◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年05月


仮にヘッドスピードは同じ 
似たような体力、練習量、練習頻度の
 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ
 いるとします。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











ヘッドスピードが速い は
 ボールの飛び の原動力になりますが イコールではありません。
その代表例が正にコレ
 飛ばない、
 ヘッドスピードなり、ロフト角度なり に 飛距離が出ない

 それを解決する糸口 でもあると思います。

ドライバーの入射角度114
 このデータは単なるサンプルなので気にせずに】

ヘッドスピードにも左右されますが、
仮に、似たヘッドスピードの場合、ボールのスピン量 とは
 主に、動いてきた上下の軌跡 に対しての
 フェースの上下角度(ロフト)の差異 から生まれます。
スライスやフックの出る仕組みの縦版です

 地面とヘッド(ロフト)の姿勢の関係 ではありません。

ドライバーの場合、
ボールの飛び、その人にとっての飛距離アップ を考えるにあたり
打ち出しの上下角度、そして回転、ボール速度 
という 飛びのM彖任あるのですが
○○度の打ち出し角度なら、だいたい スピン量 この位
◌◌◌◌のスピン量なら この位の打ち出し角度
組み合わせ によって 望ましい数値は常時、動きます。

これは 飛ばし だけでなく 方向や距離の安定度、
反復性にもつながってきます。

ゴルフクラブは ボールを打つ、
ボールをアバウトに目標の方向に打つ 絶対条件があるため、
フェースが上向きになると 軌道も上方向に変わり易く、
フェースが下を向いていると 軌道は下方向に行き易くなります。


フェースが上向き(円の中を向こうとする) ということは
ヘッドがグリップを追い抜いていますから
フェースが円の外向きの状態
(ロフトが立った)と比べると
グリップは蕕砲△蝓△らだ自体が上向きになり易い、
打つボールの場所は決まってますから、当然 そうなります。

 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ

フェースを円の外に向けたままの Aさんと
フェースを円の中に向けてくる Bさんでは
ヘッドの上下軌道、高さの変化具合、円弧の大きさなど
かなり異なり、
Aさんの方が大きめの円弧で緩やかな変化(上下)
Bさんの方が小さめの円弧できつめの変化 になり易い
 というコトです。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













安定して 良いドライバーショット(不満で無い距離、方向)
を打つための基準になる
打ち出しの角度 や スピン量 が
Bさんの方がバラツキが出易く、
 いろいろな組み合わせが発生しやす
いのです。

この場合は 上下方向の、ロフト面での面の 造り具合によって
上下の軌道が常時、変化してしまうため、変化が激しいため
Bさんの場合、Aさんに比べると
こう振ればこうなる、こう打てばこうなる という目安が作れず、
安定した自分のショットが創り難くなる のです。
video_Slomo_Moment
Aさんの場合、腕とクラブはトップでロックして
カラダの向きだけで クラブを動かすので
傾きがあるとは言え、クラブは横に移動させています。
ところが Bさんの場合、軌道自体は似てはいますが、
その軌道の中には からだの回転で行うAさんに比べ、
腕や手、クラブと 円弧の半径は小さくなりますし、
ヘッドを上下に動かすコト(下に膨らませる)になるのですから
当然、その分はボールスピードにならず、打ち出しの角度や
スピン量に化けやすくなります。


【Point】アッパーで打つ角度・確率は
 Bさんの方が強くなり易いので
たまーに Aさんと似た距離を打つコトは可能、
その たまに飛ぶ のが問題だったりしますが…
平均飛距離や安定度は理屈上、かなりの差に成り得ます。


練習量や運動神経でなんとかなる、のも否定はしませんが
イチから始める、将来を考えて改善するコトを考慮すると
どちらを取れば良いのか かなり明白だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」、
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

プロショットを学べば それですべてではなく、
その再現性、反復性、飛距離など
 そこから始まる とも言え、
 そのショットを磨く必要性 はあります。

プロショットさえ出来れば
 いきなり プロのような球が打てるわけでもありませんし、
 スコアがいきなり シングルハンディになる訳もありませんが
少なくとも アマショットでそれを実現するより
 遥かに少ない労力、練習量で済むと思います。
 段違い です。

プロショットが出来れば
 面白いもので 同時にアマショットも可能です。
選択としては 良い選択、嬉しい選択ではありませんが、
 バンカーやラフ、などショットの場面によっては
 それをする必要がある時も ない訳では無いですから…。
 でも 総じてピンチの場面でしょう。
しかし、通常のショットがアマショットの人は
 場面が来ても プロショットを打つコトは出来ません。
 何かの偶然でそれに近いことが起こっても
 再現する感覚・仕組みが理解出来ないから です。


ゴルフとは別に一般的に 「つかまえる」と言う言葉は
辞書によるとここら辺の意味です。
  1.  1 逃げようとするものをとりおさえる。

  1.  2 手でかたく押さえ持つ。
     離さないようにしっかりつかむ。

  1.  3 声をかけて立ちどまらせる。
     呼び止める。また、引き止める。

  1. ニュアンスとして 自分に引き寄せる、近づける、取り込む
    抱え込む、掴む  そんな感じでしょうか❓

    ところが ゴルフのショットにおいての 「つかまえる」 で
    やらなければいけないコト
    具体的な箇所で それを実行するのは
    ヘッド・フェースとボールの相関関係ですが、
    それは 
    上記ニュアンスとは全く反対 です。

    ✋この言葉の持つニュアンス、
    言葉とスイングでやらなければならないことのひっくり返しが、
    スイング、ボールさばきを想起させている可能性があるのかも❓


    逆に こする を辞書で調べると

    1.  物を他の物に強く押し当てたままで動かす。
      また、そのように繰り返し続けて動かす。

      どちらかと言うと そのニュアンスは
      自分と距離を保つ(近づけない)
      離れていくような感じを含み、
      例えば、男女で関係で つかまえる は結婚するとか、
      お付き合いを始める でしょうし、
      こする は 微妙ではありますが、
      誘いをやんわりと断る 逃げる みたいな 距離感を指すのだと思います。

      2021-04-07_06-01-34_Moment(4)
      ゴルフのスイングは それを手で振ろうが、
      からだの回転で振ろうが その場所に留まって
      捻じるにしても、シンプルにからだの向きを変えるにしても
      傍からは 円弧を描いているように見えます。

      つかまえる は  その円弧に対し、
      フェース(ロフト)を外に向けよう とするコト で
      こする は その円弧に対し、
      フェース(ロフト)を中に向けよう とするコト です。

      (実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

      それを実践しようとすると
      腕の役割は クラブの固定/半固定 で
      カラダの向きを変えて クラブを移動させなくては
      ならなくなるわけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


KOちゃんの憂鬱 前編で解決した?かも知れませんが、
からだの回転で、ロックした腕とクラブを通せる経路、道を
なんとなく掴むと スイングスピードもあがりますし、
ショットの安定性、特にアプローチはかなり良くなりますので
あまり焦らず また動画で送って頂いたりしながら
のんびり 掴んで行ってください、必ず役に立ちます。

始めは ウエッジのハーフショット 30〜40ヤード位から
始めると とっつき易いと思います。
 


動画にも起こしますが、
ロックした腕とクラブを からだの回転で
横に動かそうとしている と言うか
本当に移動させようとしています。
✋回転で グリップに遠心力を掛ける と言っても
 インパクト付近で 腕が伸びるようにかける? かかる感じで
 回転の外方向にグリップが膨らんでしまう様に掛けては
 打撃に別な作業が必要になってしまいます。


からだの回転で移動させるコト自体間違い
 では断じてありませんが、
からだの回転の移動で ロックした腕とクラブ、
特にグリップに 低さ方向。。。懐の中へ
すこし縦めに移動させないと 体が浮きます。

なんと言えば良いのか
トップの位置で 出来た両腕の三角 ありますよね。
その空間というか 一番外枠がそのトップ時の三角 で
カラダの向きを変える&シフト(必須) で
両腕、クラブがその 外枠の中を通るような感じです。

そこを通ると
 今までよりも遥かに早くタイミングにインパクトが来るので
 ダウンスイング〜インパクト〜フォローを含め
 何か別のコトをする余裕はほぼ何もありません。
 いつの間にか打つ感じに等しいです。

トップで出来た腕とクラブの形
 その形のまま 打つ感じに近いですね。
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


手でやる訳でも、手で誘導する訳でもありませんが、
トップの位置で からだは固定し、刷毛塗で
インパクトに入る感じと似ています。

決して 手でやる訳ではありません。あくまでもからだの回転です

また からだの回転で行う感じは
決して そうする訳 ではないですが、
トップの位置で右を向いたまま、右にお辞儀をした時、
腕やクラブ、グリップが行く先に似ています。
(決して 本当にお辞儀したりはしませんように)


びったり この経路 と言うわけではなく
おおまかにその経路に入れば 思ったより遊びはありますが、
腕でやることは何もありませんし、
からだの回転も今までより負担なく、スムースになるので
感触として掴みドコロが無いのが難点と言えば難点です。

からだの回転で 腕、グリップを移動させるコトを掴めると
一つの動きで ボールを打つコトが可能になり、
アプローチなどの 加速の強くないショットは
カラダの向き加減(速度)で距離調整が可能になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチを足で って言っても
 ボールを蹴る訳じゃないですよー。
  秀二で打つ感じ…は近いモノ、あるかも🤪



足さばき で 胴体の向きを変える
  カラダを回転させる
✋これは フェースは円弧の外向きのまま
  フェースでボールをこそぎ取らない
のと パックになっています。

このアプローチの最大のメリット は
 インパクト付近で「妙な」加速が要らない
 等速のまま、
 からだの向きの変更具合が距離感に出来る
 というコトでしょう。

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)


軽いショット
出来れば
 サイズとしてはフルスケールのゆっくりしたショット
 スイングから始めて からだを慣らしていきましょう。

テークアウェイで
クラブを上げない、手を高く上げない
加速の少ない ハーフショット程度であれば
わりに簡単に出来ます。
動かすモノは大きいですが
 動かす箇所は少ないですから (^^♪

慣れてくれば コースでのアプローチに役立つと思います。
特に ランニングやピッチ&ラン
 中途な距離をより確実に打てるようになるとおもいます。

基本は 腕とクラブはトップ時、切り返し時の状態で固定。
 ロックし、胴体ゴト クラブを動かす感じです。
 ヘッドは勿論、クラブ単独で動くことはありません。
 それを移動させたいように 自分が足で向きを変えます。

ジャンボのアプローチは参考になると思います。

今までよりも 弾道が強く、やや低めに出ますし、
 今までよりも 着弾時、スピンが効く と思います。
(今までの すくい打ちよりも、ってコトですよ)

ジャンボのように 手でグリップを押しこむと
より強い球が出たりしますが、
手で動かすコトによって 足で動かすコトがおろそかに
なり易いので注意が必要です。


足と言う不器用な部分は
覚えるのは結構 その言葉通り不器用ですが、
緊張感に強く、傾斜への対応にも強いです。
そして 不器用が故に 一度覚えると忘れにくく
手先でやるよりも コンディションに変化にも強いです。
また 最大のメリットは
 クラブ自体を固定、半固定にしているので
 入り方₍入射₎、ロフト姿勢が安定し易く
 より計算の出来るアプローチが出来るコトでしょう。 

腕周り、腕とクラブを固定、半固定にしているので
切り返し以降 で 変な加減速が入り難くなります。
また その足の動かす動作速度 が 距離感になるので
慣れると 手先でするよりも 距離感は安定します。
 思っている以上の効果があります。

回転がギッタンバッコンになり難いというメリット
手先や肩で行うと 動き出し、初期テークバックに
 緊張感が伴い易いですから 足の方が楽かも、しれません。

お試しください(。◕ˇдˇ​◕。)/
リリースは手首の解放ではありません_Moment


最近のトーナメントプロは
 わざとこすり系 で
低い球を打つ時も こすり系で打つ人が多いので
この手の オーソドックス、
今となっては
 レトロなアプローチをする人は少なくなりましたが、
アマチュアにとっては とっても楽な方法だと思いますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分としてはトップでロック、
そのまま回転を意識してやっているのですが、
動画見て
グリップの遅れに驚いています。

自分的には結構気持ちよくショットしているのですが、
もっとトップからの動き出しに課題ありということでしょうか?

アドバイスいただけると幸いです。




全体としては とっても良い仕上がり だと思います。
飛距離もそこそこ 出ていそう ?? ですか❓
そのソブリは垣間見えるのですが、手で振っている訳でもなく
フェースローテーションも
ただ 仰る通り  切り返しから、
からだの回転に対し グリップや腕、クラブが置き去りになってしまい
その結果、入射が緩くなり 左曲がりがキツイ とか、
スライスはでなさそうですね…
飛ぶけどボールが浮き難い 等細かい問題は出ているのかなと推察します。
腕やグリップの遅れ は インパクト付近で
手で振るための準備の記憶、尻尾だった尾てい骨のようなモノ
だとも言えますが、一応、用心のため、
今のうちに消しておきましょう。

ただ ちょっとスイング感覚 としては 高度です。
技術的には難しくありません、むしろ、簡単ですが、
感覚として 「感覚のない、実感のない感覚を掴む」
と言う得体の知れないモノ というコトです。

トップの位置も悪くないです。
でも 切り返し、ダウンのコトを考えると
ヘッドの方がグリップよりも高い を維持したうえで
もう少しフラット、の方が良いかも知れません。
少なくとも 「通す道」が感覚的に掴めるまでの
 応急措置的な、危険回避的な部分ですが、
グリップの遅れ(尾てい骨のような)は コースに出ると
手打ち、手振りとして顔を出す可能性があるので
今よりも ややフラットなグリップ位置 で
 右向きを誘発し、ダウンスイングの時間と空間を
 少しでも確保しておいた方が安全です。


問題の課題部分ですが、
池田康二202520_Moment➀トップの位置での 腕とクラブをロック
ここまでは問題ありません。

➁ロックした腕とクラブをからだの回転で…
その行為そのものは 努力されていると思いますし、
おそらく そのせいで 距離とか、弾道になにがしかの結果
良い感じが出ているのではないかと思います。

➂さて ココ です
 ロックした腕とクラブを からだの回転で送る方向、
 移動させる方向、移動先、導く方向が
 横方向、この場合はボール方向になってしまい、
 遠回りになってしまっているので
 先頭である左半身の動きが滞っています。
 故に 腕が遅れる、
 また 回転が右半身主体の後輪駆動気味 になっています。
池田康二202520_Moment(2)
 まず 意識として からだの回転は
 足を主体とした からだ全体の向きが
 私たちの年齢にはより良い と思いますが、
 出来れば 左半身、この場合は前輪駆動だと思ってください。
 右半身はその場に置き去り…にする位、
 意識として 右半身と左半身のアコーディオンを開く(伸ばす)
 ようなイメージです(当然、実際には両方動きます)

 また 足腰、主体の回転に対し、
 クラブや腕の生えた 重さ(負荷)の掛かり易い 肩部分は
 遅れガチ ですので、
✋からだの開きを怖がらず、途中で止めることなく
 一気に左向きになるところまで廻ってみて下さい。


 左へのシフト が伴いますが、
 廻る と シフト にはっきりした順序は無く、
 混じり合ったモノ です。
 体が開くのを恐れず、積極的に左サイドを動かせば
 概ね 体重移動はくっ付いてきます。
 (フェースの円弧に対する外向き感、お忘れなく❕)

 ここまでで 解決する可能性も十分あります。
 十分ありますが、一応 念のために
 腕で動かす訳ではありませんが、グリップを、クラブを
 腕を通す道 について 後編で書きます、ね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

それは USLPGAでも有名な 姉妹の動画。

✋4人のチャーミングな女子プロたちが
  左打ちラウンドに挑戦しています。

内容はタイ語なので イマイチ掴めないのですが、
 メジャーチャンピオンも含む、4人でLPGA15勝以上の
 うら若き「猛者」達が 左打ちに七転八倒しています。


その中でも お姉さんの方 Moriya Jutanugarn を
 題材に取り上げてみました。
 
ショット、スイング、コース攻略と
 妹 Ariya と対照的なプレーをする Moriya
その彼女が 初の左打ちに挑戦している映像です。

我々、アマチュアゴルファーにも参考になる部分、
 特に ボールさばきの部分は参考になります。
左打ちを画像反転させ
オリジナルの右打ちと比較してみましたので ご覧ください
この典型的な プロショット→右打ち / アマショット→左打ち

自分で 左打ち(逆打ち)に挑戦してみると
分かるかも知れませんが、
ボールに当てないと フェースでボールを打たないと
「始まらない」 となると
やっぱり 器用な手を伸ばそう、手でボールを探ろう
とするのは 自然と言えば自然。

ですので スイングの知識や技術 としては
逆打ちとは言え、満載のPGA現役プレイヤー でも
その本能には敵わない と言う訳です。

右打ちの Moriya は
クラブを固定する 為 に手を使っていますが、
左打ち(反転映像)では
どうしても カラダを止め、手でボールを拾いに行く、
そういう動きになっています。
 慣れない左打ちというのを差し引いても
 インパクト以降の「さま」がここまで変わってきます。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

Moriyaは 腕でクラブを固定して、からだの回転で打つコト を
 「訓練」によって身に付けています。
プロで喰っていくには 強く、安定した球が必要だから、です。

一方、Moriyaの左打ちは スイング/ショットの基礎知識、
いえ プロとしてやっていく知識は十分持っている筈 ですが、
その知識をなぞりながらも やはり ボールを当てる という
本能に勝てません。
テークアウェイも 上げる まわる と言う知識はあっても
 右打ちと同じようには 当然ですが…出来ません。

フェースを円弧の外に向けて からだの回転の円でボールを打つ
 というのは 訓練によって馴染んでいくモノ です。


私たちも 今 すぐに左打ちしろ と言われれば
 フェースをボールに、フェースを円の中に向けて打つ
 ボールをフェースで当てるコトを最優先にする

スイングを確実にします。
おそらく 全く意識していないと思いますが、
 右打ちの時は ほぼ全くしていない フェースローテーションを
左打ちのMoriyaは反射的にしています。


アマチュアゴルファーが練習、レッスン、訓練によって
 身につける、成熟させた方が良いモノ は
始めのうち 怖くてトライし辛い
 フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだの回転と言う円動作でボールを拾うコト、
 それに慣れていくコト、
であって
ボールを手で円の中にかきこむ、
 ボールを手で打つコトを熟成させていくコト、
 上手にこすり打ちが出来るようになるコト、
 ではないのです。


練習によって 右打ちのMoriyaを目指すのか
 少し上手になった 左打ちのMoriyaを目指すのか
というコトですねー🤣

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

この素振りの中に
 多くのゴルファーの悩みが隠れています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



自分では からだの回転は使っているつもり… です。
とは言え からだの回転でリニアに、ダイレクトに
 クラブが動いている訳ではなく
「手打ち」と言われて、反論の余地のない状態です。
【からだで振るとアウトサイドイン、インサイドから振ると手打ち案件】
しかし、ダウンスイング時
 からだの回転通り、リニアに腕やクラブを動かすと
 見た目の「アウトサイドイン」が顔を出し
 どスライスになってしまい、
 「アウトサイドから振るから 👉スライス」と言う言葉が
 頭の中にこだまします。

スイングの溜め と言う言葉もあるので
 切り返しの体の動きに対し、腕やクラブを遅らせる、
 結果、としては 寝かしを増やすスイングになります。
【スイングの溜めってなんなの案件】
元々、スライス 自称:溜め
(遅れ)を作り、見た目のインサイドから入れても
 やっぱりスライス、フェースローテーションという
 打ってみないとどんな球が出るか、分からない新たな課題に直面

【ラウンドの後半 疲れてくるとローテーション上手く行かない案件】
(Rさん 大変身か?_Moment

【しならないシャフトをしならせて使う矛盾にモヤモヤ案件】
硬いシャフトの方がスライスが出にくい…とみんなの言葉を信じ
 硬いシャフトを使っている…けれど
 それを しならせて、しなり戻して使う と言う矛盾を
 いつも抱えている…なんだか 納得がいかない。
 とは言うものの 柔らかいシャフトを使うと スライスがひどくなる…。

ダウンスイング時、 自称:溜め
(遅れ)を作るコトによって
重さが右にかかり、右側が下がり、左があがる『おまけ付き』
【体重移動が出来ない案件】
また、そのコトによって 体重が右に残り
 素振りでは出来ても、ボールを打つと体重移動が出来ません。
 ダウンスイング時の 右への屈曲 と 腕やクラブの重さ残り
 を考えると 物理的に不可能に近い課題。
 前は腰だったけど、最近、ちょっと首が痛い…。

【前門のスライス、後門の腰の開き案件】
フェースローテーションを強く意識すると
 腕を振り、クラブを回転させる為の空間が必要になるので
 どうしても 腰を開かなければならなくなる。
 先輩から スライスは 「腰を開くからだ!」と言われるが
 スライスさせないため フェースローテーションをするには
 腰を開かなければならず 前門の虎、後門の狼状態…。
 冬の練習は左ひじのサポーターは必須…。

【フェースローテーションをすると 真ん中を避ける球ばかり案件】
だいぶ スライスは解消されてきたけれど
 憧れのハワイ航路…ドローボールは 左に飛び出て、左に曲がる し
 タイミングをミスると 右に出て 右に曲がる、
 まるで 真ん中を避けるような球ばかり出る
 仕方がないので 少し右を向いて ややひっかけ気味の球で攻める。
 持ち球は「ドローボール」と言いたい🤣
 
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)




【もしかしたら 難しいアプローチばかりトライしている案件】
打てるようになってくると 今度はスコアの問題…。
 バンカーは苦手ではないけれど、
 アプローチが上がる球ばかりで
 ランニングって言うのが上手く行かず
 トップとダフリのミスの確率が改善されない…。
 ウエッジの歯をボールと地面の間に入れるのって…無理❓
 上手く当たると必ずショートする問題 勃発
 サービスホールとか、ロングホールで 花道から
 寄せさえすれば あわよくばバーディ、もしくはパー の場面で
 手で転がしたくなる距離やシチュエーションで
 毎度のように ダボやトリになってしまう のは何故 ❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



L型ブリストルパター(進化版)についての
多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

IMG_0034 (2)


シャフトについて 尋ねられることがあるので
それについて書いてみます。

パターに限りませんが、
シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン)
この二つには実は何の違いもない と言えます。

割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは
重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが
それは全くの誤解です。

スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。
それが何か特別な性能を持っている訳ではなく
単一素材であるがゆえに
太さの変化(俗に言うテーパー度合) と
ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。
スチールシャフトの一番の利点は
 工業製品として安定して同じものが得られる
という部分にしかないと言い切れるほどです。

重量の関して…ですが
その前に スチールの方が硬い・・・
いえ 強い と思っている人がいますが
それも大きな間違いで、
繊維で構成するグラファイトの方が
圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。
また 繊維で構成するため
負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。

最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で
作られているグラファイトが多いので
言いにくいことではありますが、
本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、
使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など
無限な組み合わせが可能ですから、
圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは
技術的に「それが作れる」から、であるのと
平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると
強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。


IMG_0035 (2)



パターだけに限りませんが
グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は
同じバランス=スイングウエイト とすると
スチールシャフト装着のそれに比べると
20g以上重いヘッドが装着可能です。
これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる
最大の理由です。


シャフトは硬ければ硬いほど
ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。

50g重たいシャフトが装着されているものと
50g重たいヘッドが装着されているもの
計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても
先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント
動かした時の重量感は
格段に ヘッドの重いものの方が上 です。
これはウエッヂなどでも同じです。

ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな
スチールシャフト装着のパター では
その目方ほど 重量感は感じない ものです。


軽く感じる硬いシャフト装着のものに
本当に軽いヘッドが付いていて
重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが
付いているんですから、随分と差がありますよね…。


これも神話というか 都市伝説に近いですが
重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが
安定する なんて言われますが、
その手の話を豪語するゴルファーは
練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ?
それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから
それを参考にするのは なんだかな って気がします。
一体だれのためにゴルフをして
誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。



『L型ブリストルパター』特に進化版
一般的に市販のパターに比べると
約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上
シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では
一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm
進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下
ですので、総重量では似たようなものであったとしても
持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん
3倍以上に感じるのではないかと思います。
持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。

重く感じるパター・・・
そして 小さなストローク、遅いストロークであっても
遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量
慣れたとき どっちが安定するか は
火を見るよりも明らか だと思うのです。

まあ 軽口ですけれど、このパターが
量産されるほど売れてしまったら
間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。
(現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません)
それほどの性能を持っていると自負しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは動画をご覧ください

何も言わなければ ごく普通の素振り に見えます、よね。
練習場にいても 特に気にも留めない、ゴルファーの一人でしょう。

コレ かなり意識的に手で振っています
先にからだを廻し、からだが止まるトコロで
その反動で 腕を振る、というか
クラブの、ヘッドの重さで振っている感じ です。
 もしくは クラブを振る、クラブを回転させる
 それを行うための空間を確保する為、先に体を動かし
 空間が確保できる プラス ボールにヘッドが当たるトコロで
 ヘッドの重さでクラブを振る と言う感じでしょうか…。
カラダの向きに対し
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26) 右(右打ち)に
クラブがずれますので
当然、ロフトは開いて入って来ます。
基本、スライスです。
アウトから振ると周りの人に叱られるので
 より開いた(寝かした)インから振る
 のが「良いスイング」だと教わりました。
そのままでは ハイ-スライス になるので
フェースローテーションは必須項目です。


動画の中にも 差し込み ましたが、
カラダの回転で直にクラブを動かしていると
かなり異なる、早めのタイミングにインパクトが来ます。




この「振り方」「打ち方」に行き着くパターン には
ふたつの要因があると思われます。

➀ヘッドスピード信仰に取りつかれてしまっている
🔴繰り返せるインパクト
🔴望ましいインパクトのロフトなどヘッド姿勢
それらを思いっきり無視し、
まずは ヘッドスピードにばかり目が行ってしまう
良い当たり、安定したショット は とりあえず
後から修正する と言うパターンです。

✋ヘッドスピードを上げよう と言うトライ自体は
 決して悪いコト ではありませんが、
 車の運転と同じく、安全運転など無視し、
 まずはスピードだけ上げる は危険ですよね。
 慣れや総体的な運転技術が馴染み、スピードにも慣れ
 徐々に高速運転も出来るようになるモノ だと思います。

男子プロの世界は なんだか マッチョなゴルフになっているので
そういう練習器具など 結構、目につきますが、
スピードが上がっても それに伴って
 よりロフトが開いたりすれば 距離につながりませんし、
この「振り方」「打ち方」でスピードにトライするのは
 かなりからだの負担が大きい、です。

【注意】簡易計測機によるミート率は ロフト率
 スピードを上げるとミート率の数値が下がるのは
 ミート率が落ちているのではなく ロフトが増えてしまっている、
 スピードを上げるとロフトが増える振り方 と言うコトです。



スイングは円を描くから4232-30-1
 その円をヘッドの重さの遠心力によって描く
という 正しくない発想が根底にあるような気がします。
スイングが円を描くのは
 クラブ自体を持った 自分が動くからであって
 自分を土台にして ヘッドの重さで腕を振る、
 クラブを振るモノではありません

✊ヘッドスピードもからだの回転で作るモノ です



➁地面にあるボールをフェースでどう拾うのか
 (どうやってボールをつかまえるのか)を間違って覚えている

✋ヘッドスピードよりもコチラが先の場合も多々あるでしょう。
002
🔴フェースを円の中に向けて振る
🔴ボールを円の中に打ち出す
🔴ボールの底を打つ


これ等のイメージ と ヘッドの遠心力でクラブを振る
が合体していくのが 「アマショット」の代表例 です。
ロフトを増やし、クラブを丸く使って 🥎丸いモノを打てば
当然、打撃力は より多くの回転に化けますし、
フェースを開く と ロフトを増やす は近似値なモノ ですので
高い球、多めのスピン、スライス になるのは当然の帰結。

IMG_0662

地面にあるボールをフェースで拾うのは
円の外に向けたフェース、ロフト を維持し、
 カラダの向きの変更の円 で拾うのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ニュアンスを言語化して伝えるのは難しいので
質問、聞きたいコト、知りたいコト等
ありましたら ブログ内で回答しますので
是非 お便り、連絡頂けると嬉しいです。


ボールをつかまえるのが苦手、
スライスが多い人、距離が伸び悩んでいる人、
は この フェースを円弧の外に向けたままインパクトする
と言う感覚が 掴めないのだと思います。
2021-04-17_15

特に ドライバー と アプローチ です。 
ドライバーは ティーアップして打つとは言え
ゴルフクラブの中で 一番ロフトの少ない、
人によっては 一桁のロフトを使っている人も少なくないですが、
フェースを円弧の外に向けて打つ のに 恐怖を感じる人、
当たらないだけでなく、上がらない恐怖を感じる人も居るでしょう。
外に向いた 少ないロフトがより絶壁になる状態、
 それが ドライバーの本当のロフト です。

まあ やや左に置き、ティーアップして打つ
ドライバーにおいては 他のクラブよりも
リリースがインパクト直前、もしくはやや前に来る のは 否めません。
意図して上に振っている訳ではありませんが、
 それが故に 意図的にではなくとも、アッパー軌道にもなる訳です。


今度はアプローチです。
アプローチで使うクラブ、代表的なモノはウエッジですが、
元々 ロフトが大きく、構えると自分の方、天を向いていますが、
それに騙されてしまいガチ……ですが、基本は一緒。
ロフトは無視し、ロフトゼロ度の短いクラブと考え
 特殊なショットでない限り、
そのフェースも円弧の外に向けた状態でボールを打ちます。
2021-04-07_06-05-21_Moment

前にも添付しましたが 20年LPGAの試合会場で測定した
 出場選手 ほぼ全員の平均値のショットデータです。
プロ ですから 当たり前 と言われれば そうなのですが、
これで とても感心、感服するのは
スピン量が ちゃんと番手通り、ロフト通りになっているコトです。

  H-sp. B-sp. BS/HS 入射角 打出角 回転数 最高 着弾角 飛距離
  m/s  m/s  
₍キャリー₎
Driver 41.7 62.2 1.48 3.0 13.2 2610 22.8 37 218
3wood 40.0 58.6 1.48 -0.9 11.2 2700 21.0 39 195
5wood 39.1 56.8 1.47 -1.8 12.1 4500 23.7 43 185
7wood 37.7 54.6 1.46 -3.0 12.7 4690 22.8 46 174
4iron 35.5 51.5 1.45 -1.7 14.3 4800 21.9 43 169
5iron 35.1 49.7 1.43 -1.9 14.8 5080 21.0 45 161
6iron 34.6 48.4 1.41 -2.3 17.1 5940 22.8 46 152
7iron 33.7 46.2 1.38 -2.3 19.0 6700 22.7 47 141
8iron 32.8 44.4 1.33 -3.1 20.8 7490 22.8 47 130
9iron 32.0 41.3 1.32 -3.1 23.9 7580 22.7 47 119
PW 31.1 38.2 1.28 -2.8 25.7 8400 21.0 48 107


練習場で 10〜100人 アマチュアのデータを測定した とすると
7番、もしくは8番アイアンあたりから スピン量が減り始め
ウエッジに至っては フルショットであっても
 5000回転以下 の可能性が否めないと思います。
 こすって打っているから です。

ロフトが寝たクラブになると より寝たら
よりスピン量(回転数)が増えると思いがち ですが、
ある限度を超えると ヘッドスピードやヘッドの重さ などの
打撃力が 空振り、だるま落としの状態になり 伝わらなくなってきます。
そうすると ボールスピードも、スピン量も、打ち出し角度も減り始め
最終的には その場でポンと浮いて その場に落ちる球
実質上のくぐり打ち〜空振りに行き着きます。
・・・・二度打ちもその部類に属しますね。

スライスに悩む人、こすり球に悩む人のアプローチが
 上げる球になりがちなのも 同じ論理ですし、
 アマショットのゴルファーが ソールの奥行きの有る
 フェアウェイウッドを得意としない
 アマショットでは ターフを取るコトは出来ない のも
 物理的に理由があるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

初回、量産発注は既に済んでおり

本来ならば、仕上がって来ている筈…なのですが

未だ納品されず 本当に「私、発注したのかしら⁈」と

心配になって来ます。週明け、確認いたします 

 SLN-PT2


ピン型「デール9

ロング・スラントネックパター 

 

昨夕 無理をお願いし 
今日のラウンドに間に合う様に製造していただいた5UTが到着。早速 開梱。

5UTと共に ロング スラント ピンタイプ パター が入っており、
横須賀総本山にお伺いをたてると
 ラウンドで使って感想をよこせ との指示。
答えは
 ハイしかあり得ないので ハイ。

 

コースに到着したら 練習無しで 直ちにティーオフするのがルーティン。

 

アウトは 慣れた? L型ブリストルパター

34インチ  146cpm(ヘッド重量480g) いつもどおり 基本 2パット

インから ピン型「デール9」 の登場

34インチ 153cpm(ヘッド重量520g)

 

SLN-PT5

10番ホール 

グリーンまで 1m  
 カップまで5m  エッジから ピン型「デール9」でアプローチ   

✊おぉー  狙った所へ向かっている  弱い 届かないか! 

✊あれぇ〜?  なかなか 止まらない  若干の下りだから

 「オッケー  ナイスパット」(同伴競技者)

 

11番ホール

カップまで 5m  外せば ダボの 気合いの入らない状況

上りで スライスして 最後にフックするライン

打ちました  

✋弱い 届かないか!

✋あれぇ〜〜?  未だ 転がっている  上りなのに 

 ただ、カップの手前30cmから 急激の上っているので 届かないな と思っていたら 

ナイスイン (同伴競技者)    

 

SLN-PT812番ホール

色々あって カップまで 8m
 2
段グリーン  上りの キツいフック

何となく 根拠の無い 自信を抱き 打ちました

✋弱い 届かない  今度は本当に届かない

ナイスイン」「ナイスパー」(同伴競技者)

 

いつもの様に「パーは簡単バイ!」「打てば必ず入る」と 嘯く

 

この後

距離がある パッティングはオッケー距離に寄り、
オッケーに寄らない
 アプローチ後のパットは 入り  でパープレイ。

 

引っ掛けが ありませんでした。

✋苦手なスライスライン  
✋そして 特に苦手なスライスの下り  
上手く打てました。
 入るか否かは
 別ですが。

SLN-PT1


アウト はスコア 41 (パット 16 
 大体 いつもどおりだったので 70台はほぼ諦めていたのですが、

イン  37  パット 14 

 

久々の 70 でした。

 

パットが良くなって ショットに好影響が出た インでした。

ありがとう ピン型「デール9」 ロングスラントネックパター
 

L型ブリストルは フェースアングル ほぼ 90度。

一方 ピン型「デール9」 10度ほど。センターバランスに近い。

IMG_1200
✋市販の
 センターバランス 
 ヘッドを感じず 何処で打てば良いのか解らないので
 ヘッドを 「ぴゃぴゃっ」(長崎弁?)と
 いごかして(動かすを 長崎では いごかす と言います)しまうので
 それが嫌で L型ブリストルにしておりました。

 

でも、ピン型「デール9」は違う。

ピンタイプなのに ロング&スラント 
 フェースアングルを センターバランスに近づけ
 そして その重量が故に 若干のフェースアングルが ここで打てと教えてくれる。

従って ゆっくり 感覚を大事にしながら 打撃出来るので 距離感の勘が合う。

 

L型ブリストルの 長所を ある程度 持ち、
L型のブリストルの短所を ある程度 解消した
パター思った次第です。

 

SLN-PT7

感覚派が使える ピンタイプ とでも言いますでしょうか。

ラインは教えてもらえますが 距離は教えて貰えない。


距離は自分で作るしかない。だから
 距離感であって 
感は自分でしか解らないので
 他人から 教えて貰えない。

スリーパットは 距離間違いで 起こりやすい。

 

だとすれば このピン型「デール9」  凄かです。

凄いと言うより 違反。反則。

 

今日のラウンドは ベンド芝でした。
来週は
 高麗芝で しかも強烈な芝目です。
順目の下りでカップ
 オーバーしたら 
返しの 逆目の上りは ショートか引っ掛け  スリーパット量産 コースです。

ラウンドが楽しみになっております。ありがとうございます

 

追伸

ピン型「デール9」 量産に入ったのですか

因みに 5UT  出番は 一回 でした。使い易いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




振り子のアプローチなど
 アプローチでよく見かけるパターンです。
コレも 初心者の頃の勘違い❓に相当しますが、
ゴルフショットは基本、上げるコトではなく
 前進させるコト が重要です。


上げるのは ロフトに任せた方が簡単 です。
 ☀昔から 上げるのはクラブに任せよ と言われます。 
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

ウエッジショットでは
元々 フェースが上を向いている、上を向いて見えるので
どうしてもこうなりガチ、こう見えガチです。 


スイングの基本は2021-05-19_23-05-25_Moment(2)

1.アドレス時、クラブ(時計の針)はアバウト6時位を向いています。

2.ここでありガチ なのは
 時計は動かず、時計の針(クラブ)だけを動かすコトですが
 本来は、その逆で 針 は動かさず 時計(からだ)が回転します。
 👉腕で作る三角形を崩すな とは そういう意味合いです。
2021-05-19_23-05-25_Moment
3.ヘッドには重さがあり、6時で固定され
 時計自体が回転する動きの中で、その重さによって
 針・ヘッドは遅れ 7時位にズレます。
 スイング動作の中にも意図的なスナップの動きもあります。

4.そのずれを半固定したまま、時計が回転するので時計文字盤
 元の位置では当たりませんから、時計であれば3時方向(右)
 実際のスイングであれば左へズレます(シフト)

これはアプローチであっても、程度はあれど、基本は同じ です。

しかし、✖ボールをしゃくろうとする
✖ボールの底面を打とうとする
✖フェースを円弧の中へ打とうとする、
✖ボールを円の中に掻き込む 
✖ロフトを立てる(フェースを開く)→ロフトを寝かす(フェースを閉じる)
✖シャフトをしならせる → しなりもど
す 動きでは
1.アドレス時、クラブ(時計の針)は6時位を向いています。
2.時計は動かず、針だけが動きます。
3.9時や10時になったクラブ(針)が6時に戻ってくるコトで
 ボールを打つ訳ですが、当然、そのクラブの回転した方向
 に体は引っ張られます。 その対応が必要です。
4.理想的には左へシフトしたい訳ですが、
 それとはほぼ真反対の不可抗力が掛かるので
 最下点は想定よりも右/ボールの手前になります。
 左シフト、移行はかなり困難です
5.遠心力が掛かった方向に体を引いて調整するので
 腰は開き、ボールと正対するチャンスを逸します。


ふたつの球筋の違いは
🔴打ち出しは低め、スピンは多め
🔴打ち出しは高め、スピンは少な目
 です。
確かに アプローチやバンカーショットなどでは
下の打ち方をするコトもありますし、必要な場面もあります。
ですが、これをアプローチの基本とすると
(結構、プロにも多いですが…)
ヘッドを下に振るコトによって
ヘッドが下がるだけでなく、姿勢も右下がりになるので
想定以上に厚く入ります。
個々の方の球質の特性もありますが、そのダブル効果によって
ホンの微妙に 飛距離が足らず
グリーンに乗ったとしても 想定よりも短め になり
プロであれば、毎回、微妙にストレスの有る パーパット
を繰り返すコトになったりします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



       
original LOFT Face-Ang. LIE
N- 0 0 59
LOW1 -0.5 -0.5 59.5
LOW2 -1 -1 60
LOW3 -0.5 -1.5 60.5
N+ 0 0.5 61
HIGH1 0.5 0.5 61
HIGH2 1 1 60.5
HIGH3 0.5 0.5 59.5
N- 0 0 59
       
9 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9 0 59
LOW1 8.5 -0.5 59.5
LOW2 8 -1 60
LOW3 8.5 -1.5 60.5
N+ 9 0.5 61
HIGH1 9.5 0.5 61
HIGH2 10 1 60.5
HIGH3 9.5 0.5 59.5
N- 9 0 59
       
9.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9.5 0 59
LOW1 9 -0.5 59.5
LOW2 8.5 -1 60
LOW3 9 -1.5 60.5
N+ 9.5 0.5 61
HIGH1 10 0.5 61
HIGH2 10.5 1 60.5
HIGH3 10 0.5 59.5
N- 9.5 0 59
       
10 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10 0 59
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9 -1 60
LOW3 9.5 -1.5 60.5
N+ 10 0.5 61
HIGH1 10.5 0.5 61
HIGH2 11 1 60.5
HIGH3 10.5 0.5 59.5
N- 10 0 59
       
10.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10.5 0 59
LOW1 10 -0.5 59.5
LOW2 9.5 -1 60
LOW3 10 -1.5 60.5
N+ 10.5 0.5 61
HIGH1 11 0.5 61
HIGH2 11.5 1 60.5
HIGH3 11 0.5 59.5
N- 10.5 0 59
       
11 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11 0 59
LOW1 10.5 -0.5 59.5
LOW2 10 -1 60
LOW3 10.5 -1.5 60.5
N+ 11 0.5 61
HIGH1 11.5 0.5 61
HIGH2 12 1 60.5
HIGH3 11.5 0.5 59.5
N- 11 0 59
       
11.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11.5 0 59
LOW1 11 -0.5 59.5
LOW2 10.5 -1 60
LOW3 11 -1.5 60.5
N+ 11.5 0.5 61
HIGH1 12 0.5 61
HIGH2 12.5 1 60.5
HIGH3 12 0.5 59.5
N- 11.5 0 59
       
12 LOFT Face-Ang. LIE
N- 12 0 59
LOW1 11.5 -0.5 59.5
LOW2 11 -1 60
LOW3 11.5 -1.5 60.5
N+ 12 0.5 61
HIGH1 12.5 0.5 61
HIGH2 13 1 60.5
HIGH3 12.5 0.5 59.5
N- 12 0 59

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

通信講座ですね


おそらく、察しの良いKさんは
最近の記事を見て 気付いている と思うのですが、
当面のポイントとなるのが
🔴フェース面を円の外に向けたまま インパクトへ
だと思います。



トップで、ダウンスイングで、インパクトで
どこかの箇所をどう動かす…どう動かしたい…どう治す
それらは今は捨て置きましょう。

これは練習場ですが、
ボールを地面から、マットからこそぎとろう
円の中に掻き込もう
 ロフトを増やす形でボールを拾おう
 とするボールさばきが垣間見えます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

🔴立ったロフト→戻す→寝たロフト
こういう経緯で ボールをさばく のではなく
時計で表すのなら トップやダウンスイングで
スナップさばきやヘッドの重み(〜遅れ)によって
時計文字盤アドレス基準 6時の針が7時になる感じです。
時計の針を振る、回転させるのではなく
時計自体を廻す 👉体の向きを変える
トップからダウンスイングで作られた7時の針
それを固定して カラダの向きで ボールをさばいてください


アドレス時の 時計の針6時(アバウトですが…)
比べると 時計の針7時
(これもアバウトですが…)では
例えば 自分の鼻からヘッドまでの距離が短くなっています。
それでは届きません。

ですので 左へのシフト
 時計の絵で言うと 右方向、3時方向への時計自体のスライド
が必須(からだの回すのにも必須です)になります。

シフトは シフトしてから廻る
(見かけ上はそう見えたりします)
     と言う順序が在るのでは無く
カラダの向きの変更、からだの廻りと混じりあったモノ です。

足を主として 左サイドを積極的に動かしましょう。
カラダが開くのを恐れず
 途中で止まることなく 一気に向きを変える

それをするには 莠澗 が必要になりますので
 ある程度のシフト意識は必要ですが、自然と混ざり合います。

軸足は トップの位置からダウンスイング中に
右から左へと移行するのですが、
股関節の離れ分、どちらにも乗っていない曖昧な時間が存在します。
ですので その時間に、シフトしていく方向と別なチカラ、
外的要因、この場合は腕とクラブですが、
それを動かすと妙な遠心力や重さが掛かり
左に移行するのを本能的に中断するモノです。
ですので 少なくともグリップエンドがボールを超えるまで
(その時には概ね 左シフトは出来ているか、出来掛かっています)
腕、クラブは意識としては固定、
 ロックの状態を保ってください


グリップ、グリップエンドがボールを超えたら
クラブの慣性、腕の慣性もリリースして良いと思います。
 ✊短いクラブはリリースは要りません。

✋ここの注意点ですが(特にRさん 傾注❕
 からだを止めて 腕・クラブの慣性をリリースするのではなく
 あくまでも からだの回転の流れの中 です。
 曖昧な言葉ですが、打ってから放り投げる 位の感じです。

 からだの回転が止まってしまうリリースは✖ ですし
 リリースする為のからだの回転はもっと✖ です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






✋リリースが打撃のチカラ ではなく、
 スイングを、クラブに備わった慣性を収束させる為のモノ
 軌道の急激な変化をやや抑えるためのモノ です。
 くれぐれも リリースを打撃のエネルギーと捉えないで下さい。Rさん❕

打った後のリリース によって
自然とフォローは出ていきます。
おそらく そこも懸念材料だったと思うのですが、
打つまでは トップで出来た腕とクラブの関係はロック、
打ってからは リリース可、の状態がフォローを生みます。
小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)







その際…ですが、
腕を無理に降ろしたり、振った訳 ではありませんが、
からだの回転によって 移動した左グリップ
回転の軌道に沿って、高いトコロから低いトコロへ
移動させられて ボールを打った 
と思います。
ですので それを継続、
止まることなく、左を向いていく力を使って
同じ流れ、そこまでの流れ通り、そこまでの移動通り、
左グリップを高いトコロ に移動 させてください。

フォローを出そうとして からだを止める
左グリップを移動を止める
(まぁ、ボールを円の中に掻き込むさばきでは
 フォローが出る要素は無いのですが)
が逆に クラブや腕を体に巻きつかせ
 フォローを出させません。
からだの回転で移動させることは絶対 ですが、
その流れを止めず、高いトコロから低いトコロへ来たなら
その流れで高いトコロへ抜く 
のがポイントです。

とは言え まず フェースの外向きのまま
からだの回転で から 始めて下さい✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 硬いシャフト、軽いヘッドの弊害 の一つとも言えるかな…



ボールのさばき のイメージに革命を起こしましょう

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
クラブと腕が この写真のアングルで
くの字(右打ち)…ヘッドの方がグリップより先にある状況
 でボールをさばいてしまうと
手さばきで 円を描くことになります。
つまり からだの仕事を奪ってしまっている のです。

小さなアプローチでも
 手っ取り早く 手でヘッドを出してしまう、
 手さばきで円を描く習慣を付けてしまう と
 その時点で からだの仕事が無くなってしまいます。

また、当り前 ですが
 からだは 上下左右つながっています。
(Rさん 大変身か?_Moment

 トップの位置やダウンスイング初期では
 横の進行に対し グリップの方が先行しています。
 ヘッドの重さ もあって ヘッドの方が「遅れて」います。
 それを ヘッドの方を前に出す、グリップを追い越す とか
 ヘッドを下に送る、下げる は
 概ね 右手、右腕の仕事です。
 その場面で "意図的" に右手、右腕を使うと
  必ず、左肩は上にあがります。
 それは同時に からだの開き や 右サイドの下がり です。
 
 🔴標語のような、よくあるゴルファーの悩みばかり です…が
 自分でそうなるよう仕向けているのです。

 からだの向きを変える という至極、普通の動作 を
 手で代替えしてる、仕事を奪っている のですから
 当然、複雑な、奇妙な動きになるのは当然✋
 それを まるで からだの回転で行っている ように
 見せかける のが 一般的なスイング改良 です。
 始めから無理がある代替え行為なのに 元と同じように
 動こうとするなんて 正直、意味不明、意図不明になりますよね

2021-05-19_23-05-25_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

腕とクラブの関係 逆くの字
(右打ちのこのアングルで)
 でボールをとらえるのが ショットの基本 です。
逆くの字 『だけ』では ボールが打てません
 
だから からだを回す のです。
 逆くの字 ハミングバードで言うところのスナップロック
 一般的には ハンドファースト と呼ばれていますが、
 それ「だけ」では ボールが打てない
 その『もどかしさ』を頭と気持ちで乗り越えられない(Rさん!)
 からだの回転で打つコトは身に付いていきません。


例えば ハンドファースト ですが、
手で振る、ヘッドを返すのを打撃の主にしたら
ハンド(グリップ)ファーストにしたら 単に開いたまま打つだけ です。
ヘッドファーストにしないと 打てないのに
ハンド(グリップ)ファーストにしよう、 なんて 不可能じゃないですか❓

あくまでもイメージですが、
 ボールはフェースによって円の外に弾き出す のです。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

遠心力、遠心力と言う言葉をよく耳にしますが、
 そうであるのなら より一層 外に弾き出さないと✋
 …円の中に掻き込んだら 遠心力は使えません。




🔴多くの人は 既に素振りの "時点" で 手で円を描いています。
 ボールをさばくところを 何で回しているか
 映像でも自分の素振りでもご確認ください✋
 
こういう素振りが『悪い』とは言いませんが、
 スイングの後半に シャフト、クラブをブン と振る
 
そこが『打撃』ではありません❕❕❕
 打撃の後の慣性の部分、動作の終末への部分 です。
 ✋ものすごく大きく、ものすごく多い勘違いです。
 
 からだの向きを変え(回転させ)
 その後 クラブを振る
 そのブン❕ と振る部分を打撃にしてしまうと
 手で振る、手でさばくための素振りになってしまいます。

 確かに からだの向きを変えていますから
 ▽からだは使っている
 ▽からだの回転で と言う意識になりガチ ですが、
 これは 手で打つため、手を振るために
 向きを変え、空間を作ったに過ぎず、
 手で振るために からだを廻しただけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トップの位置で出来た
 腕とクラブの関係は基本、ソコでロック❕
 半固定の状態で 向きを変えただけ です。

 腕の仕事は 移動する腕の付け根 に対し
 遅れ、を作らないコト です。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
◌ゅう◌◌君は このネタで半年は動画造れそう…かも🤒




 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。




打った後、インパクト後は除き、
スイング中、フェースをずっと 円弧の外に向けておく
「プロショット」では
トップの位置で、腕とクラブを固定し、
 からだの向きを変えれば それは達成します。
  ▲肉体的にも、技術的にも複雑で、大変ですが、手振りでも可能です。


ところが インパクト前後、ボールのさばきで
 フェースを円弧の中に向ける「アマショット」となると
スイング、ダウンスイングのどこかで
 いったん 回転から腕なり、クラブを切り離し、
手で ヘッド、シャフト、クラブを動かす必要があります。
各クラブのロフトによって その印象は異なりますが、
 フェースを円弧の中に向ける は イコール
 フェースを自分に向ける と ほぼ同義語
です。
いろいろなスイング、スイング論はありますが、
 どのようなタイプ であっても トップの位置で
 自分の方にフェースを向けるコトを薦めているモノは皆無
です。
どちらか、というと 自分の反対、自分に対し外(そと)め、
円弧の外に向けるよう勧めるスイング論が殆どです。
(回転力を付けたい_Moment(2)(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)







ボールを円の中に掻き込むように、
ボールの底にフェース面を入れるように 打つ人は
ダウンスイング→インパクトまでの間に
シャフト、クラブ、ヘッドを反転させなければいけなくなり
トップの位置で クラブと腕を固定し、
その固定を維持したまま からだの向きだけを変える、
では その打ち方は達成しない のです。
👉つまり その打撃イメージである限り、
 インパクトで手で作らざるを得ない、
 からだの回転でボールを打つコトは出来ない というコトです。


✋✋世の中では ソレを
  開いてあげて、閉じて打つ と呼びます。

  あえて 別の言い方をするなら 手で振れ というコトです。

フェースの向きは副産物で
 開いているとスライス
 閉じるとフック 
 は
フェースを円の中に掻き込む動きの 別形態というか、
腕や手の作業の別名称でしか ありません。


✋からだの回転によって 備わった
 腕やクラブの慣性を フリーにすることを打撃の主とする
 リリースの早い『アマショット』
 その慣性を保持したまま打つ、
 インパクト以降にフリーにする『プロショット』では
当然、インパクト以降のクラブの出方、
よく言われるフォローの出方は当然、異なります。
飛球線の方にフォローに出易い『プロショット』に対し、
リリースが格段に早い『アマショット』
 当然、からだの巻きつくようなフォローになります。

✋トップで出来た 腕とクラブを固定し、
 からだの回転でインパクトに入ってくる『プロショット』
 よほどのことが無い限り インサイドから入りますが、
 ダウンスイングの途中で、
 からだの回転から腕やクラブを切り離し、
 手さばきによって フェースを円弧の中に向けようとする『アマショット』
 当然、保持したままの状態、
 からだの回転と言う基本の円弧よりも
 遠回りになり、道のりも増え、時間もかかります。
 それが アウトサイドインの正体 だったりする訳です。
(タイガーウッズ_Moment(2)

✋ボールを打つまでは 腕やクラブの慣性をフリーにしない
 保持したままの状態であれば
 遠心力は制御できる範囲です。
 ボールを打つ前の早い段階で その慣性をフリーにすれば
 重さは 右打ちの人であれば右に残りますし、
 その遠心力が掛かっても ボールに当てるためには
 からだの開くコトにならざるを得ません。
 体重移動の得手不得手、からだの開き
  始まりのイメージに鍵がある可能性が否めません。


🔴フェースを円弧の外に向けたまま打つ
🔴フェースを円弧の中に向けて打つ

この二つのイメージによって
動き方は、スイング動作はほぼ決まってしまう、
と言っても過言ではありません。
『アマショット』のイメージはそのまま で
スイングをインサイドアウトにする、
フォローを飛球線方向にもっと出す、
カラダが開かないようにする、
体重移動が出来るようにする、

まだまだいっぱいありますが、
 これ等を技術的に改善する は不可能ではないですが、
行為ソノモノに打ち消し合いがあるので
かなり無理があり、からだへの負担も大きいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
柔らかいシャフトはしなって遅れるって言う
で、硬いシャフトを結局、しならせてしなり戻す って
どういう展開だよ!
 そこから始まっている人も多い筈。


言葉で伝えるのは難しい…んですが…
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)




この話しの始まりである
🥎こすり打ち
🥎ボールをつかまえる
 は
 イコール
🥎手で振る、手打ち、手振り
🥎 からだの回転で
 とも言えますし

ココが理解出来ると
⚠からだが開く
⚠からだが突っ込む
⚠からだが起き上がる
⚠前傾姿勢やディッシュアングルが保てない
⚠右サイドがさがる
   などなど
非常に多くの ゴルフスイング動作における
改善したい箇所は 解決する、と言えば良いのか、
「技術的な部分だけで解決しようとするのは無理、無駄だ」
 理解出来るようになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment





その差、その違いは何か というと
同じことを違う表現で幾つか挙げると
🔴フェースでボールの 底 を打とう とするのか
🔴フェースでボールの 上面 を打とう とするのか

🔴ボールを円弧の中に掻き入れよう とするのか
🔴ボールを円弧の外に弾き出そう とするのか

🔴インパクト付近で フェースを円弧の中に向けよう とするか
🔴インパクトまでは フェースを円弧の外に向け続けよう とするのか
を言うコトです。


動画 で表してみました。
例として 見てみて下さい。

【ケース1】では
お子さん(もしくは女性)がボールを打っています。
お子さんのチカラ、お子さんの振る速度 では
一般成人男性が使う ドライバーのロフト は絶壁(゚д゚)!
ボールを浮かせることは不可能…とは言いませんが
かなり難しいと思います。

前に進ませる とは言っても "ゴロ" では楽しくありません。
従って お子さん
(非力な女性にも言えます)にとっては
前進させるコト ではなく、
ボールを空中に浮かせるコト が 打つコト になります。
空中に浮いている球を打つドライバーだから
出来るコトではあるのですが、
アイスクリームアイスクリームスプーンで アイスをこそぎ取るように
 フェースを円弧の中に向けて、
ボールをすくい取るように打ちます。

ボールの底を打とうとしてる とも言えます。

遊び としては、それはそれで良いのですが、
コト 正しくボールを扱う、正しくクラブを扱う
教材においては 良い参考ではありません。
 👉反面教師に相当します。

この ボールのとらえ方 で
地面に置いたボールを打つ のはどうするのでしょう❓



✋大人であっても
 長い棒の先に鉄の塊の付いた棒を上手くさばけない、
 地面を打ったりするのが怖い、
 ボールを浮かせられる速度が
 まだ得られていない人は沢山います。
 小さな子供と同じ道を辿る可能性が十分あります。

ドライバーのように ロフト角度の少ない
ある程度の速度が無いと
 ボールを浮かせるコトの出来ないクラブで
フェースを常時、円弧の外に向けて振る、打つのは
ショットはそう言うモノだ と理解していないと
恐くて出来ないかも知れません。

 
ボールはロフト(クラブ)が上げる、古くから言われる言葉です。



打撃面(フェース)でボールを その円弧の外に弾き出すモノ
であって、
打撃面(フェース)でボールを 円弧の中に掻き入れるモノ
ではありません。

おそらく…ではありますが、ソコがショットの始まり で
円弧の中に掻き入れる、ボールの底を打つ そうして
ショットを覚えた人の発展形(進化版)が
 フェースローテーション になっていくのだと思います。
クラブは構造的に ロフトを増やして使う は
 フェースを開く(右打ちの人の右に向ける) と
親和性が非常に高く、同じモノ ではありませんが、
非常に似たモノ です。
445TL-2

故に 振れるよう、浮かせられる速度が得られると
△逆にボールが上がり過ぎたり、
△副産物のフェースの開きでスライスになったり、
△ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドがずっと苦手だったり、
△アプローチでは上げるショットばかり になる…

(出すだけのバンカーは上手…かも知れませんが)
 思い当たるトコロは少なくないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

プロゴルファーやレッスンプロ、
もしかしたら 気付いていない人もいる? かも知れないし、
気付いているけど 事情があって、
ソコは「教えちゃいけない」のかも知れない、
肝心要、スイングの分かれ目の部分があります。



このブログ内でも
良く登場する言葉ですが、
からだの回転で打つ
(ボディターンなんて呼ばれますが)
に相対して、
手で振る、手で打つ なんでのがありますが、
実は ソコ、絶対の必須条件ではありません。
正直、どっちでも良いと思いますし、
ある程度、ショットを追求していけば
 だいたい 
からだの回転で打つ を
 選ばなくてはならなくなるに過ぎません。

また 訓練やかなりの身体能力があれば
 正規につかまえる球を 手さばきで再現するコトも可能です。
 ただ やはり かなり肉体的負荷が大きくなるので
 おススメの方法では無い というだけ です。



プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

プロショットは
ボールをつかまえて打ちます。
アマショットは
ボールをこすって打ちます。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)






実は この つかまえる と こする
と言う言葉と
実際にやらなくてはいけないコト、
 つかまえる時にするコト、
また、バンカーやラフなど
 こすった場合、出る球を意図的に打つコトもあるので
その、こすらなければならない時、するコト が
その言葉のニュアンス(つかまえる/こする)とは 真反対なのです。
この言葉の正反対のニュアンスが
 アマチュアをスイング迷路に誘っている可能性が否めません。



この記事(続きますが)を読み終えたら
是非、ユーチューブなど お気に入りのプロや憧れのプロ
好きなスイング、スイングタイプ など そういう目で見て頂き、
また、動画を持っていれば 自分のスイングも見てみて下さい。

それが見えてくる、理解してくると
からだの回転で打った方が それが実現し易い ですよ
と言うのも見えてきますし、
ハミングバードのブログ内で スナップロックしたまま打ちましょう、
リリースは打ってから しましょう、
と言う理由と言えば良いのか、
そうするべき そうせざるを得ない と分かると思います。



また それを裏返すと
フルショット、ハーフショット、アプローチ
ぱたーでさえも  その肝心かなめの『ボールのとらえ方』
ゴルフにおける打撃が理解出来ないと
やれ 腰はこう動かす
やれ 軸がどう だ
やれ 肘はこう使う
やれ アウトサイドインは…
  は
単なる 見てくれだけの真似事にしか過ぎなくなってしまいます。


そのメカニズムが理解出来れば
スイングの 大まかな概要、なにもかにも 氷解するように
掴めてくると思いますし、
そのメカニズムが混乱したまま、
よくある 言葉 としてのみ 記憶されれば、
今までの悩みは そのまま 未来の悩みのまま です。

コレも重要ですが、
プロやレッスンプロの言う 技術論は
ある『ボールのとらえ方』
が前提になって話されています。絶対条件です。
(にもかかわらず あまり公にはされません)
肝心要のその部分抜きで その技術論を追いかけても
絶対解けない矛盾の迷路から抜け出すことは出来ません。





技術的には そう難しいことでもないですが
アマチュアの中でそれを出来ている人は非常に少なく、
まあ、それは そのメカニズムが理解出来ていないから で
実は プロにもそれを理解出来ずに
 試合に出ている少数ですが、もいます。   つづく



現在のゴルフクラブは
 その部分を解消する要素を多々持っており、
 一つがアイアンのストロングロフト だったりしますが
こすり打ちをしていても
アマショットをしていても、練習量などの努力、
それに伴う自信 や 身体能力によって
プロショットの人と同じ土俵で戦うことは可能です。
ゴルフと言うゲーム性において
 ショット能力は重要ですが、すべてではなく
 一部の要素でしか ありませんから…。
優秀な射撃部隊がいれば 戦は有利に進め易い ですが、
それが 勝敗を決する とは限りません。
 戦略もあれば、士気や運などもある訳ですから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



良くある(ご本人は気が付かない困ったクラブの)お話し…

あるお客様が フェアウェイウッドを手にご来店し、
「上手く当たらなくなったから いじって欲しい…」と。

スペックを見ると
某人気ブランドの 70g台の 硬さ X(エックス) 振動数280cpm
それを C-8.0 と言う軽めのヘッド重量、と短さ
 と言う状態、
フェアウェイウッド だから
 正直、かなりハードな
 シャフトの硬さとヘッド効き と言う点で見ると
 プロでも使えないような 超ハードセッティング


と、ここまで聞くと
若い、結構な力持ちのお客様❓ と思うでしょうけれど…
  華奢なご高齢の方・・・です。 


いや ボール浮かない、
いや ボールに届かない、でしょう・・・
というと その通りだと仰っています。

『 軽いから シャフトをもっと重たく…。 』
ええええええええええ
「いやいやいや その流れは芳しくないと思いますよ。」

シャフトが硬く、ヘッドも軽い状態、
その年齢だと使う頻度の高い フェアウェイウッド
これがボールに届き辛く、ボールが上がり辛い、
勿論、飛距離や方向性も良くない・・・ となると
ヘッド(クラブ)をぶんぶん振る練習をしてしまう のでは、と聞くと
『最近は そういう練習を中心にしている』 とのコト…。


私からは
「ほかのクラブとの兼ね合い の問題はありますが、
 コトこのフェアウェイウッドに関して 言うのなら
 硬さを適正なモノ
 現在の硬さ→【 280cpm 】 を 👉250cpm台 に落とし
(本当なら200cpm位まで落としたいけれど…)
(慣れやドライバーのコトを考え 250cpm前後で妥協)
 適切な長さとヘッドの効き
(長さ1/4インチアップ 重さ5gアップ) にすれば
 ずっと 易しく届く、当たるようになりますし、
 ヘッドを無理に振らなくても打てるから
 スイング造りにも良いですよー。」  と。
 
『30年前から この硬さを使ってきた。』

   ・・・いやいやいや 30年経ってますよー

・・・・重量の軽いシャフト と シャフトを柔らかくする
    のに難色を示されまして ご帰宅されました。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a
まあ ほんの一例ですが、
お店をやっていて とても高い頻度で遭遇する
クラブチューナップ前の会話 ですね。

ゴルフは確かに それぞれの方が
好きなクラブで、好きなスイングで楽しめる
と言う点もありますけれど、
ヘッドの重さやシャフトの硬さ などのクラブのセッティングによって
知らず知らずの内に ボールの打ち方は調教されてしまいます。
ハードなスペック は ほどほどにして置かないと
ブリブリとヘッドばかり振る 手打ちの道にまい進しがちですので
ご注意ください。

また、シャフトの硬さなど クラブのスペックは変わらなくても
自分が年齢を重ねる、加齢する、ということは
どんどん そのスペックから離れていく、
オーバースペックになるのだ、
ということもご理解ください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転
ゴルフではヨクヨク出てくる
ある意味 大切で、 ある意味 忌まわしい言葉 です。
 ✋Rさん 復習事項ですよー


手振り、手打ちが悪い訳ではありませんが、
例え 手でクラブを振って打っている人であっても
からだ をまるで使っていない訳 ではなく
カラダの向きが変わるコトそのものが打撃になっていないだけ
なので ホント 言葉遊びみたいになってしまいます。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)

カラダの向きを変えるコトは大切ではありますが、
カラダの向きを変えるコトそのものが目的なのではなく 
カラダの向きを変えるコト で
  グリップを動かし

そして シャフトによってつながったヘッドを動かし
ボールを打つ、その為に向きを変えています。
ですので 主に、ですが
ダウンスイングで 左半身の廻り、移動に
左腕、左グリップが付いて行かなくては
 結局、手で打たなくてはならなくなります。

ショットは概ね 両腕の長さが釣り合っていないと
カラダの姿勢が崩れたり、
弾道の上下左右の方向 上がりや左右のばらつきを
生む原因になるので
足を使って からだの向きを変えるコトをお薦めします。

肩を廻す、腰を廻す とよく言われますが、
基本は 土台である 足がからだの向きを変えているから
肩や腰も向きを変えるのであって、
カラダのねじれを作らない補正 程度の意識は
有っても良いと思いますが、箇所として
肩や腰、特に腰を主として廻るのはお薦め出来ません。

リリース の勘違い❓_Moment


カラダの向きを変える 意識のポイント なのですが、
クラブ〜腕はその関係、概ねの形は
  トップオブスイング位置でロック、
体の回転 で グリップに遠心力をかけ
 その結果、右腕が伸びていくように 考えて下さい。
向きを変える以外、自分では何もしないようにした方が良いです。

拒否はしないけれど、
自分で積極的には伸ばそうとか、動かそうとはしない方が
回転に負荷がかかりません。
右軸足から動き始まる訳ですが、
莠澗に移行できるまで
どちらにも体重が掛からないモラトリアムな時間があります。
その際に、積極的に腕を動かそうとしたり
ヘッドに遠心力が掛かると 本能的に右軸足から動けなくなります。


くれぐれも ヘッドに遠心力をかけてはイケマセン
 それでは尾に自分が振られる形になります。
 ヘッドに遠心力をかけるのは インパクト以降で…。

そういう意味では
 回転による不可抗力によって
 他力本願で 打撃部へとグリップは入っていく ので
それに都合の良い、よりそれがし易い形
 というのが トップオブスイングの位置であったり、
 姿勢である、と考えた方が良いかも知れません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)

回転と踏み込みにはっきりした順序は無く、
交じり合ったモノです。
✋あくまでも イメージ で良いのですが、
低めにティーアップしたボール
 その先にターフを取る イメージで
回転&踏み込み をしてみましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



カラダをどのように回したら良いか
 というのは ゴルファーにとって結構根深いテーマです。

能動的な自分のからだの向きの変更
に対し、それによって発生する 重さや遠心力などの
不可抗力も加わります。


(Rさん 大変身か?_Moment


具体的に言うと
 スイングの円弧はからだの向きが創ります。
 インパクトまでは その依存度は100%と考えて良いでしょう。
 インパクト以降 は クラブのフリーな動き も加わります。
       クラブをフリー…クラブに掛かっている慣性を自由にイカセル

最近のハイパワーなプロには 最後までフリーにしない人もいます。
 2017-06-13 19-07-51
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)






インパクトまでは(特にダウンスイング)
腕はクラブを持っているに過ぎず、
クラブの作り出す慣性や重力、遠心力などの不可抗力
によって 腕は伸ばされることを拒否はしませんが、
むしろ その不可抗力によって伸ばされる(受け身)よう仕向けますが
無理やり 腕でどうしよう とする箇所でもありません。

 積極的に腕を動かそうとすると
 それをするため なにがしかの形で
 からだの回転が止まる、もしくは
 腕やクラブの動きとからだの回転が分離するから、です。


ですので 回転でクラブを移動させる
(引きずるに近い)
ヘッドの重さ、特に切り返し付近のヘッドの重さによって
ヘッドは居残ろうとしますのでこう動きます。
e00bf7e6円弧5


8658a3e6-s←これはちょっと極端ですが、
 見ての通り、ヘッドに対して
 グリップが動いていません。
 つまり からだの回転と
 クラブの関係を断ち切っている。
手で振るためのイメージとも言えます。

スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

アプローチショットなどで 振り子の振ろうとしている
 のは無自覚かもしれませんが、その典型例です。

これでは 犬が尻尾を振っている のではなく
尻尾に自分が振られている になってしまいます。


スイングやショットの悩みの
 かなり多くのコト、ほとんどと言えるほどのコトが
この ヘッドを振る、スイングを丸く振る、スイングは円弧と関係します。

クラブを直線で動かす方が近いには近いんですが、
それも クラブを手で動かすコトにつながり易い ので
 やっぱり基本は 『打つまでは』クラブ単体を動かさないコト
 ✋別な言い方では ヘッドに遠心力をかけないコト とも言えます。
と考えている方が 良い結果を導き出せる と思います。

2021-05-01_17-19-18_Moment




ハミングバードの推奨する「刷毛塗」も
 クラブの移動が からだの回転 に同期する為の
 動いているからだの向きに対して 結果、動かさないクラブを
 作るためのイメージ です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



かなり雰囲気変わったのではないでしょうか❓

(Rさん 大変身か?_Moment
長年の課題だった 『インパクトは体の正面で』は それを意識しない、からだを向きを変え続ける で達成する と朧気ながら理解出来たのではないかと思います。 からだの回転〜向きの変更も その行為そのものが目的ではなく、 それによってグリップを動かし、ボールを打つ を掴めてきたのではないかと思います💮

尚、飛ばし過ぎにはご注意ください✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースする
からだの回転で増した クラブの慣性をフリーにする コト を
指す訳ですが、

🔴アプローチ からだの回転の速度だけ
  クラブの慣性をフリーにする必要がない
🔴フルショット クラブの慣性をフリーにしている

この二つを見比べて下さい。



確かに、
遠くに飛ばす為 回転速度を上げ、クラブをリリースすれば
インパクト以降の リリースされたクラブの速度も上がりますが、
そこの速度を上げるために 速く動いたわけではありません。
速く回転したから、ソコの速度が上がったに過ぎません。

似てはいますが、その意図が見えていないと
間違えて スイングをなぞる、学習する可能性があります。


からだの回転という移動によって 付いたクラブの慣性を
インパクト以降、フリーにするのは
基本、ゴルフクラブという 扱い方を間違えると
廻りの人も自分も傷つけてしまう可能性のある
その長い棒 を 安全に終息させる手段 でもあります。

✋インパクト以前に クラブの慣性をリリースしてしまえば
 自分への危険の回避、という瞬間的な反応もあるでしょうし、
 その慣性は思っているよりも かなりの不可抗力です。
 そもそも ボールを打たなければならない、
 出来れば遠くに、出来れば思った方向に、
 まで伴うのですから
 インパクト以降に それをリリースするのと
 同じようになる訳がありません。

 瞬間に等しい時間しかない
 ダウンスイング〜インパクト の刹那に
 それらを同時にこなしていく
 プロショットにとっては 存在しないに等しい
 かなりの不可抗力をこなしながら
 上手に打つ、安定して打つ という曲芸を
 アマチュアの方がトライしている訳です…。
 無理がありますよねー。


『ボールをよく見ろ』というゴルフ用語、
 スイングレッスン用語があります。
上手く当たらないと その原因がよく見えていない傍の人が
闇雲に、とりあえず 使う用語 と言えますが…。

ハミングバードでは からだの廻り、向きの変更を
優先する為 顔や目線、視界などを
その向きと一緒に動かした方が良いと おススメしていますが、
それとは別に その言葉の『真意』『はじまり』は…
  おそらく…ですが、
【カラダを回転させることに集中せよ】
なのではないかと推測しています。


ある程度のスピードのスイング、ショットをする際、
インパクト以降の クラブの慣性をフリーにする
リリース、クラブやヘッドを振るアクションは
こと打撃するコトにとっては おまけに近い、
 事後処理に近い行為です。

そして アマチュアは そのおまけ、
事後処理を 打撃の主軸にしようとしている のですから
残念ですが、それでは何万球打っても答えは見えない❓
のではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

廻る と 下がる のつながり_Moment

シャドースイング…ダウンスイングの過程で
こういう箇所 で 止めている方をかなり見かけます。
(この写真の場合、ヘッドをボール側に出し過ぎ…ですが)

理想的なインパクト
アイアンであれば『上から叩けるインパクト』を造りたい
目指したい のであれば
この クラブ姿勢
グリップの方が低く、ボール寄り
ヘッドの方が高く、ボールから離れた
この位置をインパクトにするのです。

つまり ココがインパクトになるように
『まわっとけ』 というコトです。


ショットやスイングで悩まれる方の多くが
ココから先に 何かのアクションがある、
ココから先に インパクトがあるケース です。
2021-05-01_17-19-18_Moment
ココをインパクトにする
 のに足らないのは移動距離(回転)です。

🔴ココから先に 手やからだの
 円で ココから先で打つ、
ココから先で 下側の円弧を
 意図的に作るか

🔴トップの位置から
 腕がこのような姿勢や位置
になるまでの時間に
 からだを向きを変えておくか
(からだを廻すコトによって 腕をこの姿勢にさせるが正解)

トップの位置での クラブの位置/姿勢にもよりますが、
その重さによって 腕がこうなるよう促されるのも否めません。


そういうスイング概念の違いがスイングに出るんだと思います。

 
イメージとすると(意味不明と思うでしょうが)
 からだは向きを変えて 円を作るのですが、
 円の下半分にはクラブを入れないような感じです。


アプローチでもそうですが、
 スイングは 足とお尻を使って 向きを変え
 結果、円を造ります。
 円を造るのですが……その行為によって
 グリップを移動(加速、等速時)させますが、
 ヘッドには重さと長さ、そして速度が加わるので
 まったく それ
(ヘッド/重さ)が無いモノと比べると
 その重さ分、グリップよりも多く動けません。
 グリップを動かした分、
 ヘッドは引きずられるような形になり
 その円弧は アドレスで構えた状態 の長さ
 (自分からの遠さ)では運動をしません。
 ですので その長さを半径とした
 真ん円の円弧ではないのです。
 縦方向に潰れた、どちらかというと
 角の丸まった長方形のような『円弧』になります。


スイングを丸く振る。
ヘッドを多く、たくさん動かす。
そう言ったモノが 結果として
 下円を自分で作らなければならないスイングを
 促している場合もあるでしょう。

ヘッドスピードを上げたい、
 これは悪い願望ではありませんが、
 その結果として ヘッドばかりを動かす、
 ヘッドを振るため、からだを止め、
 原動力とヘッドとの関係を断ち切る本末転倒、
 なんてこともある訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」

とさせてください。
27157136_1465536103569591_817080633_n

こすり打ち~アマショット をしている人が
ショットを計測しながら クラブ選定をする場合、
これはある部分、共通ですが、ヘッドスピードが高い程
弾道は高く、スピンが増え
 データ計測で使われる用語【ミート率】は下がってきます。
同じ人が ヘッドスピードの加減 をすると
アマショットの場合、
 高いヘッドスピードの方が ミート率の数値は低く
 低めに抑えた方が その数値は高くなります

それは ミート率 と言う言葉の構造欠陥ですが、
 こすり打ち、ロフトを増やそうとして打っている性質上、
 ヘッドをスピードを上げると ロフトが増え、
 ヘッドスピードを抑えると ロフトが増えない
 に過ぎません。

なので データの数値を追いかけていくと
 必要以上に少ないロフトを選ぶことになりガチ です。

また アマショットの人は
 ヘッドをたくさん動かそうとするので
 シャフトの硬さも ロフト選定と同じく
 柔らかくて たくさん動くモノほど ミート率の数値、
 つまり 大きなロフトで打つコトになり、
 必要以上に硬いシャフトを選ぶコトになりガチ、
です。

特にドライバー、というコトになりますが、
 飛距離最優先し過ぎていて
 最高のコンディションで『常時』振っていないと
 飛距離も落ちる、ロフトもシャフトの硬さもハードな、シビアなモノ
 を選んでいる傾向が強いので 安定性は捨てている も同じです。
 


良くネットで見かけるパターンです。
Y社の携帯弾道計測機…楽しいですが
 ヘッドスピードを無理に上げると
 (たしかに ミスも増えるかも)
 ………ドミスは ネットには掲載しないでしょうか…
 ヘッドスピードが上がったコトによって
 🔴ロフトが増えているに過ぎません。
 ミート率の数値は
 分母 ヘッドスピード / 分子 ボールスピード
 なのですから…。

ミスヒットを除いて
 スピードが上がったのに ロフトが増えるのは
 典型的な 「アマショット」こすり打ち というコトです。


27292676_1465536286902906_1876954938_n


逆にプロショットの人は
 ヘッドスピードを上げると ロフトがより立ってくるので
 数値としてのミート率は上がってきますが、
 スピンの減りすぎ、打ち出し角度の低下 などによって
 安定した距離が得にくい等
 やや大きめの 余裕のあるロフト を選びます。
  👉本当に意味での ミート率を追求できます

 シャフトも 柔らかいモノほど ロフトが立つため
 選ぶロフトと兼ね合いながら、
 無理しない硬さを選べる可能性が高く
 そういう選定からも ドライバーの平均飛距離、
 ミスショットに対する寛容性、スコアにも影響する
 クラブ選びになってくる
 のです。

スイングの傾向によって クラブの選び方も変わってくるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを、ヘッドをリリースする、振る、
(クラブ、ヘッドなどの慣性をフリーにする)
フリーにするタイミングをボールを打つ前にするか、
間際でいいので 厳密にする必要はありませんが、

打撃時にするのか、打撃前にするのか、打撃以降にするのか…

この問題は あまり取り沙汰されませんが、
スイングの技術的な問題よりも 以前の
打撃点、重さが先に付いている棒 を使ってボールを打つイメージ
にかなり影響されています。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

目に見えた、記憶に残る 円を描くゴルフスイング を
真似ようとすれば
円の半径
(その一部)に該当すると思われるシャフトを振る、
その先端に在る重さを利用し
自分が円を描くのではなく、クラブに円を描かせようとする
に行き着くのは 至極、自然な流れ だと思います。

そして 
それをするには からだを止めて置かねばならず、
円を描くクラブを持っている腕は
止まっている体とのつなぎ役になる…
慣性や遠心力でフリーに動いているクラブを
 持っている腕は 半ばフリーで動いているのと同じ で
それを 自分の思った通りに動かそうとすれば
 必要以上の力、力みが生まれ、
カラダには不自然な不可抗力が生まれます。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

多くのプロ の スイングの弧は上下に潰れ、
インパクト以降が大きくなり、
多くのアマチュア は スイングが真ん円に近く、
比較すると 上下に大きく 左右に小さくなるのは
 どのように円を描くかの違い と言えるでしょう。




クラブと腕を固定、半固定の状態で
カラダを廻し、インパクト、インパクト以降で
そのクラブをフリーにすれば、
元々の円弧よりも 円弧は大きく、膨らもうとします。
円弧の形は それがいつ行われたのかを示している と言え、
そう考えると
インパクト、もしくはインパクト以降で
プロショットでは ターフが取れるのも理解し易いかもしれません。


今はやや死語気味になってしまっていますが、
クラブを、ヘッドを、
厳密に言うと からだの回転で生まれたクラブの慣性、遠心力を
打つ前、かなり打つ前に放ってしまう、リリースしてしまうのを
キャスティングと言います。
✋それによって コックが解ける形になりますが、
 コックを解くことを直接指すのではありません。

前傾姿勢も然り、ディッシュアングルも然り、
その手の影響を受ける、クラブの慣性をリリースしてしまうから
その双方を維持出来ない のであって、
クラブの慣性もフリーにせず、からだの向きだけ変えれば
その問題自体 存在しなくなる可能性すら、ある訳です。

自分はカラダを廻していても
それに伴う不可抗力で、自然になるコトは別にして
クラブの慣性をフリーにしなければ
多くのことは 自分の管理下 です。
動作は概ね管理し易くなり、
それに伴う遠心力、重力、慣性などの不可抗力も
同時に一定になり易く、規則性も持たせ易くなります。
円弧5

しかし、打撃のかなり前、
ダウンスイング、ダウンスイング中盤に
クラブの慣性をフリーにしてしまえば
その重さの管理、保持に
 運動のすべての意識が行くほどの量、大きさ です。
クラブや腕を固定、半固定にして
 カラダの向きを変える、回転するのと比べると
当然、円弧は膨らみ、腕もより一層、体から離れようとします
 △それに伴う スイングの悩み 少なくなさそうですね。


この ヘッドを振る、クラブを振る、
 打撃よりも早い段階にクラブの慣性をフリーにする は
ゴルフスイングの動作の悩み に大きく関与しています。
殆どの…は大袈裟ですが、
 そう振ったら そうならざるを得ない…コトを治そう
治せないことを治そうとしている は言い過ぎですが、
まずは 一個目のボタンをかけ直すコトが大切かと思います。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ