パッティングには こんなデータもあります。

PGAプロのストロークを調査、すると
平均して 3.5度の入射角度
 上から ってことですね、
 
✋これはあくまでも参考データ…ですが、
 入射角度3.5度は LPGA選手の 7番ウッド の
 入射角度に相当します。
IMG_1386

あくまでも平均値、ですが
 パター、用具の方ですね の
👉平均的なロフト が 4度 
 合点がいく部分が多いです。

4度のロフト角度が備わっているパターを
 4度弱の入射角度(進入角度)で使う
 というコトは 実インパクト時は
 おおよそ 0度のロフトで打つコト になります。


先日の 転がり の話しの延長で
 打つ距離 に対して 出来るだけ少ない回転で済む
 転がりが ボールの減速の緩く、
 芝や傾斜などの影響も薄く、
 思った通りのラインに乗り易い
と言う話を合致していると思います。


弊社の ブリストルパター や デール9を使ったお客様の感想に
〇今までよりも ラインが、ボールの転がりが
 より直線的になる、曲がりが少ない、
〇出球のボールが速くないのに 遠くに到達する
 ゆっくり転がるのに カップまで届く

と言うのが少なくないのですが、
まさに 良い転がり を体験されているのだと思います。
L型ブリストルパター_Moment(2)

シャフトの柔らかさ は ヘッドの入射角度を作りだしますので
シャフトをしなり戻して弾く ではなく
しなり戻る前に当てる、しなり戻りが起こらないように動かす、
のが 良いかと思います。

逆に パターの転がりが 伸びない、減速する、
カップ際で曲がりが大きい で悩む方は
出来るだけ 重めのヘッド、柔らかめのシャフト、
重心が高め、浅め のモノ に換えてみるといいのでは❓
IMG_1425

流行り…の 大きなサイズのマレットパターは
 重心が深くなっているので
 フォローが出易い 👉ヘッドが前に出易い
 のが 売り です✋✋✋ それが故に
 ヘッドの入射角度が緩く、ロフトが付いてしまう、
 アッパー気味に入ってしまう、
 歯気味で打ってしまう、
 コトになり易いですから ご注意を😵
 慣性モーメント…ミスヒットに対する耐性は
 ヘッド重量が軽いので 見た目ほどありません。