◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年03月



スイング の 課題もない訳では無いですが
それよりも・・・
ポスチャア(アドレス姿勢)を変えてみましょう。

高身長、手足も長く それが始まり…なのか
過去に 妙にフラットな角度のクラブを使われた…か
アドレスの造り方(動画にはありませんが)も気になるトコロです。


今回の動画では
使っているのはウエッジなのですが
グリップの位置が近い分 👈コッチ
ボールの位置もちょっと近い かと思います。

☑ 前傾の深さ が この位で良いなら
腕、グリップをもう少しボールに出してみましょう。
その分 ボールを すこ〜し遠目に。

アドレス2アドレス1









アドレス4アドレス5アドレス3アドレス❶







ポスチャア(アドレスの姿勢)の基本は
⚠前傾は『有りさえ』すれば良い
⚠膝の曲がりも『有りさえ』すれば良い
⚠ディッシュアングル(左腕とシャフトの角度)も
 『有りさえ』すれば良い
 のです。

出来れば 前傾をもっと もっと 浅く したいです。
ご本人の感覚では 突っ立ってる 位に。

✋もっとディッシュアングルを無くして
 ゼロ でなければ良いので
 限りなく ゼロに近づけて下さい。

 グリップエンドの向いている方 が
 肩のラインであれば ゼロ です。
 今ですと お股 あたりですから
 👉へそ 👉👉みぞおち
 イメージは胸でもいいかも です

 アドレスし、クラブを浮かせたら
 クラブは手の中で ヘッドの方に落ちようとします。
 その感覚で正解です。
 手の中でクラブを起こそうとしないで下さい。

クラブをホールドしたまま セットアップに入らないように!
セットアップの手順を考えるのも良いかも知れません。

👉そうすると グリップの位置が
もっと自分から離れ、高くなります。
グリップも、より指中心に、指で握るコトになると思います。

👉そうなったら からだ(前傾)を起こしてください。
 グリップが肩からダランと垂れたところ、
 其れより若干 ボール側に出すのもOK です。





IMG_1306

確認するコトはできませんが、もしかしたら
グリップが「始まり」かも知れません・・・



グリップ、左手とシャフト(クラブの関係)は

←こちらが正解

IMG_1305

こういう関係
手とシャフトが直角に近い関係で握るのは✖

ディッシュアングルは
手首の角度ではありません。

手首で作る角度 ではなく
シンプルに 手とシャフトの角度 関係です。

IMG_1304
👈 実際に
こうは握れませんが
こういう関係
こういうイメージが正解です。

(あくまでもイメージです)
人差し指の第一関節から
小指の付け根 で交わる感じ です。




IMG_1064IMG_1065IMG_1296







グリップ、グリップの位置、腕の出し方、垂らし方
ボールの位置、前傾 が変わってきますので
違和感はすごいと思いますが、
今の前傾やボールの位置では腰を痛めやすく、
長物を飛ばすコトが苦手となり易いので
少しずつ少しずつトライしてみて下さい。
IMG_0772

現在のスイングの変化では
まだ違和感があると思います。
その違和感のあるうちに
グリップ、ポスチャア、
もしくはセットアップの手順
をいじるのがベターです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お久しぶりのKさんの登場です。




前回 2020年12月 3.4か月前のモノと比較すると
右向きの質やトップでの前のめり(ボール側に)も薄れ
右向きの質がとても良くなっています。

今回のモノがウエッジでのショットなので
単純なる比較は出来ませんが、
逆に 前傾が深くなる筈のウエッジで
前傾も少し起きれるようになり
切り返しの深さ(ご自身曰くオーバースイング)が薄れ
その分、逆ピボット、前のめりが消えています

意識する必要はありませんが、
右向きでの 右足への体重もしっかり乗っており
とてもよいトップになってきています。
小堀20213_Moment


また 上記のコトも含め
ダウンスイングでシャフトを寝かす量が減って
ほぼ 寝かさずに打てるようになり始めています
フェースが下(ボールに向く)のも格段に早く
距離が伸びた、とは言えないかも知れませんが、
以前よりも軽い動作感で同じ距離が打てる?
ようになったのではないかと思います(^^♪

球筋はかなり異なる と思います。
スライサー卒業か・・・\(^o^)/

以前は 手振り感が強かったですが、
からだの回転でクラブを動かせるようになって来ている
と思います。
小堀20213_Moment(2)

まだ どこに力を入れて良いのか
掴めないかも知れませんが、
このまま進んでください。


  自学で3か月でここまで……素晴らしいと思います。


次は 改善点 です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SYB EG-05 の注意点
 弊社のドライバーヘッド GR-14 もそうですが
 スピン抑制の強いヘッド 〜飛び系ドライバー
 の場合、3000cpmを超えるような方が
 縦回転(スピン)2000cpm前半、
場合によっては1000cpm後半
 になるコトが多いです。
 ヘッドスピード、ボールスピード 弾道質
にもよりますが
 2500cpm未満、
2000cpm未満の縦回転数、
スピン量であると、
練習場のボール
コースボールであってもディンプルの薄くなったモノ
では、スピンの持続が適わず
失速、
浮力を失い 
練習場でまるで飛ばない
キャリーボールが出ないコトが起こり得ます。
(特にヘッドスピード 40ms以下の方)
 特に SYB EZ-05 は スライス殺し特性も強いので
 練習場のボールではスピンが足らず
 俗に言う縦チーピン、フォークボール連発の可能性もあります。
⚠特に、2000cpm以下の回転数だと
練習場でキャリーボール150ヤード…
…なんて可能性も否めません。
 出来れば コースボールでの
計測を伴いながらの試打
 おススメ致します


EG05_021



チョイスラが持ち球「だった」Eさん
2ラウンド程、実戦 投入して貰いました。 

結果 26回のドライバーショットで
✊右方向へのミス 皆無
回転までは分かりませんが
✊右曲がり 皆無   だったそうです。

大半が薄いひっかけ気味のストレート
ドローボールも1/4位の確率 
今までには出ない左への曲がりミス もあり
 だそうです。


✋今までほぼ全く無かったランがあり
 平均しても 20〜25ヤード程度伸びた とのコト。
 めでたく エースドライバーに躍進^^

✋練習場では やはり 失速気味だった、そうです




その上で 今度は ライ・フェース角度をテスト してみます。
同一球(スリクソン X)  各30球を打って頂きました。

EZ-05 ロフト/フェース/ライ調整リスト
N-   10   0.0 59.0 ➁EZ05
LOW1  9.5 -0.5 59.5
LOW2  9.0 -1.0 60.0
LOW3  9.5 -0.5 60.5
N+  10.0 +0.5 61.0 ➀
HIGH1 10.5 +0.5 61.0
HIGH2 11.0 +1.0 60.5
HIGH3 10.5 +0.5 59.5


➀ ロフト10 フェース+0.5 ライ61.0
(コースではコチラの設定を使用)
の30球平均値は
縦回転 1952cpm
横回転 763cpm
打出角 14.6度
    1.3度
方向  12ヤード

➁ ロフト10.0 フェース0 ライ59.0
の30球平均値は
縦回転 2122cpm
横回転 442cpm
打出角 15.0度
    4.5度
方向  茖吋筺璽

と言う結果になりました。

➀→➁に比べ フェース角度で0.5度
 ライ角度で2度 左に出にくい角度
になっているのがそのまま 反映されています。
ロフトが少ないモノに対する
 ライ角度の効果は 1/3〜1/4程度ではありますが
 より左に引っかけにくい
打出角度/左右 1.3度 → 4.8 
 左回転もおとなしく なりました。
横回転   763cpm → 442cpm

方向性がより向上し
 ➀に比べ ➁の設定は キャリーボールが6ヤード増え
  総合飛距離も8ヤード伸びています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


球の曲げ、曲がり について
当然、分かっていらっしゃる方には
今更、の話しではあると思いますが、
誤解をされている方も多いので その件について、です。
1ff0dce21f52b653








弾道の曲がり、具体的には 横回転の種類 右左
そして 横回転の度合い を
🔴フェースの返しが成功した →左横回転
🔴フェースの返しが失敗した →右横回転
(基準になるモノが無い❓)
もしくは
🔴インパクトでフェース/ロフトが開いて入った
🔴インパクトでフェース/ロフトが閉じて入った
(何に対して が欠落している❓)
と考えがち ですが、
一概にそうとは言えません。


多くの方は ドライバーの場合
インサイドから であっても
アウトサイドから であっても
時計の針 分針で
インサイドなら31分-1分弱
アウトサイドからなら29分-59分強 
前後から入って来ます。
 この角度で イン・アウト共に 5〜6度 です。

その角度に対する フェースの向き
ライ、ロフト、フェース角度の絡む立体
ではありますが、ヘッド.フェースの向き です。
OIP

仮にインサイドから入ってくる として
この位の角度です。
これに対し アドレス時をゼロとするなら
マイナス4マイナス8





△左の写真は アドレスに対し 
4度開いていますが、
 上記 
軌道に対しては 1〜2度閉じていますので 左回転
右の写真は アドレスに対し 
8度開いていますが
 上記 
軌道に対しては 2〜3度開いていますので 右回転
と言う感じです。

ヘッドを返そう とすると
この軌道自体が 31分-1分のラインから
30分-0分 29分-59分のラインに変化してしまうので
対象になる軌道が動きますので 結果、開き具合が増します。

31分から入ってくれば 左回転 100~200回転 の入る茲亮命燭
29分から入ってくれば 右回転 400〜500cpm になります。

フェースローテーションの場合、
基準になるべき軌道が 毎度毎度 動いてしまう可能性
が高いので 弾道が安定し難くなります。




使っているロフト、入射角度、ヘッドスピード
などによって 画一ではありませんが、
軌道に対し ヘッドの向きの角度1度で向き差 で
100〜200cpm位の 横回転と考えて良いでしょう。
1度でもかなり効果があります。
故に ライ角度、フェース角度は効果を発揮する訳です。


マイナス8-
マイナス8OIP









29-59分の外から入ってくると
ここまで 閉じないとイケマセン(写真左-6度クローズ)
31分-1分では 右の写真程度のヘッドの向きで
 十分 左回転が入ります。
それに比べると 軌道が外から になると
それに適応した ヘッドの向き にするには
時間もかかり、道のりも大回りになり
それが故に また軌道が内に入る可能性がある訳で、
寝かし、フェースの開きでない
  インサイドから にした方が良いよ
というのは そういう意味合いです。

✋逆に言えば ロフト/フェースの寝かし は
  あとあと大変になって
  繰り返せる確率が下がりますよ ということになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、クラブヘッドは
重量の中心点【重心】が
握っているグリップ、シャフトより右(右打ち)
に位置しています。 
445TL-5-1
空中に浮かした状態で
グリップを緩めると 右(右打ち)に
フェースが、ロフトが開く方に回転しようとします。
逆の左(左)に回転させるのには
重心位置が シャフト軸線を追い越すところまで
 人力 が必須になります。

そして そのヘッドの回転、フェースの回転は
グリップなり、シャフト軸なりを固定しての話しで
スイング動作中は 常時、その回転軸(シャフト)も移動し続けます。

フェースターンの最大の欠点は
フェースターンが軌道(ヘッドの進行経路)に
軌道がフェースターンに 相互影響を与える為
基準になる軌跡が常時、動き続けてしまうコトです。
シュートを打とうと思うと ゴールが動く
そんな感じです。

フェースを回転させると その具合によってyjimageLL1DHR4Z
軌道、軌跡 は影響を受け続けます。
特に、重心がシャフト軸線を超えると
軌道はいきなり 内側に切り込みます。
その結果…として、フォロースルーで地面と
平行に振っているプロの写真を見たコトがあると思います。



ボールの曲がり、もしくは横の回転は
そのヘッドの移動経路 に対する フェースの向き で
決まります。
u=341495341,3618090510&gp=0

ドローボールであれば 正式な規定はありませんが、
アドレスの目標に対し、左に曲がる分、右に出て
曲がって センターに戻ってくる と言うイメージでしょう。

フェースターンでそれを実現しようとすると
フェースが開かず、インパクトを迎える ということは
ヘッドが内に切り込み始めるポイントにインパクトが来易い為、
左に出て、左曲がる低い球になり易い欠点がある訳ですが、
度合いは兎も角 左回転、フック回転を打つのは
そんなに難しいことではありません。

時計をイメージしてください。
アドレスで 目標に概ねスクエア に構えたとします。
時間(時)ではなく 分針で話をしますが、
目標方向は 30分→0分 方向です。
ボールは針の軸点にあるとしましょう。
スイングは円のイメージが強いかと思いますが、
ボールの前後15cmを基準にすると
(インサイドアウト、アウトサイドイン などの左右の方向)
インから であっても アウトから であっても
ヘッドが入ってくるのは
 おおよそ 29分〜31分 の間 です。
ざっくり言えば ほぼ真後ろから と考えても良い程です。
インから であっても アウトから であっても
32分 28分から入ってくる人は稀、多くありません。
インから入れろ というのは
 29分-1分辺りを指します。
OIP

ウエッジなどは クラブの円弧が短いですから 円が小さく
もっとインから、もっとアウトから 入って来そうですが
アドレスに前傾が深くなり、それによって
スイングの円弧が立つ(アップライト)になるため
大きな違いはありません。

例えば ヘッドがボールに入ってくるラインが
 29分 → 1分 だとしましょう。
➀フェースの向きが 29分-1分(に垂直)であるなら
横回転はゼロ そのラインにボールが出るだけ
➁フェースの向きが 28分-2分であるなら
右回転が入り 29分-1分ラインにボールが出ます。
➁フェースの向きが 30分-0分であるなら
左回転が入り 29分-1分ラインにボールが出ます。


フェース(ヘッド)の向き で言えば こういうコト です。
 🥎フェースの向きは立体であるため
  ロフトとライアングル ヘッドの向きの複合体です

bbd8de35-s67d2f002-s






フェースターンをすると
成功、 その瞬間を逃せば
左回転の入った 左に飛び出る
 目標から離れていこうとするショットになります。
遅れれば 右回転の入った 右に飛び出る球です。

であるのなら その瞬間 の必要の無い方法
を模索するべきかと思います。
どの球 どの曲がりが出るか 打ってみないと
分からない方法は マズイですよね^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。

一番問題なのは
『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当

a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今回のテストヘッド SYB EZ-05
 も特にそうですが、
おそらく これからのドライバーヘッドは
ルールの制約などもアリ、
どんどん スピン抑制系に進む と思われます。
Desktop 2021.03.11 - 21.58.07.01_Moment(2)

いろいろなパターンでテストしましたが、
スピン抑制は かなりはっきりと表れ
 従来 楽々 縦回転3000を超えていた人が
 1000回転台、2000に到達できない程です。

確かに それは距離につながり易い のですが、
一方で 球の曲がり の問題 が出てきます。
 ボールの曲がり は
分母に当たる 縦回転 と
分子に当たる 横回転 で決まり、
横回転が 500rcpm であっても
縦回転が 3000cpm であれば(500/3000)0.16
目に見える 曲がりとしてはほとんど有りませんが、
縦回転が 2000cpm になると(500/2000)0.25
目に見える 曲がりになって来、
その数値が 0.3 を超えるようになると
ハッキリとした、あまり望ましいとは言えない
曲がりになって来ます。
golf-787826_1280

スピン抑制の強いヘッドの場合、
多くないロフトでインパクト出来ると
より一層 縦回転が減ります。
この場合、数値として同じであっても
横回転が曲がりになり易いので 注意が必要です。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

からだの向きの変更通りに打つ人と
フェースローテーションで打つ人 では
最大の縦回転数 と 最小の縦回転数 の幅
が かなり異なり
想像通りかもしれませんが、
フェースローテーションで打つ人は
その幅がかなり大きくなります。
(タイガーウッズ_Moment(2)

ロフトを開いてインパクトを迎えた場合は
例え スピン抑制効果の高いヘッドでも
大きなロフト 👉 多い縦回転数 になるので
高く上がるとか、吹ける とかで
距離をロスするだけですが、
ロフトを閉じ過ぎてインパクトしてしまうと
例え ボールスピードが速くても
浮力を得られず 失速したり
前述の通り 分母分子の関係から
大曲になり易いので 距離に結び付けられません。

煽って振る、上に振る のは ダメ ですが、
よく使われる言葉 「低スピン / 高打ち出し」
に持って行けないのです。

フェースローテーションが激しいと
低スピンの場合 低打ち出し
高スピンの場合 高打ち出し
になり易いのです

✋激しいフェースローテーションが必要な
ダウンスイングでの寝かしを減らす必要があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(こする つかまえる)_Moment
ゴルフクラブ、ヘッドの構造上、
【弾道の横回転】 と 【左右の打ち出し方向】
は 非常に親和性の高いモノ ですが、
『別なモノ』です。

  大雑把に言ってしまいますが
右に飛び出る / 左に飛び出る
右回転 / 左回転   は
 🥎右に飛び出る 右回転
 🥎右に飛び出る 左回転
 🥎左に飛び出る 右回転
 🥎左に飛び出る 左回転

組み合わせとして 2×2 の4種類存在します。


ここが
🔴ヘッドターン、フェースローテーション、手の返し と
🔴からだの向きの変更通りにクラブを動かす

(好きな言葉ではありませんが ボディターン)
の大きな違いになります。 

IMG_0866フェースターン 手の返しのスイングでは
上下方向だけでなく、左右方向であっても
一番膨らんだところを境に
それ以前は フェース/ロフト は開いており
ヘッド自身もボールに近づく円弧で進行しています。
そして それ以降は
フェース/ロフトは 閉じ始め、ヘッドもボールから離れていきます。

同じターンという意味合い であっても
からだの回転通りにクラブを動かす(ボディターン)に比べると
円弧の大きさも、小さく
 その分 ターンも激しくなります。

IMG_0867からだの回転通りにクラブを動かす
俗に言うボディターンの場合、
スイングの円弧、軌跡のふくらみ
一番外になるトコロ
一番低くなるトコロ
は ボールでは無い場合も多く、
そのヘッドの進行と
フェースの向きに関して は 別なモノ と言って良いでしょう。
いろいろな種類が可能ですが、
そこは弾道のばらつきになる のでは無く、
打ち手の個性の部分です。

からだの向きの変更通り であれば ミスは出ない
とは言えませんが、ターン(円弧も大きく)そのものも緩やかで
フェースの回転はありません、もしくは少ない ので
確率論ですが、ミスの可能性は少なくなります。



EG05_05
🚩ニュードライバーのテスト
 をしていて非常に面白いデータが取れるのですが、
ヘッドターンの激しい、フェースローテーションの多い人は

 ↰ 左回転の球は 左にしか出ません。
 ↱ 右回転の球は 右にしか出ません。
双方ともに 目標(ターゲット)から離れていく球 です。
右に出て 左回転の球
左に出て 右回転の球 を 打つコトが難しい(出来ない)のです。
✊意図的に打つ必要性はありませんが…

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

✋そして、フェースターン の問題はこの先 です。

からだの向きの変更通り にも
緩やかとはいえ ヘッド?クラブターン はあります。
しかし これには ロフト変化は伴いません。
それは 全く別なモノ です。


一方、フェースターン と呼ばれるモノ は
多くの人は 開いたフェースの向き を閉じるコト
と誤解していますが、
その行為の本当の目的は 『ロフトの閉じ』 
 ⚡ボールをつかまえるコト です。
つまり 開いたロフトを閉じる コト で
フェースの開閉と同様に ロフトの開閉 が行われています。


フェースターンの場合、
ヘッドの開閉、ロフトの開閉 が 激しい為、
インパクトロフトで言えば
10度のドライバーを使って
👉6度でインパクトするコトも有れば
👉14度でインパクトすることも頻繁に起こり得ます。
 テストの結果では ものすごく頻繁です。

飛ばすためのドライバー 👉スピン抑制の強いヘッド
 とは とても相性が悪いのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 弾道のメカニズムのおさらい を・・・。


❶横の回転 と 左右の打ち出し角度
1ff0dce2
ヘッドの軌跡、進行に対しての
 ヘッドの向き
 で決まります。

何度も登場するお約束の画像ですが
どちらも 横回転は入らず
その 🔴ヘッドの向きなり
🔴ヘッドの入ってきた軌跡なり 
に飛び出るだけで進行に対する

ヘッドの向きのズレ(差)が 横回転 になります。1f52b653

そのズレがあまりに大きくなると
打ち出し方向(左右角度)にも
 影響を及ぼします。

ですので アドレス時の目標方向に対する
インサイドアウト だとか アウトサイドイン と
弾道の横回転には なんら関係が無い は大袈裟ですが
直接的には 横回転 フック/スライス とは関係なく
インサイドアウト であっても フック回転もスライス回転も入りますし、
アウトサイドイン であっても フック回転もスライス回転も入ります。

☑弾道の横回転より
 弾道の打ち出し方向 は 軌跡にかなり準じる と
 言っても良いかも知れません。


✋フックボールは 左に曲がる球 です。
スライスボールは 右に曲がる球 です。
ですので その曲がる分、(曲がる分以上)
フックなら右、スライスなら左 に
打ち出しておく方が 目標に近づいていきます。
左(右)に曲がる球を左(右)に打ち出してしまったら
曲がる分、目標から離れてしまいます。

パッティングで 意図的にやってみると
分かり易いかも知れません。




❷縦の回転 と 上下の打ち出し角度df713d9f-s

左右の回転の関係と同じですが、
アイアンであれば、本来は このような感じ→→→ で
インパクトを迎えるのが理想、ですが 分かり易いので
アドレスと同様で考えてみましょう。

IMG_0610このヘッド姿勢でインパクトを迎えるとして
ヘッドが下がり傾向の時に当たれば
 打ち出し角度は減り スピンは増えます。
(スピンに対するロフト効果大)
逆にヘッドが上がり傾向の時に当たれば
  打ち出し角度は増え スピンは減ります。
(ロフト効果小→スピンに対するロフト効果が減る)

静止画像 では 同じであっても
動いている軌跡、経路の どの過程で当たるかによって
弾道、飛距離は大きく異なります。

ですので 同じヘッドスピードの人が同じクラブを打っても
全く異なる 別の弾道や距離になる訳です。

特に縦の回転と上下の打ち出し角度 には
ヘッドに備わっているロフト角度 だけでなく
そのロフトに相当したクラブ の大きな意味を持つのは
お分かりになられるかと思います。

同じロフト角度の  ヘッドの性能はほぼ同等の
アイアン ユーティリティ ウッド があった場合、
その長さ順に スピンであれば
アイアンユーティリティウッド
 となり
打ち出し角度は
アイアンユーティリティウッド
 となります。

(余談ですが)そういう意味でも ワンレングスクラブ・・・・って
どうなの❓ って感じです。
…7番と同じ長さの5番アイアンは打ち易いのかも知れませんが、
 ボールの高さが取り難くなりますし、
 アイアンの中で一番使用頻度の高い ウエッジ系が長尺 って
 ・・・本当にゴルフが易しくなるのでしょうか…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【実験】SYB EZ-05 ドライバーヘッド
 テストの第二弾
 ですが、
今回は このドライバー向けの大本命
 の方が被験者(Eさん)です。
EG05_021

ご本人の自称ですが、
 ヘッドスピード 35ms弱
 平均ドライバー飛距離 自称180ヤード
 30年余、スライスと距離不足に悩んできた
 もしかしたら❓ 平均的日本人アマチュアゴルファー です。

EZ-05 ロフト/フェース/ライ調整リスト
N-   10 0.0 59.0EZ05
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9.0 -1.0 60.0
LOW3 9.5 -0.5 60.5 ❷
N+  10.0 +0.5 61.0
HIGH1 10.5 +0.5 61.0 ❸
HIGH2 11.0 +1.0 60.5 ❶

HIGH3 10.5 +0.5 59.5


まずは 現在のお使いのドライバー(市販品)から データから
ロフト(表示) 10.5
ボールスピード 49.1ms
打ち出し角度  15.4度
横回転     720cpm-右
縦回転     3220cpm

❶EZ-05(H2) 11.0 +1.0 60.5
ボールスピード 52.2ms
打ち出し角度  17.7度
横回転     240cpm-右
縦回転     2630cpm

ヘッドスピードにはほとんど変化が無い状態で
スライス回転、縦回転が共に減り、
その分 ボールスピードが上がったので
この時点で 平均飛距離 は 22ヤード増えています。
また 弾道の変化により 着弾角度が浅くなったので
  今まで少なかったランが伸びているのが特徴です。

打ち出し角度 と 回転 が程よい関係で
理想的な構成と言えますが、
 もう少し欲張ってみます^^


❷EZ-05(L3) LOW3 9.5 -0.5 60.5

ボールスピード 52.8ms
打ち出し角度  12.5度
横回転     580cpm -右
縦回転    1850cpm
ロフトを落としすぎ の状態で
ボールスピード と 打ち出し角度 に対し
縦回転が足らず ボールが上がり切らず
失速気味になってしまいます。
上がらない を意識してか、
球数が進む程、右回転が強くなってしまいました。
このスペックは ✖ です。

❸EZ-05(H1) 10.5 +0.5 61.0
ボールスピード 53.3ms
打ち出し角度  16.7度
横回転     240回転 -
縦回転    2370回転
打ち慣れてきたコトも有ると思いますが
ここで横回転が 茵,貌ります。
弾道としては左に曲がらず ストレート気味ですが
やはり ランも増え、最大飛距離を更新

ヘッドスピードは 36ms前後 ですが、
ランも含め 220ヤードオーバーを記録
❸のセッティング(本命)では
十数球の平均で 210ヤード弱 でした。

EG05_05


✋✋スピン量抑制の強いタイプのドライバーでの
ロフトセッティングの注意点としては
ロフトを絞るとランが増え、飛距離は伸びますが
縦回転が少なすぎる為 (2000回転以下)
横回転が数値としては低くても
過敏に反応し易くなるので
 余裕のあるロフト構成にした方が良いでしょう。
600/2800(横回転/縦回転) ₌0.21
600/1800 ₌0.33
380/1800 ₌0.21
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりのゴルフ、緊張した場面
などで 当然、、、ですが
ボールには当てたいモノですよね。

手さばきでボールを探りたい気持ち
は分かりますが、
反復性の乏しく、疲労に弱い
手さばきでの打撃は避けたいトコロです。



感覚として
リリースするコト
クラブを放り投げるような
利き腕である右腕を伸ばすコト

ボールを打ちたい感覚は理解出来ますし、
ショットに「リリースが無い」訳ではないですが、
✋からだの回転、向きの変更によって
 遠心力が発生する訳ですが、
 その遠心力によって
 腕は伸ばされるモノ(受動的)であって
 伸ばすことで打つ(能動的)のではありません。

飛ばすために叩きたい気持ちは分かりますが、
利き腕を伸ばすが主になってしまうと
それをするのには からだの回転を止めねばならず
気持ちを除いて 強いインパクトは望めませんし、
フェースを自分に向けて 掻きこむ、
円弧の中に向けて フェースを使い
  ロフトを増やしてしまいますから
動作感 を除いて、強い球にはなり難いのです。


腕を伸ばす〜リリースを打撃の主にしてしまうと
ヘッドを速く動かそうとする為、
ボールに当てようとする為、
結果として 緩い入射と多いロフトで
インパクトしてしまう行為になります。



ボールを遠くに飛ばすのには
スピードも必要ですが、
どのようなロフト、どのようなヘッドの入り方が重要で、
そうですね、車で言えば
エンジンの回転数を上げても
適切なギアでないと 車速にはつながらないのと同じです。
ドライバーヘッドのテストでも分かるかと思いますが、
似たようなヘッドスピードであっても
それが どんなロフト姿勢、どんな入り方をするか
によって あからさまに距離が変わります。


と同時に ゴルフショットは反復性、再現性が
重要なので クラブの重さの影響を受け易い
クラブに近い 小さな筋肉は出来るだけ使わない意識
(動かすコト ではなく、ロックすることに使う位が良いかも?)
の方が良いかと思います。
(リリースとからだの向きの変更_Moment(リリースとからだの向きの変更_Moment(2)









トップの位置で 腕周りはロックして
その腕周りゴト からだの向きを変える
そうすると クラブや腕の重さによって(遠心力)
グリップは その付け根である肩から離れようとする
→腕が伸びようとする

程度の意識で打つ方がベターだと思います。

グリップをどこに持って行くか
よりも
どういう回転の仕方をすると
望んでいる位置に
望んでいる形で入っていくか

と考えるのも良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


引き続き 【ニューギア】SYB EZ-05 のテスト です。
EG05_021



本日のテスターは スピン過多に悩むYさん です。
❶ LOW2  9.0 -1.0 60.0
❷ Nマイナス  10  0  59.0
❸ HIGH2  11 +1.0 60.5


✋あくまでも目安 ですが
 上記のような ロフトの変更をすると
 プラス1度ロフトアップ で
 ☑打ち出し角度 2度アップ
 ☑縦の回転数  300cpmアップ
 ☑フック回転  10%アップ
と言ったトコロです
EZ05
どのスペックも 縦のスピン自体はかなり抑えめ
過去のデータ と比べても
 15%程度スピンは抑えられている感じです、が
❶→❷→❸ に成るほど
 EZ-05 の スライスキラーの特性が発揮され
横スピン(左スピン)が増え、
❸になると 分母である縦スピンよりも横スピンの方が
大きくなってしまい 前に行きません。
また その順に出球の方向も左寄りになって来ます。

飛ばすには 自分の持ち球が過度にならない
 ということも条件に入ります。

ソコで登場するのが ニューモデルではありませんが
 ミステリー CF-445 です。

データの比較です。CF-455 / EZ-05
当社測定値445TL-6_00
 ヘッド体積 445cc /460
 基準ライ角 59.5度 /60.0
 重心距離 39mm /35
  フェース高 60mm /52
 重心高さ 34/26mm /27/25
 重心率  56% /52
 重心深度 35mm /38.5
 重心角度 20.0度 /24.5

✋重心深度 は 重心角の要素になるので
深い程 インパクト時 ヘッドが前に出やすい
→上がり易く 右向きになり難い

データ通りの性格 と言えば良いのか
EZ-05程 ロースピンにはなりませんが
従来より 8〜10%スピンが減る
ロースピン系の 左巻き抑制ヘッド です。

同じロースピン系でも
 EZ-05 は 強スライスキラー
 CF-445 は 中フックキラー と
言ったトコロ でしょうか。 
スピン過多、左恐い Yさんには
 コチラのヘッドの方が叩けるのか
ヘッドスピード自体もほのかに上がり
  良いデータが出ましたね

フック、左が怖い人には CF-445が良いかも です。
スライス防止、ハイスピン、無駄な高弾道を減らしたい方は
 SYB EZ-05が良いでしょうね(^^♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


EZ-05 ドライバーヘッドに実装されている
 ネック調整(ロフト角度編) をテストしてみました。

🔴実験ドライバー 44.5インチ/ヘッド重量 227g --振動数 148cpm
🔴ボール スリクソン X


ロフト角度だけ、ライ角度だけ、フェース角度だけ、
を調整することは出来ず、
 複合で変化する仕組みです。
EZ05

添付されている レンチ は
 トルクレンチ になっており
締め付け時、「カチッ」音が鳴り、
締め付け規定値以上かからないようになっています。
(ちょっと怖いですけどね)
ネジを舐めたりしないよう
 グリップを下にして クラブを垂直に立てて                                                                                                                                                                                                                                                                                    
 締め付けるコトを推奨いたします。
EG05_02
ヘッドの標準値(Nマイナス)は
 ロフト角度 10.0
 フェース角度  0.0
 ライ角度  59.0
 です。

ネック部の 表と裏に Nプラス Nマイナス
 と表示があり、それを目安に

LOW1 9.5 -0.5 59.5
(固定位置 Nマイナス寄り)
LOW2 9.0 -1.0 60.0
LOW3 9.5 -0.5 60.5


N+  10.0 +0.5 61.0
HIGH1 10.5 +0.5 61.0

(固定位置 Nプラス寄り)
HIGH2 11.0 +1.0 60.5
HIGH3 10.5 +0.5 59.5


合計で8通りの ライ、ロフト、フェースの組み合わせです。

2021-03-19_16-46-28_Moment


3人のお客様に
❶ LOW2  9.0 -1.0 60.0
❷ Nマイナス  10  0  59.0
❸ HIGH2  11 +1.0 60.5

を打って頂きました。

打ち出し上下角度(平均値)
❶ 11.3度
❷ 13.2度
❸ 14.9度


縦のスピン量(平均値)
❶ 1761cpm
❷ 2155cpm
❸ 2487cpm


という 数値通りの結果 と相成りました。


元々のヘッドの性格が スピン抑制が強いので
どのロフト角度にしても かなり低めのスピン量 です。

低めの球質の方やヘッドスピードに自信の無い方には
9.0〜9.5 は かなり手ごわい かも知れません。
やや 長めのセッティングが良いかも。。。

また 球質ですが、
これも 元々のヘッドの性格が スライスキラー の為
ロフトが大きくなる に ライ角度のアップ、
フェース角度のプラス が加わるので
ロフトを増やすほど 右回転体質が薄れ
❶ と ❸ では 左回転が約400cpm 増えました。
EG05_03

やはり 右回転気味で
弾道の高さやスピンの多さ に悩む
飛距離アップ希望のゴルファーにとっては
かなりの お助けドライバー に成り得るヘッド です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(試打クラブあります)           



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ある実験をしてみました。
古くなって使わなくなったサンドウエッヂを折れる限界
極限まで曲げ、ロフトを増やします。

計測器の目盛外なので、正確には分かりませんが、
70〜75度近くのロフトはあると思います。

007


🔴動画の白黒のモノは
巷で横行する /兇蟷匱哀▲廛蹇璽

🔴カラーの方は 出来るだけ
 腕周り、肩周りを使わないようにした
 △瓦普通のアプローチ です


では、打ってみましょう



70度を超えるような とてもシビアなロフトの為
全部が全部 この結果になりませんが、
打撃の理屈上の この結果が出やすい 感じです。

振り子式は
当然 インパクト以降
グリップよりもヘッドが先行しますので
その前段階では
△里瓦普通のアプローチよりも
緩い入射角度になり易い傾向があります。

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

高めの打ち出し になりますね
そして 時折 低く出て すぐそこにポトリ と
落ちる球も出ます。

打った感じも 抜けたような、だるま落とし感強いです。


何球か打った感じでは
やはり ヘッドがグリップを追い越し
前に出るので トップめに当たってしまう確率が
すごく多い感じです。


アプローチではなく通常のショットが
この延長線上になるのだとしたら…
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

オジサンおばさんゴルファーの飛距離の悩み…
飛距離不足の原因はここら辺にあるような気がします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ時、(回転力を付けたい_Moment(2)
クラブが起こせるのであれば
『グリップ』の移動は出来るだけフラット に、
 という記事を書きましたが、
その真意は 右向きの量、右向きの質 を
 ラウンドを通して、保てるようにする✊ です。

一般的に、の話しですが、
スポーツをする際、平常心
 と言われるモノがありますが、
私個人はそれには非常に懐疑的です。

年間100ラウンド近くを5年も10年も続けられる、
アマチュアの域を超えた
 半ばセミプロのようなゴルフをしている人を除けば
アマチュアゴルファーの平均ラウンド数は10回程度、
間違いなく 非日常 です。 

平常心を目指すよりは、
平常心に成れないコトを把握した方がベターでしょう。

こういう状況を想定しましょう。
最近、飛ぶらしい と仲間ウチで噂が立つ。
50人位のコンペで ほぼ全員が見てる中、
  自分が一組目のトップバッター。。。
平常心で打つコトが出来ると思います❓
昨日の練習場でのドライバーの練習の
 6球目と同じ心境で打てると思えます❓


一般的には、コースで、緊張感のある時や
疲労が溜まってきた時、
意識はやっぱり クラブやクラブヘッドに行きます。
クラブを動かさないと打てませんし、
ヘッドがボールに当たらないと前に進めません。
となると クラブに近いトコロ、
よりグリップに近いトコロを動かそう
 とします。

クラブを寝かしてしまう人にとって
グリップのフラットな移動は
 より浅い、より手で動かすテークアウェイ、
 トップになり、逆効果
ですが、
クラブが起こせる人にとっては
グリップのフラットな移動は
 より深い右向きを作れ、からだも回り易い
 です。
平常心である練習場よりは手作業が増えがち、
 ではありますが
より右向きを取れ
駄目な部分を本能的な修正時間も、
クラブや腕を通す空間も確保し易くなります。

(_Moment

手で上げる、左腕の上りでテークアウェイを取る方、
つまり 寝かしてテークアウェイを取る方は
緊張感や疲れのあるコースで
より手先で上げ、浅い右向きになりガチ
 です。
寝かしてテークアウェイを取るコト自体よりも
 それによって より浅いトップになるのが
 ミスの原因
だったりします。

右向き は 骨盤と大腿骨の向き差 です。
ですので その限界点を感じる箇所は
本来、股関節廻り、
大腿やお尻 である筈
 ですが、
寝かしてあげる、左腕の上りで
テークアウェイを取る人の
感覚的な限界点は 肩周りや背中 ですので
鈍感な股関節廻りよりも
 早く緊張に反応し、疲労を感じるモノです。

小堀2020_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment








クラブが起こせる、寝かさない人専用ですが、
普段から フラットなグリップ移動を心がけコトは
✋テークアウェイ初期のフラットなグリップ移動は
『環境やコンディションが不良な状態』でも
 最低限の右向きを確保し易く
 打ち急ぎを防ぐ効果 もあります ので
 心がけた方が良いことは多いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



何かのアドバイス
ということでは無いのですが、
参考になるかも…知れませんので(^^♪


アップライトなスイング と フラットなスイング
もしくは 縦振りと横振り
そう呼ばれるモノがあります。

単純には ヘッドの軌道が立っているか、寝ているか
漠然とではありますが、その軌道の傾き度合い を指しています。

それに ついて…ですが、
アップライト 縦振り  フラット 横ぶりとは言っても
基本 シャフト(クラブ)を起こす 寝かさないスイング と
シャフトを寝かすスイング
 に分かれます。
問題なのはそちらです。

2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)








コト腕だけを見れば
起こすスイング、寝かすスイング
双方とも 似たような腕の動作をしていますが
腕のローリング具合、
からだの対する両肘の関係性は異なり
それはつまり ヘッドの横の移動変化を
主に からだの向きで行うか
主に 腕で行うか
 というコトになります。
ココで 腕を行う方が推奨出来ませんので除外します。



(回転力を付けたい_Moment弊社が薦めるような クランチで
からだに対し 腕は、肘は高さが変わるけれど捻じらず、
腕の中、からだの幅の中にクラブを起こす場合、
コッキングが入ると より腕が高くなります。
コッキングが多い人は より アップライトなスイングに
なっていくのです。

クラブを起こせるスイングの傾向、
あくまでも傾向 ですが、
スイング軌道がより
☑アップライトになると

出球の方向性は均一化し易く なりますが、
球の曲がりはバラつき易く なります。
逆に スイング軌道が
☑フラット化していくと

出球の方向性のばらつきは出易くなりますが、
球の曲がりは均一化しやすくなります。

その方、その方 によって
どちらが良いか 折り合いをつけるところは
それぞれではありますが、
クラブを起こせるタイプのスイングの方は
出来るだけコッキングを押さえ、
 グリップの上下の動きを抑え、
 クラブは起こすけれど
グリップの軌道はフラットにするコトを
 心がけた方が長物に苦労し辛くなる と思います。


クラブを起こせるスイング では
クラブを起こす自然は動き 以上にコッキングが多いと
よりアップライトなスイングになり易く、
必要以上のグリップの上下移動が誘発され、
ダウンスイングで
  不必要な遅れが生み出されやすい傾向があります。

グリップの移動も アップライトにした方が
確かに クラブの重さを感じ易く
ダウンスイングで左腕が下げられそうな気がしますが、
多く上下移動しているので 結果は変わりません。


小堀2020_Momentまた アップライトなグリップ移動は
右向き不足を誘発し易く、
コースで疲労度が進むと 浅いトップになりガチ
 です。

クラブを起こす自然な動き 以上にコッキング多いと
からだに反りが生まれ易く、
それは 逆ピボットになり、傾斜地でのショットに悪影響を
及ぼしかねません。

全員に当てはなるとは言えませんが、
クラブが起こせるのならば
グリップはフラットな移動の方が良い
 と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



腰痛に悩むゴルファーも少なくないか
 と思うのですが、
スイングの動き、動作 ソノモノ だけでなく
アドレス(ポスチャア)やグリップが
 その腰痛の因子
 となっているコトも
少なくありません。 

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment


背の高い、手足の長い方、細身の方 にありガチなのですが、
前傾姿勢が深過ぎて
アドレス時から 頭など重さのある部分が
前に出過ぎてしまっているケースがあります。
アドレス❷
このブログ内でも
 前傾姿勢と言う言葉が多用されるため
前傾に対し 意識が強すぎてしまうコトも危惧されます。


前傾姿勢とは その言葉の通り
自分の体の前に対する からだの傾きで
箇所としては
 大腿骨に対する骨盤の傾き、
股関節の前に対する傾きです。

その 前傾姿勢は 有れば 良いので
無理に深くする必要はなく、
有るのなら 浅い方がからだへの負担、
特に、腰への負担は少なくなります。

✋スイング中、動作中 維持出来る
 ということを優先させると
 アドレス時のみ、前傾が深く、維持に苦労する より
 浅くとも維持できる度合いが良いと思います。


どの位 とは一概には言い切れませんが、
(ウッドやユーティリティ、6番アイアン位で)
アドレスした時、靴(足)よりも
余り多くの部位が 前(ボール側)に出ていない方が良い…
と思います。
目安 としては つま先の真上に
首〜あご 位がある程度でしょう。
・・・・・肩では ちょっと深いかも…知れません。
若林純一 2021_Moment(3)

あまり 多くの部位がつま先よりも前、
ボール側にあると 胴体を廻すことが出来ず
腕だけや肩だけを廻すコトになってしまい
始めの負担 ばかりでなく
腰に負担のかかる 動作になりガチ です。



IMG_0772

🔴また これは アドレスだけでなく
グリップから始まるコトもあるのでご確認ください。

コチラに関しても、ですが、
腕とクラブの関係にはディッシュアングルと言い
一直線ではない 角度の付いた関係
というのを 当ブログ内で強調していますが、
これも 有れば 良いので
アドレス時、グリップが大きく前に出ない程度に
薄い角度関係の方が良いと思います。

IMG_12982021-03-14_15-04-50_Moment












 ↑↑↑ 左手とグリップが こういう角度
の関係であれば
こういうアドレスになり易いですし

IMG_12992021-03-14_14-42-45_Moment










 ↑↑↑ 左手とグリップの角度 が直角に近い
モノになれば 深い前傾のアドレスになり易くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



❷同じ力加減で打っても 似た弾道、
 似た距離が打ちにくい

トップとダフリの『勘違い』_Moment(3)トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)





ボールに対する
ロフト効果 とは
地面に対する ヘッドの姿勢
だけでなく
◉どのような角度からヘッドが入ってくるか
含まれており
弾道、飛距離、キャリー、上がり方、回転数
などを 特定するのは
その角度(入射角度)、それに対するヘッド姿勢
になります。

傍目から見た場合、
この上下のヘッドの移動も『円弧』に見えるのですが、
それは前述の通り、
 👉傾きの有る からだの向きの変更
によって 作られるのが基本 です。
それによって 規則性の高い
  ヘッドの入射角度とそれに対するヘッド姿勢
が創られるのですが、
この 円弧を
  肩の揺さぶり(振り子)で作ってしまうと
その ヘッドの入射角度とそれに対するヘッド姿勢
特に ヘッドの入射角度が規則性の乏しいモノ になります。

特にアプローチの場合、
必ずと言ってよい程 傾斜地で打つコトになり、
その傾斜も複合の場合が多いです。

からだの向きの変更によって
描かれる円弧よりも
肩の揺さぶり の方が その影響を受け易い ですし…。
Desktop 2021.03.11 - 21.58.07.01_Moment(2)
ですので アプローチ、ショットの主体を
振り子 にしていると
ダフリ、トップ だけでなく
高い球を打ちたいのに
  低い抜けたボールになってしまったり
フェースの上側に当たり過ぎて
  想定した距離が得られない(飛ばない)
が起こり易くなります。
ハッキリ言って 同じ力加減で打っても
  一定の距離になり難い のです。



☑スイングの途中で
  動作のしての 大きな体の動き に対し
クラブの、ヘッドの 動きが加速をし、
場合によっては からだの動きを止める 必要性が生まれる。

☑スイングの途中で
  右サイドが下がり易く
急がないと 空間がなくなってしまうので
インパクト間際で 加速が加速する

☑似た弾道、似た距離が打ちにくく
 動作速度やヘッドスピードと距離感に
 法則性が生まれ難い

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)






振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)






おそらく ですが、
◉ゴルフを 振り子のアプローチから始めた人
◉からだの向きの変更から始めた人

では アプローチの距離感 を
  そこそこ掴むまでの差は
練習量で言うと 10倍以上 なんでは無いかと思います。

からだの回転を 振り子の延長線上の体の捻じり で
覚えてしまった人は 腰回りなどを傷める可能性が非常に高く
ゴルフを20年やって
その 🔴🔴がった からだの回転 を修正
  するのは 至難の業 に思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


振り子 のアプローチ、スイング
 の 最も問題の有る点が
『アプローチの距離感』です。

多くのビギナー、始めたばかりの人が
「振り子のアプローチ」からゴルフを始めたり
するのですから 何とも皮肉 です。
大きく 二つの点において
 振り子のアプローチは距離感を体得しにくい
と言うお話です。

cb32209c





❶複数の速度があり、加速の加速が入り易い
仮に アドレス時、
ボールをスタンスのセンターに置く、としましょう
(特殊なケースでない場合、いつも通りをお薦めしますが…)

スイングの回転、
円弧を からだの向きの変更で行えば
多少のズレはあったとしても スイングの最下点 が
まあ そこらへんに来る、か
ヘッドの重さ分、回転より遅れる のを考慮に入れると
その場所はまだ 低くなる過程で
最下点は 右打ちの人であれば 若干 左へズレます。
運動の速度 によっても異なりますが、
そこには 体感記憶しやすい法則性があります。

ところが 振り子のアプローチでは
 そこに 法則性が生まれ難いのです。

cap02スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)






からだの回転は それが多少の捻じり であっとしても
傾き(前傾姿勢)の加わった横の動き です。
一方、振り子の動きは
肩の縦に近い 回転と呼べない 上下の揺さぶり です。

これによって 地面にとってのヘッドの最下点(近接点)と
スイングにとっての、からだにとっての最下点 が
規則性なく、大きく離れるコトになります。

振り子のアプローチ で
スイングすると
小さなショット、小さなストローク であっても
ダウンスイング時、
体の左サイドが上がりながら
まるで ダウンスイングが始まると
登り傾斜に変化する地面から打つような状態、になり
ヘッドを、クラブを通す空間がどんどんなくなる ので
その空間が無くなる前に打たなくては と
急に ヘッドスピードや動作が速くなります。
どんどん ボールが中に入ってくる、
右打ちの人であれば 右に寄ってくる ような状態です。
4c9a0689

また 肩の振り子で出来る量は 限られていますから
そこにアームローテーションや胴体の捻じり
が入ってくるので
インパクト間際 での 加速の加速 が
増えざるを得ない 要素が高いのです。

距離感 とは その名の通り
ヘッドスピードであったり
動作速度であったり
動く自分、動かすクラブやヘッドの
速度感と距離 のマッチングを
体験や練習によって 自分自身で身に着けるモノ で
正直、誰に教わるコトも、誰に教えることも
非常に簡単ではない 感覚 です。

ですので
アプローチ であれば
そのストローク、スイング の中に
複数の、異なった運動/動き が 無く
出来れば 一つの動き にまとめるコト が
その距離感を身に付けやすくする鍵 でしょう。

自分が向きを変えるなどの動作 をする
クラブヘッドはその外周に当たる場所にあり、
その動作は一つのモノ にしたい のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチの距離感…と言うご質問を頂いた、のですが、
そこへ行く前に
スイングの始まり、覚え始めた(始める)頃の
 ものすごく大きな『ボタンの掛け違い』のお話し
 (二部か三部構成)を。

20190811-OYT1I50023-1


まずは
 50度のPS(アプローチウエッジ)と
 56度のSW の2本を併用して
 左回転の球のいろいろな球筋 で
 70ヤードのアプローチをしてみました。
 ピンを基準に5mの半径に集まったモノのデータです。 


Desktop 2021.03.11 - 21.58.07.01_Moment(2)

見ての通り
似たような高さ 似たようなボールスピード
似たような着弾点 であっても
ボールの回転数はかなり 本当にバラバラ と言った感じです。

最大回転数と最小の回転数では 4倍以上も差があります。

また 回転数が多いから 打ち出し角度が高いか 
 と言うと そこには規則性が少ない…。
⁂ただ 回転数が高いものは 動作速度、
 もしくはヘッドスピードは高め です。


ほどほど成功したショット で限定すると ドライバーショットでは
 意図的にいろいろな球を打っても ここまでの差は出ません。
もう少し 似た感じのデータになります。

✋これは なぜ 発生するのか? というと
 クラブの長さが短く
 その為 前傾姿勢が深く
 元々の入射角度 〜ヘッドがボールに進入する角度が深く(きつく)
クラブが長く、前傾姿勢も緩い ドライバーに比べると
  入ってくる入射角度に種類、
 また それに対するヘッド姿勢(ロフト)にも種類の幅
 があるから なのです。


そして 円弧も小さくなる為
 ヘッドの左右の入射角度 に対する
 フェースの角度も 非常に繊細、
 つまり 横回転にも敏感 になります。

左回転 で言うと ものすごく大きな数値 になっていますが、
ボールの曲がりは 分母分子、分母→縦回転 分子→横回転 の関係なので
平均値では 縦回転の大きなウエッジでは
この程度の回転では 曲がり にはなりません。
この横回転の数値そのままで 
 縦回転が1/2〜1/3になるドライバーであれば
  ぶんぶん 左に曲がる(確実にさよなら〜)でしょう。
逆 に言えば
 ドライバーでは使えない弾道が
 ウエッジショットでは使えてしまう
というのが 距離感を苦しめるのです。



ロフトの大きな、クラブの短いクラブの場合、
上下、左右の軌道、と ロフト、フェースの向きの関係が
非常に繊細になるので
ちょっとした感じで 全く違う距離、違う球筋になり易い のです。

アプローチの距離感は
❶似たような ロフト、ヘッドの向き効果  であるコト が
前提に、練習によって
❷運動の速度 で 距離感を構築します。

❶似たようなロフト効果(打ち出し角度/縦回転)
 似たようなヘッドの向き効果(打ち出し角度/横回転)
はクラブの中で一番繊細です。

ですので まずは 「打つ前」の準備 として
1.出来るだけいつも同じボールを使う
2.ボールの置き位置に決まりを作る

というのが スタートです。

そして フルスケールのショット、フルショット の方が
入射角度やヘッド姿勢にはばらつきは小さくなるので
PW でハーフショットを打つよりは
SW でフルショットを打つ方が安定度は上がります。

✋このデータから見る限り、
距離を クラブを短く持つコト で調整する
 には 疑問符が付きます。

❷の動作速度、ヘッドスピードを
反復練習をして 感覚に刷り込む をするには
インサイドアウト アウトサイドインなどの
横の軌道だけでなく、
ヘッドの入ってくる入射角度に対する ロフト姿勢
と言うのを 複雑にしない、
変化の幅を出来るだけ狭くする
 のが必要です。

    → 続く

そういう意味で
気持ちとしては分からないではありませんが、
学生やセミプロのような練習量を取れない限り
続けられない限り、
いろいろな球を打てるようになる、よりは
同じ球を打てる確率が高い の方がベター
 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:質問です。
テークアウェイ時の右ひじの引き
高さ、引き具合はどの位が良いでしょうか



A:ご質問有難うございます。
テークアウェイ時の右ひじのクランチ、は
勿論 それぞれの方によって異なるとは思いますが、
高さ の目安は 右ひじではなく、
 その対になる 左ひじの高さによります

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)dW l (2)_Momentスナップショット 4 (2017-06-28 19-07)




クランチでの右ひじの高さ の目的は
 クラブを寝かせないコト✊
 クラブを倒さないコト
✊ にありますので
左ひじの高さと同じ分 プラス 傾き。。。
 右を向いた時、右サイドの方が高くなる分、
左ひじよりも高ければOK、十分で、
始めから 左腕の高さを取らない方 であれば
 右ひじも高さを取らず 外に張った分(肘が曲がった分)
 で十分なケースもあると思います。 
スナップショット 9 (2013-05-14 8-12)

右ひじの引き、外への張り に関して ですが、
腕立て伏せをした時の ひじの張り程度 で
アドレス時を基準に
背後方向に 肘を引いていく感じになりますが、
外に張る というよりは
からだの向き、胴体の右向きを誘発する為のモノ
自然な張り で良いと思います。

腕の曲げ の場合
41Wc7ybG1zL__SL500_AA300_一直線上で腕をたたんでしまうと
クラブの構造、
ヘッドの重心位置の関係から
右腕の捻じり【回外】が発生し易く
腕も、クラブが捩じられます。

ヘッドは兎も角、グリップは
からだの正面、からだの幅の中に収めたいですね。


テークアウェイに限りませんが、
肘使い、腕使い とは からだの向きの連動、
からだの向きを誘発する、
からだの向きを誘導する為のモノ
 ですので
テークアウェイ時は 右ひじの移動、曲がり と
向きは連携、一つの動き
 と考える方が良いと思います。
スナップショット 8 (2013-06-03 19-46)スナップショット 9 (2013-06-03 19-46)スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)



例え、の話しですが、
◉右ひじの曲がり、引き具合がハーフ  は
 右向き具合もハーフ
◉右ひじの曲がり、引き具合が スリークォーター3/4 の時は
 右向き具合もスリークォーター 3/4

といったイメージです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q;ひとつテーマとして、
トップからの体重移動のタイミングについて、
教えてください




質問ありがとうございます。
体重移動のタイミング…の前に
体重移動 とからだの回転 についての話しから。


カラダには厚み があり、
当り前…ですが、回転の支柱になる、
もしくは回転の支柱に近い 背骨 よりも
重さは 前側、胸側 にあります。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)

ですので ざっくり ですが、
右を向けば 右に体重は乗り易く、
左を向けば 左に体重は乗り易くなります。

乗る と断言出来ないのは、
その行為も 軸足が出来ていないと
本能的なバランス感覚から
からだの反り などになってしまうから です。



からだの向き 藐き、荼き は
その軸足 に対する 胴体の向き です。
右向き テークアウェイ〜トップ〜ダウンスイング
の区間は 右の大腿骨(太もも)に対する胴体(骨盤以上)の向き、
インパクト以降 フィニッシュまでの区間は
左の大腿骨に対する胴体の向き です。

蛇足…ですが、軸足の大腿骨(太もも)に対する胴体の向き(回転力を付けたい_Moment
の重要なポイントは そこに前傾姿勢も付いて回ります。
ですので 右向き時の前傾姿勢は藺にあり
左向き時の前傾姿勢は菎にあります。


話しは、元に戻りますが
トップ、切り返し時 では 軸足である右脚 に
体重は乗っています。
10割とは言えませんが、かなりの重さ
片足立ちする必要はありませんが、
かなりそれに近い重さ になるでしょう。
それが(前傾姿勢も含め)
 いずれ 左足に移るのですが
まずは 軸足に成れる左足の姿勢が出来ないと
前傾姿勢を含め 負担の無い 左向きを造れません。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




軸足に成れない(成り得ない)左足、
のまま 左向きを作ると
からだは左向きになったとしても
左右や前後の反り、からだの捻じり など
かなり複雑な動作が複合して、
体重移動の伴わない左向き や
前傾姿勢の伴わない左向き になります。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)例えば
4289f9fa-s
これでは左足が軸足になっていませんから
自然な形で体重は左に移せませんし、
「前」傾は消えてしまい
からだの側帯、横への傾きになってしまっています。
お腹も上向き ですね


右向きから始まって
軸足(拠点を確保)が出来、
右向きの解き(引っ越しの開始) を経て
左向きが始まる(引っ越し) ので
瞬間芸に近いので その間合いは
言葉では説明しきれませんが、
切り返しから いきなり体重移動 ではない
というコトです。

まあ 分かり易く言えば、
中年男性であれば お腹の肉は気になります。
そのお腹の向く方向が 体重の有る場所 になる訳ですが、
お腹の向きは 左右方向だけでなく、
常時、出来るだけ 下向きを維持して廻るには
軸足の構築(拠点構築) という 一呼吸があり、
その後、瞬時 にではなく
回転なり、瞬時と比べると じわじわ 左に移っていく
そういう感じだと思います。
つまり 回転と体重移動、そして前傾姿勢 は
一つになって進行して行くコトが望ましい ということで
少なくとも 右の軸足、それに対する胴体の右向き、
そして そこに前傾姿勢がある と言うところから
構築してみましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長さがあって、先に重しが付いている…
いかにも 振り子 が適しているように思えますが、、、

それは 支点が固定できる機械 の場合です。


よく言われる
胸〜肩と両腕で作られる三角形 と クラブ
その支点になるのは どこなんでしょう?
2020-12-26_13-52-13_Moment
首だとしても、頭だとしても
人間には防衛本能や反射がありますので
何かの作用には 絶えず 反応して
動いています。

からだ、胴体の向きを変えるコト と
振り子に振るコト は
動作としても まるで違う動きです。

振り子に振ると 一見
よく言われる 軸の有るスイング になりそうですが、
人間のからだの構造上
 軸の無いスイングというか
 軸が常時動いている(軸とは言えないモノ)スイングに
 なってしまいます。


首や背中だとすれば
振り子(クラブ)が振られれば
その反対の位置にある 頭は
 振り子と反対に動くコトになります。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





テークアウェイをすれば
クラブは 右に動きますから
頭は 左に倒れ
フォローでは その反対 になります。

頭は重量としてかなりのモノですから
理想的な 体重移動、体重配分の逆の重さがかかります。

頭がクラブと反対に傾く ということは
背骨が左右に傾く、反るコトになります。



からだの向きの変更で クラブを動かせば、
円弧の最下点、一番低くなる位置は
概ね からだの正面辺り になりますが、
振り子でスイングすると
左右の肩が常時上下しているうえに
背骨も傾いたり、反ったりするので
スイングの最下点になる位置が特定出来ません。

振り加減や傾斜などの影響も多く受けるでしょう。


骨盤に対し 肩をまわす と言うのも
激しくはありませんが 振り子の動きに該当します。
肩の向きと腰の向きを
完全に一致させることは難しいですが、
意図的には 出来るだけ その向き差を作らない方が
トップやダフリの原因になる、
 最下点ズレは少なくなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングは
傾き と言うモノの中で向きを変えます。

故に 見ている、
スイングを見る側は錯覚してしまう、
騙されてしまうコトが往々にしてあります。

アプローチなどの小さなショット
ゆっくりした動きであっても それは起こります。



テークアウェイを始め
からだの向きを変えると
「傾き」前傾姿勢 があるので
右打ちの場合、
右肩が高くなっていくように見えます。
動作として、右肩を高くしている訳ではありません。

ゴルファーを惑わせる振り子式_Moment(2)


と同時に、このアングルから見ると
まるで 振り子のように見える訳 ですが、
からだの向きを変えているから
そう見えるだけ であって
クラブを振り子のように動かしている訳ではありません。


実際に振り子式で打ってみて 確認をしてみると
不要な両肩の上下の動きが入るため、
回転で打っているよりも
ダフリ気味、トップ気味の頻度が高く、不安定です。



傾き、前傾姿勢は股関節、
大腿骨と骨盤の傾きの角度差 です。

その傾きがあって
股関節から上の胴体が向きを変えるから
テークアウェイでは右肩が
フォローでは左肩が高くなっていく、
テークアウェイで左肩を、
フォローで右肩を
動作として 低くしてイクモノ ではありません。

(回転力を付けたい_Moment

テークアウェイ初期で
「左肩を入れる」と言う言葉がありますが、
基本、回転する とは 横の動きです。
胴体の向きが変わるから 左肩が入る になるのであって
左肩を低くするとか
左サイドだけを動かす のではないのですが、
非常に多く見られます。
何気ない その初期の動きが スイングを難しくします。

また テークアウェイ初期で
グリップを動かそう とする気持ちもわからないでは無いですが、
からだの向きが変わる から グリップが移動するのであって
そこで グリップを左腕で押そう とするのはお勧めできません。





振り子式は 胴体の側帯 を潰し
その潰れた方の腰回りに 
不必要な重さをかけるので 故障の要因にもなります。

小さなショット、アプローチ、グリーン周りのショットでは
ダフリ、トップの動きは出来るだけ避けたいのですが、
振り子式の場合、グリップが自分の体から離れ、
手の入れ替え を 肩で行いますので
どうしても左右の肩の上下の動きが必要になり、
回転とは異なる 上下の動きがあり、
ダフリ、トップを誘発し易くなります。

本当に 百害あって一利なし の振り子式。。。

冗談ですが、これを違法行為にする法案を
検討して貰いたいほどです😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ