◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年11月



スイング軌道を気にする人は多いですね。

「アウトサイドインだから スライス気味になる…」 とか
「もっとインから入れたい…」とか

まあ 確かにスイングを振り返ってみる時の材料にはなり得ます。

それであれば 平面上の インとかアウト だけでなく
どんな入射角度か、と言うのも意識して貰いたいです・・・が
イン、アウト は一般的に 飛球線と言う基準値があり
入射角度などの 上下〜高さは基準値がないので
話題にし難い と言うところもあるのでしょう。


スイング軌道の話しで
 幾つか気になる点があります。
スイング軌道は ヘッドの軌道が基準値ですが
何度も書いていますが、
その軌道は やや縦に潰れた、横に広がり気味の円状の曲線になります。
その円状の軌道になるのは
 クラブを持った打ち手が向きを変えるから、と
 スイング動作の基礎に前傾姿勢があるから、
です。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






そこの部分を無視して、手さばきでスイング軌道を作ろうとすると
その軌道は イン、アウト、などの 左右だけでなく
入射角度の上下〜高さ や
自分からどの位離れているか(遠近)〜スイング軌道の大きさ
そして その大きさや左右、上下の変移 は無限の種類になって
それこそ 基準値が全く存在しない状態 になってしまいます。

人間ですから 多少の誤差や変化はあったとしても
自分にとって どれが正解なのか が造り切れなくなってしまいます。

もう一度、書きますが、基礎として
スイング軌道の円状の曲線は
 自分がからだの向きを変えるから、と
 その基本動作には前傾姿勢がある 
というコトを
覚えておく必要があるでしょう。



問題はそこではないんですが・・・

スイング軌道は より良いショット、より安定したスイング を作るための
反省材料でしかなく、ショットの結果論に過ぎません。
そのスイング軌道が どんな であっても
自分にとって、繰り返すことが容易で、楽に遠くに飛ばせるなら
自分オリジナルのモノ
スイング軌道を形成する基礎を守るのであれば
誰か別の人と比較する必要はなく、
自分独特のモノであってかまわないと思います。

✋スイング軌道を考える時、
忘れられてしまっているというか、無視されている大事なコトに
『打つボールは スイング軌道上 にある』 というコトです。

スイング軌道はボールを打つため、
そのスイングを向上するための一つの材料に過ぎませんから
軌道を作るコト は 良いショットを打つための手段であって
目的ではありません。
どの場面、どの状態、どのライ、どのクラブであっても
打つボールは 必ずスイング軌道上にあり、
 ルール上でも、実質上でも ボールはフェースで打たなくてはなりません。

IMG_0491

スイング軌道、スイングプレーンを作るコト ばかりが
頭にあると スイング軌道上にあるボールをフェースで打つ
というコトを忘れてしまい、スイング軌道をなぞるコトばかりを追いかけ
挙句 シャンク、ソールでボールを打つ というコトに為りかねません。

✋ヘッドのことばかりを考えるのは良くありませんが、
スイング軌道はクラブヘッドのソールでなでる、なぞるモノであって
☑フェースでなぞるものではありません。
 
それでは 軌道上のボール、打てませんから・・・。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

無理な胴体のひねり、
腰はボールに向けて置いて 肩だけ回す…
エクソシスト(古い…)じゃないんですから
端からその無理な動作 は
リキミ行為ソノモノですし、
仕方ないですが、リズムも速くなります。

AZEJ5123_Moment


じゃあ なぜ そうするのか❓

 って 答えは簡単ですよね。

からだをゴム のように捩じらせて
そのねじり戻しで ボールを飛ばす
って 根本的な打撃概念、イメージがあるから です。


で ゴムだとしましょう。
ゴムって 捻じれると 短くなりません?
んで 元に戻ると 元の長さになりますよね。
 短くなって 元に戻る(長くなる)んですよね。
✋インパクトの伸び上がり って それソノモノ じゃぁありません❔

51yc2qL+ZTL__SY355_ゴムだとしましょう。
捻じると 全体が捩じれますよね?
固定されている、に近い部分は 足の裏、靴 です。
そのねじれ を開放したら、
 どこから 戻るんですか❓
からだで言うと 肩周り です❓

固定されている部分に近いトコロ から 戻るんですよね❓
    小学生でも答えられそうですね。。。

で、腰はボールに向いたまま・・・ な訳ないでしょう。
壊れてしまいますよ、からだ。

からだは開いて、左サイドがあがり、右サイドが下がり、
右サイドとボールの距離は アドレスより近づきます。
ロフトが閉じている、からだが下を向いている、
フェースが開いていない で インパクトを迎えられそう です❓
土台、ロフトが閉じている、からだが下を向いている
フェースが開いていない時間、そのものが無いんじゃないですか❓


捻じって 捻じり戻す
その勢いでボールを遠くに飛ばす・・・
その気持ちは痛い程判ります、判りますが、
それが 開いたロフト、開いたフェース
アドレス時の構え(関係)とは 全く違うボールとの相関関係で
ミスなく 遠くに飛ぶ 打撃概念 とはとても思えません、
 からだを傷めようとする行為 をしてまでも。


言葉 では ダウンスイング と呼んでいますが、
からだは開き、自分自身は上を向いている のに
下に振るって とっても効率良さそうですよねー。
それって 実際、下に振ってるの? 上に振ってるの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールから目を離すな

 と言いますよね。 

これって 一見すると
 ずっとボールを見て置け って意味に
捉えられますが、真実は違います。

からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとっては
見ていても 見ていなくても 大きな差はありません。

実際、テークアウェイ時は
視線誘導して置き 顔や視線ソノモノを
右に向けた方が 右向きがし易くなります。
ボールを見ておく、 もしくは
ボールを視界の中に留めておく
と言う意味で からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとって ボールを見ておく、視界に入れておく
と言う意味の ボールから目を離すな です。
  どっちでもいいですけどね…。
20191006_Moment20191006_Moment(3)







ところが 捻転派、胴体をひねる人 にとっては
ボールから目を離すな は その言葉の通り
ボールと目との距離感が重要になります。
前の記事 の通り、
捻転、そしてその解放 で打つと
からだは一度縮み、元の長さに戻ります。
伸び上がりながら、からだを開きながら
ボールから離れながら の打撃になります。
その最たる例、が 「地面反力」 だったりします。
(地面反力 = 地面を上に蹴るチカラ)

ですので ボールと目との距離を維持して置かないと
上手く打てない…維持して置いても難しいと思いますけど
その言う意味合いなので 中身は異なります。

目と言う左右にある構造上、
動作中に 奥行きの何センチの差 は
見ていても 把握出来ないでしょうし、
把握出来ても その修正、間に合わないでしょうから
なんか もっと 深い意味あるのか 考えますけど
どれもこれもが 実効性の無い、自分の為 というよりも
人に見せるためのスイング、教えてくれる人を納得させる為の
ハードル に近いので 答えは出てきません…。

ararara_MomentIMG_0302_Moment








からだで直に回る、
胴体をひねらない に移行したい人の
始めの難関は
テークアウェイで からだ、そして視線が
いったん ボールから離れる、この場合は距離、
いったん ボールから遠くなるコト なので
そこは素振り などで 視線誘導し、
その距離感を認識、掴んでいた方がいいかも、知れません。

テークアウェイは確かに ボールを打つための準備行為 ですが、
動作の勢いをつけるための モノでは無いので
ボールを打つための準備ですが、
その場所(トップ)に行くための 助走路 に近いので
スピードも不必要ですし、
まして 息を止めるような勢いは全く必要ありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバード では
テークアウェイ時、右打ちの人の
右ひじは外目に やや高めに取りましょう‼
と 推奨しています。

好き嫌いは別にして
一般的には 「トップ付近での右ひじは下向き」
 と妄信されています。

それって 多くの部分、 ノーチョイス なんです。
 腰はボールに向けたまま、
腕だけ、肩周りだけを右に向ければ
左腕、左グリップは 「おもいっきり」伸ばしたり、
右に動かさないと 肩周りは右向きが出来ません。
200811__Moment(3)

  ✋骨盤の右向きを作れば
   その同じグリップの位置に簡単に行き着けます。
20191006_Moment(3)

そうなれば 薀哀螢奪廖
右手は左手に上から被られてしまいますので
右ひじは下を向かざるを得ない・・・・・・・・
なので 右ひじを外に張る、
テークアウェイ時、左ひじを曲げる(伸ばさない) は
その腕の関係で作る クラブ姿勢も 後々 重要になりますが、
『胴体をひねらず 腕で上げない』
『肩と骨盤を分離させない』

と言う意味も 深く あるんです。

つまり トップでの右ひじは下向き教 を妄信しているのは
体の回転は 捻転、胴体をひねるコト、肩だけを回すコト
からだの回転と言っているのに 肩をまわすコト
をしている人の シンボルのようなモノ なのです。

AZEJ5123_Moment(2)


そもそも 肩周りだけを捻じる 捻転式 の場合、
前傾姿勢 というのは
アドレス時の 恰好のみ において有効で
いざ、動作が始まると
ゴルフスイングらしく見える為のお飾り になり
なんの実用性もなくなってしまうので
スイングの 斜めに傾いた軌道・軌跡 は
前傾姿勢とは無関係、ただ 腕の動かす方向だけ です。
 →どの道 ひねったゴムは 元の長さに戻るコト で
  ダウンスイングでは失うのですから…


AZEJ5123_Moment


テークアウェイでは
自分の想定しているトップの位置、
その位置に対し、円を描かず
立体的に真っ直ぐ 右ひじを移動させる
前傾姿勢通り、
 ほぼすべてのからだの部位は段階的に高くなる
それを実行するには 骨盤の右向きが重要です。

右ひじが外目(後方) やや上方 に移動するコト
その上半身があれば 藐坿慇瓩ロックします。
 →右足の軸足形成 〜体重移管

胴体をひねる式 にとって
からだは 右足によりますが、
前に倒れてしまう(ボールに近づいてしまうため)
右股関節はロックさせられません。
つまり 蕕亮澗が形成出来ない というコト です。

それだけでも 安定して飛ばす要素を失っている のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転de』謎のストーカースイング_Moment
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

足を使って、
骨盤ごと 右を向く…
これって ボールを打たない のなら 誰でも出来ますよね。

でも、多くの人が
腰は動かさず、その腰に対し
クラブと言う長さや重さ、
腕と言う長さや重さ を使って
 無理やり 胴体をひねります。
スイング ココを治そう❶_Moment
先日の記事、でも書きましたが、
クラブを持たず、準備運動として
からだを捻るのなら まだマシですけれど、
1mの棒、その先に 数百gとは言え重さの付いた棒を持って
それと同じ行為 をしたら
からだが力んで、制限をかけておかないと
からだを傷めてしまいます。
  勢いや慣性も付きますんで…。

ですので、テークアウェイの初動 から
 如何にも 勢いをつけるような速度で始める人
結構、見かけますよね…。
 「もっと ゆっくり上げたい」と願うんでしょうけれど
それって 無理やり からだを捻じろうとしてるんですから
無理なんですよ、勢い必要だからやってるんです。

で、胴体をひねって 肩は右向いて、腰は
葛谷 2017-2020_Moment(2)
ボールに向いたまま、
この行為そのものが無理な行為 なんで
この行為そのものが 「リキミ-そのもの」なので
「スイングから リキミ を排除したい」 と言う願望は
イコール テークアウェイを取らない、右を向かない になるので
それも 全く無理難題、端から理論破綻してるんです。



トップの位置付近で
右ひじを下に向ける…からだのくっつける
フライングエルボーのように
 クランチして、右ひじを外め、高めにするのを
 嫌う傾向がありますけれど、
胴体をひねっている限り、右ひじを下に
 下に向けてる訳では無くて。。。
右腕をめいっぱい短く使わないと 左手が届かない、
それが形として 右ひじを下に向けているだけ なのです。
ですので 右ひじを下に向けている人、向けていた人は
トップの位置や切り返しで
残念ですが、「リキミ」は外せない のです。
重心のかかり方 (3)

故に 股関節から、胴体をひねらないようにしたい
の第一歩は 右ひじをやや高めに、やや外目にする
から 始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)









足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

ですので 肩の回転は要らなく なります。


全く脱力と言うわけではありません。
からだを意図的にひねるコトは推奨しませんが、
からだを傷めない為に 胴体にはひねり という「遊び」
というか、緩衝になる部分と言うか、行為はあります。
ですので 骨盤の回転に対し、
本当に脱力、ダラダラにすれば
クラブや腕、肩周りの重さによって
肩部分はひねり遅れてしまいます。

その遅れが発生しない程度、には 使うは使います。


ハミングバードでは よく
「ダウンスイングでは先に左腕、腕を使え」と言っていますが、
これも 今まで「意識的、無意識に限らず」
肩周りを胴体〜骨盤に比べ、遅らせてきた人にとって
「先に」 腕…実は肩 を動かしておく 位 でないと
同時進行にはならないか
ら です。
(比較)左手ドリル_Moment(7)

腰は正面に向けたまま、
へそ 辺りを境に 肩周り、上半身上部 だけ を回転
捻転なんて言葉も使われますが、
肩だけを回してきた人で
世界中、過去も振り返り、トッププロも含め
インパクトに 骨盤・腰が ボールと正対している人を
見たことがありません。
(頑張って止めて置け と言う意味ではないですよ)
今では 誰もが インパクト時、
飛球線後方から お尻が丸見え状態 です。
AZEJ5123_Moment(4)

ダウンスイングの始まり、切り返し において
腰は動かさず 肩だけ回す
なんてコト 出来ると信じている方がスゴイ です。
動いていないのは 地面を捉えている足の裏 だけ
なのですから 当然、腰の方が先に回り、
腰が行き着くところまで行ってから 肩が回る
なんて言うのは 人間の構造上、当然 です。


多分…ですけど
からだで回す 胴体をひねらず回す
にすると 打った感じがない…力感が出ない
と多くの方が言いますけれど、
それは 腕 よりも 肩周り、背中廻りのリキミ感
を感じられないことによる 拒否感 なんだと思います。
それって 「リキミ」 ソノモノ なんですけどね…。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






胴体をひねったら 筋肉で抑えて 制限をかけないと
からだを痛めます。
✋そりゃ そうでしょう。
 リキミは ある種の 恐怖感 です。
それが 要らない んです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編の続き になります。
https://livedoor.blogcms.jp/blog/hbs/article/edit?id=2002798

からだの回し方、 は
胴体をゴムのようにねじる、ひねる
そして その戻り反動を使うコト ではなく、
行きも帰りも 自分の自由意思によって
からだの向きを変えるコト です。

video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








最終的には 許せる限り
 速い速度、短い時間の内に向きを変え切る
のは望ましいですが、
その速度は 反動・反発 によって 管理できない速度
にするのは アプローチショットが管理出来なくなりますし
からだに危ない です。
カラダをねじって その反発で捻じり戻す の速度アップ とは
似ているようで 全く異なります。

それはさておき…。



▲ぅ鵐汽ぅ疋▲Εno妄想

 からだ、胴体をひねって、それをねじる戻す打撃 では
 テークアウェイの両股関節の位置関係も芳しくないのですが、
 それもあり、ボールと正対したトコロで止めるとは言え
 腰や脚に対し、両腕の付け根(肩回り)が
 ボールを打てる位置に来るのは どうしても遅れます。

 振る と言う言葉が良くも悪くもニュアンス微妙なのですが、
 正しい からだの回転において
 腕を振る(正しくは腕が移動する) は
 からだを回すコト そのもの なのですが、
 捻じる・ねじり戻す 胴体の使い方、イメージにおいては
 ダウンスイングの動き出しに
 クラブや腕は動かす事が出来ません。
 ねじり戻しに対し、それは結構な重さの負荷 だから です。2020-10-19_21-38-40_Moment(3)

 足を動かし 腰も動くと その分、腕の付け根は動きますが、
 グリップ・クラブは その重さなりに 取り残されます。

 腕が動かせる・クラブが動かせるのは
 左サイドを止めた時、
 左サイドの壁が出来た時、

 ✋骨盤がボールと概ね正対した時、
 つまり この時点で インサイドから振るコトが不可能
 もう インサイドが存在しないのです。
http://hbs.livedoor.blog/archives/2002323.html


 この打撃 にとって
 好き嫌いは別として
 正規な入れ方は アウトサイドから。。。
 だって 空間がもう閉じちゃいましたもん…。
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)

 ですが・・・・
 だいたいのパターン このスイングを組み上げている頃 は
 スライスに悩んでいるコトが多く、
 スライス = アウトサイドイン
 スイング軌道はどうしてもきになります・・・。
大森2019_Slomo_Moment
 で クラブを寝かす ロフトを寝かす訳です。
(いまはそれを シャローウイング と言うらしいですよ)

 左サイドの壁
 ボールと正対してインパクト
 とつなぎ合わせていくと 左回転のボールが出る

 まあ そこ辺りがスイングの終着点。。。
 大阪から東京に行こうとして 鹿児島…辺りにいる感じですね。

 正直、全く要らない危険な高等技術です。
 これから始められる方が覚える必要の無い
 ゴルフをやる人を選んでしまう打撃方法です。


Rさんの場合も その からだの回し方、その順序と
 インサイドアウト妄想 から逃れられず
そこで もがいている ように見えます。

正面を向いてカラ 寝かすのが インサイドから ではなく
右を向いている内に アウトサイドから入れる位
イメージを変えないといけないと思います。

スイング軌道は 手によるヘッド位置、シャフト姿勢の制御ではなく
単に からだの向きに対する時期 を指している
(からだの向き通り なので 最終的には不要な理論です)
 と言う理解が必要だと思います。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)

と 同時に からだの回し方、からだを捻るのではなく
股関節から上は棒、なんと言えばよいのか
腕は除き 腕の付け根から股関節まで 石で固めてしまったような
そういう動きです。
正直、背中の筋肉なんて 殆ど使わないような感じ
背中とか、からだの側帯に 力感が有る限り
からだはひねられているのでダメです。
(それをリキミと言います)

スイングに 全くひねり がない訳ではありませんが、
体のひねりは は 危険に対する予防、逃げ 安全策 なので
その 安全策をスイングの、特に飛距離のチカラ にしたら
それが怖くなる年齢で 飛距離を出せるネタ がなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



動画に中にみられる 動作 は
 多くのゴルファーに見られる 典型的なパターン です。

そのスイングが過去に構築された ポイントは
 大きく 二つ あると思えます。
二つは絡み合ってますけど…。

・・・中らずと雖も遠からず な歴史を追っかけてみます。




からだの回し方 …どうやって回すの❓
 スイングは ひねり、捻じり、捻転差
 からだをゴムのように使い、ねじり、ねじり戻して
 ボールを強く打つ。


こう思っているゴルファーは…少なくない
おそらく・・・ですが、プロ、インストラクターも含めて…ですけれど
日本のゴルファーの8割を超えるような人が 確信は無いまでも
薄っすらとそう信じている、もしくはイメージしている と思います。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)【捻じる】
ゴムのように からだを捻じって使う
となると その基礎、固定されたスタンス から
出来るだけ離れた箇所、からだの部位で言うと
肩や腕、勢いをつけるため ヘッドから…
動かして 捻じりを多く、強くねじり戻るよう
動かし始める と思います。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


テークアウェイの初動から 勢いを付ける
テークアウェイがかなり素早い
 典型的な ゴムを捻じる感覚と思います。

*Rさんの場合、その部分はその後の動きに対し、
有効性はありませんが、形式上、改善されています。




【捻じり戻す】
ゴムを捻じり戻す は 開放する に近い動きですので、
自発的な切り返し というより
ゴムがちぎれない範囲で捻じり 限界が来たら…
それを元に戻すとなります。
 ですので 飛距離/飛ばす は
 もしかすると 自分の自発的運動・自発的運動速度 ではなく
 捻じりの限界量、ぜんまいの巻き で決める意識かもしれません。

固定された靴・足・スタンスに近いトコロから順次、
部位で言うと 膝 → 股関節(腰)→肩→腕→クラブ
と言う順番に戻していく、
ゴムの反発というか 反動に近い動きなので
あまり自発的にどうしよう と言う部分はありません。
 …切り返しは下半身のリード…とか
 …左足のリードで なんて ピンと来ますよね。

これだけでは "まだ" ボールは打てません。


なぜならば 捻じり戻しの順番 によって
クラブを持った 両腕の長さが程よく整った、
都合のついた時期には 左腰が大きく開き、
ボールから非常に離れた遠いところに
 行こうとするからです。
 スライス? 「からだが開いているからだよ」と。

(左腰を止めているのが判ります?)

M2019810L!_Moment(2)M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








✋スイングの覚える段階 は
 ある意味、誰もが スイングやクラブに関する情報に
 飢えており、その時に入ってくる情報の有効なモノ
 は 自分のスイングの「標語」として
 心の玄関に飾られます。


 「からだを使え‼」
 「からだを回せ‼」
 「手で振るな‼」

 そして
 『インパクトはからだの正面で‼』
 『左サイドの壁』

 言葉としては間違ってはいませんが、
 それらを総合して
 インパクトでは腰の向きを ボールと正対する辺りで止め
 左腰がボールから離れないよう固定する

(からだを腰・骨盤と肩に分ける のが左サイドの壁とは言いません)
  …ボールに当たり始めます。 が…まだ、スライスになり易いですね。

 左サイドが「壁」として止まり、
 左グリップ、左腕が硬直が一つの目安になり、
 それを追い越す 薀哀螢奪廚 フェースターン であり、
 手の返し、ヘッドがグリップを追い越す になってきます。
 それで スライスが少なくなり、たまに フックしたり
 (夢のドローボールですね)
 おおぉぉ〜 上達したんだ〜!になる訳 です。

厳密に言えば その時出ていた 右回転の球は
 スライスではなく 打ち損ね、当たり損ね であって
それを スライスと呼んだら、スライスが可哀そう です。
そして 自分ではフック、ドローボールと思っている…ソレは
 単なる「引っかけ」であって
ゴルフ用語の意味が崩壊しています。


(動画内では 0:25以降)
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)










捻じられた胴体 それだけでもキツイ のに、それを解放し
今度は インパクト直前に 左半身や左腕を硬直させ
止めなくてはならないのですから…
 私から見ると拷問かと…
テークアウェイでねじるため 左半身〜左腕を強く使い
開放して、それを受け止める左半身〜左腕 の硬直、
無理した正面がある間に 今度は藜蠅巴, のですから
正しく体を使ったら 『なんの感触もない』 と感じるでしょうね…。



 からだの捻じる、ゴムのように使う 大きな欠点 は
この回し方は 回る速度、正確には回り戻す(打つ方)の速度を
自分で管理出来ません。
動作、この場合は 回り戻し は
ひねったモノ(自分の胴体)の開放 なので
その速度を管理するコトが出来ません。
何でもかんでも 思いっきり打つための動作 と言えます。

そして からだの回転 と呼ばれるモノが
箇所ではなく ゴムなので 全体 ですので
その部位 によって その回転の方向・角度が異なり
入射角度やそれに対するロフト、スイングの最下点 が安定し辛く、
それを安定させるための 練習量・訓練量が半端なく
元々 からだに負担のある方法なので 痛める可能性が非常に高い です。
(からだが強烈に頑丈、もしくは痛みに耐性のある方向き)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードが
『からだの回転 de 直にクラブを動かす』
『からだを 肩周りと腰回り 二分割せず 一体で動かす』

を お薦めする理由は 大きく二つ です。

まずは
「からだを壊しにくい、腰を痛めにくいコト」
つぎは
「ミスの修正がより簡単になるコト」 です。


肩だけをひねる のと
からだを一体にまわす のとでは
どっちが 体を痛めやすいか、腰を壊し易いか
は説明の余地がないか と思います。
 ですので それは省きます。

20191006_Moment(3)


【 ミスの修正が容易に 】

✋✋✋必ず ミス は発生します。
全てのショットがミス と考えて方が良いかも…しれません

現実的で、夢がないかも知れませんが、ショットにおいては
正直、ナイスショットとミスショットの関係ではなく
使えるミス(許容範囲の中のミス)
使えないミス(許容範囲外のミス)の割合

と考えて良いような気がします。

ショット のミス においては
動作、作法としてのスイングよりも
その置かれた状況に対する判断や精神状態、
肉体のコンディションなどの方が重いかも知れません。

また 覚えた作法や動作も加齢やコンディションによって
思うようにいかない、道具が変わる など
 個人競技であるゴルフにおいての
スイング、スイング動作、クラブ扱い は
必ず「自分で」メインテナンスが出来るモノ にしておく必要があるのです。

よく世の中で メインテナンスフリー というのがありますが、
これは 使えなくなったら、修理が必要になったら買い替えろ
と言う意味でもありますが、
自分のからだやスイングはそうは行きません。

また 自分自身で 簡単にメインテナンスが出来る
というコトは より良いモノ にしていく目安 も
自分で見つけられるようになります。

ですので そのメインテナンスは
単に 足りなくなったら水を足す 程度の
簡単な仕組みにしておかなくてはイケマセン。 


その為の 「からだで回す」
 「からだの回転で直に打つ」
 なのです。


練習量が豊富で、からだも丈夫
 使えないミスが出なくなるまで 打ち込む!(ひぇ〜)
それを厭わない と言うのであれば
 どんな振り方、どんな打ち方でも良いと思います。



M20191011-1_Moment(4)IMG_0838_Moment(4)4bc4dc1974





ショットにおいてのミス、望ましくないショット
 をごくごくシンプルに解析していくと
『両腕の付け根の位置関係 〜両方の腕の長さの都合』
        …場合によっては 姿勢  に行き着きます。

例えば
からだが開く …左サイドが上がる・開く は
左腕の付け根がボールから遠ざかり
その分、右腕の付け根がボールに近づこうとします。
この状態で ボールを打つのには
左腕は出来るだけ伸ばし、
 右腕は適切に縮めなくてはなりませんが
その状況は 刻々と変化します。

それをよりシンプルにしていくため
からだの向きを変えられる動きを
【肩周りと腰回りに分けない】 が必要になります。

downswing
肩周りと腰回り を別な回転、別なタイミングの回転
にしてしまうと その回転の角度や方向が
二つに別れてしまいます。

これでは ミスが出た時の原因究明が難しくなる…。
勿論 からだへの負担も大きい ですし…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだを回す
正しくは
 からだ「で」まわす になると思いますが、
 からだの向きを変えるコト で
 直にクラブを動かし、ボールを打ってみる

というのは
オジサンおばさんゴルファーには
からだを傷めず、安定して 継続して
 ボールを飛ばすコトが可能になる方法です。

その幾つかの理由は
 クラブは両手で持っており
左右、双方の腕の長さの違い(曲がっている、伸びている…)によって
 ロフトやフェースの向きが変わってしまいます。
からだを捻らず、胴体を捩じらず ショットした方が
 双方の腕の長さの都合が付き易くなります。 
44_1_0p

胴体の向きが変わるコト が 打つコト になれば
胴体をひねって、腰に対して、肩をまわすに比べると格段に
「微妙」なタイミング が少なくなります。



ある程度の年齢のゴルファーにとっては
 腰は痛めたくない、怖い箇所 です。
胴体をひねる というのは それそのものが怖い行為 ですので
「歳とったから からだが回せない」
は ある種、防衛本能としては当然なのです。

ラウンド中 多くのショットミスの原因は
 右向き不足ではなく 右向き不良 から起こります。
 捻転不足 ではありません
疲れてくれば 捻転という 危険な行為を
本能的に回避しようとするのは 自然な反応なのです。


それに比べ、股関節(そこにはその機能が在ります)が
向きを変える/変えない の境目 になれば
ひねる機能の無い胴体よりも 格段に回せるようになります。


imageCAX9G566胴体をひねる動きは
自分では 固定して 動かさないようにしているつもり の
胴体のへそから下…ゴルフで言われる下半身 は
ひねる動き に 当然、大きく影響を受け
無自覚に動いてしまいます。
テークアウェイ時、肩だけ、上半身上部だけ を右向き
にしようとすると からだはボールの方に倒れる(前に出る)ので
体重を右に乗せることが出来ません。
imageCAJZ6XBVダウンスイング時には 下半身は正面、ボールに向けたまま
肩だけを回そう と言う幻想は肉体的には不可能で、
腕を振るためか、かなり早めに体を開き、
インパクト付近では 両股関節は横並び、
飛球線に対しては 垂直 の関係に位置してしまうので
左右のどちらかに 体重移動… というコトが不可能になります。

それに比べ、からだを一体に向きを変える回転は
足の踏み込み と非常に似た動き
になりますので、からだの向きの変更と体重移動は
イコール と呼べるほど 共通する動作ですので
からだの回転と体重移動 どちらかが上手く行かない…
と言う悩みからは解放されます。


200811__Moment(3)腕で振っていた
からだを捻じっていた
と言う行為に慣れていた方が
年齢とともに 辛くなってきた…から
からだを一体に、股関節を境目にからだを回す
に移行したい と言う方は 少なくありません。

その移行の一番の障害になるのは
打った感じ 振った感じ の 力感の消失 です。
 …北関東の方で唸っている人がいるような いないような…

インパクトへの位置取りとして ボールと正対した骨盤、
その後に 肩をまわし、腕を振り、クラブを返す
→これを 一つにまとめ 足を使った、
 勿論 多少なりの上半身や肩周りの補助も入りますが、
一体に胴体、上半身を動かすコト そのもので打つ とすると
手の返しで打っていた のと
 同じチカラ、同じ労力感が 腕や肩周り に残るでしょうか?

ある訳ありませんよね。

比較対象としては 適切ではないかも知れませんが、
足で走れば 50m走れます(ホント?)し、タイムも測れる…かも
逆立ちが出来るとして、逆立ちで50m走 行けそうですが、
無理ですよねー… もうこの歳だと 逆立ちも無理です。

腕や肩周りの労力感 は ほぼ全部失います。
それが嫌なら からだの回転で打つ はあきらめた方が良い程です。

腕と腰回り、骨盤周りの筋力の差は
大人と子供以上に差が有る気がします。
大人がその子供の仕事を ある意味「奪ってしまう」のですから
子供…である 腕に「仕事感」がないのは
想像難しく…ないのではないでしょうか…。

(あくまでも 私の雑感ですが…)
肩回り、腕周りでクラブを動かす方が、
 強く、そして「速く」動かせる 大いなる錯覚、
誤解をしていると思います。
 そして それは その労力 で 記憶させているような
その 筋肉の記憶 という タチの悪い昔の彼女(彼氏)の記憶
を断ち切れないでいる って感じなんでしょうね。
M20191011suburi_Moment

今まで 打撃そのもの だった
 右手で叩く感 肩を強く回す感 
 右肩甲骨周りの力感 は全てなくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5弌砲鉾罎戮襪
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高〜重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6弌
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5〜44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ