デメリットばかりで メリットが殆どありません。

ショットの場合、ヘッドの移動が膨らむ、曲線になるのは
からだの向きを変えるから…です。
パッティングストロークの場合、
余程の距離でない限り、からだの向きは変りませんから、
完全なる直線とは言わずとも、
 出来るだけ 膨らまさない方が いろいろ良いことが増えます。


パッティングストロークはスコアの直結します。
とともに スコアの大半を占めます。
その一打、そのパットが入らずとも
 安定したパッティングが出来るか、そうでないか
の差は ココが反映すると言っても過言ではありません。


真っ直ぐ動かす の意味を履き間違えないように✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

試したコトの無い人には理解出来ない…
 のかも知れませんが、
一般的な市販品パターのヘッド重量は 
300g強
👉L型改良版ブリストルで 
470g
👉ピン型『デール9』で 520g
 単純な重さで言うと 1.6~1.7倍あります。
IMG_1362

パッティングに限りませんが、
スイングの、ショットの イヤな部分は
アドレスの静から動に移る 動き出しの部分
特に パッティングの場合、
この1mのパットを入れれば ハーフ50を切る とか、
初の100切り や ベストスコア更新、念願のバーディなど
決して不可能でない「小さな幸せ」が
 本当に目の前に待っています。
 期待半分、残念半分、精神的に圧が高くなるので
より一層、その動き出しの部分がし難くなります。

常識的に考えると 1.6倍、1.7倍重たいヘッドの方が
動き出しが、「重い」が故にし難く思える。。。のですが、
試したコトの無い人には理解出来ない…のかも知れませんが
👉👉👉実際には その真逆で、
    重いヘッド使用 の経験がある人ほど
    軽いヘッドは 圧倒的に動き出しが難しい のです。
IMG_1385
パットだけに限りませんが、
やはり グリップを動かす事が、結果、ヘッドの動きになる
というコトだと思うのですが、

軽いヘッドだと グリップを動かすのが難しいのか、
どうやっても スムースが動き出しが出来ません。
…正直、イップスになりそうです。

真っ直ぐ引く…コトが正しいとは言えませんが、
グリップを動かす事がヘッドを動かす ではなく
ヘッド単体を動かそうとすると
 どうしても 思い描いているラインや方向に
 ヘッドが動きません。
 外に膨らむように動いてしまったり、
 想定以上に フェースが開いてしまったり…
スムースに 違和感なく ヘッドを動かす というコトは
行き着くところ グリップを動かすコト なんだと思います。

その点で ヘッド重量のしっかりしているモノは
 ものすごく安心して 動き出し が取れます。

  ヘッドが重いので グリップが動かし易い…でしょうか…。
IMG_1370


パターイップス…嫌な言葉ですが、
この典型は 実はグリップが動かせないコト、
 ヘッドを動かすために ヘッド単体を動かそうとすると
 前述のように 変な方向や姿勢になり 違和感があります。
 ヘッドを動かすために グリップを動かす というコトを
 忘れてしまっている…のでしょう。
ヘッドの重たいものは 絶対と言って良い程、それは起こりません


それと同じ発想ですが、
 例えば、です 一般的な34インチ のパター というコトになると
 長さは 90cm弱です。
 その長さの棒で 砂に絵や字を書こうとします。
 手元を動かさず、先端部分だけを動かそうとすると
 あまりに繊細な動きが必要になり、なかなか上手くいきません。
 手元 で絵や字を書くつもりで動かすと
 スムースに先端が動きますので そのイメージを持ってください

重いモノ は 基本 動きたがらない のですから、
無理に動かそうとせず、手元や自分が動いた分 動く
そう考えるのが自然だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ✋試打クラブ 貸し出しクラブあります
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370

【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359

【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362

推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。

IMG_1369

【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372









茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


インパクト、ショットは『からだの正面で』
と言う言葉がよく言われますが、
その真意は その瞬間を「からだの正面に合わせる」、
「ボールと体が正対した時間を維持する」

のではなく、からだの正面、
 その向きを変えることが打つコト
 である と言う意味です。

からだ、その向きを変えることが打つコト であるのなら
逆に からだの正面以外でインパクトを迎えるコト は
出来ない訳です。




そういう意味合いでも
打撃、ショットの準備たる テークアウェイ、
右向きの仕方、本当の意味での右向きの量 は
とても大切になり、
『質としての 右向きが足らないこと』
現場、コースでの右向きにつながる とも言えます。
(271_Moment(22171_Moment







ハミングバードでは、ある程度の年齢の方や腰痛の恐れが
ある方には 肩を廻す〜胴体をひねる のではなく
股関節を境とした、骨盤より上の「胴体そのもの」の
向きを変えることをお薦めしています
 が、
からだが頑丈であったり、年齢が若い人であれば
「肩をまわす」のも有り……だとは思います。

正しく 肩を廻す は
前ナラエをした状態で 胴体をひねり
その両腕の長さ関係が 大きく変わらず
腕が動くのではなく、
右を向いたり、左を向いたり する事になる訳ですが、
それは 疲れてきたとき、
 手だけが動く可能性が高くなる
というコトを十分に考慮しておくべきでしょう。
コース終盤でのミスの大いなる原因となります。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

また 肩を廻す、にせよ、胴体ゴト向きを変えるにせよ、
手がテークアウェイを取っていた方が
改変する場合、肩、もしくは胴体を右に向ける、
と同時に、腕で横に振って(動かして)いたのを減らす、
 もしくは無くさない
 と
単に テークアウェイが大きく、トップの位置が深くなり、
今まで以上の振り遅れやタイミングのズレが起こり易く、なります。

回転する速度は 飛距離に繋がってはいますが、
ロフトが寝てしまえば その速度は距離ではなく
ボールの回転や高さになるばかりで、
からだの幅からクラブが大きくずれれば フェースも開くコト
になり、結果として 閉じるために からだを止める必要が生まれ、
肩であっても、胴体であっても からだを廻した意味を失います。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(3)










肩であっても、胴体であっても
同期して 右向き、テークアウェイを取る訓練は
小さなアプローチから始まる、と言って良く、
ハーフショット 程度のアプローチでも
 しっかりとした右向きを作るコトが
コースでの右向き不足解消の最も効果的な道です。

右向き不足の解消は
肩や胴体を右に向けるコト ではなく、
如何に 左腕が右に入らないか、
前ナラエの位置から 体の中に入らないか、
左腕がアドレスの位置から横へ大きく移動しないか、
肩や胴体の運動量を増やすコトではなく、
左腕の運動量を減らすコト と考えて良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前にも似たような内容で記事を書いていますが、
ゴルフを始める人、続ける人、
上手くなりたいと思う人、
からだを傷めたくないと思う人
にとっては 非常に切実な重要なテーマです。 

一軸打法とか、二軸打法とか、
ボディターンとか、4ステップ理論、
コンバインドなにがし とか、
スタック&ティルト とか、
下回りスイングとか、シャローウイングとか
この手は 好み や スイングのタイプ、
選べるゴルフスイングと言う楽しみもありますから
 流派ということで良いと思うんですけど
『振り子』『振り子のアプローチ』だけ は
ゴルフ界から根絶するべき だと思うんです。

やりません(冗談です)けど
議員になって、法改正や条例作りたい 位ですwwww



余りに基礎的なので 呆れてしまうほど
かも知れませんが、
スイング、ショットは
前傾姿勢(大腿骨と骨盤の角度差)という傾きがあり
それを基点に からだの向きを変えるコトで
クラブを動かして ボールを打ちます。

ですので 傾きが無ければ
からだの向きをどちらに変えても
右/左 のどちらかが 低くなったり、高くなったりしません。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









傾きがあるから
右を向けば 左の方が低く、右の方が高くなり
左を向けば 左の方が高く、右の方が低くなります。
これには
右向きの時には 右が奥(高い方)へ行く
左向きの時には 左が奥(高い方)へ行く
という 奥行きが付いてきます。
✋ここが 写真や動画の平面上のトリック(罠)です
2021-04-11_22-32-44_Moment(10)2021-04-11_22-32-44_Moment(11)









ですので
スティービーワンダーのように
肩を揺さぶっている訳ではありません。

アプローチの距離感を覚える って言うのは
正直、経験則、反復しかありません。
これは 野球でもサッカーでもバスケでも
ボールを使う限りはみな同じです。
投げ方、打ち方の基本 はあっても
 その距離感は自分で掴むしかありません。

それを無理にマニュアル化するため
 スイングの基本中の基本を歪ませる のは
 絶対、賛成出来ません。


スイングの回転 は
 その動作の中で一番大きなモノです。
ほぼ すべてのモノが その大きな流れ に沿って
移動することになる訳ですが、
『振り子』の動きは
本来のからだの回転、
それが胴体であっても、肩であっても
その回転とは 全く異なる方向に進むコトになり
元になる からだの回転も歪めてしまいます、
イエ 壊してしまうと言って良いでしょう。

アプローチで その「振り子」を採用すれば
かなりの確率で スイングにも影響します。

カラダへの負担も多いだけでなく
どんなに練習しても アプローチの達人 に あるコトは出来ません。
距離感も身に付かない と断言出来るほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
  販売開始 随時出荷致します。
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。

520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーショットは
空中にあるボールを打つので
フェースの高さに対しては どこにでも当たる…
当たる可能性がありますが、
地面にあるボールを打つ場合は、
 その『ロフト』によって 当たる「べき」高さは変化します。
2021-04-07_06-05-21_Moment
アイアンが判り易い、ですが、
一番ロフトの立った、 5番か、6番アイアン と
ロフトの寝ている ウエッジを 比べると
ロフトの立っているモノは 上の方にボールの跡が残り、
ロフトの寝ているモノは 下の方にボールの跡が残ります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)

『ロフトを意図的に立てて』ウエッジを打ったとしても
その分、ヘッドは上から入るので かなり 下の方、
 スコアライン 下から1本目〜3本目 辺りに跡が付くモノ、です。
ところが…
練習場で皆さんのウエッジを見せて貰うと
 打痕、ボールの跡は かなり 上の方に
 スコアラインで言うと 3本目〜6本目 に
 かなり 縦にこすった、滑った跡で 残っています。
 ダフリ気味 に、こすっている・・・というコトですね。
 
ショットマーカーなどを貼って 練習をしている人も多いですが、
ボールの跡、打痕の見方を トゥ〜ヒール方向ばかり気にして
ちゃんと ロフトの使い方、ヘッドの入れ方
 の参考にしていない場合が多いような気がします。

昨日の記事で パッティングストロークでの
  ボールの打つべき目標の箇所 を書きましたが、
これは パットに限らず、ショットも同じです。
IMG_1385

よく言われる 『ボールを上から打つ』を意図していたら
 ボールは球体、ヘッドは上から入る、
 そして その上から入る分、ロフトは立っているので
 打つべき…コンタクトすべき ボールは当然、上側
 (本当に上〜北半球 と言う意味ではないですけどね)

フェースを下向き気味に固定して
からだの向きで 円を描く…のであれば
イメージとしては フェースでボールの北半球をさらう
  ……そういう感じです。

ヘッドは上から入れるのに、
 ボールの下側、ボールの底を打とうとしたら
 ロフトは開き目 & 上り際で打つコト になり、
 パッティングであれば ポッコン と言う当たりになってしまいます。

パッティングストロークにおいて
 実際に 南半球にティーアップされた北半球を打つ、訳では無いですが、
 少なくとも ボールの赤道帯に当てるつもり でないと
 フェースで ボールを縦に拾う感じ(それを少々薄めた感じ)
 になってしまい、ヘッドの下の方に当たりますが、
 ロフトも多く、入射も上がり気味になってしまい、
 ボールがロフトに乗らず、フェースに乗らず、
 こぼれるような球になってしまいます。

ボールの伸びない、初速は速いけれど、減速の強い、
目や傾斜に弱い 望ましくない「転がり」になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ピン型『デール9』をデザインするにあたり
一般的な クランクネックよりも
テークバックの動かし易さ、引き易さ、
構えた時のすっきりした感じ、を考え
スラントネックを採用しました。
IMG_1364


ピン型『デール9』、L型ブリストルパター双方ですが、
一般的なパターヘッド重量の 
1.6倍~1.7倍あります
ルールに抵触していない、そのインチキ加減は
 ヘッド重量とシャフトの柔らかさによる
 ボールの伸び〜ボールの転がり です。

ヘッド重量とシャフトの柔らかさ が無いと
 生み出すコトの難しい 独特の ボールの転がりを持っています。


小さな・ゆっくりしたストロークでも
ボールには良い転がりが入り易く
意外かも知れませんが、下りや速いグリーンに
大きく効果を発揮します。

パッティングの最優先事項は
自分の思っている距離、望んでいる距離を打つコト
です。

それを実現するには、パッティングだけに限らず
ショットも同じですが
逆球が出ないようなストローク・ショットをすることです。

パッティングもショットもミスは出ます。
ミスが出るからこそ 逆球が出ないようにしておく必要が
あります。


一般的に逆球 というと
左右方向の 右/左
ボールの曲がりの スライス/フック
思われがちですが
パッティングストローク・ショットともに
最優先事項の 逆球は

上がり過程 で打つか
下がり過程 で打つか 
です。


逆球の球筋を相互の比較論で言うと
上がり過程 でボールを打つと
打ち出しは高めになり スピンは少なくなり
下がり過程 でボールを打つと
打ち出しは低めになり スピンは多くなります。


この二つは全く別な球筋。
ゴルフクラブは空中にあるドライバーを除き
全てのクラブで 下がり過程でボールを打つコトを基準に
設計・意図されています。

ショットで言うと 手にしている番手・クラブ の
出るべく球とは全く異なる 違う番手での球筋になります。

パターの場合でも
上がり際で打つと
 リーディングエッジがボールに当たることになり
トップボールと同じ球になる可能性も高く
トップボールは全ショットの中で最大のスピンが入りますので
ブレーキがかかり易くなります。
L型ブリストルパター_Moment(3)L型ブリストルパター_Moment(4)L型ブリストルパター_Moment






硬質なインパクト音がして
ボールの伸びがなく、カップ際でブレーキがかかるのは
こんな理由があるのです。
振り子で振らないと飛ばない 市販のパターをお使いの方には
申し訳ないですが、それではパター苦手から脱せマセン。

ヘッド重量のしっかりした
ピン型デール9、L型ブリストルパター
をより活かしていくには
イメージと言うか 視覚的に
トップブレードでボールを打ってしまう
そんな感じで使うと
 上がり際で打つコトをかなり抑制出来ます。
IMG_1366

手前味噌ではありますが、魔法のような転がりを
実現するには 是非やってみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



IMG_1361
今日のラウンドに間に合う様に製造していただいた5UTが到着。早速 開梱。

5UTと共に ロング スラント ピンタイプ パター が入っており、
横須賀総本山にお伺いをたてると
 ラウンドで使って感想をよこせ との指示。
答えは
 ハイしかあり得ないので ハイ。

 

コースに到着したら 練習無しで 直ちにティーオフするのがルーティン。

 

アウトは 慣れた? L型ブリストルパター

34インチ  146cpm(ヘッド重量480g) いつもどおり 基本 2パット

インから ピン型「デール9」 の登場

34インチ 153cpm(ヘッド重量520g)

 

IMG_1359

10番ホール 

グリーンまで 1m  
 カップまで5m  エッジから ピン型「デール9」でアプローチ   

✊おぉー  狙った所へ向かっている  弱い 届かないか! 

✊あれぇ〜?  なかなか 止まらない  若干の下りだから

 「オッケー  ナイスパット」(同伴競技者)

 

11番ホール

カップまで 5m  外せば ダボの 気合いの入らない状況

上りで スライスして 最後にフックするライン

打ちました  

✋弱い 届かないか!

✋あれぇ〜〜?  未だ 転がっている  上りなのに 

 ただ、カップの手前30cmから 急激の上っているので 届かないな と思っていたら 

ナイスイン (同伴競技者)    

 

IMG_1363

12番ホール

色々あって カップまで 8m
 2
段グリーン  上りの キツいフック

何となく 根拠の無い 自信を抱き 打ちました

✋弱い 届かない  今度は本当に届かない

ナイスイン」「ナイスパー」(同伴競技者)

 

いつもの様に「パーは簡単バイ!」「打てば必ず入る」と 嘯く

 

この後

距離がある パッティングはオッケー距離に寄り、
オッケーに寄らない
 アプローチ後のパットは 入り  でパープレイ。

 

引っ掛けが ありませんでした。

✋苦手なスライスライン  
✋そして 特に苦手なスライスの下り  
上手く打てました。
 入るか否かは
 別ですが。

IMG_1370

アウト はスコア 41 (パット 16 
 大体 いつもどおりだったので 70台はほぼ諦めていたのですが、

イン  37  パット 14 

 

久々の 70 でした。

 

パットが良くなって ショットに好影響が出た インでした。

ありがとう ピン型「デール9」 ロングスラントネックパター
 

L型ブリストルは フェースアングル ほぼ 90度。

一方 ピン型「デール9」 10度ほど。センターバランスに近い。

IMG_1362

✋市販の
 センターバランス 
 ヘッドを感じず 何処で打てば良いのか解らないので
 ヘッドを 「ぴゃぴゃっ」(長崎弁?)と
 いごかして(動かすを 長崎では いごかす と言います)しまうので
 それが嫌で L型ブリストルにしておりました。

 

でも、ピン型「デール9」は違う。

ピンタイプなのに ロング&スラント 
 フェースアングルを センターバランスに近づけ
 そして その重量が故に 若干のフェースアングルが ここで打てと教えてくれる。

従って ゆっくり 感覚を大事にしながら 打撃出来るので 距離感の勘が合う。

 

L型ブリストルの 長所を ある程度 持ち、
L型のブリストルの短所を ある程度 解消した
パター思った次第です。

 

SLN-PT7

感覚派が使える ピンタイプ とでも言いますでしょうか。

ラインは教えてもらえますが 距離は教えて貰えない。


距離は自分で作るしかない。だから
 距離感であって 
感は自分でしか解らないので
 他人から 教えて貰えない。

スリーパットは 距離間違いで 起こりやすい。

 

だとすれば このピン型「デール9」  凄かです。

凄いと言うより 違反。反則。

 

今日のラウンドは ベンド芝でした。
来週は
 高麗芝で しかも強烈な芝目です。
順目の下りでカップ
 オーバーしたら 
返しの 逆目の上りは ショートか引っ掛け  スリーパット量産 コースです。

ラウンドが楽しみになっております。ありがとうございます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ✋試打クラブ 貸し出しクラブあります
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1368
【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370

【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359

【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1366

推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。

IMG_1369

【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372









茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
IMG_1365
販売開始 随時出荷致します。

👉『デール9』パターの選び方はコチラ

IMG_1366

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
  販売開始 随時出荷致します。



ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1362

L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。

520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。

IMG_1366

このヘッド重量 520g は ストロークの始動がお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋
IMG_1365

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。


パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。
IMG_1363

ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1359

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。




お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


傍から見える スイングの円弧は
『クラブを持った 自分が向きを変えるから』描かれます。
     クラブを手で動かして 円を描くのはいろいろと良くないですよ…。

と、ここまでは理屈上、多くの人が理解するコトが出来ますが、
ここから の誤解?と言えば良いのか、
 重さの扱い方、重さの扱い方を無視してしまう、
 勝手な解釈が
 長年ゴルフスイングを悩ませる元になります。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




確かに からだの向き通り
 トップの位置の右向きから〜打ち終わる左向きまで
 からだの向きは 180度前後ターン します。

その180度の体のターン 👉 クラブのターンにおいては
 重さの無い、先端に重さのない棒を振った場合 です。
しかし、実際には 想像以上の重さが加わるの です。

重さ、それに長さ、そして運動(速度)が加わるのと
 その重さは 重さ×長さ×速度の二乗 分 増します。
ですので 最終的には
 移動距離は グリップの移動分とイコールに近いですが、
 ターンの角度としては からだの向き180度前後に対し、
 クラブ/シャフトは 90〜120度程度しか角度を変えられません
。 
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
それが スイングで言われる インサイドアウト に繋がるのです。

変なモノで クラブ、シャフト、ヘッドを振らないコトが
 からだの向きを変え、自然な重さに任せておけば
 インサイドアウト になっていくのです。
クラブを振って出来る軌道の答えがクラブを振らないコト…
🔴まるで クイズの引っかけ問題のような感じです

からだの回転が180度 👉だから クラブも180度ターンする、
 となると 本来、重さで 120/180位しか 動けない筈の
 クラブ、シャフト、ヘッド部を 60~90度 手で動かさなければならず
 それをするには からだを止めなくてはなりません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

実際には インサイドアウトでも、アウトサイドイン、でも
 体に負担なく、繰り返しできれば問題ないのですが、
 スイング軌道の原動力は からだの向き です。
にもかかわらず スイング軌道を補正、修正する際、
 多くの人は からだを止め、手さばき でそれを行います
練習場で ダウンスイングの途中、丁度、半分位の位置で
 からだを止め、手で軌道をなぞっている人を多く見かける
 と思いますが、その補正や修正は 
✋率先的に手でクラブを動かす練習
✋からだの回転からクラブの動きを切り離す練習
です。


🔴軌道を補正、修正する意図は多くは
 ➀スライスを減らす、無くす のと
 ➁安定して似たような球を打つコト の2つでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

➀スライスは 右に曲がるから困っている のではなく
 それに伴って 距離が出ない、打撃力が
 スピンや高さに化けてしまうから修正したい訳で、
 それであれば 問題はロフト です。
 距離さえ満足であれば 多少、右に曲がっても気にしない筈 です。
➁安定度を増す には 軌道もそうですが、
 ヘッド姿勢、自分の姿勢 の激しい変化を無くすコト、
 繰り返せるようにするには 緩やかな変化にするコト で
 それには 手先でクラブを動かさないコト なのですから
 やりたいコト と やろうとしているコト が噛み合っていません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」、
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。


正規のつかまえる仕組み「プロショット」が
理解出来ていると つかまえない、こするショットの
「アマショット」もより確実に
そして 重要な「適材適所」で選べるようになります。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











例えば バンカーショットや深いラフからのショットですが、
目玉やスタンスの取れないような状態を除き
通常は 『プロショット』を
 スタンスとボールの置き位置 で
 ロフトを大きくして打ちます。
その成功率は スタンダードに近い程、
 そして ロフトは小さい(限度はありますが)
 ロフトを寝かして使わない程 高いです。
そして その先に 緊急時対策として
あごが異様に高い、ピンが異様に近い、
 このような場面では 意図的に「アマショット」
 を使う場合もありますが、
 「アマショット」は「プロショット」に比べ
 成功率、確率がかなり低く、
 大袈裟には イチかバチか の要素が強くなります。
 スコアを考えるのであれば
 それを使わざるを得ない場面以外は避けるべき
 そういうショットをしなくてはならないようなところは避ける
 なのがアマショットです。

それほど プロショットとアマショットには違いがあります。


通常のショット、
 特にフェアウェイウッドなどを使う場合、
 『アマショット』  …こするショットは
 地面に置いてあるボールを
 まるで アイスクリームスプーン(スクーパー)で
 こそぐような形で すくいとるのです。
アイスクリーム

それを フェアウェイウッド という
 ボールを上げ易い構造(直接的な形と言う意味でなく)
 ソールの奥行き、ヘッドの奥行きを深く長くすることが
 逆に災いすることになります。
411BK-5-1

シャフトを少し柔らかめ、ヘッドを少し重めにしてあげて
 無理にヘッドを返そう、ヘッドでグリップを追い越そう
 としなければ ロフトは自然に立ち、
 その機能がボールを上げてくれるので
 FW苦手だなー と言う方には そういうセッティング
 かなり効果的です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも  「開いて、閉じる」  。。。と
一体、誰が言い出したのか、わかりませんが、
その人を ムチ打ちの刑にしたい位、です。

スイングの基礎動作は からだの向き です。

それが肩であっても、腰(お尻)であっても、足であっても
体の向きが変わる。。。俗に言う からだの回転が始まり、です。

アドレス から始まり、
テークアウェイをすると
フェースは 飛球線に対し、右を向きます。

フェースは右を向きますが、
フェースを開いたわけ では ありません。
体の向きを主体としていれば、
 フェースの向きは変っても、ロフトは開きません。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)









クラブを、ヘッドを回転させて
 ロフトも開き、フェースも右を向ける には
クラブ、フェースが捩じられる動きが加わるので
 根本的な違いがあります。

『飛球線とフェースの向き』に焦点を当てれば、確かに
⚠テークアウェイで、フェースの向きは右を向き、
⚠ダウンスイングで元に戻り始め、
⚠インパクト付近では アドレスの状態
 (これをスクエアと呼ぶのかは疑問ですが)
⚠インパクト以降、フォロー側では
 フェースの向きは左を向きますが、
これは単に、単にクラブを持った打ち手の向きが変わっただけ、
 であって、フェースが回転したのでも、クラブが回転したのでも
 ありません。

これのどこが 「開いて上げて 閉じて降ろす」につながっていくのか、
皆目見当が付きません。
一般的に 手打ちよりも良いであろう、とされている
体の向きの変更の基礎的な部分です。

これを 本当に 開いて上げて、閉じて降ろす を実行しようとすると
からだの回転、からだの向きと関係なく、
両方の腕のロール によって行うコトになりますから
この時点で 手振り と からだの回転に 真っ二つに分かれます。


🔴からだの回転で テークアウェイを取った場合、
 飛球線に対し、フェースは右を向いていますが、
 フェース も ロフト も大きく変化しておらず、
 からだの向きも戻せば アドレスに近い状態でボールに当たります。

🔴一方、手のロールで テークアウェイの真似をした場合、
 飛球線に対し、フェースが開いているだけでなく
 フェース も ロフト も開いており、
 切り返し という 動作方向の逆転の際、
 クラブが一番重たい状態になります。
 体を右に向けた訳では無いので、
 ソコから体を廻すと アドレスの状態から動き始めるのですから、
 どんどん体が左を向いてしまい、
 フェースの右向き、ロフトの開きも増える一方です。
 ココから先は お決まりのパターンで
 どこかで グリップの移動を止め
 ヘッドを、フェースを回転させる必要が生まれてきます。



テークアウェイ で 飛球線に対し、フェースが右を向く のと
ヘッドを、フェースを開くのでは 天と地ほど差がある訳で
大きく左カーブしている道路で
 道に沿って 車の向きは随時、変って行きますが、
側面が上を向いたり、車体の底が上を向いたりはしません。
常時、道路に車体の底が向いて、タイヤで接地しています。
 それと同じです。

正直、テークアウェイを開いて上げて… の方を
ゴルフスイング…の分類の一つ と考えて良いのか悩むトコロですが、
とりあえず どちらのスイングの方が簡素化されているか、
複雑化されているか、難易度が高いか は 一目瞭然の差だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングの 楽しくも難しいトコロは
算数のように コレ! と言う絶対値がある訳でなく
国語の感想文に近いモノ だから なのだと思います。
【つかまえの作法】_Moment

とは言うモノの…
 ゴルフクラブ という特殊な構造なモノを使って
 球体であるボールを打つ
のには
ある程度、ここら辺 と言う答え はあります。

多くの人が のちのち、スイングやショットに苦しむ原因であり、
飛距離の伸び悩みや慢性的なスライスに悩まされるコトの原因、
全員…とは言えませんが、スイングに悩んでいる人の多くが…
もしかしたら、殆どの人が。。。
 『球体をつかまえるコトの勘違い』 から始まっています。

おそらく 一般的なゴルフの世界(ここが特殊ってコト❓)では
ボールを『つかまえる』のには(右打ちと仮定し)
 フェースが開いている(右を向いている)状態から
 フェースを閉じる(左を向いている)状態にするコト

が必要だと思われています。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







実際には ヘッド、ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドの左右(開き閉じ)の回転 には
 ロフトの増減 が付いてきて
赤点ギリギリの、合否の判別の難しい回答ですが
 ロフトの閉じ というのが つかまり に関係して来ます。

ヘッド、で言うところの 左右の…横の問題 ではなく
上下と言えば良いのか、縦の問題なのです。
フェースの向きの問題ではなく ロフトの向きの問題である
 というコトです。
✋✋✋ソコの勘違いが一点目です




✋✋✋二点目の問題は
 開いたフェースを閉じる
と言う行為をするには
 グリップよりもヘッドをたくさん動かさなくてはなりません。

スイングは カラダ、もしくはどこかに軸点を置いて
体の向きを変える、傍から見ると「円のように」クラブやヘッドを
動かすため、結果として、その外周に当たるヘッド部は
沢山❓ 多く❓ 動いているように見えますが、
軸運動、角度運動と言う意味では グリップもヘッドもからだも
同じ分量しか動いていませんが
「開いたフェースを閉じて👉ボールをつかまえる」信者の方には
その ヘッド方がたくさん動く、動かすべき と別解釈します。
⛳確かに…開いたヘッドを閉じるには必要ですからねぇ…
 スイングは、当然、ヘッドを振るモノ、クラブを振るモノ、
 と言う答えに行き着く訳です。


特にこの二点目、ヘッドの方をたくさん動かす が
テークアウェイにおいても、ダウンスイングにおいても
アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
色濃く出るというか、ヘッドの方を如何にたくさん速く動かすか、
が ゴルフスイングに成っていく訳です。

ヘッドをたくさん動かす、グリップよりもたくさん動かす、
ヘッドやクラブは振るモノ を実行するには、
からだの回転と腕、もしくはクラブを切り離さくては実行できませんので
必然的に 手振り、手打ちの要素が強くなっていくのです。

👉ですので ボールをつかまえるコトを
フェースの閉じ〜開き と言う概念が取り払われない限り、
手振り、手打ちからは逃れられません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



(Aさん)

昨年の秋にL型ブリストルパターを購入させて頂いきました。

あれから約10ヶ月間、家練も含めてほぼ毎日このパターを打ち続け、
そして合わせて「絶滅危惧種の……」ブログを読み返しながらラウンドして参りました。

 

そして今回所属倶楽部のスクラッチ競技である
 「シニア選手権」で優勝することができました!

 

L型ブリストル(黒)後方_Moment

L型ブリストルパターも
最初の頃は仲間からキワモノ扱いされていましたが
タイトル取ると何人もが「打たせて」と寄ってきます。

ほとんどの人が持った瞬間、
 打った瞬間に「ダメだこりゃ」となりますが()

 

これからもブログ読み続けますので継続お願いします。

とりあえず愛用者としてのご報告まで。

(店主)

シニア選手権優勝 おめでとうございます。

多少…かとは思いますが、お役に立てたことを嬉しく思います。

(Aさん)

いえいえ、多少どころか
このパターがなかったら優勝は無かったと思っております。

 

このパター、私も最初のうちは大きくカップオーバーしての
3パットの山を築いておりましたが、
諦めずに使い続けた結果、去年前半(パター代える前)までは
ラウンドのパット数は3234辺りだったのが、
ここ最近は2729で推移しています。
(今日は入らなかったなという日で30程度)

この差は大きいです!
L型ブリストルパター_Moment(4)L型ブリストルパター_Moment(2)







このパターにしてから同伴競技者に同様に驚かれるのが、
入れ頃外し頃の距離を旗竿にカチン!と
当てる位のタッチで入る回数の多さです。
「よく打ててますね、私それが出来ないんです」と言われます。

「ありがとうございます」とは返しますが、
内心は「自分はそんなに打ってないんだよね。
この道具のおかげなんだけど……」
です。

しなるシャフトをいかにしならせないように使うか?が
やっと身に付いてきた気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロングパットの距離感…の続き です。
【実録】L形ブリストルパターと倶楽部シニア選手権 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(Aさん) ロングパットに関しての私へのご回答
 並びにブログから大きなヒントいただきました。

 

「ストロークのリズム感としては良くない ですが
 理屈上はトップで止まった状態から始めてもいいわけです」の記述に、
 じゃ、リズム感はともかく
 試しに実際にトップで止めてみようとやってみました。

 

 グリップごと大きく右に動かしたところで一旦止め、
 一呼吸おいた後に右肘を伸ばしてボールを押してやる感覚で
 ストロークしてみたのです。

 

 結果は「なるほど!」と納得できるものでした。
 
シャフトの撓る感じも無くグリップを動かすスピードで
 距離がコントロールできる感じ
でした。
 振り子のストロークの癖から抜けるヒントになりました。


(店主)Aさんへの回答メールではないのですが、
 プロの試合も見ていて 気づくことが多々あります。

 パッティングストロークの肝は距離感 だと思うのですが、
 その距離感は 基礎的には どのロフトで当たるか、
 いつも どのロフトで打てるか によると思います。
 🤒パターなんて 小さいロフトだから 差はないじゃん…って
 思いガチですが、球の飛び、この場合は転がり、ですが
 球の飛びの元、となるロフトとは
 インパクト時を切り取った写真でのヘッドの姿勢『だけ』ではなく
 そのヘッドが どの軌道で入ってきたか、
 どのように抜けていったか、
も関係してきます。

L型ブリストル 正面_Moment

 日米、男女、レギュラー、シニアを問わず、プロの試合 を
 見ていて 非常に強く感じるコト は
 通年、何年も通して パッティング安定している人は
 インパクト以降 ヘッドの高さ変化が少ない…
 フェース、この場合は『ロフト』が
 許されるだけ「長く」インパクトロフトを保っているコト で、
 パッティングを得意としていない、
 緊迫した場面になると ボールが伸びない(転がらない)、
 ラインと距離が合わなくなるプロは 総じて
 インパクト以降 ヘッドの上りが早い、
 上下の変化が激しいです。
👀見た目…ですが、弾いて打っているように見えます。

 刷毛塗…とは言いませんが、
 振り子のストロークをしていると
 常時、ヘッドの高さがあり、それが激しく、
 それによって ロフトや軌道 だけでなく
 ボールの下目を叩きがちになります。
L型ブリストルパター_Moment(3)L型ブリストルパター_Moment







 また 最近ではレールやヒモなどを使って
 兎角、真っ直ぐ動かす事にご執心な人も多いですが、
 小さなロフト、とは言え
 パターにもライ角度とロフト角度があるため
 インパクトロフトが狂えば フェースの向きも同様に狂います。

 そういう意味合いでも
 振り子にしなければ打てない、
 振り子にしなければ届かない、 パターは避けるべき と感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは所属倶楽部
 シニア選手権(スクラッチ競技)優勝おめでとうございます🏆
news_303724_1


あるお客様(仮称 Aさん)が 進化版L型ブリストルパター
昨年 2020年11月 御購入から
 シニア選手権 優勝後までの流れを時間経過通りにご報告したいと思います。

L型ブリストル(黒)後方_Momentお使いのブリストルパター/スペック は
34インチ テフロンブラック仕上げ
ロフト5度 ライ71度
ヘッド重量478g シャフト重量90g 総重量645g
振動数 169cpm 
 
  


🏆Aさんのファーストインプレッション(第一印象)
 ヘッド、シャフト、グリップと漆黒一色の精悍さもさることながら、
 やはり何と言ってもヘッドの重さにビックリ

 それでいてシャフトはグニャグニャ😅

 分かって注文しているとはいえ「なんじゃこれ!」って感じでした。

 

 持っただけの印象は
 「打ちにくそう?」 と 「キャディが驚きそう」

 しかし、実際パターマットで転がしてみると…あら、不思議、
 違和感が無いどころか 「おっ、打ちやすい⁈」

 特にシャフト全体を横にスライドさせ刷毛塗打ちすると、
 まさにボールが滑るように出て行きます。

 (逆に振り子打ちすると柔らかいシャフトが暴れる感じで打ちにくい)

 直ぐにラウンド出来ませんが、
 時間を作って所属コースの練習グリーンに持ち込み
 転がしてみたいと思います。楽しみです😉

L型ブリストル 正面_Moment

🏆経過、数ラウンド後…
 (Aさん)
L型パターの感想と1つ質問をさせて頂きます。

 

 この1週間でパターマットでの自主練は毎日、
 コースは3ラウンドしました。

 ラウンドのパット数は26回、30回、28回と安定し、
 何より3パットがまだ一度も出ていないのは嬉しい限りです。

 

 質問としましては「ロングパット時の距離感の出し方」です。

 

 店主推奨である
 「自分の動作でグリップを動かすスピード=そのままヘッドが動くスピード」
 を実践すると中・短距離ではいいのですが、
 ロングパットだからとグリップを速く動かした時には
 シャフトが柔らかいだけに切り返しで大きく撓って
 パターヘッドが一瞬ついて来なくなります
 (感じ方によりますがヘッドの挙動が暴れるような感じ)

 

 パターでもこの遅れたヘッドは「無視」して
 グリップを動かし続けるのが正解と言うことなのでしょうか?

 切り返しで手に感じる違和感が今迄に無いものなので混乱しています。

 それに遅れてきたヘッドは逆撓りによって
 今度はフォロー側で大きくグリップを追い越していくようで
 これで繊細な距離感が出せるように練習せよということなのか?

 

 今のところこの辺りがよく分かりません。
 ご教授下さい

 

 (店主)テークバック そして トップの位置 は

 インパクト、つまり打撃に必要な速度 を得るためのモノで

 速度が必要だから トップとして大きく(深く)なります。

 ストロークのリズム感としては 良くない ですが

 理屈上は トップを止まった状態から始めても良い訳 です。

 つまり 切り返しの強さ まだ逆方向に動いているヘッドに対し

 グリップを順方向に動かすコトは 反動になりますが、

 打つチカラ にはならないのでは…と思います。

L型ブリストルパター_MomentL型ブリストルパター_Moment(2)









 パターストロークは肩を揺り動かさず

 シャフトを出来るだけ スライドさせて使うコトをお薦めしておりますが、

 大きなストロークになると 振り子の反動 で打つのが

 顕著に表れてしまうのではないか と思われます。

 遅れた状態を維持したまま インパクトに入るイメージです。

 遅れを取り戻せば ロフトは上の向きますので

 パッティングストロークに限らず 良いことは多くありません。

 

 フォローでも ヘッドが大きくグリップを追い越す

 のでは ヘッドが必要以上に上に動き

 当たりも悪くなりますし、ロフトも増え ボールが跳ねやすくなります。


 ブリストルパターは

 通常のパターの 1.3倍のヘッド重量を持ち

 シャフトの柔らかさ から ロフトも締まり気味 になりますので

 距離感に慣れれば もっと おとなしい、ゆっくりのストロークで

 お望みのロングパットの距離が打てるようになると思います。

 その 従来の振り子式?のストロークも自然に改善されていくと思われます。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(jc1

あくまでもイメージですが、
インパクトに入るのに
左手のひらを飛球線(左手の甲を飛球線後方)に
……は今までのイメージと「
真逆」なのではないでしょうか❓ 

では テークアウェイではどうでしょう❓
アドレス時、左手の平は飛球線後方、左手の甲は飛球線を向いています。
テークアウェイを取ると その方向は90度近く変わり
左手の甲はボールの方を向くのですが、
(jC0それは からだの向きが変わる
土台である体というターンテーブルの向きが変わる
  から、であって
手の甲にしても、手の平にしても
向きを変える意識はしていないと思います。

トップの位置では ほのか…ではありますが、
左手のひらは飛球線の方を向き気味 です。
体の向きに伴い 腕は落ちる であっても
右向きの状態のまま…に近い形で インパクトに入って来ます。
(jc4(jc6(jc2









体の向きは変っていますが、
左右の腕の関係は トップの位置とあまり変わりがありません。
単に 腕が落ちた、降りた、低くなった だけ です。
 
ここで 左手の甲を飛球線に向けよう と
意識していると 左腕の移動を止め(からだの回転から切り離し)
左腕を軸運動とした 腕のロールが必要
になります。

印象としては 左腕や左サイドを絞る感じ が
 それに相当すると思います。

👉ここで 左手の「甲」を飛球線に向けようとすると…
その動作は
 軸になる左サイド、左腕の横移動が止まっているので
 左サイドは上に逃げるため、向きは飛球線を向く…かも知れませんが
 フェースは上を向きます。ロフトは締まりません。
👉その補填に 更なるフェースターンが入る訳 です。
(jc3(jc(JC7










✋フェースのターンは からだの向きの変更で行われます。
 それを手でしては 向きは変りますが、
 ロフトは締まり難い つかまり難くなりますので、
 継続した、断続しない からだの向きの変更で行う。
 自分は 左手の平を飛球線の反対に向けたまま の感じが
 フェースの下向きになります。



✊この感覚、イメージは アプローチショット、
 パッティングストロークが苦手な人には大変有効です。
 全員に馴染むとは思いませんが、
少なくとも フェースターンを減らせる/からだの回転主軸にするには
良いトレーニングにはなると思います。
 アプローチから馴染んでいき、
 インパクトでからだを止めない通常のショットに刷り込んでいく
 が良いと思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画からご覧ください。
   
あくまでもイメージ ではあるけれど、
多くの人はアドレスと同じように(左折注意_Mo
⚠左手の甲(右手のひら)は飛球線
⚠左手のひら(右手の甲)は飛球線後方

を向いているイメージがあるのではないでしょうか❓

ゴルフスイングはご存知の通り、
自分がなにがしかの動作をして
長い棒の先にあるヘッドを動かし、ボールを打ちます。
長さに当たるシャフトと重さに当たるヘッドは
運動によって その重さを増やし、
運動の原動力である 自分の動きに対しては
当然、遅れます。
(jC0
個人差はあれど トップの位置に該当する箇所では
左手のひら は 微妙に…ですが
ボールと反対方向〜〜飛球線(自分の方)の間を向いています。

そこから からだの向きの変更〜回転に対し、
徐々に、ヘッドやクラブは遅れていくのですが、
そのリンクになっている手や手首は
スイングに使う主な関節や筋肉の中で
 最も小さな箇所と言える部位です。

仮にトップの位置で ほのかに左手のひら
 飛球線を向いた感じ
 としましょう。
そこから 動き出して(回転を始め)
 左手のひらを飛球線と反対
 左手の甲を飛球線に向ける
 には
どこかで 左サイドを止め
左腕をロールさせなければならなくなります。

手首自身で行うには あまりに負荷が大き過ぎます。
(jc5(jc4(jc6










左手の甲を飛球線に向ける

もしくは ボールに向ける

 意識がからだの回転を止め、腕のロールを生みます。
左手の甲を飛球線に向けるイメージが
 腕と体を切り離してしまいます。

少々、大袈裟ですが、左手のひらを
飛球線に向けたままのイメージで 打とうとして下さい。
体を廻し続けないと ボールを打つコトが出来ません。
左の手のひらを飛球線に向けるイメージが
最終的に フェースを下に向けさせます。
(jc(jc3(jc2









慣性の強い フルショットでは
リリース、慣性をフリーにする時期がやや早めになるので
見た目、そうは行きませんが、
アプローチなどのショットでは
本当に 左手のひらを飛球線に向けたイメージのまま
ボールを打つコトが可能です。

✋スライスに苦しんでいる人はイヤでしょうねー💦

これはドリル ではなく、
フルショットもそうですが、小さなアプローチ、
パッティングストロークの感じに非常に有効なイメージです。
ショットの『ハンドファースト』はそういうイメージから生まれます。
今週末 やってみてね♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ