◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年06月


cap02肩を回す でも良いんですが
その肩を回す を根本的に狂わせてしまうのが
「振り子」のイメージです。

このようなアプローチを
平面上に映像化するとこんな感じになる訳ですが
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)からだの傾きに対し カラダ(肩)が回った、
向きを変えたので テークアウェイでは
右肩は後ろに下がり、
前傾姿勢があるので 位置として
アドレス時よりも高くなったに過ぎません。
カラダを、肩を上下に揺さぶったのではありません。

前傾姿勢がなければ 肩の高さは
その向きの大小有っても 変わることはありません。
そして、前傾姿勢は股関節に位置しています。
肩ではありません。

多くの方は この 肩の動き を
 間違えて使ってしまっています。
そういう意味では 肩で廻って 胴体を捩じるより
胴体丸ごと 向きを変えた方がシンプルだと思います。

肩は 他の関節(蝶番)に比べると
 ボールジョイントに近いので可動域がかなり立体です。
ですので 横の動きと縦の動きが混じり易いモノ です。

テークアウェイでもそうですが、
それは フォロー側にも出ます。

是非、実験して頂きたいのですが、
ウエッジを手にし、20ヤードのアプローチを
胴体の回転 と 肩の回転 で
いつもより ほんの少しだけ
フォローでグリップが飛球線方向に出るよう 
 打ち比べてみて下さい。
【スイングの終わらせ方_Moment

胴体ゴト グリップが移動する方 と
肩の回転で グリップを前に出すのでは
同じ力加減、同じ感じなのに 球種が異なります。

総じて 胴体ゴト、グリップが移動した方が
グリップは飛球線に出易い、多くの出る のですが
肩の回転で グリップを飛球線に出そうとすると
自分では前に出したつもりでも
グリップは高さを増す、高くなるので
 ボールは緩く、高く出易くなります。
✋回転したつもりでも 単に肩が上下に動いただけ
 になってしまうから、です。
入射が緩くなり、ロフトが増えるため、
バンスも張り易く、ダフリ・トップの原因になります。
また 回転を肩で行う、を強くしようとしたり、
グリップを手で押す、出そうとすると
より カラダが上を向くため、最下点は想定よりも
手前になるのも また、ミスの原因です。

特に、その肩の回転 と思っているモノが
 左右の腕の入れ替えだったり、腕の振りが主体のモノ
であると、余計に 横の回転ではなく、縦の揺さぶりが混じります。

ものすごく紛らわしい(JAROに報告)ですが、
🔴腕を振るコトで肩を回す のと
🔴肩を回したから 腕が移動するのは 別なモノで、
振り子の動きは それを間違えやすくし易いので
本国会で全面禁止案を提出したい位です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長年の習慣で 自分がどうしているのか
S20180921_Moment
気付けていないことは たくさんありますが、
スイング動作にとって かなり根源的な部分、
からだの回転について、です。

ハミングバードでは
特に、オジサンおばさん(45歳以上になるのかな)を対象に、
主に足で どこかの箇所ではなく、からだ自体の
向きを変えてしまう意識をお薦めしています。

あまり肩を遅れさせないように、
 足を主に腰を廻すのも良いでしょう。 

肩だけを廻す、胴体をひねる は
 若い人には可能かもしれませんが、
長く年月楽しむゴルフ では
 どこかで その変更が必要になる可能性、
 からだを傷めやすい可能性と
 同じ球を打ち続ける難易度 から
あまり おススメ出来ませんが…
 それですら 誤解をされている方も居るのではないかと思います。

田中どら_Moment(5)ココの部分は
 クラブヘッドは振るモノ、
 ヘッドは振るモノ、 という思い込み が
かなり関係している、とも思います。

当り前ですが、からだは 右も左も、腕も体もつながっており
右サイドを動かせば、無理をしない限り、左サイドも動きます。

ですので
 腕を動かすと、その付け根は押され 体も動こうとしますし、
その反対の
 からだ、腕の付け根を移動させると 腕も動きます。

クラブを振るのに、言葉として紛らわしいですが、
 端から ヘッドは振るモノ(円を描くモノ、たくさん動かすモノ)
 クラブや腕を振るモノ などの思い込みが定着している方は
腕を動かしているコトによって 肩が廻る「ような」形を作っており
自身は ソレを「からだの回転」と思っているのでは❓
 と言うケースがかなり有るのではないかと思います。

M2019810L!_Moment200811__Moment(3)
例えば テークアウェイにおいて
左の写真は 体が右を向いていますが
右の写真は 腕を振っただけで
 それによって 体が捩じられた「だけ」
で 意志の有る動作として
 右は向いていません。

実験してみましたが、からだが右を向いているケース と
腕を動かして 胴体を捩じっているケース では
体の苦しさは 後者の方が断然、辛い/苦しい ので
 体感的には 「俺はからだを廻しているんだー!」
  になり易いのではないかと思います。


実験してみると…
なんだか 見た目は似ているような、似ていないような…。
体感、実感として
よく言われる「リキミ」感は雲泥の差 で
腕を振って からだを動かしている方から比べると
からだの回転で腕を付いてこさせる方は
何にもしていない感じにも思えます。

結果論、に過ぎませんが、
腕を動かして からだの向きを変えている方は
早い段階で フェースを上に向けて振る形になっており、
この 腕振りでからだの回転 と からだの回転 は
スイングにとって 根源的な分かれ道 になる可能性も否めません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすり打ちや手打ちの発見にもつながりますので
是非 遊んでみて下さい。


手にはウエッジが良いと思います。 
30ヤード位、"当てただけ"では届かない距離が良いです。

➀まずは
 三角形(の頂点)を体の向き通り
 180度回転するもの
 インパクトまでに 頂点がボールを指し、
 フォローでは ターゲット方向を向く
 そういうイメージで打ってみます。
 特に インパクト、インパクトへの三角形の向き を
 意識してみて下さい
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)

➁次に三角形の向き、その頂点を向き を
 トップ時、切り返し時の 右向き(打ち出す方向と反対)
 を維持したまま、
 カラダは向きを変えますが、
 腕の付け根(肩)だけ移動させ
 三角形の「向き」は置き去りにします。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment
当たらなそう❓…届かなそう❓…と思いますが
意外に当たるモノ、打てるものです。
フォロー、フィニッシュでは
カラダは左(打ち出す方向)を向きますが、
その時、やっと 三角形はボールの方向を向く
そういう感じ… になります。

✋✋✋では 今一度 ➀ の
 からだの向き通りに三角形の向きを変える
 を行ってみると・・・
 からだを『二回』回さなければいけないコトに気付くと思います。
⚠一度目は 足なり、腰なり、からだ全体
⚠二度目は 肩だけ、もしくは腕の振り

 この 二回の回転の後者が打撃に相当し、
 この回転、この振りは 上への振り(しゃくり、煽り)になり
 ボールをこする原因に成り得ますし、
 自分では 肩を廻しているつもり ですが、
 実際には 腕を振っているだけに なりがち です。
【スイングの終わらせ方_Moment(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)







腕も含めて、ですが、
クラブはその重量、目方以上に長さもあり、
移動しますので 体感重量は増えます。
自分の動作に対し、どんどん重さを増しますので
自分の向き通りには動きません。
それを「向き通り」に動かそう とすると
カラダの向き よりも そちらが「主目的」になります。

重さで からだの向き通りに動かない 三角形
で どう打つか に頭(考え)は辿り着かない のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットは
🥎クラブ単体を動かさず 自分が向きを変える のか
🥎自分の体を動かさず それを土台にして丸く振る のか
大きく分けて ふたつに分かれると言って良いでしょう。

円弧5

スイングは傍から見ると円弧を描きます。

その円弧を からだの向きで行う とすると
普通の体格 のおじさん であれば
 70舛糧省以上のモノが 向きを変える です。
体の向きを変える感覚は
 円を描くというよりは 横移動に近い
 回転と言うよりは 『向きを変える』 です。
ゴルフクラブは 長い棒の先に重さの付いた
 運動すると 重さの増し易い構造ですが、
『クラブ自体は大きく動かさず 自分が動く』ので
 発生する 遠心力などの不可抗力の『増し分』で少な目で
母体になるからだに対しては さほど大きくはありません。
前傾姿勢と言う斜めに傾くモノはあれど
 横に向きを変えるだけの作業で済みます。
円弧2

ところが その円を クラブ主体、腕主体で描く となると
 それはかなり様相を変えます。
結果として、より遠心力を生み易い形で
 クラブを移動させるコトもありますが、
意識、として 動かしている主体が 体の回転よりも少ないので
 クラブの生み出す 遠心力などの不可抗力 は
割合として より大きなモノ になります。

クラブ主体、腕主体で円を描く場合、
 その土台になっている 体は止まっている筈…ですが、
当然、そうも行かず、
 重さ、不可抗力などの影響、腕の動きなどによって
思っている以上に 大きく動きます。

また スイングの円弧は斜め な為
体に対し 縦/横 混じった 斜めの不可抗力 を生むので
その影響力はかなり複雑…。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

例えば ダウンスイングで ボールに当てるため
 クラブを、ヘッドを 下に振ろうとすれば
その影響によって よりからだは左があがり、
 想定以上に右サイドが下がります。
そして その分、からだも開きます。
フェースローテーションをしよう としている
 軌道とフェースの向きの関係と同じで
ゴールがどんどん逃げるようなもので
 その想定以上… によって
 ダふったり、厚く入ったり するのです。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(3)

どちらが良いか、悪いか と言う議論ではなく
手で振っていたとしても 距離も安定性も、故障もなく
満足いっているのなら 何も意見はありません…が
何かを修善しようとした時、その方法は
各々 個人が独自であるため、他人がアドバイスする余地が多くありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


この動画をご覧ください。

          ✋勿論、実際の見た目とは異なりますが …
2人共に トップ付近で出来た
 腕とクラブ、もしくは胸とグリップの三角形 の向き
その向きを維持し続ける、三角形の頂点を右に向け続ける意識のまま
インパクトに入っています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
しかし、結果としては
『からだの回転通り の 三角形を維持』
その標語の通りになっています。
【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment(2)







長さもアリ、ヘッド重量は運動によって
移動速度の二乗倍 重さが増します。

それを考慮せず、
闇雲に「三角形を維持」しようとしてしまうと
三角形の移動(馬力)、維持(安定
 双方を腕で行うことになり、
 その為、持続的なからだの向きの変更が滞り
からだの動きと良い連携を保てなくなります。
とても陥り易い間違い、だと思います。

(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







そして ココがゴルフの楽しさ、
スイング造りの面白さ 奥深さでもあるのですが、
その見た目だけの 三角形の維持
一見すると からだの回転通りの三角形の移動 は
ロフトを寝かす、緩すぎる入射角度、
 👉しゃくり打ち、すくい打ち、アマショット
『ロフトを円の中に向けて インパクト』に直結し易く、
例え ある程度の速度でそれを行えても
 持っているクラブのロフト通りの距離を生み出せない…
間違ったことはしていない、教え通りのコトをしている筈なのに
 得られる答え、結果が芳しくない 
に行き着くのです。

あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1





(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






三角形の話しはほんの一例に過ぎず、
本当の意味は こうだよー と言うだけのコトで
やはり 打撃、
球体であるボールを フェース面で効率よく打撃するのは
『ロフトを円の外に向け、ボールとコンタクトする』
この感覚、意識が最優先です。

『ロフトを円の外に向け、ボールとコンタクト』
それをコンスタントに、無理なく、繰り返せるのであれば
 それはカラダで振ろうが、手で振ろうが問題ありません。
三角形の話し は カラダ回転でそれをしたい‼ には
 間違った解釈で混ぜてはイケマセンよー と言うだけの話しです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


180度反転する自分の体に対し
 その三角形も180度向きを変える。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






言葉としては理解出来ますが、
 いざ実践しようとすると、その先端は
 動きに応じて 重さを増やします。


テークアウェイ、トップでは 体も、三角形も右向き
ここまでは良いですが、ダウンスイング以降、
インパクトまで 三角形の向きも元に戻す…となると
 重さの増す分、遅れがちになる その三角形を
 からだの向きに対し、追いつかせなくてはならなくなります。
🔴三角形の方をたくさん動かす
🔴自分のからだの回転を止める

 いずれか、もしくは複合な動きが必要になります。 

これって 手打ち/手振りの始まり に成り得ます。

「三角形の形を維持しよう」の本意は そうではなく
トップで出来た 三角形、その向き を
意識、として ですが、インパクトまで維持しよう、
トップで右向き、頂点は右を差したままのその向きは
インパクトまで その向きを維持する意識‼ だと思います。


からだの回転、向きによって
その三角形の付け根、腕の付け根である肩部は
横移動します。 それは必要ですが、
重さの増す 三角形の頂点、その向きは意図的に変えない
からだの向きが変わったら、自然に変わるので
右向きの頂点のまま インパクトに入る意識

そういうコトなんだと思います。

✋からだの向きの変更によって
 遅れながらも その三角形が向きを変えるか
✋その三角形の向きを変えるコト優先で
 その結果、からだの向きが変わるか

そういう違いだと思います。
(伝わり難いでしょうね)
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

ドライバーなどの勢い、速度の有るショットでは
インパクト以降 クラブの慣性(重さ)をリリース、
フリーにするので そこでクラブの反転、
クラブが円を描く動きが入りますが、
短いクラブやウエッジなどは その反転の必要性が薄いので
自分の向きが180度変わっても クラブは反転せず、
90〜120度程度の向きの変更で収まる感じ…です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを覚えていく過程で
どこかで教わるか、意識するようになるのが
グリップと左右の肩、腕で作る「三角形」
もしくは ヘッドから左右の肩までの「三角形」だと思うのですが・・・。
その「三角形」を維持しよう…とか…
その形を崩さないように…」とか…
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)

おそらく 多くの方が
アドレスで形成された 両腕と胸で出来る三角形
この三角形は からだの向き通りに 動いていく
右を向けば 三角形の頂点も右向き
左を向けば 三角形の頂点も左向き

と思っているのではないかと思います。
…なんだか 当たり前の話しのよう……ですよね。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






✋しかし、です✋  その三角形が腕で形成するモノ、
ヘッドと左右の肩で形成するモノ であったとしても
その先っちょ(頂点)に位置する ヘッドやクラブは
運動によって 重さが増す 速度の二乗に比例して重くなる のです。
まったく 重さの無い、重さの増えない 三角形であれば
からだの向き通りに 三角形、その頂点も向きを変えるでしょう。
しかし 重さが増すコトを考慮に入れ、
 遠くに飛ばす、方向や安定度…確実に当てる、を考えると
「三角形を維持する」の意味はちょっと異なるのではないでしょうか❓

  言葉で説明するとややこしいのですが…
重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形の向きを変える と
重さの増さない、重さの無い三角形の向きを変える のでは
当然✋ですが 同じ動きにはなりません。


 これもまた トンチ のような話し…ですが
『重さの無い三角形をからだの向き通りにする意識』
『重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形を動かしたら』
自分の回転の軸 がブレる、軸の無い動き
重さに振り回される動きになるのは当然なのではないでしょうか


👉軸の有る動き とは どこかの箇所を指すのではなく
 運動の「芯」の有る動きなのか、どうかを指している、と思います。



三角形の頂点、三角形の向きを 180度反転させようとする、
そして その頂点は動きとともに 重さが増せば
自分自身が 軸の有る「向きを変更」をするコトよりも
三角形の向きを変える動きに主体が変わります。


 では どう意識したら 良いのでしょうか❓ 
     ・・・つづく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは
 長い棒の先にヘッド、打撃部 と言う重さが付いています。

ヘッドの重さは打撃時の ボールの重さ
 に負けないモノ
 ですし、
✋クラブの長さに関しては ヘッドスピードと
 そのクラブのロフト角度を有効に使うためのモノ
 が本来の構造です。
 
ミスターKの法則1_Moment

とは言うものの その見てくれ と 持った感じ では
 容易に 遠心力が生まれてしまう…そういう構造もしています。

しかし、ゴルフと言うゲームは
 ゴルフクラブ自体を放り投げる、遠くに、目標方向に投げる
 それを競うゲームではありません。
その遠心力の掛かり易い ゴルフクラブを使って
 『ボールを』遠くに、目標方向に『打つ』ゲームです


ボールを遠くに飛ばす と クラブのその構造
 が 一見すると結びついているように思えますが、
 クラブの遠心力は ボール にでは無く
 それを振る、それを持つ 『自分』に掛かっているのです。

この場合の 遠心力は クラブが外に外にはらもう
外に飛んでいこう、膨らんで行こう とする力

ダウンスイングの途中でクラブを手放し(離し)たら
 ボールの方にクラブは行ってくれません。
 おそらく 前の人の足元(練習場)に飛ぶ…でしょう。
 テークアウェイ時では後ろの自動販売機(練習場) や
 天井 に向かってクラブが飛んでいこう とします。

ボールの飛ばしたい方向 と 遠心力の掛かる方向
 ぴったり…ではありませんが 直角に近いような関係で
 感覚的には 遠心力!でボールと打ったら
 距離よりも、その角度の関係から 回転ばかりが増えそうです。

飛ばす = 遠心力 と思っていると
 なんだか それは握力勝負になりそうですし、
 より素早く、より速く、
 そして 安定して(軸のブレない回転)
 自分が回転するというコトに関しても
 少なくとも ボールに当たるまで は
 遠心力は阻害要素でしかなく、
 「出来るだけ少なめの遠心力でボールに入る」
 と思った方が良いと思います。 

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)





あえて言うのなら スイングの中で遠心力が『使える』
『利用出来る』部分があります。
 これは活用した方が良いかも知れません✊
遠心力は 外に膨らもう、はらもう とするチカラです。
軸点より 外方向に引っ張られるちから、
 それを利用すれば、トップの位置で たたまれた 腕は
 その付け根からクラブを持った腕は離されようと…
 拒否さえしなければ、伸ばされようとします。
短くなった、たたまれた腕 が伸びるのは好都合ですし、
 その部分に関しては遠心力も
  速度の手伝いになりそうです。
腕の付け根(肩)からクラブ、グリップが離れていこうとする
 その「方向」がポイントにはなります。

👉傾きがあるとは言え 回転は限りなく横運動に近いです。
遊具それ通りに グリップに遠心力をかければ
昔存在した遊具:回旋塔や遊園地の回転されるイス
のように 横に振られ、からだから離れ それによって
カラダは起こされてしまいます
そこには工夫は必要でしょう(^_-)-☆

その方向と回転の仕方というがつながっているのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になるのかも…知れません。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)

スイングを考えると
テークアウェイで 多くは無くとも
グリップの高さを高くし、
ダウンスイングでは そのグリップの高さを
低くする のはだいたい 万人に共通ですね。

感覚的には 『左腕』もしくは『左グリップ』を上げる、高くする、
それを下げる、低くする に近いかも知れません。
多くの人が共通するスイング認識です

では…
インパクト以降はどうでしょう❓

上げて、下がった 左グリップ は
下がった そのままの「低さ」を維持して置く方が良いでしょうか

それとも 上げて、下がった 流れで
 自然な形で 左グリップは「上がって行った方が良い」でしょうか


✋インパクト は 出来るだけ最大速度
 出来るだけ 最大加速
 出来るだけ 大きなモーメント を考えると
 インパクトで何かを止めず 流れのまま の後者が良いと思います。




✋✋✋今回のテーマはそこではありません。



インパクト以降 フォロー側では
移動してきた左グリップの流れのまま
下がってきたなら その流れで 高くなる方が
よりスムースに、体のどこかに負担を掛けず
インパクトを加速、や 最大速度 を維持し易くなりますし、
その上がり下がりの具合、などがショットの向上性や安定性などを
探る、測る目安にも成り得ます。

ですから 上がる下がる、そして上がる
その流れの中でボールを打つ。
インパクト以降は 左グリップは止まらず、
動かし続けた方が良い とは思いますが、
その インパクト以降 左グリップが上がる/上げるコト
 それ ソノモノは 打撃ではありません。 
インパクトで 左グリップの動きを止め、
 左グリップの低さを維持してもボールは打てます。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

手の返し、や フェースローテーション、
そして シャフトのしなり戻し に関しても
 非常に似たことが言えます。

それらは多くの場合、
ロフト、フェースを円の外に向け
肩などからだの回転で円を描く の延長線上にあるモノ で
ドライバーなど遠距離、速いスピードで打つ場合、
スイングを終了させるのに 致し方なく 付いて来ます。

トップの位置、切り返しから
グリップファースト、ハンドファーストで
インパクトに入って、それ以降 からだの動きや手の動きは
終了に向けて 減速しますが、
そのグリップファースト、ハンドファーストを
最後、終了まで維持するのは 危険です。
腕などを傷める可能性があります。
インパクトして 動作の減速に入っても
そこまでの慣性、勢いはクラブには残っており、
結果、からだや手を追い越すような形は
スイングを終了させる為には不可欠になります。 
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

    ですが…


その ヘッドターンやハンドターン、
一見すると フェースローテーションやシャフトのしなり戻し
に見えるモノ が 打撃の主要部分ではありません。


ですから その行為の目立つスイングであっても
そのリリースポイントは
 グリップがかなりボールを追い越したポイント
ボールを円の外に弾き出す その感じの延長線上(副産物)にあり
 その手さばきはスイングの主要エンジンではありません。

リリースポイント とは
腕も含めた クラブの慣性をフリーにするポイント
のコトを指します。
その『リリースするコト』
 ヘッドターン、ハンドターン、フェースローテーション、シャフトのしなり戻し
に該当するのだと思うのですが
ロフト/フェースを円の外に向けて
 円の外にボールを弾き出す延長線上であれば
『リリースするコト』は全く問題ありません。
全く問題ありませんが、
 リリースするコト が打撃ではなく
 ロフトを円の外に向けておくコトが 打撃の主エンジンです。
つまり 手の返しやフェースローテーションは
 有っても良いし、無くても良いですが
有ったとしても 打撃のオマケ、スイングの終わらせ方 に該当するもので
そこを打撃の主要部分だと思っている限り
スイングの迷路から出てくることは出来ません。

😓😓ソコを履き違えている人が多過ぎる…気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを時計の針で示すと
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る

時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く 

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


➀のクラブ扱いであれば
自分の回転を、もしくは グリップをヘッドが追い抜く 訳です。
インパクト付近も含め 運動の先頭にヘッドを行かせる のです。
👉その行為を全く別な言い方で
「シャフトをしならせて しなり戻す」 や
「シャフトを走らせる」
 と言います。

➁のクラブ扱いであれば
回転のモーター(動力源)は自分自身/自分の胴体です。
ゴルフクラブは 先端に重さのある棒状のモノ で
その接点
(グリップ部)が腕を介して、動力源とつながっています。
右打ちのスイングを上から見た時、
ダウンスイング以降、反時計回りの動き に対し、
その重さの部分である ヘッドは 運動の最後尾  になり、
運動を等速、加速で続ける限り、
 その最後尾から出てくることはありません。
とても 普通な自然の摂理 です。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)





横の関係で見て カタカナや漢数字の「二」の字 の関係に
クラブと自分 は成っている訳ですが、その関係、角度は
運動を等速以上で行っている限り、解除する方法がありません。
加速する限り よりくっ付いていく と考えて良いと思います。

✋これは『縦の関係も同じ』です。

それを 左腕、左脇のしぼり で 左サイド、
もしくは 左腕を止め クラブを、ヘッドを、先に行かせる動き を
ヘッドの返し 別称「しなりもどし」 愛称「シャフトの走り」
と言って肯定されてしまうコトがありますが
からだの回転でクラブを動かしている人には
あまり関係のないコトなのです。
クラブやシャフトの機能ではないので、ゴルフクラブ用の言葉ではなく
実は スイング技術、スイング動作 を指している言葉です。

ヘッドもシャフトも、基本、そういう発想では作られてはいません

ですから この大さっぱではありますが、
➀と➁のスイングの違いで クラブの選択 や  用語の意味
まで変わってくるのが ゴルファーを迷わせるのです。

✋シャフトの走り を シャフトの変形からの復元 と考えると
△里らだの回転でクラブを直に動かすスイング にとっては
シャフトの復元は インパクト以降に来ます

ですので スイングの助けになっていない、とは言えませんが、
それが 打撃の主エンジン❓…かは疑問です。
本来、シャフトは常時、変形から復元しよう言う作用が働いているので
シャフトがしなれば 一番、戻り難い位置にいるヘッドよりも
運動の先頭側に当たるグリップ側に働きます。
ヘッドには留まろう とする力が掛かっていますが、
グリップは動かされている、動こうとしているから、です。
ですので そのしなり によって 前に押され、
その働きは より早いタイミングでのインパクトを 実現させるのです。

多くの人は 速いの字を好みますが、
➀のスイングから➁のスイングを体現された方 のみ
分かるコトなのかも知れませんが、

スイングの鍵は 速さ ではなく 早さ です。
インパクトのタイミングが早くに訪れる は
カラダの開き、ロフトの寝、右サイドの下がり、
前傾姿勢、ディッシュアングルの消失 それら を
すべて問題のかごの中から弾き出します。

速いスピードで廻る は良いことですが、
漢字の「速く」のニュアンスとしての
 『速いスピードで手やクラブを動かす』
 『速いスピードでヘッドを動かす』

それは 手で振る、からだの回転と分離させる
 に直結し易い言葉だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-1445TL-2445TL-4










「ボールのつかまりが圧倒的に良くなりました。
スピーダーは油断するとすっぽ抜けることがありましたが、
安心感が違います。気を抜いて振っても真っ直ぐ飛んでいきます。

 

弾道が前より低くなりました。

低くと申しても、より適正な高さになったとおもいます。
シャフト変更により、そうなるだろうと期待していたので、
たいへん嬉しいことです。距離も少し出ていると思います。

 

ブログを拝見して日々研究しておりますが、
そのうち方になるように、クラブが仕向けてくれている感じがします。
回転でしか打てないですよね。

 

L型パターとの相性の良さを感じるようになりました。
パッティングもショットも一緒なんだと感じております。」

追記:コースで打ってきました。

フェアウェイを外したのは2回、ストレートから、少しドロー系。
低スピンでよく伸びています。epic speedよりも良いですね。
こちらのシャフトのほうが、断然、相性が良いです!


445TL-6_00【店主】

🚀ドライバーヘッド ミステリー445
  ロフト角度  10.5度
  ヘッド重量  235.8g  に
🚀フジクラシャフト SPD474 EVO6
  44.25インチ /  振動数 208cpm を
🚀ハミングバードオリジナルシャフト 55g/Tq5.3kg/MID
  43.5インチ / 振動数 156cpm の変更致しました。

『ミステリー445』 は 左曲がり、引っかけに強いヘッドで

非常にスピン抑制が強く、弾道の落ち着き易いヘッドです。
▽44.25インチ 208cpm を
▽43.50インチ 156cpm に
「長さが落ち」「柔らかさが増す」
ダブルの効果で 高さ、もしくは スピン不足を心配しておりましたが、
大丈夫で ちょっとホッとしました😊



ハミングバードオリジナルシャフト 55g は
 220〜235g を 43.5〜44.5 位で使うと
 非常に使い易く、スイングの誘導性能と距離、安定性を
 兼ね備えたシャフトです。(collarは明るめのガンメタリック)

確かに、クラブは短い方が扱いは断然、楽ですが、
 ヘッドのスピン性能とロフト角度 
 自分の持ち球特性 との兼ね合いでお決めください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長いゴルフ人生の殆どを「飛距離不足」に悩んできました。
幾千のコンペの「ドラコン」も
参加の皆さんがフェアウェイを外してくれた時"のみ"
頂けた、と言う記憶です。

還暦もトウノ昔に過ぎ、飛距離不足だけでなく
球の高さも落ち始め、スコアメイクにも苦労し始めたました。

店主に相談したトコロ、良さそうなドライバーヘッドあるよ、
とのコトで、早速、試打に。

EG05_021

データを取りながら、シャフト、そしてヘッドの調整を繰り返し
従来のドライバーとの比較で
15ヤードアップのデータを得たところで 製作依頼。

スライスとまでは行かないまでも 右回転の多い私用に
ヘッドはやや軽めで、長さはやや長めの 44.75in 仕様
(ヘッド重量 225g)
硬さは従来のモノから やや落とし 146cpm
初期設定10.5度を 👉+1の 11.5度
フェース角度 👉+1、
ライ角度を 👉+1.5 60.5度に振った 左回転仕様だそうです。

いつもよりも早めに仕上がって来ましたので
早速、連続ホームコースでデビューです。
EG05_04


本当にスライスらしいモノが出ません。全く出ません。
機械はありませんから、数値は分かりませんが、
右に行こう、右に曲がろう と言う気配が
全くなく、右の怖い私には最高です
おっかなびっくりですが、ドローボールも出ます。


ミスで左に大きく引っかけた時は
想像より早く着地してくれるので痛手になりません。


ロフト、長さ共に少し増やしましたので
出球の高さ、弾道の高さにも安心感があります。

それ故か キャリーボールも 10y 前後伸び
飛距離測定器で 4ラウンド平均23y 飛んでいます。

このドライバーの特徴、と聞いていましたが
なにより ランが断然、増え かなり飛距離は伸びました。
元々 スライス系の弾道でランを損していただけでなく
スピン抑制のお陰なのか 落ちる場所によっては
30〜40yランがあり
 入る筈の無いバンカーやラフに入ります。
EG05_05

ここまで ドライバーが飛ぶと かなり楽です。
使用の 4ラウンドの記録を残していますが
セカンド以降のショットが 毎回 2〜3番手異なり、
丁度 FWとアイアンの間の距離が増え、打つクラブが無い時も。
(今 流行りのUTが必要になるのかも知れません)

距離とその弾道に慣れてきたのもありますが
この2ラウンドでは
フェアウェイヒット率も 8%増えました。

そのお陰か セカンドショットがグリーン止まらない
という目下の課題もあまり表に出ず、
4ラウンド使いましたが、
60歳を越えてからの、ベストを二度更新
EZ055

若い方がいるので ドラコンを取れる とは言えませんが、
その若い方へのプレッシャーになるのは間違いありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

雑誌やカタログなどを見ると
ドライバーのインパクト写真
高速度カメラでの画像なんかが出てくる

クラブの運動が増えると
ゴルフクラブは 握っている棒、シャフトと
ヘッドの重量を中心点がずれていることから
それが 直線状に揃おう とする現象が見られる

ある程度 動きが存在するシャフト…
硬くて全く動かないシャフトでない限り
ヘッドに そのシャフトに応じた重量が有る限り
その現象は自然に起こる

クラブの形状によって もたらせる作用 であって
シャフトそのものが ムチのように ボールを弾くコトを指しているのではない
445TL-5-1

ミズノのカタログでは それを 前反り角 と呼んでいるけれど
それは シャフトのボールを飛ばす役割
と言うよりも クラブの形状によってもたらされるモノで それを使って打たない
とは言わないが それは ドライバーで言うと
重心のズレ 主に 重心の深さが
自動的に作り出すモノであって
直接的には ボールを飛ばすエネルギーとははっきりと異なる


重心深度が深ければ ヘッドが前に出る量が増え
   大きなロフトで当たり易く
 意識する必要は一切ないけれど アッパーにボールを飛ばす易くなるので
  打ち出し角度が高くなり スピンを減らせ
 作り出したエネルギーを効率よく処理出来るのであって
決して エネルギーそのものを増やす作用ではない

どうも その シャフトが前にしなり
ボールを弾いて 飛ばす イメージ というのが
アマチュアのゴルフを壊してしまっているような気がする
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













アマチュアの抱き易い
しなって しなり戻 イメージは
単なる 振り子の中での ロシア皇帝の髭のような しなりだけれど
冷静に考えてみると
それは 向きが変わりながらの視覚効果なのだから
実際には 慣性から起こる 自動的なトゥアップやトゥダウンや
重心のズレから起こる やはり慣性の動きで
人間が率先的に作り出す動きではない

円弧5冷静に考えて 

このアングルから見える
 シャフトのしなりは
ゴルフクラブのライ角度方向
 トゥアップ トゥダウン
であって
ボールを横ビンタするようなしなり は
スウィングやショットを真上から
見ない限り 見えない筈 である


柔らかければ シャフトが しなって しなり戻って 飛ぶ!

シャフトは 変形して それが 復元して ボールを打つ
もしくは ボールに当たる 
のではなくて
通常の状態で ボールに当たるシャフトが変形したがらない
歪みたがらない 使い方が正しいと思う

しなるシャフトは 出来るだけ しならせないで使う
重いヘッドは 出来るだけ 重く感じない姿勢や位置で使う

柔らかかろうが 硬かろうが
カラダの向き通り、からだの回転通りに
動かしていれば ヘッドの重さ×運動分
ヘッドはその外周の中で遅れる。 それは 物理的な摂理でわかる。
しかし、しなり戻す と言う行為は
運動が止まらないと、この場合は回転が止まらないと 
不可能な行為で それなら そのまま回転して置けばいいじゃん
 ってならないトコロがゴルファーの七不思議である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まずは 動画をご覧ください。

茵.献隋璽瀬鵐好圈璽港手
蕁ー磴日の尾崎正司(将司)選手です

等速で見ていると とても 似ているスイング…ですが、
スローな再現で見て頂けると
スピース選手は 腕、グリップをからだの回転、
 左サイドの動きで 高さを下げている
のに対し、
(からだの回転と腕の高さ移動がつながっている)
尾崎選手は 腕自身で グリップの位置を下げよう としています。

その結果…として ですが
スピース選手は からだの回転が腕の移動そのものですので
 インパクト前後から フォローに向けて
 動きに「余り」が出ませんが、
尾崎選手は 意図しない 左肩の上方への逃げ(詰まり)が
 起こってしまい、ここでからだの回転を止める羽目に陥り、
 からだの回転と腕の振りが分離してしまっています。

 ややこしい言い方になりますが、
 トップで出来た グリップの高さ を下げるのに
 グリップ自身を『腕で』下げる意識が強すぎると
 こういうからだの反応に陥りガチです。
似ている1

 ゴルフの試合中継などで言う
 「あああ からだの回転が止まりましたね〜」
 この尾崎選手のような状態を指します。
 腕でグリップを下に振る分、
 その支点のような左肩は上に逃げます。
 持続的に肩を廻せば ボールに届かなくなってしまうので
 ボールを打つ間際で 肩の移動を止める必要が生まれます。
 ☆意識ではなく反射に近いとは思いますが…。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

肩・体を廻した、からだの向きを変えた結果
 グリップの位置が下がった のと
腕自身でグリップを下げた のとの違いは
ボールと頭の位置関係にも出てきます。
よくいう「ヘッド、ビハインドザ🥎」ですね〜。

似ている➁

また ゴルフの、スイング用語で使われる 『脇があきましたね〜』
 はこのダウンスイングの左脇腹 の様子を指します。

【ここがポイント】
このように 外から見える サマ を変える、真似ても
中身を理解していないと その真似たサマ の後に問題が生じます。
技術よりも イメージや概念の変更の方が スイングは変り易い と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1265
🔴出荷間近
✋製品版 テフロンブラック加工 段階に入りました
IMG_1200SLN-PT8IMG_1261








『ピン型 「デール
9」 ロング スラントネック パター』

ピン型「デール9」ロングスラントネック コース・テスト : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


今日のラウンドは 芝目のキツイ 高麗グリーンです。

スティンプメーター  7 との表示。

この状況だと 下りの順目は 10以上で
 上りの逆目は 5以下 となります。

同伴競技者の 下りの順目の転がりを見た後には
 1m
の 上りの逆目は ショートする方 続出。
50cm の 上りの逆目も ショートする方 は 結構いらっしゃいます。

010 

アウトは L型ブリストル 。

グリーン エッジの少し刈り込んだ グリーン外からでも ブリストルで転がし。
16パットは まずまず。スリーパット無し。

SLN-PT2

イン で ピン型 デール9 投入。

アウト 同様 16パット で スリーパット無し。

57m 上り、傾斜はスライス、芝目は 10時の方向 が 3回 ありました。

このラインは ドンドン 右へ切れる。
これを 考慮すれば 狙いを左へ取ることになりますが、
そうすれば 逆目が モロ 効くので より強く打たなければ 届かない。


自分の感覚より強く打つ と言うのは 程度こそありますが、結構難しく
高麗グリーンの 醍醐味!? ですかね。

SLN-PT1

3回とも カップの右側 で 距離 ピッタリのオッケーの距離に寄りました。

半分ほど転がって ボールはカップの右へ 向かい始め
ボールの勢いが無くなって来て「結構 右へ切れていくなぁー」と 思っていますと

右へ切れるのは切れるのですが 思った程 切れない。
従って 距離も合っている。

 

これまで 高麗グリーンで 経験したことが無い 転がり方 とでも申しますか。
入る 入らない は その時々の事なので あまり関係無く
使い慣れていない ピン型 デール9 で スリーパット無かったのは 嬉しい限りでした。


因みに 前回と今回の 2回のラウンドの前に パット練習は全くしておりませんし、
勿論 自宅等で 転がしてもおりません。


それで この結果ですので 非常に満足感の高い デール9 です。

 

2回のラウンドで 総合的に以下の様に感じました。

あくまで 私見ですので 的外れ ご容赦下さい。

 

ピン型 デール9 、ブリストル 共に 不満も不安もありません。

パターニ本差しでラウンドするとしたら、

グリーン外、ロングパットは ブリストル、
1m 前後の ショートパットは デール9

 

ブリストルが タッチ打つとすれば、
デール9 は ストローク で打つ。

 

ブリストルは アイアンの延長で構えることが出来
 距離と方向のイメージが合いやすい。

デール9 は ショートパットのより緊張感が高い時のミスヒットを
 ボールの重さに当たり負けない重さ・形状が助けてくれるので 結果的に 上手くいく。

 

二本差し ですかね…

キャディバックの重量増 ですが 二本差しです。


 

ドライバーもパターも 一番 使うクラブですもんね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 🙀
……そ、それ持ってお買い物❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ご本人がどう感じたか は
 まだ聞いていませんが、
このスイング、打撃の差はかなり決定的なモノ です。


二画面の蕾菫は
 多くのアマチュアゴルファーがしている
 練習場で見かける ごくごく普通なスイング…
 【からだを廻した後、クラブを振っているモノ】

 別な言い方をすれば 回転が二重になっており
 腰の回転の後、腕の付いた肩の回転がある打撃になります

 からだを廻した『後』 クラブを振りますから
 当然、世で言う アウトサイドイン になり易いでしょう。

 ゴルフを覚え始めの状態であれば
 開いた状態でインパクトに入り易くなるので
 ヘッドの返し、フェースローテーションが必要になります。

 カラダを全く使っていない訳ではないので
 『からだの回転で打て!』と言われても困惑するでしょうね。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(3)
この感覚の差 は やはり ボールのとらえ方 になるのかと思います。

からだの回転でクラブを動かす と打撃では
クラブや腕の慣性をフリーにする瞬間がない、か
フリーにしても グリップがボールを追い越してから 
です。
(こする つかまえる_Moment(2)

手で振る、(結果として手で円弧を作る)打撃では
クラブや腕の慣性をフリーにすることが打撃ですので 必須な上に
グリップがボールを追い越す前に リリースします。

 感覚的には インパクトポイントが最下点 と言った感じです。
(こする つかまえる_Moment(3)


今回の TOMO君の場合
打撃の技術論ではなく、
ボールを捉えるイメージによって 動きが変化しました。
逆に 足はこう使う、肘はこうする などと言う
  技術論では 変化が起こり難い のでは と考えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



TOMO君の変身➀ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

TOMO君の変身は アマチュアゴルファーに
 すごくよくある悩み が詰まっている変身だと思います。


➀からだの開き
 修正前と修正後で
 『からだの廻し方』について
 何か詳しくレクチャーした記憶は ありません。
 意識して『からだの廻し方』を変えた 訳では無いと思います。

 では どうしてか❓ と言うと簡単で、
 修正後は カラダが開いてから打っている
 修正後は カラダが開く前に打ってしまっている
 その違いでしかない というか
 そもそも からだの回転でクラブをターンさせず、
 左右の腕の入れ替え、腕でターンするには
 それをする為、先に体を廻す、
 それから打つので そういうコトになるのは必然。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

 逆に 手で振っているのに からだを開かない方が 不自然です。
 からだを廻す という 1-アクションで打っているか
 からだを廻して「から」クラブを振る という 2-アクション
 打っているかの違いです。

 手で振っているのに からだを開かないようにする
 は 自分の打撃を否定するコトになるので
 『1個目のボタン』を変えなければ 改善されません。

➁からだの伸び上がり
 コレも ほぼからだの開き と同じです。
 特に からだを廻してから、クラブを振れば
 その遠心力によって カラダは引っ張られるので
 放っておいたら 🥎より外側を振っちゃいますから
 その反応と言うか、反射行為とも言えます。

➂フォローの大きさ
 修正後もまだ下に振ろうとする感覚が残っているので
 もう少し高いトコロのボールを打つ、
 グリップよりもヘッドは高い位置を通る 感覚を掴むと
 もっと良くなるとは思いますが、
 カラダでクラブを移動させれば 自動的にフォローは出ます。
 逆に言えば 手で振っている限り、
 かなり 無駄な努力(徒労)が必要になりますし、
 その努力が からだを傷める原因になります。
IMG_0148_Moment

ぅ瀬Ε鵐好ぅ鵐阿猟未稿
 からだの回転でグリップを移動させて打つ 限り
 どこを通す とか 選択の余地は多くありません。
 そんな時間的な余裕はないんです。
 自分の意志でどうする というコトは
 『それが出来る時間がある』 というコトです。
 腕を自分の意志で 全く動かさないか、ゼロか、
 と言われれば 答えにくい部分ではありますが、
 使う と しても …クラブの重さ、腕の重さ、 
 それに一振り、隠し味として 塩を振る 程度
 でしかないと思います。
 全体の味わいである からだの向きの変更を
 阻害する腕の動き では 味付け失敗です。

 と 同時に 腕を強く動かすと
 必ず その分、からだは上を向く を忘れないで下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まずはコチラをご覧ください。


かなり 違いますよねー。
動画で言うと右に位置する、この状態は
修正後の映像を撮る ほんの1時間半前のまでこうでした!
と言うモノで、やらせでもナンでもありません。

1時間半での変化…にしては ナカナカ だと思います。
ご本人の理解力と素直な表現力に敬意を表します。


修正前、修正後の映像を比較すると
修正前のモノは 廻ってから 腕と言うか、クラブを振る、
カラダを開いてカラ、腕を振る
二段式のスイングである、
のが判るかと思います。

修正前は 練習場でよく見る 頑張ってるお兄さん で
修正後は ちょっとあなどれないお兄さん って感じでしょうか…。



ふたつの映像は ほぼ同じスイングスピードで
同じ等倍速をかけているのですが、
これだけ インパクトタイミングが異なる のです。
からだを廻して「から」振る のと
からだの廻し で打つ のでは
「から」振る分、遅くなるのは当然で、
スイング用語では コレを「振り遅れ」と言う訳ですね。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

注意点はなんだったか…と言うと
まずは 腕とクラブはトップでロック、意識として
➀腕とクラブはロックしたまま、固定したまま、
インパクトに入ってみましょう
 そこから先、インパクト以降はお好きに、から始まって

からだの回転に対し、腕、位置で言うとグリップは遅れガチになります。
そして グリップに対し、更にヘッドは遅れます。
➁回転で 腕を振ろうとせず、
 重さを利用しつつ、回転「で」腕が落ちる、グリップが低くなる よう
意識すると グリップは近道を通ろうとするので
 カラダの向きに対するグリップの遅れは最小限で済みます。

実際にはそうはしませんが、
右を向いたまま、右にお辞儀する(実際にはしません)ような方向、
つまり 縦方向にグリップを移動させるような意識、
腕でグリップを降ろすのではなく、
 回転でそう仕向けるよう意識してみましょう。


ショットの大前提として
➂ロフトが立った状態 👉ハンドファーストの状態で
 ボールを円の外に弾き出します。
ハンドファーストはトップで既に出来ています。

手首のコッキングは特に要りませんが
(自然なモノは別として、意識的なコッキングは無い方が楽です)
 縦関係で クラブは起きています。
クラブと腕の総長さは短くなっています。
自分とヘッドまでの距離は短くなっています。
 これがハンドファーストです。
この状態をロックして インパクトまで行くのです。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
ロフトの立ち、フェースの円に対する外向き は
▽カラダの向きの変更
▽グリップの移動量
▽ヘッドの移動量
 特にグリップとヘッドの移動量が揃っていれば
 自然に外を向きます。

スイングは円弧だから ヘッドの方がたくさん動く
✋それは からだの向きがするコト で
意識して 腕がするコトではありません
特に 下へ振る感覚の強い方は
 本当(実際)のグリップの移動量>ヘッドの移動量
  位に考えた方が良いかも知れません。
 【腰の高さ位のボールを打つ感覚で十分です】
主エンジンはからだの向き、からだの回転で
 その移動を利用して フェースの外向きを作る感覚 を
 掴んでさえしまえば、そう難しくありません。

腕で フェースの下向きを作ろうとすると シャンク…かな。
どちらかと言うと
 左右のグリップの 上下関係を維持させたまま、
 薀哀螢奪廚諒が高い状態をキープしたまま、
 からだの回転で グリップを移動させる 感じに近いでしょう。

ロフトを立てる意識が強い人は
 腕主体でグリップを下げたがるので 結果、ロフトは立ちません。


グリップはしっかり 左奥まで移動
 トップからインパクトまでの経路 の 反対の経路で
 トップの位置と反対の位置まで
 しっかり グリップを移動させるコトです。
 そして それは からだの向きがします。
 自分で意識することは 無理にフォローを出したりせず
 グリップが左上に移動するのを阻害しないコト。

 ヘッドを振って 円弧を作ろうとすると
 その位置には グリップは行ってくれません。


おそらく 注意点はこの位で
 するコト よりも しなくて良いコト の方が多いと思いますし、
 ほとんどは動作の技術点ではなく、意識革命の方が強いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングを時計の針で示すと
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし時計文字盤
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く

👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
 クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す

さて やっと本題に辿り着けそうですが、
『左の壁』と言う言葉も ふたつのスイングにとっては
意味も役割も、実際の動作も異なります


自分の回転やグリップをヘッドが追い越す スイング
にとっては まさに『茲諒鼻戮生命線
ソコが止まってくれないと ヘッドが追い越すことが出来ません。
スライスに成ったり、
場合によっては ボールに届かない
 チョロとか シャンクになったりもします。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

➀の場合では 茲諒鼻,蓮〆献汽ぅ匹了澆泙 を指します。
 そこまでに付いてきた運動の慣性、腕やクラブの勢いを
 その止まる左サイドを支点に 追い越す のです。
【スイングの終わらせ方_Moment
👉ですので 茲諒匹回転で逃げてしまう
このフォローは その生命線がなくなってしまうので
出来ない…し、スイングそのものを壊してしまう
可能性を秘めています。


弊社は ,離好ぅ鵐阿➁のスイングに
改良するのを 大きなテーマの一つ 
としています。

左サイドを止めている意識は殆どの人が無意識です。
△諒儿垢靴董―蕕瓩董「ああああぁぁぁ 止めてたわ…。」
と思いだせる程度…ですが、おそらく…ですが、
その 茲諒匹琉媼韻蓮左脇👉左側帯と左腕の絞り
インパクトで左側帯に左腕をぎゅっと引き付ける、止める、

そういう動きを意識している、
インパクトの感覚ソノモノが「ソレ」な人が少なくないかと思います。

✋ですので からだを廻し続け
 左腕と左側帯が離れるのを 嫌い続ける人、とっても多いです。
その左脇、左腕の絞り が『左の壁』に相当する んじゃないのかな
 と強く感じたりします。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


➁の場合、茲諒鼻,呂修譴曚表斗廚任呂覆、
 向きを変える、回転したことによって起こるシフトの場所、箇所
 を指すモノであって 結構、曖昧な部分 です。
 もしかすると 廻るコト、左を向くコト も
 「茲諒鼻廚噺世Ω斥佞涼罎亡泙泙譴討い覯椎柔もあります。
 
飛球線の方に突っ込まず きっちり左を向けよ みたいな…。




蛇足…ではありますが、
飛球線方向への フォローの出方、大きさも 全く異なり、
想像では からだを止め、ヘッドがソレを追い越した方が
飛球線の方にフォローが出そう…ですが、
結果は……全く反対
両手を伸ばそう、伸ばそう とする ,諒が
左グリップを支点に クラブがからだの巻きつこう とするため
フォローは小さくなり、左ひじが抜けたような形になります。
一方、早く段階でクラブをたたもう、
途切れなく廻り、左を早めに向いてしまう方が
左ひじ、左グリップは ボールから離れていく方に行く…と
思いガチですが、そこには遠心力がかかり、
左腕がそれに引っ張られるお陰で左側帯と左腕が離れます。
【スイングの終わらせ方_Moment

結果論、ではありますが、
クラブ単体を振らず、からだの向きを変えた方が
フォローは大きくなります
 し、
その目安になるは インパクト以降、右手が伸びるコト ではなく
左腕が カラダから離れるコト と言って良いでしょう。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングを時計の針で示すと時計文字盤
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く

👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す

✋➀スイングに対し、もしくは グリップに対し
 遅れたヘッド、遅れたクラブを取り戻そう

✋➀しなったシャフトを しなり戻そう
 と言う意識のあるスイングでは
ダウンスイング〜インパクトまでのどこかで
002
どうしても シャフト/クラブをこう振らなければなりません。

スイング動作、スイング用語 で言えば
ハンドターンとか、手の返し、フェースローテーションなどと呼ばれます。

ゴルフクラブは 長い棒の先に重さの付いた
 慣性の生まれ易い構造をしているため、
ほんのちょっとでも グリップよりもヘッドを動かすと
 その動きを止めることは難しくなりますので
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

それ以降(インパクト以降) このような終わり方にならざるを得ません。

この手のショットをハミングバードでは
 アマショットと呼んで 改善、改修をお薦めしていますが、
その理由は
➀遠心力が強くかかるので 握力が必要(非力な人には不向き)
➁慣性の掛かり易いゴルフクラブに対し、
 基本、クラブが自分を追い越すので
 動くモノに対し、止める箇所があり、からだへの負担が大きい
➂ロフトを増やして、ヘッドの入りが緩くなり易いので
 アプローチショット のミス、上達が難しい
 地面から打つショット が 上手く行き難い
 ソールの奥行きの有るフェアウェイウッドが苦手
ぐ力も含め、手さばきが重要になり、加齢によって それがし辛くなる
ゥ棔璽襪鬚気个時、そのさばくモノが腕とクラブの重さだけなので
 安定した飛距離を得にくい
➅ヘッドの返し、からだやグリップをヘッドが追い越す のはイコール
 ロフトも含め、フェースの向きの変化、ヘッドの道のりの変化が
 激しいので練習量に対し、安定度が比例し難い

まだまだありますが、これだけのデメリットがあります。


女性であっても トップの位置からインパクトまで 0.2秒と言う刹那な時間、
また 教える立場 教わる立場 双方からしても、
その通す道、通し方、腕さばき、その量、その度合い を
教えるのも、教わるのも 不可能に近い 職人芸ですので
結局は 膨大な数のボールを打って、掴むしかありません。


一方、➁の ロフトを外に向け 腕やクラブを固定して
カラダの向きを変え ボールを打つ方
 は
基本、腕とクラブは固定です。
001

あとは からだを廻す、向きを変えて打つので
遥かに 段取り、手順が少なく、
小さな筋肉への負担も少ないので
疲労、加齢、などによる変化も少なく
 漠然とですが、覚えることもシンプルで済みます。
教える、教わる でも 割と伝わり易いコトが多いです。


プロショットとオーバーな名付けしていますが、
例えば これからプロを目指す高校生がこちらのクラブさばき
 であれば アマショットよりも可能性は高いですし、
プロに成ってからも やはりお金を稼げる可能性は高い です。

特に言えるのは プロショット、
クラブと腕は固定して、からだの向きを変えて打つコト

を覚えた人は アマショットもするコトが出来ます。
アプローチなど 場面に応じては必要な場合もありますし、
その際の リスク、確率も容易に把握可能です。
逆に アマショットをしている場合、
プロショットが出来ていれば 体力消費に比べ、
明らかにこちらの方が飛ぶので 移行している筈ですから
プロショットを打つコトが苦手、出来ない可能性も高いです。
飛距離に関しては 本当に体力、腕力任せ で、
精度を伴うには 莫大な練習量、頻度が必要な上、
一発一発のショットに体への負荷 が大きいので
喰える時期は短くなりガチ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)この写真のフォロースイング
茲亮命燭
蕕亮命拭帖

いったいどちらが正解、
もしくは お薦めなのか❓
話しはソコから始まったのですが…😨

お薦めなのは圧倒的に 茲亮命です……が…。
それを 誰にでもお薦め…と言うのには
 ちょっと躊躇してしまいます🤒
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)【スイングの終わらせ方_Moment






プロも含め、大雑把な分類で ゴルフスイングには二種類あります。
😊この表現で伝わると嬉しいのですが、
スイングを時計の針で示すと
時計文字盤 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし、
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る
(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く


👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
 クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す


👉ハミングバードではこれを
アマショット(すくい打ち、あおり打ち、しゃくり)
プロショット と勝手に名称定義しています。

どちらが良い、悪い の問題では無く
あえて言うのなら、これから ゴルフを始める、とか
スイングを学ぶ、 初歩に戻ってスイングを創り直す なら
➁の方が あとあと 苦労も少ないですし、
からだへの負担も少なく、体力/運動性能重視ではないのでベター…

と言うだけの話し です。
先の映像 ポニーテール ブルックヘンダーソン(メジャー1勝) 後の映像 ナイキの靴  アンヴァンダム(飛距離ランク1位)   👉プロであっても ざっくり大別すると 二種類います。

✋さて 元の話しに戻りますが
例に挙げるならば 上記映像のブルック系➀に
【スイングの終わらせ方_Moment
こういう終わり方をしろ、こういう風にフォローを! と言ったら
「ボールを打つな」「スイングするな」「飛ばすな」
 と言っているのと同じです。

自分の回転を追い越して、ヘッドを振る人にとっては
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)
こういうフォロー、終わり方で無いと ボールが打てませんし、
スイング自体が成り立ちません。


これはあくまでも スイングイメージ です。
リリースが強めで、スピード(勢い)のあるドライバー では
クラブや腕などの 重さの慣性(勢い)が強く、大きく なりますので
同じ、ではありませんが、双方、形としては似たモノになります。
✋ここの部分 に着眼する、
✋ここの部分 が気になる
 というのであれば
この問題は フォローの問題ではありません。
問題は ボールのさばき方
フェース、ロフトを使って 球体であるボールをどう「とらえる」
どう「打つ」、どう「つかまえる」のか
と言う問題の 成れの果て がフォローに出るに過ぎません。

引き続き 明日もお読みください (つづく)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは Kさんに限らず、
多くのアマチュアにとって、かなり大きなテーマだと思います。
✋殆ど 話題にはなりません けどね。


先ずはコチラをご覧ください。

LPGA のメジャーチャンピオン Hyo Joo Kim選手です。
 今どき ちょっと珍しい 少しオーソドックスな
 アマチュアのお手本のようなスイングです。
 非常に滑らかで 美しいリズム感です。

このショットは 確かにウエッジでのフルショットに近い
コントロールショットではありますが、
インパクト以降 のクラブの行かせ方、
スイングの終わらせ方
 にご注目下さい。

多くのアマチュアは インパクト以降、
グリップ、特に左グリップを支点に
人によっては縦に、人によっては横(斜め)に
⛳クラブを回転させるモノ
⛳風を切るようにびゅっと振るモノ
フォローを出す というか
インパクト以降、手もクラブも伸ばし、
出来るだけ 円弧を大きく取ろう…としていると言えば良いのか
 そう思っている人が多いと思うのですが、
本来のショットは
(パンチショットと言う意味でなく)
 インパクト付近で終わり です。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


ドライバーなどの クラブの慣性が強い時、
それを逃すため、インパクト以降
 クラブを行かせ、まるで回転させるように終わらせますが、
 その行為は打撃のあと、スイングの終わらせ方、のコトで
 それで打つ訳ではありません。
 それが打撃、ボールさばきではありません

ポイント になるのは
体を廻し、インパクトでからだを止めず
左、アドレスを基準にすると ボールから離れていく方に、
トップの位置からインパクトまで グリップが入ってきたように
(その反対の道に)グリップを逃がしていくコト
         グリップを移動させ続けるコトです。
安定した、確実なショットを打つため
 インパクト以降のヘッドの軌道は意識しているでしょうが、
 インパクトまでの軌道の その続き でしかなく、
 ヘッドの向きや姿勢、軌道を持続的に、
 軌道の流れ、変化を起こさないため
 継続的にからだの向きを変え、グリップを動かしています。


✋トーナメントなどの解説で 「からだが止まりましたね
 は 概ね、この動きのコトを指します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

比較した映像を見て頂くと
 ▽インパクト以降、ヘッドを前に出すスイング
 (からだを止め、ヘッド〜腕を振るスイング) と
 ▽持続的にからだの向きを変え、グリップを移動させるスイング 
では
🔴ダウンスイング時の左サイドの廻り方(左肩の詰まり方)
🔴インパクト付近の肩ライン、右サイドの下がり方
🔴自然な形での左への体重移動 など

全く意識していないのですが かなりの違いがあります。

Kさんのスイングでも
インパクト以降 無意識だと思うのですが、
昔の名残りで からだを止め ヘッドを送る動きと
体を左に向けて グリップを動かそうとする動きが
混載しているように思えます。

『インパクト‼』と言う意識を一旦捨て、
➀トップで作る スナップロック(ハンドファースト)を維持したまま
➁ドンと左を向き
➂グリップを左斜め上方(アドレス基準でボールから離れていく方)に
『主にからだの回転主体で』動かしてみて下さい。
ぢ里開くのも恐れず 左を向いてしまって下さい。
  ✋その目的はグリップを移動させるコト です、忘れずに。

始めは上手く行かない と思いますし、
当たり始めても 怖くて 距離が落ちるかも知れませんが…。
確信は無いのですが、
➀トップの位置で 腕とクラブはロック
➁その時点で スナップロック
(ハンドファースト)を作り
➂あまり 体重移動を意識せず
い△箸呂らだの向きの変更で グリップを動かし続ける

コレが馴染んでくると トップの高さ の問題も
直ぐ!にではないとは思いますが、解決する気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある休みの日、雑事をして 店に降りると そこには❕❕
 巨体の若者 が立っていました。
  ( ;∀;)めちゃ びっくりしました!

クラブの修理の相談 で 初めて来店されたそうですが、
壊れたクラブの経緯に興味があり、
ちょっと打って頂きました。

コレ 本当に後悔してるって言うか
ホント、来た時のスイング 動画に残しておけば良かった
 というか、それほど 別なヒトになったのです。
 (魔法が解けて 元に戻る可能性は低くありませんが…)

誰からもスイングを習っていない、
スイングやクラブの話しも聞いていない、
若さのエネルギーを活用して ただひたすら打つ、振る、叩く、
コースに行く、で 作られたそのスイングは
ご本人には申し訳ないのですが、
もう ホント典型的な 手で円を作る、
一番実現し易い腕や手を使った円をなぞって スイングらしくする
 疑似スイングでした。  それもものすごい力技。

 ⇩始まりは 概ね このスイングでした⇩

小さなアプローチもやって貰ったのですが、
やはり 案の定、振り子の改良版 のような形で
やり始めて 一年未満で そのスイングとアプローチで
結構、いいスコア出せているみたいで
まあ 自分のやってきたことは「合っている」「正解なんだな」
と思い込み始めている模様。



そこでお節介で、出しゃばりな店主が
「楽しむだけなら 何も言うことはないけど
 それって 正しいクラブ扱い、スイングになってないよ。」
って口に出したら、ものすごい喰いつかれてしまって…。

巨体で、マッチョな若者 なので
ご多分に漏れず Xのシャフトを なんと C-50 のヘッド重量で
使っていて、その影響でクラブを壊しちゃったのが店に来た経緯。

まあ 中古のクラブ って言うのは
概ね 「使えない」 か 「使わない」から 中古になった訳で
それには人気なシャフトが刺さっていて
元の持ち主は 口コミで評判❓ 話題のシャフトが
上手く使えなかったら マズイ ってんで
上手く使えない理由を よくある『長さだ』と特定したらしく
必要以上に短尺にぶったぎられていました。
元が、シャフトが硬いから 上手く行かないのに
それに輪をかけて ぶった切ったら そりゃ中古屋行き だよね。
金欠な若者は それを買った訳 です。

そんでもって よせばいいのに
ハミングバードのお約束クラブ 悶絶クラブ入門編 みたいのを
「打ってみて」    って始まって、
「スライスする、スライスしそう」  ってなったので
「本当は シャフトが柔らかかったら
  低くなって フックになり易いんだけどね…。」
  から始まった訳です。


ご本人も からだで打つコトは意識してるけど、
お約束のパターンで 遅れたシャフトをしなり戻して打つ
つまり ボールを円の中に掻き込むように打つ 訳ですから
手を振るための体の使い になり始めている、固まり始めているのに
本当の意味の からだの回転で打つ の形にしたい …みたい で…
「それ 死ぬまで無理よ」   って。

で 一時間ばかりレクチャーして こうなりました…とさ
  きっと この話には 後日談 が生まれそう・・・だわね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん より
✋『手前味噌ですが、
スイングはすこしづつ良くなっている ように思います。

ですが、トップが大きすぎるのがどうにも治りません。

たぶん、もっとトップを小さくしたほうが安定するし、
力も伝わりやすいと思いやってみるのですが、
自分では小さくしているつもりでも撮影すると全く変わっていないのに驚きです。
これからも根気強く取り組みます。

 

ところで、本日仲間内のコンペがあったので、ラウンド報告いたします。

ショットは常にゆっくりすること(加速しないこと)を心がけたところ、
安定したショットができました。
とはいっても癖はそう簡単には抜けなくて、
力んでしまうとミスショットになります。永遠の課題ですかね・・・

アプローチはだいぶ距離感があってきました。
寄せワンも何度かあって、
ちなみにパット数が平均で36くらいのところ、今日は32でした。


ユーティリティは、今回も活躍してくれませんでした。

玉が上がりすぎて風に流されたり、
低い球を打ちたいと思ってひっかけたり、
ナイスショットかと思えば全然手前だったり、
そこそこ満足できるショットが打てませんでした。


多分打ち方の問題が大きいと思いますが・・・

 

6月はいろいろと忙しく、
ゴルフはオフシーズンになりますが、
ブログを拝見しながらイメージトレーニングを行ってまいります。




店主:
実は Kさんとは直接お会いしたコトはありません。

スイングのお節介も 通信講座で行っている次第で
余程 勘が良いのか、運動センスがあるのか、
8か月位で かなり大きくスイングは前進して来ています。

動画を編集すると分かるのですが、
最新のスイングになるにつれ 運動速度も上がってきており
距離も伸びてきている可能性があります。

【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1

フォローの出方も変わってきましたから
距離だけでなく、安定度も上がりつつあるのではないかと思います。 

ご本人が気にされている トップの高さ(大きさ)ですが…
あまり気にする必要はないような気がします。
以前 手で上げていた、胴体を捩じっていた人が
足などを使い、骨盤、胴体の右向きを作ると
その分、上がり過ぎ になり易く、
高くなったり、シャフトクロス になったりします。
タイミングが取れるのなら、安定しているのなら、
個性の一つ と考えて良いと思いますが、
気にされているのなら…。

ゴルフクラブは L字型をしており、
鎌首を自分の方に持ち上げています。
グリップを高くしたり、上腕を上げると
その意志をもって、上げた分よりも多く、
イメージの倍高く上がると考えて良いと思います。
故に 上げる量を調節するのではなく
「上げない」位を意識した方が良いかも知れません
右向きをつくれば どの道、グリップは高くなりますので
タイミングが取れるのであれば それで十分かと思います。
【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment

その課題…に関連しているかも知れませんが、
トップの位置の高さ が
グリップを上下に動かす、クラブを下に振る、
 それを打撃のエンジンにしている可能性は否めません。
グリップの位置だけでなく、高さの移動も
 『からだの向き』を主体にするに移行していけば
 知らず知らずのうちに、トップの高さも必要最低限に
 収まって行くと思います。


それに関連する流れで
気になる点がありますので それは明日に…  (続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんという年なんでしょうね…
 マスターズ女子アマで 🏆日本人優勝
 マスターズで 🏆日本人優勝
 全米女子オープンで 🏆日本人同士のプレーオフ
 日本 ⛳ゴルフ元年と言えば良いのか
 まだ半分ですが、すごい一年ですねー👏👏




お二人のLPGAプロのスイングを見て下さい。
 

先に出てくるのは カナダのブルック・ヘンダーソン(23歳)
 ツアー10勝、メジャー1勝
後に出てくるのは オランダのアン・ヴァン・ダム(25際)
 ツアー参戦2年目ですが、飛距離ランクは1位(290YD)です。

メジャーチャンピオンのブルックの方が
 フェースローテーション強め
 ヘッド、クラブをフリーにするリリースのタイミングが
 かなり早め、 手打ち派、ねじり派 と言えます。

良い悪いではなく アマチュアの参考に出来る部分として
 ダウンスイングの左肩 の動き方がかなり異なる二人です。
ブルックの方が詰まった感じの左肩になります。
女子の場合なのか、最近の流行りなのか、は別として
 腰を先に回して、意図的か、自然な遅れなのか、
 後から肩を回す形になりますが、
 アンは肩を回して グリップを動かしますが、
 ブルックは腕の入れ替えで肩を動かす派 ですので
 先頭にある 左肩が詰まり気味 になります。

この 動き の部分は 結果論 でしかなく、
インパクトさばき、ボールさばきを
✋からだの向きで行うか
✋クラブの返し
(左右の腕の入れ替え)で行うか
の違いがパフォーマンスに表れている、だけで
ソコを見誤ると スイング造りに苦労します。

 おそらく…テークアウェイの取り方も
 その インパクトさばき、ボールさばきの違い
 
左右の腕を入れ替えるため のその準備、
 ソレを『作るため』『するため』のモノ ですので…、
 インパクトさばきを変えずに テークアウェイをいじるのは
 形、見た目の真似 に過ぎず、
 馴染まないのではないかと思います。


その結果、世の中で言われたりしている
地面反力(足の上への蹴り)が現れたり…する訳ですが、
それは 動きではなく、反射に近い処理 です。
クラブを振る空間を確保する、もしくは
遠心力に対抗するための反応 に近いでしょう。
それを 技術として取り入れるのは あまり意味がないような…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


細かいトコロを除けば
 🔴スイングは クラブを持った自分が向きを変える
  クラブを振りまわして 円を描くのでは無い
 🔴打った後、クラブの慣性をリリースするけど
  それが 打撃のメインエンジンでは無いですヨ
 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

そのポイントを押さえる、のなら
 それを手でやるのもない訳では無いです。

ショットの科学 を考えると
 クラブと腕は概ね固定し、からだで廻った方がベター
なのは確か…なんですが…
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

ある年齢
(人によってそれぞれですが)を超えると
 からだをねじるのが本能的怖くなります。
 からだが硬くなる と言ったらいいでしょうか…。
そういう意味でも 若者と呼べない年齢の私たちは
 足中心で、胴体 だけでなく
 からだ、自分自身ソノモノの向きを変えちゃった方が楽です。

手で振る、多少はいいですけど
 その量が大きくなると 胴体を捩じる必要性が強くなり
 テークアウェイの右向き、以前に
 テークアウェイそのものが取れない程 からだを捻じれなくなります。
 硬い、怖い、痛い なんです。

また 手で振るには 腰を先行して、胴体のねじれを作る
 ダウンスイングが必要になります。
 これも やはり怖い、特に速い動きが怖くなります。
 本能的に拒否するトコロがあるんだと思います。
ゴルフスイングの場合、好き嫌いに関わらず、
 ダウンスイングで胴体のねじれはあるのですが、
 それを極力減らし、無くした方が 加齢による飛距離ダウンは
 防げると思います。

距離を出す、方向を安定させる、ミスの確率を減らす、
これ等を両立するのには
特に 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

この部分に関しては アプローチやハーフショットで
 みっちりやった方が良いと思います。
 
 ✋✋ロフトの大きいクラブの その見た目に騙されないように。
この 円の外に弾き出す、円の外に打つ 感覚が掴める
 そのものが アプローチの向上になると思います。
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

ゴルフクラブのロフトは 推進力、
 この場合はボールスピードになりますが、
 この推進力をロフト角度によって 意図的にロスさせています。
 打ち出し角度や回転に化けさせています。

 ロフト角度が大きくなる程、勿論 ロス率は増えるのですが、
 相手が球体であるが故に あるロフト、だいたい45度を超えると
 そのロスは角度なりに倍というより、二乗倍になるような感じです。
 例えば 40度のクラブの飛距離と 80度のロフトのクラブは
 単純に半分か というと
 ロフトが80度(超難しいですが)になると ロス率が大きすぎて
 当たっても 40度のクラブの 1/10も飛ばない可能性も出てきます。

🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出す
 の感覚が掴めると バンカーなどで
 逆に わざと ロス率の増える 円の中にボールを掻き込む
 そういう感じも同時に掴めてくる可能性が高いです。
 👉無理にやる必要はないですがね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋ドライバーが他のクラブよりも
 飛ぶ可能性があるのは
空中にあるボールを打つ と言うのもありますが、
より少ないロフトを使うことが出来るから』 です。
長さが長いから ヘッドスピードが高い、は嘘ではないですが、 
1インチ程度延長では ヘッドスピードに変化は起こりません

 例えば 全米プロを優勝した ミケルソン選手は
 47.5インチを使用しているそうですが
 おそらく 9度以下等(従来のモノより少ないロフト) を
 使用する「為」長尺にした可能性があります


ウッドの場合 1インチ長さを変えるのに
概ね12g程度のヘッド重量の変化があります。
45インチ 200g と同じバランス数値(スイングウエイト)の
46インチ を作るには 188g前後にヘッドをダウンウエイト
する必要があり、ヘッドスピードなどを含めた打撃力、破壊力には
全くと言ってよい程 変わりはないのです。

ドライバーの入射角度114


✋いまよりも 長尺にした場合、
さらなる 少ないロフト にする事が出来るのなら
飛距離を伸ばせる可能性はあります。



ただ そこには 少々疑義があり
驚くようなヘッドスピードがないのに
 少なめのロフトを使っている(使えている)は
元々 こすって(開いて)ボールを打っている可能性が高く、
さらなる長尺にするコトによってより開き易くなったり、
入射角度がより緩くなって
弾道が高く、スピンが増える…
 その結果、飛距離が上がらない、場合によっては落ちる可能性
もあります。


長尺にする際、知っておいた方が良いことが幾つかあります。

➀まず ヘッド重量が下がるので
 インパクトの衝撃を下げる機能が低下します。
 (ヘッド重量はインパクトの衝撃を吸収する緩衝材でもあります₎
 ですので 手首や肘 など クラブに近いトコロの部位に
 今まで以上の衝撃を受けることになります。

➁メーカーはあまり公表しませんが、
 実は44インチ位を境に ヘッドの投影面積よりも
 シャフトの投影面積の方が増え始めます。
 実害としては 風の吹く中で振り難くなる、
 風の影響をもろに受け易くなります。
 
EG05_04

 ヘッド重量が減るコトもありますが、
 飛ばすには その長さを利用した速いヘッドスピードで
 少なめのロフトを使える が長尺クラブの利点です。

 「長さとヘッドスピード」と言う観点で見ると、
 クラブのお陰で飛ぶ というよりは

 自分の頑張りで飛ばす と言う側面が匂わないでもない…。
 風の影響も同じで、ソコも使う方の体力に結構、依存しています。


短尺にするのが良い とは言いませんが、
安定して楽して飛ばす方法はほかにも幾つかあります。
『スピン抑制の手がある』のなら ほのかに短めの方が
 断然、扱いに負担は少ない です。

 ヘッドスピードが上がるらしい… という程度の理由…
その実態を考えると
あまり 短絡的に長尺…というのはお薦めしかねます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ