店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」