◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2021年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 こちらの動画で
スイング軌道(プレーン)とフェースの関係を取り扱っています。

 

おそらく、ですが、
スイング軌道 クラブの動かす面
 を 何かの面に沿って ということを薦めているのではなく、
一つのシンプルな軌道面
 同じ平面上を動かしたいのなら
 フェースローテーションすると出来ませんよー\(^o^)/
フェース面は動かす面にいつも垂直な意識ですよー\(^o^)/

なのだと思います。


いつも不思議に思うのですが、
◉スイング、クラブを動かす面を
 シンプルな同一面にする  のと
◉フェースローテーション は
全く相容れない

 機械やロボットでの発想で、
本能的に 自分のからだを守ろうとする意識の強い
「ヒト」には 不可能に近い、曲芸を作る考え です。

同一面上で動くには
ヘッドだけでなく、グリップも
その同一面にいないとなりません。
動いて来る軌道に対し
 常時、フェースが直角 の意識であれば
グリップが動かせば ヘッドは長さの違い分だけ
同じ同一面状の外側 を移動しますが、
ココにフェースローテーションを入れると
 その度合いに応じて グリップの進行が滞ります。
また、同時に ヘッドやクラブの重さのかかり方
 も変わってくる、変化してくるので
常識的 に考えれば スイング軌道は
 フェースローテーションに応じて
 中へ中へ と切り込んできます。
同時に グリップの進行が滞るので
 始めに造り始めた円に比べると
 フェースローテーション進行後の円は小さくなります。


グリップが進行し続け、
その方向が変わらず ヘッドだけ回転する、
人間がする限り 不可能ではありませんが、
結果と同一面にするには ヘッドとグリップは
別々な面を動かしている意識でないと到達出来ません。
人間の動作の無理や道理を無視した
 ロボット・機械であれば可能な理論 です。


…故に最近、人間の動きとして奇妙なスイングが
 横行している とも考えられます。
 この オンプレーンスイング は
 果たして 効率よく遠くに飛ばすコト や
 再現性の高いコト よりも
 単に 見てくれ、見栄え を作っているだけ
 に思えて仕方ありません。
 どの道、その面をなぞる となると
 手てクラブを振るしか方法がありませんから
 それを追いかけるなら 手打ちは容認、
 からだで振りたいのなら 軌道面なんて言うのは
 無視してかかるべき かも知れません。



スイング軌道論が オンプレーン論が
 ゴルフクラブの構造を考慮に入れた場合、
「ヒト」にとって 良いか悪いか は
もう 好みの問題でしかありません。

クラブを同一面上に動かしたいのであれば
 フェースローテーションをゼロに近づけなければなりませんし、
逆にフェースローテーションをしたいのであれば
 オンプレーンにすることはあきらめるべきでしょう。


まあ 立体的な上に、時間の進行が絡んでくる
 ややこしい発想ですので、
アウトサイドイン、インサイドアウト 位に留めておく方が
 良いのかも知れませんね(。◕ˇдˇ​◕。)/
2020-12-09_21-08-58_Moment

そもそも… シャフトを立てて 上げる場合、
グリップとヘッドが同一面 と言う発想自体、
全く別なモノ、なんです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでは
骨盤、胴体ゴト、股関節を境目に
からだ、上半身をねじらずに
右を向くコト
をお薦めしています。

20191006_Moment(3)


 それは何故か というと
ポイントの一点には『股関節』があります。

プロがどうであるか、他人がどうであるか、に関係なく
練習量が豊富でなく、からだのメンテもし難い、
筋肉の鎧で骨や関節を守り難い
アマチュア、オジサンおばさんゴルファーの場合、
上半身をねじらず、
股関節を境目に 骨盤〜胴体ゴト 右を向いた方が
体も痛めにくい上に
スイング動作 の時間の中で
 ✋右股関節よりも 左股関節が低い時間を
 たくさん確保するコト が可能になります。


インパクト時の 前傾姿勢
➽具体的には 左股関節部での
 大腿骨と骨盤の傾き差 を
 維持したいと持っているゴルファーも多数います。
➽先日の記事でとりあげた
 ディッシュアングル (左腕とクラブの角度差)
 こちらも維持、意識しているゴルファーもたくさんいます。
✋運動が激しく、運動速度の速い
 ダウンスイング後半、インパクト前後で
 その双方を意識することは 非常に難解 です。
 不可能 と呼べるほどの領域です。
✊しかし、ねじりの少ない良質な右向き、
 胴体ゴト、骨盤の右向きが多くあれば
 その双方の問題は格段に解決し易くなります。





今更、になりますが
スイングの軌道と呼ばれるモノは斜めに傾いており、
ダウンスイングで 進行は 斜め下に向かい
フォローでは その進行は 斜め上に向かいます。
20191006_Moment(4)

出来るだけ それを からだの回転で というコトになると
その 斜め の源は 前傾姿勢
 股関節を境目にした、骨盤と大腿骨の角度差
 によるものです。

つまり 右向きのポイントは
胸とか肩が右を向く…たくさん右を向く
と言うよりも
いかに トップオブスイング以降、
切り返し、ダウンスイング以降
左股関節が右股関節よりも 低い時間を確保出来るか
左股関節の方が低いか というコトになります。
その為に 準備にあたる テークアウェイの時点で
右股関節の方が荼坿慇瓩茲蠅盥發ぞ態をつくり、
その状態がより長く維持されるように
 しておいた方がベターでしょう。


故に テークアウェイを
◔トップの形や、
◔テークアウェイの為に、
       するのではなく
ダウンスイング以降の その股関節の関係 
 それを考えて 形成すると良いと思います。

角度で言う何度 は 好き好き ですが
深い『骨盤の右向き』 
胴体の捻じりの少なさ 
 (肩周りの右向きと骨盤の右向き差の少なさ)

スイングの七癖を隠す ほど
 アマチュアにとっては 生涯の財産になります。


sample2018 (2)_Moment(2)

😢 捻転・・・ 捻じり と呼ばれる
肩と腰の向き差 ですが、
「からだがまわらない」 
とよく耳にしますが、
その部分は 意識的にねじり差を創るのは非常に難しいです。
ある意味 「まわらなくて当然」と言えば良いのか、
廻ってしまったら 痛めてしまう可能性や重大な故障
になる可能性すらあります。
からだの構造的に、
 率先的に 胴体を捩じるように出来ていませんし、
痛み が伴うので、拒否する気持ち、
怖い気持ちから逃れられないから です。
それに比べると 股関節 は可動域が格段に広く、
繰り返し慣れていけば 
 かなり 股関節の可動域は広げるコトが可能 
です。
私たちの年齢にとって 歩くコト や 姿勢やバランスを取るうえで
とても重要になる箇所で
可動域が広がることは ゴルフ以外にも大変役立ちます。




あまり 具体的な動作… の解説は好きではありませんが、
スイングではなく、下半身、足のドリル と言う意味で
 左足が 茲慮坿慇瓩
 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

今となっては
過去(おおよそ 5年から10年以上前)の流行り
では ありますが、
オンプレーンスイング なんて言うものがありました。

確かに スイングの『何か』を改善する には
役にたつコトもあるか、と思うのですが、
だいたいの場合、その真意よりも 見た目、視覚要素
の方が独り歩きしてしまいますから
その オンプレーンの軌道 の発想そのものが
手打ち、手振りを促進している
 ように思えます。

アバウト ですが、
スイング軌道論 や オンプレーンスイングは
自分のアドレスでの 前傾姿勢、前傾角度 を基準に
 クラブ軌道、グリップ軌道、ヘッド軌道
が 毎回バラバラにならず、
ある一定の似たような軌道になるコト を
目標にしている と思うのですが、
そこに 重要なポイントが欠けている、
味噌の入っていない味噌汁になっているような気がします。

2021-01-29_16-53-52_Moment(2)
アドレスを基準に
まあ だいたい世間様で
理想的? こんなもんかな
のトコロに線を引いてみました。

では 次にこれを見て下さい。
線はすべて ほぼ同じ角度 に引かれています。


2021-01-29_16-53-52_Moment(3)2021-01-29_16-53-52_Moment(4)2021-01-29_16-53-52_Moment(5)







からだ に対して どのラインを通るか、
肩より上なのか
肩より下なのか
脇腹なのか

なら 話しは多少分かるのですが、
この線に沿って、線さえなぞれば良いのであれば
もう コレって 手で作るしか方法はありません。

本来、高さ変化には多少参加していますが、
軌道 と呼ばれるモノの全般は
からだの向き の変化によって生まれるモノ です。
要するに からだの向きが変わるから
 ヘッドは移動する というコトです。
ですので、体のどこを通ったか、
からだとヘッドの通るラインの関係
を論じないと 元々の軌道の起源 が壊れてしまいます。

繰り返し 同じような軌道 道筋を通れば良い訳で
どのラインが良い とか よりも
軌道そのものが何によって生まれているか
の方が断然 重要…だと思うのですが…。




一般的には
グリップの通ったライン と同線上 をヘッドが通るが
「オン」プレーン と呼ばれるのだと思いますが、
クラブには長さがあり、その先端には重さ(ヘッド)が付いています。
ですので、
イメージやゆっくりしたスイング よりも
スピードの乗ったショットでは クラブやヘッドは重くなりますので
良いか、悪いか、
好きか、嫌いか、は別として
グリップの通るラインの同線上外側 を
ヘッドも通すのであれば
重くなることを加味し、
グリップの通るライン よりも少し上、
ヘッドを 少し上側を通す イメージを持っておかないと
『結果』として "オン" プレーン にはなりません。
2021-01-29_16-53-52_Moment

始めから "オン"プレーンを想定して
スイングをスタートすれば、
スピードが増し、ヘッドやクラブが重くなれば
グリップの通るラインよりも 一本以上、下の、
かなり寝たスイング軌道になってしまいます。




😓線をなぞることによって生まれる 手打ち、
😓運動が加わると、クラブやヘッドが重くなる、

 それによって スイング軌道が想定より寝るコト
それらが重なると
 いまの シャローウイングという奇妙な理論に
 行き着くのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットで
普通に考えれば
アドレス、インパクトのヘッドの位置 は
トップの位置よりも 低い位置にありますから、
その一番高い所から 低くなってきて
地面、もしくは地面付近にあるボールを打つのですから
上から打つ」なんて言葉は使われません。
誰が打ってもそうなる訳ですから…。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

ところが 本当の意味での
「上から打つ」を実行できている人は
とてもわずかで
その言葉に応じた 別な言葉で言えば
横から打つ」もしくは「下から打つ(しゃくる)」の
人が殆どです。
 

まず 
』から打つ の
本当に意味(古来からの意味)は
ヘッドが高い所から低いトコロに入ってきて打つ
風景に対する 上下 と言う意味ではなく、
からだの動きの中で
【右打ちの人】のダウンスイング→インパクト の期間
進行方向前部、前衛部に当たる
 左サイドが右サイドよりも 低い時期に
 インパクトに入る コト 
(インパクトする ではありません)
自分のからだに対して、もしくは からだの姿勢 を指します。
2020-10-19_21-38-40_Moment(2)

よって インパクトよりもはるか前に
からだが開いてしまう →左サイドがあがる ではなく
インパクトを体の正面、
 アソコ、腰、へそ、胸 の前でとらえる というコトです。


誤解を生むとイケマセンが、
インパクトを体の正面で は
からだの開きを我慢して、正面で頑張る と言う意味ではなく
自然な流れの中で ボールとからだ アソコ、腰、へそ、胸
が正対した時、インパクトになる、
向きが変わる流れの中で、正対するコト 自体が打つコト‼ です。
video_Momentvideo_Moment2video_Moment3







そして 上から打つ と言う言葉には 別な伏線があり、
トップ付近で
グリップも、ヘッドも おおよそ 一番高い位置
になりますが、
『ソコ』から打ち始めなさい ということもあります。
一番高い所「から」打ち始めなさい というコトですね。
多くの人は 一旦、どこかに下げ
そこから打ち始めるケースが多いです。
✋からだの回転、向きの変更と
 腕の上がり下がりが リンクしておらず、
 からだが回り始めて、
 インパクト付近で からだが止まってから
 腕を振り始める。
(訳) からだの回転は脚を含めた腰の回転で
 腰はボールと正対するトコロで止め、
 その反動も使いつつ、残りのからだと考えている
 肩周りを回転させる と言う二重の回転です。


これでは ヘッドやグリップを 一番高い所にした意味が
存分に発揮されず、位置エネルギーが十分使えません。


また 上から打つ の意味の中には
 スイングはかがんで構えているので誤解し易いですが、
ヘッドは始めからグリップよりも高いトコロ にあります。
テークアウェイを取り、グリップの位置自体が高くなったので
より ヘッドの高さが強調されただけで
グリップに対し、ヘッドを高低させた訳ではありません。
スイング ココを治そう❶_Moment

それは兎も角、
そのヘッドの方がグリップよりも高い位置にある、コト を
利用した方が ヘッドの重さや長さ というクラブの機能を
より発揮させ易い
と思うのですが、
近年では こういう そのヘッドが高くなった、
ヘッドがグリップよりも高い位置にある というのを
発揮させたく無い?
 と言うトップやテークアウェイの取り方も
往々にして見かけます。
謎のストーカースイング_Moment

重力を味方にせず、
クラブを横にだけ振ろう とすれが
ヘッドの重さやクラブの長さは
たんなる 負荷 でしかありません。


クラブやヘッドには 「重」心位置や「重」心高さなど
重さが基礎になるモノがたくさんあります。
どんなに軽い市販のヘッドであっても
そこに 特出した重さ は存在する訳で
単純な「重さ」が利用出来ないのに
それ以外の クラブの機能を使えるとは
とても思えないのですが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロフトを寝かしてしまう
それが判りやすいので、使っていないウエッヂを
折れるぎりぎりまで曲げて、実験してみた。

同じクラブ(この場合はウエッヂ)
同じ打ち手が、ほぼ似たようなヘッドスピードで
打撃して、このような差が起こる。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-26)スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)






スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)












上のショット(振り子式遠心力打法)は こちらのように
グリップエンドを支点に、腕を使って
俗にいう「開いて、閉じる」と言う手の返しで
シャフトと言うか、クラブを振ったもの
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)








下のショット(正規なショット)は、クラブ単体を動かさずに
それを持った人間の方が体の向きを変えて
クラブを動かした(移動させたもの)
スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)








動画より抽出した静止画なので、コマ割りというか
何分の何秒(1/250秒とか)は全く同じだと思う。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-26)スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)










似たような場所を並べると
左は「振り子式遠心力打法」右は「正規なショット」
同じロフトである筈なのに
打ちだしの角度、ボールのスピードは明らかに違う
似たようなヘッドの場所なのにもかかわらず
振り子…の方は殆どボールは距離(水平移動をしておらず)
フェースの後ろ(フェースを転がりぬけ)から
ボールが出たような恰好になっている。

スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)






コチラはさらに時間の進んだカット。
振り子式…の方は、やはり水平移動は殆どしておらず
このコマの中のカット、ボールのずれて見える量も少ない。

当り前だけれど、「振り子式遠心力打法」は
インパクトを基点にグリップを止める形になる
シャフトのしなり方も全く異なる。

シャフトをしならせて、しなり戻して使う
ということをこのショットのことを指すのだろう。

この手の映像で、ちゃんと理解しなければいけないのは
一見すると 手を止めて、ヘッドを行かせたショットの方が
ヘッドが出ている(フォローが出ているように)見えるが
実際には、ヘッドは急激に内側に切り込んでいるだけで
ボール(飛球線後方)から見ると(同時に撮影していれば)
明らかに、正規なショットの方が
ボールと平行に、飛球線に向かってヘッドが出ている。


シャフトを走らせる とは
ヘッドを抜いて、ボールをくぐらせることを指す。
今回は、極端にロフトの大きいクラブで実験したので
ここまであからさまに差が出る訳だが、
ロフトが存在する、という意味では、11度であっても
全く同じこと。

シャフトが走る と言う本当に意味は
クラブヘッドの重さが、グリップを押して
全体のスピードを押し上げることを指す。

グリップを止め、ヘッドがグリップを追い越す
という行為は、遠心力は握力との勝負になるし
ここまで動かしてきたエネルギーを腕、特に左腕
で受け止めることになるから、体力勝負になる。
グリップを止めることによる反動でヘッドを振れば
この実験で見たとおりの結果になるのである。

ミスショットの危険を内包しながら
ボールに高さとスピンを与えるだけ。
ここまで、強烈にスピンをかけてしまうと
ボールスピードが上がらないため、
ボールの初動としての打ち出し角度は上がるが
最高到達点としての高さは稼げず
ボールスピードの遅い、パラシュートを開いた飛び
になってしまう
スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)











批判、ではないが、遼君のドライバーショットは
振りごたえに対しては ボールスピードが極端に遅い
撮影する角度はあるだろうけれど、
このカットでそこにボールがあるのは
どうしても このショットをドライバーでやっているように
見えてならない。
これで、飛ばしているのだから、やはりプロというか
自分の身を削ってまでやっているのは、『流石』ではあるが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



握り、グリップにも関係しがち な
お話しになります。
アドレスから テークアウェイの初動、
そうですね、アドレス時の自分の見える範囲位
と考えて良いと思いますが 、
クラブヘッドのフェース とともに
自分の左手甲もずっと ボールに向けて置きたい
 です。

左手のグリップがフックが強い人には
始めから難題になりかも知れませんが…。

(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment


グリップの移動は
基本、からだの向きです。
が故に テークアウェイは
からだの向きと直結しますので
グリップは思っているよりも すぐにインに移動します。
これを 手さばきであげてしまうと
かなり早い段階から 左手の甲は空を向きたがります。

◉出来るだけ 早めにグリップのインへの移動
 と
◉左手の甲をボールに向けておく
 を
同時に達成するには
からだの向き、骨盤の向きによって
右を向き始める必要が生まれます。


また、これは ダウンでのインアウトの話しにも
絡んでくる部分ですが、
クラブは手よりも上に位置しています。
手の上で持っている(親指側)訳ですから
グリップの移動ラインよりも ヘッドは上を通る感じです。
(クラブ も 腕 も 振らないスイングを_Moment(2)

左手の甲を上に向けてしまうと
クラブは一度さがってしまい、
その分もあり テークアウェイ終盤、トップの位置付近で
たくさん上げなくてはならなくなりますから
動作自体も無駄が多いですし、変な加速も入りますので
制御し辛く、
シャフトクロスやオーバースイングの原因にも成り得ます。


そういう観点からすると
テークアウェイはもっと右手、右腕で行う意識
があっても良い気がします。

往々にして テークアウェイは左サイド、左腕主導と
考える人が多いようですが、
右腕の方が左腕よりも上 にある訳ですから
しっかり 右腕でクラブの重さを吊っておく
感じがあっても良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング軌道の問題は
その円弧を何で作っているか にあって、
軌道の道筋が 外から、なのか、内から、なのか
は 基本 弾道の方向を左右するだけ で
直接的には球筋とは関係ありません。
直接的には飛距離とも関係ありません。

問題と言う意味では
スイング軌道が 球筋を関係している
と考える方が 問題と言えます。


球筋と関係があるのは
どの軌道であっても その軌道に対する
ヘッドの向き、ロフトの状態
 であり、
それも やはり、軌道を何で作っているのか
の問題の方が深刻です。

飛距離は インパクトロフトと軌道の関係であって、
また クラブを動かす原動力が
 何かであるか は 運動の速度そのもの
 にも影響します。

軌道は ヘッドの向きやロフトの状態にも作用し、
かつ そのヘッドの向きやロフトの状態は
 軌道そのものにも相互影響を与えるから です。
小堀2020_Moment(2)小堀2020_Moment(3)小堀2020_Moment(4)








だから 俗に言う 開いて入り易い アウトサイドイン で
フェースターンで フェースを閉じると
軌道は それを行うよりも急激にインに入り込むが故に
アウトサイドイン迷宮は深まるだけ、です。

また 軌道そのものを手で振っているのに
アウトサイドインをインサイドから、に変えたとしても
より フェースやロフトは開くので
より強い、より激しい フェースターンが必要になるので
インサイド「アウト」にするのは 曲芸と言えるほど
物理的に難しくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

軌道があり フェースターンがあり
その双方が作用しあう訳で
フェースターンをすれば、自分の思い描く軌道は変わらず
そのフェースターン具合だけを調整 と言うわけには行かず
フェースターン具合は 常時、軌道に影響を与えます。


大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)









手で振っていても 尋常ならざる反復練習で
補うことは可能ですが、おじさんおばさんゴルファーには
それはかなり至難の業です。

ですので 
◉規則性の高い、円弧をからだの向きで作る、
◉円弧を作り出す要素を一つにする、

方法を進めているのであって
自分の運動神経や反復練習量に自信があるのであれば
どんな振り方、クラブの扱い方でも
 その動きの再現性を高めれば良いだけです。 


距離のメカニズム、球の曲がりのメカニズム を理解せず、
軌道のその道筋 と言う 亡霊のようなモノを信じて
追いかけている というのが 弾道を安定させない理由です。



からだの向きで 円弧を作るのであっても
ミスが無くなる、飛距離が伸びる と言う確約はありません。
それすらも 少なからずの反復練習が必要ですが、
その軌道に 軸が無い、 確定要素の少なすぎる
手で振る方法よりは遥かに確実性は高く、
からだの負担は遥かに少なくなる、のだけは確かです。


ゴルフは長きに渡って 楽しむ遊び なので
頻繁に細かな修正が必要になるのですが、
軌道がどこを通るかの論議を追いかけている限り
それは 蜃気楼のように 答えが見つかりません。
 ま、それも楽しいんですけどね…。

加齢とともに進む、からだの故障との競争に負けガチです。

始めはぼんやりしたモノ かも知れませんが、
どこに振るか、どこを通すか ではなく、
何が原動力でクラブが、ヘッドが移動するのか
 そこに着眼するようになる

スイング造りはかなり かなり明解になって来ます。

それには オーバースペックでないクラブも
 かなりのお手伝いになるコト でしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(片手での素振り と クラブの格納_Momen
(片手での素振り と クラブの格納_Moment









アドレス時に 目標があり、 その方向に構える。
それを ターゲットライン と呼びますが、
実際に打つ動作が始まると
その 初期ターゲットライン に対し、
単に 左に向かって振って(打って)しまう、
というのが 俗に言う アウトサイドイン です。

良い悪いの問題では無く、
初期のターゲットラインは願望 であり
無機質なボール にとっては
この方向に打たれた、この方向に振られた
(初期願望的ターゲットラインよりも左向き)
と言う認識になるでしょう。


行き着くところ
本当に問題なるのは
アウトサイドイン になるコト でも
インサイドアウト になるコト でも
軌道〜その道のりの問題 では 無い気がします。



一般的に言われる アウトサイドイン は
アドレス時の ターゲットライン を基準にして、
実際の打つ時は 「打ち遅れ」
ヘッドがそのターゲットラインより外から入ってきた、
ように見えますが、
単に 実質のターゲットラインが左になった だけ
左に向かって 振った/打った に過ぎません。

ですので 他人への見栄え は良くなくても
それが安定して 規則性を持って繰り返せる のならば
大きな問題では無い筈 です。
 1ff0dce21f52b653









アウトサイドイン、実際には左に向かって振っただけなのですが、
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
それは 打つ方向を決めるだけであって
その軌道通りであれば 少し左に飛ぶだけ で
ボールがスライスする
ボールがフックする
とは何ら関係がありません。

ボールの回転、横曲がり は
動いてきた軌道に対する フェースの向きやロフトの状態で

アウトサイドインでもフックもスライスも出ますし
インサイドアウトでもフックもスライスも出ます。



反復練習量や頻度で補い難いアマチュアゴルファーにとって、
一番の問題は 出来るだけシンプルな規則性 を作るコトです。
その軌道の道のり、道筋の問題では無く
その軌道、軌跡が何で作られているか というコトです。



本来、その軌道は
 からだ、骨盤から上の胴体の向きで決まります。
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)






からだの向きで 軌道を形成しても
 基準になっている 初期ターゲットライン に対しては
 アウトサイドインもインサイドアウトも発生しますが、
それは タイミングの問題であったり
ボールの置きどころ の問題になりますが、
球の飛び出る方向に影響するだけで
球の曲がり とは関係がありません。

からだ と ヘッドの相関関係には
大きな変化がないから です。

(東西アプローチ対決_Moment(東西アプローチ対決_Moment(2)








あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1








ところが 軌道を 手の振り、クラブの振り、
からだの向きと直接関係になく、肩から上で
円弧を形成する となると
その軌道に対する ヘッドの向きやロフトの状態 が
常に変化し続ける と言う事態が発生、新たに加わります。

ヘッドの向きやロフトの変化 手の振り は
からだの向きに対しても 相互に影響し合いますし、
軌道は平ら ではなく
登り も 下りも発生します。

からだの回転 で振れば
上から見た時の スイング一番ボール側に膨らんだ トコロ が
上下 と言う意味での 軌道の最下点 と近似値 になりますが、
手で円弧を形成した場合、
一番膨らむところが 最下点になる と言う可能性は
格段に下がってしまします。

よく言われる スイングの軸 と言う概念は
体のどこかの部分、どこかの箇所 が軸
 という場所を指しているのではなく、
回転、円弧 は 何で作られているか、
どの動作で作られているか を指しているのだと思います。




 。。。まあ だから 手で振らない方が良いよ という事なのですが…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターに限りませんが、
より良いパッティングをするのには
以下の点のご注意下さい。


/爾かがんで ボールに被るように構えない

×                   〇
IMG_0710_Slomo_Slomo_MomentIMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(4)
 






これには幾つか理由があります。

 ✊振り子のクラブを使うので
 ロフト変化、ヘッドの高さ変化が激しく
 安定した距離感が生み出しにくくなります。

 ✊ヘッドのある場所と 自分のヘッド(頭)が
 いつも反対に動くので
 スイングボトム・パッティングストロークボトムが
 アドレスよりも右にズレます。
 が、故に 長い距離でのダフリ であったり
 距離によって度合いは変わりますが、
 常時 上がり行程でのインパクトの為、
 薄いトップ気味の球になり易いです。

 👉トップショットは ショットの中で一番回転数が増えます。
 通常のパッティングでは 回転数は 300〜800回転
 1000回転以下のことが殆どですが、
 トップになると 打つ距離とあまり関係なく
 4000〜5000回転なんて言うのもザラ・・・。
 その分 エネルギーは食われ ボールは飛びません。
 ✊何も感じなければ良いですが、
 お家で、とか、パッティングの練習をそこそこする のであれば
 このかがみ方、前屈は 腰を痛める原因になります。
 ……私の年齢で 5分やれば もうしんどいです。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(3)






IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)







 ✊コースで 緊張感を生み出し易い ので
 避けた方が良いと思います。

 ✊この構えでは 距離感を生み出す、タッチの違いを生み出すのが
 首回りや背中の筋肉です。
 前傾して それでなくとも重い自分の体を支えるのに
 かなり使用している その筋肉が距離感の元 なのですから
 微妙な距離感は生み出しにくい と思います。


∀咾気个 肘さばきで打ってしまいましょう。

 肩を使う ショルダーストロークは
 肩であれば、結局 腕
 背中であれば 繊細な調整に不向き という あいまいな箇所が
 距離感を作るコトになります。

 故に ひじの曲げ伸ばしで
 〇右腕の肘の使い方や
 〇左腕の動かし方 で 距離感を造りましょう。

 ⚓カギになるのは
 右ひじの伸ばしと左手首(もしくは左ひじの逃げ)の関係です。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)







 ひじを伸ばし 右手が押すのは シャフトやクラブではなく
 クラブを持った左手、左手首を押すような感じ になります。

 よって 右ひじの伸び と 左手首の平側への折れ(左ひじの逃げ)
 がつながった関係になります。


 ヘッドの高さを大きく変えず
 フェースがずっと ボールを追いかけるような
 そんな感じになります。



このパッティングストロークは
そのまま ショットとつながっていきます。
両肩の揺さぶりでストロークする その感じは
スイングにとっては 手打ち です。
からだの回転 ではなく
体のひねり になってしまいますので
出来れば パッティングで
回転を体のひねり 肩のひねり と結びつけない方が良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



BlogPaint0-0763-1388
日本国内 で言うと
ほぼ100%に近い ゴルファーは
なぜか なぜなのか
 ✖右ひじを蕕錣腹に固定して
 ✖左腕だけでテークバックする
 ✖手打ちをしなければならない
 ✖手打ちをする為のテークバックを
 「これぞ ゴルフスイング!」
と信じて止みません。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

好き嫌い、個人の選択は別として
ベンホーガン式のテークバックを信仰(妄信)しています。
なぜなのか 今もって不明で、
体格も劣る、パワーがない日本人向き とは思い難いですが、
そうでない テークバックの取り方は全否定されてしまうほど です。

ここ とっても不思議 です。

そのテークバックで 距離等 結果に満足している人は
それでいいと思いますが、そうでない場合は
〇右ひじを体から離す
〇曲げた分 右ひじを高くする
〇曲げた分 外に張る

テークバックを強く強くお勧めします。
Jack's Basic theory_Moment

ボールを飛ばす、遠くに飛ばすには
スピードは速い、ヘッドスピードは高い方が良い のですが、
それには限界があります。
筋トレを続けても 維持するのがイッパイで
ヘッドスピードが上がる トコロまでは行き着きません。

となると そのヘッドスピードとヘッドの重さ という
ボールを打つ破壊力を どう ボールのスピードにするか
は ヘッドの入射角度も含めロフトの作り方 で決まってきます。

そうなると 何度も何度も書いてしつこいですが、
右向きと前傾姿勢 による
右向き時間  右が高く/左が低い
✋この時間帯を造る
✋この時間帯を長く取る
✋この時間帯を維持する

は とても有利、有効です。

それをするには 左腕だけ、とか 肩だけ入れる とか
ではなく、からだゴト、股関節を境に胴体ゴト右を向いて
 『前傾姿勢を維持+右を向く』 を造っておく
右ひじを外に張り、曲げた分高くする
ベンホーガン大好き派の嫌う「フライングエルボー」気味
な テークバックの方が断然有利 です。
スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)




その「フライングエルボー」気味のテークバックでの注意点は
右ひじが外に張る分、左腕を右に引いてしまっては意味がありません。
右ひじが曲がった分、高くなる ことによって
左腕、茱哀螢奪廚魃Δ妨討个此体の幅の中にグリップを収めておく
のが 「フライングエルボー」気味 の目的です。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)





ですので 左腕、と 左側帯(体の左サイド)のそっくり維持したまま
アドレス通りに、左腕と胸をくっつけないように
イメージの中では 右ひじをやや外に曲げる分、
実際にやる、やらないは別にして 左ひじも外に曲げる意識
を持った方が良いかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




これは流石に 夏、眩しい…かもねー。

IMG_1265
IMG_1264
IMG_1262
IMG_1261
IMG_1258
IMG_1257
IMG_1251
IMG_1266
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフ用語でよく使う  「アウトサイドイン」
ダメなスイングの表す代表的な用語 ですが、
  ・・・先日も書いていますが、
それは単に アドレス時の願望的基準値のターゲットラインがあり、
実際には体を開いて〜左に向き でインパクトを迎え、 
その意味不明な始めの基準線
の外から入ってきたように見えた に過ぎません。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-120161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)









治さなくてはいけないのは
✋体が開いた時、左を向いている時に インパクトを迎える
別な言い方をすると
✋ヘッドの時間と体の動作の時間が合っていない…
 体の時間に対し ヘッドが間に合わない原因を考える

というコトであって
ヘッドの、スイングの軌道の問題ではありません。

また 体が開くからダメ というコトで
体が開かないように『止めるコト』も問題解決になりませんし、
非常に体に危険なトライになってしまいます。


ですので ヘッドの時間と動作の時間 という点においては
何かの問題、課題はあっても
スイング軌道には問題がない可能性も少なくないのです。


体の回転通りにクラブを動かして
インパクト時が体が開いている ということは
アドレス基準線₍ターゲットライン₎に対しては外から入って見えます
でも それって スイング軌道と自分の動作の関係は合っているから、
間違っていない!からそうなるんです。
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1

にもかかわらず そのヘッド軌道を治してしまったら
スイング動作とヘッド軌道の関係は分離、別なものになってしまいます。

体が開いてインパクトしているにもかかわらず
アドレスのターゲットライン(単なる願望ラインに過ぎませんが)の
内側から入れてくれば フェースを開く〜ロフトを開かなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

しかも その軌道を判別できるのは
ダウンスイングの後半 インパクトの間際のところですから
直前まで ロフトを開いておかなくてはならなくなります。

ええええええええ
軌道の為に プッシュどスライスやシャンク 打つんですか?

そこから急激なフェースターンをすれば
当然安定し難いショットになりますし、
フェースターン・・・ ヘッドをたくさん、かつ素早く動かすのには
グリップの減速〜停止が必要ですから
より 一層 体の回転・体の動作とヘッドの移動、
ヘッドの軌道の関係性は希薄 というか
ここまで行くと もう全くないに等しくなります。


となると その本来手段であった スイング軌道 が
スイングの目的になってしまい
大事な ショットは二の次になってしまいます。

また 体の関係とスイング軌道の関係を断ち切ってしまっているので
単なる  手打ちスイング・手振りスイング をしなくてはなりません。
2276add6


私がゴルフを覚えている頃では
絶対してはいけない、出来れば避けたい スイングの類
だったのですが・・・・ 私が古いのか・・・ 今のゴルフ業界がおかしいのか・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コレについても
ゴルフをスタートした時点で、
軽いヘッド、軽く感じるヘッド(硬いシャフト)
硬いシャフト
 から 始まるコトが往々にしてあります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

多くの場合、そのクラブが 普通の成人男性向け
であったとしても、始めの内は それ相応な速度で動かすコトが
出来ませんから それはより顕著になったりします。

重めのヘッドや柔らかめのシャフトを打った直後、
かなりの差のある 軽めのヘッドか、硬めのシャフト で打つと
『届かない』 と強く感じられます。


今回は クラブの話し ではありません。
😢トップ 〜届かない
😢ダフリ 〜届き過ぎ

は その言葉のニュアンスから
ボールとヘッドの高さのズレ 上下のズレ 
 もしくは 左右のズレによる 最下点のズレ

 (主に この左右のズレの方ですが…)
 なのですが〜〜〜◉◉◉


✋こんな勘違い をしていませんか❓
✋こんな勘違い をしてきていませんか❓

特に ゴルフ開始初期、キツイクラブを使って
 届かなかった、トップした経験、
それを届かせるようにした イメージが スイングを形成している…
そんな可能性があります。

トップとダフリの『勘違い』_Moment
トップのミスは このように
ヘッドがボールの赤道より上に入ってしまい、
フェースではなく ソールで打ってしまう ような状態 で
(結果、としては 角である歯が当たる)
スイングが安定しない や ミスしてしまった、など
ヘッド、ではなく グリップの位置、もしくは通過ライン の
 上下の高さ、もしくは最下点を形成する左右のズレ
が 物理原因
 です。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

ですので グリップ(エンド)の位置 の
 上下のズレ、左右のズレ を調整すれば ミスは薄くなる、
もしくは ミスでなくなります。

ボールは球体ですので
ボールと地面の隙間 にヘッド(歯)を入れる のではなく
赤道と地面との間(約2cmの空間)に歯を入れられるよう、
次のショット、または練習で
グリップの 上下、もしくは 左右の調整/修正をすれば良いのです。

トップとダフリの『勘違い』_Moment(3)

ところが
 届かない からと言って、ヘッドでボールを探る、
 地面にあるボールを拾うような 動かし
 に変えてしまうケースが
 かなり見られます。

傍目から見ると 確かに ヘッドの軌跡、ヘッドの進行は
 円を描いています。
最下点 と言う言葉の通り、下がってきたヘッドは
 どこかで一番低くなり、すぐにまた上がっていきます。

✋その円弧は からだが向きを変えるから 生まれるモノで
 そこでヘッドを、クラブを、シャフトを振ってしまう、
 からだの回転でなく、クラブで円弧を描いてしまう と
 俗に言う
 手打ちの始まり になります。


何らかの理由で 届かずにトップしてしまったショットが
頻繁に訪れる場合、
通過するヘッドの位置を調整するため
グリップの通過ラインや通過点を
 からだの回転ともども 修正するコト がミスの修正で
届かないから と言って からだの回転と切り離し
 ヘッドを手で円弧を描いてしまえば
全く別なモノになってしまいます。

001002








からだの回転で行っていれば、流れの中で
グリップが移動し、下がっていけば、ヘッドも下がります。
グリップが移動し、上がっていけば ヘッドも上がります。
そのグリップの 通過ポイント、通過方法、通過タイミング
それらを修正するのが スイングの改善 な筈 ですが、
そこで ヘッドを、シャフトを、クラブを 振ってしまうと
グリップの移動とヘッドの移動、
からだの回転とヘッドの回転、
それぞれに規則性がなくなってしまいます。

スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
また からだの回転での円弧 ではなく
シャフト・クラブを振ってしまう 打撃では
ヘッドを下げれば、その構造から
クラブ自体をそのまま 移動させるよりも
クラブを振った方向に より重さが掛かります。
ですので ボールを拾おうとした、届かせようとした
 そのクラブの動きが必要以上に
グリップやヘッド、打ち手である自分自身すらも
下がってしまい 届かせようとしたが故に
届き過ぎてしまった も大いにあり得る訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでは
テークアウェイの右向きと同時進行し、
胴体の右向きを促進させる為にも
 右ひじは外目に張る(クランチ)感じで
テークアウェイを取ってみましょう、と推奨しています。
2020-12-26_13-52-13_Moment

右ひじを外目に張る は
ひじが外目 になるのであって
手 グリップ部を外目(この場合は右め)に出す、
右腕を使って 左グリップを横に引っ張る、
と言う意味ではありません。


c1fa68b7-s

理想的に言えば、グリップはからだの幅の中
右ひじが曲がり、右腕が短くなることで
右に左グリップを引き寄せないようにしたいです。


右ひじが、右腕が曲がることによって
左上腕が横、ではなく、縦に上がる
は 胴体がしっかり右を向いている証でもあります。

video_Moment(2)
 ↑↑↑ これでは、グリップを右に引き寄せてしまっている、
つまり 胴体の右向きが無く、
右腕を短くすることによって 手だけでクラブを上げている
コトになってしまいます。

また 左腕があがっていないので
この後、「左腕を上げる」という 余計な動作が入り、
シャフトクラスやオーバースイング、
ダウンスイングのからだの大きな動作が始まったら
絶対に動かせない 余計な腕の動作が一つ入ってしまいます。


MVI_0873 (2)(2)_Moment


多少なりとも 慣れ は必要ですが、   …繰り返しますが
🔴右腕が曲がることによって 左上腕が上がる が
右腕の曲がり、左上腕の上がり が
 からだの向きと連携して 一つの動作
 にしておく必要があります。

右ひじの曲がりと左上腕の上がり はつながっていますから
比較的簡単に可能ですが、
それに 胴体の右向きが付いていないと
グリップが単に右に引き寄せられるだけ
 逆に、からだ自体の右向き不足を誘発します。

右ひじを後方に引く感じ、にはなりますが、
それと連携して 右お尻の位置も動かしておく感じです。
左右 と言う意味で 右の肘とお尻の相対関係は変わらない
そういう感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング論で よく腕と胸で作る
 三角形(トライアングル)をどうするか?

と言う話が出てきます。
2020-12-26_13-52-13_Moment
アドレス時、二等辺三角形 になっている
 この「形」を変えない。。。 なんてのも聞きますが、
どちらかの腕(肘)を曲げる限り、それは成り立ちません。


ダウンスイング初動で 左腕を降ろそう をモットーに
考えると この三角形の面 と 体の関係 を
ひねらないコトが肝心になるかと思います。

テークアウェイにおいて
右ひじが曲がる分、左上腕は上がる訳ですが、
この三角形を体に対し ひねってしまうと
ダウンスイング時 上がった左上腕、高くなった左ひじ を
元の状態に戻し難くなります。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


2020-10-19_21-38-40_Momentダウンスイングで左上腕を下げるコト のポイントは
その動き が からだの回転とつながり
左サイドが低い時間 〜右を向いている時間を確保、
からだを無理に止めたりするコト無く
左サイドの低い時間 〜右を向いている時間を長く取りたい訳
です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)ですので。。。
良くありがちな 左腕だけ 動かして
右ひじの曲がりと左上腕の上りがリンクしない形 で
上げてしまうと
まあ だいたい体はひねられ
へそから上だけを右に向ける
偽装の右向きなのですが。。。
2020-10-19_21-38-40_Moment(6)トップ付近での姿勢が 左肩の方が右肩よりも高いような
ダウンスイングで 左サイドの方が低くなる姿勢になり難い、
まず ならない姿勢で始めるコトになります。

背骨には 綺麗に横回転する機能、関節がありませんから
胴体をひねる というのは そういうことにならざるを得ません。

この三角形の面と体の関係
この三角形の面と胸の関係
これをひねった関係にしないのには
上がる時も下げる時も
右ひじの曲がり、外への張り と 左上腕の上がり
が 一つのモノ と考えた方が良いでしょう。


手で上がるお約束のパターンは
ararara_Moment左肩や左腕がからだの右にグリップを押す ので
右腕が左腕にかぶられてしまったり、
長く使った左腕に対し、右腕を短くしなければならない、
と言うだけで 右ひじが曲がる、
右ひじが曲がることに機能を持たせていません。
これでは 折角の利き腕である右腕を使えません。

sample2018 (2)_Moment(2)アプローチや素振り あたりから始めると良いと思いますが、
この面と胸とを出来るだけ ひねらず
🔴右を向く 胴体、へそ、骨盤、アソコを右に向ける、
🔴右ひじをやや外目、やや高めに張る
🔴左上腕が上がる

この3つの動きを一つのユニット として トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイングの右向き時間の維持、確保
の為には 切り返しからの
「回転に左腕の下がり
左上腕の下がりが伴わない」
と難しくなります。

からだの回転を
胴体のひねり で行おうが、
股関節を境目にした 胴体一体で行おうが、
 からだを廻すゴルフの行為の中では
基本、
🔴右向きは 左サイドの方が低く(右サイドの比べ)
🔴左向きは 右サイドの方が(左サイドに比べ)高くなります。

同じコトですが、
右サイドの方が高ければ 右向きの時間で、
左サイドが高くなれば 右向きの時間では居られません。 

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)





・・・・と考えると
左上腕、左腕が下がり易い条件が揃っている方が
右向きは確保し易い
、のだから

,靴覆蕕擦覆韻譴仍箸┐覆い茲Δ聞鼎気離轡礇侫箸
ヘッドの感じられない、遅らせないと使えないような
シャフトは避けた方が良いでしょうね。


⊆,法,匹Ε董璽アウェイ を取って
 どんな トップへ行けば 左上腕が下がり易い か
 自ずと答えは出てきます。


トップ付近で クラブの重さが 左腕、左ひじ に
 かかるような位置であれば その重さによって
 左上腕の下がりが誘発されます。


 左上腕を下げないと からだが開き易くなるのですから
 テークアウェイで 不必要に、必要以上に
 左腕を振る、上げる のはNGってコトになりますね。スイング ココを治そう❶_Moment
 右ひじに左ひじが被る(上回る)テークアウェイでは
 左上腕下げ難くなりますし、
 クラブの重さが左ひじにかかって来ませんから
 二重の意味でマイナスです。




 胴体をひねって 骨盤を右に向けず
 肩回り、腕周りだけで テークアウェイを取ると
 ダウンスイングの早い段階で からだが開くのは
 ほぼ 確実というコトに成り得ますね。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

 まあ…一般的と言えば、一般的なんですが、
 上に伸び上がりながら からだを止めて
 無理やり 正面を作る って言う
 何とも言えない 技術 ってのもあるでしょうけど…。
 からだには良くなさそうな匂いが強くしますよね。
 上手に手を返す、ヘッドを返す ッテコトは
 それをする為の 土台である体は止める ッテコトになり、
 当然、伸び上がりながらのインパクトは必須になるのです。

 それらをひっくるめて テイクアウェイの取り方 。。。
 何をするためにテイクアウェイするのか という
 目的というか、経緯を考えて 初動を始めるか で
 だいたいのコトは決まってくると考えて良いでしょうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイングでの
 左上腕(右打ち)の降り/下がり が
からだの周り方に大きく影響
 を及ぼします。

意識、として 同じような回転をしていても
 左上腕が下がらないと
切り返しから 間髪入れず
 からだは開き始め易くなります。


理想的な流れ で言うと
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)
.▲疋譽后\橘霧き
▲董璽アウェイ 行きの右向き過程
➂トップ  右向き
ぅ瀬Ε鵝ゝ△蠅留Ωき過程

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
ゥぅ鵐僖ト だいたい正面
➅フォロー 左向き過程
Д侫ニッシュ 左向き

アバウトですが、こういう風になりたいです。

ところが 切り返し、ダウンで
左上腕が降りない/下がらない、
からだの回転に腕の上下が伴わない、 と
.▲疋譽后\橘霧き
▲董璽アウェイ 行きの右向き過程
置き去りくん1_Moment➂トップ  右向き
ぅ瀬Ε鵝 ̄Ωきの状態から いきなり左向き
ゥぅ鵐僖ト からだを止め 左サイドを上に突っ張って我慢
➅フォロー からだを止め 腕周り、クラブ廻りだけ動かす

Д侫ニッシュ 左向き 
と ショットで一番肝心な 打撃付近が大きく異なってきます。


ダウンで左上腕を降ろす/下げるか、降ろさない/下げないか で
腕やクラブの重さのかかり方を大きく異なり
下げれば 腕やクラブの重さによって
 左サイドが下がる、下がらないにしても
 上がるコトの抑制、低くなるよう促されます
 が
下げないと 腕やクラブの重さは 遅れ と言う形で
右サイドの残るので 腕も含めた右サイド全般 にかかり、
その影響によって
 △右サイドが下がり易く、左サイドが上がり易く
それが 無意識なからだの開き
 になっていきます。

全員、とは言いませんが、
スライスで悩む方、こすり球で悩む方の
多くの 典型的な姿勢 に行き着いていきます。


2020-10-19_21-38-40_Moment(3)

ダウンスイング、切り返し で
 左上腕を降ろすか/下げるか 降ろさないか で
全てが解決する訳ではありませんが、
少なくとも ダウンスイングで
 からだが右向きの戻りの時間を確保出来
 からだが開き難くなるのは確かです。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

また ボールを上から打つ は
右サイドよりも 左サイドが低い時間帯に
インパクトに入る、インパクトの近くまでくる

ですので 上から打ちたいならば 必須条件とも言えます。

理屈 で言うのならば
アドレス〜インパクト この時間帯は
正面よりも右を向いている時間帯 です。
即ち それは 右サイドよりも左サイドの方が低い時間帯で、2020-10-19_21-38-40_Moment(6)
俗に言う ロフトが寝る、シャフトが寝る は
こと グリップや両肘の関係で見ると それとは逆に
左サイドの方が右サイドよりも高くなっているコトを
指しますので どこか で からだの回転と腕の関係が
途切れてしまっている というコトになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは 体の右側にあれば
最大の重さになります。
勿論 左側に有っても 重くはなります。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











しかし、これから 自分が左方向へ
動きたい、動かしたい場合
左側にあれば クラブは殆ど重量が無くなる
と言って良いのかも知れませんし
その重さによって、動作自体も促進され
だいぶ、楽になると思います。
そこを ダウンスウィング と言いますよね。

ゴルフスウィングには クラブを無理やり
自分の左に置かなくとも、実質的に
それを同じになる 場面〜瞬間が存在します。


何故ならば、スウィング動作には
前傾姿勢と言う傾きがあり、
それに加え、向き と言うのがあるからです。

右を向いていて、体の左サイドの方が
低い状態であれば、正規のクラブ位置で
自分に対しては 真ん中からやや右にあるクラブも
その方向きのお蔭で 重力的には
左に置かれているのと 似た関係になる瞬間が
ある筈です。

その機会を逃してはイケマセン。
video_Moment(インから振るのがすべて!じゃない_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)










体だけを先にシフトさせたり、回してしまったり
すれば、せっかく重力的に左に位置しているクラブも
いきなり 右に追いやられてしまいます。

次の動作 と言う意味では
最高に軽く、促進もされ 動かしやすい 瞬間を
逃して クラブや腕を置き去りにして
体を動かしてしまうと
次の瞬間には
次の動作に対し、最大に重いモノに
変ってしまいますし
必ず 傾きや向きの変更も その複雑な
重さのベクトル性によって 複雑な立体へと
化してしまうので、 一言で言えば
天国と地獄の境目 と言うコトです。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

クラブヘッドの重心位置が
シャフトの延長線上にない、重心位置 や
重心距離が存在するのも
次の動作が簡単に出来る状態で
左肘やクラブヘッド〜クラブを動かし始めれば
その重さも形状も 打つ、効率よく、安定して
打つと言うことには最大の恩恵をもたらすのに
その瞬間を失った時点で
最大の負荷 に変わってしまいます。

シフトによる自然な体の向きの解け
によって クラブを出してくると
腕周り、腕力には 殆どナンの負荷も掛かりません。

いままで 体を正面に向けてから
腕力だけで クラブを出してきている多くのゴルファーには
その 無力感が耐えられないのかも知れません。

正直、そこには 何の充実感も
打撃感もありません もの。。。
スナップショット 2 (2012-10-29 14-23)
逆に クラブ形状を伴う その重さによって
スタートしたり、動いたりするので
ダウンスウィング中のクラブの重みは
殆ど ゼロになる
 と言っても決して過言では
無いと思います。

また クラブヘッドやクラブの重み
それだけでなく 腕の重さによって発生する
引力落下の力と言うか、スピードも
ある種 ヘッドスピードに加わってくるので
自分が加速する感じ…スピードを加える感じは
あまりしないのも有りますね。

どちらかと言うと、トップの位置から
インパクトまで 落下による直線〜〜〜〜
みたいな感じなので 非常に短時間
殆ど時間は有りませんから、余計なコトを
している暇など一切ない、寄り道なんかできません。
自由落下に付いていくのが 精一杯
そんな感じの方が強いでしょうか。

重さ感も無く、充実感もない
飛びそうもない感じがするんですよね、きっと。

そこは 頭と勇気で乗り越えて欲しいですけど
クラブを重心位置に従って 左に落とすのと
体の右に落とすのでは ロフトにはものすごく
大きな差が生まれます。
右に落とす限り、打ち手の運動性能による
疑似的な、偶然的なつかまり しか体験出来ませんし
必ず 重力に逆らいながらのスピードが必要に
なります。

クラブヘッドの重さが重力方向に落ちる
と言うスピードや破壊力も ボールを打つことに使えません。

落としてから ボールを的確に打つ
と言う動作と言うか、修正も必ず必要で
それは インパクト直前〜ダウンスウィングの後半
という 一番忙しい難しい時間帯です。

左に行くか
右に行くか

これによって 天国と地獄
クラブで打つか、運動性能で打つか
に真っ二つに分かれます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


切り返し ダウンスイング始動に
 左腕上腕が下がる(降りる)コト
ココから 打撃は始まる と言っても
決して過言ではありません。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)






からだの向きと左腕(右打ち)の関係は
常に一定、

右向きの「行き」は上がり 〜テークアウェイ
右向きの「帰り」は下がり 〜ダウンスイング
左向きの「行き」は上がり 〜フォロー
からだと進行方向前の上腕の関係はつながっていて
常時、一緒に動き続ける 
これが スイング基本と言っても良いでしょう。


必ず 廻る に 上がる下がる
 が付いて回る と考えましょう。


✋廻るだけ、上げるだけ、下げるだけ は
 それそのものが 打ち遅れを生みます。


全員、絶対とは言いませんが、
スイングの悩みを抱える人の多くが
ダウンスイングで左腕、
 左グリップの方が分かり易い かもですが
✖左グリップの位置が低くなっても
 左グリップ(左上腕)が下がりません。 
 (動作 で言うのなら 降りません)

ハンドターン


🔴左上腕が下がるから回転が始まるのか
🔴回転が始まるのか左上腕が下がるのか

覚えて来たスイングタイプによって異なりますが、
多くは 左上腕が下がるから、向きが変わり始める
と考えた方が、その順番を意識した方が良いでしょう。



これは同時に
 クラブのスペックとも関係してきます。
一般的には
 意図的に シャフトはしならせないといけない
 シャフトをしならせて、しなり戻さないといけない

と考えられていますが、
意図的にシャフトをしならせる、しなる戻す
そのどちらかも 支点部になるグリップは
位置を固定して、言うなれば シャフトに引っ張られる
グリップを支点に ヘッドを動かす為に シャフトを使います。

しかし、意図的にはしならせる必要に無い シャフトの硬さ
であれば、自然に発生したシャフトの「たわみ」 や
しならせようとしなかった そのクラブの位置 によって
切り返しは シャフトが、クラブの重さがグリップを押そう、
打撃方向に押すように誘います。
 ✋✋この違い、シャフトの機能が反対ですから かなり大きいです。
ですので 好みを除けば、
切り返し時に グリップが押されない、
シャフトやクラブの重みによって グリップが押されない
🔴左腕を誘発的に下げられないスペックはNG
オーバースペック
と判断しても良いでしょう。
確かに クラブを選ぶ鍵 になりますが、
多くのクラブは 見栄とツッパリで選ばれる方が多い^^です。


downswing
また 見た目だけのトリックのように見えますが、
〆絃縅咫丙犬劼検砲降りる 回転 と
∈絃縅咾降りず グリップが低くなる
  には
スイングの悩みにつながる 大きな違い があります。

〆絃縅咾降りる/下がる 回転、ダウンスイング

 その時間が言葉の通り 左サイドが下がっていく ような
 時間帯  つまり 正面へ向けての右向きの時間
 です。

ところが
∈絃縅咾蝋澆蠅此▲哀螢奪廚低くなる 回転 

 IMG703グリップを低くする行為を 左サイドの上げる行為、
 右サイドを下げる行為で 代替え します。
 つまり その行為そのものが からだを開く ソノモノと言え、
 無意識ではありますが 正面へ向けての右向きの時間はすぐ消失し、
 いきなり 体の左向きの時間にはいってしまいます。



ですので 切り返し、ダウンスイングの始動で
 
左上腕が下がるか、下がらないか、
 
からだの回転に 左上腕の上げ下げ がくっ付いているか
が 右向きの時間の確保 につながってきます。
切り返して 限度はありますが、
左上腕が降りるか、どうか
が 右向きの時間の確保 
になってきます。

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)




インパクトはからだの正面で!
 と言う言葉があり、それを意識するのはどうなのか
 言及し辛いトコロではありますが、
 自然な流れで
 右向きから 正面を介して 左向きになっていく
 その正面あたりに 
「結果として」 インパクトがあるのか、
 切り返してから すぐにからだは開こうとするが
 左サイドを上方に突っ張らかって
 向きの正面を無理やり維持するのか
 では
かなり大きな違いだと思います。
字面を見ても 故障の多そうなのがどちらか明白です。


昨日も書きましたが
スライスに悩み、
からだが開いてしまう から、それが原因と
どんどん からだを止め
からだが開かないよう、左サイドを上に突っ張る動き
をしちゃう人がいると思うと… なんだかな って感じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全員に当てはまる とは限りませんが、
 かなりの人にとって 参考になると思います。


いろいろ実験してみて
 多くの事実が隠れています。

まずは 動画をご覧ください。 



ショットとも、アプローチとも言えない
単に ソコの部分だけを抽出して やってみました。

片方は ダウンスイング/切り返し で
🔴積極的に 左腕、左上腕、もしくは左ひじを 下げる
 上げた左上腕を元の高さに戻す


これをスイッチに からだを廻す 感じ。
ヘッドの重さ分、遅れるコトを見越し
先に左腕を下げる を 廻ることとつなげている感じ、です。


一方は 意図的に 左腕を下げず
 単に体を廻すだけ
どちらか というと からだの回転で
腕やクラブを引きずる、というか 引っ張る感じなります。
(下げないと こんなにも違う_Moment

後から動画を見てみると
 左グリップは 低くなりましたが、
 下げている訳ではなく

 無理やり解説するのであれば
 進行方向、回転方向の前方にある
 左腕、左サイドが詰まっている、
 渋滞しているので
 回転が上手く行かず 右サイドが潜り込んでいます。
 (意識としてはやっていません)
 その分、シャフトも寝て、
 ハーフダウンのあたりではフェースも開いているように見えます。



かなりの差が出るのが
インパクト付近の『からだの開き具合』ですね。
ココの部分は
 全くの無意識です。
(下げないと こんなにも違う_Moment(2)

どちらも 空振りする訳には行かないので
本能的に からだが修正をかけたんだと思いますが、
右サイドが潜り込む分、
 左サイドは上に逃げざるを得ず
その結果、として からだの開き になるのでしょう。

つまり 左腕の下がりは 右向きの時間の延長 というか
右向きの時間の長さ を保つコト になります。

左サイド、左腕の付け根は
 上方にボールから離れますので
 どこかで止めないと ボールに届かなくなります。
 これって 間違った意味の左サイドの壁 かな?
 なんて思ったりします。


気になるのは アウトサイドイン等で
 インパクトのからだの開きが気になる人が
 間違った形で修正する可能性が秘めている というコトですね。
アウトサイドイン なので インから入れたい
 …より左腕を動かそうとしないお陰で
 よりからだが開いたりします。
 それを無理やり 止めようとしたら からだ痛めます。


左腕の下げ、
からだの回転と腕の下がりのリンク、
意識としては 重さも利用しつつ
左腕が下がるコトが回転のスイッチ、
最終的には一つの行為 になりますが、
積極的? 自発的な左腕の降り は必要だと思います。
。。。もしかすると
 ダウンスイングの 回転は
 回転そのもの…ではなく、その名称の通り
 左腕の下がり のコト を指すのかもしれません。

アプローチなどでトライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショット で
 是非 覚えて頂きたいのが
ショットの基礎 となる からだの回し方 です。

動作 にですので
 コレを言語化するのは非常に難しく
伝わりにくいモノになりがち ではありますが、
その からだの回し方 を
 クラブのメカニズム から追いかけてみましょう。

まずは アプローチで言うところの 『距離感』
 は ヘッドスピード ではなく、
 クラブの振り でもなく
 腕の振り でもなく

⇒ 
からだを回転させる 動作速度 です。





この 『からだ』 というのがどこを指すのか
ゴルフスイングにとっては厄介ですが、
ロフトというコトを考えると 自ずと答えが出てきます。

クラブを振る、腕を振る、
 では 例え その速度が上がったとしても
 同時に ロフトが増えたり
 ヘッドの入射軌道が上向きになったりし
 折角、速度をあげているのに
 それが距離に反映されません。

アプローチにおいては 「わざと」
そうやって打つコトもない(ポッコン) とは言えませんが、
通常のショットのコトを考えると それは避けたいトコロ。
 😢 振っているのに飛ばない のは辛いですね。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






足でからだをまわそう とすると
 胴体はねじれてしまいます。
胴体を捩じると 腕の長さの関係 が合わなくなります。
足は からだ〜胴体をまわす、胴体の向きを変えるための
軸足を作るためのモノで
足を使って からだを回さない とは言いませんが、
向きを変えるための軸足作り ではあっても
廻るコトそのものを足でやるのは ゴルフ向きではないでしょう。

胴体をねじらない で 廻す、向きを変える 感覚は
人によって異なるかも知れませんが、
腰回りと同期して 肩を動かす でも
腰回りと同期して 腕を移動させる でも
どちらでも良く、ようは 胴体が一つのユニットになって
向きを変えられるのであればOKです。


胴体の向きを変えれば 腕も振られるように見えますし、
クラブも振られるように見えますが、
ロフトや入射角度が変化してしまうような
クラブの振り、腕の振りは 距離のロスやミスにつながりますし
胴体をひねる 捻じる は 痛みの原因、
 若者と呼べない年齢の人にはお薦めできません。


胴体の向きの変更、からだの周り、回転に対し
クラブヘッドは遅れます。
どうしても 取り戻したくなる気持ちは分かるのですが、
勇気をもって 遅れっ放し で どう打つか、
動作の加速に対し、徐々に遅れる、
徐々に自分にまとわりつこうとするゴルフクラブを
 どう フェースの下向きに変えるか は
腕の作業ではなく、腕の付け根の、からだの姿勢次第です。

アプローチの距離感 ⇒ からだの回し具合 は
 そのまま 飛ばすためのからだ使い、クラブ使いにつながります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットの醍醐味、である
ドライバーの悩みと言うのは尽きないモノです。
445tl

クラブ、で言えば
 ドライバー単品を悩まれる方は多いですが、
アイアンも、ですが、ウエッジの影響は
実はかなり大きい
ですね。

現在、主流になっている
 軽量ヘッド装着の軽量スチールシャフトのウエッジ
なんですが・・・
ロフトの大きなウエッジとは言え
ゴルフのショットにおいて
 ボールを上げる、高さを出す
というのは 実は一番の難題
なんです。

ロフトがあるから 上がるじゃん!
 とは言うものの、
ボールを上げる 一番の要素 はヘッドスピードです。
ところが ウエッジは加減して使うコトが多いですから
 ソコはロフトが助けてくれる 筈 なのですが、
まず ヘッドスピードの代わりになるべくの
 ヘッドの重さが軽量です。
10109_169290996560973_105906599_n

次に シャフトの硬さ の問題 です。
 シャフトは 本来、ヘッドの形状の意味 も含め
 ヘッドの重み を使って
 打ち手のグリップを先行させる為、
 グリップを押す、先送りする役割があります。
ある程度の、シャフトの柔らかさ であれば
 グリップは押されますので
 インパクトポイントは 飛球線、
 右打ちの人であれば 左に押されます。
コレ、同じヘッド、同じヘッドの重量 で
 シャフトの硬さが違う 2本のクラブを打てば
 体感出来るコト、です。

ダフリ、トップ、チョロ も概ね似た原因で起こるのですが、
多くの方は ダフリ〜トップ は
 
インパクトに対し ヘッドの上下の高さのズレ 
 ミスの原因と思っています。
しかし、実際には
 
インパクトが先にあるか、左にあるか、右にあるか、が問題で
例えば 通常打つよりも
 10cmも茲法△發靴は蕕法.棔璽襪鮹屬い浸、
届かない?届きすぎる? という事はなんとなくわかると思います。
特に 今のように 気温が低い中 プレーする場合、
 ボールの位置を置き換えている人も居る筈です。
👀右に置いて………そして低温下でプレー となると
  シャンクは付いて回るでしょうね。

硬いシャフトはグリップが押されません。
その押すネタ元のヘッド重量も 軽い ですからね…。
ですので ウエッジに限らず、
 ドライバーに比べ、アイアンは 10cmも、20cmも
 蕁中に置いて打っている訳です。
そのボールの置き位置の差が大きい程、
 そのまま 双方のシャフトの硬さの差 と言えます。
IMG_1632_Moment(2)


硬いシャフト に軽いヘッド ですと
グリップは押されませんから
 インパクトポイントはどうしても 藉鵑蠅砲覆蠅ち ですが
それでも届きませんから ヘッドを振らざるを得ません。

ヘッドを振れば、ロフトは増えますが、
入射は緩くなりますので
 上がるだけの ポッコン としたショットになります。

ヘッドスピードにもよりますが、
 初っ端が上に向かうだけの スピン少な目の緩いショットです。

 それをそのまま
 今度はシャフトの柔らかいドライバー で行えば
上手く行き難いでしょうねー。
シャフトに押されて インパクトポイントを左に!
 と言う習慣がありませんから
✊シャフトはヘッドを動かすモノ と言う観念 と
 シャフトはグリップを動かすモノ と言う観念は
 似ているようで 大きな違いです。
シャフトの柔らかさが単に ヘッドの遅れになるだけ です。
 ロフトの立ったドライバーで ポッコンショット を
 打つコトになってしまいます。
 機能上、ボールの上がらなさ が距離につながるドライバーを
 ボールが上がる打ち方 で行ってしまえば
 打ち出しが高いだけでなく
 今度はスピードもあるので スピン過多 にもなりかねません。
 また ヘッドスピードの速くない方にとっては
 そのショットは
 ボールに打撃のエネルギーが伝わらず ←こすってしまうので
 逆に上がり切らず 伸びきらない球になったり、します。
5a0eeaec

😢また シャフトを振ろうとすれば
 遅れ は ロフトだけでなく、フェースの開き にも
 なりますから スライス〜こすり球になってしまう・・・
 のは ウエッジ、もしくはアイアンショットから来ている可能性
 は決して低くないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ