テークアウェイで 蕕鮓く というコトは

右脚を軸足にする、というコトですので
この場合、右の股関節に体の重さを預ける
(全部じゃなく適度に…ですけど)
というコトになりますが、
その右の股関節は アドレスに比べ
アドレス時で言う背後、後方に逃げますので
実際にはしなくとも、イメージだけ ですが
もしも 体重移動を意識的に行うのだとしたら
アドレス時の左右方向ではなく、背後方向 と言う可能性も
否定しきれません。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

✅私個人は かなりその意識はあります。


『右を向いた時の』右の股関節に乗る は

『アドレス時の』右の股関節に乗る とは異なりますので
少なくとも 右の股関節よりも背後に なにがしかの重さ
が無いと 乗り切れません。

実際には カラダが右を向くから 右に体重が乗る
のであって、アドレス時を基準に大きく右に重さを移す必要は
無いとは思いますが、これも取捨選択の一部になると思いますが、
もしも 意識的に体重を移すのであれば
アドレス時の左右ではなく
アドレス時の前後(ボール/背後)『気味

のような気がしてなりません。



例えば、、ですが、テークアウェイの右向きは
主に 脚、両脚主導かもしれませんが、
右の肘、右の上腕を使うコトによって
その方向を誘導し、右サイドが十分に動き
右の股関節に乗る と言う方法もあると思います。


傾きがあるとは言え
からだの向きを変える というのは
横運動、横移動の動きですので
それが阻害されてしまい、
屈曲、伸び上がり という
ちょっと複雑な縦運動 になってしまうのであれば
セオリーを無視しても
ボールから離れ 背後に重さを と考えて
練習や素振りをしても良いと思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

また 最終的に腕で振る、屈曲してしまう、
というのが解消されなかったとしても、
ちゃんと 右を向き、横運動と言う回転を体験すると
ダウンスイングの腕の通せる空間 や
反射ではなく、自分の動作で作り出せる時間
を体験するのは あとあとのスイング作りに役に立つと思います。

少なくとも クラブやヘッドの重さ は
ショットそのモノやショットをする為の動作 を
より良くするための活用するモノであって
その重さによって 奇妙な動きをせざるを得なくなり
それには事後、補正作業が必要になり
その補正作業を修練する為のモノ では無いと思います。

そう考えると 軽いヘッドや硬いシャフトは
その重さや影響が少ないので
奇妙な動作をさせられる効果も少ないですから
好まれてしまう というのも 半ば納得、半ば残念に思います