テークアウェイ時、トップ付近での
右向き不足に類似する ボール側への屈曲
というのは かなり多く見かけます。

前日の記事の通り、開いて上げるケース や
ヘッドの重さを使ってを誤解して、
 悪く言えば 他力本願でテークアウェイしてしまったり…

クラブを開きながらテークアウェイを取って『いた』…
それを すこし改良し、からだの幅の中にクラブを収めた
…けれど からだの廻し方 の感覚は今まで通り…
だったので 右向き不足は解消していない。
(回転とフットワーク_Moment
(回転とフットワーク_Moment(3)





屈曲傾向の強いスイングの幾つかの短所の一つに
傾斜でのショットに その傾向が強くなり
フルショットがし難い、ミスが多い などがあります。

起き上がる、下に振る が伴い易い為、
やはり 長モノのクラブ、傾斜地のショット
が上手く行かない可能性…があります。

ドライバーなどの 長モノの場合、
本来は アイアンなどに比べ 起きた姿勢からスイングを始める分、
若干、ホントに若干ですが フラット目なスイングになる筈…
ですが、屈曲の回転だと 長さにそぐわないアップライトな軌道
になってしまったり…。

前傾姿勢を維持したい 意識から発生してしまう場合もあると思います。
前傾姿勢を維持する意識は悪いコト ではありませんが、
回転する上で が前提ですので
その回転が「歪んでしまう」のであれば
むしろ 犠牲にするのは前傾姿勢だと思います。

これは考え方の一つ ですが、
ゴルフショットにミスは付きモノ、
と言うよりも ミスショットが中心です。
ミスショットの対語を ナイスショットとするならば
ミスショットをしないよう、ナイスショットをするよう考えるのではなく、
どうせ ミスショットが出るのならば
痛くないミスショット、痛みの少ないミスショットが出るよう考えておく、
と言う組み立てもあります。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)
この場合、前傾姿勢を意識する余り、あまりよろしくない回転…
理想的には 前傾姿勢のある(軸のある)負担の無い回転、
ではありますが、課題のある今の状態の改善最中に
両方は望めません。
その後の処理がより大変になる回転を選ぶのならば
前傾姿勢を失っても 良い回転になる方が痛みは少ない、
と考えて良いと思います。
前傾姿勢のない 負担の無い回転とは
軸はあるけれど その軸に傾きを失う というコトで
回転 と その軸を失っているのではありません。
スイング作りにおいても、コースでノ振る舞いも
出来るコトを選ぶ、出来ることを見極める、とともに
痛みの少ないミスを選ぶ という取捨選択もあるのです。