◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年07月



練習場のボールでドロップする位でOKです



【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッドのヒール部にあるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N− N+ を目安に
  お好みの状態を決め
  シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



       
original LOFT Face-Ang. LIE
N- 0 0 59
LOW1 -0.5 -0.5 59.5
LOW2 -1 -1 60
LOW3 -0.5 -1.5 60.5
N+ 0 0.5 61
HIGH1 0.5 0.5 61
HIGH2 1 1 60.5
HIGH3 0.5 0.5 59.5
N- 0 0 59
       
9 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9 0 59
LOW1 8.5 -0.5 59.5
LOW2 8 -1 60
LOW3 8.5 -1.5 60.5
N+ 9 0.5 61
HIGH1 9.5 0.5 61
HIGH2 10 1 60.5
HIGH3 9.5 0.5 59.5
N- 9 0 59
       
9.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9.5 0 59
LOW1 9 -0.5 59.5
LOW2 8.5 -1 60
LOW3 9 -1.5 60.5
N+ 9.5 0.5 61
HIGH1 10 0.5 61
HIGH2 10.5 1 60.5
HIGH3 10 0.5 59.5
N- 9.5 0 59
       
10 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10 0 59
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9 -1 60
LOW3 9.5 -1.5 60.5
N+ 10 0.5 61
HIGH1 10.5 0.5 61
HIGH2 11 1 60.5
HIGH3 10.5 0.5 59.5
N- 10 0 59
       
10.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10.5 0 59
LOW1 10 -0.5 59.5
LOW2 9.5 -1 60
LOW3 10 -1.5 60.5
N+ 10.5 0.5 61
HIGH1 11 0.5 61
HIGH2 11.5 1 60.5
HIGH3 11 0.5 59.5
N- 10.5 0 59
       
11 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11 0 59
LOW1 10.5 -0.5 59.5
LOW2 10 -1 60
LOW3 10.5 -1.5 60.5
N+ 11 0.5 61
HIGH1 11.5 0.5 61
HIGH2 12 1 60.5
HIGH3 11.5 0.5 59.5
N- 11 0 59
       
11.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11.5 0 59
LOW1 11 -0.5 59.5
LOW2 10.5 -1 60
LOW3 11 -1.5 60.5
N+ 11.5 0.5 61
HIGH1 12 0.5 61
HIGH2 12.5 1 60.5
HIGH3 12 0.5 59.5
N- 11.5 0 59
       
12 LOFT Face-Ang. LIE
N- 12 0 59
LOW1 11.5 -0.5 59.5
LOW2 11 -1 60
LOW3 11.5 -1.5 60.5
N+ 12 0.5 61
HIGH1 12.5 0.5 61
HIGH2 13 1 60.5
HIGH3 12.5 0.5 59.5
N- 12 0 59

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ちょっと面白い実験です。
 ぜひ ご覧ください。

からだの回転…ではなく
 モロに『からだの向き』をステップ変えています。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment
へそから上だけを見ると(角度によりますが)
 スイングと大きな差は無い、と思いませんか❓

尚 ステップでの体の向きの変更には
前傾姿勢が存在し得ないため、
本来は必要の無い インパクト直前での
ヘッド(クラブ)の下への振り、キャストが入るのは
ご容赦ください。


これのポイントは   あります

➀『回転と言う横運動で腕を縦に動かす為』
 まずは 
右向きのまま
 クラブの重さ(腕の重さも含まれるのかは不明)
 グリップを先に「落とします」
 下げるのではなく 「落とし」ます。
 ✋絶対的にコレが先 です。
 ヘッドを落とすのではなく
 クラブの重さを使って 腕が下がる
(下げる)と言った感じ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
先に回転が始まって あとから腕 だと
クラブの構造上、ヘッドとグリップの高低差が無くなり
グリップが縦に動かなくなります。
フェースが外を向かず、ロフトも開きます。

➁『クラブに横運動やねじりを加えない』

 グリップを落とす〜下げる と グリップエンドの
 その行き着く先は 自分 です。
 そのまま…では 自分のお股か、左太もも辺りに
 グリップエンドが突き刺さるような方向
に落とします。
 まあ 腕の関係なり と言った感じです。
 ✋ヘッドやクラブをボールの方に出したりはしません
 あくまでも クラブは腕の中、体の中で
 ほぼ グリップには横移動は加えません


➂「回転と腕の落ちのタイミングを知ろう」
 グリップが落ち始めてから…
 このままでは 危ない、ぶつかる、と言うタイミングで
 右向きを解き、左を向きます。
 からだの回転と言う意味では
 かなり遅いタイミング
 に感じると思います。

ぁ嶌枯咾瞭阿、移動はイコールからだの向き』
 グリップの移動は決して妨げません。
 ダウンに相当する箇所で 下がったグリップには
 今度は上がる逃げ道を作ってあげるため
 ボールと正対することは無視し、一気に左を向きます。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)
実質的には クラブによるグリップの下がり は
左腕の下がり です。
そして 左腕の下がり は からだの回転の始まり ですので
同時、と言えば同時なのですが、
寝かし癖のある方は その修正のため、
『右向きのまま』、ほんの少しでも
クラブの重さのかかっている方向に、その重さで
グリップを『先に』落としましょう。

ァ悒ラブターン、フェイスターンは必要なし』

 切り返しを始めて以降、
 グリップは体の左サイド、ヘッドは右サイド
 この位置関係は インパクト以降も基本変えません。
 😓リリースが必要な程の速度では出来ませんので…

【スイングの終わらせ方_Moment
インパクト以降の抜き方は また 別の記事でやりますので
なんとなく…で良いので 真似で行ってみて下さい


Rさん 素振りで良いのでやってみませんか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラの映像からご覧ください

お二人のスイングで 圧倒的に違い があるのが
切り返しからの 回転に対する『左腕の付き』
 『回転に伴う左腕の移動』 です。
Rさん独特の 切り返しでの クラブ&左腕の残し は
(見た目には寝かし…に見えます)
通常、かなり激しいフェースターンをする為の前準備 として
行われます。
 おそらく 前世の記憶 なのでしょう。
自分なりのタイミングの取り方とも関係があるかも…です。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






クラブを寝かして(倒して)しまうので
その重みによって 左腕がボールの方に押され、
浮かされてしまうので インパクト直前まで
バックフェイス
(アイアンで言えばキャビティ部)
ボールに向いてしまい、同時に腕も加えた重さ を
支えるため からだを起こし始めています。
👉そのまま下げたのでは
フェースでボールが打てませんので
急激な腕のロール(フェースターン)を加えた
 ヘッドの落とし(キャスト)が入るので
妙な形でのグリップのインへの切込みになっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






Rさんのスイング…
クラブ扱いで強く感じるのは
 スイングの中に クラブの縦の移動が少ないコト です。

クラブの構造で ヘッドの重さ+シャフトの柔らかさ(しなり)によって
自然なヘッドの遅れは発生しますが、
ヘッドの縦の移動が少なく
回転と言う横移動が中心になってしまうと
ヘッドの遅れ は クラブの捻じれ 👉ロフトの開き になってしまいます。

腕で下に振れ! と言う意味ではありませんが、
回転と腕の働きによって グリップに縦の移動を与えないと
ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち 👉フェースの外向き になりません。

🔴ヘッドの遅れは放っておけ
🔴からだの回転で
 は忠実に守られていますが、
それが逆に 
→ヘッドの重さによる遅れ〜ロフトの開き にしてしまっています。

ヘッドを縦に遅らせる は少々語弊がありますが、
今の状態であれば そういうニュアンスの方が良いと思います。


 推測…ではあるのですが、
からだの回転、傾きはあるとは言え
横の運動〜移動 で そのまま
 腕も横に振ろう としているのではないか❓
 と思われます。

からだの回転という横移動、横への運動を使って
腕は縦に動かす
と考えた方が良いでしょう。

回転によって 腕に遠心力を掛けない とは言いませんが、
回転に対し そのまま遠心力を掛けたのでは
腕は浮き、からだから離れてしまい
速度を上げることが難しくなってしまいます。

遠心力によって 腕が伸ばされる👉長さが長くなる
コトで ヘッドスピードの助力にはなっているので
遠心力を全く使わない とは言いませんが、
からだの回転通りの方向に腕を振っては
その行為ソノモノでは フェースはボールの方を向こう とはしません。


それら一切合切を含め
 問題は技術的な部分ではなく、
 イメージとして ボールはこう打つ とか
 クラブはこう振る と言う初歩的な思い込みのあやまち
 と思われます。

2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment
ですので 今のスイングに また何かをプラスアルファするのではなく
全く別なスポーツ、クリケットの打ち方とでも考え
➀トップの位置、右を向いたまま
 クラブの重さでグリップをほぼ真っ直ぐ落とす
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)✋自発的な下げる ではなく 重さで落とす
 始まりは自然落下感を掴んでください。
➁その重さでグリップを落とすと
 そのまま では グリップエンドが自分、
 自分の「お股」辺りに刺さってしまいますので
 
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)そのタイミングに 左を向きます。
➂素振り ではありますが、
 「お股」に刺さる筈のグリップが
 自分の前(🥎)側に少しズレ
 グリップエンドが飛球線を向いたまま
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)体の左向きと合流します。

先に クラブの重さで グリップを下げるので
あとから加わる 回転、横運動が縦に作用するようになります。

クラブ無し、クラブ有り での
素振りから始めてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん 暑くなりましたが、お元気してますか❓

 前回指導いただいてから2週間経過しました。
早くその後の様子を報告したかったのですが、
どうも「大変身」時の絵が撮れずに今になりました。
今回お送りしたものは、前回お送りしたものより後退しているようにも見えますが、
これ以上あがいても良くなるかどうか不明なので、
指導時の再現を待ってから・・・というのはは断念しました。

 ただ、実践も含めショットの出来(結果)は確実に良くなっているようです。
 トップから遅れたヘッドをそのまま体に巻き付くように遅らせ
(シャフトが飛球線平行になるイメージ)そのまま体を回すと、
ボールを探りに行かなくても
背中の方でヘッドが勝手に球を拾ってくれる感覚が
ドライバーで分かるようになりました
(なぜかアイアンよりドライバーの方がうまく行く)。
 腕は、クラブが横に通るのを妨げないように
うまく収納するだけで良いのだけれど、
そのためには、ダウン時にクラブを
少しだけ左側に寄せてやれば上手くいきそうです。

トップから一気に体を回し切る方が、
左腕は引き上げるように回した方が、
ダウンブローに入るとも思うようになりました。
また、腕は飛球線の方に出そう(刷毛塗りと思っていた)とせずに、
むしろ遅れるがままに体の近くに置いておく方がよいことなども含め、
長い間真逆のことをやろうとしていたことが分かりました。
 
 現状、シャットになっていないのは分かっているのですが、
とりあえず横に置いといて、
練習では新たに分かりつつある感覚を強化するようにしています。
 とりあえずご報告まで。


動画の編集が溜まってしまい、遅れてしまいましたが

アップします。次のもあるので お楽しみに✋
 
とっても頑張っていらっしゃる…とは思うのですが、
 ご本人も気にされていましたが…
  …ずっと気になる点を挙げてみたい、と思います。

それは ダウンスイング〜インパクトでの グリップの浮き
結果、としては『カラダからの離れ』 について、です。

グリップの浮き(低さ不足)やからだからの離れ は
重さとして体に掛かり それが からだの起き を生みます。
【Rさん 20210604】_Moment(2)
あくまでも 結果論、に過ぎませんが、
ダウンでのグリップの 上下方向の『付き』が悪いので
インパクト直前で ヘッド、クラブを下にリリースする必要が生まれ
…でないと 届かないですからね
それによって 左グリップの進行が滞り、
インパクト付近で 変なグリップの下がり が残っています。

【Rさん 20210604】_Moment(3)
今の状態…ですと
グリップが からだの向き という進行に乗っていない…
よく言う 遅れ になっているので
インパクト付近での「ヘッドターン」「クラブターン」を
 カラダの向きでは行えません。
しかし、代替えになるハンドターンは
 無理して控えている状態 ですので 非常に中途半端。
おそらく ご自分でも もやもや の中に居ると思います。

以前よりは良くはなっているのですが、
ダウンスイング、切り返しでの変な寝が始まり ですが、
ご本人も寝かせようとはしていないと思います。

コレ 無理にグリップを下や前(進行方向)に押す
動きを入れると この症状はより増しますので お控えください。

さて どうするか? は
 途中 動画をはさんでいます。
もう一つの動画もあげてあります。

Rさん、だけでなく かなり多くのゴルファーが
 誤解しているのではないか❓ と言う部分ですので
 次の記事にて 解説させて頂きます。 お楽しみに✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロフトを立てる ₌ フェースを円弧の外に向ける
アドレス時を基準として
ロフトを立てる動きは
クラブにねじれ、ひねりを入れなければ
移動、運動に対しては ヘッドの重さ 
「ヘッドの遅れ」によって
半自動的に作るコトが可能です。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

そのまま 打てば良いだけですから
クラブにねじれやひねりを入れないコトに
意識を傾けるだけで可能です。

一方、 ロフトを増やす ₌フェースを円弧の中に向ける は
トップからインパクトまでの間に
グリップよりもヘッドをたくさん動かす必要が生まれます。
ですので ヘッドの遅れは大敵になります。
グリップよりもヘッドをたくさん動かすには
どこかの時点で からだの回転を減速、止めるか、
クラブの移動 と からだの向きの変更 を
分離させる必要、平たく言えば 手振り が必要になります。
【ゴルフスイング】 20210701_Moment

ですので フェースを円弧の中に向ける、
ボールを円弧の中に掻き入れるような振り方/打ち方 に対し
手で振るな、からだの回転で打て とは
ボールを打つな と言っているのと同じです。
からだの回転で打とうとすればするほど
ヘッドは遅れ、ロフトの開き としては良いですが、
それに フェースの右向き(右打ち)や開きが
付いてきてしまうので 後々、フェースの返し〜手振り を
より強めなくてはならなくなります。

ヘッド単体を動かせば
スイングの軸点は 左に移行出来なくなります。
ヘッドがグリップを追い越せば
自分のヘッド(頭)は蕕坊垢、残ります。
スイング軌道で言う、最下点はボールの手前、蕕
来やすくなるわけです。

それは右サイドの下がり や からだの開き
 を誘発しますが、そうしないと打てませんから
ソコを技術的に改善するコトは出来ません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)


アマショットのスイングが
ボールより手前が大きくなり、
ボールより先が小さくなる のは必然 で
フェースを円弧の中に向けるのが早い ので
当然、フォローは大きくなりませんが、
そこも 技術的には改善出来ません。

別件で『リリース』の件も書きましたが、
リリースは少なくとも グリップがボールを追い越した
インパクト直前、もしくはインパクト以降 が
理想であって、ウエッジやショートアイアンでは
そのリリースすら存在しない場合もあります。
クラブ、ヘッドの慣性のフリー化である『リリース』は
 スイングの終息へ向けた打撃のオマケ に該当します。
その 打撃のオマケ の部分をメイン に
ボールを打とう とするのですから
 いろいろと難しい問題は出てくるでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



簡単に ボディ・リリースとハンド・リリース の
違いを説明しておきましょう。 

まあ 一般的には ボディターンとハンドターンですが
『リリース』と言う言葉の方がイメージが掴み易い気がします。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)
少々、大袈裟に言うと ボディ・リリースにおいて
スイング中に発生した 遠心力などのクラブの重さなど不可抗力を
フリーにする『リリース』はしない、意図的にはしません。
ドライバーショットなど 大きな不可抗力が生まれてしまう場合は
それを保持し続けるのは 危険、
 手首や左腕、首などを傷める可能性があるので
クラブの重さをフリーにする『リリース』はありますが、
それが ボールを打つ主のチカラ ではありません。

👉ここの部分 では 見た目は似ている と言えるでしょう。

一方 ハンド・リリースの場合、
ボディリリースの 不可抗力が大きい場合を似ていますが、
コチラは そのクラブの重さをフリーにして
 よく言われる「クラブを走らせるコト」が打撃の主エンジンです。
ソコの部分が 最大の違い と言えます。

【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

素振り…ではありますが、
ふたつをやってみて 違いを見てみると
✋やはり 切り返し以降、ダウンスイングからの からだの向きの変更は
あくまでも見た目 ですが、
ボディ・リリースは左半身主体
ハンド・リリースは右半身主体

  ハンドリリースの場合、スイングの中途、ダウンスイング後半で
左肩の回転方向が 横ではなく、縦気味に変わり、
クラブを走らせるための支点、
 左グリップの横移動が減衰させているようです。
(見た目 としては 右サイドのもぐりに見えます)

✋また 考えてみれば 当たり前ですが、
ハンド・リリースの場合、
ヘッドを走らせる、グリップを追い越させる為に
 ヘッドのリリース、下への解放も早め・多めになります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)





✋リリースを司る 右腕の伸ばし の役割も
 ボディ・リリースの場合は グリップの横〜下移動の補助
 ハンド・リリースの場合は グリップに対するヘッドの『出し』

 と異なって見え、目的の異なるリリースではあっても
 不可抗力の大きなドライバーなどは
 似たり寄ったり になったりしても、
 不可抗力の小さなショット、アプローチなどでの
 ヘッドの出し方の違いに影響すると考えられます。

この二つ では
ボディリリースでは リリースが無い・遅い
ハンド・リリースでは リリースがある・早い ですので

➀は入射角度がキツめ 打ち出しは低め
➁は入射角度がゆるめ 打ち出しは高め

➀はロフトは見た目は立ち気味(地面に対する)ですが
 入射角度に対しては多めになりますので スピンは多め
➁はロフトは見た目(地面に対して)は寝気味 ですが
 入射角度が緩くなる分 スピンは少なめ

だけでなく 最下点も
 ハンドリリースの方が中め、右めになると考えられます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そこそこメジャーなスイングの悩み に
「オーバースイング」 があります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

このケース も
「オーバースイング」になってしまう原因
「オーバースイング」したくなる原因 を
突き止めず 形だけ「小さく」しても
タイミングが取れなかったり…
現場に行けば いつも通りに戻ってしまったり…
ということになりガチでしょう。

技術的に、手順的に、「オーバースイング」になる要因は
それぞれ あると思いますが、
かなりの割合で 根っこ にあるのは
腕の上げ下げ や 腕の振り具合、腕の力具合 が
 打撃の強さ である で根付いているコト だと思います。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

フェースローテーションを含め
 腕を使う強さが 打撃の強さ と染みついている人
にとって その勢い付け となる
切り返しでの 腕のヒッチ は 打撃の必須アイテム でしょう。
(上がった腕を 切り返しでもう一度引き上げる行為)

また からだの回転を 腕を振るための予備動作(勢い付け)
としている方は オーバースイングになりガチ です。

ですので それぞれ 元になる原因を解決せず
形だけ 「オーバースイング」撲滅 にトライしても
かなりの確率で 挫折することになり易いでしょう。

なんとなく 歴代のいろいろなプロのスイングを
思い返してみると
からだの回転で クラブを動かしている、
ヘッドを振らない、シャフトを振らない プロには
コンパクトなトップの人が多い気がしますよね❓



フォロー側は 慣性、勢いがあるので致し方ありませんが、
もしも スイングをゼロ、白紙の状態から作るのであれば
スイングに 意識的、積極的な腕の上下 は殆ど要りません。
自然な形で からだの回転で上がり、
からだの回転で下がる 程度で十分です。

今や からだの正面 と言う定義も
胴体を捩じるのが主流になりつつあるので
非常に曖昧な表現になりますが、
からだ、この場合は骨盤やへそ を前と定義し
その幅の中にグリップを置いて置き、
からだそのものの向きを変える、
クラブ単体を動かそうとしない
と言うのが 基本になる訳 ですが、
そのベースの考え方 は
 弾道を決める、距離を決める要素である
🔴ヘッドの上下左右の入射角度(軌道)と
🔴ロフトの向き、フェースの向き を
複雑に混合させない、狂いの幅を狭くする
 と言う確率論から来ます。

距離の元になる 運動の速度 は
 からだの向きを変える速度 です。
b6066d09

なんだか 理屈っぽくなる訳 ですが、
そこまで思い至らないと
「オーバースイング」ですら 解決しないのです。

たまたま リゾート地で撮って貰った
自分のスイング映像で 見た目が格好悪いから、と
オーバースイングを修正しよう 程度 では
治ることはないのです。
    治す必要がないのですから…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に有効と言うわけではないでしょうし、
フェースローテーションで上手く行っている人には
 あまり有用ではないでしょう。

単に カラダでクラブをターンさせる→ボディ・リリース
手でクラブをターンさせる→ハンド・リリース
の違いを説明してるに過ぎません。 

手を返す、ヘッドを返す〜フェースローテーション
これ等をしたくない と思っている人に向け、
 実は 手を返す動きは こういうイメージから始まったり、しますよ
と言う話し、です

Logi Capture 2021.07.23 - 19.35.03.01_Moment質問がありましたが、
両腕とからだ(胸)で作る三角形の「表窓」「裏窓」
こんな感じ。

【写真上】打ち手の自分から見える その枠を「表窓」
【写真下】下側から、肘側から見える その枠を「裏窓」
と仮称しています。

実験を手伝って頂きました。
🔴ダウンスイングから 裏窓を飛球線に向けたまま
カラダの向きで クラブをターンさせる と
🔴今まで通り、です

やや緩めの速度ですので、本格的なスピードになれば
もう少し紛らわしく、なるとは思います。

今まで通り であっても
ご本人は極力フェースターンを避け、
からだの回転で とは思っていましたが、
裏窓を向け続けたまま インパクトに入る
(それ以降のリリース、慣性のフリーはOK)
 あくまでもインパクトまでのイメージですが、
抜け方に大きな違いが出ます。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment

蛇足…ではありますが、
スライスを避けるため、フェースターンをすれば
フェースターンをしないよりも 軌道はより一層インに切り込みます。
すると その軌道に対しての右回転をさせないフェースは
想定よりも多く必要になり、多くフェースターンすれば
またまた さらに軌道はインに切り込む という
逃げ続けるゴールになってしまいます。

右回転/左回転 と ボールをつかまえる は
全くではありませんが 別物 と言う認識が無いことから
その「スイング迷路」は始まるのでしょう。 

【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)


カラダの正面で、とか、
アドレスの腕の姿勢、、、
 三角形をボールに向ける と言う意識が残っている と
どこかで 左サイド、 左肩なり、左グリップの減速、停止、
 の動きが入ってしまいます。

結果論、ではありますが、
 手の返し、ヘッドの返しをするには
 回転軸になる 左サイドのどこか が減速しないと出来ませんから
 無意識化 で その動きが入る訳です。
一般論では それを「左サイドの壁」などと呼んだりしますし、
 おそらく…ではありますが、多くの人は
 左サイド、左腕と左サイドの絞り、硬直 みたいなもの【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 『インパクトの感触』として掴んでいるのだと思います。

また シャフトの走り なんて言葉は
 その動作を暗に促している気もします。


腕と胸で作る三角形を ボールにどう向けるか と言うイメージですが、
インパクトで ボールと三角形を相対させる…には
 ヘッドの重さ 〜クラブの長さ、運動による積算 が邪魔になり、
 放っておけば ヘッド分は遅れ、度合いにもよりますが、
 それに引きずられ 肘や腕の付け根 も遅れます。

よく言われる インパクトを待つ〜遅れを取り戻す もありますが、
ヘッドの返し や 手の返し をするのには
回転の先頭である 左サイドがどんどん行ってしまったのでは
追いつくことが難しくなります。
原則、手の返しはどこかで 左サイドの移動が止まる のですから
回転する主体が 左サイドではなく 右サイドになりガチ
  なのも 比較動画を見ると分かります。

本来は 『からだ』の回転は からだの芯(幅の真ん中あたり)
 箇所としては 曖昧で構わないと思いますが、
 よく言われる 軸に対して 左右が似たような風に動くから
 「軸がある」 と言われるわけですが、
 手の返しを打撃の主にする人の場合、
 左サイドよりも 右サイド方が積極的、能動的に動いており、
あえて言うのなら 左サイドを軸にして
 右サイドを動かしているようにも見えます

そういう意味合いでは 左サイド主体、
  左サイドだけでまわる位のつもりで 左右対称なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転の為に からだを回転させている訳ではありませんww

腕を移動させ、グリップを移動させ、
 その駆動で、リニアにヘッドを動かしたい のです。

頭の中では分かっていても
 実際、振ってみる、打ってみると
 そのからだの向きの変更に
 リニアに 腕、グリップ、ヘッドが付いて行かず、
 結局、ボールさばきのトコロは手で振ってしまう…
 『あと振り』になってしまうのが 手打ち です。

👉そういう意味では
 からだの回転を意識すればするほど
 手振りや手打ちが深まってしまう可能性があるのです。


(左折注意_Moからだの回転…その意識を からだを輪切り にして
 肩や腰、と考えるのではなく
 左右に分けて と言う題材がありました。

✋テークアウェイ、トップまでは
 右への進行ですので 右半身
✋切り返し、ダウンスイング、フィニッシュまでは
 左への進行ですので 左半身
それを 主エンジンとして動かしましょう と言う話です。

あと振り(手振り)を避けるため
 意識として ですが、
その半身 右半身/左半身 には 『肘までの 上腕が含まれる』 
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)









ですので テークアウェイでは
 右半身に 右上腕〜右ひじ含まれますので
 ソコがどんどん動く、
切り返し、ダウンスイング以降では
 左半身に 左上腕〜左ひじ含まれますので
 ソコをどんどん動かす、ソコが向きの変更の主体 です。

特に切り返し、ダウンスイング、では
 腕やクラブの重さは増し易く、
たたんで行こうとするテークアウェイとは異なります。

 あくまでも意識…としてですが
左上腕、左ひじ先行…する位で丁度、だと思います。 

その時の注意点…ですが、
よく言われる 茲離蝓璽鼻∈姑梢箸離蝓璽鼻,
それを先行して その後に打撃があるのではなく✋
左は先導者ではなく、主体で
その 茲離蝓璽鼻
この場合は 左上腕なり、左ひじの動きが
そのまんま 打撃 だというコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Rさん 劇的な変化❓の果て…の末、どうなったのでしょうか…

 既に2か月以上経っていますから
魔法は解けてしまっている…かも知れませんが、
ご本人の長年の懸念であった
「からだ(腰)の開き」
「からだの正面で打て」
「インパクト時のグリップの浮き」

は それらを一切意識しないことで 『一旦』解決しました。

スイングを考える時、
非常に混乱し易いのですが、
正規な 向きの変更の中 では
当り前 なのですが、からだの正面は常時、変化します。

ややこしいのですが、 カラダの正面で打つ  は
インパクトが からだの正面で迎えるコト ではなく、
カラダの向き、回転を主にクラブを動かす と
『結果、として からだの正面で打つコトになる』
 のが正解です。

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)✋左右の腕の長さ、その関係を出来るだけ変えず
ボールを打とうとすれば
からだの向きがボールと対峙したトコロが
インパクトになるのは理解できると思います。

ソコを履き違えている人が少なくなく、
 それによって ボールと体が対峙したトコロで
 からだの回転を止め
、気持ちの中 だけになるのですが、
 アドレスの体の向きとボールの関係を維持し、
 その時間を長く取るコトによって それを達成しようとした挙句、
 ボールを手振りで打ってしまう人が大変多いです。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







 それに付随して、例えば フォローを出す、
 フォローを大きく取る
 も
 止まったからだの回転に対し、
 クラブの慣性を利用しつつ、右腕を伸ばす と
 イメージしている人が多いと思うのですが、
✊正しくは カラダが左を向くコトによって
 左腕が 飛球線方向(それに平行)に出る
 です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

☀カラダの開き は
 からだの回転、ボールと対峙でそれを止め、
 ソコから腕、クラブを振るのですから
 その分、その時間差分、からだは開きます。
✊正しくは からだの開くことが打つコト
 インパクトは からだの開き始めに訪れますから
 からだを廻すことが ダイレクトに打つコトに繋がっていない
 それが課題な筈です。

☀インパクト時の 望まないグリップの浮き、
 ディッシュアングルの消失、前傾姿勢の消失
 は
 からだの向きが主体で腕を振っている のではなく
 腕の振りが主体で からだの向きが変わっているから
 左肩が上に逃げている結果 で
 スイングの主を からだの回転に移行しない限り、
 左サイドの浮き を無理やり抑えるのは 故障の原因になります。
似ている➁


一番根っこにある原因、を把握しないで
結果論として、動作の見た目を治す は
スイングやショットのより複雑化になりますし、
カラダへの負担も増えます、危険です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転を 横の輪切り にし
腰で廻っても、肩が、
肩で廻っても、腕が  遅れてしまうのでは
カラダの向きの変更は
 手を振るための準備に終わってしまいます。

(左折注意_Moですので
カラダを縦に割り、
 進行方向通り
👉右を向く時は 虍梢
👉左を向く時は 菷梢

を 1ユニットとして からだの向きを変える意識
 が良いのではないでしょうか❓

胴体が何もしない とは言いませんが、
主に お尻も含めた足廻りで行うコト をお薦めします。
 補助的な意味では 肩や腰 なども使うのでしょう


腰や肩などの 胴体部分を主力に
カラダを廻すのをお薦めしない理由は
スイングの基礎姿勢には 前傾姿勢があり、
✋それは 股関節を境とした 骨盤と大腿骨の角度差 であり、
その前傾姿勢によって【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment
 スイングの「ふところ」が作られます。
このスイングの「ふところ」を利用(通す)すれば、
腕が長くなっても(伸びても)
その腕の長さ分の『重さ』を受けずに済みますので
 全体への姿勢に影響が少なくなります。

腕がフトコロから大きく外れてしまえば
大きく重さがかかりますので 右サイドが下がったり、
左サイドが伸びたり、フトコロ(前傾姿勢)も消えてしまいます。


また ダウンスイングで

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)腕やクラブが そのスイングの「ふところ」に入る、
もしくは 通過するコトによって
その重さで 無意識の内に 
 前傾を維持し易くなります。

スイングの中で 運動速度が速く、
忙しい ダウンスイング〜インパクトで
感覚としてとらえにくい「前傾姿勢」
からだの回転、そしてそれに伴う
腕やクラブの重さ〜不可抗力によって 作ってしまう
と考えた方が良いと思います。

前傾姿勢…股関節部を…
 ダイレクトに意識して 維持するのは かなり難しいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社で販売している SYB EG-05改 もそうですが、
つかまりの良い…スライス殺し系のドライバー、
そして 現代のドライバーの特徴の『スピン抑制型』には
『より一層』飛距離アップを狙うコツ があります。
EG05_03
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

特に気を付けて頂きたいのは
 ゴルフ練習場で 簡易測定器 を使っている方です。
簡易測定器は ドップラー効果を使って
 弾道を計測しています。
多くの方が ヘッドスピードだけでなく
ボールスピード、それのミックスの「ミート率」を
大変強く気にかけているようですが……、
 この計測器では 縦であっても、横であっても
 スピン量を測るコトは出来ません。

✋ボールスピード は
 単純には 12度のロフトのドライバーよりも11度
 10度のロフトのドライバーよりも 9度のロフトのドライバー
 で打った方が 数値 は高くなります
✋多くの方が気に掛ける 「ミート率」の数値は
 分子:ボールスピード / 分母:ヘッドスピード になります。
 例えばですが、ヘッドスピード40ms、ボールスピード60ms
 であれば 数値としてのミート率は 1.5 になる訳です。

スピン量を加味しない 弾道計測機の場合、
 ボールスピード「のみ」が距離の元になるデータです。
遅い…よりも 速い方が良いのは嘘ではありませんが、
ボールスピードを上げようとして
 ヘッドターンを強くし、よりインパクトロフトを閉じて
 少なくしてしまうと 数値としてのボールスピードは上がりますが、
 打ち出し角度も低くなり過ぎ
 相応の浮力を生む スピン量も低くなり過ぎて失速…

『実際の』ドライバーショットとしては飛ばないモノ になってしまいます。
練習場専用の、架空のドライバーショットを作るコトになってしまいます。
ドライバー入射角度

ボールの速度、打ち出しの角度、スピン量
各各 この数値がベストだよ‼ というのは無いようなモノで
それぞれの組み合わせによって
その人その人の打ち易い、繰り返し易い組み合わせによって
 飛距離更新はなされるのですが、
最近の スピン抑制がとても強く、
SYB  EG-05 のように スライス殺し傾向の強いモノ では
ボールスピードやミート率の数値ばかりをおいかけるあまり、
打ち出しが低すぎ、やスピン不足のため失速のケースが少なくありません。



a5b965fd現場で、コースで 本当の飛距離アップを狙う‼
コースで実現可能な、再現可能な飛距離アップを狙う‼

のであれば  すこし プッシュ気味
練習場では ややプッシュスライス気味 
 位の意識で打ってみましょう。
🔴方向とすると 12時半〜1時位の感じです。

ヘッドの返し、フェースローテーション、を意識するよりは
インパクト付近が忙しくなく
 割合簡単に 「押し出す」 感覚は掴み易いと思います。

また 手ごね、手打ちで疑似的に造る インサイドからの入り、
 では 強烈なスライス になってしまうので
スイングの修正の練習としても大変、有効です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


頭の作業って言っても
頭をこう動かす とか そういうのではなく
頭の中、の作業ですよ、って意味です。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

何度も言うようで申し訳ないのですが、
🔴ボールを円の中に掻き込む
🔴フェースを自分に向けようとする
🔴本来は打った後の処理であるリリースを打撃のエンジン にする 
その意識を 本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、
変えようとしない限り、自分がちゃんと どっちに属しているのか、
理解しない限り、どんな技術的なやり方も馴染むことは出来ません。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment2021-05-19_23-05-25_Moment








世の中にある スイング論の多く、7割方、
🔴フェースは円の外に向けたまま
🔴ボールを円の外に弾き出す
🔴腕とクラブはほぼロックしたまま、からだの回転で打つコト
を前提にして 語られています。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)残りのモノは、その逆に ボールを円の中に掻き込む
フェースを自分の方に向ける方法でなんとかする、ですが、
こちらは かなり身体能力頼り なので
これもまた 難儀なのです。 

当り前に出来る人、例えばプロにとっては
カラダの向きを変えれば その上に乗っている肩も
一緒に動いている、回ったように見える訳ですが、
カラダを廻して、肩を移動させることが当たり前である人、
例えばプロにとっては
ボールを円の中に掻き込むように打つ、
カラダを廻して肩を動かすのではなく、
腕を動かすから 腕の付け根の肩の位置が動く
方が動いているように見える、その違いは理解出来ません。
腕を動かせば 当然、腕の付け根も動きます。
それが 廻っているように見える というか、
その違いを体験も勉強もしてきていないのです。
 だから プロに成れたのです。

全く違った概念、メカニズムで 打っている、振っている のに
姿、形だけを真似ようとするのは 無理ですし、無駄です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment

からだの回転で直にボールを打つ、
そういうスイングにするべきだ、それが正義だ、なんて決して思いませんが、
腰はこうする とか、肩をこうする などの技術論は 
打撃の思い込みの根本的な必然が違うので ほぼ何も役に立たない
というコトは理解して頂きたいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの回転
カラダの向きを変える は
腕の付け根と動かし、
 『"ヘッドの付いた"グリップを動かすコト』が目的です。 

まどろっこしいですが、ヘッドを直接持っている訳ではないので
グリップ、左右のグリップを動かさざるを得ません。

ゴルフクラブはそれソノモノも先端に偏重しており
ヘッドの『重量点』も偏重しているので
🔴左右のグリップ
🔴左右の腕の付け根 が どう動くか、
バラバラに動かす、出来れば 丸ごと 同じように動く…
出来るだけ似た方向に、似た量移動するのが理想的です。
(回転の箇所
一般的に からだの回転と言うと
肩を廻す 
→正しくは胸ラインを廻すですが…
腰を廻す と 『胴体を横に輪切り』にして
その箇所を意識するのだと思いますが、
ボールを効率よく、再現性高くヒットする、
その為のグリップの移動を考えると 
そう考えると 実はカラダを左右 縦に割った方 が
イメージし易い人も居るのではないかと思います。

✋箇所、としての 肩を廻す も 腰を廻す も
からだの回転として意識し過ぎると
良いインパクトに結びつかないことがあります。
👉ですので からだを 茵,函´蕁,吠けて考えるのも
一つの手だと思います。


(左折注意_Moスイング動作の回転、向きの変更は
右打ちの人の場合、
 テークアウェイの『へ行くか』
 切り返し以降の『へ行くか』

の二つしかありませんが、
必ず 明確な進行方向があり、
その方向の 先頭になる側 があります。
先頭が突っかえる、渋滞すると
いろいろ問題が起こり易い訳ですから
右へ行く時は サイド
左へ行く時は サイド

その 左右の体を積極的に動かす イメージの方が
カラダを横に輪切りして 肩を廻す、や 腰を廻す よりも
より良い打撃、
その 向きを変えるコトが打撃ソノモノ
 になるチャンスが高くなると思います。

意図しない手打ち、手振り は
カラダは回しているけれど
それが 直接、打撃そのものにならず、
仕方が無いから のちのち手で振る
 と言うモノが殆どです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも 腕で振る、腕を振る のを主体とするのを
お薦めしない理由はなんなんでしょう


腕を振った方が「スイングした」「強く打った」「振った」
「叩いた」と言う実感が強いのは確か
、なのですが、
腕を振るのをスイングの主体とすると…
例えばダウンスイングですが、
 グリップを強く下に下げようとすると
 それとほぼ同等に 左肩が上に逃げます。
 それは 右肩を下がるのとおなじですので
 ヒトによっては 肩の縦回転 なんて言っていますが、
 左右の腕の長さの都合が付き難くなります。
似ている➁

折角、強く振った、叩いた…のに
 右肩が下がり、
 それによって右腕の長さが短く
 左腕の長さが長くなってしまったのでは
 ロフトも立ちませんし、
 フェースが開いたり…

 それでは効率よく飛びません。

また ティーアップした空中のボールを打つのには
 それでも何とかなる…可能性もありますが、
 地面にあるボールを打つコトや
 アプローチなどに支障をきたす可能性もあがり、
 ショットの総合力、
と言う点ではマイナスです。

振れば振るほど 右肩が下がり、左肩が上がりますが、
 腕を振ると それに応じて からだの向きも変わります。
ラヂオ体操の要領ですが、
 からだの回す、、、つもりで無くとも
 腕を振ると カラダは捩じられ 向きを変えます。
 からだ自体を廻して 腕の付け根を動かしたのとは異なるのです。
その 受け身、反応として からだの向きが変わった
 ソノモノではボールが打てず、その後に別の、
 追加の打撃動作が必要になります。
 そして それが打撃の本番 になる訳です。

ボールと言う定点がありますので
 ボールから離れた左腕の付け根(左肩)
 ボールに近づいている右腕の付け根(右肩)

ボールを打たないのであれば
 左腕は伸びやすく、
 逆に右腕は伸ばし難くなります。
その長さの入れ替え が 手の返し、フェースローテーションです。

まっさらなゴルフスイング知識であれば
 これが複雑で 再現性が高くないのが理解できると思います。


🤒ここからが問題なのですが……
 
 腕を振るコト
 それによって からだの向きが変わる

 【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 腕の振りで、カラダが捩じられるコト が からだの回転 で
 長年打っている方、打てている方に
 本当の意味での「からだの回転」を説明しても
 見た目は似ているが故に より一層伝わり難いと思います。

 からだの向きが変わって
 腕の向き、角度が変化する のと、
 腕を振って、それによって
 からだの向きが変わるのは、
  見た目は似ていますが、全く異なる…のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


下記口座」もお店としては嬉しいんですけどね😜 


ゴルフのスイングの話し では
切っても切れない、除外するコトの出来ない
からだの回転の話し です。

「からだの回転で」…のニュアンスですが、
もう念仏というか、商売している人にとっての税金…
みたいな ちょっと煩わしいニュアンス を含んでいますよね🤒
とりあえず 知ったかぶり❓ 上級者のフリ❓には
「お前は手で振っている、からだの回転で振れ」
って言うのが一番手っ取り早い、んでしょうけれど、
その言葉を使っている人も 
それがなんなのか掴めていない 場合が少なくない と思います。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment


➀先ずは それが何なのか から始めましょう。

 ヘッドにはロフトやライ、フェースの向きなどの
 ボールを飛ばしたり、狙い通りの方向に打ったりする為の
 鍵になる『角度』が備わっています。

 どの角度を、どのようにボールに当てるか によって
 ヘッドスピードなりに飛ぶか、
 構えた方向に飛ぶか、
 真っ直ぐ行くか、曲がってしまうか 決まってしまいます。

 そのゴルフクラブは 両手で握っており、
 打撃部であるヘッドではなく、
 棒の反対側のグリップを握っているので、
 左右の手の長さ具合 や その腕の付け根の高さや位置 に
 よって 弾道、距離などを決まってしまいます。

 繰り返す〜再現性、安定性と
 ゴルフショットの最大の魅力 飛距離
 その両立には 出来るだけ複雑にしないで
 動かす、意識しなければいけない箇所を減らす方がベター
 というのが 「からだの回転で」 の始まりです。
似ている➁

 ですので からだの回転は「からだの回転」が目的ではなく、
 ヘッドの付いたグリップを移動させるコト、
 それを安定して、効率よく移動させるのが目的なのを履き違えないように
 する必要があります。



支部長のコメントにもありましたが、
最近の 職業ゴルファーの主流は
「腕を振り、それに合わせてからだの向きを変える」です。
これで 安定して、再現性もあり、飛ばせるのなら
別に意見するコトはありませんが、
アマチュアゴルファーの基礎的な身体能力や練習量、
そして クラブの基礎構造を考えると
✋クラブを持った腕
✋その腕の付け根を 左右丸ごと
✋カラダの向きで変えた方がベター
 と言うだけのコトです。


 からだの回転を意識し過ぎて
 ヘッドの付いたグリップ
 そして それを持っている腕
 その付け根を左右丸ごと動かす
 と言う目的を忘れてしまって、
 カラダばかり回してしまっては意味がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 御本人談 『5鉄の フルショットです。 スイングの終わらせ方は 全く意識しておらず、何もしていません。 右手首ロック、ハンドファースト なども 意識外。 脚で打とう! 脚による身体の動きで打とう! 腕は 使わない。 そう思い込ませて 動いて 打撃したものです。 悶絶クラブが 教えてくれる領域 と考えています。 フォローも 意識して 止めている訳でもありません。 寧ろ 腕は全く使っていません。 使っているのかもしれませんが 意識はありません。 フットワークと視線のコントロールのみ。 やることが少ないので 再現性が高く ミート率と効率が向上した様で 自分としてのゴルフライフ上 最高のラウンドを重ねることが出来ています。 (ここ最近 78、80、73、77🙀) ドライバーの飛距離も 方向性も伸びました。 暫く これを続けます。』
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


個人的な意見ではありますが、
安定していれば インサイドから、だろうが、
アウトサイドから、だろうが、どちらでも良いと思いますし、
それであれば 左右の軌道よりも
上下の軌道 そして、ロフト姿勢に
 注意を払った方が スイングの改善や
  自分の課題克服にもつながっていくと思います。



 目標があり、それに向かって
 アドレスを取り、その目標線〜ターゲットライン
 に対し、線の内側から、線の外側から
 と言う理論は
 ヘッドの軌道…ヘッドをどの主エンジンで動かすか
 を無視してしまっては議論の外
 です。
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

 ヘッドの返し、手の返し、フェースローテーションで
けんだま左右(インサイドアウトやアウトサイドイン)の軌道を
作ろうとするのであれば、それはあまりに刹那のタイミングや
具合、加減によるモノなので
個々の人がココで掴み取るしかありません。
けん玉本体を回転させながら とめけん(尖ったところに入れる)
のと同じでしょう。

 スイング動作の学ぶべき、シンプルなモノとは異なります。

 インサイドから 入れる を 言語化すると
 トップの位置で スナップロックをし、
 それを維持したまま からだの向き「だけ」で
 ボールを打つ。

 スナップロックを保持したまま、で。
 インパクトでハンドファーストを作るのではなく
 トップの位置で ハンドファースト=スナップロックを作り
 それを維持したまま、からだの向きだけでボールを打てば
 からだの回転通り インサイドから入って来ます。
 ハンドファーストはインパクト付近で造るのではなく
 元々作っておいたものを 維持し続けるに過ぎません。

 ヘッドの返し、手の返し、フェースローテーションで
 打った人のからだの回転は
 それを行うために 先に体を空き空間を作るとか、
 動いて反動で 腕やクラブを振る という
 元々の目的が異なっています。
 ですので 回転の方法を変える必要も生まれますが、
 インサイドアウト❓ は兎も角、
 インサイドからボールに進入 は
 それで成り立ちます。

 ドライバーなどの 運動速度が速くなるものでは
 スナップロック〜ハンドファーストを維持し続けるのは
 身体的に危ない、傷める可能性があるので
 インパクト付近でそれを解く、
 もしくは インパクト以降で解く
 と言うだけのモノです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 スナップロック〜ハンドファーストを維持したまま
 からだの向きでボールを打つ  →プロショット
 締まったロフトでインパクトし易いですし、
 重さの付いた長い棒を振らない ので
 それによって造られてしまう不可抗力も一定、
 管理し易いと思います。

 インパクトロフトや軌道も管理しやすいですし、
 それを一定に出来る可能性も
 先端を振って、リリースを打撃ソノモノ にするよりも
 遥かに高くなります。

 同時に色んな、ゴルファーのメジャーな悩みを
 解決する方法でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースの負のスパイラル に陥るパターンは
 ⚠硬くしならないシャフト
 ⚠その上、軽いヘッド
(シャフトが硬いことによってヘッドをより感じにくい)
から始まるコトが少なくありません。





意図的に行う必要は『一切ありませんが』
シャフトは しなる=短くなる と
 元の形、元の長さに戻ろう(しなり戻り)とします。

また シャフトのしなり しなり戻り は
 ゴルフスイングは 横の運動、横移動が
 主となるため、その時機、ヘッドやクラブの位置や姿勢
 によって その復元の『作用』も異なって来ます。

ダウンスイング時、
 フェースが上を向いている(開いている)、
 フェースの上を向いている時間が長いと、
 そのしなりもどり →元の長さへの復元 には
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや上方向に押す作用がかかります。
逆に フェースが下を向いていると
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや下方向の押す作用がかかります。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)

硬いシャフト、オーバースペックなクラブを使っている人は
全員が該当するとは言いませんが、多分に
➀テークアウェイでシャフトをしならせる
 はフェースを開く、ロフトを開く に該当。
➁ダウンスイングに入ってから ダウンスイングの前半も
 よりしならせる時間帯 に。
動作で言うところの 下半身は回転するけれど、
上半身は残す。。。胴体を更にひねる…そんな感じになります。
➁"ダウンスイング前半 でシャフトをよりしならせる は
 テークアウェイ以上に ヘッドを開き、フェースの上向きを強めます。
➂そのまま…では フェースでボールが打てません、から
 ダウンスイング後半のどこかで…
 インパクトの直前に 『グリップの移動を止め』
 ヘッドの回転、シャフトのしなり戻し が必要になります…
い修海妊轡礇侫箸鬚靴覆蠅發匹垢
 シャフトの復元の作用は グリップを上に押す方向に働き易く
 左脇を絞って 左肩の上りを抑えつつ
 右サイドを潜り込ませる ような動きがどうしても付きまといます
⓹地面反力 のような 上への蹴り は
 そんな動作の成れの果てと言えるかも知れません。
 もぐりながら 上に振る そんな過程で
 インパクトに入りますので
 最高でインパクトが最下点、
 当然、ボールから先のターフなんて…不可能です。
➅また、グリップの移動を止めるので
 回転や腕の振り という横移動を拒否することになり
 ボールは中寄り、右寄りで無いと届かなくなります。

🤒シャフトの復元(しなりもどり)、
 長さの復元によるグリップの押され、
 それによる 早めの時期にインパクトが訪れる を
 体験するコトが出来ず、
 グリップを止める が打撃の肝 ですので
 シャフトの復元〜元の長さに戻る
 ヘッド/グリップを双方を動かす効果を殺してしまいます。

 そういうスイング感覚であると
 大きなシャフトのしなり になる 柔らかいシャフトは
 しなり戻し するのに時間が掛かり、
 間に合わず 開いたまま当たるか
 左サイドが上がる方(右サイドが下がる)に強く作用するため
 好まれることはないでしょう。

逆に 適正な硬さ、もしくは柔らかめなシャフトを使っている
または そのようなクラブでスイングを覚えた人が
全員 そうなるとは言えませんが、
しなり易いシャフトは 意図的にしならせようとはしないモノです。
意図的にしならせると
ヘッドの重量点はシャフトの延長線上に無いが故に
ヘッドの回転(開き/閉じ)やそれによるグリップへの作用や
クラブの重さ感の変化、その重さ感のベクトルの変化など
あまり良いことが無いことを知ります。

柔らかいシャフトのクラブを
たくさんしならせて たくさんしなり戻して打つと
飛ぶんじゃないの❓ と思われる方も居ると思いますが、
たくさんしならせて たくさんしなり戻す というコトは
同時に それを産みだす グリップの移動の止まり が
必要になります。
グリップを止めて シャフトのしなりの反動で打つ方が飛ぶのか、
グリップを止めずに その流れのままヘッドを移動させた方が飛ぶのか、
安定して✋ 繰り返す✋ というコトを条件に加えると
どちらが良いかはお分かりになられると思います。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

また シャフトのしなり、しなり戻り の効果は
ない訳では無いですが、その長さの復元 を
グリップの押し、移動の手伝い にするには
ダウンスイングの早い段階での フェースの下向きが必須条件で
フェースが上向きである限り、ボールを打つための
押し、移動の手伝いの妨げにはなっても 手伝いにはなりません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチなどの クラブの慣性の少ない場合 や
飛距離よりも より一段と方向や確実性を優先する場合 などは
リリース(右手のスナップロックを解放)をしないコト
 は多々あります。
【スイングの終わらせ方_Moment

✋リリースは別称「クラブの慣性〜重さを解放する」とも言います。

世間様では それを『ライン出し』等、呼んでいますが、
それはさておき ドライバーなどの
慣性が大きく、スナップロックを保持し続けられないショットでは
手首や肘、からだを傷めてしまう可能性があるので
インパクト以降 それを解放するのは問題ありません。
 ⚠むしろ、危ないですから 開放してください。
2021-07-03_01-20-29_Moment

しかし、ソコの部分を勘違いすると
 放火した火の消化で苦労するスイング造り になってしまいますので
間違わないで頂きたいのは
 リリースは 安全にスイングを終わらせる為の作業であって
打撃の主要部分、打撃ソノモノとは言えない、
 と考えて下さい。

リリースを打撃のメインパーツ と考えていると
 手打ち、手振り、からだの回転との分離、
 手の返し、フェースローテーション など
本来、スイングに必要の無い動作 を覚える必要が生まれます。
 からだの回転から分離する、
 からだの回転を止め、それを利用する腕の振り は
ヘッド、フェースを回転させてしまうため
 ものすごく複雑な作業で、それを再現するのに
 ものすごい修練とメインテナンスを要することになります。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

リリースの記事でも書きましたが、
少なくとも グリップエンドがボールを追い越すまで
そのリリースをするのはおすゝめ出来ません。
逆に言えば グリップエンドがボールを追い越したら
リリースはOKですが、
 ヘッドに追いつかれないよう カラダは回し続けた方が
 フォローも大きく、長く出易くなります。

リリースはあくまでも スイングを安定して、
 かつ 安全…体への負荷を減らすための作業であり、
それソノモノが打撃ではない と言う認識は絶対に必要です。


リリースが打撃、打撃の主要パーツ と言うスイングでは
からだの回転は 腕やクラブを振るためのモノ になり
無用なからだの捻じれ を作るスイングになります。
テークアウェイを手上げするのは
リリースする為の準備になり、
 カラダを捻じりますので 加齢とともに その量は減ることになります。
本当に マッチポンプ なのですが、
 飛ばすためにリリースを強くする
→そのために より振り遅れ を作る
→が故に 手振り からだの捻じれ を作り
→が故に より大きくロフトやフェースが開き
→が故に より強いリリースが必要になり
そして 加齢とともに 極端に飛距離が落ちる

  と言う リリースの負のスパイラルに陥ります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











リリースは本来 ロフト、縦の作用 です…… が
カラダの右向きの少ないテークアウェイになれば
 開いてあげて 閉じて降ろす という
ヘッドの向き、フェースの回転という
 ロフトの縦に対して、ヘッドの横の回転が混じるようになり、
リリース無しでは 高い、ハイスピン、スライス になりますので
リリース無しでボールを打てない薬物中毒になっちゃいますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転は
足とお尻、そこが 主、 ほぼ全部と言えるでしょう。
肩の動き(補足的な回転)は どちらの方向であっても
 腕とクラブの重さで
骨盤に対し、遅れやすい肩を 同調させる程度 です。

軽いアプローチが出来るようになったら
徐々に 強さ、速度、大きさを上げていきましょう。

【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment


アプローチから始めていくと
打つ強さ、打ちたい距離 に応じて
動作も大きくなっていく訳ですが
例え フルショット であったとしても
手を 上げる意識は 必要ありません。
きっと 必要分、高くなります(必要最低限)


トップの位置 の腕 は 
その状態が インパクト の状態 です。
土台になる からだの向きが変わりますので、
空間を移動しては行きますが、
意識として 腕自体は左右にも、上下にも動かさない
そんな感じです。


グリップなり、クラブなり、ヘッドなり を
上下に動かす事で
ダウンスイングで下に振るコトでボールを打つ人は
どうしても その準備として
トップの位置を高くしたがります。
勿論、高くでも構わないのですが、
その必要が無くなれば、その必要性を感じなければ
自然とトップの位置も 最低限の高さ で収まるようになります。
右ひじが曲がる分、程度しか
 左グリップの高さは上がらない のではないでしょうか❓

足、お尻でからだの回転が掴めるようになってくると
テークアウェイでの グリップの『高さの』必要性を感じなくなってきます。

軽いアプローチから徐々にフルショットに移行していきます。

✋動画を見て頂くと わかる かも知れませんが、
 実は テークアウェイでは
 グリップは殆ど高さを「上げて」おらず
 右ひじが曲がり クラブが釣られた分、
 上がってしまった…程度
 ひとこぶし、ふたこぶし 分程度動いた だけ です。
 


右ひじのやや外目 にクランチしますが、
基本は 足、お尻の動きでクラブが動きますので、
その横の動きの流れの中で…。

右腕、右ひじは テークアウェイの 慣性方向の防波堤になります。
クランチでその方向を誘導しない訳ではないですが、
クランチそのもの で上げる訳ではなく
あくまでも 足とお尻の動きのガイド的な役割です。
池田康二202520_Moment

股関節の可動域次第 ではありますが、
右向きの量 ではなく
右の太もも(やや内側)にがっちり乗れるかどうか、
右の太ももを 軸足に出来るか どうか です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりのゴルフショップらしい
ブログ記事です♪
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

橋爪晃彦プロ
に手伝って頂きました。
 ありがとうございました🤗

主な目的は プロのような速いヘッドスピードであっても
 ボールが吹け上がらず 噂通り飛ぶのか
 です。
EG05_03
テストに使った SYB EG-05 は
 ロフト角度-11度 ライ角度-59度 フェース角度-0度
 👉カチャカチャによる仕様変更無し

 ドライバーのスペックは
🔴ヘッド重量  237g
🔴クラブ長さ  44.25inカット
🔴シャフト硬さ 145cpm

            …245cpmじゃないよー

ヘッドスピードを 46〜47ms位 に抑えて頂いています。
  ⚠動画は 305ヤードを記録したモノ です。

元々の球質もありますが、
目一杯ヘッドスピード上げて頂いても
吹き上がらず傾向の球は皆無で、左回転が強くなる程度…
👉テストドライバーの振動数は 145cpmでしたが、
127cpmのモノは フックが強過ぎて距離は伸びませんでした。

今回の計測で 最高飛距離 322ヤード...だったかな

🏆コレはそのまま 当ショップの最高飛距離記録となります。
 ✋✋挑戦者乞う✋✋

スイングや球質にもよりますが、
このスペックであれば ヘッドスピード46msあれば
300ヤード超を狙えます。
まあ なんという時代でしょう🙀🙀🙀
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

本来 46msと言うヘッドスピードで
300ヤードを超すには
ボール初速、打ち出し角度、スピン量
それぞれが ほぼ最高のデータ
それがほぼ完璧に噛み合わないと出ない
奇蹟の一発、人生最高の唯一無二の一発 になる筈…だったのですが、
SYB EG-05 と 弊社オリジナルのニューシャフトの組み合わせ
かなり高い頻度で それが可能です。

特に、右回転気味、スライス気味、右への打ち出し
 でミスや悩みの多いタイプの方に最適
✋逆の ひっかけ、左回転、フックの方は
 非常にスピン抑制の強い ミステリーCF-455 がお薦めです

作った自分が言うのもなんですが…ホント、すごい時代になったモノです。


…ちなみに…ではありますが、

別な日、別な方で 同じスペックのSYB EG-05 で
ヘッドスピード41ms超 で 260ヤード超 を、
弊社ブログやYOUTUBEでも
 常連さんの自称:慢性飛ばない病 MR.K も
ヘッドスピード36ms強 で 220ヤード越えを、

それぞれ、かなり高い頻度で記録しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ